【人気NFT】NBA Top Shotとは?仕組みや買い方・始め方を徹底解説

今回ご紹介するのはNBA選手のトレーディングカードを扱うデジタルプラットフォームのNBA Top Shotです。

NBA Top ShotはNBA選手の試合でのプレーのハイライトをNFTとして所有することができるサービスです。

独自のイベントやキャンペーンを実施したり、人気選手のカードに1,000万円以上の高額な金額がついたりなど、ファンがたくさんいる話題沸騰中のサービスとなっています。

また、NFT化によってカードの唯一性が担保されていることから、デジタル資産としても注目が集まっています。

今回はそんなNBA Top Shotの特徴や評判、NBA Top Shotでの購入方法について解説していきたいと思います。

この記事の概要
  • NBA Top ShotはNFTで価値が裏づけされた、デジタルトレーディングカードサービスである
  • NBA Top Shotはアメリカバスケットリーグの運営会社NBAとDapper Labsによって提供されている
  • パッケージ形式やマーケットプレイスなどでNBA Top Shotを購入することができる。
  • 希少カードや人気選手のカードは1,000万円以上の高値で取引されることもある
  • 実際の取引事例を1,000万円以上のカードから1,000円単位のカードまで紹介
  • NBA Top Shotでカードを購入するための手順をステップごとに紹介
  • NBA Top Shotで使用できる仮想通貨を購入するなら国内最大級の取引所であるコインチェックがおすすめ

NBA Top Shotでは仮想通貨を用いて購入することができます。

仮想通貨を購入するなら、国内で最大の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

コインチェックのアプリはシンプルな操作性で使いやすく、仮想通貨取引初心者の方でも安心して利用することができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

NBA Top Shotとは

引用:NBA Top Shotの公式サイト

NBA Top Shotは、アメリカのプロバスケットボールリーグのNBAと、2018年に設立されたブロックチェーンベンチャーの「Dapper Labs」によって提供されるトレーディングカードサービスです。

NBA Top Shotでは、NBA選手のシュートやドリブルのシーンなど、NBAの試合のハイライト動画をデジタルカードとして所有することができます。

NBA選手のデジタルカードを購入できる

通常のスポーツ選手のトレーディングカードでは選手自身や試合でのスタープレーが静止画として物理的なカードになっています。

一方、NBA Top Shotもトレーディングカードですが従来の物理的なカードとは異なりデジタルカードとなっています。

デジタルカードには、試合中のスタープレーのハイライトの動画が格納されており、動画としてカードを所有することができます。

また、コレクターはNBA Top Shotのデジタルカードを購入・販売・取引することが出来ます。

有名なハイライトやスター選手のカードは高値で取引されており、まさにデジタルでのトレーディングカード市場が実現しているのです。

NFT化されている

NBA Top ShotはNFTとなっている点で、今までのトレーディングカードやデジタルカードとは異なります。

NFTとはnon-fungible token(代替不可能なトークン)の略です。ブロックチェーン上で発行する「デジタル署名」によってその唯一性が保証されているため、代替不可能となっています。

NBA Top Shotのトレーディングカードのような資産がNFT化されていることによってそれを保有する人には次のようなメリットがあります。

盗難や劣化の心配がない

まず、デジタルカードであるために劣化する心配がありません。

物理的なトレーディングカードのようにボロボロになるのを気にしてラッピングしたり加工したりしなくてもカードは綺麗なまま保存されます。

また、同様に物理的なカードと異なって盗まれる心配もありません

ただ、ハッキングによってデジタル資産ごと盗難されるという可能性はゼロではありませんので注意が必要です。

偽造リスクがない

NFTによってその真正性が担保されるため、カードが偽造されるリスクが低くなります。

これはNFTはデジタル署名によってその資産の情報がブロックチェーン上に記録されるために、唯一性が担保されるためです。

ただ、もちろん販売するといって商品は付与せずにお金だけだまし取る詐欺や正統な販売者、作者ではない人物が偽造した商品がNFTとして販売されていることもあり得ますのでこちらも注意する必要があります。

