• TOP
  • レポート情報
  • FISCO 株・企業報 2019年 vol.8 今、この株を買おう<書籍のためメンバーズサイトではご覧いただけません>

レポート情報

単品

FISCO 株・企業報 2019年 vol.8 今、この株を買おう<書籍のためメンバーズサイトではご覧いただけません>

/cms/contents/data/1/1074/TITLE_FILE_1074.png
株式 初心者可

販売価格

  • 一括払 1,100(税込み)

商品一覧はこちら

「この商品は投資助言サービスではございません。」

この商品は書籍です。メンバーズサイトではご覧いただけません。販売価格は送料込みのお値段です。お手元に届くまで数日かかりますことをご了承ください。また、購入手続きの際はご登録のご住所、お名前、お電話番号に変更がないかご確認下さい。


本誌掲載の銘柄ページ「テンバガー候補50銘柄」が好評です。
【前号の実績】
★「特に上昇余地が大きいと思われる10銘柄」に掲載した銘柄は、
4ヵ月で最大84%まで上昇!10銘柄の平均上昇率は32%!
★4ヵ月で50銘柄中7銘柄が50%以上上昇!
★4ヵ月で50銘柄中14銘柄が30%以上上昇!
★AKIBAホールディングス、イーソル…最大80%上昇!
★HEROZ…最大71%上昇!
★チームスピリット…最大61%上昇! などなど
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を約束するものではございません。


■内容紹介
【フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議】
本誌掲載の『「反日」が激化する 韓国の「いま」と「今後」の4つのシナリオ』
の執筆を行った、フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議とは、
フィスコ・エコノミスト、ストラテジスト、アナリストおよびグループ経営者が、
世界各国の経済状況や金融マーケットに関するディスカッションを
毎週定例で行っているカンファレンスである。
主要株主であるシークエッジグループ代表の白井一成も含め、
外部からの多くの専門家も招聘している。
それを元にフィスコの取締役でありアナリストの中村孝也、
アイスタディ代表取締役の中川博貴が内容を取りまとめている。
2016年6月より開催しており、これまでにも今後の中国経済、朝鮮半島危機、第四次産業革命後の日本経済、仮想通貨と日本経済、デジタル資本主義などを分析してきた。
今号では、韓国経済を俯瞰し、今後について、アメリカ・中国・日本との関係などを、同分析会議で考察している。

「反日」が激化する
韓国の「いま」と「今後」 4つのシナリオ

韓国経済の下降傾向が止まらず、危険水域に入っているのではないか。
そんな韓国の経済状況を分析し、今後について、経済、安保、アメリカ・中国・日本との関係などを、フロントランナーの取材、「世界経済・金融シナリオ分析会議」の分析シナリオなどから、多角的に分析・紹介していく。

【第1特集】
■韓国に何が起こっているのか? 韓国そして日本はどうなるのか?
◆part-1 韓国の「経済」を分析する
最大の貿易相手国・中国の景気悪化が鮮明になるなか、韓国の経済成長に急ブレーキがかかっている。韓国は貿易依存度が高く、中国の「製造2025」で稼ぐ力が弱体化する可能性もある。惰弱性が表面化すれば、1997年に起こったIMF危機のような通貨危機に陥る懸念も。低迷しつつある韓国の経済を分析する。

◆part-2 韓国の「安全保障」を分析する
日本と韓国の関係悪化は、アメリカを軸とする東アジアの安全保障にどんな影響を与えるのか?また、文政権にはどんなイデオロギーがあるのか。そして、東アジアの安全保障の軸である日米韓の関係をどうするつもりか、分析する。

◆part-3 韓国の「輸出管理」を分析する
2019年7月、日本政府は韓国に対して半導体製造などに使われる化学製品3品目の輸出管理に踏み切り、8月にはいわゆる「グループA」から除外を決めた。混迷する日韓関係のなか、こうした一連の動きは両国の経済にどのような影響を与えるのだろうか。

◆特別寄稿 中国問題グローバル研究所所長・筑波大学名誉教授 理学博士 遠藤誉
「日韓の反目は中国に漁夫の利を与える」
日本が韓国を「ホワイト国」から除外を決め、両国関係を悪化の一途をたどっている。もうひとつの隣国である中国はこの事態をどう見ているのか。そして、日中関係にどんな影響を及ぼすのか。中国研究の第一人者である遠藤誉氏に聞いた。

◆part-4 韓国の「4つのシナリオ」
part-1から3を踏まえ、フィスコ 世界経済・金融シナリオ会議では、4つのシナリオが想定できるとみる。日・米・中、そして北朝鮮の動きに翻弄される韓国に待ち受ける4つのシナリオとは?さらに、そのシナリオが日本に与える影響について検討し、韓国の行方を探る。

【第2特集】
■スペシャルインタビュー 自衛隊・元統合幕僚長 岩崎茂
「これから日本は韓国とどう向き合うべきか」
自衛隊機へのレーダー照射問題、元徴用工問題、韓国に対する輸出管理など、日韓関係を冷やす出来事が立て続けに起こり、国交正常化以来、両国の関係は最悪の状態だ。一方、急速に台頭してきた中国、核開発を進める北朝鮮と東アジア情勢は不安定さを増している。日本は国益を考えると、韓国とどう向き合うべきなのか。かつて自衛隊制服組のトップを務めた岩崎茂氏に聞いた。

【第3特集】
■2019年後半の日本経済の見通し
2019年後半における経済成長見通し、日本経済の留意点を分析する。

●令和新時代 フィスコ上昇期待 厳選50銘柄
フィスコのアナリストが、成長が期待できる50銘柄を厳選。
前号では4ヵ月で最大84%まで上昇した、大好評の銘柄紹介ページ。

【第4特集】
●主要日本企業350銘柄株価診断
国内の主力企業350銘柄を、フィスコアナリスト陣が徹底分析、評価する。

この書籍はフィスココインでも購入いただけます。2.4FSCC(消費税別)
FSCCで購入希望の場合は support@fisco.co.jp までご連絡下さい。

レポートの特徴

商品のご注文

  1. Step1

    商品を選択し、下記同意の上「買い物カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。

  2. Step2

    お申込フォームに必要事項を記入し、画面の指示に従ってお手続きください。 ※クラブフィスコ会員様は、IDパスワードでログインし、画面の指示に従ってお手続きください。

  3. Step3

    お申込み手続き完了後、レポートの閲覧が可能になります。

商品の選択

買い物カゴに入れる