仮想通貨Hedera(ヘデラ/HBAR)とは?特徴や将来性・購入方法について解説!

HBAR

Hedera Hashgraph(へデラ/HBAR、以下Hedera)は、独自に開発した分散型元帳技術が特徴のプラットフォームおよびそのネイティブトークンです。

従来のブロックチェーン技術を使わない仮想通貨として、さまざまな企業に注目されています。

今回は、Hedera(へデラ/HBAR)の特徴や、これまでの価格動向、今後の見通し・将来性について解説していきます。

Hederaを入手する方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • Hedera(へデラ/HBAR)はコスト面やデータ処理スピードに優れた分散元帳技術を採用している
  • 新型コロナウイルス感染対策・管理にもHederaの技術が利用されている
  • Googleや野村HDといった大企業が運営審議会に参加
  • 環境面にやさしいことからも今後の需要増加が期待される
  • これから国内取引所の口座開設をするならDMM Bitcoinをチェックしよう

Hedera(へデラ/HBAR)を購入するためには、まずは国内取引所での口座開設が必要となります。

DMM Bitcoinは操作しやすい取引ツールを提供しており、初心者から経験者まで幅広い人に利用しやすい仮想通貨取引所です。

取引手数料や口座開設手数料、入出金手数料などが無料で利用できるため、コストを抑えて仮想通貨取引が可能です。

現在は、口座開設で2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

目次

Hedera(ヘデラ/HBAR)とは?

ヘデラ1
名称Hedera(へデラ・ハッシュグラフ)
ティッカーHBAR
価格(2023年1月時点)¥0.2363
時価総額(2023年1月時点)¥141,237,458,627
公式サイトHedera公式サイト

Hedera(へデラ/HBAR)とは、個人や企業が手軽に分散型アプリケーション(DApps)を開発できるようにするためのプラットフォームです。

従来のブロックチェーン技術で問題となっていた手数料の高さや処理速度の不安定さを解消できるシステムとして注目されています。

新型コロナウイルスの対策に用いられるなど、さまざまなユースケースが話題にもなっています。

Hederaを購入する場合は、国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金するという手順が一般的です。

DMM Bitcoinはビットコインやイーサリアムの出金手数料が無料となっており、送金用の口座としても利用しやすいので、興味のある方はぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

Hedera(ヘデラ/HBAR)の仕組み・特徴

Hederaの仕組みや特徴を確認していきましょう。

Hedera(へデラ/HBAR)の仕組み・特徴
  • Hashgraphという独自の分散型元帳テクノロジーを採用
  • へデラ運営審議会に多くの大企業が参加
  • コロナ対策・管理に利用されている

Hashgraphという独自の分散型元帳テクノロジーを採用

Hedera(ヘデラ/HBAR)では、独自の分散型元帳テクノロジーを採用しています。

ブロックチェーン技術の代わりにDAGという新しい技術を利用することで、これまでのブロックチェーンの問題点を補えるようになりました。

ブロックチェーンは、取引データをブロックごとにまとめて管理し、鎖でそれをつなぎ合わせるという仕組みです。

各ブロックをつなぎ合わせるためにはマイニング作業が必要となりますが、このような特徴を持つブロックチェーンだからこそ、以下のような問題が生じることがあります。

  • ブロックのデータ容量が制限される
  • 取引の処理に時間がかかる
  • 取引が増えると手数料が高騰する

DAGでは、取引データを直接ランダムに接続することで管理するため、ブロックやマイニングといったものは存在せず、複数のデータを同時に処理することも可能となります。

これによって、いつでもスピーディーかつ低コストでデータを処理できるため、ブロックチェーンに次ぐ次世代の技術として注目が集まっています。

Hederaで使用されているのはこのDAGを利用したハッシュグラフコンセンサスと呼ばれる仕組みです。

ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨と比較すると、以下のようになります。

通貨HBARBTCETH
1秒間に処理できる情報量10,000TPS〜3TPS〜12TPS〜
平均手数料0.0001ドル22.57ドル19.55ドル
トランザクション承認時間3〜5秒10〜60分10〜20秒
エネルギー量0.00017KWH〜885KWH〜102KWH

1秒あたりに処理できる情報量はビットコインが3件程度、イーサリアムが12件程度なのに対し、Hederaは10,000件以上となっています。

平均手数料も、これらと比較すると大幅に安く、コストカットに大きく貢献できるでしょう。

トランザクションの承認時間や消費エネルギー量もこれまでのブロックチェーンとは圧倒的に小さく、環境に与える負荷も小さいというメリットがあります。

へデラ運営審議会に多くの大企業が参加

ヘデラ2

Hederaは「へデラ運営審議会」と呼ばれる組織によって運営されていますが、この組織には多くの大企業が加わっていることでも知られています。

この運営審議会に参加している主な企業は以下の通りです。

へデラ運営審議会に参加している企業(抜粋)
  • Google…世界最大の検索エンジン
  • IBM…米国の大手IT企業
  • 野村ホールディングス…日本の大手金融グループ
  • LG…韓国の総合家電、情報通信メーカー
  • TATA COMMUNICATIONS…インドの大手電気通信会社
  • AVERY DENNISON…大手科学材料メーカー
  • DBS…シンガポールの総合金融
  • BOEING…世界最大の航空宇宙機器メーカー

世界的な一流企業がHederaの運営に関わっていることで、企業からの期待感も伺えます。

コロナ対策・管理に利用されている

Hederaの技術は新型コロナウイルス対策にも活用されています。

2021年にイギリスのHospital Groupでファイザー社のワクチンを管理するためにHederaハッシュグラフが使用されました。

新型コロナウイルスのワクチンは、厳格に定められた温度で保管される必要があります。

大規模接種にあたっては膨大な量のワクチンを一括で管理する必要があり、それぞれの温度・保管期間を管理するのは容易ではありません。

Hederaのシステムを用いて、温度計に設置されたセンサーが自動的にHederaハッシュグラフにデータを送付・記録するという仕組みを作ったことで、ヒューマンエラーをなくすことに成功しました。

Hederaの技術を用いることで、ワクチンの管理状況や供給状況を簡単に記録し、低コストでワクチンを管理することが可能となったのです。

また、Hederaの技術は、新型コロナウイルスの感染拡大についての情報管理にも利用されています。

ブロックチェーン企業「Acoer」が開発したコロナウイルスの感染状況やニュースなどの情報を提供する「Acoer Coronavirus Tracker」というツールでも、Hederaハッシュグラフの技術が用いられています。

このツールは米疾病対策センター(CDC)と世界保健機関(WHO)、ツイッターから情報・トレンドなどのデータを収集し、わかりやすく視覚化するというツールです。

データの信憑性を担保するために、一時ソースから情報が改ざんされていないことの証明としてHederaの分散型台帳技術が利用されています。

Hedera(ヘデラ/HBAR)のこれまでの価格動向

Hedera(へデラ/HBAR)のこれまでの価格動向を確認していきましょう。

2022年1月〜の価格動向

2022年1月〜の価格動向
引用:TradingView

こちらは、2022年の年初頃からのHBAR /USDの価格動向です。

2022年年初をピークとして、4月までは揉み合いながら下落傾向にありました。

2022年4月頃からは一気に価格が下落し、6月頃を底値として今も価格は低迷しています。

これはHBAR独自の要因によるというよりは、仮想通貨および株式市場全体の下落相場の影響によるものだと考えられます。

米FRBが急激なインフレを懸念し、大規模な利上げや金融引き締めを行っていることで、株式や仮想通貨といったリスク資産から一時的に資産が流出しているものと思われます。

依然としてリスクを避ける動きも見られるため、今後の展開としては予断を許さない状況は続きそうです。

2022年6月〜の価格動向

2022年6月〜の価格動向
引用:TradingView

こちらは、直近6ヶ月程度の価格動向です。

0.1ドル付近で推移していた3ヶ月前と比較すると、現在の価格は0.04ドル程度と下落しています。

直近の急落は、仮想通貨取引所FTXの破綻で仮想通貨市場全体がリスクオフになったことが要因です。

2022年の年初から比べると現在の価格は約5分の1程度となっていますが、0.04ドル近辺では下値抵抗力があるようにも見えます。

短期的に見ると、0.04〜0.06ドル近辺が底値と読み取れそうです。

2021年以前のような価格水準にすぐに戻るのは難しいかもしれませんが、今後もHBARへの期待が高まるについて価格の上昇は継続するということも考えられます。

長期的な目線で今後に期待して買うのであれば、現在は購入の良いタイミングとする見方もあります。

Hederaを購入する場合、まずは国内取引所でHederaと交換するための仮想通貨を購入する必要があります。

DMM Bitcoinは、手数料負担を抑えられるため幅広い人に人気の仮想通貨取引所です。

現在は口座開設で即時2000円がもらえるというキャンペーンも実施しているため、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

Hedera(ヘデラ/HBAR)の今後の見通し・将来性

Hedera(へデラ/HBAR)の今後の見通し・将来性を考える上では、以下のポイントが重要となります。

Hedera(へデラ/HBAR)の今後の見通し・将来性
  • サステナブルでエネルギー負荷が小さい
  • NFTの作成が可能
  • 国際金融送金システムへの採用が期待される

サステナブルでエネルギー負荷が小さい

従来のブロックチェーンでは、データを承認するために大量の電力消費が必要となります。

現在は世界的にもSDGs(Sustainable Development Goals)が注目されており、大量のエネルギーを消費するという仮想通貨の問題点では業界の妨げともなっています。

Hederaにはブロックチェーンのマイニングのような概念がないため、電気を過剰に消費することなくデータの承認作業が行えます。

そのため、ビットコインなどで問題となっているエネルギー負荷が小さく、環境にやさしいという特徴があります。

今後も環境問題については仮想通貨の成長において重要なポイントとなると考えられるため、環境負荷の小さいHederaの将来性は高いと言えるかもしれません。

NFTの作成が可能

Hederaでは、Hedera Token Service(HTS)を用いることで、スマートコントラクトの設定なしでNFTを作成できます。

NFTは昨今大きな盛り上がりを見せており、世界的なアーティストやインフルエンサーなどがNFT分野に進出していることが話題にもなっています。

今後もNTFの作成・販売などのニーズが増え続けると予想されており、低コストかつスピーディーにNFTを発行できるHederaの需要も高まると期待できます。

国際金融送金システムへの採用が期待される

Hederaは、今後世界的な送金システムに採用されることも期待されています。

2021年11月29日に、新韓銀行がHederaのネットワークを用いて国際送金プロジェクトを開発したと発表しました。

このシステム開発によって、新韓銀行は国際送金にかかるコストや時間を大幅にカットすることに成功しています。

分散型元帳テクノロジーを利用した送金システムは新韓銀行が世界で初めて取り組んでおり、その送金システムが世界的に認められていくと、Hederaの知名度も増していくでしょう。

さらに、同様のシステムを導入する金融機関などが増えていけば、より一層Hederaの需要も増加すると予想できます。

このように、Hederaは今後さまざまな場面で活用されることが期待されています。

これからHederaを購入したいと考える方は、DMM Bitcoinなどの国内取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金してからHederaと交換するという手順が必要となります。

DMM Bitcoinは口座開設手数料や入出金手数料などが無料に設定されているため、コストを抑えて仮想通貨の取引が可能というメリットがあるので、興味のある方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

Hedera(ヘデラ/HBAR)の買い方

Hederaの買い方について説明していきます。

Hederaは国内の仮想通貨取引所に上場していないため、国内取引所で直接購入することはできません。

Hederaを購入するためには、まず国内取引所でHederaを購入するための仮想通貨を手に入れ、それを海外取引所に送金してHederaと交換する、という手順が必要となります。