しかし、NBA Top Shotの公式ページから購入すればそのような可能性はなく、安心してカードを購入することができるでしょう。

Dapper Labsによって運営されている

NBA Top ShotはNBAとそのプレイヤー組織であるNBAPlayerUnion、そしてDapper Labsという企業が提携して構築したデジタルプラットフォームにおいて、現在はDapper Labsによって運営されています。

Dapper Labsはカナダを拠点とするブロックチェーン企業で、デジタル収集品やゲームのアイテムの分散化に取り組んでいます。

NFTアート業界で人気を誇るCryptKittiesというアート作品や次世代のブロックチェーンFlowの開発など、NFTをまつわる様々な商品の開発を行っており、NFT市場を牽引する企業と言われています。

ファンコミュニティ要素が高い

NBA Top ShotはNBAのファンコミュニティを形成することを目的として、さまざまなエンタメ要素やコミュニティ要素を充実させています。

例えば、トレーディングカードのパッケージ購入は抽選でオンラインの列に並ぶ必要があり、このようなUIを提供することで実際にお店で購入しているかのような感覚を購入者に与えています。

また、コミュニティでコレクターが公開されており、Discordでコミュニケーションを取ることも出来ます。

NBA Top Shotは仮想通貨を用いて購入することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、おすすめ仮想通貨取引所ランキングでも1位で紹介されているコインチェックで口座開設を行なってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの特徴や仕組み

NBA Top Shotの仕組み

NBA Top ShotではNBAでのプレイヤーのハイライトシーンの動画が、Dapper Labsによってトレーディングカードのような形に加工されて販売されています。

作成された動画のカードはパッケージ形式やマーケットで販売されています。

また、Dapper Labsによる一次流通市場がパッケージ販売、マーケットが二次流通市場のような役割を担っています

利用者はDapper Labsでパッケージを購入するか、マーケットで所有者から直接カードを購入することでNBA Top Shotを手に入れることが可能です。

手に入れたカードは展示したり、マーケットプレイスで他の人に販売することができます。

パック形式でカードを購入できる

NBA Top ShotのトレーディングカードはNBA Top Shotの公式サイトからパッケージを購入できます。

NBA Top Shotの公式が販売している複数のトレーディングカードがランダムに入ったパッケージを購入してその中のカードを手に入れることが可能です。

NBA Top ShotのカードにはCommon・Rare・ Legendaryの3つの種類があり、Rare・Legendaryになるほどカードの稀少性は高まり、マーケットでの価格も高くなっていきます。

パッケージはRare、Legendaryが入っているかどうかで価格が変わり、1,000程度から2,000円程度までさまざまです。

特に、Rare以上のカードが封入されているパッケージは非常に人気ですぐに完売してしまいます。

また、パッケージで購入する他にも公式サイトにあるマーケットプレイスでカードの保有者から好きなカードを購入することができます。

カードが獲得できるイベントも開催される

パッケージやマーケットプレイスでカードを購入する以外にも、イベントに参加して指定のチャレンジをクリアすることでカードをもらうことが出来ます。

NBA TOP SHOT が 自分のショーケースのいいねの数で パックが貰えるイベント開催中です。
相互いいねしますので ご協力お願いします。 やり方が分からない方は教えます!

Twitter

また、初期から参加しているとカードがもらえるなどのキャンペーンも実施しているようです。

Flowブロックチェーン上で開発されている

NBATop ShotにはDapper Labsが開発したFlowというブロックチェーンが使用されています。Flowは従来のブロックチェーンの課題であったトランザクション取引の時間を大幅に短縮し、それによって決済手数料を引き下げることを実現しています。

NBATop ShotにFlowを活用することでよりスムーズにトレーディングを行うことが可能になり、高いユーザビリティを誇っているのです。

NBA Top Shotでカードを購入するのに使える仮想通貨を購入するなら、国内最大の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

初心者の方でも安心して使えるアプリも提供しているので、是非この機会に口座開設を行なってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの取引事例

NBA Top Shotでは小額から高額までさまざまな取引が行われています。

ここでは有名なトレーディングカードや一般的なトレーディングカードを複数紹介していきます。

NBA界の「王」レブロン・ジェームズ氏のダンクシュート

2020年にヒューストン・ロケッツとロサンゼルス・レイカーズの試合でのロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズの神業的なダンクシーンを切り取ったカードはなんと約387,000ドル(約4200万円)で取引されました。

このリバースダンクは、故コービー・ブライアント氏(NBA選手)を彷彿させるダンクということもあり非常に大きな話題となりました。

デリク・ローズ氏のレイアップ

ニューヨーク・ニックスに所属するデリック・ローズは、2020年2月に行われた試合で、高い瞬発力でディフェンダーを追い越し、そのままリバースレイアップを決めました。

その衝撃的スタープレーを捉えたシーンには1,900ドル(約2,000万円)の価格がつきました。

ザイオン・ウィリアムソン氏のブロックショット

ザイオンのNBA初のブロックショットも人気のトレーディングカードの一つです。

敵選手のショットを的確なブロックショットで阻止したスーパープレーが非常に人気となっており、こちらも1,000万円程度の価格がつき、話題になりました。

デビン・ブッカー氏のダンクシュート

2021年のNBAでの試合のパッケージに入っているカードです。

こちらはCommonにカテゴライズされており、1,500円ほどで購入が可能です。

このように、少額からでも購入できるお手頃なカードも多数用意されています。

ぜひ一度NBA Top Shotに訪れて、目当ての選手やプレーがいるかを調べてみてはいかがでしょうか。

NBA Top Shotでカードを購入してみたいという方は、是非この機会にコインチェックで口座開設をして仮想通貨を購入してみてください。

手続きはオンライン上で簡単に完結するので、すぐに取引を始めることができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの始め方/買い方

NBA Top Shotを始めるには、トレーディングカードを買うには次の手順で購入を進めるのがおすすめです。

  1. 仮想通貨取引所に登録する
  2. ウォレットを作成する
  3. NBA top Shotに登録する
  4. NBA top Shotでトレーディングカードを購入する

それでは、それぞれのステップについてわかりやすく解説していきたいと思います。

1、仮想通貨取引所に登録する

まずはNBA Top Shotでカードを購入するときに使う仮想通貨を購入するために、仮想通貨取引所のアカウントを作成しましょう。

国内最大級の取引所であり、初心者の方でも安心に取引ができるコインチェックがおすすめです。

まずコインチェックの公式サイトを開き、「登録する」というボタンを押します。

すると、メールアドレスとパスワードの登録画面が出てきますのでメールアドレスとパスワードを入力し、私はロボットではありませんにチェックをします。

会員登録を押すと、登録したメールアドレスにメールが届きます。

メール文面に記載されているURLにをクリックしてください。

これでアカウントの開設は完了です。

次に、Exchangeページの「重要事項を確認する」のボタンを押します。

次に「重要事項の承諾」というページにうつりますのでプライバシーポリシーなど、リストの資料を確認して全てにチェックを入れます。

続いて、本人確認書類の提出を行いましょう。

本人確認書類を提出することで実際にコインチェックで仮想通貨を購入することができるようになります。

本人確認書類の提出にはExchangeページの「本人確認書類を提出する」というボタンを押し、次のページの案内に従って書類を提出します。



提出の際に必要な本人確認書類は次の通りです。この中から一つ提出する必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

本人確認はアプリからの申し込みとWebからの申し込みの2通りあります。

Webからの申し込みの場合は自宅に郵送されるはがきの受取が必要ですが、アプリは「簡単本人確認」でオンラインで申し込みができるのでおすすめです。

2、ウォレットを作成する。

次に仮想通貨で支払うのときにNFTサービスへの接続に使用するウォレットを作成します。

ウォレットはさまざまな種類がありますが、今回はイーサリアムをいれることができ、人気の高いMETAMASKを紹介します。

まず、こちらのMETAMASKのダウンロードページを開きます

METAMASKはGoogleChromeの拡張機能として利用できるウォレットなので、GoogleChromeにダウンロードする必要があります。

次にサイト上の「作成する」というボタンを押し、拡張機能としてGoogleChromeにダウンロードします。

ダウンロードされたあと「ウォレットのインポート」と「ウォレットを作成する」で選ぶことができますので、まだウォレットを作ったことがない場合は「ウォレットを作成する」を押します。

すでにMETAMASKのウォレットを持っている場合は「ウォレットのインポート」からインポートします。

次にMETAMASKのパスワードを入力し、使用条件に同意して作成ボタンを押します。

ウォレットにはリカバリーフレーズが必要です。

リカバリーフレーズを利用することでウォレットをアンインストールしても再度開くことができるようになります。

後から作成することも可能ですが、先に作ってしまうことがおすすめです。

パスフレーズが隠れている画像を押すと複数のキーワードが並んでいますので、そのキーワードの並んでいる順番の記録をしましょう。

記録をする際はオンライン上ではなく、紙でメモをとるなど、オフラインで記録するようにしましょう。

フレーズを記録して、「次へ」のボタンを押すと、記録したバックアップフレーズの確認画面が出てきます。

下部に候補として表示されるフレーズを前ページで記録した通りに選択しましょう。

フレーズが正しい順番で選択されると、テストが合格したというページが表示されますので、「すべて完了」のボタンを押します。これでウォレットの作成は完了です。

3,仮想通貨を購入する

次に口座を作成したコインチェックで仮想通貨を購入します。

仮想通貨の購入方法は以下の手順です。

  1. 日本円を仮想通貨取引所に入金する
  2. 日本円で仮想通貨を購入する
  3. 購入した仮想通貨をウォレットに送付する

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

1、日本円を仮想通貨取引所に入金する

まず初めに日本円を仮想通貨取引所に入金します。

まずはじめにExchangeページの「日本円の入金」ボタンを押します。

銀行入金、スピード入金、クイック入金がありますので好きな入金方法を選択して、指示にしたがって入金します。

2、日本円で仮想通貨を購入する

次に入金した日本円で仮想通貨を購入します。

ダッシュボードの「仮想通貨を購入する」から購入ページに飛びます。

「購入する」ページで希望の仮想通貨、希望の価格を入力して、購入ボタンを押します。

3,購入した仮想通貨をウォレットに送付する

次に購入した仮想通貨をウォレットに送金します。

まずコインチェックのダッシュボードの「コイン送金」をクリックします。

そして送付先のアドレスに作成した自分のウォレットのアドレスを入力します。これでウォレットへの送金は完了です。

4、NBA Top Shotのアカウントを作成する

次にNBA Top Shotの公式サイトを開き、公式サイトの右上の「Signup」を押してください。

次に電話番号の認証を行います。

電話番号を入力するとSMSに二段階認証用のコードが送信されますので、送信されたコードを入力して「Continue」ボタンを押します。

ホームの上のタブからパッケージやマーケットプレイスを選択することが出来ます。

パッケージを選択すると初心者用のパッケージが購入できます。(購入まで待ち時間があるので注意しましょう)

また、マーケットプレイスからほしいカードを選択して購入することもできます。

ぜひこの機会にコインチェックで口座開設を行なって、NBA Top Shotライフへの一歩を踏み出してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの口コミ・評判

NBA Top Shotは日本でどのような評判になっているのでしょうか。

良い評判、悪い評判を知るためにTwitterでの利用者の感想や意見を見てみましょう。

NBA Top Shotの良い評判

最近、NBA TOP SHOTとかTopps MLBとかの NFTに手を出してて、その発売時間がが日本時間の夜中3時とかで昼間眠いことが多い…。Physicalカードと同じく開封の楽しみあるし、単純にコレクション楽しい。爆上がりしてる価値が今後どうなっていくのかわからんけど。

