NFT Azuki(アズキ)とは?特徴や価格・買い方を徹底解説!

NFT Azuki

日々盛り上がりを見せているNFTマーケットですが、その中でも盛り上がりを見せている「Azuki」というプロジェクトをご存知でしょうか?

日本のアニメを彷彿とさせるキャラクターの横顔が、NFTマーケットプレイスのOpenSeaを席巻しています。

現在OpenSeaで高額な金額がついているCrypto Punks(クリプトパンクス)やBAYCと同じようにランキング上位に食い込んでいます。

本記事では、人気のNFTアートAzukiについて詳しく解説致します。

NFTの購入を考えている方は、是非この記事を参考にしてみてください。

この記事からわかること

・Azukiはデジタルキャラクター画像から構成されるNFTアート
・OpenSea売り上げランキング上位に入り、高額で取引されている
・Azukiを売買するには、仮想通貨のイーサリアムが必要
・AzukiのNFTの価値は希少性で決まる
・Azukiを入手するためのETHはコインチェックで入手できる

Azukiはデジタルキャラクター画像から構成されるNFT(非代替性トークン)アートです。

Azukiの売買にはイーサリアムが必要になるので「コインチェック」などの国内仮想通貨取引所で購入しておきましょう。

コインチェックのサイト・アプリは、仮想通貨初心者でもわかりやすく使えるように設計されています。

まだ口座を持っていないという方は、是非この機会にコインチェックの公式サイトを確認してみましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

NFT プロジェクト Azukiの概要

AZUKI top
引用元:Azukiの公式サイト

Azukiは、エンジニアやデザイナーなどのクリエイターが集まって生まれたブランドです。

深みのある赤(小豆色)をベースにした、横顔のバストアップショットのイラストが特徴です。

OpenSeaに数多く出品されており、それらのイラストはどれも最低10ETH前後(約300万円以上)の値段がついており、人気を博しています。

プロジェクト自体は、2021年12月から始まっています。

メンバーは、Twitterで確認できる限り10人いて、世界各地に分散しています。

彼ら全員が、未来の為の分散型ブランドを構築するという一つの目標に向かって活動しています。

NFT Azukiの特徴

Azukiにはいくつかの特徴があります。

・一気にOpen Seaのトップグループにランクイン
・アニメスタイルのコレクティブ
・NFT購入者限定コミュニティのThe Garden
・独自のシステムERC721A

順に解説していきます。

OpenSeaで一気にトップグループに

Azukiの歴史は短いながらも、もはやCrypto PunksやBAYCなどの歴戦のプロジェクトを猛追しています。

なぜAzukiは、リリースしてすぐOpen Sea上で一気にトップグループに入れたのでしょうか?

ここでは、その理由とリリースからの動きをご説明します。

11月16日:Azukiの情報が初解禁
Twitter開設。その後Discordもオープンされ、公式アカウント・チームメンバーも積極的に発信を行う。

12月17日:On1forceとのコラボレーション実施
On1force(2021年夏にリリースしたNFTプロジェクト)とのコラボレーションを実施。

12月後半〜1月:Discordの活性化
Azukiに貢献するとホワイトリストが付与される事もあり、ファンアートも多数投稿され、Discord内の活動が活発になってくる。

1月26日:120ETH=(約2,600万円)で2次流通が発生
レアリティが2番目に高いNFTを購入する為に結成された9人のメンバーによるRed Bean DAOが購入。これにより、さらに注目が集まることになります。

この時系列からわかるように、クオリティの高さはもちろんですが、情報が解禁されてからDiscord上での活動が活発になりコミュニティを作っていった事が成功の要因の一つです。

AzukiはPFP(Picture For Profile)と呼ばれる、主にTwitterアイコンでの使用を想定したコレクションです。

現在のNFTの主流はこのPFPですので、この部分もAzukiがトップグループに入った要因の一つだと思います。

コミュニティの力・PFP・スタイリッシュさ・10,000体限定・DAOの構築と成功の要因は色々ありますが、こういった要因が重なり合い一気にOpen Seaのトップグループに入り、現在でもトップ3の中にいます。

AZUKI ONI
引用元:Azuki公式サイト

アニメスタイルのコレクティブ

AzukiのNFTには5種類のタイプがあります。

普通の人間に近いHuman。肌の青いBlue。褐色肌のRed。聖霊を思わせるSpirit。衣装やアイテムが金色のGoden

発行されているNFTの枚数順に並べるとHuman>Blue>Red>GoLden>Spiritの順番になり、金額の目安になります。

また、Azukiはコレクションのディティールにこだわっており、人気を得た要因の一つと考えられています。

衣装・背景・武器・髪型・タトゥー・イヤリング・表情・帽子・メガネ・アクセサリー・眼・口の動きと細かくディティールを指定でき、画像検索からそのままOpen Seaのページに移動できます。

AZUKI Filter
引用元:Azuki公式サイト

TheGarden

AzukiのNFTを購入し保有すると、The GardenというNFT購入者限定のコミュニティにアクセスできるようになります。

運営はこのコミュニティを「インターネットの一角でアーティスト・コミュニティ・そしてWeb3に共鳴する者とカルチャーが融合する魔法のようなサービスを提供する場所」と位置付けています。

現在はDiscord上のみですが、今後メタバース・NFTホルダー限定でのエアドロップ・ファッションアイテムの販売などの展開が計画されています。

THE GARDEN
引用元:Azuki公式サイト

ERC721A

Azukiは独自のシステム「ERC721A」を開発し実装しました。

これは、一つのNFTをMINT(NFTを新たに発行する)するのと、ほぼ同じコストで複数のNFTをMINTできる仕組みです。これにより、購入者のガス代の負担を軽減することに成功しました。

さらに、彼らは「ERC721A」を誰でも使えるようにオープンソースとして公開しました。自分たちで抱え込んで独占しない所が既存のビジネスとは決定的に違うユニークさと言えそうです。

ERC721A
引用元:Azuki公式サイト

NFT Azukiの始め方・買い方

ここからは、Azukiの始め方・買い方について解説していきます。

流れは以下の通りです。

・国内の取引所で口座開設する
・メタマスクに登録する
・口座開設した取引所でイーサリアムを購入する
・購入したイーサリアムをメタマスクに送金する
・Open Seaで売買を始める

以下詳しく説明していきます。

コインチェックでETHを購入

Azukiを購入するには、仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要です。

そのため、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をしておきましょう。

今回は、国内最大手の仮想通貨取引所である「コインチェック」の口座開設方法を解説していきます。

まずは、コインチェックの公式サイトにアクセスし「口座解説(無料)」をクリックします。

コインチェック 画像

メールアドレスとパスワードを入力し「登録する」をクリックしましょう。

コインチェック 口座開設

登録したメールアドレスにURLが記載されたメールが届くので、URLをクリックしアカウントの登録を完了させてください。

続いて「本人確認」の作業を行います。

名前・住所・職業などの情報を入力してください。
その後、本人確認書類の提出です。

コインチェック 本人確認

コインチェックのアプリをダウンロードしていれば「かんたん本人確認」が利用できます。

本人確認書類や顔写真をアプリ上で撮影して提出できますので、非常に簡単に審査が完了します。

審査完了後、登録のメールアドレス宛にメールで通知がくるので、その後はコインチェックの機能が利用可能となります。

ETHをメタマスクに送金

コインチェックの口座解説が完了したら、仮想通貨ウォレット「メタマスク(Meta Mask)」の登録を行いましょう。

仮想通貨ウォレットであるメタマスクに登録することで仮想通貨の管理・送金・受け取りなどが可能となります。メタマスクの詳細な使い方に関してはメタマスクの使い方の記事を参照してください。

メタマスクはChromeの拡張機能として追加できますので、Chromeウェブストアからメタマスクをダウンロードしてください。

画面右側にある「Chromeに追加」をクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードできたら「ウォレットの作成」を選択してください。

次はパスワードを設定します。

ここで登録したパスワードや、「シードフレーズ」は、メタマスク内の仮想通貨を管理する上で非常に大切なので、忘れないようにしてください。

これでメタマスクの登録は完了です。Open Seaに接続しましょう。

Open Seaに接続、購入

イーサリアム(ETH)をメタマスク(Meta Mask)に送金できたら、実際に売買を始めましょう。

Azukiの公式サイトの「GALLERY」をクリックしてください。

細かくディティールを設定できるので、希望のNFTを選んでください。

#から始まる番号の右側にヨットのマークのアイコンがあります。

このアイコンをクリックすると、直接OpenSeaの購入ページに飛ぶ事ができ、購入の手続き、またはオファーができます。

AzukiのNFTを購入したい方は、イーサリアム通貨の取り扱いがある「コインチェック」を利用できます。

コインチェックは最短1日で口座解説が完了致しますので、この機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

NFT Azukiの価格推移

発表当初、8700枚のAzukiのNFTが1ETHから販売され、わずか3分で完売し、合計8700ETHを調達しました

その後発売されたものと合わせて、合計で10,000点のAzukiのコレクションは、現在OpenSeaでフロアプライスが13.5ETH(約435万円)で取引されています。

当初の価格は2~3ETHほどでしたが、僅か2週間ほどで暴騰、一時20ETHに迫る勢いを見せました。

その後は少し落ち着いたものの10ETHを超える高い水準を長らく保っています。

いかに将来性を期待されているかが読み取れるのではないでしょうか。

Azuki 価格推移
引用元:OpenSea

超高額なNFT Azuki

ここでは、OpenSea上で確認できる高額なAzukiのNFTを4点程ご紹介します。

Azuki #6954

AZUKI  6954
引用元:https://opensea.io/assets/0xed5af388653567af2f388e6224dc7c4b3241c544/6954

現在OpenSea上で確認できる(現実的な価格で)一番高価なNFTです。

希少性の高い金の衣装・小豆と歌舞伎の隈取りのようなメイクが特徴です。

1695.4 ETH(約5億円)で取引されています。

Azuki #9914

AZUKI 9914
引用元:https://opensea.io/assets/0xed5af388653567af2f388e6224dc7c4b3241c544/9914

このNFTを購入するために集まった、Red Bean DAOによって購入されたNFTです。

種類の少ないスピリットのNFTです。顔の反対側の帽子の紐まで丁寧に作り込まれています。

当時120ETH(2600万円)で取引されました。

Azuki #1468

AZUKI 1468
引用元:https://opensea.io/assets/0xed5af388653567af2f388e6224dc7c4b3241c544/1468

メガネをかけ、金がかった背景、そして希少性の高い金のバット(武器)を持ったNFTです。

現在1,069ETH(約3億円)で取引されています。

金色のアイテムを持ったキャラクターは、その希少性から高額になります。

Azuki #2174

AZUKI 2174
引用元:https://opensea.io/assets/0xed5af388653567af2f388e6224dc7c4b3241c544/2174

精霊タイプのNFTです。

人間タイプに比べて希少性の高い精霊タイプは、その分金額が高くなっていきます。

999ETH(約2.9億円)で取引されています。

このように、NFTの価格は希少性に比例して高額になっていきます。

今後もAzukiの金額の推移には目が離せそうにありません。

またAzukiのNFTを購入するためにはイーサリアム(ETH)が必要です。

まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方は、まずは国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックの公式サイトをみてみるのも良いでしょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

NFT Azukiのロードマップ

AZUKI MINDMAP
引用元:Azuki公式サイト

Azukiには、明確なロードマップがありません。NFTの世界は動きが速すぎるという事がその理由です。

だからこそ、厳密な計画を立てる事は自殺行為だとチームは考えています。

ロードマップの代わりに、チームは「マインドマップ」を持っています。

つまり、明確なビジョンはあるが、現時点で具体的な内容は流動的で変化しやすいという事です。

Azukiは、今までの中央集権型の意思決定では無く、DAOに代表される自律分散型のコミュニティー作りを目指しています。

AzukiのDiscord上では各自の建設的な意見が発信されています。

現在は、本格的なDAOの運用に向けての規制の枠組みや法整備を進めています。

Azukiが運営するメタバース「Azuki-Verse」の実現に向けての動きもありますので、今後が楽しみです。

現時点で大きなイベントを確約してはいませんが、一つ確約している事があります。

それは、AzukiのNFTホルダーがストリートウェアブランドのNFTを優先的に購入できるようになるという事です。

まだブランド名は明かされていませんが、大手のブランドとの提携が噂されています。

AzukiのNFTは、「THE GARDEN」というメタバースの入場券にもなるようです。

それ以外にも、RPGゲームやアニメにも展開して行く計画があるので、NFTを中心としたAzukiの今後展開が楽しみです。

NFT Azukiに関するQ&A

Azukiに関するQ&Aをまとめました。

Azukiに関するQ&A

・Azukiはイーサリアム以外では購入できない?
・Open Seaでも購入することはできる?
・Azukiの作り方は?
・Azukiは最低いくらで購入できる?

それでは一つずつ解説していきます。

Azukiはイーサリアム以外では購入できない?

Azukiは、イーサリアムのブロックチェーンを利用しています。

ですので、イーサリアム以外の仮想通貨では購入する事ができません。

しかし、イーサリアムはメジャーな銘柄なので、イーサリアムしか使用できない事は、大きなデメリットにはなりません。

Open Seaでも購入することはできる?

AzukiはOpen Sea上でも購入する事ができます。

Open SeaはNFTマーケットプレイスの最大手でもあり、NFTの取引では頻繁に利用されます。

Open Seaについての記事もありますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

Azukiの作り方は?

Azukiのようなアート作品を作ってみたいという方は、Adobe Photoshopなどのソフトを利用して作成する事ができます。

その作品をOpen SeaやRaribleなどのマーケットプレイスに出品すれば、稼ぐチャンスがあるかもしれません。

Azukiの最低価格はいくら?

Azukiは安いものでは13.5ETH(約435万円)で取引されています。

種類によって値段は大きく異なりますが、Azukiは今後さらに値上がりが期待できると言われています。

Azukiを購入したいという方は、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」からイーサリアムを購入できます。

コインチェックは17種類の仮想通貨を取り扱っており、他の銘柄に投資する際にも3ステップで行うことができます。

イーサリアム以外にも仮想通貨取引をして利益を上げたいという方は、ぜひコインチェックの公式サイトをチェックしてみてください。

NFT Azukiのまとめ

今回はAzukiについて詳しくまとめていきました。

この記事のまとめ

・Azukiは今大注目のNFTアート
・Azukiを購入するにはイーサリアムとメタマスクが必要
・Azukiは今後アパレルやアニメに展開していく予定
・希少性によって価格と価値が決まる
・Azukiを入手するためのETHはコインチェックで入手できる

Azukiは単なるイラストではなく、投資家や企業が注目するNFTアートです。

今後も値上がりが続くと思われ、投資目的で購入する人も多くいます。

Azukiに興味を持った方は、OpenSeaのサイトを見て実際に売買を行ってください。

「コインチェック」では、イーサリアムの購入もメタマスクへの送金もスムーズに行う事ができます。

コインチェックのサイト・アプリはシンプルで、初心者でもわかりやすく使えるように設計されています。

まだコインチェックの口座を持っていないという方は、是非この機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる