仮想通貨Fantom(FTM)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Fantom(FTM)とは、イーサリアムの問題を解決し、dAppsなどのスマートコントラクト技術を市場に提供することを目指す「イーサリアムキラー」と呼ばれるプロジェクトの一つです。

高速コンセンサスメカニズムを保有しており、複数のブロックチェーンプロジェクトと提携するなど市場から熱視線を受けています。

今回は注目の仮想通貨プロジェクトであるFantom(FTM)の特徴や価格の推移、今後の見通しや予想などを紹介します。

Fantom(FTM)に興味がある方や取引を検討している方は是非参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Fantom(FTM)はイーサリアムの問題を解決し、代替することを目指すプロジェクト
  • コンセンサスメカニズム「Lachesis」を導入しているメインネットOperaはトランザクションの速さに定評がある
  • 2021年は「イーサリアムキラー」の人気の高まりやシステムアップグレードへの注目から価格が大きく上昇
  • 今後は開発やプロジェクトが順調に進むことで価格の上昇が見込める
  • 取引する際はコインチェックなどの国内取引所でビットコインやイーサリアムを入手した上で海外取引所でFantom(FTM)を保有するのが最適

Fantom(FTM)は国内取引所で入手することができないので、国内取引所でFantom(FTM)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを保有し、海外取引所に送金する必要があります。

国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックは初心者でもすぐに取引ができるように丁寧な解説や手順を用意しているため、初めてでもすぐに操作がで切るようになります。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

また、Fantom(FTM)に関してはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されているので、「ファントムについて動画でサクッと学んでみたい…!」と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

仮想通貨Fantom(FTM)とは?

通貨名Fantom(FTM)
シンボル・単位FTM
価格¥39.16
(2023年1月19日時点)
時価総額¥108,523,607,491
(2023年1月19日時点)
時価総額ランキング52位
公式サイトFantom(FTM)公式サイト

Fantom(FTM)は2019年にリリースされた、イーサリアムの問題を解決することに取り組む仮想通貨ネットワークプロジェクトです。

組織、企業、個人が分散型で安全なアプリケーションを開発し、幅広い業界にわたって高速で安全かつスケーラブルなテクノロジーを作成することを目指しています。

Fantom(FTM)を入手するには国内取引所でFantom(FTM)の取引ペアとなるビットコインやイーサリアムを保有してから海外取引所でFantom(FTM)を入手しましょう。

国内取引所の利用では初心者でも使いやすいサイトのデザインに定評があるコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)の特徴

Fantom(FTM)はイーサリアムの代替になることを目指しています。

独自のコンセンサスアルゴリズムやネットワークを持ち、非常に高速なトランザクションを実現しています。

ここではそんなFantom(FTM)の特徴を紹介します。

イーサリアムの代替になることを目指している

Fantom(FTM)はイーサリアムの代替手段を提供するために構築されたブロックチェーンネットワークの1つであり、イーサリアムキラーと呼ばれています。

現在NFTDeFiにおいてイーサリアムが多用されていますが、その決済スピードの遅さや手数料の高さが問題となっています。

Fantom(FTM)はネットワークアーキテクチャは、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化の安定したバランスを提供することで、その問題を解決することを目指しています。

高速コンセンサスメカニズム「Lachesis」を導入している

FTMはコンセンサスメカニズムとして「Lachesis」を採用しています。

Lachesis(ラケシス)とはFTMのaBFTコンセンサスアルゴリズムを活用しており、高スピードで低コストのトランザクション処理、高いセキュリティの保持が可能です。

