保険の見直しは必要?おすすめのタイミングやポイントを徹底解説!

保険 見直し

多くの人が加入している保険ですが、一度入ったらそのまま…という人も少なくありません。

どんな保険が適しているかは、ライフステージやライフスタイルに応じて変化します。

適切な保険に加入するためには、定期的な保険の見直しが必要です。

今回は、保険の見直しに適したタイミングや保険の見直しを行う際のおすすめサービスなどについて解説します。

この記事でわかること
  • ライフスタイル・ライフステージの変化に応じた保険の見直しは重要
  • 特に子供が生まれたときや独立した時など、家族構成が変わるタイミングは注意
  • 保険料や保険期間、保障の大きさ、保障内容をしっかりと確認しよう
  • まずは自分の収入や支出、ライフプランを把握するところから始めることが大事
  • 保険の見直しを行う際にはマネードクターなどの保険相談窓口が使いやすい

保険の見直しを行う際は、複数の保険会社の商品を比較・検討することが重要です。

マネードクターを利用すれば、無料でFPに相談しながら自分に最適な保険を選べます。

自分の好きな場所、好きな時間に相談できるので、忙しい人にも安心です。

マネードクターの公式サイトから詳細を確認できるので、一度覗いてみてください。

目次

保険の見直しとは?

保険の見直しとは、現在加入している保険の内容を今のライフスタイル・家計の状況などに合わせて検討・契約・解約などを行うことです。

具体的には、現在加入している保険を解約して別の保険に加入したり、保障を追加・削減したり、保険金額を増減させたりすることなどが該当します。

保険は一人ひとりの人生のリスクに対応するためのものです。

これらのリスクは当然ながらその人の状況によって異なりますし、時間の経過によっても変化します。

リスクへの備えもこれに伴って変化していくため、保険もライフスタイルの変化とともに見直す必要があるのです。

例えば、独身のうちは自分一人での生活を支えられるだけの収入・備えがあれば十分ですが、結婚や子供ができたりすると守るべき家族が増えます。

この場合は、万が一の際に備えて遺された家族を支えるための保険への加入を検討すべきでしょう。

安心した生活を家族が送れるために、保険の見直しは必要だと言えます。

保険の見直しを考えるのであれば、一度プロ目線で客観的な意見をもらうのも良いでしょう。

マネードクターを利用すれば、無料でFPに保険の見直し相談が可能です。

公式サイトから詳細をチェックできるので、ぜひ一度確認してみてください。

保険を見直しするおすすめのタイミング

保険を見直しするのに適したタイミングとはいつでしょうか。

以下のタイミングでは保険を見直すことをおすすめします。

保険を見直しするおすすめのタイミング
  • 結婚
  • 妊娠中・出産後
  • 住宅購入時
  • 転職・自営業になったとき
  • 子供が独立したとき
  • 老後を迎える前
  • その他

結婚

独身時は自分に万が一のことがあった際の死亡保障を考える人は少ないですが、結婚すると、配偶者のその後の生活についても考える必要があります。

葬儀にかかる費用は平均約200万円、お墓にかかる費用もばらつきはありますが200万円が目安となります。

これらの費用を準備しつつ、配偶者の生活も支えるためにはしっかりと保険に入っておく必要があるでしょう。

現在の生活費がどのくらいかかっているかを把握し、最低限必要な死亡保障額について検討しておくことをおすすめします。

また、結婚後は妻の医療保険についてもなるべく早く加入しておくのが良いでしょう。

妊婦の場合は新しく医療保険に加入することが難しく、加入したとしても子宮や卵巣などの病気については保障されないという契約になってしまいやすいのです。

結婚後は、まずはお互いが加入している保険の内容を相互に確認し、過不足がないかを検討すると良いでしょう。

合わせて、結婚前に加入していた保険の保険金受取人が親などに指定されている場合は、配偶者に変更しておきましょう。

受取人を変更しておかないと、自分に万が一のことがあった場合に配偶者が保険金を受け取れなくなってしまいます。

妊娠中・出産後

将来子供を持ちたいと考えているのであれば、それを見越して早めに保険の見直しを進めておくと良いでしょう。

妊娠が分かった後では加入できる保険や保障が限られてしまうというデメリットがあるため、なるべく妊活前に保険を見直しておくことをおすすめします。

妊娠・出産そのものは保険の対象とはならないのが一般的ですが、異常分娩の際の保障を確保しておくと安心です。

また、学資保険には妊娠中にも加入することができます。

一般的には、出産予定日の140日前から加入が可能で、早く加入するほど保険料が安くなりやすいです。

加えて、出産後には教育費や生活費も大きくアップすることが予想されます。

子供が生まれた場合は万が一の際の死亡保障もより手厚くしても良いかもしれません。

子供の教育費の確保のために利用できる保険としては、以下のような保険があります。

子供の教育費確保のための保険
  • 学資保険
  • 低解約返戻金型終身保険

学資保険は将来の教育費を準備するための貯蓄型保険です。

払込免除特約を付加しておけば、保険料払込期間中に親に万が一のことがあった際にその後の保険料支払いが免除されます。

また、低解約返戻金型終身保険は、一定期間中の解約返戻金を低めに設定することで、保険料を割安にできる終身保険です。

子供の進学などに合わせて保険料払込期間を設定しておけば、教育資金が必要なタイミングでまとまった資金を受け取ることが可能です。

住宅購入時

住宅を購入するタイミングでも、保険を見直すことが必要になる場合があります。

住宅を購入する際は住宅ローンを組むのが一般的ですが、住宅ローンを組むのにあたっては「団体信用生命保険」への加入が求められることがほとんどです。

団体信用生命保険に加入しておくことで、被保険者が死亡や高度障害状態などになった際に、生命保険会社がローン残高相当分の保険金を支払ってくれるため、これを返済に充当することができます。

そのため、家計の中心を担う人に万が一のことがあった際も、残された家族が住宅費の心配をする必要がありません。

住居費分も加味して保障を決めていた人は、この分の心配がなくなることによって保険料を安く抑えられるかもしれません。

転職・自営業になったとき

サラリーマンとして働いていた場合は、会社の健康保険や厚生年金などで手厚い保障を受けられます。

独立してフリーランスや自営業などになった場合は、これらの保障から抜けて国民健康保険や国民年金に加入することとなります。

これによって、以下の社会保障は受けられなくなる点に注意しましょう。

傷病手当金病気やケガなどで働けなくなった場合に最長1年6ヶ月間、給与の約3分の2を受け取れる制度
出産手当金出産時に手当金を受け取れる制度
労災保険業務上のケガに対しての保険
厚生年金国民年金の上乗せ部分

例えば、会社員が加入する健康保険の場合では、病気やケガなどによって働けなくなると給与の約3分の2の傷病手当金を受け取ることが可能ですが、自営業やフリーランスなどが加入する国民健康保険ではこの傷病手当金を受け取れません。

また、会社の負担で受けられていた健康診断なども受けられなくなるため、足りない保障については自分で賄う必要があります。

これらの保障をカバーするためには、自分自身で医療保険や就業不能保険に入る必要があります。

転職や独立するといったタイミングでは、自分の収入に対する保障という観点でも考えると良いでしょう。

子供が独立したとき

子供が独り立ちして家計が別々になった場合は、養育費や教育費などの負担がなくなります。

子供のために死亡保険を手厚く設定していた場合は、それまでよりも死亡保険金を抑えることで保険料負担を減らせます。

子供のための保険から自分達のための保険に切り替えることが必要となります。

自分達の健康状況や家計のバランスなどを考慮しつつ、医療保険などの見直しを行いましょう。

老後を迎える前

老後を迎えた後の主な収入源は公的年金となります。

これに働いていた頃の貯蓄や退職金などを加えた金額で老後の生活を送ることとなります。

豊かな老後を送りたいと考えている場合は、これらの公的年金・貯蓄・退職金で老後の生活費を賄えるかどうかをしっかりとシミュレーションしておきましょう。

年齢が上がってくると保険料が高くなってしまったり、加入できる保険・保障が限られてきたりする場合もあります。

早めに保険に加入しておくか、年齢が上がっても保険料が変わらないタイプの保険を選ぶと良いでしょう。

自身の健康状態を考慮し、必要があれば医療保障や介護保障などの見直しを行いましょう。

その他

上記のライフイベントのタイミング以外にも保険を見直すタイミングが存在します。

以下のような場合にも保険の見直しを検討すると良いでしょう。

その他の保険を見直すタイミング
  • 生命保険の更新時期
  • 保険料が高いと感じるとき
  • 自分にあった保障内容の保険を見つけたとき

保険が更新されるタイミングでは、ほとんどの場合保険料は上がります。

更新後の保険料については、保険会社から届く契約更新の案内に記載されているので、しっかりと確認するようにしましょう。

更新後の保険料と保障内容が釣り合っていないと感じる場合は、更新前に保険を見直しても良いかもしれません。

また、更新前であっても保険料が家計の負担になっていると感じるときは、一度加入している保険を見直してみましょう。

本来保険は生活のリスクに備えるためのものですが、身の丈に合わない保険料を払い続けていては本末転倒です。

現在の家計の収入・支出のバランスを把握し、無理なく払える範囲で保険料を設定するようにしましょう。

自分の家計のバランスから考え、どのくらいの保険料が適切かわからないという場合は、保険のプロに相談してみるのも良いでしょう。

マネードクターでは、お金や保険のプロであるFPが一人一人の家計の状況を見ながら、どんな保険に加入すれば良いかのアドバイスをくれます。

客観的なプロの目で提案してもらえるので、知識があまりなくて不安だという場合でも安心です。

興味がある方は、一度マネードクターの公式サイトをチェックしてみてください。

保険を見直しする際のポイント

保険を見直す際は、以下のポイントに注目しましょう。

保険を見直しする際のポイント
  • 保険料は適切か
  • 保障額・保障期間は適切か
  • 保険金の受取人は適切か

保険料は適切か

まずは、月々の保険料がいくらになるかをきちんと把握しておきましょう。

保険は手厚くすればするほど毎月の保険料が増えていきます。

大きな保障は安心感を与えてくれますが、そのために毎月の家計の負担が増えてしまっては意味がありません。

自分の家計のバランスを考慮し、無理なく支払える範囲で決めていくことが重要です。

現在の保険料が高いと感じている場合は、保障内容が本当に必要なものかどうかをあらためて考えてみましょう。

保障内容が重複している場合や、必要以上に手厚い保障をつけている場合は、必要な保障だけを残すことで、月々の保険料を減らすことができます。

保障額・保障期間は適切か

保険金額、保障期間が適切であるかもしっかりと確認しましょう。

生命保険の場合、死亡保険金が多ければ多いほど良いというのは誤りで、必要な分の保障を設定することを心がけましょう。

自分に万一のことがあった際、それ以降の遺された家族の生活費や教育費から現在の貯蓄・配偶者の収入、遺族年金などを差し引き、足りない部分を保険で補うという考え方が基本となります。

加えて医療保険の場合は、「医療費―国や会社からの給付」で不足する部分を保険で補うという考え方です。

過度に保険金額を設定している場合は、それだけ毎月の保険料が高額になってしまうので注意しましょう。

また、保険期間についても人によって必要な長さは異なります。

例えば、子供の教育費を保険でカバーしたいと考えている場合は、子供の大学卒業までが保険期間の目安となります。

一方、老後の医療費を保険でカバーしたい場合は、定期型の保険よりも終身型の保険の方が適しているでしょう。

何年後まで保険が必要なのかをシミュレーションした上で、保険の見直しを行うことが重要です。

保険金の受取人は適切か

家族構成やライフステージの変化によって、保険金を受け取るべき人は変わってきます。

独身の間は自分の親が受取人として設定されていることが多いですが、結婚後は配偶者に受取人を変更するようにしましょう。

また、離婚した場合は受取人を配偶者から子供に変更することで、自分の子供に保険金を残すことが可能です。

保険金をどのように受け取るかによって、税金の種類が変わってくる点にも注意しましょう。

例えば、保険の契約者と被保険者が同一で、亡くなった際に家族が保険金を受け取る場合は相続税の対象となります。

一方、契約者と保険金の受取人が同一で、被保険者が子供などの場合は、受け取った保険金は所得税の対象となります。

場合によっては納税すべき税金が思わぬ高額となる場合もあります。

これらのポイントを踏まえつつ、適切な保険の見直しを行いたい場合は保険相談窓口を利用するのも良いでしょう。

マネードクターを利用すれば、自宅やカフェなど好きな場所でFPに保険相談が可能です。

相談は無料で何度でも行えるので、気になった方はまずはマネードクターの公式サイトをチェックしてみてください。

保険の見直しにおすすめのサービス

保険の見直しをする際のおすすめ保険相談サービスについて紹介します。

保険相談サービスにはいくつかありますが、以下の3つはぜひチェックしてみてください。

保険の見直しにおすすめのサービス

マネードクター

マネードクター 公式
サービス名マネードクター
運営会社株式会社FPパートナー
拠点47都道府県100店舗以上
取り扱い保険会社数生命保険・損保保険31社
FP資格保有率95.6%
相談方法訪問、店舗、オンライン
詳細マネードクターの公式サイト
関連記事マネードクターの評判

マネードクターは株式会社FPパートナーが運営する保険相談サービスです。

47都道府県に100以上の店舗を持ち、柔軟に保険相談に対応してくれます。

保険相談は訪問・店舗・オンラインと幅広い形態で相談が可能なので、自分の都合に合わせて相談スタイルを選択できます。

また、生命保険・損害保険30社以上を取り扱っているので、多種多様な保険の中から自分に最適な保険を選べるというメリットがあります。

保険を見直す際は、さまざまな保険を比較することが重要ですが、一つの窓口で複数の保険を比較できるのは嬉しいポイントですね。

保険相談の予約は最短翌日から可能なので、興味がある方はまずはマネードクターの公式サイトをチェックしてみてください。

保険見直しラボ

保険見直しラボ 公式ページ
サービス名保険見直しラボ
運営会社株式会社Jリスクマネージメント
拠点全国約70拠点
取り扱い保険会社数生命保険会社22社 損害保険会社14社
コンサルタントの平均業界経験年数12.1年
相談方法訪問、店舗、オンライン
詳細保険見直しラボの公式サイト
関連記事保険見直しラボの評判

保険見直しラボは株式会社Jリスクマネージメントが運営する保険相談窓口です。

生命保険会社22社、損害保険会社14社という取扱商品の幅広さがメリットです。

保険見直しラボに所属するコンサルタントの平均業界経験年数は12.1年となっており、豊富な経験を持つコンサルタントに無料で相談することが可能です。

現在の保険を見直したいが何から検討すれば良いかわからないという場合や、現在の保険料が高く感じているため相談したいという場合など、保険の見直しについての幅広い相談に対応しています。

経験豊富なコンサルタントに相談したいという場合は、保険見直しラボの公式サイトを覗いてみてください。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ 公式ページ-
サービス名ほけんのぜんぶ
運営会社株式会社ほけんのぜんぶ
対応エリア47都道府県
取り扱い保険会社数35社以上
FP資格保有率100%
相談方法訪問、オンライン
詳細ほけんのぜんぶの公式サイト
関連記事ほけんのぜんぶの評判

ほけんのぜんぶは47都道府県をカバーする保険相談サービスです。

FP資格保有率は100%となっており、しっかりと知識・経験を有した相談員に保険の見直しの相談ができます。

ほけんのぜんぶの無料保険相談は特に子育て世代に人気があり、子育て世代の相談件数は約15,000組となっています。

また、日本コンシューマーリサーチの調査でも「信頼度」「安心して相談できると思う」「子育て世代のママ・パパにおすすめしたい」という3項目でNo.1となっていることから、しっかりと評価されていることがわかります。

無料保険相談予約で子育て世代に嬉しいプレゼントももらえるので、ぜひ一度公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

保険見直しに関するよくある質問

保険を見直すタイミングについてよくある質問をまとめました。

保険見直しに関するよくある質問
  • 掛け捨てと積立どちらが良い?
  • 保険を見直す際の注意点は?
  • 保険相談窓口の選び方は?

掛け捨てと積立どちらが良い?

保険には掛け捨てタイプのものと、積立タイプのものがあります。

掛け捨てタイプの保険は貯蓄性がないため、老後に向けた資金準備として利用することはできません。

その代わりに保険料が割安に設定されているため、月々の保険料負担を減らしたいという人に人気です。

積立タイプの保険は貯蓄性のある保険で、万が一の際には保障を受け取ることができ、加えて解約返戻金や満期保険金も受け取れます。

掛け捨てタイプの保険に比べて月々の保険料は割高になるという特徴があります。

どちらが良い・悪いではなく、それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせて検討すると良いでしょう。

保険を見直す際の注意点は?

保険を見直す際は、保険の空白期間ができないように注意しましょう。

新しい保険に加入するからといって、すぐに現在の保険を解約しないように、「新しい保障が有効になる」→「現在の保険を解約する」という手順をとることが重要です。

自分が新しい保険にすぐ加入するつもりでいても、年齢や健康状況などによって審査に落ちてしまうということも考えられます。

この場合、他の保険をまた一から探し、加入するまでの間は無保険状態となってしまうため、万が一の際の保障を受けられません。

また、特定の保険では免責期間が設定されるため、加入後も免責期間中は保障を受けることができません。

特に新しい医療保険やがん保険などを契約する場合は、免責期間があることを認識した上で、保険の空白期間ができないように注意しましょう。

加えて、現在の保険を解約する場合も、タイミングによっては解約返戻金がごくわずかとなり、これまで支払ってきた保険料が無駄になってしまうこともあります。

保険を見直す際は、どうしても新しい保険の内容ばかりに目が行きがちですが、現在の保険を解約した場合についてもしっかりとシミュレーションしておきましょう。

保険相談窓口の選び方は?

保険を見直す際は、複数の保険会社の商品を比較・検討することが重要です。

無料の保険相談窓口を利用すれば、無料で何度でも保険について相談することができます。

保険のことに加えて、現在の家計のバランスのことや老後についても相談できるので、お金のことについて詳しく知りたいという人にも適しているでしょう。

しかし、保険相談窓口もさまざまあるため、どこで相談すれば良いかわからないという人も多いでしょう。

保険相談窓口を選ぶ際は以下のポイントに注意しましょう。

保険相談窓口を選ぶポイント
  • 取扱い保険会社の豊富さ
  • 自分の地域に店舗があるか
  • 幅広い相談スタイルに対応している
  • 相談員の質は高いか

保険の見直しをする際は、このようなポイントに気をつけて保険相談窓口を選ぶことをおすすめします。

それでも迷ってしまうという場合は、マネードクターの公式サイトをチェックしてみてください。

30社以上の保険会社の商品を取扱い、プロが一人ひとりに合わせた適切なアドバイスをしてくれます。

相談は何回も無料で可能なので、納得するまで相談できます。

自宅や店舗以外にも近くのカフェやオンラインなど幅広い相談場所に対応しているので、なかなか外出できないという方にも利用しやすいでしょう。

無料の保険相談窓口に興味のある方は、一度マネードクターの公式サイトから詳細を確認してみてください。

保険の見直しまとめ

今回は保険を見直すタイミングについて詳しく解説しました。

この記事のまとめ
  • ライフスタイル・ライフステージの変化に応じた保険の見直しは重要
  • 特に子供が生まれたときや独立した時など、家族構成が変わるタイミングは注意
  • 保険料や保険期間、保障の大きさ、保障内容をしっかりと確認しよう
  • まずは自分の収入や支出、ライフプランを把握するところから始めることが大事
  • 保険の見直しを行う際にはマネードクターなどの保険相談窓口が使いやすい

保険を見直す際は、複数の保険会社の商品を比較できる保険相談窓口の使い勝手が良いでしょう。

マネードクターでは、「お金のかかりつけ医」として、一人ひとりの人生プランに合わせた貯蓄方法や資産運用方法、必要な保障内容などを詳しく教えてくれます。

経験豊富なFPが担当してくれるので、あまり保険やお金に関する知識がないという方でも安心です。

現在の保険を見直してみたいという方は、まずはマネードクターの公式サイトを覗いてみてください。

目次
閉じる