JPYC(JPY Coin)とは?日本円ステーブルコイン

PYC(JPY Coin)は「ERC20規格では」日本初の日本円ステーブルコインです。

2021年1月にリリースされ、徐々に提供を拡大して注目を浴びています。

最近では有名な米ドルステーブルコインUSDCの設立者Circleの投資部門が出資したことでも話題になりました。

この記事ではJPYC(JPY Coin)の特徴や今後の将来予測まで解説します。

JPYC(JPY Coin)に興味がある方、購入してみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の概要
  • JPYC(JPY Coin)は2021年にリリースされた「ERC20規格では」日本初の日本円ステーブルコイン
  • 二次流通市場や楽天等のECサイト、ブログの投げ銭機能など、様々な用途に利用されている
  • 今後もサービスが拡大し、官公庁などと連携するなどインフラとしての役割を担う可能性も期待できる
  • 入手する際はコインチェックなどの国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、公式サイトで取引することが最適

JPYC(JPY Coin)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で購入することが可能なため、購入したい方はまず国内取引所でビットコインやイーサリアムを入手しましょう。

国内取引所では、取引所や口座のデザインや色彩が目に優しく、使いやすいコインチェック最適です。

コインチェックはデザイン性に優れた取引所画面で使いやすいと初心者を中心に人気の取引所です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

目次

JPYC(JPY Coin)とは

JPYCとは

JPYC(JPY Coin)は1円=1JPYCで交換することができる「ERC20規格では」日本初の日本円ステーブルコインです。

イーサリアムの規格であるERC20をブロックチェーンとして採用しており、イーサリアムメインネット等での取引に利用することができます。

日本円のステーブルコインとして設立され、決済や運用に利用されるようになることを目指しています。

JPYC(JPY Coin)はJPYCの運営元から購入することとMetamaskやUniswapなどの二次流通市場で購入することが可能です。

現在VISAカードや楽天など様々な場所で利用を拡大しており、同じく、ドルのステーブルコインUSDCの発行で有名なCircle社から出資を受けるなど注目を集めています。

JPYC(JPY Coin)は公式サイトでビットコインやイーサリアムで購入できるので、JPYC(JPY Coin)を購入してみたい方はまずは国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入することから始めましょう。

ビットコインやイーサリアムを購入する際は、ダウンロード数が国内取引所1位の利用しやすいアプリを提供しているコインチェックが最適です。

コインチェックのアプリは見やすく操作しやすいため、すぐに使いこなすことができるようになります。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)の特徴

JPYC(JPY Coin)はどのような特徴を保有しているのでしょうか。

ここではJPYC(JPY Coin)の特徴をポイントを挙げて説明します。

ERC20 自家型前払式支払手段

JPYCはイーサリアムブロックチェーン上に構築される日本円のステーブルコインです。

日本円と1:1で価値が決定されているという「ERC20規格では」日本初の日本円ステーブルコインになります。

JPYC(JPY Coin)は「自家型前払式支払手段」をとっており、構造としては、JPYCの運営会社からJPYCを入手し、それを市場で利用・取引することが可能ということになっています。

そのため、JPYCは通貨建資産という分類になります。

流動性提供プログラムを実施している

JPYC(JPY Coin)はインセンティブ提供プログラムという名前で流動性の提供プログラムを実施しています。

このプログラムでは、Uniswapなどの分散型取引所でJPYCの流動性の維持に協力した場合、提供量と提供期間に応じて報酬を受け取ることができます。

報酬はステーブルコインのUSDCで提供されるとのことです。

提供可能な金額は5000万円から50億円であり、提供期間は1-5年です。

預けた金額や期間に応じて毎年預けた(流動性に協力した)金額の2%-10%の報酬を得ることができます。

売買や二次流通で使用可能

JPYC(JPY Coin)はどのようなことに利用することができるのでしょうか。

JPYC は主に「物の売買」と「二次流通市場での取引」に利用可能です。

売買では、現在JPYC(JPY Coin)の販売サイトを通して、楽天市場とYahoo!ショッピングでの購入をJPYC(JPY Coin)で行うことが可能です。

また、JPYCは資産として二次流通市場で取引することも可能です。

Uniswapなどの分散型取引所(DEX)やその他の物との取引を行うことが可能となっています。

ふるさと納税をはじめ様々な用途が開発・想定されている

JPYC(JPY Coin)は現在様々なサービスで利用することが可能ですが、今後もさらに用途が増えることが予想されます。

例えば2021年にJPYC(JPY Coin)はNFTへの売買でイーサリアムネットワークの手数料が高騰していることから、Polygonなどのイーサリアムサイドチェーン上でJPYC を販売し、NFTを利用する人々の手数料を大幅に引き下げるという取り組みを行っています。

また、ネット専用のプリペイドカードである「Vプリカギフト」と等価交換できるようにすることとし、グローバルでVisaネットワークを利用して決済することを可能にしました。

そのほかにもふるさと納税への対応や分散型ブログでの投げ銭機能への活用など様々なサービスへの拡大を広げています。

このようにJPYC(JPY Coin)の用途は非常に早いスピードで広がりつつあります。

複数の企業から出資を受けている

JPYC(JPY Coin)はその期待値の高さから複数の企業から出資を受けています。

例えば一方、日本円ステーブルコイン社会実験「ZEN」の発起メンバーのアステリアや、ステーブルコインとしては時価総額2位の米ステーブルコインの一つであるUSDCを設立したCircle社などが出資を行い、連携していくことが明らかになっています。

このように複数の企業がJPYC(JPY Coin)に期待し、協力しています。

JPYC(JPY Coin)は公式サイトでビットコインやイーサリアムを利用して購入することが可能です。

ビットコインやイーサリアムを購入する際は国内取引所のコインチェックをチェックしてみてください。

コインチェックはセキュリティを特に強化している取引所であるため、仮想通貨取引で特に気になるセキュリティー面で安心して利用することが可能であり、最適と言えるでしょう。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)の仕組み

JPYC(JPY Coin)は日本円と1:1で価格が推移する仕組みの資産ですが、その仕組みはどのようになっているのでしょうか。

JPYC(JPY Coin)がどのような仕組みで価格を安定させているのか説明します。

JPYC(JPY Coin)には2種類の価格があります。

JPYC(JPY Coin)の価格の種類
  1. JPYC 公式サイトにおける価格
  2. 二次流通市場での取引価格

JPYC(JPY Coin)公式サイトでの価格は常に1JPYC=1円で保たれています。

そのため、公式サイトでJPYC(JPY Coin)を購入した場合やJPYC(JPY Coin)で楽天などで売買を行った時は1JPYC=1円となっています。

二次流通市場での取引価格においては価格は1円にとどまらず、変動することになります。

この場合、運営側はJPYC(JPY Coin)の価格安定メカニズムを適用します。

このメカニズムでは、1JPYC の二次流通価格が 1 円以下の時、ユーザーはイーサリアムなどのトークンをJPYCに変換し、JPYCで安く物を購入することでJPYCの価格が上昇します。

また、1JPYC二次流通価格が1円以上の際はJPYC運営会社が1JPYC=1 円で販売することで二次流通価格も下落することが考えられます。

実際に2021年1月時点では、この価格安定メカニズムが成立し、二次流通においても1JPYCの価格はおおよそ1円で推移していることが確認されているとのことです。

現在JPYCを取り扱っている国内取引所はないので、まずは他の仮想通貨に取引してみるのが良いかもしれません。

コインチェックは17種類の豊富な仮想通貨を取り扱っています。

まずはコインチェックで口座を開設し、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に取引してみるというのも一つの手でしょう。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)の今後の見通し・将来性

JPYC(JPY Coin)は今後どのように成長していくのでしょうか。

JPYC(JPY Coin)の今後の見通し・将来性で想定されるものをポイントをあげて説明していきます。

JPYC(JPY Coin)の今後の見通し・将来性
  1. 取り扱い事業者が増加し、普及が広がっていく
  2. NFT市場の成長に合わせて成長
  3. 日本政府を含めた観光庁との連携によってインフラとして普及

1. 取り扱い事業者が増加し、普及が広がっていく

まず、JPYC(JPY Coin)を取り扱う事業者が増加し、普及が広がっていく可能性があります。

JPYC(JPY Coin)のようなステーブルコインは仮想通貨業界以外の仮想通貨に馴染みのない人たちも使えるようになることで、認知が大幅に拡大し、利用者が増加する可能性があります。

JPYC(JPY Coin)はVISAプリペイドのVプリカギフトに等価交換することでVISAネットワークで利用ができるほか、小売店では楽天などの取り扱いがあります。

このようにJPYC(JPY Coin)は一般的な利用者も気軽にJPYC(JPY Coin)を利用することができる形で普及しており、今後ますます利用者を増やすことができる可能性を秘めています。

2. NFT市場の成長に合わせて成長

JPYC(JPY Coin)はイーサリアムブロックチェーンベースの日本円ステーブルコインであり、NFT市場での決済手段としても利用されています。

JPYC(JPY Coin)は一般的にNFT市場の決済で利用されるイーサリアムやポリゴンなどと異なり、価格が非常に安定しています。

そのため、販売して得た通貨の価値が下がらないという意味で安心して利用することができます。

今後NFT市場が成長していくに従ってJPYC(JPY Coin)の利用者も増加し、普及が拡大していく可能性があります。

3. 日本政府を含めた官公庁との連携によってインフラとして普及

JPYC(JPY Coin)は今後の計画として官公庁との連携を予定しています。

JPYC(JPY Coin)が今後官公庁の承認を得て、何らかの連携事業に拡大した場合、JPYC(JPY Coin)が日本円の代替となり、通貨にとどまらずインフラとしての役割を担う可能性があります。

その場合、JPYC(JPY Coin)の需要は大きく増え、様々な場面でJPYC(JPY Coin)が利用されるようになります。

JPYC(JPY Coin)は長期的にはそのような未来を描くことも可能な資産であると言えます。

現在JPYCを取り扱っている国内取引所はないので、まずは他の仮想通貨に投資してみるのが良いかもしれません。

国内取引所では、2014年から取引を開始している老舗の取引所であるコインチェックが最適です。

コインチェックは長期で取引所を運営しているノウハウを生かし、利用しやすい取引所を運営しているので、安心して取引したい方に人気です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)の購入方法

JPYC(JPY Coin)を入手してみたくなりましたか?

ここではJPYC(JPY Coin)の購入方法の一つを紹介します。

JPYC(JPY Coin)の購入手順
  1. ビットコインやイーサリアムを購入する
  2. ウォレットを作成する
  3. JPYCの購入フォームを入力する
  4. JPYCを受け取る

1. ビットコインやイーサリアムを購入する

まずはJPYCを購入するためのビットコインやイーサリアムを入手します。

ビットコインやイーサリアムの購入はシンプルで使いやすい取引所が人気のコインチェックが最適です。

コインチェックの口座はこちらから開設することができます。

2. ウォレットを作成する

購入したJPYCはウォレットに送付されますので、JPYCを購入する際はウォレットが必要になります。

ウォレットを持っていない方はウォレットを作成しましょう。

ウォレットはMetamaskなどがおすすめです。

Metamaskはこちらから開設することが可能です。

Metamaskはgoogle chromeの拡張機能としてダウンロード・利用するウォレットのため、上記の公式サイトにアクセスし、Google Chromeに追加します。

そしてパスワードや暗号鍵を設定し、登録を行います。

3. JPYCの購入フォームを入力する

次にJPYCコインを購入しましょう。

JPYCコインはこちらから購入することが可能です。

購入ページを開いたら、支払い方法を日本円かビットコイン・イーサリアムから選択します。

選択すると、購入に必要な情報入力フォームが表示されるため、購入金額などを入力していきます。

フォームの最後にウォレットのアドレスを入力することで登録は完了です。

ウォレットのアドレスは作成したMetamaskに表示されている数字の羅列になりますので、クリックしてコピーしましょう。

ウォレットのアドレスを間違えるとせっかく購入した仮想通貨が届かず紛失してしまうことになるので注意しましょう。

フォームの入力後はJPYCの代金を支払います。

銀行振り込みの場合は指定の口座に振り込み、イーサリアムなど仮想通貨支払いの場合は指定のアドレスに送金します。

これで購入の手続きは完了です。

4. JPYCを受け取る

最後にJPYCを受け取ります。

JPYCの振り込みは平日の10:00-19:00の間になりますので、休日に申し込んだ場合は翌平日に振り込まれます。

振込みが行われた後、Metamaskに送金が反映されない場合があります。その際は次の手順でチェックしてみてください。

まずMetamaskを開き、トークンを追加のボタンを押し、出た画面のタブをカスタムトークンに切り替えます。

Token Contract Address にJPYCのコントラクトアドレス(0x2370f9d504c7a6e775bf6e14b3f12846b594cd53)を入力すると、シンボルにJPYCが現れます。

コントラクトアドレスはネットワークによっても異なるので、ネットワークに合わせたコントラクトアドレスを利用しましょう。

JPYCのコントラクトアドレスは公式サイトから確認することが可能です。

シンボルがJPYCのトークンを追加すると、受け取ったJPYCが反映されます。

JPYCトークンを手に入れたい方はまず国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入することから始めましょう。

ビットコインやイーサリアムを購入することができる取引所は取り扱い高が多く、流動性が高いコインチェックが最適です。

コインチェックは流動性が高いために比較的お得に取引ができる国内取引所です。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)に関してよくある質問

ここでは、JPYC(JPY Coin)に関するよくある質問に回答していきます。

疑問点がありましたら参考にしてみてください。

JPYC は直接日本円に払い戻しできますか?

JPYC の直接的な払い戻しはできません。

しかし、二次流通市場で別の仮想通貨に変換し、そこから日本円に交換することは可能です。

JPYC とそれに関連するサービスの持続可能性はどうなっていますか?

JPYC が抱えているリスクの一つとして、倒産リスクがあります。

ただ、日本の VC として実績のある日本ベンチャーキャピタルパートナーズ代表の村口和孝氏が投資しているなど、ファイナンスやガバナンス面で高い評価を受けているため、当面倒産リスクはないとのように公式サイトには記載されています。

現在JPYCを取り扱っている国内取引所はないので、まずは他の仮想通貨の取引を検討してみましょう。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

JPYC(JPY Coin)のまとめ

今回はJPYC(JPY Coin)について解説しました。

JPYC(JPY Coin)は「ERC20規格では」日本初の日本円ステーブルコインで今後日本のインフラにまで拡張する可能性を孕んでいます。

JPYC(JPY Coin)の今後の成長に期待しましょう。

JPYC(JPY Coin)は公式サイトでビットコインやイーサリアムを利用して購入することが可能です。

ビットコインやイーサリアムを購入する際は国内取引所のコインチェックを利用することが最適です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

目次
閉じる