仮想通貨Waves(WAVES)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

仮想通貨Waves(WAVES)とは2016年にロシアの物理学者によって設立された、分散型アプリケーションプラットフォームです。

この記事では、Waves(WAVES)の特徴や取り扱い取引所、価格の動向まで解説しています。

そのため、Waves(WAVES)に興味がある方、購入してみたい方に最適です。

この記事の概要
  • Waves(WAVES)は独自のトークンを作成することが可能な分散型取引所プラットフォーム
  • ビットコインよりも圧倒的に早くやすい手数料で取引ができるほか、独自のアルゴリズムをシステムに適用している
  • 価格は新サービスのリリースやロードマップのアップデート、dAppsの人気の高まりに影響を受けて高騰する傾向にある
  • 今後は企業との提携や新サービスのリリース、dAppsブームなどに影響を受けて価格が高騰する可能性が高い
  • 海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際はコインチェックなどの国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金するとスムーズ

Waves(WAVES)は国内取引所の取り扱いがないため、購入の際は国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入しましょう。

国内取引所は取引所画面のデザイン性が高く、操作性も高いコインチェックが最適です。

コインチェックの取引所口座画面や取引画面は初心者でもみやすく使いやすいため、すぐに操作に慣れることができます。

詳しくは、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

仮想通貨Waves(WAVES)とは

仮想通貨名Waves(WAVES)
シンボルWAVES
価格¥638.94(2022年9月現在)
時価総額¥69,756,383,877(2022年9月現在)
時価総額順位75位
取引所取り扱い国内取引所の取り扱いなし
公式サイトhttps://waves.tech/

Waves(WAVES)は2016年に設立した分散型アプリケーションプラットフォームです。

ロシアの物理学者であるアレクサンダーイヴァノフ氏によって立ち上げられました。

もとはNxtという仮想通貨のプロジェクトから派生して設立したプロジェクトだと言われています。

Custom Application Tokenというトークンの作成機能を持ち、利用者はプログラミング不要で独自のトークンを作成することができます。

作成した独自のトークンは送金機能など、様々な機能を付与することが可能です。

Waves(WAVES)を購入する際は国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入するようにしましょう。

Waves(WAVES)の取引ペアの購入には、2014年から運営している老舗の仮想通貨取引所であるコインチェックが最適です。

コインチェックはその長い運営で培ったノウハウを生かし、利用者にとってわかりやすく使いやすい仮想通貨取引所を実現しています。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)の特徴

Waves(WAVES)はどのような特徴を持っているのでしょうか。

ここではWaves(WAVES)の特徴をポイントを挙げて解説します。

分散型取引所やウォレットを提供している

Waves(WAVES)はWaves Exchangeという名前の分散型取引所(DEX)を提供しています。

WavesExchangeは世界で「最も安全な暗号通貨取引所」および「最速のDEX」と謳われており、取引スピードが非常に早いことに加え、取引手数料が決済額の0.003%と非常に低い水準となっています。

また、Waves(WAVES)は独自のモバイルウォレットも提供しており、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨をクレジットカードで購入する機能を備えています。

ビットコインよりも圧倒的に安い手数料で早く取引を処理可能

Waves(WAVES)はビットコインなど従来のブロックチェーンと比較して圧倒的に早く、安く取引することができます。

Waves(WAVES)のメインネットであるWaves-NGはビットコインの容量が毎秒3~7トランザクションであることに対し、毎秒100トランザクションを実現します。

また、取引手数料も0.001WAVESまで下げることが可能であり、この金額は現在のビットコインやイーサリアムと比較して安価であると言えます。

ビットコインやイーサリアムなどの従来のブロックチェーンはその容量や手数料の高さに問題がありましたが、WAVES(WAVES)はそれらの問題点を解決しうる可能性を孕んでいると言えるでしょう。

オリジナルのトークンを作成できる

Waves(WAVES)ではCustom Application Tokenというオリジナルのトークンを作成することが可能です。

Waves(WAVES)の機能を利用することで、ユーザーはプログラミングの経験がなくてもトークンを発行することができるようになります。

オリジナルのトークンには、拡張機能としてインストールされるプラグインを通じて、さまざまな取引タイプを付与することができます。

そのため、プラットフォーム上で作成されたトークンは、法定通貨や、債券、知的財産、株式などの他の実物資産に固定できます。

LPoSというコンセンサスメカニズムが適用されている

Waves(WAVES)にはLeased Proof of Stake(LPoS)というコンセンサスメカニズムが適用されています。

Leased Proof of Stake(LPoS)はプルーフオブステーク(PoS)のアップデート版のコンセンサスメカニズムでこのメカニズムの適用によって、ユーザーはWAVESトークンの提供と引き換えにブロック検証プロセスへに参加することができます。

ユーザーはWAVESトークンをマイニングするノードに投票し、投票したノードがバリデータとして選ばれた場合、そのマイニング報酬の一部を得ることが可能です。

様々なdAppsが作成・リリースされている

Waves(WAVES)のプラットフォーム上では様々なdAppsが作成・リリースされています。

ニュートリノプロトコルはユーザーがステーブルコインやその他の合成資産を簡単に発行できるように設計されたプロトコルです。

ステーブルコインには米ドル(USD Neutrino)、日本円(JPY Neutrino)、英ポンド(GBP Neutrino)などの法定通貨に固定ものが含まれています。

Waves(WAVES)は国内取引所の取り扱いがありませんので、Waves(WAVES)を購入したい場合はビットコインなどの取引ペアを利用し、海外取引所で購入することをおすすめします。

ビットコインを購入するための国内取引所はアプリが非常に使いやすく、アプリのダウンロード数が国内取引所で最も高いコインチェックがおすすめです。

アプリが使いやすいと出先でも気軽にビットコインを購入することができるため、価格の上下に合わせてお得に購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)の現在の価格

Waves(WAVES)はどのような価格の値動きとなっているのでしょうか。

Waves(WAVES)の現在までの価格の動きを見てみましょう。

仮想通貨Waves(WAVES)の現在の価格
引用元:TradingViewの提供チャート

Waves(WAVES)は2021年後半は大きく価格が上下するような動きをしています。

8月後半から9、10月にわたって価格が高騰し、そしてその後11月から現在にかけては、やや価格下落傾向となっています。

Waves(WAVES)を購入したい場合は国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入する手順となります。

国内取引所では、電話対応など手厚い問い合わせ対応を実施しているコインチェックが最適です。

取り合わせ対応が丁寧な取引所は消費者への対応が全般的に手厚く、安心して取引をすることができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)の今までの価格動向

Waves(WAVES)の今までの価格動向はどのようになっているのでしょうか。

リリースしてからの価格の動きを見てみましょう。

仮想通貨Waves(WAVES)の今までの価格動向
  • 2017年から2018年は価格がやや上昇
  • 2019から2020年は価格停滞
  • 2021年に価格が大きく高騰

2017年から2018年は価格がやや上昇

Waves(WAVES)は2017年にICOが行われ、取引所にリリースされました。

リリース直後、正常にメールが届かないということや、参加状況が閲覧できなくなるなどのトラブルが発生したため、価格が大幅に下落しました。

しかし、その1年ほど後の2018年になり、アルトコイン市場全体の高騰やWAVES DEXやWAVESモバイルウォレットのリリース、新ロードマップの公開などの影響で価格が400%近く高騰しました。

2019から2020年は価格停滞

引用元:TradingViewの提供チャート

2019から2020年は価格が停滞しています。

この間、2019年10月に大手取引所であるBinanceへの上場などもありましたが依然として停滞の様子がみられています。

これは仮想通貨市場全体が低迷していたことが影響していると考えられます。

2021年に価格が大きく高騰

引用元:TradingViewの提供チャート

2021年になるとNFTやDeFiなどに注目が集まるようになりました。

その影響でWaves(WAVES)の価格は大きく上昇し、5月には年始から700%上昇しました。

Waves(WAVES)は国内取引所での取り扱いがありませんので購入の際は国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入するとスムーズです。

国内取引所は取引量が多く、流動性が高いコインチェックが最適です。

コインチェックは流動性が高いために、他の取引所よりもお得な価格で取引ペアを購入することができる可能性が高いです。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)の価格動向の将来予測

Waves(WAVES)は今後どのような価格動向となるのでしょうか。

今までの価格の動きから想定されるWaves(WAVES)の価格動向の将来予測を紹介します。

仮想通貨Waves(WAVES)の価格動向の将来予測
  • dAppsの需要の拡大でWaves(WAVES)の需要が増加し、価格が上昇する
  • 企業や政府との提携が進み、価格が上昇する
  • システムアップデートなどによって価格が上昇する

dAppsの需要の拡大でWaves(WAVES)の需要が増加し、価格が上昇する

Waves(WAVES)はdAppsを作成・流通させることが可能なプラットフォームです。

そのため、今後も2021年の後半のようなdAppsの人気の上昇に影響されて価格が上昇する可能性が有ります。

dAppsに関連するDeFiやNFTはその有用性や将来性から今後も需要が増加し、拡大していくことが予想されます。

そのため、Waves(WAVES)の需要も増加し、価格が上昇することが予想されます。

企業や政府との提携が進み、価格が上昇する

Waves(WAVES)は今後企業や政府との連携が進み、価格が上昇する可能性があります。

Waves(WAVES)はアメリカのハンバーガーショップチェーンであるバーガーキングと提携しトークンを発行する等、既に大きな企業とコラボレーションしています。

今後も有名大手企業とコラボレーションする可能性があり、その場合価格が上昇する可能性があります。

システムアップデートなどによって価格が上昇する

今後システムアップデートやサービスリリースなどプロジェクトの進捗が生まれることで価格が上昇することが考えられます。

2018年では、新サービスのリリースやロードマップのアップデートによって大きく価格が上昇した例があります。

今後も、システムアップデートやサービスのリリースによって価格が上昇する可能性があると考えられます。

Waves(WAVES)を購入する場合は国内取引所でWaves(WAVES)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入するようにしましょう。

Waves(WAVES)の取引ペアの購入では取引手数料無料の国内取引所を利用することがコスト面でおすすめです。

コインチェックは規模が大きいことに加えて、取引手数料が無料なのでお得に利用することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)が購入できる取引所

Waves(WAVES)は国内取引所での取り扱いはありません。

Waves(WAVES)を取り扱っている海外取引所は次の通りになります。

仮想通貨Waves(WAVES)が購入できる主要な海外取引所
  • Binance(バイナンス)
  • Gate.io(ゲート)
  • Kraken(クラーケン)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • Kucoin(クーコイン)
  • OKEx(オーケーエックス)など

海外取引所は取引所によって使いやすさやセキュリティ、取り扱い通貨などが大きく異なるため、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所でWaves(WAVES)を購入することにためらいがある方は、まず国内取引所で仮想通貨を購入したり、利用することから始めてみること安全です。

コインチェックは仮想通貨を購入する機能だけでなく、ビットコイン決済やビットコインでの電気料金決済などを利用することができます

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)の買い方

Waves(WAVES)はどのように購入すれば良いのでしょうか。

Waves(WAVES)の購入手順を説明します。

仮想通貨WAVES(WAVES)の買い方
  1. 国内取引所で口座を開設し、Waves(WAVES)の取引ペアを購入する
  2. Waves(WAVES)の取引ペアを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でWaves(WAVES)を購入する

1. 国内取引所で口座を開設し、Waves(WAVES)の取引ペアを購入する

まず国内取引所で口座を開設します。

国内取引所はツールの操作性が高く、見やすいコインチェックが最適です。

コインチェック 公式ページ

口座を開設した後は、仮想通貨を購入します。

仮想通貨は以下のような仮想通貨の購入ページから購入することができます。

まずはビットコインやイーサリアムなどを購入してみましょう。

2. Waves(WAVES)の取引ペアを海外取引所に送金する

次にWaves(WAVES)の取引ペアを海外取引所に送金します。

取引ペアの送金ではコインチェックの送金ページに送金先の取引所のアドレスを登録して送金することができます。

取引所アドレスを間違えると、送金した仮想通貨を失う可能性がありますので特に注意してアドレスを登録するようにしましょう。

3. 海外取引所でWaves(WAVES)を購入する

最後に海外取引所でWaves(WAVES)を購入しましょう。

これでWaves(WAVES)の購入は完了です。

Waves(WAVES)の取引ペアを購入する場合は国内取引所のコインチェックをチェックしてみてください。

コインチェックは取引所手数料が無料のため、取引ペアやその他コインチェックで取り扱っている仮想通貨をお得に購入することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Waves(WAVES)についてまとめ

今回はWaves(WAVES)について解説しました。

Waves(WAVES)について次の通りにまとめていますので、参考にしてみてください。

仮想通貨Waves(WAVES)についてまとめ
  • Waves(WAVES)は2016年にロシアの物理学者が設立した分散型取引所プラットフォーム
  • 独自のトークン作成が可能であり、ビットコインよりも圧倒的に早くやすい手数料で取引が可能
  • 価格はロードマップのアップデートやdAppsの人気の高まりに影響を受けて高騰する傾向にある
  • 今後は企業との提携や新サービスのリリース、dAppsブームなどに影響を受けて価格が高騰する可能性が高い

Waves(WAVES)は国内取引所では取り扱いがなく、手に入れるには国内取引所で取引ペアを購入した上で海外取引所に送金して購入する必要があります。

海外取引所の利用にためらいがある方はコインチェックをチェックしてみてはいかがでしょうか。

コインチェックは17種類の仮想通貨を取り扱っており、好きなアルトコインを自由に取引することができます。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる