【徹底比較】クラウドファンディングのおすすめランキング!手数料が安いサイトは?

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

クラウドファンディングは資産運用の方法として近年急速に注目されるようになりました。

ラウドファンディングは大きな資産形成になる、社会貢献になるなどといった噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際にどのような資産運用なのかがわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではクラウドファンディングについて以下のポイントを詳細に解説していますのでぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • クラウドファンディングはインターネットを通して個人投資家から資金調達をする方法
  • クラウドファンディングを通して個人が簡単に資産運用できること
  • クラウドファンディングには種類があって仕組みが異なること
  • クラウドファンディングのサービスは会社ごとに差があるので実績や手数料の比較が重要なこと
  • クラウドファンディングをするならオルタナバンクを選ぶのが最適

クラウドファンディングはクラウドサービスによってプロジェクトの実行者と支援者を橋渡しするサービスです。

個人投資家の資産運用の方法としても、事業主の資金調達の手段としても活用が進められています。

クラウドファンディングを利用するときには安心して快適に利用できる会社を選んで口座を開設することが重要です。

オルタナバンクは運用実績も回収実績も優れていて安心できる会社です。

オルタナバンクキャンペーン-1

現在は、オルタナバンクを始めて利用する方に向けて、投資総額50万円以上で最大3万円をプレゼントするお得なキャンペーンを実施しています。

ぜひこの機会にオルタナバンク公式サイトをチェックをしましょう。

\最大30,000円もらえる/

目次

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは資金を必要としているプロジェクトの起案者と、余剰資金を運用したい個人投資家のマッチングをするサービスです。

H2「クラウドファンディングとは」

企業が事業を進めるには創業資金や運転資金、投資資金などの資金調達が必要になる場面がたくさんあります。

しかし、銀行などの金融機関からの融資や公的融資などでは調達が難しいシーンも少なくありません。

新しい事業を企画してチャレンジをする際や新製品の開発をする際には、まとまった金額の資金を手に入れるのが困難な状況になります。

一方、新しくてチャレンジ精神があり、社会貢献になるような事業に投資をしたいという個人も大勢います。

個人が気軽に魅力的な事業に投資できれば、その資金を使って新しい事業が動いていくでしょう。

クラウドファンディング会社はこのような事業主と個人の橋渡しをしています。

個人投資家にとってはクラウドファンディングは株式投資やFXなどとは異なる新しい資産運用のあり方です。

クラウドファンディングに少しでも興味がある方はオルタナバンクを利用しましょう。

オルタナバンク公式サイト

募集されているプロジェクト数が多く、成約の実績も豊富で回収率も100%という優れた実績があります。

平均利回りの実績も4~12%という高い水準なので、クラウドファンディング会社はオルタナバンクが最適です。

\最大30,000円もらえる/

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは大きく分けると以下の3種類があります。

種類によって資産運用の仕組みが異なるので、それぞれの特徴を簡単に確認しておきましょう。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングはソーシャルレンディングとも称され、融資を資産運用の仕組みとするクラウドファンディングです。

融資型クラウドファンディング

クラウドファンディング会社は個人投資家から資金を募集した後、事業主に対して利子を設定して融資を実行します。

事業主は一定期間ごとに元本と利子を返済する義務を負うのが融資による資金調達の特徴です。

毎月クラウドファンディング会社に返済される元利金の一部が個人投資家に分配されるので、安定した資産運用益を得られると期待できます。

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングは非上場の企業に出資するのが特徴で、個人投資家は出資額に応じて株式を手に入れることができます。

株式投資型クラウドファンディング

上場企業の株式とは違って証券取引所で自由に売買することはできません。

しかし、IPOに成功したときには市場で売却することも配当金を得ることも可能です。

他社への売却があった場合にも対価を得ることができます。

株主優待を受けられることもあるため、多様な形で利益を生み出せる可能性があるのが株式投資型クラウドファンディングの魅力です。

購入型・寄付型クラウドファンディング

購入型・寄付型クラウドファンディングは出資の対価として商品やサービスなどを受け取るか、見返りなしで寄付をする仕組みです。

クラウドファンディング 購入型

購入型:プロジェクトによって開発される予定の商品やサービスを受け取れるのが一般的になっています。     寄付型:活動報告書やお礼状、ノベルティグッズなどを受け取れます。

他にも新製品の開発に成功したら名前を入れてもらえる、完成記念パーティーに招待される、事前公開の映画などを視聴できるといった特権を得られるケースもあります。

購入型・寄付型は自分にとって価値が高い対価があるときにおすすめのクラウドファンディングです。

融資型、株式投資型、購入型・寄付型は出資したときに受け取れる対価が大きく異なります。

融資型を取り入れているオルタナバンクは安定して安全な資産運用をしてお金を増やしたい人におすすめです。

融資型では特に実績が重要になるので、業界でも優秀な成績を上げているオルタナバンクを選びましょう。

\最大30,000円もらえる/

おすすめのクラウドファンディング比較一覧

クラウドファンディングは日本で2011年頃から本格的にサービスの提供が開始されました。

注目する事業主も個人投資家も増えたことでクラウドファンディング会社も増加しています。

ここではクラウドファンディングの種類ごとにおすすめの会社を紹介するのでぜひ参考にしてください。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングでは以下の6社がおすすめです。

融資型で最も重要な実績と手数料を中心にしてそれぞれのサービスの概要をまとめました。

資産運用に活用する際には信頼性が重要だという視点で比較してみましょう。

オルタナバンクCOZUCHIクラウドバンクBankers(バンカーズ)FundsクラウドクレジットCOMMOSUS
オルタナバンクCOZUCHIクラウドバンクバンカーズFundsクラウドクレジットコモサス
平均利回り4~12%4.0~12.0%5.80%1.86%~3.92%1.0%~3.0% ※5.3%~12.1%4.2~ 8.0%
累計成約金額¥24,467,910,000約488億円¥246,673,424,492¥28,566,820,000¥4,075,000,000約500億円約13億円
最小投資金額1万円1万円1万円1万円1円1万円1万円
振り込み手数料有料有料無料(即時入金)、有料(通常入金)有料有料有料有料
出金手数料無料毎月1回まで無料、同月2回目以降は出金ごとに 770 円(税込)の事務手数料無料(日本円)、1500または6500円(外貨)無料振込手数料振込手数料振込手数料
累計成約数344件93件4400件以上7件109件1,937件不明
詳細
※平均利回りは変動するため詳細はFundsの公式ページでご確認ください。

融資型クラウドファンディングではオルタナバンクが豊富な実績を誇ります。

最小投資金額や振り込み手数料などには違いはありませんが、累計成約金額に大差があるのが現状です。

融資型クラウドファンディングを選ぶならオルタナバンクを選ぶのがベストと言えるでしょう。

\最大30,000円もらえる/

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングでは以下の5社がおすすめです。

株式投資型ではエンジェル税制や株主優待の活用ができるかどうかも重要なポイントなので比較してみましょう。

FUNDINNOイークラウドUnicornCF AngelsAngelNavi
FUNDINOイークラウドUNICORNCF AngelsAngelNavi
累計成約額63億3770万円2億円6億5105万円約3億円約2300万円
累計成約数191件6件27件28件5件
最小投資金額10万円10万円5万円程度10万円程度5万円程度
振り込み手数料有料有料有料有料有料
エンジェル税制優遇ありありありありあり
株主優待ありありありありあり
詳細

株式投資型クラウドファンディングではFUNDINNOが突出した累計成約額と累計成約数があります。

国内取引量が最も多い株式投資型クラウドファンディング会社で、投資先企業の選定力が優れているのがFUNDINNOです。

手数料も実費のみで済む業界水準になっているのでデメリットはないでしょう。

エンジェル税制による優遇や株主優待に対応している案件も豊富です。

株式投資型クラウドファンディングをするならFUNDINNOを選ぶのが良いでしょう。

購入型・寄付型クラウドファンディング

購入型・寄付型クラウドファンディングでは以下の5社がおすすめです。

購入型・寄付型では手数料や最低募集金額によってプロジェクトの集まりやすさが違います。

プロジェクトが多い方がより魅力的な支援先を見つけやすいので、事業主の利用しやすさの観点でも比較してみましょう。

CAMPFIREMakuakekibidangoreadyforGIVING 100
campfiremakuakekibidangoREADYFORGIVING100
累計企画数5.1万件以上1.3万件以上850件以上約2万件以上約40件以上
起案者の手数料17%20%10%手数料7%、別途決済手数料5%(12%+税)0%
支援者の手数料220円無料無料無料無料
最低募集金額1万円500円5万円3000円1万円
成功率30%~50%非公開77%~80%約50%非公開
詳細

購入型・寄付型クラウドファンディングではキャンプファイヤーの累計企画数が極めて高くなっています。

実績も優れていて、自社のデータをさまざまな角度から分析して公開しているので信頼性があります。

キャンプファイヤーでは支援者もシステム利用料として手数料がかかるのはデメリットです。

しかし、掲載されているプロジェクト数が多く、ジャンルも多岐にわたっている魅力があります。

購入型・寄付型クラウドファンディングでは自分にとって価値のあるリターンを得るのが重要です。

キャンプファイヤーならきっと魅力的な支援先を見つけられるでしょう。

おすすめの融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングに注目するとどの会社を利用するのがベストなのでしょうか。

ここでは上で取り上げた6社について詳細なおすすめ情報を紹介します。

オルタナバンク

オルタナバンク
平均利回り4~12%
累計成約金額¥24,467,910,000
最小投資金額1万円
振り込み手数料有料(銀行振込時の手数料が顧客負担)
出金手数料無料
累計成約数344件
詳細オルタナバンク公式サイト

オルタナバンクは第一種金融商品取引業と、第二種金融商品取引業を取得している証券会社であるSAMURAI証券によって運営されています。

ソーシャルレンディング業を行うには第二種金融商品取引業の取得のみで十分なのですが、SAMURAI証券は取得のハードルがより高い第一種金融商品取引業も取得しているため、より堅実に運営が行われているといえるでしょう。

案件は、不動産関係が比較的多いですが、民泊ファンドなどの案件も豊富に取り扱っています。

現在までのファンド実績では、元本償還率が100%となっており、安定して利益が見込める点がポイントです。

平均利回りは4~12%と案件によって大きく異なりますが、全体的に高い水準であるため、高利回りを狙いたい方にも最適と言えるでしょう。

さらに、案件の中には担保ありで、1万円の少額から投資できたり、2ヶ月程度の短期間の案件もあります。

オルタナバンクキャンペーン-1

現在は、最大3万円が貰える投資応援キャンペーンも実施中です。

ぜひこの機会にオルタナバンク公式サイトをチェックをしましょう。

\最大30,000円もらえる/

COZUCHI

COZUCHIこづちの概要
平均利回り4.0~12.0%
累計成約金額約488億円
最小投資金額1万円
振り込み手数料有料
出金手数料毎月1回まで無料
同月2回目以降は出金ごとに 770 円(税込)の事務手数料
累計成約数93件以上
詳細公式ページ

COZUCHIは、1999年に創業したLAETOLI株式会社が運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

長年不動産に関わっている企業なので、不動産投資に関する知識やノウハウは十分にあると言えるでしょう。

COZUCHIでは、短期運用型と中長期運用型と2種類の運用方法が案件によって自由に選択できます。

短期運用型
主に短期で売却益の獲得を狙う、ミドルリスク・ミドルリターンを目指す投資商品
中長期運用型
主に中長期で定期的な配当を狙う、ローリスク・ローリターンを目指す投資商品

自身の投資目的や戦略に応じて、最適な商品を選択することが可能です。

少額投資もできるほか、平均的な期待利回りは4~12%程度と比較的高いため、安定した高リターンを狙いたい方にも人気があります。

Cozuchiタイアップキャンペーン

現在は当サイトからの登録で、Amazonギフトカード最大50,500円分が貰える初めてのタイアップキャンペーンを実施してるので、ぜひこの機会にCOZUCHI公式サイトをチェックしてみてください。

\タイアップキャンペーン開催中!!/

クラウドバンク

クラウドバンク
平均利回り5.87%
累計成約金額¥246,673,424,492
最小投資金額1万円
振り込み手数料無料(即時入金)、有料(通常入金)
出金手数料無料(日本円)、1500または6500円(外貨)
累計成約数4400件以上
詳細公式ページ

クラウドバンクは融資型クラウドファンディングなら最適です。

クラウドバンクは圧倒的な実績を持っているクラウドファンディング会社として多くの投資家から選ばれています。

応募総額が2000億円を突破し、成立したプロジェクト数も4400件を超えています。

融資元本回収率は100%なので出資をした投資家が損をしていることがありません。

実績平均利回りも5.87%という業界トップクラスになっています。

手数料も最小限に抑えられているので何も申し分のないクラウドファンディング会社です。

常に複数のファンドで募集されているので、思い立ったときにすぐに投資を始められる点でもクラウドバンクがおすすめできます。

クラウドファンディング会社をどこにするかで迷ったなら、安心できるクラウドバンクをチェックしましょう。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

Bankers(バンカーズ)

Bankaers(バンカーズ)
平均利回り1.86%~3.92%
累計成約金額¥28,566,820,000
最小投資金額1万円
振り込み手数料有料
出金手数料無料
累計成約数7件
詳細公式サイト

Bankers(バンカーズ)は2020年からクラウドファンディングサービスを開始しました。

まだ実績数が7件という少なさですが、5千万円クラスの大型ファンドを組んでいるのが魅力です。

利回りも平均的な水準なので、まとまった金額を投資して稼ぐのに適しています。

地域医療機関支援のように社会貢献度の高いファンドを用意しているのもメリットでしょう。

出金のときに振込手数料がかからないのがBankersの特徴です。

ただ、営業者報酬の支払いが必要になるので注意しなければなりません。

Funds(ファンズ)

Funds
平均利回り1.0%~3.0%※
累計成約金額¥4,075,000,000
最小投資金額1円
振り込み手数料有料
出金手数料振込手数料
累計成約数109件
詳細公式ページ
※平均利回りは変動するため詳細はFundsの公式ページでご確認ください。

Funds(ファンズ)は受賞歴が優れていて評価が高いクラウドファンディング会社です。

日本最大級のピッチコンテスト「IVS2019 Kobe LaunchPad」、「電通アクセラレータープログラム GRASSHOPPER第2期デモデイ」で優勝しています。

最小投資金額が1円という業界最低水準になっているため、出資について自由度が高いのもメリットです。

オリジナルのFunds優待を設けたり、申し込み時に抽選を受けられたりする特典もあります。

平均利回りが低めなので利益を得づらいという問題はありますが、少額でクラウドファンディングを始めたい人には適しています。

ぜひこの機会にFunds(ファンズ)公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資できる! /

クラウドクレジット

クラウドクレジット
平均利回り5.3% ~12.1%
累計成約金額約500億円
最小投資金額1万円
振り込み手数料有料
出金手数料振込手数料
累計成約数1,937件
詳細公式ページ

クラウドクレジットは、国内だけではなく、世界中のファンドに投資することができるソーシャルレンディングです。

世界の発展途上国にも投資可能となっており、リスクを取りながらも高リターンを狙いたい人に最適と言えるでしょう。

利回りは5.1%〜12.1%と広めの範囲ですが、平均的な利回りは一般的なソーシャルレンディングに比べて高いです。

リスクの高い案件もありますが、ファンド数が豊富に提供されているので、複数の案件へ分散をしてリスクヘッジをする方が多い傾向です。

クラウドクレジットの利用を考えている人は、公式ページで確認してみてください。

COMMOSUS

平均利回り4.2~ 8.0%※1
累計成約金額約13億円
最小投資金額1万円
振り込み手数料有料
出金手数料振込手数料
累計成約数不明
詳細公式ページ
 2022年9月1日から2023年8月31日までに募集を行ったファンドの税引前の年率

COMMOSUS(コモサス)は2019年にサービスの提供を開始した融資型クラウドファンディングサービスです。
2022年12月よりサービス名がCAMPFIRE OwnersからCOMMOSUS(コモサス)に変更されました。

「少年院出院後学習支援ファンド」「カンボジア農家支援ファンド」などの社会貢献性が高い案件が豊富です。

CAMPFIRE-owners-少額投資

COMMOSUS(コモサス)は個人投資家と事業の間に立つことで最低1万円からの投資を実現しており、通常は高額な資金が必要となる事業融資を少額で行うことができます。

社会貢献性の高い事業に融資してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングで紹介したおすすめの5社にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは基本スペックだけではわからない各社のおすすめポイントを解説します。

FUNDINNO

FUNDINNO
累計成約額96億4988万円
累計成約数317件
最小投資金額10万円
振り込み手数料有料
エンジェル税制優遇あり
株主優待あり
詳細公式ページ

FUNDINNO(ファンディーノ)は株式投資型クラウドファンディングで国内シェアがトップです。

自社調査ではなく日本証券業協会による公的データに基づいているので確かな信頼性があって投資家に選ばれていることがわかります。

FUNDINNOは株式投資型クラウドファンディング会社の中で累計成約件数や累計成約額に基づく実績が優れているのが魅力です。

また、成長によってIPOやM&Aが期待できるベンチャー企業を選定して候補を選び出しているのがFUNDINNOの特色です。

事業内容を見ると期待に胸躍らせられるような企業が多数見つかるでしょう。

厳選されたベンチャー企業に投資をして大きなリターンを目指したいならFUNDINNOが最適です。

イークラウド

イークラウド
累計成約額2億円
累計成約数6件
最小投資金額10万円
振り込み手数料有料
エンジェル税制優遇あり
株主優待あり
詳細公式サイト

イークラウドは大和証券グループと連携して株式投資型クラウドファンディングサービスを提供しています。

イークラウドの特色は全てのプロジェクトについて株主間契約をしていることです。

IPOをせずにM&Aになった場合などには株主間契約がないとリスクが高くなります。

個人投資家が安心できるようにするために全件出契約を締結しているのがイークラウドのメリットです。

2020年にサービスを開始したのでまだ実績が少ないですが、今後に期待できる会社でしょう。

Unicorn

Unicorn
累計成約額6億5105万円
累計成約数27件
最小投資金額5万円程度
振り込み手数料有料
エンジェル税制優遇あり
株主優待あり
詳細公式ページ

Unicorn(ユニコーン)は次世代スタートアップに着目している株式投資型クラウドファンディング会社です。

取り扱い業種は広いものの、基本的にITを生かして大きな変革を起こそうとしているベンチャー企業に着目しています。

IoTやAIなどの革新的な技術の活用やDXの推進をする企業を選定しているので良い成果が出ると期待できるでしょう。

株式投資型クラウドファンディングの中では最小投資金額が低い案件があるのも魅力です。

だんだんと実績ができてきた段階なので今後の様子を見て利用を検討すると良いでしょう。

CF Angels

累計成約額約3億円
累計成約数28件
最小投資金額10万円程度
振り込み手数料有料
エンジェル税制優遇あり
株主優待あり
詳細公式ページ

CF Angelsは、スタートアップ企業の応援株主にをコンセプトとした株式投資型のクラウドファンティングです。

ファイナンスのプロが厳選した非上場企業への投資ができます。

エンジェル税制が適用される募集もあり、税制上の優遇が受けられる案件も多くあります。

また、本来では情報量の少ないスタートアップ企業の情報開示に積極的で、有価証券届出書に準じた書式の書面を行っているため、投資家も与えられた情報をチェックしながら安心して投資が可能です。

AngelNavi

AngelNavi
累計成約額約2300万円
累計成約数5件
最小投資金額5万円程度
振り込み手数料有料
エンジェル税制優遇あり
株主優待あり
詳細公式ページ

AngelNaviはベンチャー投資に特化した株式投資型のクラウドファンティングです。

最新のサービスに特化した企業の募集が多く、今後の伸びしろが予想される企業にいち早く投資ができます。

サービス開始から間もないため、2023年10月現在の累計募集件数は5件と少なめです。

今後、募集案件が増えることに期待と言えるでしょう。

案件によっては最低5万円からの投資もできるので、少ない資金で株式投資型クラウドファンティングを始めてみたい方に最適です。

おすすめの購入型・寄付型クラウドファンディング

次におすすめの購入型・寄付型のクラウドファンディングをいくつか紹介していきます。

CAMPFIRE

CAMPFIRE
累計企画数5.1万件以上
起案者の手数料17%
支援者の手数料220円(ふるさと納税を除く)
最低募集金額1万円
成功率30~50%
詳細公式ページ

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)は51000件以上のプロジェクトを生み出し、440億円以上もの支援を実現している会社です。

購入型・寄付型クラウドファンディングでは最大手で全国各地の540万人もの支援者が活動をしています。

テクノロジーやガジェット、プロダクトやゲーム・サービス開発などに強みがありますが、取り扱っているジャンルは多岐にわたっています。

ふるさと納税にも対応している点も魅力がある購入型・寄付型クラウドファンディング会社です。

Makuake

Makuake
累計企画数1.3万件以上
起案者の手数料20%
支援者の手数料無料
最低募集金額500円
成功率非公開
詳細公式サイト

Makuake(マクアケ)は実績が伸びてきていて注目度が高まっている購入型・寄付型クラウドファンディング会社です。

フード・飲食店・ファッションといったジャンルに強いのがMakuakeの特徴ですが、新しいものを大切にして幅広い分野での利用が進んでいます。

プロジェクトをただ掲載するだけでなくスタッフによる起案者のサポートを重視しているのも特色です。

手数料無料で支援できるのは資産運用をする人にとって魅力的でしょう。

kibidango

kibidango
累計企画数850件以上
起案者の手数料10%
支援者の手数料無料
最低募集金額5万円
成功率77%~80%
詳細公式サイト

kibidango(キビダンゴ)は手数料10%・成功率80%をセールスポイントにして着実に業績を伸ばしているクラウドファンディング会社です。

40%に満たないとされる購入型・寄付型クラウドファンディングを高い確率で成功させているので実力派だとわかります。

2013年に設立して経営・支援の経験も積んできているので高い信頼性がある会社です。

ただ、プロジェクト数が少ないことから資産運用をする人にとっては魅力的な支援先が見つかりにくいので注意しましょう。

READYFOR

READYFOR
累計企画数約2万件以上
起案者の手数料手数料7%、別途決済手数料5%(12%+税)
支援者の手数料無料
最低募集金額3000円
成功率50%
詳細公式サイト

READYFORは、これまでに2万件以上の案件を成立させている実績豊富なクラウドファンディングです。

起案者の手数料は高めに設定されていますが、ユーザー数が多いため、成功率が高い点が特徴となっています。

また、プランが2種類提供されており、メールサポートのみが利用できるシンプルプランと、プロが準備~終了まで個別サポートを行うフルサポートプランから自由に選択が可能です。

サポートの質に関する評判はかなり高く、これからプロジェクトを開始したいという方にぜひ見てもらいたいサービスです。

GIVING 100

GIVING 100
累計企画数約40件以上
起案者の手数料0%
支援者の手数料無料
最低募集金額1000円
成功率非公開
詳細公式サイト

GIVING100は、ビーズソファのYogiboがスポンサーを務めるクラウドファンティングサービスです。

クラウドファンティングでは通常10~20%程度の手数料が起案者に発生しますが、GIVING100では決済手数料0%を実現しています。

GVING100の仕組み

スポンサーであるYogiboが手数料を全額負担するため、寄付額の100%が届く仕組みを実現しました。

起案者はコストをかけずにクラウドファンティングが可能です。

まだ募集されている案件数こそ少ないですが、今後人気が高まる可能性があります。

クラウドファンディングを比較するポイント

クラウドファンディングを利用するときにはどの会社に登録するかをよく比較してから決めるのが大切です。

クラウドファンディング会社を比較する際に見ておいた方が良いポイントは以下の3点です。

過去の実績

過去の実績はクラウドファンディングを比較するときにまず注目した方が良いポイントです。

融資型では投資家から集めた資金を融資する条件を決め、融資先として適切かを判断しているのはクラウドファンディング会社です。

貸し倒れになったら投資家はお金を受け取れないどころか損失になってしまうでしょう。

株式投資型では将来的に利益が生まれるか、購入型・寄付型では投資家にメリットがある商品やサービスかを吟味しています。

融資元本回収率の高さやプロジェクトの成約実績が優れている会社なら安心です。

手数料

クラウドファンディング会社を比較する際には手数料に注意しましょう。

ほとんどのクラウドファンディングでは口座開設手数料や口座維持手数料は無料です。

しかし、入金手数料や出金手数料、入出金に伴う振込手数料については会社ごとに異なります。

振込手数料は無料になる場合もありますが、入金元や出金先の口座によって金額が違うこともあるので気を付けましょう。

最低投資金額

クラウドファンディングは個人が気軽に投資を始められるように最低投資金額を低めに設定している会社が多くなっています。

ただ、いくらから出資できるかは会社によって違うので比較して決めましょう。

1円から投資できる場合もありますが、融資型なら1万円くらいはあった方がまとまった利益になるでしょう。

株式投資型や購入型・寄付型ではプロジェクトごとに違うことも多いので、会社ごとにどのくらいの金額から募集されているかを見てみるのが大切です。

融資型クラウドファンディングで業界屈指の実績があるオルタナバンクは初心者におすすめです。

どのプロジェクトも最低1万円から投資できます。

安定した資産形成をしていきたいならオルタナバンクを選べばきっと納得できる結果につながるでしょう。

\最大30,000円もらえる/

クラウドファンディングに関するQ&A

クラウドファンディングを始めてみようかなと思っても疑問が多くてなかなか始められないこともあります。

ここではよくあるクラウドファンディングに関する質問への回答をまとめました。

ぜひ不安をなくしてクラウドファンディングによる資産運用に踏み出してください。

クラウドファンディングは結局どのようにして種類を選ぶのが良いのでしょうか

クラウドファンディングは種類によって資産運用による利益のあり方が異なります。

安定した形で資産を増やしていきたいなら融資型クラウドファンディングがおすすめです。

一攫千金を狙うなら未上場株式が手に入る株式投資型が良いでしょう。

自分のこだわりに合う商品やサービスを利用したい、社会貢献を通して名誉を得たいといった場合には購入型・寄付型が適しています。

資産形成の目的なら融資型を選んでおくと資産の安全性が高くて安心です。

クラウドファンディング会社に登録したらすぐに投資が必要なのでしょうか

クラウドファンディング会社では口座開設のための登録手続きが必要です。

しかし、登録してもすぐに投資を始めなければならないわけではありません。

登録をしてからどのような案件が出てくるかを見て、自分が資産運用に利用したいと思うものが見つかったときに投資を開始できます。

オルタナバンクのようにいつも複数の案件があるクラウドファンディング会社ばかりではありません。

魅力のある案件が見つからないときには口座開設をしてからしばらく様子を見ましょう。

このようにクラウドファンディング会社は登録を済ませてしまえばいつでも気軽に投資できます。

オルタナバンクなら口座開設から資産運用までオンラインで完結し、最短1営業日で取引を開始可能です。

クラウドファンディングを始めてみたいと思ったらオルタナバンクを利用しましょう。

\最大30,000円もらえる/

おすすめのクラウドファンディングまとめ

クラウドファンディングは資金調達をしたい事業主と資産運用をしたい個人投資家をマッチングするサービスです。

3種類の仕組みがありますが、資産運用によって資金を増やしたいなら融資型クラウドファンディングが良いでしょう。

確かな実績がある融資型クラウドファンディング会社を利用すれば安定した資産形成ができます。

オルタナバンクはここで紹介したおすすめ会社の中でも実績が優れていて安心です。

取り扱っているプロジェクトもいつも複数あるので、きっと自分に合うものが見つかります。

オルタナバンクキャンペーン-1

現在は、オルタナバンクを始めて利用する方に向けて、投資総額50万円以上で最大3万円をプレゼントするお得なキャンペーンを実施しています。

クラウドファンディングを始めるなら気軽に投資できて信頼性があるオルタナバンクがおすすめです。

\最大30,000円もらえる/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次