Twitter

NBA Top Shot当たった。前回のAll Starの方が欲しかったけど、そっちの抽選はかすりもせず。投資としても面白い試みだけど、ここ数年でNBAにがっつりハマったので普通に収集楽しいw

Twitter

NBA Top Shot はNBAのベストプレイ集をNFT化したものだね。NBAの公式ライセンスを取得しているからアメリカを中心にファンの数が桁違いかも。フォロワー約2万人はやばい

動画のクオリティが高くて元バスケ部としても楽しいけど、これはプレミアが付く気配がする…色々調べてみよう @nba_topshot

Twitter

NBAのファンである場合はトレーディングカードの収集がとても楽しいという意見が多いようです。

また、NFTのデジタルアセットとしてこれからの価格の上昇に期待している様子も見られます。

NBA Top Shotの悪い評判

こんなギリギリで延期かぁという行き場のない怒りと睡魔、また一歩NBAへの道が後退した悲しさ。

Twitter

NBA topshotのアカウントにログイン出来なくなった。なんかDapperとはことごとく相性が悪い。

Twitter

一方で、特徴の一つでもあるカード購入までの待ち時間が長いということや、パッケージの中身のトレーディングカードの当たり外れに対しては一部疑問を持つ人も少なくないようです。

賛否両論ありますが、ファンコミュニティを生かした今後成長していくサービスとして注目すべきでしょう。

NBA Top Shotで購入してみたいという方は、ぜひ国内最大の仮想通貨取引所であるコインチェックで口座開設を行い、NBA Top Shotライフへの一歩を踏み出してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotに関してよくある質問

ここでは、NBA Top Shotについてのよくある疑問や質問に回答していきます。

NBA Top Shotの売り上げはどれくらいですか?

Dpper LabsCEOのロハム・ガレゴズロウ氏によると、売上高は7億ドル(約760億円)です。

2020年11月にリリースされてから1年未満の2021年5月に7億ドルの売上高に到達しています。

ユーザー数は100万人に到達しており、驚異的な成長率と言えるでしょう。

NBA Top Shotでは何チームのカードが購入できますか?

NBAで活躍する全30チームすべてのカードを購入することが出来ます。

応援しているチームの選手や、好きな選手、好きな試合のハイライトのトレーディングカードを探してみましょう。

仮想通貨を持っていなくても購入できますか?

はい、クレジットカードでも購入することが出来ます。

ただ、仮想通貨を持っていれば、他のNFTを購入することも可能なので仮想通貨を購入することがおすすめです。

仮想通貨を購入するなら、国内最大の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

コインチェックNFT (β版)であればNFTも購入することができますので、ぜひこの機会に口座開設を行なってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotのまとめ

今回はバスケットボールファンの間で人気急上昇中のNBA Top Shot について解説してきました。

簡単に今回の記事の内容を以下にまとめてみました。

この記事のまとめ
  • NBA Top ShotはNBAとDapps Labが運営するデジタルプラットフォーム
  • NBAプレイヤーのハイライトシーンがトレーディングカードとして購入できる
  • カードを購入するために列に並んだり、ファン同士でコミュニケーションも取れるなどエンタメ要素が豊富
  • 複数種類の仮想通貨やクレジットカードで購入することが可能
  • 数が少ないレアカードはマーケットで高額で取引されている
  • NBA Top Shotで利用できる仮想通貨を購入するなら国内トップの取引所であるコインチェックがおすすめ

NBA Top Shotファンコミュニティやエンタメ要素があり、今後成長が期待されているサービスです。

NBA Top Shotでは仮想通貨を用いて購入することができます。

仮想通貨取引を始めるなら、17種類もの銘柄を取引できるコインチェックがおすすめです。

無料で口座開設を行うことができるため、ぜひこの機会にコインチェックの口座開設を行なってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる