【主要15社】ソーシャルレンディングの最新おすすめ比較ランキング

ソーシャルレンディングサムネイル

今回はソーシャルレンディングを比較して、おすすめなサービスを解説していきます。

これからソーシャルレンディングを始めようと思っている方は是非参考にしてみてください。

ソーシャルレンディングとは具体的に3つの種類があります。

ソーシャルレンディングの種類
  • 通常のソーシャルレンディング
  • 不動産投資型のクラウドファンディング
  • 株式投資型のクラウドファンディング

どれも企業にお金を貸すもしくは投資を行う代わりに、決められた期間満了時に配当を獲得できるという仕組みです。

この記事ではソーシャルレンディングの種類に分けてランキング形式で比較していきますので、是非最後まで読んで参考にしてみてください。

もし一番おすすめなソーシャルレンディングをすぐに始めたいという方は「Funds」がおすすめです。

新しいソーシャルレンディングですが、今物凄い勢いで伸びており今後注目されることが間違いないサービスです。

この機会に是非無料登録をして、提供されている案件を確認してみてください。

目次

ソーシャルレンディングの比較・一覧

それでは次にソーシャルレンディングを提供している会社を一覧にしてまとめました。

こちらの表がわかりやすくなっているので、是非参考にしてみてください。

サービス名サービス開始年期待利回り累計募集額公式サイト
Funds2019年1.9%〜6%約30億円公式サイト
SAMURAI FUND2002年3%〜10%約5億円以上公式サイト
クラウドバンク2013年7%約1,240億円公式サイト
Pocket Funding2019年4%〜9%約24億円公式サイト
CRE Funding2020年2.5%~3.0%約5億円公式サイト
SBIソーシャルレンディング2011年3%〜10%約1,660億円公式サイト
クラウドクレジット2014年4.8%〜12.5%約330億円公式サイト
LENDEX2017年6%〜10%約90億円公式サイト

近年できたばかりのソーシャルレンディングも多いのが特徴的ですね。

この中だと「Funds」「クラウドバンク」が多くのファンドを取り扱っており、期待利回りも高いのでおすすめです。

是非公式ページを確認して、提供されているファンドや仕組みを確認してみてください。

ソーシャルレンディングの比較おすすめランキング

それでは、これからソーシャルレンディングを始めるという方向けにランキングを紹介します。

是非このランキングを参考にして、ソーシャルレンディングを始めてみてください。

Funds

fundsの公式サイト
サービス名Funds
運営会社名ファンズ株式会社
サービス開始年2019年
累積募集額約30億円
期待利回り1.9%〜6%
公式サイトFundsの公式サイト

Fundsは、2019年にサービスを開始した比較的新しいソーシャルレンディングです。

期待利回りは1.9%〜6%と比較的低めの設定となっていますが、投資に関する手数料は無料となっており、1円単位で投資を行うことができます。

企業に資金を貸し出すと言う形で投資ができるので、非常にイメージがしやすいサービスとなっています。

多くのファンドが提供されているので、上場企業のファンドや未上場のファンドなど自分の許容リスクに応じて投資を開始できるのが特徴です。

Fundsの専門チームが参加している企業の審査をしてくれているので、危険な企業に投資をしてしまうというリスクはかなり低いです。

もちろん1万円から投資を始められるので、少額からでも是非Fundsでソーシャルレンディングをスタートさせてみてください。

SAMURAI FUND

SAMURAI FUNDの公式サイト
サービス名SAMURAI FUND
運営会社名SAMURAI証券株式会社
サービス開始年2002年
累積募集額約5億円以上
期待利回り3%〜10%
公式サイトFundsの公式サイト

続いて紹介するのはSAMURAI証券株式会社が運営するSAMURAI FUNDです。

補償付きのファンドを提供しているので、元本が回収されなかったらどうしようと思っている方でも安心です。

過去のファンド実績を確認すると、現在運用中及び返済完了の101件のうち未回収や延滞ざ起こったケースは1つもありません。

SAMURAI fundの実績

企業に投資するタイプのファンドだと未回収が非常に怖いですが、今ままでの実績を確認すると回収を漏れなく完了しているので期待できるファンドを提供しているということがわかります。

1万円からの少額投資で自分の理想的なファンドへ投資ができますので、是非応募してみてください。

クラウドバンク

クラウドバンクの公式サイト
サービス名クラウドバンク
運営会社名日本クラウド証券株式会社
サービス開始年2013年
累積募集額約1,240億円
期待利回り7%
公式サイトクラウドバンクの公式サイト

クラウドバンクは専業証券会社である日本クラウド証券株式会社が運営するソーシャルレンディングです。

2021年2月時点で約1,240億円ファンドへの募集金額を集めており、元本回収率100%となります。

クラウドバンクの画像

上記のように融資先に担保を用意しているため、債務不履行となった場合でも担保を現金化し投資家へ返済することが可能になっています。

期待利回りも7%となるため、安定して資金を回収できると言えるでしょう。

クラウドバンクでは、最低1万円を2ヶ月から運用することが可能となっており、未成年でも口座開設を行うことが可能です。

また、取り扱いファンドに関しては、細かい審査・与信調査が行われ、担保設定も行っています。

そのため、ソーシャルレーディンの利用が初めての方でも、比較的安心して投資することが可能でしょう。

Pocket Funding(ポケットファンディング)

poket fundingの公式サイト
サービス名Pocket Funding
運営会社名ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
サービス開始年2019年
累積募集額約24億円
期待利回り4%〜9%
公式サイトPocket Fundingの公式サイト

続いて紹介するのは沖縄発のソーシャルレンディングであるPocket Fundingです。

アジアビジネスの中心地である「沖縄」で事業を展開しているサービスで、既に累積募集金額は24億円を突牌しております。

気になる利回りは4%〜9%ということで、非常に期待できる数字でファンドを運営しています。

pocket fundingの実績

こちらは2021年2月までの実績を表したデータになりますが、「遅延御曜日延滞の貸付元本額」、「遅延及び延滞の貸付件数」は0件を記録しており安全なファンドであるということがわかります。

毎月利益配分型を採用しており、利益が毎月手に入れられるのは嬉しい仕組みと言えますね。

まずは無料登録して詳しい案件を確認して投資をするか決めていきましょう。

CRE Funding

CRE Fundingの公式サイト
サービス名CRE Funding
運営会社名株式会社FUEL
サービス開始年2020年
累積募集額約5億円
期待利回り2.5%~3.0%
公式サイトCRE Fundingの公式サイト

CRE Fundingは、東証一部上場企業であるCREグループが運営しているソーシャルレンディングです。

比較的新しいソーシャルレンディングとなるため、累積募集額・利回り・取り扱いファンド数が他とは劣りますが、物流不動産のファンドに投資することができます。

また、CRE Fundingで取り扱っているファンドは全て物流不動産となるため、他では取り扱いの無いファンドに投資が可能です。

SBIソーシャルレンディング

sbiソーシャルレンディングの公式サイト
サービス名SBIソーシャルレンディング
運営会社名SBIソーシャルレンディング株式会社
サービス開始年2011年
累積募集額約1,660億円
期待利回り3%〜10%
公式サイトSBIソーシャルレンディングの公式サイト

SBIソーシャルレンディングは、SBIグループが展開している様々な金融知見を用いて運営しているため、比較的安心して投資を行うことが可能です。

ファンドごとに異なりますが、最低1万円からの投資を行うことも可能ですし大半の手数料が無料ですので、投資初心者の方でも利用しやすいと言えるでしょう。

また、サービス運営期間も長く、様々な種類のファンドを取り扱っているため、貸し倒れが発生した事例も存在していますが、大半を回収しています。

しかし、元本保証されているわけではありませんので、ファンドごとの保証や分散投資を行い予めリスクヘッジしておくことが重要です。

クラウドクレジット

クラウドクレジットの公式サイト
サービス名クラウドクレジット
運営会社名クラウドクレジット株式会社
サービス開始年2014年
累積募集額約330億円
期待利回り4.8%〜12.5%
公式サイトクラウドクレジットの公式サイト

クラウドクレジットは、国内だけではなく、世界中のファンドに投資することができるソーシャルレンディングです。

最低1万円から投資を行うことが可能となりますが、投資できるファンドは企業だけではなく、国や通貨・海外ローンなどに分散投資することができます。

利回りは4.8%〜12.5%と、広め範囲となっていますが、ファンドによって大きく異なるのが現状となっており、公共性の高い案件に関してはリターンが高いです。

しかし、リスクも高く企業の赤字も広がっているため、分散投資を行い予めリスクヘッジを行うことが重要と言えるでしょう。

LENDEX(レンデックス)

lendexの公式サイト
サービス名LENDEX
運営会社名株式会社LENDEX
サービス開始年2017年
累積募集額約90億円
期待利回り6%〜10%
公式サイトLENDEXの公式サイト

LENDEXは、高利回りの案件が多いソーシャルレンディングです。

1年以内の短期投資を中心にファンドを取り扱っており、利息は毎月分配しているため、成果を毎月感じることができるため、投資のモチベーション向上に繋げることができます。

LENDEXでは、大半のファンドに対して担保を設定しており、担保内容は不動産資産となります。

また、LENDEXでは実際に貸し倒れが発生した際、不動産資産の精算を行ったとしても評価額が低いことを防ぐために、資産評価額が2社以上で80%を超えなければ担保として認めていません。

そのため、貸し倒れの際のリスクを抑えて融資が可能です。

不動産投資型のクラウドファンディングおすすめランキング

それでは次に不動産投資型のクラウドファンディングを紹介します。

是非こちらも合わせて参考にしてみてください。

OwnersBook(オーナーズブック)

オーナーズブックの公式サイト
サービス名OwnersBook
運営会社名ロードスターキャピタル株式会社
サービス開始年2014年
累積募集額約200億円
期待利回り4.6%
公式サイトOwnersBookの公式サイト

OwnersBookは、東証マザーズ上場企業であるロードスターキャピタル株式会社が運営しているソーシャルレンディンです。

不動産のプロが厳選したファンドに投資することができる、国内初の不動産特化型となっており、全案件不動産資産の担保が設定されています。

また、担保となる不動産資産に関しては、不動産鑑定士の精査・外部専門家の査定を行うことで、一定の評価を得ているため、貸し倒れが起きた際でも、リスクを軽減することが可能です。

最低1万円から投資を行うことが可能なため、少額から不動産投資を始めたいと考えている方にとっては、勉強にもなるサービスと言えるでしょう。

CREAL(クリアル)

crealの公式サイト
サービス名CREAL
運営会社名株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
サービス開始年2018年
累積募集額約70億円
期待利回り4%前後
公式サイトCLEALの公式サイト

CREALとは、運用資産残高約300億円の不動産アセットマネジメント会社が運営している不動産投資型のクラウドファンディングとなります。

最低1万円から投資を始めることができ、取り扱い案件はマンションやホテルだけではなく、学校・保育園な様々な不動産投資が可能です。

また、優勢劣後出資を採用しているため、全ての案件にCREALが出資が先んじて出資しており、売却時に損失が発生する場合はCREALが初期負担してくれます。

CREALで取り扱っている案件は、不動産詳細が公開されているため、透明性の高い投資を行うことができるでしょう。

Rimple(リンプル)

rimpleの公式サイト
サービス名Rimple
運営会社名プロパティエージェント株式会社
サービス開始年2020年
累積募集額約2.5億円
期待利回り5%前後
公式サイトRimpleの公式サイト

Rimpleは、不動産投資エキスパートであるプロパティマネージメント株式会社が運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

案件の大半はマンションタイプの不動産となり、運用期間6ヶ月・1口1万円から不動産投資ができるため、投資経験のない方でも比較的簡単にチャレンジすることができます。

また、Rimpleの特徴的な点として「リアルエステートコイン」と呼ばれる、独自のポイントが存在しており、1コイン1円として不動産投資に利用すること可能です。

コインに有効期限は存在しておらず、出資の際に自動で現金化が行われます。

Rimpleでは、出資者7割の優先出資・運営会社3割の劣後出資の割合で運用されているため、元本保証がなくても安心した投資が可能と言えるでしょう。

I-Bond(アイボンド)

i-bondの公式サイト
サービス名I-Bond
運営会社名株式会社マリオン
サービス開始年2019年
累積募集額約130億円
期待利回り1.5%(税引前)
公式サイトi-bondの公式サイト

I-Bonda、2018年に東証jasdaqスタンダードに上場した株式会社マリオンが運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

投資にかかる手数料は全て無料となっており、最低1万円から投資を始めることができます。

I-Bondで取り扱っている不動産については、単一で管理しているわけではなく、分散運用でリスクヘッジを行っています。

また、I-Bondの特徴的な点として、ファンドの運用期間が無期限となっているため、長期運用を見込むことができるでしょう。

しかし、期待利回りが1.5%(税引前)となるため、不動産投資でがっつり収益を取得していくことは難しいのですが、安定し収益の獲得は見込めるため、不動産投資初心者にとってはおすすめの業者です。

株式投資型のクラウドファンディングのおすすめランキング

それでは次に株式投資型のクラウドファンディングをランキング形式で紹介していきます。

是非こちらも合わせて見てみてください。

イークラウド

イークラウドの公式サイト
サービス名イークラウド
運営会社名イークラウド株式会社
サービス開始年2020年
累積募集額約4,990万円
期待利回り無し
公式サイトイークラウドの公式サイト

イークラウドは、投資のプロが厳選したベンチャー企業に投資することができる株式投資型のクラウドファンディングです。

投資金額は設定されておらず、案件後に最低投資金額が異なる仕様となっています。

2020年にサービスを開始したばかりということもあり累積募集額は高くありませんが、投資案件はベンチャー企業に絞っており、投資した企業がIPO・M&Aに至った場合、莫大なリターンを得ることが可能です。

また、投資家としての登録は身分証さえ用意していれば、すぐに行うことができるため、即日希望の案件に投資を始めることができます。

まだまだ開始したてのサービスではありますが、勢いのあるベンチャー企業にフォーカスしているため、今注目されているクラウドファンディングとなります。

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNOの公式サイト
サービス名FUNDINNO
運営会社名株式会社日本クラウドキャピタル
サービス開始年2017年
累積募集額約44億円
期待利回り無し
公式サイトFUNDINNOの公式サイト

FUNDINNOは、取引量・国内シェアNo. 1の株式投資型クラウドファンディングです。

取り扱い案件は全てベンチャー企業となっており、FUNDINNOの厳正な審査を通過した企業のみに投資を行うため、比較的安定感のある投資ができるでしょう。

ベンチャー企業を中心に投資を行う投資家の大半が、FUNDINNOを利用して今後上場する見込みのある企業を探しています。

投資方法はPCだけではなく、スマートフォンを利用してベンチャー企業に投資することができるため、開いた時間にスマホから株式投資が可能です。

最低投資可能額は約10万円となるため、少額の予算でも投資家として企業の成長を楽しむことができます。

Unicorn(ユニコーン)

サービス名Unicorn
運営会社名株式会社ユニコーン
サービス開始年2019年
累積募集額約2億円
期待利回り無し
公式サイトUnicornの公式サイト

Unicornは、スタートアップ企業をメインに投資を行うことができる株式投資型クラウドファンディングです。

金融機関にてIPO・M&A・資金調達などの経験を積んできたメンバーが厳正な審査を行い、通過した企業に投資を行うことができます。

取り扱っている企業の多くが、AI・ITなどのテクノロジーを生かした事業を展開しようとしているため、投資経験がない方にとっては難しいと言えるでしょう。

しかし、成功事例がない分野への投資になるため、成功すれば莫大なリターンを受け取ることが可能です。

ソーシャルレンディングの比較ポイント

ソーシャルレンディングを選ぶためのポイントは大きく分けて以下の3つです。

ファンドの数が豊富に用意されているか
ファンドの透明性があるか
ファンドの貸し倒れリスクがないか

それではポイントを見ていきましょう。

ファンドの数が豊富に用意されているか

先着順で対応しているソーシャルレンディングですが、非常に注目を集めているため、ファンドの数が豊富に用意されていなければ応募総数に対して上手く対応できず、投資すらできない可能性があります。

そのため、事前にファンドの数を確認しておくことは非常に重要と言えるでしょう。

また、ソーシャルレンディングには、事前入金を行っていなければ、応募できないファンドも存在しており、投資ができなければ多額の資金を眠らせてくことになります。

ファンドの数が多いソーシャルレンディングの場合、投資額が大きいファンドが出てくる場合もありますので、基本事前入金をしておくことをおすすめします。

ソーシャルレンディングは基本1万円から投資することが可能ですので、そこまで大きな資金を用意する必要はありません。

まずは少額から入金を行い、リスクを低くして投資を行うのがおすすめの方法です。

ファンドの透明性があるか

ソーシャルレンディングで取り扱っているファンドの多くが、金利が高くても資金を集める必要があるため、ファンドの透明性を確認しておく必要があります。

以前までは不透明性が高かったソーシャルレンディングですが、仮想通貨取引情報流失の影響から金融庁が投資家に対して情報開示を行い、ソーシャルレンディングで取り扱っているファンドの透明性が指摘されています。

そのため、ソーシャルレンディングを選ぶ上で、どこに貸付を行っているかなどの情報を確認できる透明性の高いファンドを取り扱っているかどうかを確認することが重要です。

情報開示の項目が少ないファンドや、どのような会社や物件を取り扱っているかが不明瞭なファンドは信頼性が薄いと判断することができますので十分に気をつけてください。

ファンドの貸し倒れリスクがないか

上記でも紹介している通り、ソーシャルレンディングでは金利が高くても資金を集める必要があるファンドが集まっているため、貸し倒れリスクがないかを確認することが重要です。

貸し倒れが起こってしまうと、最悪の場合投資した資金を回収できない可能性があります。

運営会社によっては、貸し倒れが発生したことがないと表示されている場合もありますが、注目すべきは貸し倒れが起こった際の担保です。

貸し倒れが起こった際に投資金額を回収できそうにない担保であれば、希望しているファンドに投資するのはリスクヘッジのために控えた方がいいでしょう。

ソーシャルレンディングを始めるメリット

ソーシャルレンディングを始めるメリットは以下の3つです。

手続きが簡単で投資を始めることができる
高い利回りを期待できる
少額から投資を始めることができる

手続きが簡単で投資を始めることができる

ソーシャルレンディングの多くが、メールアドレスを利用して本人確認書類をデータで提出するだけで投資家として登録することが可能です。

特別な審査がないため、投資経験がない方でも簡単に投資を始めることができます。

また、ソーシャルレンディングを始める上での必要な情報量は少なく、存在を知らなかった方でもHPを読むだけで大体の概要は把握することができるため、始めやすいと言えるでしょう。

高い利回りを期待できる

取り扱っているファンドの種類により異なる部分ではありますが、ソーシャルレンディング全体の利回りは平均6%〜7%です。

利回りが1%以下である金融機関などと比較してみると、高利回りを期待できる驚異的な数値です。

また、ファンド自体の貸し倒れが発生しなければ安定した収益を得ることができるため、運用の手間も必要なく、日中忙しい会社員の方にとっては魅力的なサービスと言えるでしょう。

少額から投資を始めることができる

投資と聞くとどうしても、数十万・数百万単位の資金が必要に思えますが、実際の株式取引よりもソーシャルレンディングで取り扱っているファンドごとの事業規模は比較的小さいです。

そのため、多くのソーシャルレンディングでは、ファンドへの最低投資金額を1万円に設定しています。

1万円からであれば会社員の方や主婦の方でも手軽に投資できますし、万が一損失を出してしまっても少額ですのでそこまで痛い損失になることはないでしょう。

ソーシャルレンディングを始めるデメリット

ソーシャルレンディングを始めるデメリットは以下の3つです。

元本われを起こす可能性がある
ファンドを途中で解約することができない
事業者が倒産する可能性がある

元本割れを起こす可能性がある

ソーシャルレンディングは、元本割れを保証しているわけではありませんので、万が一投資しているファンドが貸し倒れを起こしてしまうと資金が返ってこない可能性があります。

ただし、金融・株式投資において元本割れは最大のリスクであることは各社もちろん把握しています。

そのため、元本割れしてしまった際の保証を手厚くしていることが多く、優勢劣後出資や不動産資産を担保にすることも多数存在しているため、分散投資などを行いリスクヘッジすることが重要です。

ファンドを途中で解約することができない

ソーシャルレンディングの大半が、ファンドを選択して投資を行った後、出金することができません。

そのため、投資に使用していた資金が入用になったとしても、手元にすぐ戻るわけではありませんので投資前に予め注意しましょう。

しかし、中には流動性を持たせるために解約を可能としているソーシャルレンディングも存在しているため、投資資金をいつでも引出したいと考えているのであれば、解約可能なサービスを選びましょう。

事業者が倒産する可能性がある

貸し倒れで起こる元本割れと同じく、ソーシャルレンディングでは事業者自体が倒産してしまう可能性があります。

万が一の時のために各社予め対応策を提示していますが、必ず投資資金が全額返還される保証はないため、リスクを承知した上で投資するようにしましょう。

特に、ソーシャルレンディングサービスを開始する企業が増えてきているため、資本金・運営会社・運営年数などの様々な観点から、経営の透明性を確認が重要です。

ソーシャルレンディングの始め方

複数の事業者やメリット・デメリットを紹介してきましたが、実際のところ「ソーシャルレンディングってどうやって始めるの?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

下記にてソーシャルレンディングの始め方を解説していきます。

投資家登録を行う

投資を始めるためには、希望の事業者を選択した上で投資家登録を行う必要があります。

投資家として登録していなければ、口座開設を行うこともできませんので必ず行いましょう。

登録自体は入力フォームに個人情報の入力を行い、身分証などの提出を行います。

入金を行う

投資家として登録を行い、審査を通貨した場合専用の口座も開設されますので、投資に必要になる資金を入金しましょう。

最低入金可能額は事業所によって異なっており、入金後1日前後で専用口座に反映されます。

ソーシャルレンディング自体が非常に人気ですので、事前に入金を行っていなければ投資に参加することすらできません。

実際に投資をしてみる

希望するファンドが募集されている場合、実際に入金していきます。

ファンドによっては、募集開始後すぐに終了してしまう可能性もありますので、見つけたらすぐに投資することを心がけましょう。

投資を行う際に手数料が発生する事業所も存在していますので、事前に確認が必要です。

ソーシャルレンディングに関するQ&A

それでは次にソーシャルレンディングに関するQ&Aを解説していきます。

これからソーシャルレンディングを始めるという方はこちらを参考にしてみてください。

いくらから投資を行うことができますか?

1円から投資を行うことができるソーシャルレンディングも存在しています。

しかし、1万円・10万円からでないと投資することができない事業所も存在しているため、最低投資可能額は各所それぞれ設定している形となります。

そのため、自身の資金状況に合わせて事業所を選ぶようにしましょう。

どれくらいの利回りを期待できますか?

事業所によって異なる部分ではありますが、ソーシャルレンディング全体の利回りとして平均6%〜7%期待することができます。

金融機関の利回りと比べるとかなり高い数値となるため、リターンの高い投資を行うことが可能です。

その分リスクも存在しているため、分散投資などのリスクヘッジを行い投資していくようにしましょう。

ソーシャルレンディング比較おすすめランキングまとめ

fundsの公式サイト

今回はソーシャルレンディングについて比較、ランキング形式で紹介していきました。

これから始める方は是非この記事の情報を参考に投資を始めてみてください。

この記事のまとめ

ソーシャルレンディングは1万円から投資を始めることができる!
元本保証があるサービスを選ぶと安心
なるべく実績が開示されているサービスを選んで投資をしよう

今回は多くのソーシャルレンディングのサービスを紹介してきました。

その中でも「Funds」はかなりおすすめです。

1万円から少額で投資を始めることができますので、是非投資をスタートさせてみてください。

目次
閉じる