仮想通貨HYDRA(ヒドラ/Hydra)とは?今度の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Hydra(HYDRA)とは独自の経済的機能を実現したオープンソースのプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンです。

この記事では、Hydra(HYDRA)の特徴や価格の動向、将来性について解説していきます。

Hydra(HYDRA) に興味がある方、購入を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

この記事の概要
  • Hydra(HYDRA)は公平な市場経済構築を目指すブロックチェーンプロジェクト
  • 旅行関連のブロックチェーン企業が設立し、独自の仕組みを適用することで市場経済を実現している
  • 現在は価格はアルトコインの市場価格に影響を受けて大きく上下している傾向にある
  • 今後は取引所への上場等によって価格が上昇する可能性がある
  • 海外取引所でUSDTペアでの取り扱いのみのため(2021年12月現在)、購入の際はUSDTを購入し、海外取引所で購入する手順となる

HYDRAは国内取引所では扱われておりません

海外取引所に国内取引所で購入したビットコインやイーサリアムを送金し、ペアとなるUSDTに交換しそれを元手に購入するのがおすすめです。

国内取引所はガイダンスが丁寧でわかりやすいと評判のコインチェックがおすすめです。

コインチェックは仮想通貨初心者向けに分かりやすい取引所の実現を目指しているため、簡単にすぐに利用できるようになるためおすすめです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

Hydra(HYDRA)とは

仮想通貨名Hydra(HYDRA)
シンボルHYDRA
価格9.05ドル(2021年12月現在)
時価総額8,300万ドル(2021年12月現在)
市場ランキング523位(2021年12月現在)
取り扱い取引所国内取引所での取り扱いなし (2021年12月現在)
公式サイトhttps://hydrachain.org/
2021年12月25日現在

Hydra(HYDRA)とは独自の経済的機能を実現したオープンソースのプルーフオブステークブロックチェーンです。

ブロックチェーン旅行プラットフォームによって2018年に設立しました。

データ送信に実績のあるテクノロジーを利用しながら、重要な経済的機能を実装することを目指して設立されました。

そのため、独自のプロトコルを用いることによってインフレ、デフレの市場を構築することに成功しています。

Hydra(HYDRA)は現在海外取引所のみの取り扱いになりますので、購入したい場合はビットコインやイーサリアムでHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTを購入し、海外取引所に送金してHydra(HYDRA)を購入するのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムの購入は口座開設までスピードが早いコインチェックがおすすめです。

コインチェックは口座開設手続きがオンラインで完了するため、余計な手間なくビットコインやイーサリアムを購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Hydra(HYDRA)の特徴

Hydra(HYDRA)とはどのような特徴を持った仮想通貨なのでしょうか。

個々では、Hydra(HYDRA)の特徴をポイントを挙げて説明していきます。

ブロックチェーン旅行関連プラットフォームが設立

Hydra(HYDRA)は2018年にNikola Alexandrovらによって構想が公開されました。

Nikola Alexandrovは世界最大の旅行業者15社との契約を通じて、190か国以上に210万の統合ホテルを擁する主要なブロックチェーン旅行プロジェクトであるLockTrip.comのCEOでもあります。

実はこのHydra(HYDRA)の構想はLockTrip のdAppの開発中に発生した実際の問題点から発案され、「LockTrip Blockchain Manifest」という名前で発表されています。

ブロックチェーン上に市場経済を構築する独自の仕組みを持つ

ブロックチェーンベースの仮想通貨で難しい課題の一つに仮想通貨の需給バランスを安定させた、経済圏の構築があります。

ブロックチェーンを生成する際に発生するマイナーなどへの報酬の仕組みから、トークンの価格自体がインフレしやすいという特性があるためです。

Hydra(HYDRA)はその問題をブロックチェーンのブロック生成の報酬を維持しながら、プロトコルレベルで生成されたトランザクション料金を燃焼できる独自のメカニズムを通じて解決することが可能です。

エコシステムは、流通している1,850万のHYDRAトークンの作成から始まり、ブロックチェーン生成の初期成長段階では、インフレとなります。

しかし、取引手数料の50%が定期的に燃やされる仕組みを用いることで、ブロックチェーンの生成が進むにつれ、ブロックチェーンのインフレの側面は徐々に相殺されます。

インフレ側では、ブロックは新しいHYDRAトークンに報酬を与え、トークンの総供給量を増やします。

一方、デフレ側では、取引手数料の50%を受け取り、プロトコルレベルでそれらを燃やし、トークンの総供給量を減らします。

インフレとデフレのバランスは、固定フィアットコストでブロックチェーンのガス料金を決定するHYDRAのフィアット通貨によって維持されます。

これにより、ブロックチェーンのインフレ圧力とデフレ圧力が均衡し、市場主導型の予測可能な経済が生まれるのです。

価格が大幅に下がる場合、フィアット通貨は、リアルタイムで法定紙幣の費用を更新するために介入します。最終的には、書き込まれるHYDRAトークンの数が大幅に増加します。

そして、燃やされていないガス料金の残りの50%はdAppクリエーターに支払われます。

分散型のガバナンスを構築

Hydra(HYDRA)プロジェクトは分散型のガバナンスプロトコルを採用しています。

Hydra(HYDRA)のトークンの所有者によってプロジェクトの重要な方向性が決定されるメカニズムを採用しており、Hydra(HYDRA)の柔軟性が向上し、合意形成のプロセスにおいてコミュニティが主導権を握ることができます。

Hydra(HYDRA)のプロジェクト上でHydra(HYDRA)のトークンの保有者が投票可能な項目は例えば次の項目になります。

投票可能な項目
  • 新しい管理者の追加
  • 管理者の削除
  • ガス/フィアット通貨のレートの変更
  • ブロックサイズの変更 など

投票は、HYDRAトークンを望ましい結果をもたらすスマートコントラクトに送信することで機能し、投票期間の終わりまでに最も多くのトークンを受け取るスマートコントラクトが、投票の結果を決定します。

投票が完了すると、投票に使用されたすべてのコインが燃やされ、生態系にとって有益なイベントに多数の投票を引き付ける動きが起こります。

エアドロップを実施している

Hydra(HYDRA)はコミュニティに対して2021年4月から2022年2月エアドロップを実施しています。

2018年に最初に考案されたとき、Hydra(HYDRA)はLockTripのブロックチェーンコンポーネントになる予定でした。

しかしその後、開発者がLockTripから独立させたプロジェクトとすることを決定しました。

そのため、Hydra(HYDRA)プロジェクトは、LockTrip開発チームによって資金提供および開発されているという背景があります。

よって、HYDRAトークンの配布は、最初はLockTripのトークンである、LOCトークンの所有者が保持する量に大して実施されます。

50週間にわたって、HYDRAトークンは毎週LOC保有者にエアドロップされ、毎週エアドロップされた総量の1.3%と、適切なエアドロップ量を決定するために毎月新しいスナップショットが取得されます。

たとえば、毎週のスナップショットの時点で10,000個のLOCトークンを所有しているユーザーは、その特定の週に10,000 HYDRA x 0.013 = 130HYDRAを受け取ることができます。

エアドロップが進むにつれて、コミュニティのステーキングパワーが成長し、元々のオーナーであったLockTripという企業ノードから徐々にネットワークを引き継ぐことができるようになると考えられます。

Hydra(HYDRA)を購入する場合はビットコインやイーサリアムでHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTを購入し、海外取引所でHydra(HYDRA)を購入するのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムを購入する場合は老舗国内取引所の代表格であるコインチェックがおすすめです。

コインチェックは2014年から仮想通貨取引所を運営しており、長年培ったノウハウを生かして使い取引所運営を実現しているためおすすめです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Hydra(HYDRA)の現在の価格

Hydra(HYDRA)の現在の価格はどのようになっているのでしょうか。

Hydra(HYDRA)の現在の価格動向を見てみましょう。

引用元:Trading Viewの提供チャート

Hydra(HYDRA)は12月は大きく価格が上下していますが全体として下落傾向となっています。

11月から12月に向かってアルトコイン市場は全体的に価格が収束する傾向にあり、Hydra(HYDRA)もその影響を受けたことが予測されます。

Hydra(HYDRA)は国内取引所での取り扱いがありませんので、ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金し、海外取引所でHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTを購入、その後USDTでHydra(HYDRA)を購入するという手順を踏むのがおすすめです。

国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入する際は取引所ページが綺麗で見やすいと評判のコインチェックがおすすめです。

取引所ページが綺麗でみやすいと、取引の慣れも早いですし、ミスが少なくなるので取引所ページがみやすい取引所をおすすめします。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Hydra(HYDRA)の価格の動向

12月以前のHydra(HYDRA)の価格はどのような推移となっているのでしょうか。

Hydra(HYDRA)の12月以前の価格を順を追ってみてみましょう。

上場直後は低めに推移していたが4月ごろに大きく価格が上昇

引用元:Trading Viewの提供チャート

Hydra(HYDRA)は2021年の上場直後は3ドル前後で価格が推移していましたが3月ごろから価格が上昇し始め、4月には最高値の48.66ドルに上昇しました。

この大きな動きは仮想通貨市場全体の強気の上昇傾向に影響を受けたことが考えられます。

5月から8月に向けてはやや沈静化

引用元:Trading Viewの提供チャート

4月に最高値を更新したHydra(HYDRA)ですが、8月にかけて価格が下落しています。

これは急激な上昇がやや沈静化する傾向にあったことが考えられます。

9月10月はやや上昇傾向

引用元:Trading Viewの提供チャート

8月から10月のHydra(HYDRA)の価格はやや上昇傾向となっています。

これはNFTの人気の高まりによる市場全体のアルトコインの価格の上昇に影響を受けていることが予測されます。

Hydra(HYDRA)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入する際はビットコインやイーサリアムなどでUSDTを購入し、海外取引所に送金してHydra(HYDRA)を購入するのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムの購入はアプリダウンロード数国内1位のコインチェックがおすすめです。コインチェックはアプリが見やすく使いやすいために非常に人気の取引所です。

Hydra(HYDRA)の将来の価格予測

Hydra(HYDRA)は今後どのような価格推移となるのでしょうか。

考えられる価格の動きをポイントを挙げて説明します。

これからの価格動向のポイント
  • 取引所への上場で価格が上昇する可能性がある
  • エアドロップ終了後に価格が上昇する可能性がある
  • 企業との提携で価格が上昇する可能性がある

取引所への上場で価格が上昇する可能性がある

現在Hydra(HYDRA)はごく少数の取引所にしか上場していません。

しかし、今後複数の取引所に上場する可能性があります。

取引所に上場するということは取引所がその仮想通貨を上場に足ると認定したということです。

そのため、上場した仮想通貨の信用度が大きく上昇し、価格も上昇する可能性があります。

また、上場することで単純に取引可能な手段が増えて需要が増加する可能性もあります。

エアドロップ終了後に価格が上昇する可能性がある

現在Hydra(HYDRA)はエアドロップを実施しています。

エアドロップはHydra(HYDRA)の保有者にトークンが付与されることですが、エアドロップが終了するとトークンの入手方法が減少することになります。

そのため、取引所でHydra(HYDRA)を購入したいと考える人が増加し、その結果Hydra(HYDRA)の価格が上昇する可能性があります。

企業との提携で価格が上昇する可能性がある

Hydra(HYDRA)が企業と提携することで価格が上昇する可能性があります。これは、企業と提携するということでHydra(HYDRA)の信頼性が高まり、サービスとして拡充することが期待されるためです。

Hydra(HYDRA)はもともとLockTripという企業が設立したプロジェクトです。そのため、旅行関連事業やその他有名企業と提携することができる可能性も高いと思われます。

Hydra(HYDRA)を購入する場合は海外取引所でUSDTで購入する必要がありますので、まずはビットコインやイーサリアムでUSDTを手に入れましょう。

ビットコインやイーサリアムを購入するのは国内取引所のコインチェックがおすすめです。

コインチェックは電話での問い合わせに対応するなど、ユーザーへの対応が手厚く、安心してビットコインやイーサリアムを購入することが出来ます。

Hydra(HYDRA)が購入できる取引所

Hydra(HYDRA)を購入できる主要な取引所は次の通りになります。

Hydra(HYDRA)を購入できる主要な取引所
  • KuCoin
  • HitBTC
  • Gate.io など

Hydra(HYDRA)まだ国内取引所に上場しておりませんので、購入したい場合は海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所は取り扱い通貨や使いやすさなどが大きく異なるため、利用する際は自分にあった取引所を選ぶことがおすすめです。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

Hydra(HYDRA)は国内取引所での取り扱いはありませんので購入したい場合は海外取引所でビットコインやイーサリアム等でHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTを購入し、USDTでHydra(HYDRA)を購入するのがおすすめです。

国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入する場合は取引手数料が無料のコインチェックがおすすめです。

仮想通貨取引を行う上では取引手数料が無料であることはお得さという観点で重要なことですのでコインチェックのような手数料無料の取引がおすすめです。

Hydra(HYDRA)の買い方

Hydra(HYDRA)はどのような手順で購入すれば良いのでしょうか。

ここではHydra(HYDRA)の購入手順を説明していきます。

Hydra(HYDRA)の購入手順
  1. 国内取引所で口座を開設する
  2. ビットコインやイーサリアムをUSDTに交換する
  3. USDTでHydra(HYDRA)を購入する

1. 国内取引所で口座を開設する

まずはHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTを入手する必要があります。

USDTはビットコインやイーサリアムで購入できるため、国内取引所で口座を開設しましょう。

国内取引所はシンプルで初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめです。

国内取引所で口座を開設したら、ビットコインやイーサリアムを購入します。

2. ビットコインやイーサリアムをUSDTに交換する

次にビットコインやイーサリアムをUSDTに交換します。

この場合、ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金してUSDTを購入することやMetamaskなどのウォレットで交換することが出来ます。

3. USDTでHydra(HYDRA)を購入する

最後にHydra(HYDRA)を取り扱っている海外取引所にUSDTを送金し、Hydra(HYDRA)を購入します。

これで購入は完了です。

海外取引所を通した取引はためらわれる、という方はまずは金融庁の認可を受けている国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入してみてはいかがでしょうか。

国内取引所は取引量が多く、流動性が高いコインチェックを利用することがお得でおすすめです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

Hydra(HYDRA)についてまとめ

ここまでHydra(HYDRA)について解説してきました。

Hydra(HYDRA)について以下に簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

キャプション
  • Hydra(HYDRA)は公平な市場経済構築を目指すブロックチェーンプロジェクト
  • 旅行関連のブロックチェーン企業が設立し、独自の仕組みを適用することで市場経済を実現している
  • 現在は価格はアルトコインの市場価格に影響を受けて大きく上下している傾向にある
  • 今後はエアドロップの終了や企業などのとの提携によって価格が上昇する可能性がある
  • 国内取引所での取り扱いはなく、海外取引所でUSDTペアでの取り扱いのみのため(2021年12月現在)、購入の際はUSDTを購入し、海外取引所で購入する手順がおすすめ

Hydra(HYDRA)は海外取引所のみの取り扱いのため、購入したい場合は海外取引所でHydra(HYDRA)の取引ペアであるUSDTをビットコインやイーサリアムで購入し、USDTでHydra(HYDRA)を購入するのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムの購入は取り扱い通貨の種類が国内で最多のコインチェックがおすすめです。

コインチェックは17種類もの仮想通貨を取り扱っているため、ビットコインやイーサリアムを購入する機会に他のアルトコインも購入することができるためおすすめです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる