保険と投資はどっちがおすすめ?違いや特徴を徹底比較!

保険 投資

将来に向けた備えとして資産運用を検討する人は多いですが、どのように始めていいか迷う人もいるのではないでしょうか。

資産形成の手段としてよく紹介されるのが「保険」と「投資」です。

今回は、保険と投資のそれぞれの特徴や向いている人・向いていない人、おすすめサービスを詳しく解説していきます。

将来に向けてどのようにお金を準備していけばよいかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 貯蓄型の保険は万が一のときの保障と将来に向けた資金準備の両方の機能を持つ
  • 投資は保険に比べて高いリターンが期待できるがその分リスクもある
  • どちらが向いているかはリスク許容度・家計のバランス・ライフプランによって異なる
  • どのように資産形成を行えばよいかわからない人はお金・保険のプロに相談するのがおすすめ
  • マネードクターでは、一人一人のお金・保険の悩みにFPが向き合ってくれる

マネードクターを利用すれば、将来にむけてどのようにお金を準備していけば良いか、お金のプロであるFPが相談に乗ってくれます。

自分のライフプランに合わせて相談できるので、知識がなくて不安だという人も安心です。

興味がある人は、マネードクターの公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

目次

保険と投資の違いは?

まずは保険と投資の違いについて確認していきます。

それぞれの特徴を具体的にみていきましょう。

保険の特徴

まずは、保険の特徴について確認していきましょう。

資産形成を目的として保険に加入する場合の、主な特徴は以下の3点です。

保険の特徴
  • 投資の知識がなくても始めやすい
  • 万が一の際の保障がついている
  • 節税効果が期待できる

投資の知識がなくても始めやすい

資産運用を目的として保険に加入する場合、変額保険や年金保険、外貨建保険などの貯蓄性のある保険に加入するのが一般的です。

これらの保険は、支払った保険料の一部を保険会社が「特別勘定」で運用し、増えた分を契約者に還元するという仕組みの保険です。

運用がうまくいけば、将来受け取れる保険金や年金、解約する際の解約返戻金が増えて戻ってくる可能性があります。

自分で運用する必要がないので、毎月の保険料を支払えばあとはプロに運用を任せられるという点はメリットとなるでしょう。

もちろん、運用がうまくいかなければ運用実績の悪化によって、支払った保険料よりも受け取る保険金が下回る可能性もあります。

元本割れのリスクはありますが、自分で売買のタイミングを判断して運用するよりも始めやすい資産運用方法と言えます。

万が一の際の保障がついている

保険はあくまでも「保険」なので、万が一の際に備えた保障がついています。

死亡や高度障害など、大きなリスクに備えることができるのは保険の特徴です。

特に、家族の中で自分が収入を支える立場である場合や、小さい子供がいる場合などは、働けなくなってしまい収入がなくなるリスクにしっかりと備えておく必要があります。

例えば、保険に加入して資産運用を行なった場合は、保険期間中に被保険者が死亡や高度障害などの状態になった場合、契約時の死亡保険金を受け取ることが可能です。

預貯金などでは自分に万が一のことがあった際も、家族には預けてある分の資金しか遺すことができません。

預けてある資金が不十分である場合は、残された家族が生活に困ってしまうことも考えられます。

保険に加入しておくことで、予期せぬ事態に常に備えておけるため、将来に対して「安心」を準備しておくことが可能です。

節税効果が期待できる

生命保険や医療保険に加入する場合、生命保険料控除が適用されて住民税や所得税の負担を軽くできる可能性があります。

生命保険料控除とは、1年間で支払った保険料に対して一定金額が課税所得から控除される制度です。

課税所得が減ることで、ここから計算される所得税や住民税が減少する場合があるのです。

主な生命保険料控除の制度は以下の通りです。

一般生命保険料控除定期保険、終身保険、学資保険、収入保障保険など
介護医療保険料控除がん保険、医療保険、介護保険など
個人年金保険料控除個人年金保険料税制適格特約を有した個人年金保険

控除される金額は年収や保険料の金額、加入している保険の種類などによって異なります。

引用:マネードクター

また、生命保険は受け取る際にも節税効果が期待できます。

生命保険は受け取る際に非課税枠(500万×法定相続人の数)が用意されているため、うまく活用すれば相続税の負担を軽減することが可能です。

相続資金が多く、相続税負担が大きくなりやすい場合には有効な手段だと言えるでしょう。

保険にはこのようなさまざまな特徴やメリットがあります。

資産運用目的で保険に加入したいと考えている方は、複数の保険会社の商品を比較・検討するのがよいでしょう。

マネードクターの保険相談サービスを利用すれば、手軽に複数の保険を比較して自分に合った保険商品を選べます。

無料の保険相談に関心がある方は、マネードクターの公式サイトを覗いてみてください。

投資の特徴

保険に対して、投資の特徴には何があるでしょうか。

主に以下の3つを確認していきましょう。

投資の特徴
  • 運用方法によっては高いリターンが期待できる
  • 好きなタイミングで売買しやすい
  • つみたてNISAやiDeCoなどの制度を利用できる

運用方法によっては高いリターンが期待できる

「投資」と一口に言っても、株式投資や債券投資、投資信託、FXなどさまざまな種類があります。

リスクやリターンは商品の種類や銘柄によっても異なるので、自分の許容できるリスクに合わせて運用商品を選ぶことが可能です。

リスクが低ければ期待できるリターンも低くなりますし、リスクが高ければ期待できるリターンも高くなります。

どちらが良いとは一概に言えませんが、うまく運用することができれば短期間でも高いリターンを狙うことが可能です。

保険での資産運用の場合は、保険料のうちの限られた部分での運用なので、良くも悪くもリターンが限られてしまいやすい傾向があります。

自分で投資を行う場合は、必要に応じてリスクや目標リターンを変更できるので、タイミングや運用目的に合わせて柔軟に対応できます。

好きなタイミングで売買しやすい

保険は基本的に10年や20年といった長期での契約となります。

ある程度の年数が経過しないうちに解約すると、支払った元本を割り込んでしまうこともあります。

投資の場合は経過年数にかかわらずいつでも売却することができるので、運用したいタイミングに合わせて自由に資金を出し入れできるという特徴があります。

もちろん投資を行う場合も10年、20年といった長期のスパンでコツコツ資産運用を行うこともできますし、数日・数週間といった短いスパンで運用を行うこともできます。

リスクや求めるリターン、普段の仕事などの忙しさに合わせて運用タイミング・運用期間を決めていくと良いでしょう。

投資を行う際、途中解約することによるデメリットはあまりありませんが、その時点での時価での解約となる点には注意しましょう。

売り買いしたタイミングの価格によって損益が決定されるので、保有期間に応じて解約金額が変わってくる保険とは異なります。

つみたてNISAやiDeCoなどの制度を利用できる

近年、個人投資家の投資を応援するために、NISAやつみたてNISA、iDeCoなどの制度が作られています。

通常の金融商品にかかる運用益を非課税で受け取れるため、うまく運用することができれば税制上のメリットを大きく享受できます。

NISAには一般NISAとつみたてNISAの2種類があり、1年間の運用可能金額や投資対象の商品などが異なります。

一般NISAとつみたてNISAはどちらかを選んで利用することになるので、まとめて運用するのか毎月少しずつ積立をしたいのかで適している方を選びましょう。

引用:SBI証券

iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、将来のためにコツコツと積立投資をすることで、自分で年金を準備しておくための制度です。

NISAとの違いとしては、iDeCoの掛け金は全額が所得控除の対象となるため、所得税や住民税の軽減効果を得られるという点があります。

iDeCoで運用した資産を受け取る際も、「退職所得控除」「公的年金等控除」などの控除を受けられます。

NISAとiDeCoは併用可能なので、資産運用のために投資を始める場合は併用を検討すると良いでしょう。

手元にまとまった資金がある場合は一般NISAとiDeCoを併用し、現在手元に資金はあまりないが将来に向けて非課税の恩恵を受けつつ積立投資がしたいという場合はつみたてNISAとiDeCoを併用するのがおすすめです。

これらの制度を利用しつつ投資を始めたいのであれば、SBI証券がおすすめです。

NISAやiDeCoに対応しつつ、幅広い運用商品を取り揃えているので、自分のニーズに合わせて最適な運用商品を選択できます。

初心者から経験者まで幅広い人に合わせたサービスが充実しているので、興味がある方は一度SBI証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

保険と投資はするべき?

保険と投資はするべきなのでしょうか。

保険・投資がそれぞれ向いていると思われる人について解説していきます。

保険が向いている人

まず保険が向いていると思われる人は以下のような人です。

投資が向いている人
  • 万が一に備えて資金を準備したい人
  • 資金を使うタイミングが明確な人

万が一に備えて資金を準備したい人

投資になくて保険にあるのが万が一の際の「保障」です。

自分に万が一のことがあった際に残される家族に十分な資金を遺してあげたいと考えている人は、保険が向いているでしょう。

預貯金や金融商品の場合で資産を受け継ぐと、解約や名義変更のために手間や時間がかかります。

生命保険などの保険の形で遺しておくと、その後必要な資金をスムーズに家族に贈ることができます。

遺される家族になるべく負担をかけずに十分なお金を残したいという場合には保障機能と貯蓄機能の両方を持つ保険が良いでしょう。

貯蓄性と保障の両方を兼ね備えた保険であれば、毎月保険料を支払うことで「万が一への備え」と「将来に向けた資産形成」の両方を行うことが可能です。

一つの保険に加入することで両方の機能を得たいと考えている人は、このような保険を活用すると良いでしょう。

資金を使うタイミングが明確な人

貯蓄型保険の多くは、長期契約を前提として設計されています。

このような保険の場合、契約後すぐに解約してしまうと解約返戻金が支払われなかったり、ほとんど戻ってこなかったりするというデメリットがあります。

支払った保険料を上回る額の解約返戻金を受け取るためには、所定の期間は保険料を支払っているということが条件になります。

一般的には10年程度は保険料を支払わないと、解約返戻金は少額になってしまうと言われています。

10年後に子供の進学が控えている、20年間は使う予定がない、など一定期間は資金をそのままにしておけるという前提で保険に加入するのが良いでしょう。

保険が向いていない人

保険が向いていないと思われるのは以下のような人です。

保険が向いていない人
  • すぐに解約する可能性がある人
  • 預貯金などが十分にある人

すぐに解約する可能性がある人

保険は基本的に長期間の契約が前提となります。

途中で解約すると解約返戻金というものが戻ってきますが、一定期間経過しないと支払った金額を大きく下回る額となってしまいます。

そのため、いつ解約するかわからないという人や、すぐにでも資金が必要になりそうという人は保険での資産運用は適していないでしょう。

自分のタイミングで解約をしたい場合は、他の方法が適しているかもしれません。

預貯金などが十分にある人

保険の大きな目的は、万が一の際のリスクに備えるということです。

生命保険の場合は、被保険者に死亡や高度障害など万が一のことがあった際に、遺された家族が生活に困らないように資金を遺すという目的で加入するのが一般的です。

そのため、仮に現時点で保険金が必要ないほどの莫大な預貯金・金融資産を有しているという人であれば、無理に保険に加入する必要はないでしょう。

その場合は、貯蓄性の保険に加入するよりも、保険料が割安な掛け捨てタイプの保険+投資での資産形成といったようなポートフォリオの方が良いかもしれません。

保険への加入を検討する場合は、自分の家計のバランスや資産の状況を考慮し、必要な保障内容を検討することが重要です。

自分に適した保障内容がわからないという場合は、保険のプロからのアドバイスをもらうのも良いでしょう。

マネードクターを利用すれば、お金や保険のプロであるFPから第三者目線でのアドバイスや提案を受けられます。

複数の保険会社の商品を取り扱っているため、幅広い商品の中から自分に最適な保険を選んでくれます。

興味がある方は、まずはマネードクターの公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

投資が向いている人

続いて、投資が向いていると思われるのは以下のような人です。

投資が向いている人
  • 高い利回りを求める人
  • コストを抑えたい人

高い利回りを求める人

投資では、運用商品によっては高いリターンも期待できます。

貯蓄型保険のリターンの平均は1〜2%程度と言われています。

それなりにリターンを求めたいのであれば、保険よりも投資の方が適しているでしょう。

もちろんリターンを狙うほどリスクも上がる点には注意が必要です。

相場が暴落し、大きな損失を被る可能性もあることを認識しておきましょう。

なるべくリスクを下げつつリターンも狙いたいという場合は、長期にわたって分散しながらコツコツと積み立てていく投資スタイルが適しているでしょう。

コストを抑えたい人

貯蓄型保険は保障機能に貯蓄機能を加えたものです。

保険の特別勘定部分でプロが運用を行うため、運用コストなどが発生します。

運用コストは支払う保険料の中から間接的に負担するのが一般的なのであまりピンとこないかもしれませんが、自分で投資をするよりもコスト負担は大きくなります。

そのため、なるべくコストを抑えて効率的に資産運用を行いたいという場合は、投資の方が適しているかもしれません。

コストを抑えて資産形成を行いたい人は、しっかりと知識を身につけた上で、自分で判断しつつ投資にチャレンジしてみるのが良いでしょう。

投資が向いていない人

一方、投資が向いていないのは次のような人です。

投資が向いていない人
  • リスクを取りたくない人
  • なるべく運用に時間や手間をかけたくない人

リスクを取りたくない人

どんな投資も少なからず損失を負うリスクを伴います。

銘柄を分散させたり、投資期間を伸ばしたりすることでリスクを減らすことは可能ですが、ゼロにすることはできません。

そのため、少しもリスクを取りたくないという人には、投資は向いていない可能性が高いです。

投資を行う際は、相場は変動するものであることを十分理解することが重要です。

なるべく運用に時間や手間をかけたくない人

投資を行う際は、自分で売買のタイミングを決めたり、相場の状況に応じて銘柄を入れ替えたりする必要があります。

そのため、普段仕事で忙しい人や、まったく投資に関する知識がないという人には大変だと感じるかもしれません。

なるべく資産形成に時間や手間をかけたくないという人は、自分で判断しながら投資を行うのは向いていないかもしれません。

保険の場合は、毎月保険料を支払えばプロがまとめて運用し、運用成果を契約者に還元してくれるというタイプの保険も多数あります。

この場合は自分で運用についての勉強や判断を行う必要がないため、投資の初心者でも無理なく資産形成を図れます。

貯蓄型の保険に興味がある場合は、マネードクターなどの保険相談サービスを利用するのも良いでしょう。

どんな保険を選べば良いかわからなくても、プロが自分に最適な保険商品を提案してくれるので安心です。

興味がある方は、一度マネードクターの公式サイトから無料の保険相談について確認してみてください。

保険と投資のおすすめサービス

ここまでは、保険と投資の違いなどについて解説してきました。

実際に保険や投資を始める際は、どのようなサービスを利用すれば良いのでしょうか。

おすすめのサービスをそれぞれ紹介していきます。

保険と投資のおすすめサービス

保険なら:マネードクター

マネードクター 公式

保険への加入を検討している場合は、マネードクターの利用が適しているかもしれません。

マネードクターは、FPに無料で保険の相談が行えるサービスで、保険やお金についての知識が少ない人でも手軽に保険を選べるというメリットがあります。

マネードクターは生命保険会社・損害保険会社30社以上の商品を取り扱い、自分に最適な保険商品をプロが提案してくれます。

保険相談は自宅や近くのカフェ、勤務先やオンラインなど都合の良い場所で行えるので、近くに店舗がないという場合や忙しくてなかなか外出できないという人にもピッタリです。

保険相談の予約は公式サイトから手軽に行えるので、興味を持った方はまずはマネードクターの公式サイトにアクセスしてみましょう。

投資なら:SBI証券

SBI証券トップページ

これから投資を始めたいという場合は、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は業界屈指の格安手数料を追求している証券会社であり、コストを抑えて投資を始められます。

株式や投資信託などをスマホで簡単に取引できるので、普段働いている方や外出が多い方でも手軽に取引できるというメリットがあります。

取引に応じてTポイントやPontaポイントなどが貯まり、たまったポイントは投資信託に1ポイント=1円として利用することができます。

初めて投資を行うという方でも、NISAやiDeCoなどでコツコツと投資を始められるので、少ない元手でしっかりと将来に向けた資産形成を行うことが可能です。

興味がある方は、SBI証券の公式サイトから口座開設を検討してみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

保険と投資に関するよくある質問

保険と投資についてよくある質問をまとめました。

保険と投資に関するよくある質問
  • 最低どれくらいの資金で始められる?
  • 損をするリスクはある?
  • 証券会社や保険会社の選び方は?

最低どれくらいの資金で始められる?

どのくらいの金額から始められるかは、どんな商品を選ぶかによって大きく異なります。

例えば、保険の場合は掛け捨てタイプの保険よりも貯蓄型の保険の方が保険料は高い傾向にあります。

とにかく保険料を抑えたいという場合は、掛け捨てタイプのものを選べば月数千円程度から加入が可能です。

年金保険や外貨建て保険の場合は商品によりますが、貯蓄目的として保険に加入するのであれば数万円程度の保険料を支払う人も多く存在します。

投資の場合も商品によって最低の投資金額は異なります。

つみたてNISAなどの少額投資制度を活用すれば、100円程度の少額からでも投資を始められます。

保険・投資どちらの場合も無理のない範囲で行えるように、まずは自分の余裕資金をきちんと把握しておきましょう。

損をするリスクはある?

保険・投資のどちらの場合も、損失を負うリスクは存在します。

保険の場合は、特別勘定での運用がうまくいかなかった場合や外貨建て保険で円高に推移してしまった場合、契約してすぐに解約してしまった場合などに、払い込んだ保険料を受け取る保険金・解約返戻金が下回る可能性があります。

投資の場合は、投資した対象商品が想定と異なる動きとなった場合や、金融危機などが起きた場合などに損失を負う可能性があります。

保険・投資どちらの場合でも、資産形成を目的とする場合はリスクがあることを理解しておきましょう。

証券会社や保険会社の選び方は?

保険を始める場合は保険会社との契約、投資を始める場合は証券会社での口座開設が必要になるのが一般的です。

保険会社や証券会社の数は多いので、どの会社を選べばよいかわからないという人も多いでしょう。

特に保険の場合は、必要な保障内容や求めるリターンなどお金についての知識もしっかりと蓄えておくことが必要となります。

自分一人で最適な保険会社を選ぶのが難しいと感じる場合は、マネードクターの使い勝手が良いかもしれません。

お金や保険のプロであるFPに無料で相談でき、自分のライフプランや家計の状況に合わせて適切なアドバイスをしてもらえます。

まずは詳しく話を聞いてみたいという場合は、マネードクターの公式サイトから詳細を確認してみてください。

なお、保険相談の利用をご検討の方は「おすすめの保険相談窓口」の記事をご覧ください。

保険と投資の違いまとめ

今回は、保険と投資のそれぞれの特徴や違い、向いている人などについて詳しく解説しました。

この記事でわかること
  • 貯蓄型の保険は万が一のときの保障と将来に向けた資金準備の両方の機能を持つ
  • 投資は保険に比べて高いリターンが期待できるがその分リスクもある
  • どちらが向いているかはリスク許容度・家計のバランス・ライフプランによって異なる
  • どのように資産形成を行えばよいかわからない人はお金・保険のプロに相談するのがおすすめ
  • マネードクターでは、一人一人のお金・保険の悩みにFPが向き合ってくれる

マネードクターでは、自宅やオンラインなど好きな場所で都合の良いタイミングで保険相談が可能です。

保険についての疑問点や将来に向けての不安をプロに相談することで解消することが可能です。

一人一人に合わせた保険プランを提案してくれるので、どんな保険を選べば良いかわからないという方にも適しているでしょう。

興味がある方は、マネードクターの公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

目次
閉じる