テスラ社がビットコイン売却を発表!イーロンマスクのツイートは価格に影響する?

テスラBTC

2022年7月20日、電気自動車(EV)の大手メーカーであるテスラ社とイーロンマスク氏は、同社が保有しているビットコインの75%を売却したと発表しました。

売却により9億3600万ドル(約1300億円)を現金に転換したとされ、市場や投資家に少なからぬ影響を与えています。

この記事では、テスラ社とイーロンマスク氏のビットコイン売却がどのような影響を与えたのか、また、イーロンマスク氏のスイートがビットコインの価格変動に与える影響などについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 2022年7月20日、テスラ社とイーロンマスクが保有するビットコインの約75%を売却
  • 売却により9億3600万ドル(約1300億円)を現金に転換
  • イーロンマスク氏は、「この売却がビットコインに対しての何らかの断決と捉えられるべきものではない」とコメント
  • テスラ社のビットコイン売却は市場に甚大な影響を与えたわけではない

なお、仮想通貨への投資はLINE BITMAXなどの仮想通貨取引所で行うことができます。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次

テスラとイーロンマスクのビットコイン(BTC)最新ニュース

2022年7月20日に電気自動車(EV)メーカー大手のテスラ社が発表した四半期決算報告によると、2022年第2四半期(4-6月期)に9億3600万ドル(約1300億円)相当のビットコインを売却したことが明らかになりました。

売却したのはテスラ社が保有するビットコインの約75%で、決算報告資料によると、ビットコインを法定通貨(現金)に転換したことで9億3600万ドル(約1300億円)の現金が貸借対照表(バランスシート)に追加されました。

しかし、どれほどの減損があったのかについての明記はされていません。

イーロンマスクCEOは今回の売却理由について、「中国での新型コロナウィルスによるロックダウンの不確実性を考慮した結果、保有しているビットコインの大半を売却することで手元現金を最大化するため。」と説明しています。

また、「今回の売却は、ビットコインに対しての何らかの断決と捉えられるべきものではなく、今後のビットコインへの投資を妨げるものでもない。」とも述べています。

テスラとイーロンマスクのビットコイン(BTC)売買動向推移

では、テスラ社とイーロンマスクがビットコインをどのような経緯で購入・売買をしてきたのか、順を追って確認してみましょう。

テスラとイーロンマスクのビットコイン売買履歴

1.2021年2月ビットコインに15億ドル投資

2.2021年4月保有するビットコインの10%を売却

3. 2022年7月20日保有するビットコインの75%を売却

1.2021年2月ビットコインに15億ドル投資

2021年2月8日、テスラ社とイーロンマスク氏はビットコインを15億ドル(2,000億円)相当購入したことを発表しました。

購入期間は2021年1月から2月の間で、平均購入価格は約31,000ドル。

テスラ社とイーロンマスク氏は具体的な購入数については言及していませんが、予測では43,200BTCを保有していたとされています。

テスラ社とイーロンマスク氏が15億ドルのビットコインを購入したニュースは大きな話題となり、その後1カ月でビットコインの価格の急高騰を招きました。

ビットコインチャート
引用:TradingView

2.2021年4月保有するビットコインの10%を売却

2021年4月には保有しているビットコインの10%を売却し、その結果四半期収益は2億7200万ドルまで達しました。

それ以降は今回の売却発表まで、ビットコインの売買は行われていないとされています。

ちなみに、2021年3月24日からテスラ社の電気自動車(EV)をビットコインで購入できると発表しましたが、2021年5月12日にビットコインでの購入停止を発表しています。

3. 2022年7月20日保有するビットコインの75%を売却

このような経緯を経て、2022年7月20日にテスラ社は保有しているビットコインの75%を売却しました。

テスラ社は2022年第2四半期の期首には4万2000ビットコインを保有しており、そのうちの75%を売却し9億3600万ドルの現金を得たとすると、売却価格は平均29,000ドルと計算できます。

第2四半期末時点のビットコイン価格が約1万8700ドルだったことを考えると、テスラ社は第2四半期の前半に売却したことで、大きな損失を免れることができたといえます。

ちなみに、テスラ社の決算状況はどうなのかが気になるところですが、2022年第2四半期の決算はおおむね高水準とのこと。

売上高は169億3400万ドル(前年同期比42%増)、営業利益は24億6400万ドル(同88%増)、売上高営業利益率は14.6%(同3.58ポイント増)と発表されています。


イーロンマスクのビットコイン(BTC)に関するツイート

イーロンマスク氏が、テスラ社が行ったビットコインの売買についてツイートすると、ビットコイン相場にどのような変化をもたらしたのでしょうか。

ツイート内容と相場の動きの関係について解説していきます。

テスラ社のビットコイン購入時

イーロンマスク氏が、テスラ社がビットコインを15億ドル分購入したことを発表すると、ビットコイン価格が急上昇しました。

ビットコインチャート
引用:TradingView

購入発表前、ビットコインは39,000ドル台を付けていましたが、イーロンマスク氏の発表を受けて44,000ドル台にまで達し、これまでの最高値を更新。

また、ビットコインだけでなくイーサリアムといった他の仮想通貨や関連株などの価格も急激に上昇し、仮想通貨市場は大変な賑わいを見せたようです。

しかし、2月中旬には下降トレンドに入り一度落ち着いたかのように見えましたが、3月に入る前に再度上昇トレンドに転じました。

テスラ社のEV購入決済をビットコインでも可能とする

2021年3月24日、イーロンマスク氏はテスラ社が販売している電気自動車(EV)の決済方法としてビットコインでの決済も可能とする旨を発表。

すでに上昇トレンドにあったビットコイン相場ですが、このツイート後も安定して上昇を続け4月初めには60,000ドル超の価格を記録しています。

ビットコインチャート
引用:TradingView

テスラ社は、このタイミングで保有するビットコインの10%を売却しており、その結果四半期収益が2億7200万ドルにものぼる結果となっています。

ビットコインによるEV購入代金決済を停止すると発表

上昇トレンドにあったビットコイン相場は2021年5月3日を境に下降トレンドに移行しています。

ビットコインチャート
引用:TradingView

徐々に価格が下降していく中、電気自動車(EV)の購入をビットコインでも可能とすると発表してわすが2ヵ月足らずの2021年5月12日に、テスラ社はビットコインでの決済停止を発表。

その後も相場は下落を続け、6月下旬に底に達してからわずかに持ち直したかに見えましたが上昇トレンドには至らず低迷期が続きます。

ビットコインの75%を売却と発表

そしてついに2022年7月20日、テスラ社が保有するビットコインの75%を売却したとイーロンマスク氏が発表。

このときのビットコイン価格は、6月下旬の底から若干の回復の兆しが見えてきたタイミングです。

テスラ社の発表を受けて、ビットコイン価格は一時1.7%程下落し23,000ドル台になりましたが、イーロンマスク氏のコメントが発せられるとすぐに回復しました。

ビットコインチャート
引用:TradingView

今回の売却が原因となり、ビットコイン価格の大暴落といった事態は起きませんでした。

なお、 ビットコインなどの仮想通貨への投資はLINE BITMAXを通して行うことができます。

ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

イーロンマスクとビットコイン(BTC)に関するQ&A

ここまでの内容で、イーロンマスク氏の言動がビットコイン価格に影響を与えていることは明らかです。

そこで、イーロンマスク氏とビットコインの関係について、よくある質問や疑問に回答しながらもう少し深堀していきます。

イーロンマスクがBTC関連のツイートをすると価格が上がる?

イーロンマスク氏だけに限ったことでなく、著名人やセレブなどが仮想通貨関連のツイートをすると市場はそれに左右される傾向があります。

実際に、イーロンマスク氏がツイートするたびにビットコイン市場も影響を受けてきましたので、いくつか例を紹介します。

たとえば、ドージコイン(DOGE)を支持する旨のツイートを1回しただけにもかかわらず1日で50%も価格上昇が起きたこと、テスラ社の電気自動車をビットコインで購入できるようにする旨をツイートするとビットコイン価格が急上昇し過去最高価格を打ち出したことなどがあります。

また、ドージコインでテスラ社の決済が可能になるとツイートすると40%以上の価格上昇が起きたこともありました。

しかし、テスラ社の電気自動車のビットコインでの決済を停止すると発表したときは、下降トレンドにあったビットコイン価格がさらに下落する結果となったことも事実。

したがって、イーロンマスク氏のツイートが必ずしもビットコイン価格の上昇要因となっているわけではないといえます。

イーロンマスク氏のツイートは今後もビットコイン価格に影響する?

イーロンマスク氏は今後もビットコインについて何らかのツイートをすることがあるでしょう。

しかし、その影響力はこれまでのように強力なものになるかどうかは不透明です。

というのも、今回テスラ社が保有するビットコインの75%を売却したことを発表しても、発表直後は市場も動揺を受けましたが、その後暴落するといったことはなくむしろ翌日は前日比でわずかですが値上がりしています。

著名人のツイートは市場に少なからず影響を与えるものですが、投資家自身が以前よりもビットコイン関連の知識や経験が豊富になっているので、著名人のツイートよりも自らの考えを優先するようになるかもしれません。

イーロンマスク氏は個人で暗号通貨を保有している?

イーロンマスク氏は、個人でもビットコインやイーサリアム、ドージコインを保有していると言及していますが、何をどの程度保有しているのか、売買履歴などは明らかにされていません。

まとめ

今回は、テスラ社とイーロンマスク氏のビットコイン売却のニュースについて解説しました。

2021年2月にテスラ社が15億ドルでビットコインを購入したという発表から今回の75%売却まで、イーロンマスク氏はビットコインについてさまざまなツイートをしてきました。

そのたびにビットコイン市場は価格変動の影響を受けてきており、今回の75%売却も例にたがわず影響を受けましたが、イーロンマスク氏のコメントなどの影響もあり大暴落といった甚大な影響は出ていないといえます。

とはいえ、今後またどのようなツイートがなされるのかはわからず、そのたびに何らかの影響が出ることが考えられます。

著名人のツイートがなされた際は、市場価格の変動に注視すべきでしょう。

LINE BITMAXならLINEと連携することですぐに仮想通貨投資を始めることができます。

まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ 口座開設で暗号資産もらえる!/

目次
閉じる