【徹底比較】ネット証券おすすめランキング!初心者に人気な証券会社はどこ?

ネット証券 比較

わざわざ店舗に行かなくても手軽に取引ができるネット証券。

各ネット証券にはそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットも異なります。

どこのネット証券を利用すれば良いのか悩む方は多いのではないでしょうか。

この記事では、2021年の最新情報をもとにネット証券を比較しました。

これからネット証券で口座開設をしようとしている方や、違うネット証券に乗り換えたい方は、ぜひおすすめランキングを参考に選んでみてください。

記事の要点
  • 株式投資するならネット証券口座開設数No.1のSBI証券がおすすめ
  • SBI証券はIPO実績も豊富で、IPO投資に最適
  • 楽天証券なら取引件数や金額によってポイントが貯まる!
  • 1株単位ではなく、金額指定で買うならPayPay証券がおすすめ
  • 外出が多い人は、スマホツールの機能性も重視すべき

SBI証券は、ネット証券口座開設数業界No.1の大手証券会社になります。

つみたてNISAやiDeCoに対応しているのはもちろん、IPO実績も豊富な証券会社になります。

ネット証券最多の9カ国もの外国株式に対応しており、投資信託も2500以上と圧倒的な商品数を誇っています。

\ ネット証券口座開設数No.1 /

監修者
監修者プロフィール

経済アナリスト
馬渕磨理子

京都大学公共政策大学院 修士過程を修了。トレーダーとして法人の資産運用を担う。その後、フィスコのアナリスト、FUNDINNOで日本初ECFアナリストとして政策提言に関わる。フジテレビ、日経CNBC、プレジデント、ダイヤモンド、Forbes JAPAN、SPA!など実績。大学時代はミス同志社受賞。

詳細 監修者ページ
馬渕磨理子オフィシャルサイト https://mabuchimariko.jp/

目次

ネット証券おすすめ比較ランキング

それでは2021年最新のネット証券おすすめ比較ランキングを紹介します。

これから株式投資を始めたい方は、こちらのランキングを参考にしてみてください。

SBI証券

SBI証券 トップページ
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料55円99円275円535円
アクティブプラン0円0円0円0円

SBI証券の3つの魅力

IPO銘柄数がトップクラス
SBI証券は、IPOの取扱い銘柄数が業界トップクラスです。独自の「IPOチャレンジポイント」というサービスもあり、IPOを中心に投資したい方におすすめの証券会社です。
②手数料が安い
SB位証券では、アクティブプランという手数料定額プランがあり、1日の取引合計額が100万円以内であれば手数料が0円になります。VOOを始めとした米国ETFの買付手数料も無料に設定されています。
③外国株・債券・投資信託などラインナップが豊富
SBI証券は、国内株だけでなく外国株、債券、投資信託など、ネット証券会社の中でも商品ラインナップが豊富です。他のネット証券会社ではなかなか利用できない先物オプションにも対応しています

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株Tポイント

\ ネット証券口座開設数No.1 /

SBI証券のメリット

SBIホールディングスのグループ会社である、SBI証券は口座開設数業界最多の人気のネット証券会社になります。

SBI証券の魅力はたくさんありますが、アクティブプランと呼ばれる手数料定額プランが人気の理由のひとつとなっています。

株式投資では、注文ごとに一定の取引手数料がかかるのが普通ですが、SBI証券では100万円までの国内株式の取引手数料が無料となっています。

また、信用取引も含めると、最大300万円までの手数料が無料になります。

さらに、最近人気のS&P500に連動したETFを始めとして9銘柄の米国ETFの買付手数料も無料になっています。

IPO投資におすすめの証券会社でも紹介されているように、IPO銘柄の豊富さにも定評があります。

SBI証券では、もしIPOの抽選に外れたとしても「IPOチャレンジポイント」が付与されます

このポイント使ってIPOに申し込めば当選確率がアップするため、何度かIPOに申し込み続ければ、チャンスを獲得することができるでしょう。

また、証券会社では珍しいクレジットカードでの積立投資を行えるのが大きなメリットです。

連携している「三井住友カード ナンバーレス」を利用すると毎月5万円まで積立投資をすることができます。

ポイント還元率は最大1.5%で設定されていますので、収益性を一気に高めることが可能です。

年会費は無料、カード発行は最短5分で完了しますので、SBI証券の口座開設と合わせてカードも用意しましょう。

このカードは「三井住友カード ナンバーレスの公式サイト」から簡単に発行することができます。

SBI証券 クレカ積立

SBI証券は商品ラインナップが豊富なだけでなく、比較的手数料も安いバランスの取れた証券会社です。

どこのネット証券を選べば良いか迷った際は、まずSBI証券の口座を開設してみてはいかがでしょうか。

SBI証券のデメリット

SBI証券は、Webサイトや取引画面が少々見にくいと感じられるかもしれません。

取引ツールの使いやすさを重視する方や、株取引自体が初めての方は、SBI証券のシステムに慣れるまで少々時間がかかる可能性があります。

また、国内株式のアプリは対応していますが、米国株取引はアプリに対応していません。

SBI証券のことをもっと詳しく知りたい方はSBI証券の評判という記事をご覧ください。

SBI証券の評判・口コミ

ジェフさん 男性(30代)

なんと言っても取引手数料が安いところが魅力的です。100万円を超える取引でも手数料は535円で済むので、取引金額が大きい人に最適です。諸々の手続きも非常にわかりやすいのでストレスなく利用できています。

だるまさん 女性(40代)

アプリでの取引がとても便利で気に入っています。Push通知機能で取引のタイミングを見逃さず、企業の決算情報などのイベントも知らせてくれるので、外出先でも満足のいく取引ができています。

キャラメルさん 女性(50代)

SBI証券はセキュリティ対策も万全で、安心して取引できます。Tポイントを貯めることもできるので、日常の買い物の際によく利用しています。特に悪いところのない万能な証券会社です。

SBIは定番のネット証券で、多くの方が利用しています。

積立NISAやNISAを行うこともできるので、これらのサービスを利用したい方はSBI証券を使うと良いでしょう。

また、長期的な資産運用をしたいと思っている方はクレジットカードで投資ができる「三井住友カード ナンバーレス」も一緒に用意するのがおすすめです。

\ ネット証券口座開設数No.1 /

楽天証券

楽天証券 トップページ
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料55円99円275円535円
定額コース0円0円0円0円

3つの魅力

楽天ポイントで投資ができる
楽天証券では、楽天ポイントを使って投資することができます。投資信託だけでなく、国内株式(現物)、バイナリーオプションも購入可能です。
②楽天銀行口座があれば入出金もスムーズ
楽天銀行の口座を持っている方であれば、振込手数料が無料になり優遇金利も受けられます。入出金もスムーズに行えるので、ストレスなく使うことができるでしょう。
③投資セミナー・マーケット情報配信で初心者をサポート
楽天証券では、初心者向けの動画セミナーやマーケット情報をほぼ毎日配信しています。YouTubeで配信されており、いつでも気軽に見ることができます。

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株楽天ポイント

楽天証券のメリット

楽天証券は、楽天市場やラクマなど、様々なインターネット関連サービスを展開している「楽天」によるネット証券です。

楽天ポイントを使って投資体験をすることもでき、株取引が初めての方もチャレンジしやすくなっています

長期的な資産形成に役立つ「iDeCo」や「つみたてNISA」に対応しているところもメリットです。

日頃から楽天銀行や楽天カードを使っている方にとっては利便性も抜群。様々な特典も受けられるので、楽天証券の口座を開設しておいて損はないでしょう。

楽天証券のデメリット

楽天証券はIPO銘柄も取り扱っているとはいえ、その取扱数は他の証券会社に比べて少し見劣りしてしまいます

また、楽天の各種サービスをあまり利用しない方は受けられる恩恵が少なく、特別なメリットを感じることはできないかもしれません。

楽天証券については楽天証券の評判という記事でより詳しく解説しています。

楽天証券の評判・口コミ

変わり者さん 女性(40代)

お得な証券会社を選ぶなら楽天証券一択ではないでしょうか。取引をするだけで知らず知らずのうちに楽天ポイントが貯まっているので、買い物などに利用しています。

ハッタンさん 男性(30代)

100円から投資信託を買えるので、初めて投資に挑戦する方も試しやすいと思います。取引ツールも使いやすく、ストレスフリーで利用できています。

匿名さん 男性(70代)

高齢でも見やすい取引画面になっているのが助かります。楽天銀行とのマネーブリッジで優遇金利も受けられるところもとても嬉しいポイントです。資金移動もとてもスムーズです。

楽天証券は、楽天ポイントが貯まる点、100円から投資信託を買える点で人気があるようです。

普段から楽天の関連サービスを使う方に最適な証券会社と言えるでしょう。

DMM 株

DMM 株
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料55円88円198円374円

DMM 株の3つの魅力

1取引ごとの手数料が安い
DMM 株は、1取引ごとの手数料が比較的安い証券会社です。5万円以下の取引手数料は55円となっており、取引回数が多くないユーザーには大きなメリットと言えるでしょう。
②サポート体制が整っている
DMM 株はメール、電話、LINEの3つのサポート体制が整っています。急なトラブルや困りごともスムーズに解決できるでしょう。
③初心者にやさしい「かんたんモード」搭載
DMM 株のスマホアプリには、複雑な操作や難しい専門用語を省いた「かんたんモード」が搭載されています。キーワード検索やランキングから銘柄を選択できるので、初心者の方も使いやすいです。

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
100株DMM株ポイント✖️✖️

\ ネット証券の定番 /

DMM 株のメリット

DMM 株は、動画配信、オンラインゲームなど多様なサービスを展開する「DMM.com」が運営しています。

初心者にもプロにも使いやすいように2つのモードを搭載するなど、ツールの使いやすさにもこだわっているところがポイント。直感的な操作が可能です。

DMM 株では、約定金額にかかわらず米国株式の取引手数料は0円となっています。

アップルやマイクロソフトなどの有名な米国株に投資したい場合には、ぜひ利用したい証券会社です。

DMM 株のデメリット

DMM 株は、米国株式の配当金が日本円による「円貨決済」になってしまうところがデメリット

その分為替手数料がかかるため、コストがかさんでしまうので注意しましょう

また独自の「DMM 株ポイント」しか貯めることができないため、Tポイントや楽天ポイントなど使いやすいポイントを持つ証券会社に比べて若干使いにくさを感じるかもしれません。

DMM 株の評判・口コミ

会社員Aさん 男性(40代)

DMM 株で投資家デビューをしましたが、とても初心者向けだと感じました。スマホアプリのかんたんモードは株取引が初めてでも使いやすいように作られており、個人投資家の予想も見れて大変満足しています。

オレンジさん 男性(30代)

取引手数料が業界トップクラスに安く、コストを少しでも抑えたい方にぴったりなネット証券です。取引に応じてDMM 株ポイントがもらえる上、現金に交換できるのも嬉しいポイントです。

かずやさん 男性(50代)

国内、海外問わず様々な銘柄が揃っています。投資先を分散させたかったので非常に満足しています。各銘柄の情報も充実しており、使っているだけで勉強になります。

DMM株は、手数料が安く初心者の方でも非常に使いやすい点が魅力のようです。

DMM株口コミをもっと見たい方はDMM株の評判という記事をご覧ください。

銘柄数も多く、様々な投資的に投資できるので、中・上級者になっても長く使える証券会社となっています。

定番のネット証券ですので、まずはDMM株に登録しておけば間違いないでしょう。

\ ネット証券の定番 /

PayPay証券

paypay証券 トップページ
取引金額1000円1万円10万円50万円
スプレッド5円50円500円2500円

PayPay証券3つの魅力

①少額1000円から株主になれる
PayPay証券では、業界最低金額1000円から株を買うことができます。日本株の売買単位は基本的に100単位のため、他の証券会社では10万円近く必要になる場合があります。
②株の購入が簡単3タップ
PayPay証券では、アプリ上で銘柄選択からわずか3タップで株を購入することができます。複雑な操作が多い株式取引において、PayPay証券は初心者でも簡単に始めることができます。
③1株からIPO株を申し込める
PayPay証券では、1株単位からIPO株の抽選予約をすることができます。抽選倍率がかなり高いIPOの参加ですが、細かい単位に分割することで、多くの方に当選機会が作られています。

最低購入額ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1000円PayPayボーナス

\ 今なら最大1,000円分もらえる! /

PayPay証券のメリット

PayPay証券は、スマホユーザーに特化したネット証券

株式取引画面も見やすく、アプリ上でわずか3タップで株を購入できる使いやすさが魅力です。

スマホアプリから簡単に行えるというのが評判で、PayPay証券利用者の7割は、未経験からスタートしています。

従来の証券会社では単元株数単位でしか取引できませんでしたが、PayPay証券では1000円からの金額単位での取引が可能なため、有名企業の株も手軽に購入できます。

また、今なら期間限定で最大1,000円分もらえる新規口座開設キャンペーンも開催しています。

口座開設を考えている方は、お早めに登録しておくことをおすすめします。

PayPay証券のデメリット

PayPay証券は、NISAやiDeCoなどの制度には対応していません。

また、取扱銘柄が増えているとは言え、大手の証券会社に比べて銘柄数が少ないのが難点になります。

ただ、株式投資初心者は、情報を得やすい有名な企業からの投資をするのがおすすめですので、まずはPayPay証券で株の勉強を兼ねて始めるのがいいでしょう

PayPay証券の評判・口コミ

ビッグさん 男性(50代)

単元株制ではなく1000円から株を買えるという点が非常に魅力的です。手を出しにくい有名な企業の株も手軽に買えるので、投資へのハードルがとても低いネット証券会社だと感じています。

ミーさん 女性(20代)

3タップで簡単に株式購入まで進めるところが嬉しいです。投資は複雑そうでなかなか手を出しにくかったのですが、PayPay証券は初心者にも使いやすいように作られているので、ぜひ利用してみてほしいです。

マカロンさん 女性(30代)

PCを使わずスマホだけで取引できるので、スマホユーザーにはとても使いやすいと思います。通勤途中や出先でも柔軟に取引ができるため、取引チャンスを逃さず投資できています。

PayPay証券は、スマホだけで簡単に投資できる点を魅力に感じている方が多くいるようです。

PayPay証券の口コミもっと見たいという方はPayPay証券の評判という記事をご覧ください。

\ 今なら最大1,000円分もらえる! /

サクソバンク証券

手数料最低手数料上限手数料
米国株取引手数料5米ドル15米ドル
1注文あたりの手数料は取引金額×0.2%

サクソバンク証券の3つの魅力

圧倒的な取扱銘柄数
サクソバンク証券では、業界最高水準の12,000以上の外国株式を取り扱っています。米国株式も5,000銘柄以上を取り扱っており、米国ETFを含めおよそ6,000もの米国銘柄を提供しています。
②DRIP(配当金再投資)の手数料が無料
サクソバンク証券は、DRIPと呼ばれる保有株式の配当金を自動的に再投資する仕組みを、国内で唯一提供しています。サクソバンク証券では、DRIPを手数料無料で利用することができます。
③ネット証券会社としての高い信頼
サクソバンク証券は金融庁により認可された証券会社であり、国内で10年以上に渡って紡いできた高い信頼があります。また、外資系証券会社でありながら、安心充実の日本語サポートを提供している点も信頼される理由の一つとなっています。

最低購入単位ポイントサービス米国株IPOETFNISA積み立てNISA
1株
(1取引あたりの最低取引金額は50米ドル以上)
✖️✖️(IPO直後の銘柄は取り扱いあり)✖️✖️

サクソバンク証券のメリット

サクソバンク証券は、米国株やFX、先物取引、CFDなどの金融商品を取り扱っている欧州銀行系証券会社です。

サクソバンク証券の最大のメリットの一つとしてまず挙げられるのが、その圧倒的な取扱銘柄数です。

「米国株式」はその代表例として挙げられ、一般的な証券会社では3,000~3,500銘柄ほどの取扱数となりますが、サクソバンク証券ではなんと5,000銘柄以上が取り扱われています

サクソバンク証券の手数料は、「取引金額×0.2%」と魅力的な水準となっており、取引のしやすさにも定評があります。

※最低手数料は5米ドル、上限手数料は15米ドルとなっています

また、7種類の多彩な注文方法から自由に選択することができ、注文も24時間受付けているため夜間に取引ができる点も大きな魅力の一つでしょう。

さらに、サクソバンク証券では、DRIPと呼ばれる保有株式の配当金を無料で再投資してくれるシステムを手数料無料で利用することができるため、米国株式への長期投資による資産形成に最適な証券会社となっています。

サクソバンク証券のデメリット

サクソバンク証券では、円建てでの決済しか対応していないので、外貨決済で取引を行いたいという方にはおすすめできないと言えるでしょう。

また、サクソバンク証券は外国株を中心に扱う証券会社であるため、NISAやつみたてNISAには対応していない点もデメリットの一つとして挙げられます。

サクソバンク証券の評判・口コミ

JUNKOさん 女性(20代)

米国株式の取扱数がすごく多い点に惹かれて始めました。他のネット証券では取り扱っていないような銘柄にも投資することができるので、投資先の選択肢が広がりました。豊富な選択肢から銘柄を選び抜き、自分が納得できるポートフォリオを組むことができる点が嬉しいです。

ジェームズさん 性別不詳(30代)

DRIPを手数料無料で利用できる点がサクソバンク証券のおすすめポイントです。米国株式への長期的な投資による資産形成を考えているので、配当金を自動的に再投資してくれるDRIPは非常に使い勝手が良いです。

MC不労所得さん 男性(50代)

私は、取引金額が比較的大きいので、15米ドルという上限手数料が設けられているサクソバンク証券を利用させてもらっています。他のネット証券では取引金額が大きくなると、手数料がとても高くなる傾向があるので、その点サクソバンク証券の手数料設定はリーズナブルです。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル トップページ
取引金額1万円10万円50万円100万円
手数料
定額プラン220円220円220円1100円

SBIネオモバイル証券の3つの魅力

Tポイントで投資ができる
SBIネオモバイル証券では、Tポイントを使って投資を始められます。現金と組み合わせた取引も可能。まずはポイントで投資体験をしたい人におすすめです。
②手数料が月額
SBIネオモバイル証券では、取引にかかる手数料が定額制になっています。そのため一定額を支払えば取引し放題です。他の証券会社では取引ごとに手数料がかかります。
③全自動のおまかせ資産運用サービスあり
SBIネオモバイル証券では、WealthNavi(ウェルスナビ)と呼ばれる全自動の資産運用サービスがあります。投資の知識がない方や、投資に時間を割けない方でも気軽に始められます。

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株Tポイント✖️✖️✖️✖️

SBIネオモバイル証券のメリット

「ネオモバ」の愛称で知られるSBIネオモバイル証券は、Tポイントを使った投資ができるところがメリット。

また1株単位で株を購入できるため、500円程度の少額投資も可能です。

IPOが1株から申し込みでき、また「若年優遇」や「取引継続優遇」などの優遇枠もあるので20代の若い方にもチャンスがあります。

SBIネオモバイル証券は、口座開設数No.1の人気ネット証券会社です。

ネット証券選びに迷った際はぜひ選択肢に入れておきましょう。

SBIネオモバイル証券のデメリット

SBIネオモバイル証券は、現在外国株の取扱がありません。

そのため米国株などに投資したい方は別の証券会社と併用する必要があります

またSBIネオモバイル証券は、取引の有無に関わらずサービス利用料がかかってしまいます。

取引を行わない月でも月額220円支払わなければいけないということを頭に入れておきましょう。

SBI証券のことをもっと詳しく知りたい方はSBI証券の評判という記事をご覧ください。

SBIネオモバイル証券の評判・口コミ

KANAさん 女性(40代)

Tポイントを使って投資できるところが気に入っています。元買い物をして自動的に貯まったポイントなので、損をしてもそこまで惜しくありません。実際のお金を使わずに投資の勉強ができるのは良いと思います。

ぼんさん 男性(30代)

取引にかかる手数料が月額制なので、活発に取引する投資家には欠かせないネット証券ではないでしょうか。ただし取引のない月でも手数料が発生するので注意が必要です。

なるみさん 女性(20代)

IPOが1株から申し込める手軽さがメリットです。若年優遇などの優遇制度もあり、資金の少ない若い世代でも投資に挑戦しやすいと思います。商品ラインナップもシンプルなので、とにかく国内株式に力を入れたい方には使いやすいでしょう。

ネオモバは、やはりTポイントを使って投資できる点を魅力に感じる方が多くいるようです。

普段からTポイントを貯めている方は、この機会にポイントを投資にまわしてみてはいかがでしょうか。

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券 トップページ
取引金額10万円20万円50万円100万円
手数料88円106円198円374円
一律(つどつど)プラン

SBIネオトレード証券の3つの魅力

①業界最安水準の手数料
SBIネオトレード証券では、100万円の約定にかかる手数料が374円と業界最安水準です。さらに信用取引の手数料は約定代金に関わらず完全無料
②IPO抽選の事前入金不要
他の証券会社では、IPO抽選に申し込む前に事前入金が必要な会社も多い中、SBIネオトレード証券ではIPO抽選当選後に入金すればOK。
③多彩な注文方法

通常の指値注文や成行注文だけでなく、逆指値、OCO、IFD、IFDDといった多彩な注文方法を搭載しています。注文の幅はトレードのしやすさに繋がります。

最低購入額ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
100株××

SBIネオトレード証券のメリット

SBIネオトレード証券は旧ライブスター証券として知っている方も多いと思いますが、圧倒的な手数料の安さが魅力の証券会社になります。

特に、信用取引の取引手数料は完全無料となっており、信用取引をするならSBIネオトレード証券といっても過言ではありません。

また、IPO抽選やNISAにも対応している上、高機能取引ツールである『NEOTRADE R』や『NEOTRADE W』も好評で、株式投資の初心者から経験者まで幅広い層にとって使いやすい証券会社になっています。

SBIネオトレード証券のデメリット

SBIネオトレード証券では、外国株式・外国ETFを取り扱っていません。

最近人気が高まっている米国株やインド株に投資してみたいという方は、SBIネオトレード証券の他に外国株用の証券口座を開設する必要があります。

米国株については、米国株が買える証券会社という記事をご覧ください。

SBIネオトレード証券の評判・口コミ

佐藤さん 男性

手数料に関しては、一律プランがかなり安い印象です。300万円以上の約定でも880円の手数料で抑えることができます。元々、信用取引を行いたいと思って口座開設しましたが、現物・信用どちらも愛用しています。

石川さん 女性

手数料が安いのは最もなのですが、外国株の取扱いがないのが物足りない点です。国内株式はSBIネオトレードさんを使い、外国株取引はSBI証券を使うという感じにしています。

鶴岡さん 男性

IPO銘柄が若干少ない印象ですが、事前入金が不必要なのでよく利用しています。事前入金が必要だと、どうしてもお金の準備が大変なので、当選してから入金すればいいSBiネオトレードでは、気軽にIPO抽選に申し込めます。

松井証券

松井証券 トップページ
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料0円0円0円1,100円
手数料は税込表示

松井証券3つの魅力

①50万円まで手数料0円
松井証券なら1日の約定代金が50万円以内なら手数料が無料になります。シンプルな手数料体系のため、安心して取引することができます。
②安心のサポート体制
松井証券ならパソコン操作や株取引の仕組みまで、丁寧に電話対応してくれます。WEB上からの質問であれば24時間対応という充実のサポート体制になります。
③情報ツールが豊富かつ無料
様々ある株銘柄を自分に合った方法で探すことができます。優待銘柄から探すQUICKリサーチネットやテーマから探すテーマ投資など、条件に合う銘柄を簡単に探すことができます。

最低購入額ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株松井証券ポイント×

松井証券のメリット

松井証券は創業100年を超える大手の証券会社であり、キャンペーンが多いことで定評のある会社になります。

手数料に関しては、1日50万円までの約定代金にかかる手数料が無料となります。

100万円までは1,100円で、以降100万増えるごとに1,100円の手数料が加算されるという非常にシンプルな料金体系になっています。

シンプルさゆえ、取引毎に手数料を想定するのが簡単になり、結果的に使いやすさに繋がっています。

松井証券のデメリット

松井証券では外国株の取扱いがありません。

人気な米国株や中国株を取引したいという方は他の証券会社にも口座を作成する必要があります。

松井証券の評判・口コミ

佐藤さん 男性(30代)

初めて松井証券で口座を開設する際、お客様サポートにかなり助けられたのを覚えています。パソコン画面を共有しながら電話で分かりやすく教えていただいたため、安心して取引を始めることができました。

大和さん 男性(20代)

松井証券は情報がしっかりしている感じがします。テーマ投資ガイドやQUICKリサーチネットでは、注目のテーマ毎び株を探すことができたり、株主優待のある株を一覧で検索することができます。ただ、国内株しか取引できないので、外国株の対応もしてほしいです。

匿名さん 女性(40代)

手数料体系が非常にシンプルな点が気に入っています。他の証券会社の手数料体系は複雑で、どこかで損をしているような気持ちになりますが、松井証券では自分でも計算できるので安心して取引をすることができます。

SMBC日興証券

日興証券 トップページ
取引金額10万円20万円50万円100万円
手数料137円198円440円880円
国内株式・ダイレクトコース

SMBC日興証券の3つの魅力

①新規口座開設でIPO当選確率アップ
国内屈指のIPO取扱銘柄数を誇り、新規口座開設から3ヶ月以内なら、IPOの抽選に落選しても優遇特典で再抽選に参加することができます。
②記事から株が購入できるサービス
SMBC日興証券が運営する日興フロッギーでは、様々な企業の紹介記事を読むことができ、気になった会社の株をそのまま購入することができます。
③AIを活用した情報サービス

AIを活用し、顧客のポートフォリオのリスクを診断して、新規のポートフォリオを提案してくれます。さらに、株価見守りサービスにより、AIが売却タイミングを通知してくれます。

最低購入額ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
100円(キンカブ)dポイント

SMBC日興証券のメリット

SMBC日興証券はイチローが出演するCMでお馴染みで、大手証券会社の一つとして人気が高い証券会社になります。

人気のサービスの一つである日興フロッギーでは、様々な企業が紹介されている記事を読んでそのまま株を購入することができます。

金額も100円から購入することができ、NISA口座も使うことができます

他にも、AIによるポートフィリオ診断や株価見守りサービスなど大手ならではのサービスを数多提供しています。

SMBC日興証券のデメリット

サービスが充実しているSMBC日興証券ですが、他のネット証券会社に比べて手数料が高く設定されています。

SBI証券と比べて手数料は2倍近くになっており、定額プラン用意されていません。

ただ、AI診断や日興フロッギーなどのサービス面での充実は業界最高峰となっているため、手数料とサービスを天秤にかけて選ぶと良いでしょう。

SMBC日興証券の評判・口コミ

たこさん 男性

他のネット証券会社では、全てオンラインでの手続きが多いですが、SMBC日興証券では窓口での手続きもできます。株式投資を全くしたことがない人ならサポートが充実しているSMBC日興証券がおすすめです。

けいこさん 女性

SMBC日興証券の日興フロッギーというサービスを愛用しています。テーマごとに様々な企業に関する記事を読むことができ、学びながら株式投資を始めることができます。全く情報なしに投資を始めるのは危険だと思うので、日興フロッギーである程度勉強しながら投資をしています。

健吾さん 男性

AIを使って自分のポートフィリオのリスクを診断してくれる機能がかなり良いです。他の証券会社ではポートフォリオを診断してくれる機能はなかなかなく、自分だけではリスクを計算するのが難しいと思います。AIが診断してくれることで、自分のポートフォリオを見直す機械になると思います。

auカブコム証券

auカブコム証券 トップページ
取引金額10万円20万円50万円50万円以上
手数料99円198円275円変動※
※約定代金×0.099%+99円(上限4,059円)

auカブコム証券の3つの魅力

①Pontaポイントが使えて貯まる!
auカブコム証券の投資信託では、貯めたPontaポイントを投資信託の購入に使える他、保有する投資信託の額に応じて毎月Pontaポイントが貯まるチャンスも。
②独自の手数料割引が充実
auカブコム証券の手数料は業界でもトップクラスに低い上、50歳以上の方やNISA口座を開設した方の手数料が安くなる独自の割引制度が人気。
③1株から購入可能
通常100株単位での取引となる国内株式の売買ですが、auカブコム証券ならプチ株というサービスで1株から購入することができます。数十万円必要な株式投資も数千円から始めることができます。

auカブコム証券のメリット

2019年にカブドットコム証券から社名を変更し、auカブコム証券は、業界トップクラスの手数料の安さが魅力となっています。

約定代金ごとの手数料はSBI証券や楽天証券とほぼ変わりませんが、満50以上の方なら現物株式の売買手数料が2-4%割引となるシニア割や、NISA口座を保有している方の手数料が最大5%割引となるNISA割などの独自の割引サービスも提供しています。

これらの手数料割引は併用することもできるため、組み合わせることで、他社よりもかなり安い手数料で株取引をすることができます。

auカブコム証券のデメリット

auカブコム証券では、外国株の取扱いがありません。

近年注目が集まっている米国やインドの株を保有したい方はauカブコム証券はおすすめできません。

外国株を購入したい方は、米国株が買えるおすすめ証券会社という記事をご覧ください。

auカブコム証券の評判・口コミ

会社員さん 男性

NISA割などの独自の手数料割引サービスを使用することで、他社よりもお得に取引できていると思う。割引率も年数ごとにアップしていくので、どんどんお得になっていく。もうすぐシニア割も使えるようになるので、これからもauカブコム証券を使っていきたい。

初心者トレーダーさん 女性

元々auユーザーだったので、現物株式の手数料が少し安くなった点が嬉しかったです。国内株式の取引に関しては申し分ないと思いますが、外国株の取引ができないので、他の証券会社と併用することになると思います。

優待大好きさん 男性

長期的な資産形成のために投資信託を始めたいと思い、auカブコム証券で口座を開設しました。アプリで簡単にファンド概要や投資成績を一目で確認することができます。Pontaポイントも使用することができるので、投資信託を始めたい方ならauカブコム証券をおすすめいたします。

LINE証券

LINE証券トップページ
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料99円176円484円869円
※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します

LINE証券の3つの魅力

少額で投資を始められる
LINE証券は1株単位から株を購入できるため、数百円からの少額投資が可能です。また投資信託は1口100円から始められます
②LINEアプリで手軽にアクセス可能
LINE証券は、LINEアプリから手軽にアクセスすることができます。いつも使っているLINEアプリ内の「LINE証券」のアイコンをタップするだけなので、外出先でも簡単に投資可能です。
③買付手数料が0円
LINE証券は、現物取引の買付手数料がいつでも無料です。売る際にはじめて手数料がかかります。業界最低水準の手数料で取引が可能です。

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株LINEポイント✖️✖️✖️✖️

LINE証券のメリット

普段から使っているLINEアプリから簡単に投資ができる、LINE証券。

1株単位で株を購入できるので、まとまった資金がない方や若い方でも手を出しやすいところがメリットです。

LINE PayやLINEポイントにも対応しており、投資にも利用することができます。日頃LINEサービスを利用して貯まったポイントがあればぜひ投資に使いましょう。

また株のタイムセールなど、お得なキャンペーンを随時実施中。通知もLINEで来るので見逃すことがありません。

平日は夜21時まで取引できるため、仕事で忙しい方にも最適な証券会社です。

LINE証券のデメリット

LINE証券は、外国株、IPO、NISAなどには対応していません。

国内株や投資信託だけに投資したい方であれば十分ですが、幅広く投資したい方には少し物足りないかもしれません。

また、投資できる金額は各銘柄とも1000万円までと上限が決められています。

大きい収益を得るには不向きと言えるでしょう

LINE証券のことを詳しく知りたいという方はLINE証券の評判という記事をご覧下さい。

LINE証券の評判・口コミ

投資家さん 女性(30代)

LINE証券は1株から購入できるので、投資資金が少額でも始められるのがメリットです。低リスクで試せるため、株式投資を実戦で学びたい人におすすめです。

8さん 女性(40代)

LINE Payとの連携やLINEポイントが利用でき、LINEユーザーには使い勝手が抜群です。いつものLINEアプリから気軽にアクセスできるので外出先でも取引しやすいです。

ニコニコさん 男性(20代)

約定代金にかかわらず買付手数料がかからないのが最大のメリットだと思います。売る際の手数料は格安とは言えませんが、トータルで考えると安いと思います。

LINE証券は、少額から始められ、LINEポイントとの連携もできる点を魅力に感じている方が多くいるようです。

普段からLINEPayなどのLINEの機能を使っている方にとっては非常に使いやすい証券会社となっています。

また、少ない元手でも購入できるので、少額からまずは試してみたいという方にも最適です。

マネックス証券

マネックス証券 トップページ
取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料110円110円495円1100円

マネックス証券の3つの魅力

高機能なアプリ、取引ツールが使える
マネックス証券では、プロのトレーダーも満足に使える高機能なアプリや取引ツールを揃えています。もちろんアプリや取引ツールは全て無料で利用できます。
②IPO株はコンピューターによる完全抽選方式
マネックス証券では、IPO株はコンピューターによる完全抽選方式で選ばれます。他の証券会社では申し込み株数や独自の方法によって選ばれることもありますが、マネックス証券は投資家全員に平等なチャンスが与えられます。
③取扱商品が豊富
マネックス証券では、国内株、投資信託、IPOなど人気の商品はもちろん、金・プラチナまで幅広い商品を取り揃えています

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株マネックスポイント

マネックス証券のメリット

20年以上の歴史があるマネックス証券は、大手ネット証券の一つです。

マネックス証券独自のマーケットボードは、保有している銘柄や気になる銘柄が一覧で表示でき、株価情報をリアルタイムで確認することができます。

プロのアナリストによる分析結果が見れる「銘柄スカウター」など、高機能でありながら使いやすくわかりやすいツールが揃っており、プロのトレーダーも満足しやすいネット証券です。

IPO株はコンピューターによる完全抽選方式なので、初めての申込でも平等にIPO当選のチャンスが与えられます。

プロだけでなく初心者にもやさしいところもメリットの一つでしょう。

マネックス証券のデメリット

マネックス証券は、他のネット証券よりも手数料が若干高めに設定されています。

取引金額が大きい投資家や頻繁に取引する方は手数料に注意するようにしましょう。

またスマホアプリのシステム障害やエラーが多いという声もあり、利用の際は少し気をつける必要がありそうです。

マネックス証券に関しては、マネックス証券の評判という記事でより詳しく解説しています。

マネックス証券の評判・口コミ

花さん 女性(50代)

マネックス証券のマーケットボードがとても見やすく、株価情報が瞬時に把握できるので重宝しています。シンプルで素早く取引したい人には満足できる証券会社だと思います。

ジャストさん 男性(20代)

マネックス証券はNISAに対応しているところが良いと思います。ネット証券の中にはNISAに対応していないところも多いですが、マネックス証券は手続きもわかりやすくて良かったです。

クリスティーさん 女性(30代)

便利な取引ツールやオンラインセミナーなど、取引以外のサポートが手厚いです。安心感を求める方にぴったりではないでしょうか。

マネックス証券も定番の証券会社で、NISAに対応しており、ツールも使いやすいので多くの方が利用しています。

大手の証券会社ですので、安全・安心に取引をしたい方はマネックス証券を使うのがおすすめです。

野村證券

取引金額5万円10万円50万円100万円
手数料152円152円524円1048円

3つの魅力

大手証券会社ならではのサポートが充実
野村證券は、大手証券会社ならではのサポートが充実しています。コールセンターは土日も対応しているので、急なトラブルの際も安心です。不正アクセスに対するセキュリティの高さにも定評があります
②IPO株の取扱銘柄数がトップクラス
野村證券は、IPO株の取扱銘柄数が業界トップクラスです。ブックビルディングに参加する時点では口座資金が不要のため、資金拘束が心配な方でも利用しやすくなっています。
③投資情報・銘柄分析レポートが豊富
野村證券は、投資情報・銘柄分析レポートが豊富です。野村證券のアナリストによる的確な情報が入手できます

最低購入単位ポイントサービス米国株IPO投資信託NISA積み立てNISA
1株なし

野村證券のメリット

歴史があり、知名度が非常に高い野村證券。証券会社といえば野村證券をイメージする方も多いでしょう。

大手証券会社ならではの豊富な商品ラインナップと投資情報が魅力です。

またIPOに関しては主幹事を務めることが多く、その分投資家に配分される株式も多いので、IPOを取得できる確率も高まります。

IPO申込時点では入金が不要なので、IPO投資に力を入れたい方にはとても使いやすい証券会社です。

野村證券のデメリット

野村證券は、他の証券会社に比べて手数料が高いところがネック。

5万円以下の取引にも152円が毎回かかってしまうので、頻繁に取引する方には痛手になるでしょう。

野村證券の評判・口コミ

リュウさん 男性(40代)

大手証券会社だけあり、投資に役立つ情報やアナリストレポートが充実しています。なかなか自力では手に入れられない情報なので、これを見れるだけでも口座開設する価値はあると思います。

伊藤さん 女性(30代)

購入できる銘柄や商品が多く、複数の証券会社を併用する必要がないので助かっています。コールセンターも繋がりやすいのでサポート体制もバッチリではないでしょうか。

海苔さん 男性(50代)

野村證券はIPO主幹事を担うことが多くて、IPOに当選しやすいところが良いです。ただ手数料が他のネット証券に比べると少し高いのかなと思います。

野村證券は大手の証券会社で安心感もあり、サポートも充実しているようです。

IPO狙いの方にも良い証券会社と言えるでしょう。

ネット証券比較一覧表

ネット証券を一覧表で比較しました

NISA、積み立てNISA、IPO、投資信託、米国株式など、自分のニーズに沿った商品があるかどうかもしっかり確認しておきましょう。

ネット証券会社最低購入額ポイント運用米国株IPONISA積み立てNISA投資信託
SBI証券1株Tポイント
楽天証券1株楽天ポイント対応
PayPay証券1000円PayPay
SBIネオモバイル1株Tポイント
SBIネオトレード証券100株なし
サクソバンク証券1株(50米ドル以上)なし
SMBC日興証券100円dポイント
auカブコム証券1株Pontaポイント
DMM 株100株DMM 株ポイント
LINE証券1株LINEポイント
マネックス証券1株マネックスポイント
野村證券1株なし
松井証券1株松井証券ポイント
岡三オンライン証券1株なし
GMOクリック証券100株なし

SBI証券では、NISAを始めとして、様々なサービスに対応していることが分かります。

業界屈指の低コストの手数料を提供しているSBI証券は、ネット証券の定番と言えるでしょう。

\ ネット証券口座開設数No.1 /

ネット証券の比較ポイント

ネット証券を選ぶ際は、使いやすさや取引スタイルに合っているかどうかが重要です。

ネームバリューだけで選んで後悔しないよう、以下のポイントを十分に比較してから選択しましょう

取引手数料

ネット証券を選ぶ際、見逃せないのが取引手数料です

数十円〜数百円の違いだとしても、取引回数が増えれば増えるほどコストがかかり、無視できない金額になることもしばしば。

もし頻繁に取引をする予定があるなら、定額制のネット証券がおすすめです。一定額を支払えば取引し放題となります。

反対に取引が少ない方は定額制だと損をしてしまうことがあるので、1回の取引ごとに手数料がかかるタイプの会社を選択しましょう。

ちなみに、少額取引から始めたい方はPayPay証券、まとまった資産を運用する方はSBI証券がおすすめです。

SBI証券ならアクティブプランという定額手数料プランにより、1日あたり100万円までの取引手数料が無料になります。

取引ツールの使いやすさ

取引ツールの使いやすさも、ネット証券を選ぶ際に重要視したいポイント。

取引ツールが使いにくいと銘柄を見つけにくかったり、投資のチャンスを逃してしまったりと、非常にストレスを感じてしまいます

操作性が良いか、取引画面が見やすいかなど、よく比較してから選ぶことが大切です。

初心者の方はなるべく複雑な機能が付いていないネット証券を選ぶと良いでしょう。

外出が多い方は、スマホアプリの機能が充実しているネット証券がおすすめです。

取引ツールの使いやすさで選ぶなら情報量が豊富な『HYPER SBI』を提供しているSBI証券がおすすめです。

ポイントサービス

ネット証券を選ぶ際は、各社のポイントサービスもしっかりチェックしておきましょう

PayPayポイント、楽天ポイント、Tポイントなど日常の買い物にも利用できるポイントサービスがおすすめです。

投資しながらポイントを貯めることができれば、自分の生活が潤います。

また貯まったポイントをそのまま投資できるものもあるので、たかがポイントだと軽視せずに、よくチェックしてみてください。

NISA対応

5年以内の短期的な資産形成を考えている方は、NISAに対応しているネット証券を選びましょう

NISA口座で年間120万円の範囲内購入した金融商品の配当金が非課税となるので、投資家にとって非常にメリットが大きいです。

ネット証券の中にはNISAに対応していないところもあるので、事前によく確認しておくことをおすすめします。

NISAで選ぶなら積み立てNISAランキングで1位で紹介されているSBI証券がおすすめです。

口座開設キャンペーン

多くのネット証券会社では、口座開設キャンペーンを行っています。

口座開設することで、各種ポイントが付与されたり、一定期間取引手数料が無料になったりすることもあります。

また、国債やCFD取引をする方限定のキャンペーンもあります。

ネット証券会社のキャンペーン情報を参考にして、自分にあった証券会社を選ぶのも一つの手でしょう。

株式投資について経済アナリスト馬渕さんにインタビュー

今回はこれから株式投資を始めようとしている初心者の方に役に立つ情報が届けられればと思い、経済アナリストの馬渕磨理子さんに株式投資について質問させていただきました。

馬渕さん 証券③
馬渕さんが証券会社を選ぶ際に一番重要視しているポイントはどこですか?