コンセンサスメカニズムとは、ブロックチェーンを動かすための仕組みです。

aBFTコンセンサスアルゴリズムはスピード、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化の点でビットコインやイーサリアムなど従来のブロックチェーンよりも高い性能があるといわれています。

aBFTコンセンサスアルゴリズムを活用することでLachesisは早いトランザクション処理を実現可能となります。

メインネットワークOperaの機能が注目されている

Operaは、Fantom(FTM)のメインネットワークのことで、分散型アプリケーションを構築するための安全で高速な環境を提供します。

Fantom(FTM)のaBFTコンセンサスアルゴリズムを搭載しており、その速度と高速なファイナリティを活用し、混雑や長い承認時間を短くした形でdAppsなどのアプリケーションの運用を支えます。


Operaは2021年4月にアップグレードし、トランザクション処理スピードが1秒以下になることが公表され、市場の注目を集めました。

ネイティブトークンのFTMを提供している

FTMはFantomプロジェクトのネイティブトークンです。

FTMコインの総供給量は31億7500万枚で、2022年時点で25億枚が流通しており、残りはファントムステーキング報酬として配布されます。

FTMはネイティブメインネットコイン、Ethereumエコシステムで使用されるERC-20トークン、BinanceエコシステムのBEP-2トークンの3種類存在しています。

FTMトークンは、ネットワークでのガバナンス、ステーキング、支払い、およびトランザクション手数料に使用されます。

ステーキングとは、トークンを預けることで預けたトークン量に応じた報酬を得ることができるというものです。

ユーザーはFTMを自由に預けて、約4%の年利でステーキング報酬を得ることができます。

ただし、FTMを2週間から1年までの所定の期間ロックアップすることで、最大12%の年利という高い報酬率を確保することも可能です。

様々なブロックチェーンプロジェクトと提携している

ファントム(FTM)は様々なブロックチェーンのプロジェクトと提携しています。

代表的なものは2020年3月に発表されたChainlinkとの提携です。

Chainlinkは、ブロックチェーンと外部システムをつなぐためのプラットフォームです。

Chainlinkは、FantomエコシステムにChainlinkプラットフォームを通した高品質の認証済みAPIデータへのリアルタイムアクセスを提供します。

これにより、Fantom開発者は、最も信頼できるソースのみから供給される、リアルタイムデータと完全に統合されたスケーラブルな分散型アプリケーションを構築可能となります。

Fantom(FTM)はChainlink以外にもRaviton、Band Protocolなどのブロックチェーンプログラムとも提携し、独自の機能の拡張を推し進めています。

Fantom(FTM)は海外取引所のみの取り扱いとなるため購入には国内取引所でFantom(FTM)の取引ペアの仮想通貨を購入する必要があります。

国内での仮想通貨の入手はコインチェックが最適です。

コインチェックは操作がしやすくデザインに優れたアプリを提供しており、出先でも仮想通貨の価格をチェックしたり取引を行うことが可能です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

【2023年1月】Fantom(FTM)の現在の価格動向

Fantom(FTM)の現在の価格はどのように動いているのでしょうか。

Fantom(FTM)の直近の価格の動きを見てみましょう。

【2023年1月】Fantom(FTM)の現在の価格動向
引用:Tradingviewの提供チャート

直近の2021年8月末から9月にかけて、Fantom(FTM)の価格は急上昇し、約260%も上昇しました。

これはイーサリアムキラーコインの需要の高まりによるものと考えられます。

8月から9月にかけて、NFTやDeFiの人気が高まり、NFTやDeFiで使用されるイーサリアムの需要が高まりました。

そしてイーサリアム同様スマートコントラクト機能を保有するプロジェクトの通貨も大きく上昇しました。

また、一定期間以上Fantom(FTM)をホールドしていた場合、インセンティブとしてトークンを受け取ることができるインセンティブプログラムを8月末にリリースしたことも急上昇の要因の一つと考えられます。

2021年10月にも価格は再び大きく上昇していましたが、その後は仮想通貨市場全体での下落に連動して大きく価値を下げています。

2023年1月19日現在の価格は約¥39.22です。

Fantom(FTM)は海外取引所のみでしか取り扱いがないため、国内取引所でFantom(FTM)との取引ペアとなる仮想通貨を入手した上でFantom(FTM)を取引する必要があります。

国内取引所の利用はコインチェックが最適です。

コインチェックは手数料が無料であるため、気軽に仮想通貨を入手することができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)のこれまでの価格推移

Fantom(FTM)のこれまでの価格推移はどのような動きだったのでしょうか。

市場にリリースされた2019年からの動きを見てみましょう。

Fantom(FTM)の価格推移のポイント
  • 2021年に至るまで大きな価格の上下は無し
  • 2021年2月に30%急上昇
  • 2021年5月に向かって大きく急上昇

2021年に至るまで大きな価格の上下は無し

引用:Tradingviewの提供チャート

2019年の上昇後、Fantom(FTM)の価格は0.01-0.03ドル程度で推移しており、大きな変化はみられていません。

Fantom(FTM)の価格は、主に2021年以降に大きな変化が見られます。

2021年2月に336%急上昇

引用:Tradingviewの提供チャート

2021年3月に1週間程度で価格は336%上昇しました。

2021年3月は米国債の金利が安定し、新型コロナウィルスのワクチン展開に対する楽観的な見方が広まったことで、投資家のセンチメントが改善し、株式や証券市場が安定しました。

例えば、S&P500、ダウ、ナスダックはそれぞれ上昇し、黒字で取引を終えています。

仮想通貨市場も同様に、市場からのポジティブな見方によって上向きとなりました。

ビットコイン価格が5万ドルに達し、アルトコインでも価格回復の動きが見られました。

Fantom(FTM)も仮想通貨市場の価格上昇の煽りを受けて、大きく上昇したと考えられています。

2021年5月に向かって大きく急上昇

引用:Tradingviewの提供チャート

2021年4月から5月にかけて価格が大きく上昇している様子が見られます。

4月末から約10日間で35%急上昇している様子が見られます。

この急上昇はGo-Operaアップグレードが原因と考えられます。

4月29日にGo-Operaアップグレードが開始されたことで、Fantom(FTM)のパフォーマンスと信頼性が劇的に向上し、平均トランザクション時間は1秒になりました。

このことによってFantom(FTM)のシステム精度が上がり、市場がFantom(FTM)の価値に注目したと考えられます。

Fantom(FTM)を取引する際は国内取引所で取引ペアであるビットコインやイーサリアムを入手してから海外仮想通貨取引所で取引するようにしましょう。

国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックはハッキング事件なども経験しており、セキュリティの保全を徹底的に実施しているため、安心安全に取引ができる取引所だと言われています。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)の価格上昇の要因

Fantom(FTM)の価格はどのような要因で上昇しているのか気になりますね。

上昇の要因を次の通りにまとめてみました。

FTMの価格上昇の要因
  • インセンティブプログラムなどのFTMを使用したプロジェクトや提携
  • DeFiやNFTなどのイーサリアムキラーコインの需要の高まり

Fantom(FTM)のプロジェクト進捗に関する公表や他社との提携

Go-Operaアップグレードやインセンティブプログラムなど、Fantom(FTM)のプロジェクト進捗に関する公表は価格上昇の要因になります。

システムの向上や新規プログラムが実施されるということはFantom(FTM)のプロジェクトが順調に進んでおり、Fantom(FTM)の将来性が見込まれると考えられるためです。

またChainlinkなど、他社との提携はFantom(FTM)のシステムの頑健性やプロジェクトの将来性が他社にも認められたということです。

プロジェクトの進捗や他社との提携より、Fantom(FTM)の将来性を見込んだ投資家が価格の上昇を見越してFantom(FTM)を購入し、価格が上昇していくと考えられます。

イーサリアムキラーコインの需要の高まり

9月の上昇でもみられる通り、イーサリアムキラーコインとしての需要の高まりもFantom(FTM)の価格上昇の要因になりうると考えられます。

DeFiやNFTの人気が高まり、イーサリアムの需要が高まっていますが、現在トランザクションスピードが遅いことや手数料(gas)が高いなどの問題が存在します。

そのため、イーサリアムの代替になりうる仮想通貨「イーサリアムキラー」が今後イーサリアムの代替として使用される可能性があるとして、需要が高まっているのです。

Fantom(FTM)を購入するためにまずは国内取引所のコインチェックをチェックしてみましょう。

コインチェックは電話での問い合わせ対応など、利用者にとって安心で利便性の高い取引所をめざしているため、安心して取引を行うことができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)の今後の予想・見通し

Wallet Investorはテクニカル分析の結果、長期的な上昇が見込まれ、5年間で299.01%上昇すると考えています。

5年後の2026年4.8ドルに到達すると予測しています。

また、ファントムは着実に開発を進めており、今後数年間市場に残り続けた場合、価格は大きく上昇するとする見方もあります。

さらに、上昇の重要な要素としてトランザクションのセキュリティと速度をが向上するかどうかであるとしています。

Fantom(FTM)を購入するには、国内取引所で取引ペアであるビットコインやイーサリアムを購入した後、海外取引所で送金し、海外取引所で購入しましょう。

国内取引所を利用する場合はコインチェックが最適です。

コインチェックは19種類もの仮想通貨を取り扱っているため、ビットコインやイーサリアムの他、気になるアルトコインも購入することができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)を入手できる取引所

Fantom(FTM)は国内取引所での取り扱いがありません。

そのため国内取引所でビットコインやイーサリアリアムなどFTMと取引ペアになっている仮想通貨を保有した後、海外取引所でFTMを入手する必要があります。

FTMを入手できる海外取引所は以下の通りです。

Fantom(FTM)を購入できる取引所
  • OKEx
  • KuCoin
  • BitFinex
  • CoinEx
  • HitBTCなど

海外取引所は様々な種類が存在しますが、取り扱い通貨や使いやすさなどが異なりますので自分の用途に合った取引所を選ぶことがおすすめです。

ただし、海外取引所は国内の金融庁の認可を受けていないので利用に際しては十分な注意が必要です。

国内取引所の利用の際はコインチェックが最適です。

コインチェックはオンライン上ですぐにアカウント作成を行うことができるのですぐにビットコインやイーサリアムの取引ができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

Fantom(FTM)のまとめ

Fantom(FTM)は独自のコンセンサスアルゴリズムやネットワークに強みを持ち、イーサリアムの課題を解決することを目指すプロジェクトです。

Fantom(FTM)はシステムアップグレードや他社との提携を順調に進めており、市場からも期待される仮想通貨です。

今後、より様々な機能を付帯し、イーサリアムに代わるような仮想通貨になることが期待されます。

Fantom(FTM)の発展から目が離せませんね。

この記事のまとめ
  • Fantom(FTM)はイーサリアムの課題を解決することを目指す仮想通貨プロジェクト
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムやネットワークを持ち、そのトランザクション処理能力は従来のものと比較して高い
  • 2021年はシステムのアップグレードや他社との提携などの影響を受けて価格上昇
  • 今後システムの開発やトークンの普及によってより価格が上昇していくと考えられる
  • Fantom(FTM)を取引する場合はコインチェックなどの国内取引所でビットコインやイーサリアムを入手し、海外取引所に送金してFantom(FTM)を取引すると良い

Fantom(FTM)を入手する際は国内取引所で取引ペアであるビットコインやイーサリアムを保有し、海外取引所に送金して取引するようにしましょう。

国内取引所はコインチェックが最適です。

コインチェックは取引所の他にも「Coincheckでんき」というビットコインで電気料金を支払うことができるサービスや貸仮想通貨サービスの「Coincheck貸暗号資産サービス」なども提供しており、様々な形で仮想通貨に挑戦することができます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

目次
閉じる