• TOP
  • レポート情報
  • 「MEANINGの中期投資術」~2度の信用強制決裁で全財産を無くすも13年で現物取引のみで株式資産7千万円を実現した独特の投資手法・投資哲学を伝授~

レポート情報

単品

「MEANINGの中期投資術」~2度の信用強制決裁で全財産を無くすも13年で現物取引のみで株式資産7千万円を実現した独特の投資手法・投資哲学を伝授~

/cms/contents/data/1/1217/TITLE_FILE_1217.png
株式 初心者可

販売価格

この商品は電子書籍のため、書籍の郵送は行っておりません。

「購入手続きはこちら ⇒ MEANINGの中期投資術」

 販売価格:1,210円(税込)

■書籍概要

2度の信用強制決裁で全財産を無くすも13年で現物取引のみで株式資産7千万円を実現したMEANING氏の独特の投資手法・投資哲学ををわかりやすくまとめた一冊です。

  

(目次)

 はじめに

 資本主義社会とは何か

~お金を貸せば金利が発生する~

 投資家として大事な心構え

~ゆっくりとお金持ちになるように意識する~

 自分の性格に合った投資手法を見つける

~自分の性格に合った手法でなければ無理が生じる~

 短期投資と中期投資が違うのと同じくらい、中期投資と長期投資は異なる

~中長期投資という概念を捨てる~

 基本はファンダメンタル分析で行う方が分かり易い

~テクニカル分析は心理学~

 自分が理解できることをやる

~理解できないことをやると必要以上にリスクをとってしまう~

 投資家は孤独に慣れる必要がある

~コミュニティから距離を置く~

 他人からの礼賛は不要

~承認欲求は身を亡ぼす~

 買値に意味はない

~含み損、損切、ナンピン、云々には意味がない~

 信用取引は買値に意味が生じる

~現物取引と大きく違うトレードが必要になる~

 MEANINGの投資手法①

~中期投資~

 MEANINGの投資手法②

~分散投資~

 MEANINGの投資手法③

~ファンダメンタル分析~

 MEANINGの投資手法④

~低PER銘柄への投資~

 MEANINGの投資手法⑤

~ROEが上昇する銘柄~

 君は備えていたか?

~そうなった時にどうするか、そうならなかった時にどうするか~

 バリュー投資の弊害

~バリュー投資家の解釈が正しい訳ではない~

 おまけ

 投資の極意

蛇足① 常識を疑おう基礎編『PER』

蛇足② 常識を疑おう基礎編『PBR』

蛇足③ 常識を疑おう基礎編『PBR』

 

■著者について
MEANING
(ミーニング)
2002年の始め頃、大学4年生の時に投資を始める。投資歴は20年。2度の信用強制決裁で全財産を無くすも13年で現物取引のみで株式資産7千万円を実現した個人投資家。ブログ「バリュー投資に騙されるな」を運営している。

 この商品は電子書籍のため、書籍の郵送は行っておりません。

「購入手続きはこちら ⇒ MEANINGの中期投資術」