海外FXを絶対におすすめできない理由やリスクについて徹底解説!

海外FX おすすめ

「高いレバレッジで取引できる」「ボーナスが充実している」などのメリットから、注目している人も多い海外FX。

しかし「危険性が高い」「おすすめしない」という意見も多くあり、利用を迷っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では海外FXの特徴やメリット、おすすめできない理由をそれぞれ解説していきます。

安心して利用することができる国内FX会社についても紹介していきますので、ぜひ記事を参考にして取引をスタートさせてみてください。

この記事で分かること

・海外FXは「ハイレバレッジ取引が可能」「ボーナスがある」などのメリットがある
・一方で金融庁が警告を出しており入出金がスムーズにできないなどのリスクがある
安心して取引をしたいのであれば国内FXの利用がおすすめ
・国内FXではGMOクリック証券」「松井証券FX」「外為オンライン」がおすすめ

心して低コストで取引したいのであれば、「GMOクリック証券」「松井証券FX」「外為オンライン」などがおすすめです。

国内FX会社は、金融庁の登録を受けているため安心して利用でき、スプレッドの狭さ・税金などを考慮すると、取引コストを抑えてトレードすることができます。

ぜひこの機会に、代表的な国内のFX会社「GMOクリック証券」「松井証券FX」「外為オンライン」に口座開設をして、FXトレードをスタートさせてみましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次

海外FX業者とは?

海外FX業者とは外国に本社があるFX業者のことを指します。

日本法人があって金融庁の登録を受けている業者については、海外FX業者には該当しません。

したがって、金融庁が定める国内のルールが適用されないFX業者のことを一般的に「海外FX業者」と呼んでいるということになります。

金融庁からの指導を受けていないため、「国内で制限されているレバレッジ上限の規制が無い」「ボーナスにも制限がかからない」というメリットがあります。

しかし一方で、トラブルがあった場合でも金融庁が仲裁に入ってくれないというデメリットもあります。

金融庁の登録を受けていないことによるメリット・デメリットをしっかり把握して利用することが大切になります。

以下の記事では国内FX会社と海外FX会社のメリットを比較解説していますので、ぜひ参考にしてください。

海外FXのメリット

海外FXを利用して取引を行う際の主なメリットは、以下のような点が挙げられます。

【海外FXのメリット】

・ハイレバレッジ取引が可能
・ボーナスがついている
・MT4やMT5が使える

それぞれのメリットについて順番に紹介していきます。

ハイレバレッジ取引が可能

海外FXを利用する最も大きなメリットは、ハイレバレッジで取引ができるという点です。

レバレッジとは…

自己資本を証拠金として担保にし、他人資本を借りて何倍もの金額で取引を行うこと。

レバレッジ

前章でお伝えした通り、国内FX業者には金融庁の規制がかけられています。

そのため、金融庁登録のFX業者を利用する際には最大で25倍までのレバレッジしかかけることができません。

一方で海外FX業者であれば金融庁の規制を受けないため、数百倍、数千倍のレバレッジをかけて取引を行うことができます。

自己資本が少なくても大きな金額で取引できる点が、海外FXの魅力となっています。

ボーナスがついている

海外FXのメリットとして「ボーナスがついている」ということを耳にする人も多いことでしょう。

この場合のボーナスとは、業者から提供されるトレード用の資金のことです。

受け取ったボーナスはそのまま現金として出金することはできませんが、トレードに利用して得た利益を出金することができます。

海外FXのボーナスには主に以下のような種類のものがあります。

【海外FXのボーナス種類】

・新規口座解説ボーナス
・入金ボーナス
・友達紹介ボーナス

これらのボーナスは国内のFX業者では規制がかかることが多く、なかなか得ることができません。

取引の元手として活用できるボーナスを得られる点が海外FXのメリットです。

MT4やMT5が使える

海外FXを利用する際の大きなメリットとして、MT4・MT5が使えるという点が挙げられます。

MT4・MT5とはトレードプラットフォームのことで、テクニカル分析に活用できるツールです。

ツールは無料で利用することができ複数のテクニカル指標が搭載されているため、多くの投資家が分析・取引に活用しています。

さらに自動売買トレードにも向いており、自動売買を利用したい人におすすめのツールとなっています。

そんなMT4・MT5は国内で取り扱っているFX業者が数社しかなく、なかなか利用することができません。

しかし海外FXであればほとんどが対応しているため、MT4・MT5を利用したいのであれば海外FXを使うというのも一つの手段です。

(参考 海外FXのおすすめランキング)

海外FXを絶対におすすめできない理由・デメリット

ここまで海外FXのメリットを紹介してきましたが、一方で海外FXを「おすすめしない」という声も多く上がっています。

海外FX業者をおすすめできない理由・デメリットは、主に以下のような理由が挙げられます。

【海外FXのデメリット】

・金融庁が警告している
・入出金がスムーズにできない
・利益にかかる税金が多い
・スプレッドがかなり広い
・損失リスクが高い
・信頼性が低い

それぞれデメリットについて順番に紹介していきます。

金融庁が警告している

金融庁は国内で登録を受けていない海外FX業者について警告(金融庁:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください)を出しています。

警告を出している主な理由は「トラブルの危険性がある」「追求が難しい」という点です。

きちんと届け出を出して登録を受けている業者は、トラブルの危険性が低くて金融庁が仲裁に入ることも可能です。

しかしそうでない業者は実態が掴みにくいことも多く、問題を解決できないケースがあります。

そして一方の海外FX業者側も、レバレッジ規制がある金融庁の登録を受けることは無いと考えられるため、トラブルを回避しにくいのが現状です。

このように金融機関・FX業者等を登録・管理する金融庁から警告が出されている点は、十分に理解しておく必要があるでしょう。

入出金がスムーズにできない

海外FXは日本の業者ではないため、取引や入出金のルールが分かりにくいケースが多くあります。

日本語に対応している業者であっても内容が分かりにくかったり、頻繁にルールが変更になったりと対応が大変です。

例えば「入金後30日間は出金できない」というルールが設けられたりしている場合があります。

そのため入出金がスムーズにできず、思うように取引ができない可能性があります。

ルールを間違ってしまうと出金拒否される事例もあり、十分に注意しておくことが必要です。

さらに海外FXの多くが出金の際に海外銀行からの送金となるため、時間と手数料がかかってしまいます。

国内FXはインターネットで入金すれば、リアルタイムで入金が反映されます。

気軽に入出金しにくい点が、海外FX業者の大きなデメリットとなります。

国内FX会社最大手のGMOクリック証券ならFX取引における出入金もスムーズに行うことができますので、公式サイトで詳細をご確認ください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

利益にかかる税金が多い

FX取引で得られた利益については税金がかかりますが、国内FXと海外FXでは税率が異なります。

国内FXの所得については「先物取引に係る雑所得」として扱われ、一律で住民税込みで20%の税率が適用されます。

一方の海外FXは「雑所得」として区分され、一律10%の住民税と所得に応じて変化する所得税がかかります。

海外FXの所得額に応じた税率を以下の表にまとめました。

所得額所得税率
195万円以下5%
195〜330万円以下10%
330〜695万円以下20%
695〜900万円以下23%
900〜1,800万円以下33%
1,800〜4,000万円以下40%
4,000万円以上45%

上の表のように、海外FXには所得が大きくなっていくと税率も上がっていく「累進課税」という仕組みが適用されています。

仮に4,000万円以上の所得となった場合には、国内FXなら住民税込みで20%、海外FXなら45%の所得税と10%の住民税がかかってしまうことになります。

利益に対してかかる税金が多くなってしまう点も、FXのデメリットとなっています。

スプレッドがかなり広い

海外FXは取引の際にコストとしてかかるスプレッドが広いことも特徴となっています。

スプレッドとは…

売値と買値の差額のこと。例えば「米ドル/日本円」通貨ペアで取引をする場合、「日本円→米ドル」の適用レートと「米ドル→日本円」の適用レートの差額がスプレッドとなる。

スプレッドが広いと取引コストがかかってしまうため、利益を出しにくいという点がデメリットとなります。

国内FX業者はスプレッドが狭く、固定されているという特徴があります。

海外FXと国内FXのスプレッド

例えば、大手国内FX業者のGMOクリック証券では、「米ドル/日本円」のスプレッドは「0.2銭」で原則固定されています。

一方の海外FX業者の多くは、「米ドル/日本円」のスプレッドを1.5〜2.0銭で変動するケースが多くなっています。

仮に10,000米ドル取引した場合、国内FXのGMOクリック証券では手数料20円、海外FXでは150円〜200円の手数料となります。

スプレッドが広く取引コストが割高になってしまう点が、海外FXのデメリットと言えるでしょう。

国内FX会社のGMOクリック証券は、業界最狭水準のスプレッドで人気を集める大手FX会社です。

現在最大30万円キャッシュバック特典を実施中ですので、この機会にチェックしてみましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

損失リスクが高い

すでに紹介した通り海外FXはレバレッジ規制がないため、ハイレバレッジ取引が中心となっています。

そのレバレッジは数百倍、数千倍であるため、自己資金と比較して取引金額が大きくなります。

少額から大きな利益を狙える一方で、多額の損失を被ってしまうリスクも高いです。

レバレッジの倍率が高まっていけばいくほど、そのリスクが高まっていくため注意が必要です。

信頼性が低い

海外FX業者は信頼性が低いというデメリットも抱えており、おすすめできない理由となっています。

中には会社の実態が掴めない悪質業者がいる可能性も十分にあります。

金融庁の登録を受けていないため信託保全が義務化されておらず、口座に預け入れているお金が守られていないケースもあります。

もし万が一業者が倒産してもお金が返ってこなかったり、突然失踪してしまったりという危険性も高いです。

もちろん多くの海外FX業者は信頼性・安全性が高いと言えますが、危険な業者も紛れています。

きちんと安心して取引できる業者を見分けるのが難しい点も、海外FXのデメリットとして挙げられます。

国内FXと海外FXどっちがおすすめ?

ここまで海外FXのメリット・デメリットを紹介してきましたが、国内FXと海外FXのどちらを利用する方が良いのでしょうか?

結論としては国内FXを利用することをおすすめします。

国内FXをおすすめする理由として、以下の3点が挙げられます。

・金融庁に登録されていて、信頼性・安全性が高い
・取引にかかるコストが低い
・リアルタイムに入出金ができる

国内FX業者は金融庁からの登録を受けているため取引する上でトラブルが発生することは稀であり、問題があっても金融庁からの指導が入るため安心して取引を行うことができます。

一部の悪質な海外FX業者のように突然失踪してしまうリスクなどがありません。

また取引のスプレッドが狭く、原則固定されている点も非常に魅力的です。

海外FXと比較すると税金も安くなる場合が多く、取引にかかるコストを抑えてトレードを行うことができます。

さらにインターネットからの入出金を活用することで、即時に反映されてスムーズに取引がスタートできます。

海外FXでは海外銀行からの送金となるため、2〜5営業日ほどかかってしまいます。

安心・低コスト・スムーズさの3点から、国内FXを利用することをおすすめします。

GMOクリック証券が国内での信頼度が高いおすすめの証券会社になります。

現在最大30万円キャッシュバック特典もありますので、この機会に口座開設してはいかがでしょうか。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

国内FX会社おすすめ3選

海外FXと比べて国内FXの方がおすすめできるということで、おすすめの国内FX会社について紹介していきます。

すべて初心者からでも使いやすく、安心してトレードを行うことができる会社です。

ぜひ参考にしてFX取引をスタートさせてみましょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券公式
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取引手数料0円
通貨ペア数20ペア
特典新規口座開設&取引で最大30万円キャッシュバック
詳細公式ページ
スプレッドは原則固定

国内FX業者を利用するのであれば、まず検討しておきたいのがGMOクリック証券です。

FXの取引高で世界第1位を獲得している会社であり、国際的な信頼感・安心感を勝ち得ていることが分かります。
(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月〜2021年12月)

取引高が多いということはメインで利用している人が多く、非常におすすめできるFX会社となっています。

人気の理由としては、「ツールの使いやすさ」と「取引コストの低さ」が挙げられます。

GMOクリック証券の取引ツールは、PC・スマートフォンに対応しており、スピード注文やチャート分析がしやすいツールとなっています。

高性能な取引ツールを使うことができるため、多くの投資家から支持を得ています。

また取引手数料が無料、スプレッドも「米ドル/円:0.2銭」「ユーロ/円0.5銭」などと非常に低い水準となっています。
(スプレッドは原則固定)

そのため取引にかかるコストも低く抑えることができ、気軽にトレードしやすい環境です。

新規口座開設&取引で最大30万円がキャッシュバックされる特典もありますので、ぜひこの機会にGMOクリック証券を活用してみてはいかがでしょうか?

\ 最大30万円キャッシュバック中/

松井証券FX

松井証券FX
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.1銭
取引手数料0円
通貨ペア数20ペア
キャンペーン2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)の期間にFX口座を開設し、対象通貨ペアを新規建で合計50万通貨以上(※)取引されたお客様を対象に、取引数量に応じてキャッシュバック(最大50万円)
詳細公式ページ
※対象通貨ペア50万通貨以上の新規建取引について、通貨ペアの数・種類・内訳は問いません。

大手証券会社「松井証券」が運営している松井証券FXは、少額から投資ができる点でおすすめできます。

多くの国内FX会社では最低取引単位が1,000通貨からとされていることが多いですが、松井証券FXでは1単位から取引を行うことができます。

およそ100円前後から取引ができるため、初心者でも大きな損失を気にせずに取引をスタートさせることが可能です。

さらに従来はスプレッドが広く使いにくさを感じている人が多かったですが、2021年2月から業界最狭水準のスプレッドに変わりました。

「米ドル/円:0.2銭」「ユーロ/円:0.5銭」と低い水準でトレードができるようになっています。

松井証券がFX事業に注力してきていることから、今後も安心してトレードに利用できると考えられます。

初心者の人は、少額から取引ができる松井証券FXに口座開設をしてみることをおすすめします。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

外為オンライン

外為オンライン
スプレッド米ドル/円:0.9銭
ユーロ/円:1.9銭
ポンド/円:3.4銭
取引手数料原則0円(自動売買ツールは1,000通貨あたり20円)
通貨ペア数26ペア
キャンペーン新規口座開設&取引で最大150,000円キャッシュバック
詳細公式ページ

外為オンラインは自動売買ツールに魅力があるFX会社です。

独自で用意されている自動売買システム「iサイクル2取引」は、値幅などを設定することで24時間取引を行なってくれます。

簡単な設定のみを自分で決めた後はツールが勝手に取引をしてくれるため、チャートの分析などもせずにトレードをすることができます。

さらに新規口座開設と取引で最大150,000円キャッシュバックされるキャンペーンも開催されています。

取引額に応じてキャッシュバックされる金額が変わっていくので、大きな金額を取引したい場合はお得なキャッシュバックが受け取れます。

独自の自動売買ツールを利用したい人、大きな金額で取引をしたい人は、外為オンラインを利用することをおすすめします。

\ 15万円キャッシュバック/

海外FXに関するQ&A

海外FXに関連するよくある質問についてまとめました。

海外FXについてもっと詳しく知りたい人は、こちらを参考にしてみてください。

海外FXで追証は発生する?

海外FX業者の多くは「ゼロカットシステム」を取り扱っています。

ゼロカットシステムとは…

口座残高がマイナスになってしまった場合、損失分を業者が負担してくれる仕組み。
強制的にポジションが決済されることで、借金を背負うことがなくなる

このゼロカットシステムがあることにより、海外FXでは追証となることがありません。

一方で、国内証券では金融商品取引法で禁止されているため、ゼロカットの適用はできません。

ただしこのゼロカットシステムは、ロスカットによってポジションが強制的に決済されていることになるので、投資資金を失っているということを把握しておきましょう。

英語が分からなくても口座開設ができる?

多くの海外FX業者は日本語に対応しているため、英語が分からなくても口座を開設することはできます。

しかし取引上のルールの細かいニュアンスが分かりにくいことがあるため、注意が必要です。

ルールをよく理解できずに違反してしまうと、出金拒否などの取引上の制限を受けてしまうことがあります。

もし英語に自信がなく取引に不安を感じる場合は、国内FX業者を利用する方が安心してトレードを行えるでしょう。

無登録FX業者を利用したら法律違反になる?

金融庁から登録を受けていない海外のFX業者を利用した場合に法律違反になるのか、という点が気になっている人も多いでしょう。

結論としては、法律上の問題となることはなく罰金などを受けることもありません。

しかし国内FXも同様ですが、得られた利益について税金を納めなかった場合は脱税として刑事罰になるケースがあります。

海外FX・国内FXともに得られた利益についての申告を忘れないように注意しましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

海外FXがおすすめできない理由まとめ

この記事では海外FXについて紹介してきました。

この記事のまとめ

・海外FXは金融庁の規制がなく、「ハイレバレッジ取引ができる」「ボーナスが受けられる」というメリットがある
なかには悪質な業者もいることから金融庁から警告が出されているため注意が必要
・スプレッドがかなり広く税金も高くなるため取引コストが高くなりやすい
・低コストで安心して取引をしたいのであれば国内FXの利用がおすすめ
・国内FX会社ならGMOクリック証券」「松井証券FX」「外為オンライン」がおすすめ

海外FXは取引にかかるリスクが高いため、安心して取引をしたい人は国内FXを利用することをおすすめします。

中でも「GMOクリック証券」「松井証券FX」「外為オンライン」は、初心者でも取引がしやすいFX会社です。

新規口座開設&取引でお得にキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施しています。

ぜひこの機会にキャッシュバックを活用して、お得にFXトレードを始めてみましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次
閉じる