NFTマーケットプレイスおすすめ6選を徹底比較!選ぶ際のポイントも紹介

NFTマーケットプレイス

昨今のNFTブームに乗っかり、NFT投資をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、「どのNFTマーケットプレイスを選べば良いのか分からない」「NFTマーケットプレイスを選ぶ際、どこに注目して選べば良いの?」など、NFTマーケットプレイスに関するさまざまな疑問を抱いている方も多いでしょう。

そこで本記事では、おすすめのNFTマーケットプレイス及び、NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイントについて詳しくご紹介します。

NFTマーケットプレイスに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事から分かること
  • NFTマーケットプレイスとは、NFTの取引(一次販売・二次販売)ができるプラットフォーム
  • 手数料や欲しいNFTがあるかをよく確認した上でNFTマーケットプレイスを選ぶ必要がある
  • NFTはブロックチェーンの技術を活用しているので、破損・紛失のリスクがない
  • NFTマーケットプレイスを始めるならCoincheckNFT(β版)がおすすめ

NFT投資をする上で重要なのは、マーケットプレイス選びです。

もしも、マーケットプレイス選びを間違ってしまうと痛い目にあってしまう可能性があります。

「CoincheckNFT(β版)」は、決済に利用可能な暗号資産が豊富で金融庁登録済みの安心・安全なNFT取引できるマーケットプレイスです。

また、「CoincheckNFT(β版)」は2021年11月9日より「Meebits(ミービッツ)」と呼ばれるNFTの取扱いを開始することを発表しており、大きな話題となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」に関しては、ビッコレTVでわかりやすく解説されているので気になる方はぜひサクッとチェックしてみてください。

目次

NFTマーケットプレイスの概要

「NFTマーケットプレイス」とは、どういうものなのでしょうか。

そもそも、NFTマーケットプレイスの「NFT」とは何を意味しているのでしょうか。

ここでは、「NFT」と「NFTマーケットプレイス」について詳しく解説します。

NFTとは?

NTFとはNon Fungible Tokenの略語で、ブロックチェーンの技術を用いてデジタルデータを偽造不可な鑑定書や所有証明書付きにしたものを指します。

デジタルデータをNFT化することで製作者や所有者、作成美などを関連付けてブロックチェーン上に記録することができ、従来では資産価値を証明するのが困難であったデジタルデータに唯一無二の資産価値を付けることができるようになりました。

NFT市場は2020年より世界的に急速な盛り上がりをみせ、デジタルコンテンツにおける新たな売買市場として注目を集めています。

NFTについては、ビッコレTVでわかりやすく解説されていますので「NFTってなんだろう」と思った方はぜひ動画でサクッとチェックしてみてください。

NFTマーケットプレイスとは?

NFTマーケットプレイスとはクリエイターが製作したNFTを販売(一次販売)したり、利用者同士がそれぞれ保持しているNFTを仮想通貨にて売買(二次販売)したりできるNFTアートの売買プラットフォームのことを指します。

主にできることは、「NFTを製作・発行」「製作したNFTを販売」「販売されているNFTを購入」「購入したNFTを販売」の4つです。

つまり、利用者はマーケットプレイスを通じて自由にNFTを取引できるということがNFTマーケットプレイスの特徴です。

利用者は、NFTを製作し、販売することで売上をだしたり、NFTを転売することで利益を生み出したりすることができます。

そのため、マーケットプレイスには仮想通貨の投資家だけではなく、画家や音楽家などのアーティストも参加しているのです。

すでにコインチェックの口座を保有している場合、NFTの出品・購入・保管がワンストップでできますので、一緒にCoincheckNFT(β版)を利用してみてはいかがでしょうか。

コインチェックをまだ利用していない人は是非この機会に口座開設をしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめのNFTマーケットプレイス比較一覧

今回おすすめするNFTマーケットプレイスは、以下の6つ(国内3つ・海外3つ)です。

おすすめのNFTマーケットプレイス6選
  • CoincheckNFT(β版)
  • AdambyGMO(β版)
  • Nanakusa
  • OpenSea
  • Rarible
  • SuperRare

それぞれの取扱コンテンツや決済に利用可能な暗号資産、手数料などを表にまとめましたので、利用を検討している方は、参考にしてください。

スクロールできます
CoincheckNFT(β版)AdambyGMO(β版)NanakusaOpenSeaRaribleSuperRare
コインチェック ロゴAdambyGMO nanakusaopenseaRarible SuperRare
取扱コンテンツゲームアセット
トレーディングカード
デジタルアートデジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
デジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
デジタルアート
ゲームアセット
デジタルミュージック
フォトグラフ
デジタルアート
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
ビットコイン
リスク
リップル
ネム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
IOST
エンジンコイン
イーサリアムイーサリアム
Polygon
イーサリアム
MATIC(Polygon)
Klaytn
イーサリアム WETHイーサリアム
手数料販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
未公開販売手数料:2.5%販売手数料:2.5%販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
日本円の対応不可
(クレジットカード・銀行振込)

(クレジットカード)
不可不可不可
対応ウォレットMateMaskMateMaskMateMaskMateMask
Torus
Portis など
MateMask
Torus
Portis など
MateMask
Fortmatic
WalletConnect
対応ネットワークイーサリアムイーサリアムイーサリアムイーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス
イーサリアムイーサリアム

このようにほとんどのNFTマーケットプレイスでは決済に利用可能な暗号資産が1〜3つとなっていますが、CoincheckNFT(β版)では13種類もの暗号資産が利用できます。

CoincheckNFT(β版)の場合、コインチェックに登録している方であればネットワーク手数料(Gas代)無料で出品・購入できますのでこの機会にぜひCoincheckNFT(β版)に登録してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

国内のNFTマーケットプレイスおすすめ3選

まずは、おすすめの国内NFTマーケットプレイスを3つ紹介します。

国内のNFTマーケットプレイスおすすめ3選

一つずつ丁寧に解説していきます。

CoincheckNFT(β版)

コインチェック トップページ
名称CoincheckNFT(β版)
取扱コンテンツゲームアセット
トレーディングカード
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
ビットコイン
ビットコイン
リスク
リップル
ネム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
IOST
エンジンコイン
手数料販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
日本円の対応不可
対応ウォレットMateMask
対応ネットワークイーサリアム
詳細公式ページ

CoincheckNFT(β版)は、日本国内で仮想通貨取引所を手掛けるCoincheck社が2021年3月にサービスを開始したNFTマーケットプレイスです。

これまでのNFTマーケットプレイスとは違い、仮想通貨取引所にアカウント(口座開設)を行い、その上で指定した仮想通貨などで購入やETH以外の仮想通貨で取引もできます。

現在(2021年10月時点)ではまだβ版のみのリリースであり、取り扱っているコンテンツは「CryptoSpells」「The Sandbox」「Sorare」「NFTトレカ」の4つとなっています。

CoincheckNFT(β版)の主な特徴
  • 金融庁登録済みの暗号資産交換業者
  • 取り扱い通貨数が日本国内No.1
  • 運営元が信用できるため高い信頼性がある
  • 出品・購入にかかるネットワーク手数料(Gas代)が無料
  • すでにコインチェックの口座を持っている場合、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能

通常NFTマーケットプレイスで取引する場合ネットワーク手数料が必要となりますが、CoincheckNFT(β版)では無料となっています。

また、NFTの売買には13種類もの暗号資産が利用可能となっています。

このように、取り扱い通貨が国内最大級でなおかつ取引ツールも利用しやすいため、まだ口座をお持ちでない方はこの機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

さらに、CoincheckNFT(β版)では2021年11月9日よりMeebits(ミービッツ)と呼ばれる3DキャラクターのNFTの取扱いを開始することを発表しており大きな話題となっています

Meebitsは3DキャラクターのNFTであり、かの人気NFT「Cryptopunks」を生み出したLarva Labsによって新しく立ち上げられたNFTプロジェクトとして現在注目を集めています。

まだコインチェックの口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会に口座開設を行ってNFTの世界への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

AdambyGMO(β版)

AdambyGMO
名称AdambyGMO(β版)
取扱コンテンツデジタルアート
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
手数料販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
日本円の対応
(クレジットカード・銀行振込)
対応ウォレットMateMask
対応ネットワークイーサリアム
詳細公式ページ

AdambyGMO(β版)とは、GMOインターネットグループ傘下であるGMOアダム株式会社が2021年8月にサービスを開始したNFTマーケットプレイスです。

現在(2021年9月時点)ではまだβ版のみのリリースで、一般のアーティストは出品できないというように一部のサービスに制限が設けられています。

NFTを活用したコンテンツ流通革命の支援を目的としていることから、真正性・安全性の高いデジタルコンテンツの決済や流通を実現しているのです。

AdambyGMO(β版)の主な特徴
  • アートや漫画、イラストなどのNFTコンテンツを取り扱っている
  • 日本円(クレジットカード・銀行振込)での決済可能
  • 購入したNFTの二次販売ができる
  • 二次流通では、クリエイターにロイヤリティが還元
  • NFTコンテンツの保有者のみが視聴できる保有者限定コンテンツあり

AdambyGMOでは、クレジットカード決済や銀行振込を利用することで日本円でNFTを購入できます。

そのため、仮想通貨に詳しくない方でも気軽に利用することができるNFTマーケットプレイスです。

AdambyGMOでは、アート・漫画・イラスト・動画などのNFTコンテンツを取り扱っていますので興味がある方はこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

nanakusa

nanakusa
名称nanakusa
取扱コンテンツデジタルアート
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
Polygon
手数料未公開
日本円の対応
(クレジットカード)
対応ウォレットMateMask
対応ネットワークイーサリアム
詳細公式ページ

Nanakusaとは、株式会社スマートアプリが運営する日本初の登録制NFTマーケットプレイスです。

公認クリプトアーティストと呼ばれるスマートアプリに認められたクリエイターしかNFT販売できないため、他のNFTマーケットプレイスよりも安心感が高いことが特徴です。

デジタルアート・3Dアート・ピクセルアート・フォトグラフ・ミュージシャン・映像クリエイター・Vtuberなど、さまざまなジャンルから選考されているため多種多様なアーティストによる作品が楽しめます。

Nanakusaの主な特徴
  • イラストを始めとする、創作物を売買できる
  • NFTが販売できるのは、スマートアプリに認められたクリエイターのみ
  • NFTを発行するブロックチェーンが選べる
  • NFTを所持している人同士の売買でも、製作者や事業者に永続的にロイヤリティが入る

Nanakusaでは、クレジットカード決済を利用することで日本円でのNFT売買ができます。

また、日本企業が運営していることもあり公式ページが日本語表記なので見やすいという利点もあります。

ホームページが見やすくて、なおかつ日本円でNFT売買をしたいという方はぜひ「Nanakusa」を利用してみてはいかがでしょうか。

海外のNFTマーケットプレイスおすすめ3選

ここからは、おすすめの海外NFTマーケットプレイスを3つ紹介します。

海外のNFTマーケットプレイスおすすめ3選

それでは、一つひとつ解説していきます。

OpenSea

OpenSea公式
名称OpenSea
取扱コンテンツデジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
MATIC(Polygon)
Klaytn
手数料販売手数料:2.5%
日本円の対応不可
対応ウォレットMateMask
Torus
Portis など
対応ネットワークイーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス
詳細公式ページ

OpenSeaとは2017年12月にサービスを開始しており、最大手のNFTマーケットプレイスとして認知されているサービスです。

100万人を超えるユーザーが利用しており、2021年8月の流通総額が約3,650億円にも上るなど、NFTマーケットプレイスの中で圧倒的な規模を誇っています。

また、出品が簡単であることから取り扱っているコンテンツも豊富で総出品数400万点を超えており、多くの日本人クリエイターも出品しています。

OpenSeaの主な特徴
  • NFTの総合商社と呼べるようなプラットフォーム
  • 世界中のアーティストから作品を売買できる
  • 安いNFTから超レアなNFTまで流通している
  • 多くのブロックチェーンに対応しているため、ネットワーク手数料(Gas代)を抑えられる
  • ロイヤリティが製作者に支払われる仕組み

OpenSeaの場合、ネットワーク手数料はイーサリアムブロックチェーンの需要で決まるため日々変動するという特徴があります。

目安としては、「出品時4,393円・購入時1,976円」が相場となっています。

このように、OpenSeaではネットワーク手数料が数千円かかってしまいますがCoincheckNFT(β版)ではどちらも無料となっていますのでネットワーク手数料無料のNFTマーケットプレイスが良い方は「CoincheckNFT(β版)」をお試しください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Rarible

Rarible公式
名称Rarible
取扱コンテンツゲームアセット
デジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム WETH
手数料販売手数料:2.5%
日本円の対応不可
対応ウォレットMateMask
Torus
Portis など
対応ネットワークイーサリアム
詳細公式ページ

Raribleとは、アメリカのデラウェア州に本拠地を構える2020年からサービスを開始したNFTマーケットプレイスです。

誰でも簡単にNFTを発行できるユーザーインターフェースが魅力で、ウォレットを接続してフォームを埋めていくだけで誰でもシングル(1/1NFT)もしくはマルチ(1/nNFT)と呼ばれるNFTを発行できます。

Raribleでは市場流動性マイニング制度を導入しているため、NFTを売買すると独自通貨である「RARI」を獲得でき、コミュニティ投票の参加権が獲得できるなど運営にも関わることができます。

Raribleの主な特徴
  • RARIという独自の通貨(ガバナンストークン)を発行している
  • ゲームアイテムからアートまで売買できる
  • 独自通貨を保有している場合、コミュニティ投票などに参加する権利が得られる

Raribleは、NFTを製作している裏側コード・スマートコントラクトが複雑な部分もあり、ネットワーク手数料(Gas代)が比較的高額となっています。

また、日本語表記もできるのですが若干翻訳が上手くされていない部分もあり、細かな設定などの表現は英語版で閲覧した方が適している場合もあります。

一方でCoincheckNFT(β版)はネットワーク手数料がかからず、日本初のNFTマーケットプレイスとなっているため日本語表記に不安はありません。

興味のある方はこの機会にCoincheckNFT(β版)を利用してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SuperRare

SuperRare公式
名称SuperRare
取扱コンテンツデジタルアート
決済に利用可能な暗号資産イーサリアム
手数料販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
日本円の対応不可
対応ウォレットMateMask
Fortmatic
WalletConnect
対応ネットワークイーサリアム
詳細公式ページ

SuperRareとはアメリカのSuperRare社が運営しており、2018年からサービスを開始しているNFTマーケットプレイスです。

NFT作品を出品する際には、事前審査が必須となっているため、取り扱われているのは優れたアート作品のみです。

審査に通れば誰でもアート作品を出品でき、独自通貨で売買できるような仕組みとなっています。

SuperRareの主な特徴
  • デジタルアート収集に特化したNFTマーケットプレイス
  • 世界的に有名なアーティストなども作品を出品している
  • 投資価値の高いアート作品が揃っている
  • 購入したアート作品は二次販売できる

SuperRareで取り扱っているコンテンツは、デジタルアートのみです。

また、決済に利用可能な暗号資産はイーサリアムのみとなっています。

そのため、他のコンテンツを売買したい、決済に利用可能な暗号資産が豊富なNFTマーケットプレイスが良いという方は「CoincheckNFT(β版)」がおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイント

ここからは、NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイント
  • 手数料がどれくらいかかるか
  • 対応している業界はどこか
  • 欲しいNFTはあるか
  • 信頼性は高いか

それでは詳しく見ていきましょう。

手数料がどれくらいかかるか

NFTマーケットプレイスには、手数料が無料なマーケットから高額なマーケットまで存在します

そのため、出品を考えている方は、手数料がどれくらいかかるかを見極める必要があります。

また、永続的にロイヤリティが還元させる場合のパーセンテージも、出品前からチェックすることが大切です。

対応している業界はどこか

NFTマーケットプレイスに出品する場合、取引を検討しているマーケットが対応している業界はどこかという点も重要なポイントとなります。

例えば、「Valuable」はTweetを売買することに特化したNFTマーケットプレイスですが、「CoincheckNFT」はブロックチェーンゲームに特化しています。

これらのNFTマーケットプレイスのように、何かを専門としている業界には注意するべきだといえます。

欲しいNFTはあるか

NFTマーケットプレイスで購入を検討している場合、欲しいNFTがあるかどうかも重要です。

また、海外のNFTマーケットプレイスは、出品数も多くてホームページも見やすいですが、日本語に対応していない場合もありますので注意が必要です。

信頼性は高いか

NFTマーケットプレイスで購入を検討している場合、そのマーケットの信頼性が高いかどうかも重要です。

NFTは発行するのは簡単ですが、マーケットによって発行方法が異なります。

例えば、「Opensea」でNFTを販売し、同じNFTを「CoincheckNFT」で販売する、ということも可能となってしまうため、小規模なマーケットよりも大規模なマーケットの方がおすすめだといえます。

「CoincheckNFT(β版)」は、誰でも一度は耳にしたことある仮想通貨取引所「コインチェック」を手掛けたコインチェック株式会社が運営しているNFTマーケットプレイスなので、信頼性は高いといえます。

また、ネットワーク手数料無料でNFT出品・購入できるという利点もありますので、この機会に「CoincheckNFT(β版)」に登録してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTマーケットプレイスに関するQ&A

最後に、NFTマーケットプレイスに関するQ&Aを2つ紹介します。

NFTマーケットプレイスに関するQ&A
  • Q.NFTはいくらから購入可能ですか?
  • Q.NFTを購入するメリットとデメリットはなんですか?

それでは見ていきましょう。

NFTはいくらから購入可能ですか?

NFTの価格は、基本的に売りてである出品者が自由に決めることができます。

ブロックチェーンゲームのアイテムなど、一部のアイテムは0.0001ETHという安値で購入することも可能です。

NFTを購入するメリットとデメリットはなんですか?

NFTは、ブロックチェーンで保管されているため実際のアセットと比較した際、破損したり紛失したりする危険性が低いというメリットがあります。

また、MateMaskといった仮想通貨用のウォレットを保有していれば手軽に市場で売買できます。

しかし、その性質上NFTはアセットをモノとして保有することができません。

例えば、デジタルアートでは所有者は実際の作品を額に入れて鑑賞することができず、モニターを通じて鑑賞する必要があるというような感じです。

「CoincheckNFT(β版)」は、仮想通貨取引サービスと一体型となっているため手軽に市場で売買でき、CoincheckNFT(β版)でしか手に入らないようなレアな資産もあります。

また、独自のマーケットが用意されているため誰でも簡単にNFTを出品したり、ETHなどの仮想通貨を通じたNFTの購入ができたりします。

この機会に、ぜひCoincheckNFT(β版)でNFT取引してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTマーケットプレイス比較まとめ

今回は、おすすめのNFTマーケットプレイスを比較紹介してきました。

記事のまとめ
  • NFTマーケットプレイスは、NFT取引(一次販売・二次販売)ができるプラットフォーム
  • 出品者は、手数料と対応している業界でNFTマーケットプレイスを選ぶ
  • 購入者は、欲しいNFTがあるのか、信頼性は高いのかでNFTマーケットプレイスを選ぶ
  • CoincheckNFT(β版)はネットワーク手数料が無料なうえ、決済に利用可能な暗号資産が豊富なのでおすすめ

NFTマーケットプレイスでは、マーケットプレイスを通じて自由にNFT取引ができます。

NFTには、アート・音楽・ゲームのキャラクターなどさまざまなモノがあるため、投資としての選択肢が広がります。

今回6つのNFTマーケットプレイスを紹介しましたが、どのNFTマーケットプレイスを取引するか迷っている方は「CoincheckNFT(β版)」を利用してみてください。

基本的に仮想通貨の購入を取引所で行わなければなりませんが、CoincheckNFT(β版)の場合は取引所が直接NFTマーケットプレイスを提供しているため、取引に慣れていない方に優しいサービスだといえます。

この機会に、ぜひ「CoincheckNFT(β版)」でNFT取引をしてみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる