【必見】小金持ちとは?基準・年収やなるための方法を徹底解説!

小金持ち

小金持ちとは、純金融資産「5,000万円~1億円未満」の層を指しており、大きな贅沢はできないものの、生活に大きな余裕を持っている層を指しています。

この記事では、小金持ちにフォーカスを当てて、実際のシミュレーションを行いながら、小金持ちになる方法について解説しています。

この記事でわかること
  • 小金持ちは純金融資産「5,000万円~1億円未満」の層
  • 小金持ちは誰でもなれるチャンスがある
  • 大金持ちは限れた層のみしかチャンスが無い
  • 小金持ちに必要なのは一般的な年収
  • 小金持ちになるには資産運用が重要なポイント!
  • 資産運用を行うなら、まずはSBI証券で証券口座を開設しよう

一般的なサラリーマンが目指す最終的なゴールであるとも言える小金持ちですが、実は「手取り300万円」であっても、十分に目指すことが可能です。

小金持ちになるためには、資産運用が重要なポイントとなるでしょう。

なお、資産運用をこれから行う人には手数料も安く、取扱金融商品も豊富なSBI証券がおすすめです。

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次

小金持ちとは?

これから、小金持ちとは?という観点から、小金持ちの定義や資産・年収などについて解説していきます。

小金持ちの概要を掴んでいきましょう。

小金持ちの定義

まず、はじめにこの記事における小金持ちの定義について、ご紹介していきます。

小金持ちが、どの程度の資産(純金融資産)を持っているのか?といった点について押さえていきましょう。

純金融資産はどんなものを指すのか

貯金・株式・不動産・債券などの資産から、借金などの負債を引いた額のことです。

そのため、500万円の資産があっても300万円の借金があれば、純金融資産額は200万円ということになります。

この記事では「野村総合研究所」によって純金融資産額により分類された「準富裕層」を、小金持ちとさせていただきます。

5,000万円以上~1億円未満というのは、感覚的にも小金持ちという言葉に近しいものがあるのではないでしょうか。

5,000万円以上~1億円未満というのは、頻繁に贅沢はできないものの、一般的な家庭よりも少し良い生活を余裕をもって安定的・継続的に維持できる水準であると言えるでしょう。

また、日本全体の6.3%程度に該当することからも、多数派ではないものの、30人に2人は居る計算になります。

ある程度、厚い層であることからも、小金持ちという言葉に沿う定義ではないでしょうか。

一方で、お金持ち(富裕層)・大金持ち(超富裕層)になると、最低でも億を超える資産額が必要で、日本全体で両者を合わせても2.4%程度しか存在せず、非常に層が薄いです。

小金持ちになるなら年収は高くなくても良い

一般的に、お金持ちというと高い数千万円〜数億円といった年収を想定する方も少なくないでしょう。

しかし、小金持ちになるという点に焦点を当てた場合、年収はそれほど重要ではありません。

というのも、資産額5,000万円~1億円程度の資産額であれば、一般的な年収よりも少し高ければ達成可能なためです。

後ほど詳しく解説しますが、小金持ちは年収400万円~500万円程度あれば、十分です。

高い年収が必要になるのは、富裕層(お金持ち)~超富裕層(大金持ち)といった層なので、小金持ちになりたい方はそれほど気にする必要はありません。

大金持ちと小金持ちの違い

小金持ちを目指すにあたって、大金持ちとの違いが気になるという方も少なくないでしょう。

これから、小金持ちと大金持ちの違いについて解説していきます。

大金持ちは再現性が低い

小金持ちと大金持ちの大きな違いは、大金持ちは著しく再現性が低いという点です。

大金持ち(超富裕層)になるために必要な純金融資産額は「5億円以上」となっており、一般的な年収・資産運用のみで、この金額に達するには非常に高いハードルがあります。

実際に、大金持ちの割合は0.16%となっており、小金持ちの6.3%と比較すると、著しく低いことが分かるでしょう。

このようなことから、大金持ちになるのは非常に再現性が低く、ハードルが高いのです。

また、超富裕層は、事業家や開業医・不動産オーナー(地主)など、一般的に収入が高いとされている職業についていることが多く、限られた層であることが分かります。

小金持ちなら十分にチャンスがある

大金持ちが希少な存在で再現性が低い一方、小金持ちであれば十分に再現性があり、チャンスがあります。

一般的な年収・職業であっても、正しい方法で資産を構築していくことで、十分に小金持ちになれる可能性があります。

このことから、小金持ちと大金持ちには再現性に大きな違いがあり、大金持ちを目指す方法と小金持ちを目指す方法は異なってくるため注意が必要です。

この後にも解説しますが、小金持ちになるためには資産運用が重要なポイントとなってきます。

SBI証券なら手数料も安く、取り扱っている金融商品も3,600銘柄以上と豊富なのでこれから小金持ちを目指したい人は是非利用してみてください。

また、SBI証券に関して以下の記事に詳しく解説しておりますので一緒に読んでみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちになるためのコツ

次に小金持ちになるためのコツについてご紹介していきます。

小金持ちになるために押さえたいポイントを把握していきましょう。

資産が増える仕組みを原則を知る

まず、前提として押さえておきたいのは「資産が増える仕組みを知る」という点です。

最終的に、どのようなケースであっても資産が増える計算式は「収入 – 支出 + (資産 × 利回り)」というシンプルなものに落ち着きます。

上記の計算式は、小金持ちであっても大金持ちであっても変わりません。

大金持ちの場合は、相続などで元から持っているお金が多い(資産が多い)か、入ってくるお金が多い(収入が高い)、支出が著しく低いというように、どこかの数値が大きく偏っていることが多いです。

一方で、小金持ちになるには、極端な数値の偏りは必要はありません。

上記の計算式に例えると「収入をできるだけ上げて、支出を押さえて、資産をできるだけ高い利回りで回す」という姿勢が必要であって、大きな偏りは必要ないということになります。

上手に支出を抑える

小金持ちになるためには、支出をできるだけ抑える必要があります。

しかし、極端な節約が必要な訳ではありません

多くのケースで、以下のような大きな固定費に、削減可能な支出が含まれていることが多いです。

よくある無駄な支出
  • 余計な保障が入った保険
  • 身の丈に合わないマイホーム、マイカーローン
  • 携帯、Wi-Fiなどで高い回線を利用している
  • 無駄なサブスクリプションに入りすぎている

これを機会に一度、支出を計算して代替する手段は無いか?高すぎるプランに加入していないか?などをチェックしておきましょう。

例えば、携帯料金はahamo・povo・LINEMOなど、大手キャリアから格安プランが登場しており、簡単に月々数千円以上の節約ができる可能性があります。

保険・マイホーム・マイカーなどにも同様のことが言えるので、今一度支出を見直すのがおすすめです。

また、支出を見直したい方には「マネードクター」がおすすめです。

「マネードクター」なら住宅ローン・保険・年金制度などの幅広い知識を持っているお金の専門家が多数在籍しているため、節約の手助けをしてくれるでしょう。

資産運用の準備をしておく

一般的な年収で、貯蓄のみで小金持ちの純金融資産額(5,000万円~1億円未満)になるというのは、非常にハードルが高いです。

そのため、無理なく小金持ちになるためには、資産運用を行なっていく必要があります。

資産運用と言うと難しく感じるかもしれませんが、正しい知識を押さえることで安定的に資産を増やしていくことが可能です。

資産運用にも様々な種類がありますが、基本的に証券口座が必要になるケースが多いです。

そのため、予め資産運用の基礎的な知識の学習と証券口座を保有しておきましょう。

初心者におすすめの証券口座は「SBI証券」です。

SBI証券は最安手数料0円から投資がスタートできる証券口座で、コストを掛けずに少額投資であっても気軽にスタートすることができます。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちになるための方法

これから、小金持ちになる具体的な方法について、3つのポイントから具体的にご紹介していきます。

小金持ちになるために必要な流れを押さえていきましょう。

前提として高めの年収が必要

小金持ちになるためには、前提として平均以上の年収が必要です。

平均以上といっても、年収数千万円といった高額な年収が必要な訳ではありません。

具体的な数値を出すと「年収400万円〜」程度の金額が必要です。(手取り300万円程度のイメージ)

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、男性の年収の中央値は「約300万円」でした。

このことから、中央値よりも100万円程度高い年収を得ることが必要になります。

このポイントをクリアしていない方は、転職や副業などでまず「現金を増やす」という点に集中した方が良いでしょう。

支出をコントールして現金を持つ

高めの年収をクリアした場合は、収入と支出をコントールしてできるだけ現金をセーブしましょう

例えば、単純計算で年手取り300万円で年間支出を200万円に押さえることで、年間100万円をセーブすることができます。

「年間200万円って生活できる気がしない・・・」と感じる方も居るかもしれません。

しかし、総務省の調査によると、単身者であれば「月々約15万円(年間約180万円)」が平均的な支出となっています。

お住まいの地域や家族構成などによっても、必要な支出は異なってきますが、少なくとも非現実的な数字ではないことが分かると思います。

現金を資産運用に回す

収入・支出で黒字を生み出し、年間で100万円〜程度の現金が出てきたら、それを全て資産運用に回しましょう

利回りによっても異なりますが3%~5%程度の利回りを確保できたら、20年~30年程度で貯蓄は数千万円を超えてきます。

例えば、年102万円(月々8.5万円)を30年間(30歳から60歳まで)資産運用に回したと仮定すると、利回りに応じて以下のような資産が形成されます。

利回り30年後の資産額
3%49,532,635円
4%58,994,199円
5%70,741,984円

どの利回りであっても、小金持ちの水準に近い、もしくはそれ以上の資産額になっていることが分かるでしょう。

当然ですが、上記のような資産額になるには「収入が多ければ多いほど」「支出が多ければ多いほど」「早ければ早いほど」望ましいです。

収入や支出のコントールは時間がかかりますが、今からでも少額で資産運用をスタートすること自体は可能です。

まだ、証券口座を持っていないという方は、少額手数料でコストを削減できるSBI証券からスタートしましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちになるには資産運用が大切

一般的な年収の方が、無理なく小金持ちになるには「資産運用」は必須とも言える存在です。

しかし、ハードルを感じている方も少なくないでしょう。

これから、小金持ちになるために資産運用が必要な理由を詳しく解説していきます。

なぜ資産運用が重要なのか

小金持ちになるために、資産運用が必要な理由は単純に「貯蓄のみで小金持ちは到達不可能」だからです。

一例として、「毎年102万円を、30年間ただ単に貯蓄した場合」「毎年102万円を、利回り4%で資産運用した場合」を比較してみまましょう。

資産運用なし資産運用あり
30,600,000円58,994,199円

資産運用を行わない場合は、資産運用を行なった場合に比べて、2,800万円以上の差がついていることが分かります。

また、小金持ちの純金融資産額(5,000万円以上1億円未満)に到達していないことも分かるでしょう。

このようなことから、一般的な年収で小金持ちになる場合には、資産運用が必要であると言えます。

資産運用はハードルが高いという感じる場合

「資産運用が必要なことは分かったけど、運用する時間がない・・・」という方も少なくありません。

そのような方におすすめしたいのが、投資信託です。

投資信託とは:投資家から集めた資金を元に、投資の専門家が資金を運用し利益に応じて分配する金融商品のことで、資産運用を間接的にプロに任せることができる商品です。

資産運用に苦手意識を持っている方であっても、投資のプロに間接的に資金を預ける訳ですから、手間やハードルが低くなると言えます。

投資信託の購入には、証券口座が必要となっており、投資信託が気になる方は、まず証券口座を開設しましょう。

SBI証券 公式ページ

投資信託の購入は、SBI証券がおすすめです。

SBI証券では、2,000以上の投資信託を扱っており、ニーズに合わせて好みの投資信託を購入できます。

また、Tポイントで投資信託を購入することもできるためまずはTポイントではじめてみるといった利用方法も可能です。

SBI証券で、小金持ちになるための資産運用をスタートさせましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちになるために注意すること

これから、小金持ちになるにあたって、注意したいことをいくつかご紹介していきます。

小金持ちになれる可能性を上げるために、押さえたい点をチェックしていきましょう。

無理のない範囲で行う

小金持ちになるためには資産運用を行う前の段階で、収入と支出のコントールによって生み出す現金が必要です。

しかし、収入を上げるためにハードワークをして体調を崩したり、極端すぎる節約によりストレスを溜めてしまっては、本末転倒です。

小金持ちになるための資産形成は長期戦になるため、長く続けられる無理のない方法を模索していきましょう。

詐欺や情報商材などに気をつける

資産運用や投資という話題には、詐欺や情報商材といった怪しい話題がついて回ります。

基本的に、年間で数百%〜といった利回りが期待できる商品は非常に怪しいですし、仮に正規の投資商品であってとしても、ハイリスクである可能性が高いです。

また、類似するものに情報商材などが挙げられますが、小金持ちになるためにそのようなものは必要ありません。

あくまで、小金持ちになるために必要なのは、ある程度の年収と支出の管理、比較的リスクの低い資産運用による利回りですので、著しく収益性をアピールする商品・話題には気をつけましょう。

小金持ちになるために不可欠な資産運用は、SBI証券の証券口座からスタートしましょう。

SBI証券なら、資産運用に苦手意識がある方でもスタートしやすい投資信託が、Tポイントから購入可能です。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちには誰でもなれる理由

小金持ちは一般的な年収と支出、資産運用によってなれます。

ただし、中にはこの記事で紹介したような条件に当てはまらず、小金持ちになれない・・・と考えている方も少なくないでしょう。

例えば「現時点での収入が、平均よりも100万円以上低い(年収200万円など)」「家族構成的に支出が大きくなりがち」といったケースです。

しかし、それほど心配するようなことではありません。

あくまで、今回の記事で紹介したのは1つのモデルであって、各家計事情に応じて年数や最終的な金額は異なるかもしれませんが、小金持ちになること自体は可能です。

例えば、お子さんが居るケースでは、お子さんにお金が掛かる間に支出が大きくなったとしても、巣立った後に効率的な資産形成が可能です。

また、統計的に年齢と共に年収は上がっていくものですし、副業などによって新たな収入源を作ることもできます。

何れのケースであっても、前述した「収入 – 支出 + (資産 × 利回り)」を元に、各数値を調整していくことで小金持ちになることは可能です。

\ 株式取引シェアNo.1! /

小金持ちになる方法まとめ

この記事では、小金持ちをテーマに小金持ちの定義や、小金持ちになる方法について解説しました。

この記事で解説したこと
  • 小金持ちは純金融資産が「5,000万円~1億円未満」の人
  • 大金持ちは限られた層しか成れない
  • 小金持ちであれば誰でもチャンスがある
  • 一般的な収入と少しの節約、資産運用で小金持ちになることは可能
  • 資産運用をするならまずはSBI証券で証券口座を開設しよう

小金持ちになるために、資産運用が必要なことは前述のとおりです。

資産運用は、収入や支出のコントールと違って、今すぐにでもスタートすることができます。

SBI証券で、小金持ちになるための資産運用をスタートさせましょう。

また、最近では「仮想通貨」も資産運用の1つとして検討している方も少なくないでしょう。

[ビッコレ]ではビッコレ経由で買い物を行なったり、会員登録を行うだけで「ビットコイン」が貰えます

ビッコレでお得に仮想通貨投資をスタートするのもおすすめです。

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次
閉じる