今回は、DMM Bitcoinで仮想通貨を購入する場合を例にして説明していきます。

以下の手順に沿って手続きを進めていきましょう。

Hedera(へデラ/HBAR)の買い方
  • DMM Bitcoinで口座を開設する
  • DMM Bitcoinで仮想通貨を購入する
  • 海外取引所に送金する
  • 海外取引所でHederaを購入する

DMM Bitcoinで口座を開設する

まずは、Hederaを購入するための元手資金となる仮想通貨を入手する必要があります。

ここでは、国内取引所の中でもコストが安く初心者にも利用しやすいDMM Bitcoinを利用して仮想通貨を購入する方法について解説します。

DMM-Bitcoin

はじめに、DMM Bitcoinの公式サイトを開き、「口座開設はこちら」ボタンから口座開設の申し込み手続きを行います。

メールアドレスの認証や契約締結前交付書面等の確認を行い、本人情報を入力しましょう。

ヘデラ5

続いて、本人確認を行っていきます。

DMM Bitcoinでは、「スマホでスピード本人確認」もしくは「本人確認書類アップロード」のいずれかの方法で本人確認を行います。

「スマホでスピード本人確認」であれば、スマホと本人確認書類があれば、郵送物のやりとりなしで本人確認手続きが完結できます。

ヘデラ6

画面の案内に従って本人確認書類のアップロードおよび自分の写真の撮影を行いましょう。

本人確認手続きが完了したら、マイナンバー確認書類の提出やSMS認証を行うと、口座開設申込は完了します。

DMM Bitcoinで口座開設審査が完了すると、登録したメールアドレスに完了メールが届きます。

「スマホでスピード本人確認」を利用して7:00〜22:00の間に口座開設申込みを行った場合、最短1時間以内に口座が開設できます。

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入する

口座が開設できたら、購入資金を口座に入金していきましょう。

DMM Bitcoinでは、以下のいずれかの方法で入金が可能です。

DMM Bitcoinの入金方法
  • クイック入金…インターネットバンキング口座から24時間リアルタイムに入金できる方法
  • 振込入金…専用振込口座に振込手続きを行う方法

振込入金の場合、銀行への振り込み手数料は顧客負担となるので注意しましょう。

インターネットバンキング口座を持っている場合は、クイック入金の方が使い勝手が良いです。

ウォレット口座からトレード口座に資金を振り替えると、取引を開始できます。

ヘデラ7

トレードアプリにログインすると、「暗号資産一覧」が表示されるので購入したい仮想通貨を選択しましょう。

Hederaと交換できる通貨であればどれでも構いませんが、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨を購入すると良いでしょう。

ヘデラ8

暗号資産パネルをタップし、画面下部の購入ボタンをタップする注文画面が表示されます。

購入したい金額または数量を入力し「買い注文にすすむ」ボタンをタップします。

確認画面が表示されるので、内容に問題がなければ上にスワイプするだけで注文が完了します。

ヘデラ9

海外取引所に送金する

仮想通貨を購入できたら、Hederaを取り扱っている海外取引所に送金していきます。

今回は海外取引所の中でもよく利用されているBinanceを例にして解説します。

海外の取引所は国内の取引所と比べると危険なサイトも多いため、利用の際は十分注意しましょう。

Binanceにログインしたら、トップ画面のメニューから「ウォレット」>「フィアットと現物」をクリックし、入金したい仮想通貨の列にある「入金」をクリックします。

画面の案内に従って手続きを進めていくと、送金するためのアドレスが表示されるので、これをDMM Bitcoinに追加していきます。

DMM Bitcoinのマイページメニュー「日本円・暗号資産の出金」から出金したい仮想通貨を選択し、出金先アドレスを追加します。

アドレスを間違えてしまうと、仮想通貨を失ってしまうので十分注意しましょう。

画面の案内通りに手続きを進めていけば、出金手続きが完了します。

DMM Bitcoinでは、ビットコインやイーサリアムの出金手数料は無料となっています。

ヘデラ10

海外取引所でHederaを購入する

海外取引所に仮想通貨の送金が完了したら、Hederaの購入を進めましょう。

取引画面から取引したい通貨ペアを選択し、価格を確認します。

注文画面に必要事項を入力して、発注しましょう。

このように、Hederaの購入には多少手間がかかりますが、順番に手続きをしていけばそれほど難しくありません。

DMM Bitcoinはさまざまな仮想通貨を取り扱っているため、Hedera以外に投資をしたいと考える人も、口座を持っておいて損はないでしょう。

現在は、DMM Bitcoinに新規で口座開設を行うと、即時2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

Hedera(ヘデラ/HBAR)に関するQ&A

Hedera(へデラ/HBAR)に関するよくある質問をまとめました。

Hedera(へデラ/HBAR)に関するQ&A
  • 国内の取引所でHedera(へデラ/HBAR)を購入できる?
  • Hederaを取引して利益が出た場合の税金は?
  • Hederaを取引する際の注意点は?

国内の取引所でHedera(へデラ/HBAR)を購入できる?

2022年8月現在、国内の仮想通貨取引所ではHederaを購入することはできません。

Hederaを購入する際は、海外の取引所で他の仮想通貨と交換することで入手できます。

Hederaを取り扱っている主な海外取引所は以下の通りです。

Hederaを取り扱っている主な海外取引所
  • Binance(バイナンス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • Gate.io(ゲート)
  • Huobi Global(フォビ・グローバル)

大手の海外取引所であれば基本的に問題ありませんが、海外取引所の中には詐欺まがいの取引所やセキュリティ面で危険な取引所も存在します。

キャンペーンなどにつられて安易に口座開設を申し込んでしまうと、個人情報を抜き取られてしまったり、詐欺などの被害に遭ったりするリスクもあります。

海外取引所を利用する際は十分注意の上、自己責任で利用しましょう。

Hederaを取引して利益が出た場合の税金は?

海外取引所を利用してHederaの取引を行い利益が出た場合も、国内取引所と同様に日本の税制に従って課税されます。

仮想通貨取引による所得は原則雑所得に分類され、給与所得等他の所得と合算した金額に応じて税率が変化します。

仮想通貨取引によって生じた損失を他の所得区分から差し引くことはできない点にも注意が必要です。

税金や確定申告についての不明点がある場合は、近くの税務署などに問い合わせることをお勧めします。

Hederaを取引する際の注意点は?

Hederaの将来性は高いと言えますが、仮想通貨という性質上、必ず利益が出るとは言えません。

購入してから価格が暴落するリスクもあるため、投資する際は必ず余剰資金で行うようにしましょう。

特に下落トレンドにある場合は、一気に投資資金を注ぎ込むのではなく、様子を見ながら慎重に投資をしていくのが良いでしょう。

Hederaに投資をする際は、今後の見通しを立てた上で、チャートなどから投資すべきかどうかをしっかりと検討して行うことが大事です。

DMM Bitcoinはさまざまな仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所であるため、Hedera以外にも投資をしたいという方にも使い勝手が良いでしょう。

興味のある方は、この機会に公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

Hedera(ヘデラ/HBAR)のまとめ

今回は、Hedera(へデラ/HBAR)の特徴や今後の見通し、価格動向などについて解説しました。

この記事のまとめ
  • Hedera(へデラ/HBAR)はコスト面やデータ処理スピードに優れた分散元帳技術を採用している
  • 新型コロナウイルス感染対策・管理にもHederaの技術が利用されている
  • Googleや野村HDといった大企業が運営審議会に参加
  • 環境面にやさしいことからも今後の需要増加が期待される
  • これから国内取引所の口座開設をするならDMM Bitcoinをチェックしよう

DMM Bitcoinはレバレッジ取引の取り扱い銘柄数No.1の国内取引所です。

さまざまな仮想通貨に手軽に分散投資ができるため、これから仮想通貨投資を始める人にとっても使いやすい取引所です。

現在は、口座開設2,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!(2023/8/1まで)

目次
閉じる