BEAM仮想通貨(Beam/ビーム)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Beam(BEAM)はMimblewimble技術を適用して匿名トランザクションやスケーラビリティを実現する仮想通貨プラットフォームです。

日本ではリクルートが出資したことでも注目を浴びたプロジェクトです。

この記事ではBeam(BEAM)の特徴や価格の推移、将来的な価格の予測まで解説しています。

Beam(BEAM)に興味ある方や取引してみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Beam(BEAM)はMimblewimble技術を活用して匿名性を高め、スケーラビリティを実現するブロックチェーンプラットフォーム
  • アドレス不要のトランザクションなどで実現した高い機密性をDeFiを中心としたサービス構築に適用している
  • 価格はDeFiの需要の高まりやシステムアップデートなどによって上昇する傾向にある
  • 今後はセキュリティ性の高いサービスの需要の高まりやDeFiの需要によって価格が上昇する可能性がある
  • 国内取引所の取り扱いはないため、取引の際はコインチェックなどの国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金する必要がある

Beam(BEAM)は国内取引所の取り扱いがありませんので、入手する際は国内取引所でBeam(BEAM)を取引し、海外取引所に送金して海外取引所で入手する必要があります。

国内取引所は初心者向けの取引所として人気のコインチェックが最適です。

コインチェックは取引所の登録から取引までのガイダンスが丁寧なため、安心して取引まで行うことが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次

仮想通貨Beam(BEAM)とは

仮想通貨名Beam(BEAM)
シンボルBeam
価格(2022年11月現在)¥17.13
時価総額(2022年11月現在)¥2,196,454,314
時価総額順位(2022年11月現在)592位
取引所の取り扱い国内取引所の取り扱い無し
公式サイトhttps://beam.mw/
2022年11月21日現在

Beam(BEAM)は2019年1月にリリースされた世界で初めてMimblewimbleプロトコルを導入した匿名性仮想通貨プロジェクトです。

Beam(BEAM)のブロックチェーンではトランザクションが匿名化されており、ブロックチェーン上に取引記録が残ることはありません。

この技術を適用することによってBeam(BEAM)は高い秘匿性とスケーラビリティを担保してサービスを提供することが可能です。

Beam(BEAM)は国内取引所での取り扱いはありませんので入手にあたっては国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを保有し、海外取引所で取引する必要があります。

国内取引所の利用はアプリが使いやすいと評判のコインチェックが最適です。

コインチェックのアプリはみやすく、ツールもシンプルなデザインのため、出先でも気軽に仮想通貨の価格をチェックしたり、取引することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)の特徴

Beam(BEAM)は高い匿名性とスケーラビリティを実現している仮想通貨プロジェクトです。

ここではBeam(BEAM)の特徴を紹介していきます。

初のMimblewimble(ミンブルウィンブル)技術を活用したブロックチェーンプロジェクト

Beam(BEAM)のブロックチェーンは、Mimblewimble(ミンブルウィンブル)という技術を利用したものです。

Mimblewimbleという名前は、架空のハリーポッターの世界で使用されている「舌を結ぶ呪い」の呪文にちなんで名付けられています。

2016年8月、「Tom Elvis Jedusor」(ハリーポッターの物語上のキャラクターヴォルデモートのフランス語名)のペンネームを使用する暗号研究者が、Mimblewimbleホワイトペーパーの初期バージョンを公開しました。

Mimblewimbleは「機密取引」と「トランザクションカットスルー」の二つの機能を保有しています。

機密取引

Mimblewimbleには通常の仮想通貨の送金で使用するウォレットのアドレスが存在しません。

送金の際は短時間有効な文字列を発行し、オンラインの送金・受金双方のウォレットをコンタクトさせることによって送金を行います。

そのため、Mimblewimbleはアドレスの発行無しに送金手続きを実行することが可能です。

トランザクションカットスルー

トランザクションカットスルーとは、ブロックチェーン上の重複しているトランザクションを取り除く機能のことです。

例えば、AさんからBさん、BさんからCさんに送金した場合、トランザクション情報としては①AさんからBさんに送金②BさんからCさんに送金という二つのトランザクション情報がブロックチェーン上に記録されます。

ここでカットスルー機能を適用するとこの2つの情報はAさんからCさんに送金、という一つのトランザクション情報にまとめることが可能です。

このようにトランザクション情報の重複を省くことでブロックチェーンのスケーラビリティを確保することが可能となります。

Dandelion Technologyというテクノロジーを適用

Mimblewimbleとは別に、BeamはDandelion Technologyというテクノロジープロトコルも使用しています。

Dandelion は、ネットワークの追跡アクティビティを不明瞭にすることを目的とする技術です。

Dandelionでは、トランザクションがすべてのノードにすぐに送信されず、代わりに、ネットワーク全体に送信される前にいくつかのノードを通過します。

また、トランザクションは複数のトランザクションが融合されてデータが出力されるために、追跡の難易度が非常に高いシステムとなるのです。

2種類のコンセンサスアルゴリズムを適用

コンセンサスアルゴリズムにおいてBeam(BEAM)は、PoW(プルーフオブワーク)を採用しています。

PoWのアルゴリズムにおいてはEquihashという計算アルゴリズムを応用したBeamHashを適用しています。

2021年6月28日に実施されたハードフォークにおいてはBeamHashのアルゴリズムビームハッシュII(BeamHash II)からビームハッシュIII(BeamHash III)にアップデートし、ASICチップへの耐性を高めてマイニングの環境を大幅に改善しています

BeamXという名前でDeFiプラットフォームを保有

Beamには、BeamXという名前の機密性の高いDeFiプラットフォームも提供しています。

BeamXプラットフォームでは、分散型でのブリッジ、仮想通貨P2P取引、およびdAppストアが展開されています。

BeamXは、機密性の高い資産の保存機能や、仮想通貨、自動マーケット運用システムやおよび貸付ツールをなどの幅広い金融アプリケーションおよび金融商品もサポートしています。

Beam(BEAM)は海外取引所のみの取り扱いのため、取引の際は国内取引所でBeam(BEAM)の取引ぺアを入手し、海外取引所に送金して利用する実用があります。

国内取引所をまだアカウント作成をしていないという方は使いやすいコインチェックが最適です。

コインチェックはデザインがシンプルでわかりやすいと評判であり、慣れていなくてもすぐに使いこなせるようになるでしょう。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)の現在の価格動向

Beam(BEAM)の現在の価格はどのような傾向となっているのでしょうか。

2021年後半から2022年11月までの価格の動きを見てみましょう。

Beam(BEAM)の現在の価格動向
引用元:Trading Viewの提供チャート

Beam(BEAM)は2021年後半に高騰して、その後は下落気味に推移しています。

この価格の動きは仮想通貨市場全体の価格の動きに連動していると考えられます。

Beamと主要通貨の比較
引用元:Trading Viewの提供チャート

オレンジの線は、仮想通貨の代表とも呼べるビットコインですが、同じような動きをしていると言えるでしょう。

2022年はロシア・ウクライナ情勢の悪化や、米金利の引き上げ、ステーブルコインUSTのディペッグ騒動などで、仮想通貨全体で軒並み下落を見せました。

Beam(BEAM)の価格はこのような仮想通貨市場全体の動きに影響を受けたと考えられます。

Beam(BEAM)は海外取引所のみでの取り扱いになりますので入手の際は国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して取引する必要があります。

海外取引所の利用は取引所運営の経験値が高いコインチェックが最適です。

コインチェックは2014年から取引所を運営しているいわば老舗の仮想通貨取引所であり、取引所のノウハウを豊富に保有しているため、安心して利用することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)のこれまでの価格動向

Beam(BEAM)はこれまでどのような価格の動きをしていたのでしょうか。

Beam(BEAM)のこれまでの価格の動向をポイントをあげて説明していきます。

BEAM(Beam)のこれまでの価格動向
  • 上場後に大きく下落するも、アップデートを境にやや上昇傾向
  • 2021年4月にDeFiの人気の高まりを受けて暴騰
  • 2021年7月以降はやや停滞

上場後に大きく下落するも、アップデートを境にやや上昇傾向

引用元:Trading Viewの提供チャート

Beam(BEAM)の2019年、2020年の価格の動きはどのような動きだったのでしょうか。

Beam(BEAM)は2019年の上場後、半年程度で価格が下落しますが、その後2020年代の4月から6月にはやや上昇して価格を持ち直しています

この上昇は6月28日に実施されたBeam(BEAM)のハードフォークによるシステムアップデートが影響していると思われます。

このシステムアップデートではPoWのアルゴリズムの変更が実施された他、トークン機能「Confidential Assets」の追加、送金者の情報を入力せずにP2P送金を実施することができる「One side payments」が実装されました。

市場はこのシステムアップデートにBeam(BEAM)のサービスが充実し、より信頼性が高まったと判断して購入したと考えられます。

2021年4月にDeFiの人気の高まりを受けて暴騰

引用元:Trading Viewの提供チャート

2021年の3月から4月にかけて、Beam(BEAM)の価格は大きく上昇しました。

3月からの約1ヶ月でBeam(BEAM)の価格は約280%上昇しています。

この価格の動きはNFTやDeFiなどのdAppsの需要が高まったことによってdApps関連の通貨の価格が大きく上昇したことにあると考えられます。

Beam(BEAM)もDeFiを提供するプロジェクトの一つであるため、需要が同様に増加し、価格が上昇しています。

2021年7月以降はやや停滞

引用元:Trading Viewの提供チャート

6月から8月では価格の上昇は収まり、停滞する動きをしています。

これは、需要の増加で急上昇していた価格が一旦落ち着いたために低い価格で推移していると考えられます。

その後は前述した通りに、一度急騰を見せましたが、2022年に入って大きく下落しています。

Beam(BEAM)の購入では国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを入手し、海外取引所に取引ペアを送金して海外取引所でBeam(BEAM)を取引する必要があります。

国内取引所はセキュリティの頑健性が高いコインチェックが最適です。

コインチェックはハッキングによる仮想通貨の盗難事件を経験しているため、特にセキュリティに力を入れていますので安心して取引が可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)の価格上昇ポイント

Beam(BEAM)はどのような要因で価格が上昇するのでしょうか。

Beam(BEAM)の価格上昇のポイントを次の通りにまとめてみました。

Beam(BEAM)の価格上昇ポイント
  • システムアップデートやサービスのリリース
  • 企業などとの提携や大規模取引所への上場
  • DeFiを中心としたdAppsの人気の上昇

システムアップデートやサービスのリリース

2020年の価格の上昇でもみられるように、システムアップデートやサービスのリリースは価格上昇のポイントとなると考えられます。

システムが改善されることやサービスがアップデートされることはBeam(BEAM)プロジェクトの信頼性が高まり、展開が進むことが考えられます。

そのため、Beam(BEAM)の将来性を見込み、投資家が購入する傾向にあると考えられます。

企業などとの提携や大規模取引所への上場

企業との提携や大規模な取引所への上場も価格上昇の要因となります。

企業との提携や大規模な取引所の上場では、Beam(BEAM)はプロジェクトとしてそのシステムの構築レベルやセキュリティ、サービスの将来性などを審査されている可能性が高いです。

そのため、企業との提携や大規模な取引所に上場した場合は、将来性が非常に高いと市場が考え価格が上昇する傾向にあります。

DeFiを中心としたdAppsの人気の上昇

また、2021年での価格の動きにもみられるようにDeFiを中心としたdAppsの人気の上昇もBeam(BEAM)の価格の上昇の要因となります。

Beam(BEAM)はDeFiなどもサービスとして提供しており、しばしばDeFi関連仮想通貨として注目を浴びる傾向にあるようです。

Beam(BEAM)は海外取引所のみの取り扱いです。

そのためBeam(BEAM)を入手する際は国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを取引し、海外取引所に送金して入手する必要があります。

国内取引所は電話問い合わせ窓口を設定するなど、利用者を不安にさせないような手厚い保護を行っている取引所であるコインチェックが最適です。

ぜひこの機会に、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)の今後の価格の予想

今後Beam(BEAM)はどのような価格の動きとなるのでしょうか。

現時点で予想されるBeam(BEAM)の今後の価格の予想をポイントを挙げて説明していきます。

BEAM(Beam)の今後の価格の予想
  • システムのアップデートやサービス拡充によって価格が上昇する可能性がある
  • DeFiの需要の高まりによって価格が上昇する可能性がある
  • セキュリティ事件など匿名性ニーズが上昇して価格が上昇する可能性がある

システムのアップデートやサービス拡充によって価格が上昇する可能性がある

価格上昇のポイントとしてシステムのアップデートやサービスの拡充を挙げましたが、今後もシステムのアップデートやサービス拡充が行われる可能性があります。

2021年第四半期においてもネットワーク上のイーサリアムやその他の通貨への資産ブリッジの適用や、dAppsのダウンロードストアの分散化を予定しています。

システムのアップデートやサービスの提供はその規模が大きいほど、価格が上昇する可能性があると考えられます。

DeFiの需要の高まりによって価格が上昇する可能性がある

今後もDeFiを中心としたdAppsへの注目度が上がり、DeFi関連の仮想通貨の価格が上昇する可能性があります。

DeFiは送金スピードの遅さや手数料コストなど従来の金融システムの様々な課題を解決しうる可能性をはらんでいます。

そのため、今後金融サービスの課題解決のソリューションとして一般化され、普及される可能性があります。

その場合、DeFi関連の仮想通貨の需要が高まり、Beam(BEAM)の価格も伴って上昇する可能性があります。

セキュリティ事件など匿名性ニーズが上昇して価格が上昇する可能性がある

Beam(BEAM)は匿名性に特化してサービスを展開しています。

そのため、機密情報や個人データの取り扱いなど、匿名性やセキュリティを重視するサービスやシステムの増加によってBeam(BEAM)の需要が増加する可能性があります。

現在データを活用してサービスを行うというビジネスが活発化しており、様々なデータを管理・利用する機会が増加しています。

そのため、今後ますます匿名性やセキュリティ保全サービスのニーズが高まり、Beam(BEAM)のニーズも上昇する可能性があると考えられます。

Beam(BEAM)は国内取引所での取り扱いはありませんので購入の際は国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入する必要があります。

国内取引所の利用ではお得に取引ができるコインチェックが最適です。

コインチェックでは取引手数料が無料のため、気軽に取引を行うことができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

Beam(BEAM)が購入できる取引所

Beam(BEAM)が購入できる取引所は次の通りになります。

BEAM(Beam)が購入できる取引所
  • Binance(バイナンス)
  • CoinEx(コインエクスチェンジ)
  • Hotbit(ホットビット)
  • gate.io(ゲート)

海外取引所は複数存在しますが、それぞれ取り扱い通貨やデザイン性、セキュリティの頑健性など大きく異なります。

海外取引所を利用する際は自分の用途や利用傾向にあった取引所を選択することがおすすめです。

海外取引所の利用がためらわれる場合は国内取引所でアルトコインを入手してみてはいかがでしょうか。

アルトコインの取引はコインチェックが人気です。

コインチェックは国内最多の17種類の仮想通貨を取り扱っているため、好みのアルトコインを入手することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨取引はコインチェック

コインチェック 新サムネイル

Beam(BEAM)を購入する際は国内取引所を経由して海外取引所で入手する必要があります。

具体的な購入手順は次の通りです。

BEAM(Beam)の購入手順
  1. コインチェックなどの国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを入手する
  2. 購入したビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でビットコインやイーサリアムを利用してBEAM(Beam)を入手する

Beam(BEAM)の取引ペアはビットコインやイーサリアムであることが多いため、ビットコインやイーサリアムの購入がおすすめです。

国内取引所でビットコインやイーサリアムの入手をする際はコインチェックが最適です。

コインチェックは取引高が国内2位と非常に高いため、流動性が高く、お得に取引を行うことが可能です。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

仮想通貨Beam(BEAM)のまとめ

今回は仮想通貨Beam(BEAM)の特徴や価格の動向について解説しました。

Beam(BEAM)について、次の通りに簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

仮想通貨BEAM(Beam)のまとめ
  • Beam(BEAM)はMimblewimble技術を適用し、高い匿名性とスケーラビリティを実現するブロックチェーンプロジェクト
  • ブロックチェーンにトランザクションの情報が残らない形で取引することが可能であり、機密性の高いDeFiなどのサービスを実施
  • 価格はシステムアップデートやDeFiの人気の高まりに影響を受ける傾向がある
  • 今後もサービスの普及やDeFiやセキュリティ性の高いサービスの需要に影響を受けて価格が上昇していく可能性が高い
  • 国内取引所で取り扱いがないため、取引の際はコインチェックなどの国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを入手し、海外取引所に送金して海外取引所に送金するのが最適

Beam(BEAM)は高い匿名性とスケーラビリティを誇るブロックチェーンプロジェクトです。

今後、セキュリティの重要性がますます高まり、注目されていくことが期待されます。

Beam(BEAM)の購入の際は国内取引所でBeam(BEAM)の取引ペアを保有し、海外取引所に送金して海外取引所でBeam(BEAM)を入手する必要があります。

海外取引所を利用することにためらいがある場合は、まずはコインチェックでビットコインを取引してみるとスムーズです。

コインチェックではビットコインでんきやビットコインレンディングサービスなど様々なサービスを提供しているため、取引だけではなく、さまざまな形で仮想通貨に挑戦することが可能です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

目次
閉じる