資産形成とは?おすすめの投資方法や効率の上げ方など分かりやすく徹底解説!

資産形成

将来のライフイベントに備えて、今のうちから資産形成をしようと考えている方は少なくないはずです。

しかし、自分に合う資産形成の方法や、いつから始めればいいのかわからないことも多いと思います。

そこで今回の記事では、資産形成について詳しく解説していきます。

資産形成をする際のポイントや、資産運用におすすめの投資方法などもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • 将来のライフイベントに備えるために資産形成は重要
  • おすすめの資産形成方法は株式投資・投資信託・個人向け国債
  • 資産形成をするなら20代・30代から始めるのがおすすめ
  • LINE証券」は資産形成に最適

投資などを20代・30代のうちに始めることで、少額からでも無理なく資産形成をすることができます。

資産形成には、少額から手軽に投資ができる「LINE証券」が最適です。

現在LINE証券では、新規口座開設&簡単なクイズに回答するだけで最大4,000円分の株の購入代金をもらうことができるので、気になる方は公式ページを確認してみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

目次

資産形成とは

「そもそも資産形成って何?」という方のために、まずは資産形成について具体的に解説していきます。

「資産形成」とは、資産がほとんどない状態から少しずつ着実に積み上げていくことです。

人生100年時代と言われている今、将来のライフイベントや老後の生活に備えて資産を積み上げていくことは非常に重要だと言われています。

ライフイベントかかる費用
結婚約400万円〜500万円
出産約50万円
子どもの教育約1,000万円
マイホーム購入約2,500万円〜4,000万円
老後の生活約2000万円〜

上記の費用以外にも、緊急の際にかかる費用として50〜60万円ほど確保しておくと安心です。

将来のために資産形成をするにあたって、毎月の収入から一定額を投資や貯蓄に回す必要があります。

「いつまでにいくら必要なのか」を明確にして、資産形成のプランを立てていきましょう。

資産形成の方法

資産形成の方法は、主に以下の2つです。

資産形成の方法
  1. 投資する
  2. 貯蓄する

それでは一つずつ解説していきます。

投資する

「投資」とは、将来的な資本の増加や成長を目的として自己資金を投じることです。

投資にはさまざまな種類がありますが、代表的なものは以下のとおりです。

投資の種類
  • 株式投資
  • 投資信託
  • FX
  • 仮想通貨投資
  • ロボアドバイザー など

投資の種類によって得られるリターンやリスクなどは異なるので、自分のスタイルに合った投資方法を選びましょう。

投資に適したサービス:LINE証券

投資に適したサービスは、「LINE証券」です。

LINE証券 公式ページ

LINE証券では、国内株式・投資信託(スポット投資・つみたて投資)・ETF・IPOなどの金融商品に投資することができます。

スマホに特化したシンプルな取引画面なので投資初心者でも迷わず操作可能です。

投資で資産形成を考えている方は、ぜひLINE証券の公式サイトを確認してみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

貯蓄する

「貯蓄」とは、金融資産を蓄えることです。

手持ちの現金や銀行に預けている預金だけでなく、保有している債券・株式・不動産・金(ゴールド)・積立式の生命保険なども貯蓄に含まれます。

貯蓄では資産を大きく増やすことはできませんが、元本を確保しながら資産形成ができる点がメリットです。

自分ではなかなか貯蓄ができないという方は、「財産形成貯蓄制度(財形)」や「積立定期預金」などの先取り貯金を利用してみましょう。

毎月の給与から天引きしてくれるので、わざわざ自分で別の口座にお金を移したりしなくてOKです。

効率良くリスクを抑えて資産形成をしたい場合は、貯蓄と投資を両方行うのも効率が良いです。

資産形成と資産運用の違い

続いて、資産形成と資産運用の違いについて解説していきます。

「資産形成」は、前述したとおり資産がほとんどない状態から少しずつ着実に積み上げていくことです。

大まかな目安としては、金融資産1,000万円ぐらいまでは資産形成の段階だと言えます。

「資産運用」とは、形成した資産を株式投資や不動産投資などで運用し、効率的に増やしていく活動を指します。

つまり、資産形成は資産運用の前段階であると言っても良いでしょう。

資産形成・資産運用をするなら、「LINE証券」が適しています。

LINE証券では投資信託なら100円から投資ができるので、資産形成をスタートするのに最適です。

ある程度資産が形成できたら、投資する金額を増やして効率良く資産運用をしてみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

資産形成をする際のポイント

資産形成をする際のポイントをご紹介します。

資産形成をする際のポイント
  • 長期的に形成する
  • 分散投資でリスクを抑える

長期的に形成する

資産形成をする際のポイントは、長期的に形成するということです。

じっくりと時間をかけて取り組むことで少額から無理なく積み立てることができる上、投資による価格変動リスクも小さくなるので、安定的に資産を形成することができます。

また、投資期間が長いほど複利効果も大きくなりやすいので、より効率良く資産を積み上げることができるでしょう。

分散投資でリスクを抑える

資産形成をする際は、分散投資でリスクを抑えることも大切なポイントです。

例えば資産のほとんどを株式投資に充てている場合、株価が暴落した際には大きな損失を産んでしまいます。

しかし、投資先を「株式投資」「投資信託」「ETF」「債券」「仮想通貨」などの中から幅広く分散しておけば、万が一どれかが値下がりしても、その他の利益で損失分を埋めることができます。

資産形成をする場合は複数の資産を組み合わせることを心がけましょう。

手軽に分散投資がしたい方には、「LINE証券」の公式サイトをチェックしてみてください。

普段利用しているLINEアプリから国内株式や投資信託などに投資ができるため、非常に使いやすいでしょう。

口座を申し込めば最短翌営業日には取引可能なので、興味がある方はLINE証券公式ページにアクセスしてみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

資産形成は20代・30代から始めるのがベスト

資産形成は20代・30代から始めるのがベストだと言われています。

その理由は以下のとおりです。

資産形成は20代・30代から始めるのがベストな理由
  • 投資できる期間が長くなる
  • 少額の積み立てで無理なく資産形成ができる

それでは詳しく解説していきます。

投資できる期間が長くなる

資産形成を20代・30代から始めることで、投資や貯金ができる期間が長くなります。

40代・50代から資産形成を始めた場合に比べてより時間があるので、高い複利効果も期待できるでしょう。

複利効果とは

投資や預金等で得た収益を当初の元本にプラスして再び投資・運用すること。

利益が利益を生み出し、より大きな収益を得ることができる。

また将来必要になる「教育資金」「住宅資金」「老後資金」などのために若いうちから資産形成をしておくことで、いざ必要になったときに焦ることがありません。

少額の積み立てで無理なく資産形成ができる

20代・30代のうちに少額からでも積み立てを始めると、無理なく資産形成ができる点が魅力的です。

例えば20歳から毎月1万円ずつ積み立てるだけでも、20年後には240万円になっています。

さらにただ貯金するだけでなく投資信託や株式投資などの投資を行えば、大きなリターンを得られる可能性もあります。

少額から投資を始めてみたい方は、「LINE証券」の公式サイトをチェックしてみてください。

LINE証券は投資信託なら100円、株式投資なら「いちかぶ(単元未満株)」というサービスを利用すれば1株数百円〜数千円で株が購入できます。

現在では、新規口座開設+簡単なクイズに回答するだけで最大4,000円相当の株の購入代金をもらえるので、活用してみるのもいいでしょう。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

資産運用におすすめの投資方法

ここからは、資産運用におすすめの投資方法を3つご紹介します。

資産運用におすすめの投資方法
  • 株式投資
  • 投資信託
  • 個人向け国債

株式投資

『株式投資の仕組み』

「株式投資」は、株式会社が発行する株式を売買して利益を獲得する投資方法です。

利益の一部を投資家に還元する「配当金(インカムゲイン)」と、売買によって得られる「売却益(キャピタルゲイン)」の両方を狙うことができるため、数ある投資の中でも人気を集めています。

また、銘柄によっては保有している株数に応じて「株主優待」が得られる点もメリットです。

国内株式投資は基本的に100株単位での購入となるので、最低でも数万円〜数十万円の初期費用が必要となります。

しかし、最近では最低1株から取引ができる証券会社も増えてきています。

例えばLINE証券の「いちかぶ(単元未満株)」というサービスでは、中小型株や新興市場株も含め1,000銘柄以上が対象となっているので、自分の希望に合った銘柄に数百円程度から投資することが可能です。

投資信託

『投資信託の種類』

「投資信託」は、多くの投資家たちから募った資金で運用のプロが大規模な資産運用を行い、その利益を投資家に分配するという金融商品です。

投資信託のメリットは、ファンドマネージャーと呼ばれるプロに運用を任せられる点です。

最初に銘柄さえ選択すればあとは運用成果を待つだけなので、投資に対する知識が少ない方でもチャレンジしやすいと言われています。

「どの銘柄を選択すれば良いかわからない」という方には、LINE証券の投資信託が最適です。

LINE証券の投資信託はプロが厳選した32銘柄に絞られているので、他の証券会社に比べて選びやすくなっています。

個人向け国債

「個人向け国債」は、国の発行する債券を個人が購入しやすいように工夫した商品です。

銀行や証券会社などの金融機関で購入することができ、リターンとして半年ごとに利子が支払われます。

また満期を迎えると元本が目減りせず戻ってくるので、比較的安心して投資ができる金融商品です。

1万円から購入することができるため、投資初心者の方にも低コストで始められます。

資産形成の効率を上げる制度

続いて、資産形成の効率を上げる制度について解説していきます。

資産形成の効率を上げる制度
  • NISA
  • iDeCo

NISA

「つみたてNISAとは」

「NISA」とは、少額投資非課税制度のことです。

年間投資枠120万円
非課税投資の期間5年
利用対象者国内に住む20歳以上
(口座開設する年の1月1日現在)
資産の引き出しいつでも可能
投資対象商品国内株式
投資信託
外国株式
国内ETF
海外ETF など

年間120万円の投資枠で得た利益が非課税となるので、少額で資産運用したい方などにおすすめの制度です。

また「つみたてNISA」という少額からの長期・積立・分散投資ができる非課税制度もあるので、お得に投資をしたい方はぜひ利用してみてください。

NISAを利用するなら、SBI証券の公式サイトをチェックしてみてください。

SBI証券のNISAなら最低100円からスタート可能なため、まとまった資金がなくても資産形成が始められます。

SBI証券は取り扱っている銘柄も豊富なので、ニーズに合った投資先が見つかるでしょう。

iDeCo

「iDeCo」は個人型確定拠出年金のことで、自分で拠出した掛金を60歳になるまで自分自身で運用する年金制度のことです。

年間投資限度額14.4万円~81.6万円*
(*就労形態や職種によって変わる)
利用対象者日本在住の20歳以上60歳未満の被保険者* 
(*就労形態や職種によって変わる)
税制優遇期間60歳まで 
資金の引き出し60歳まで原則不可
投資対象商品定期預金
株式
投資信託
債券
保険 など

節税しながら老後資金の準備ができるため、資産形成を考えている方におすすめの制度です。

またiDeCoは原則60歳まで資金を引き出せないので、「ついつい引き出して使ってしまう」という事態を防げます。

iDeCoに対応している証券は数多くありますが、その中でも「LINE証券」が最適です。

LINE証券のiDeCoでは、誰でも条件なしで運営管理手数料0円で利用することができます。

iDeCo加入申込の手続きがインターネット上で完結するので、すぐにでもiDeCoを始めたい方はLINE証券から申し込んでみてください。

資産形成に最適な証券会社

ここからは、資産形成に最適な証券会社を3社ご紹介します。

どれも使いやすい証券会社なので、ぜひ候補に入れてみてください。

資産形成におすすめの証券会社
  • LINE証券
  • SBI証券
  • 楽天証券

LINE証券

LINE証券 公式ページ
サービス名称LINE証券
取引サービス国内株式
投資信託(スポット投資)
投資信託(つみたて投資)
ETF
IPO
iDeCo など
取り扱い銘柄数国内3,700銘柄以上
取引手数料(国内株式)55円〜
最低購入単位1株〜
連携ポイントサービスLINEポイント
詳細公式サイト

LINE証券は、スマホアプリで取引できるネット証券です。

チャットアプリのLINEから直接アクセスして取引ができるため、いつでもどこでも気軽に投資することができます。

LINE証券は「いちかぶ(単元未満株)」というサービスを提供しており、対象銘柄を1株単位から購入可能です。

さらに投資信託は1口100円から始められるので、少額から資産形成をしたい方にぴったりのサービスだと言えるでしょう。

現在、LINE証券では、新規口座開設+クイズに正解で最大4,000円相当の株がもらえるキャンペーンを実施しているので、興味のある方は公式サイトを確認してみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

SBI証券

SBI証券 トップ
サービス名称SBI証券
取引サービス国内株式
外国株式
投資信託
ETF
IPO
NISA
つみたてNISA
iDeCo など
取り扱い銘柄数4,100銘柄以上
取引手数料(国内株式)0円(1日の約定代金100万円まで)
※アクティブプランの場合
最低購入単位1株
連携ポイントサービスTポイント
詳細公式サイト

SBI証券は誰もが知る定番のネット証券で、多くのユーザーが愛用しています。

SBI証券は取り扱っている金融商品が豊富な上に取引手数料も業界最安水準となっているため、非常に利用しやすいです。

NISAやiDeCoなどのサービスにも対応しており、節税しながら資産形成を行いたい方に最適です。

SBI証券は金融商品ごとにお得なキャンペーンを頻繁に開催しているので、公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

楽天証券

楽天証券
サービス名称楽天証券
取引サービス国内株式
外国株式
投資信託
ETF
IPO
CFD
NISA
つみたてNISA
iDeCo など
取り扱い銘柄数4,200銘柄以上
取引手数料(国内株式)55円〜
最低購入単位1株
連携ポイントサービス楽天ポイント
詳細公式サイト

楽天証券は700万人以上の投資家が利用している人気のネット証券です。

楽天証券は、他の楽天サービスと連携することで優遇金利が適用されたり、楽天ポイントを獲得できるというメリットがあります。

普段から楽天サービスを利用している方は、貯めた楽天ポイントを投資に利用することも可能です。

資産形成に役立つ「iDeCo」や「NISA」などにも対応しているため、興味がある方は楽天証券の公式サイトをチェックしてみましょう。

\ 最短5分で口座申し込み完了! /

資産形成に関するQ&A

資産形成に関するQ&Aをまとめました。

資産形成に関するQ&A
  • 初心者におすすめの資産形成方法は?
  • 貯蓄する余裕がないけど資産形成できる?

初心者におすすめの資産形成方法は?

初心者におすすめな資産形成方法は、投資信託です。

銘柄を選んだあとは運用をプロに任せられるので、投資の知識に自信がない方でも始めやすいでしょう。

また証券会社によっては1株(単元未満株)から株式を購入できるところもあり、わずか数百円から資産形成ができます。

貯蓄する余裕がないけど資産形成できる?

なかなかお金を貯められないという方は、収入からの先取り貯蓄をしてみましょう。

給料が入ったタイミングで先に決まった金額を貯蓄し、残りの金額で生活すれば意外と捻出できるかもしれません。

また、LINE証券では毎月1,000円から投資信託の積み立て投資ができ、引き落とし設定を行えば毎月自動で一定額を積み立てて運用してくれます。

どうしても現金を投資に回せないという場合は、貯まったLINEポイントなども利用する方法もあります。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

資産形成とはまとめ

今回は、資産形成について詳しくまとめていきました。

この記事から分かること
  • 将来のライフイベントに備えるために資産形成は重要
  • おすすめの資産形成方法は株式投資・投資信託・個人向け国債
  • 資産形成をするなら20代・30代から始めるのがおすすめ
  • 資産形成には「LINE証券」が最適

人生100年時代と言われている今、将来のライフイベントや老後の生活に備えて資産形成をするのは非常に大切です。

資産形成を始めるなら少額から投資ができる「LINE証券」が最適です。

LINE証券は投資信託なら1口100円から投資ができ、株式投資も1株数百円程度の資金から始められます。

口座開設を申しこめば最短翌営業日から取引ができるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

目次
閉じる