「誠実さを感じる点」と「教育視点のある」証券会社です。

誠実さと言えば、まずは手数料ですね。

個人投資家にとって負担が少ないという点がポイントです。

ただ、安ければ何でも良いわけではありませんよね。

証券会社ごとに独自のシステムの工夫や努力をしている場合、当然システム開発費用がかかってきます。

開発費用も含めて手数料が設定されていると思いますので、ツールの使い勝手とのバランスを見ることも大事です。

「教育視点」では、独自のコンテンツ記事、アナリストレポート、スクリーニングツール、独自のセミナー動画の配信など、個人投資家が証券会社のサイト内の情報で色々と学べるようになっている点も重視しています。

自分のステージにあったシステムを使える証券会社を使いこなすことをお勧めします。

株に投資する際、一番気をつけるべきポイントを教えてください。

私のトレーダーの経験上、最も気を付ける点は「分散投資」です。

1つの銘柄に資金を集中させることは何よりも1番危険です。

1つに資金を集中させる行為は「投資ではなく単なるマネーゲーム」になります。

株式投資は、手元資金をきっちりとポートフォリオを組んで分散投資させることが大前提です。

まだまだ、日本では株式投資を「楽して儲けるもの」「株式でお金を儲けるなんて卑しい」を思っている人がいます。

そのような、石器時代のような感覚をもしまだお持ちでしたらとても危ないです(笑)

例えば、自分の人生を豊かにする便利な「スマホ」があるにもかかわらず、好き嫌いで使用しなければ、様々なチャンスや機会を失い、時代に取り残され、情報格差、ひいては所得格差に繋がっていきます。

投資は「スマホ」と同じように、使いこなすべき「ツール」なのです。

馬渕さん 証券②
NISAとつみたてNISAどっちを利用するべきですか?

つみたてNISAですね!

非課税投資枠として、NISAかつみたてNISAのどちらか1つしか選べませんので選択が迫られます。

簡単に制度の違いを説明すれば、『NISAは、1年間に120万円まで非課税枠があり、5年有効』つまり、『120万円×5年=600万円の非課税枠』があります。

一方、『つみたてNISAは、1年間に40万円の非課税枠があり、20年間有効』です。

つまり、『40万円×20年=800万円の非課税枠』があります。

人生100年時代、ゆっくりと長期投資のスタイルからは『つみたてNISA』をおすすめします。

低コストで運用できるため、少額から運用を始めたい投資ビギナーにとっては非常に安心でしょう。

デメリットは、つみたてNISAは『投資信託だけ』が投資対象になります

個別株に投資したい場合は、NISAを選ぶ必要がある点は注意点です。

証券会社の選び方から実際に投資する際に気をつけるべき点まで丁寧に回答していただきました。

実際に株式投資をしたいと思っても、たくさんある証券会社の中からどれを選べばいいのか分からない方も多いと思います。

馬渕さんの意見を参考にしながら自分にあった証券会社を選んでみてはいかがでしょうか。

ネット証券と総合証券を比較

証券会社は大きく「ネット証券」と「総合証券」に分けられます

ネット証券は、実店舗のないインターネットのみの証券会社。

総合証券は、実店舗があり、顧客一人ひとりに営業担当が付きます。

ット証券と総合証券とでは、手数料、サポート体制、始めやすさが異なるので、よく比較した上で自分の取引スタイルに合った方を選択するようにしましょう。

手数料で比較

取引手数料は、圧倒的にネット証券の方が安いです。

総合証券は顧客一人ひとりに営業担当が付き人件費がかかる分、取引手数料はネット証券の5〜10倍ほど高くなっています

取引回数が多く手数料の安さを重視するのであれば、ネット証券を利用するのがベストです。

ネット証券の手数料については株の手数料という記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

サポートで比較

サポート体制は総合証券の方が整っています

投資や資産運用に悩んだ際に直接営業担当に相談でき、有益なマーケット情報を教えてもらうことも可能です。

希望を伝えれば煩雑な事務手続きも代わりに対応してくれるので、一人でうまく投資できるか不安な方は総合証券が使いやすいでしょう。

ただネット証券も専用のコールセンターを完備していたり、投資情報の配信やセミナーに力を入れていたりするところもあります。

最低限のサポートで十分な場合は、ネット証券でも満足できるはずです。

始めやすさで比較

投資を手軽に始めたい方は、ネット証券を選ぶのがおすすめです。

証券会社に直接足を運んだり電話したりする必要もなく、自宅で簡単に口座を開設できます

またネット証券は、取引も自分のタイミングで自由に行えるので、その手軽さから利用者もどんどん増えてきているようです。

株式投資を始めるのに不安な人は株の始め方株の買い方という記事をご覧ください。

株式投資初心者ならSBI証券がおすすめ

SBI証券 公式ページ画像

投資初心者には、圧倒的にSBI証券がおすすめです。

SBI証券はネット証券会社で最多の口座開設数を誇る人気の証券会社になります。

NISAやつみたてNISAに対応しているのはもちろん、9カ国もの外国株式にも対応しています。

人気の米国株を始め、インド株や中国株もADRという形で取引をすることができます。

1日100万円までの国内株式の取引手数料も無料に設定されているため、手数料がかさむ心配もありません。

SBI証券 クレカ積立

またSBI証券では「三井住友カード ナンバーレス」のカードを用意すると100円から株式の積立投資を行うことができるので非常におすすめです。

口座開設に合わせて「三井住友カード ナンバーレスの公式サイト」から最短5分でカードを発行してみましょう。

\ ネット証券口座開設数No.1 /

ネット証券の比較まとめ

各社ともにメリットデメリットは様々です。

どのネット証券を利用すべきか迷っている方は、初心者向けのサービスやツールが充実しているネット証券を選ぶと良いでしょう。

特にSBI証券楽天証券は使いやすさにも定評があり、初心者人気が高いのでおすすめです。

取引手数料の高さ、取扱商品は各ネット証券ごとに異なるので、一つに決められない場合は併用して利用するのも一手。

自分に合ったネット証券を使って、気持ちよく投資を始めてみましょう

\ ネット証券口座開設数No.1 /

目次
閉じる