マネタリー・アフェアーズ



======================================================================
デイリー・マネタリー・アフェアーズ 2008.02.05
======================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  本日のフィナンシャル・モニター 2008.02.05 スティール買収提案は「企
業価値を毀損」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<国内モニター>

 **イオンがダイエーの筆頭株主に
  持ち株比率19.41%で丸紅単独の18.55%を上回る。但し丸紅グループでは
  25.5%保有。

 **スティール買収提案は「企業価値を毀損」
  サッポロ特別委員会が意見書。買収防衛策発動を検討へ。

 **大日本インキも環境表示偽装
  印刷インク一部製品で認定基準に満たず。経産省が実態調査を指示。

 **武田薬品が米アムジェン日本法人を買収へ
  米バイオ医薬品大手の日本現法を100%子会社に。投資額は非公表。

 **伊藤忠と三井物産が鉄鉱石増産へ180億円投資 
  共同出資する西豪州鉄鉱石開発プロジェクトに追加投資。

 **東京スター銀行へアドバンテッジがTOB
  ローンスターは既に譲渡に合意。75%取得目標達成はほぼ確実に。全
  株取得への買収総額は2520億円。

 **NTTの4-12月期は営業利益が10%減
  ドコモの苦戦響く。固定通信事業も低迷。2004年以降3期連続減益に。

 **タカラトミーがインデックスに資本参加
  株式持ち合いで玩具キャラクター版権管理事業での連携へ。

 **2007年日本投資ヘッジファンドの資金流出は9000億円
  ユーリカヘッジ集計。運用残高も初めて減少。

 **金融庁が金融機関監督に14原則設定
  規則と行政処分の監督から重視から自浄作用を促す方法への転換。米ルー
  ル方式から英プリンシパル方式へ。

 **空港整備法改正案は運営会社への外資規制維持
  国交省が一部自民の反対を押切る。

<海外モニター>

**米財政赤字は4000億ドル規模に
  2008、2009年会計年度見通し。税収伸び悩みの中での景気対策。黒字化は
  先送りへ。

 **米銀の商業用不動産向けローン評価損懸念
  ゴールドマン予測。商業用不動産ローンで米銀600億ドルの評価損見通し。
  消費者ローン等併せ3300億ドルとサブプライム損失を上回る可能性を示唆。

 **世銀が2008年中国成長率見通しを下方修正
  9月時点の10.8%成長予測を9.6%に。輸出の伸びが昨年の21.2%増から
  15.2%増に減速するとの修正。

 **グーグルがヤフー支援提案
  マイクロソフトに対抗。両者全面対決へ。

 **イランが観測ロケット打ち上げ
  大陸間弾道弾へも応用可能と欧米が懸念。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)最近のボヤキ             膨張する米国財政赤字
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブッシュ大統領最後の予算教書は、冴えない財政見通しでの締めくくりとな
った。昨日議会に提出された教書では2008年の会計年度財政赤字は2007年度の
1620億ドルから2倍以上の4100億ドルとなり、2009年度も4070億ドルとGDP対比
でほぼ3.0%近い水準への増加見通しとなった。過去最高を記録した2004年度の
4130億ドルに迫る赤字額である。

 2001年にブッシュ大統領が就任した時は年度会計で財政は黒字であった。そ
の健全財政は一転赤字となり、現在直面する景気低迷も長期化する可能性が高
いため、税収は伸びる展望は乏しい。先般議会と合意した景気対策の効果が出
なければ追加の財政出動を迫られるシナリオも有り得るだろう。加えてメディ
ケア、メディケイドと歳出は増えていく。米国の台所は火の車である。

 去り行く大統領に期待するのは無理としても、これから政権の座に就く候補
者達はこの財政問題をどう考えているのだろう。支持拡大の為に既に論戦はイ
ラクから景気対策へと移っているが、目先の不安解消策は主張出来ても将来の
財政破綻への処方箋は見えてこない。現在の財政赤字ファイナンスとドル離れ
のリンケージは従来の問題設定よりも難しい位置関係にある。「スーパー・チ
ューズデイ」はその解決に立ち向かう適切な候補者を選ぶことが出来るのだろ
うか。
======================================================================

ウィンドウを閉じる