草コインとは?おすすめ銘柄ランキング11選!買い方・選び方も解説|2022年版

草コインランキング

この記事では草コインの仕組みや取引方法について詳しく解説をしていきます。

アルトコインの中でも知名度が低く、価値がほとんどないコインは草コインと呼ばれています。

草コインは価格が伸び悩んでいますが、高騰すれば大きな利益が期待できるとされており、投資家の間でも注目されているコインなのです。

高騰するコインがどれなのか見極めが難しそうに見えますが、高騰する草コインにはある条件があります。

今回は草コインで暴騰したケースや、おすすめの草コイン、草コインの買い方、これから上昇する草コインの条件を解説しますので、是非最後まで読んでみてください。

この記事をまとめると…

草コインは高騰すれば1万倍を超える上昇を見せることもあり、将来性が期待できる取引法です。

もちろん、それに応じたリスクもありますが、少額から始めることでリスクを最小限に抑えることができます。

これから草コイン取引をしたいという方は、通貨数が豊富で直感的に通貨を入手できるコインチェックをの公式サイトを確認してみると良いかもしれません。

詳しくは公式サイトをチェックしてみましょう

なお、「2022年注目の仮想通貨」についてはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので「動画でサクッと2022年の注目銘柄について学んでみたい!」という方はぜひチェックしてみてください!

また、Invest Naviでは仮想通貨の最新情報をまとめた公式LINEを提供しています。

無料で登録することができますので、是非合わせて登録をしてみてください。

公式LINE

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

草コインとは?

それでは初めに「草コインとはそもそも何か」について解説をしていきます。

実際の特徴をまとめると下記です。

草コインの特徴
  • アルトコインの中でも知名度が低いマイナーなコイン
  • 時価総額が低い
  • 流動性が少ないため、購入しても売れない可能性がある
  • 将来的に高騰すると多額の利益を狙うことができる
  • 実際に投資をするなら、分散投資をするのがおすすめ

草コインとは時価総額が低く、他の主要仮想通貨に比べて投機性の高い通貨を指します。

実際に価格が低い通貨となりますので、大量に保有することで価格が上昇したときに大きな利益を得ることが可能です。

過去に1万倍を超える上昇を記録した通貨もありますので、非常に夢のある取引方法であることは事実です。

しかし、リスクとしてはボラティリティが大きいということが上げられます。

場合によっては価格がさらに下がったり、唐突に大幅に上昇したりするケースがあります。

そのため、草コイン投資は余剰資金で行い、あくまでサブとして方方法として意識しておくことが大切です。

また、1つの草コインのみを狙って高騰を的中させるということは非常に難しいため、草コイン取引をしようと思っている方はいくつかの草コインに分散をすることがおすすめです。

※草コイン取引に大きな金額を投入をするのはリスクが高いため推奨しておりません。

過去に草コイン投資で暴騰したケース

実際に草コインで高騰した例を見ていきましょう。

これから草コイン取引をしたい方は是非参考にしてみてください。

XPの価格が10万倍にまで上昇

1つ目に紹介するのはXPと言われる仮想通貨です。

もともと様々なイベントを達成したときに配布されるという目的で開発され、日本人のコミュニティに多く支持されていました。

コミュニティが盛り上がる仮想通貨は他にも数多くあり、そのうちのモナコイン(MONA)などは価格が急上昇した通貨の1つです。

XPも将来的にモナコインのように価格が大きく上昇することが期待されていましたが、2018年の1月に仮想通貨の高騰と共に大きく上昇します。

2017年1月に1XP=約0.0000000458USDだったのが、2018年1月には約0.00525USDという約11万倍にまで暴騰しました。

その後は、上昇が期待されるイベントが複数控えていたものの、価格が安定せずに失速をしていきました。

コミュニティにおける爆発力が影響した通貨の代表例だったと言えます。

SHIBA INU(SHIB)の価格が約50万倍に上昇

2021年1月に0.0000000076ドルの価格で推移していた SHIBA INU(SHIB) というコインですが、2021年10月の価格変動で約50万倍にまで上昇しました。

SHIBA INU(SHIB)の価格が約50万倍に上昇
引用元:TradingView提供チャート

価格上昇の要因は、イーロン・マスク氏のツイート投稿が影響したと言われています。

また、個人投資家だけではなく、多額の資金力を誇る大口投資家の参入も要因です。

2022年9月現在でも、時価総額ランキング14位を誇り、相場変動は激しいものの高額の利益を狙える通貨として名を馳せました。

現時点でSHIBA INUを扱っている国内取引所はありません。

海外取引所のみの扱いとなりますが、詐欺やハッキングのリスクがあるので購入の際には注意しましょう。

イカゲームトークン(SQUID)の価格が32万倍にまで上昇

2021年は、ネットフリックスオリジナルシリーズの韓国ドラマ「イカゲーム」が日本でも大ブームとなった年です。

そんなイカゲームのヒットの裏では、関連した仮想通貨の事件がありました。

背景にあったのはスキッドトークン(SQUID)という仮想通貨で、ドラマ「イカゲーム」をヒントに開発された「イカゲームプロジェクト」のための独占ゲームコインです。

イカゲームのドラマに登場する6つのゲーム形式に進行されており、ゲーム参加にはスキッドトークンを参加費として支払うというものでした。

2021年10月20日より事前販売が開始されると、わずか1秒で完売、わずか1日で24万倍の高騰を見せたのです。

イカゲームトークン
引用元:TradingView提供チャート

その1週間後には32万倍もの急騰をしており、仮想通貨の歴史に残る高騰ぶりでしたが、すぐに99.99%の大暴落を招いています。

開発者が最初から短期間で値をつり上げを目論んで、投資家の資金を持ち逃げする「ラグプル」という手口が使われたケース。
イカゲームトークンではトークンの暴落を防ぐという名目で、購入したユーザーへの売却制限が行われていた。

仮想通貨詐欺師が推定210万をだまし取った事や、開発者は250万ドルもの資金を持ち逃げしてしまった事で、最終的には仮想通貨史に残る詐欺事件として語られています。

急速に知名度を上げた通貨であったとしても、世に浸透して間もない通貨は詐欺まがいのコインである可能性も否めないです。

国内取引所のコインチェックでは、比較的マイナーな通貨をはじめ、厳選された17種類もの豊富な銘柄を扱っています。

安全性の高い取引所で将来性のある通貨を取引したい方は、ぜひコインチェック公式サイトをチェックしてみて下さい。

【2022年最新】おすすめの草コイン比較ランキング・一覧

それでは、2022年注目されている草コイン通貨を一気に紹介します。

ここで紹介している通貨は今年期待できそうなものばかりなので、是非検討してみてください。

アイオーエスティー(IOST)

IOSTの公式画像
通貨名IOST
現在レート(1通貨)¥1.17
時価総額(2022年12月)¥21,786,672,063
購入可能な取引所Coincheck(コインチェック)
BITPOINT
フォビジャパン
公式ホームページhttps://iost.io/
2022年12月5日更新

IOSTはクレジットカードのように高性能な処理能力を持ち、さらにスマートコントラクトを利用したブロックチェーン技術で様々な技術に活用することを目指しています。

スマートコントラクトにはJavaScriptが採用されており、多くのエンジニアが使えるため技術的な障壁が低いと見られています。

価格は過去に既に高騰しており、10倍を超える驚異的な上昇を記録しています。

その後の価格は低迷を続けますが、2020年9月よりコインチェックに上場され日本でも購入ができるようになりました。

また、2021年1月頃からIOSTの価格が上昇してきており、2021年2月にも価格上昇が続きました。

IOST
引用:Tradingviewの提供チャート

上記のチャートで分かるとおり、1月から4月にかけて価格が上昇を続け、一時は10円に迫る勢いでした。

5月から7月にかけて調整局面に入りましたが、8月から再び上昇局面になりました。

そして、2021年9月には入り急激な価格上昇を見せ一時は9円にも到達しました。

その後、仮想通貨全体での停滞に連動して価格を大きく下げます。

しかし、2022年3月には1週間比で60%以上もの価格上昇を記録し、一時約5円程度まで伸びましたが、その後停滞して約1.17円ほどで取引されています。

2022年5月には、国内取引所のBITPOINTやフォビジャパンにて取り扱いが開始され、国内では知名度がどんどん上昇しているのも特徴です。

現在、IOSTは国内取引所の中でコインチェックを含む多くの国内取引所で扱っています。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインの公式画像
通貨名Enjin Coin(ENJ)
現在レート(1通貨)¥43.00
時価総額(2022年12月)¥43,048,823,715
購入可能な取引所Coincheck(コインチェック)
bitbank
公式ホームページhttps://enjin.io/
2022年12月5日更新

Enjinは2009年頃に運営開始したオンラインゲームのプラットフォームでエンジンコインはEnjin内のオンラインゲーム内の売買で使えるコインです。

普通オンラインゲームの売買は同じオンラインゲーム内で行うものですが、Enjinの場合は異なるゲームでもやりとりができます。

さらにEnjinはERC-1155という規格で作られたトークンで、複数のトークンをまとめて管理しつつ、唯一無二のトークンを作り出すことができるのです。

このEnjinはMicrosoftと協業したことがあり、技術者向けの報酬システムにEnjinのブロックチェーン技術が採用され、これによりエンジンコインは価格が約2倍になりました。

2021年1月にはコインチェックにも採用され、2月11日には価格が約1.5倍に跳ね上がりました。

エンジンコイン チャート

さらに2021年3月15日には価格が最高値の328円となり、コインチェックに上場をしてから約1ヶ月ほどで価格が6倍以上になっています。

4月に入っても過去最高値を更新し、一時400円以上を記録しました。

3月・4月と過去最高値を更新してきたエンジンコインですが、5月・6月からは調整局面となっています。

ENJI
引用:Tradingviewの提供チャート

その後、価格は下落し2022年12月5日現在は¥43.35で取引されています。

オンラインゲーム内でNFTとして使われれば使われるほど価格上昇が見込めるので、2022年以降の動きにも期待大です。

これからエンジンコインを取引をして、収益を上げたいという方は是非下記からチェックしてみてください。

ベーシックアテンショントークン(BAT)

BATの公式サイト
通貨名Basic Attention Token(BAT)
現在レート(1通貨)¥32.04
時価総額(2022年12月)¥47,738,346,238
購入可能な取引所Coincheck(コインチェック)
レバレッジ取引可能な取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
公式ホームページhttps://basicattentiontoken.org/ja/
2022年12月5日更新

続いて紹介するのはBAT(ベーシックアテンショントークン)です。

BAT「brave」というWebブラウザで利用されるトークンです。

普段、「brave」では広告がブロックされますが、ユーザーが「brave」をダウンロードし、広告を閲覧をすることで、BATを報酬としてもらうことができます。

braveの1番の強みは「速度」です。

なんと、Google Chromeと比べても3倍の読み込みスピードを記録しており、非常に快適にネットを活用することができます。

braveは最速のウェブブラウザとしてリリースされている

また、クッキー等のデータを保存されないようになっているため、使い続けることで重くなってしまう現象を防ぐことが可能です。

BATについて興味があるという方はまずbraveを使ってみることをおすすめします。

BATはBraveのユーザー数が増えたり、BATが決済や色々なことに使えるようになることで、価格が上昇する可能性があるでしょう。

気になる価格ですが、3月・4月と最高値を更新し続け、一時160円台まで上昇を続けていましたが、5月と6月と調整が入り、大きく下落をしました。

2022年12月現在では、仮想通貨全体での価格上昇と連動して、¥32.02ほどの価格で推移しています。

ベーシックアテンショントークン(BAT)
引用:Tradingviewの提供チャート

しかし、2021年の4月に約160円を記録しており今後のポテンシャルは非常に高いと予想されています。

実際にbraveというサービスがリリースしている通貨になりますので、今後braveのユーザーが増えれば比例して通貨の価値が伸びる可能性は十分にあります。

是非BATの将来性に期待するという方は下記からチェックしてみてください。

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメンとは
通貨名Stellar Lumens(XLM)
現在レート(1通貨)¥12.51
時価総額(2022年12月)¥320,382,105,883
購入可能な取引所Coincheck(コインチェック)
レバレッジ取引可能な取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
公式ホームページhttps://www.stellar.org/
2022年12月5日更新

ステラルーメン(XLM)は、2014年7月に作られた仮想通貨で、送金システムの効率化個人間の決済方法として作られています。

ステラルーメンは個人間の決済や送金スピードが非常に速く、送金手数料も安いです。

例えば、ビットコインは決済をするのに10分程度かかりますが、ステラルーメンなら2~5秒ほどで終わります。

ステラルーメンはTEPOなど数多くの大企業と提携しているだけでなく、IBMとも提携したことで、国際送金ネットワークが開発されました。

さらに、東南アジア地域では決済方法の1つとして一部実用化されているのです。

ステラルーメン(XLM)
引用:Tradingviewの提供チャート

2018年には急激な上昇を見せ100円近くまで大きな上昇を見せました。

その後は徐々に価格が落ちていますが、2020年12月から2021年4月にかけて価格が上昇しました。

過去に100円近くまで上昇したことを考えると、ここから2倍以上の成長ポテンシャルがありますので、仮想通貨相場が継続するなら大きな上昇が期待できそうです。

アフリカのセネガルでは、ステラを使った暗号都市の計画も開始されていることから、成功して着実に需要が増せば今後の上昇もあり得るでしょう。

ステラルーメンの取引をしたいという方は是非下記からチェックしてみてください。

メイカー(MKR)

メイカー
通貨名Maker(メイカー)/MKR
現在レート(1通貨)¥97,264.57
時価総額(2022年12月)¥95,088,862,621
購入可能な取引所bitFlyer
GMOコイン
bitbank
公式ホームページhttps://makerdao.com/ja/
2022年12月5日更新

Makerは、「DAI」の発行や管理を行っているプラットフォーム・プロジェクトの総称、Makerの通貨を指す言葉です。

Makerでは、利用者がイーサリアムなどの仮想通貨を担保にしてDAiの発行ができます。

DAIは、1DAIが1ドル固定とされており、価格が乱高下しないという特徴を持つコイン(ステーブルコイン)です。

ステーブルコインの時価総額ランキングでも第5位を誇り(2022年12月現在)、分散型のステーブルコインとしては最も高いシェア率を誇ります。

メイカーの価格動向は以下の通りです。

MKR
引用元:TradingView提供チャート

2021年5月には、NFTやDefi市場の盛り上がりで、一時6,000ドルの高値を付けましたが、現在は仮想通貨市場全体の落ち込みで下落しています。

現在では、bitFlyerbitbankGMOコインの3社で取引可能となっております。

\ 1円から投資可能!/

アトム(ATOM)

ATOM
通貨名ATOM(アトム)
現在レート(1通貨)¥1,408.12
時価総額(2022年12月)¥403,192,567,410
購入可能な取引所GMOコイン
公式ホームページhttps://cosmos.network/
2022年12月5日更新

続いて紹介するのはATOM(アトム)です。

Cosmosというブロックチェーン上で取引される通貨がATOMになります。

Cosmosは、インターネット・オブ・ブロックチェーンをコンセプトにしているプロジェクトで、誰しもが簡単にブロックチェーンを開発利用できる世界を目指しています。

その取り組みの1つとして、ブロックチェーンの開発ツールを一般公開するなど、複雑で簡単に開発・利用ができない考えられていたブロックチェーンを身近に浸透させており、その将来性には高い期待が持たれているのです。

ブロックチェーン上で使えるATOMにも注目が集まっているほか、日本の自動車メーカーであるトヨタがCosmosの技術を採用するなど、今後も多くの企業が参入すると言われています。

ATOMの価格動向は以下の通りです。

アトム(ATOM)
引用元:TradingView提供チャート

2020年~2021年にかけては、仮想通貨やDefi関連銘柄の投資熱により大きく上昇しました。

2022年に入って少し停滞していますが、現在は下降トレンドの過程にあると言えるでしょう。

なかなか国内では上場されなかったATOMですが、2021年7月14日にGMOコインで取り扱いが開始されました。

取引を検討している方は、ぜひこの機会にGMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

ニアー(NEAR)

NEAR
通貨名NEAR(NEAR Protocol/ニアプロトコル)
現在レート(1通貨)¥269.63
時価総額(2022年12月)¥222,849,990,642
購入可能な取引所海外仮想通貨取引所
公式ホームページhttps://near.org/
2022年12月5日更新

NEAR(NEAR Protocol/ニアプロトコル)は、イーサリアムの代替としてdAppsの運用が可能なプラットフォームを提供するプロジェクトです。

従来のブロックチェーンよりも素早い処理と取引手数料が低い、シャーディングという技術が適用されています。

シャーディング技術
一気に実施していたトランザクションの処理を分散して実施することで、必要な容量が圧倒的に少なくなり、処理スピードが素早く手数料も安くなる技術。ビットコイン処理の700倍もの早さで処理できるようになると言われている。

また、イーサリアムとの接続も可能な「rainbow」というブリッジ機能が搭載されている事も特徴です。

現在に至るまで様々なプロジェクトへの積極的な参加をしている事から、今後イーサリアムのライバルになるとも考えられている期待の通貨と言えるでしょう。

ニアー(NEAR)
引用元:TradingView提供チャート

2021年の年末から年明けには高値を更新しましたが、アルトコイン全体での下落が続いており、連動してNEARも下落する形となりました。

しかし、2022年3月から4月にかけては急騰を決めており、高値更新に迫る勢いから注目が高まっている通貨です。

サンド(SAND)

サンド(SAND)
通貨名SAND(The Sandbox)
価格(2022年12月現在)¥84.26
時価総額(2022年12月現在)¥125,666,761,306
購入可能な取引所コインチェック
公式ホームページhttps://www.sandbox.game/jp/about/sand/
2022年12月5日現在

仮想通貨SANDは、The Sandboxというゲーム内で使える仮想通貨のことです。

実際にはまだリリースされておらず、2021年に予定されていましたが、現在では2022年後半のリリース予定とされています。

The Sandboxは、ゲーム内にデジタルの土地を持ち、その土地で新たなゲームを作る事ができるという、革新的なアイディアで開発されている事から注目度が高まっています。

ゲームのリリース前から大きな盛り上がりを見せているので、リリース後はさらに大きな反響を生む通貨ではないかと言われているのです。

SANDの過去の価格動向は以下のとおりです。

SAND
引用元:TradingView提供チャート

順調に上昇を決めていますが、これはSANDの影響というより、仮想通貨全体の投資熱拡大とNFT関連銘柄の関心が高まった事による上昇と考えられています。

SANDはスクウェア・エニックスなどの大手企業から融資を受けている事から、将来性に期待されている通貨と言えるでしょう。

SANDは、2022年5月よりコインチェックにて上場をしました。

SANDに興味がある方は、コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

スタックス(STX)

Stacks
通貨名スタックス(Stacks)
価格(2022年12月現在)¥34.20
時価総額(2022年12月現在)¥40,209,830,270
購入可能な取引所海外仮想通貨取引所など
公式ホームページhttps://www.stacks.co/
2022年12月5日現在

スタックスは、ビットコインをスマートコントラクトに実装するために開発されたプロジェクトです。

スマートコントラクト
契約の自動化を意味する。仲介が必要ないので、取引時間が早く手数料が安い。

システム上にて人の手を介さず自動で契約が成立するのでいつでも取引ができるほか、購入者と売却したい人の合意もいらず確実に取引の実行ができます。

また、スタックスはアメリカの証券取引委員会であるSECの承認を受けた上で、約50億円もの高額な資金調達にも成功しています。

ハッキングや詐欺事件のニュースが絶えない仮想通貨業界では、このようなセキュリティの高く確実なシステムは、大きな成長を見せるのではと高い期待が持たれているのです。

スタックスの過去の価格動向は以下のとおりです。

スタックス(STX)
引用元:TradingView提供チャート

高い将来性に期待されているスタックスですが、現在は下落トレンドの過程にあります。

スタックスは、ビットコインのスマートコントラクト実装を目的としたプロジェクトであることから、ビットコインと連動した値動きになりやすいです。

2022年に入って、仮想通貨全体での下落が続いていますが、スタックスもその影響を受けたと言えるでしょう。

しかし、短期で見れば一時的な上昇をする事もあるので、底値で買って短期で売るという方法も有効とされています。

アスターネットワーク(ASTR)

アスターネットワーク(ASTR)
通貨名アスターネットワーク(ASTR)
価格(2022年12月現在)¥4.97
時価総額(2022年12月現在)¥18,450,762,860
購入可能な取引所海外仮想通貨取引所など
公式ホームページhttps://www.stacks.co/
2022年12月5日現在

ASTRは、2022年1月17日にメインネットを立ち上げたばかりの比較的新しい仮想通貨です。

そのブロックチェーンであるアスターネットワークは、日本発のブロックチェーンという事もあり、高い注目を集めています。

アスターネットワークは、ポルカドットのパラーチェーンという特徴を持ちますが、ポルカドットの「ブロックチェーンの接続機能」と「高いセキュリティ機能」に加えてスマートコントラクト機能までも搭載しています。

また、イーサリアム上で作成したスマートコントラクトを簡単に移植する事が可能で、ポルカドット上で新しいスマートコントラクトの構築もできます。

ASTRの直近の価格動向は以下のとおりです。

アスターネットワーク(ASTR)
引用元:TradingView提供チャート

ASTRについても、他の仮想通貨が下落した事と連動して、2022年1月に急落しています。

しかしその後の上昇は早く価格を戻しつつありましたが、現在に至るまで再度下落しました。

ただし、2022年2月には、アスターネットワークが115億円規模のファンドを立ち上げた事により、一時的な上昇も見せています。

ビットトレント(BTT)

通貨名BitTorrent-New(BTT)
価格(2022年12月現在)¥0.0000943
時価総額(2022年12月現在)¥89,145,556,318
購入可能な取引所海外取引所など
公式ホームページhttps://www.bittorrent.com/ja/token/btt/
2022年12月5日現在

ビットトレントは、2,000年初頭に登場したファイル共有ソフトやそれに関わるプロジェクト、ビットトレントの通貨を指します。

ビットトレントは、元々ブロックチェーンと一部利用している技術が似通っているP2Pを利用したファイル共有ソフトや、ソフトを開発している企業を指していました。

また、企業として見たときにビットトレントは、ファイル共有ソフトの技術を利用した動画配信サービスなども行なっており、ファイル共有ソフト関連の業界では有名な存在です。

そんなビットトレントは、2019年にTRONブロックチェーンのTRON Foundationに買収され、現在はファイル共有に関する一連のシステムにおいて、ブロックチェーンを活用しています。

例えば、ビットトレントのプラットフォームに、ストレージなどのリソースを提供するとBTTなどを獲得することが可能で、BTTはビットトレントのプラットフォームのインセンティブとして活用されています。

ビットトレントの過去の価格動向は、以下のとおりです。

BTT
引用元:TradingView提供チャート

ビットトレントも、他の仮想通貨同様に仮想通貨ブームに伴い、2021年以降価格を上昇させています。

ビットトレントは、現在ビットトレント関連のプラットフォームを活かしたライブ配信サービス(Dlive)、高速ダウンロードサービス(BitTorrent Speed)などを提供しています。

このようなサービスの人気が広まったり、今後新たなサービスがビットトレントのプラットフォームを利用することで、プラットフォームとしての規模が大きくなれば、価格が上昇していく可能性があるでしょう。

公式LINE

Invest Naviでは仮想通貨の最新情報を分かりやすく解説しております。

最新の草コイン情報も定期的に配信を行っていますので、まだ登録していないという方は情報を逃さないためにも登録してみてください。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

草コイン取引におすすめの国内取引所

続いて、草コイン取引におすすめの国内取引所を紹介していきます。

草コイン取引を検討している方は、まず下記の国内取引所での取引を開始してみましょう。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの公式サイト
名称Coincheck(コインチェック)
公式サイトコインチェックの公式サイト
取り扱い銘柄数19銘柄
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸暗号資産サービス

Coincheck(コインチェック)は、19銘柄を取り扱う取引所です。

様々な草コインの取引ができることに加え、取引画面が非常に使いやすいので、初心者の方にも最適となっています。

また、仮想通貨取引だけではなく、CoinCheckつみたてや最大年率5%の貸暗号資産サービスなど、魅力的なサービスが満載です。

さらには、オリジナルのCoincheckでんきでは、既存の電力サービスより1〜7%電気料金がお得になったり、ビットコインでの支払いも可能となっています。

続々と取り扱い銘柄が更新されており、幅広い取引に適しているので、気になる方はこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみてください。

DMM Bitcoin(ビットコイン)

DMM-Bitcoin
名称DMM Bitcoin(ビットコイン)
公式サイトDMMビットコインの公式サイト
取り扱い銘柄数24種類(レバレッジ取引含む)
最低取引額583円
提供サービス暗号資産販売所
暗号資産取引所
LINEでのサポート
取引ツール

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、取扱い銘柄が22種類(レバレッジ取引含む)と豊富な銘柄の取引ができます。

メジャーな通貨だけでなく、草コインも豊富に扱っているので、幅広く取引したい方に最適です。

また、取引ツールが豊富で、各種手数料無料利用できます。※BitMatch取引手数料を除く

販売所方式とオークション方式のハイブリッド注文方法となるBitMatch注文においては、スプレッドを気にせずミッド(仲値)価格で売買可能です。

さらに、DMM ビットコインではレバレッジを効かせて取引することができます。

DMM ビットコインでレバレッジ取引を行うと、預けた資金(証拠金)の最大2倍の取引をすることが可能です。

草コインの高いボラティリティとレバレッジを活かせば、少ない証拠金でも大きな利益が見込めます。

現在は、新規口座開設で全員に2,000円プレゼントというお得なキャンペーンが開催されているので、ぜひこの機会にDMM ビットコイン公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規口座開設で全員即時2000円もらえる!

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー公式
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイトbitFlyerの公式サイト
取り扱い銘柄数17種類
最低取引額100円
提供サービス暗号資産販売所
暗号資産取引所
bitFlyer Lightning

ビットフライヤーは主要国内仮想通貨取引所のうちの1つです。

17種類もの通貨を取り扱っており、ビットコインでレバレッジ取引をすることも可能。

100円から始められ、スマホアプリで取引することもできるので初心者の方もスムーズに始められるでしょう。

また、セキュリティ水準が高く、国内だけでなく海外からも高い安全性が評価されています。

安全に草コイン取引を行いたい方は、bitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

おすすめの草コインの買い方・購入方法

それでは草コインの購入方法を詳しくまとめていきます。

これから草コイン投資を始めるという方は、こちらを参考にしてみてください。

国内の取引所(コインチェック)で草コインを購入しよう

この記事で紹介した草コインのほとんどはコインチェックで入手することができます。

そのため、草コイン投資を始めてみようと思っている方は、コインチェックへ入金してみましょう。

もし、日本の取引所では取り扱っていない草コインを入手するという場合は、コインチェックでビットコインを購入し、海外の仮想通貨取引所へ送金するというプロセスが発生します。

コインチェックはInvest Naviの仮想通貨取引所ランキングでも1位として紹介させて頂いており、非常に人気のある取引所です。

コインチェックの公式サイト-1

海外の取引所で草コインを購入しよう

ある程度安全な仮想通貨は日本の取引所に上場していますので入手することができます。

しかし、まだ情報がほとんど出回っていないような通貨は日本の取引所で取引することができません。

そのため、海外の取引所を利用するということが必要になります。

海外の取引所へ直接日本円を入金するということはできませんので、まずは国内の取引所でビットコインを購入し、それを海外の取引所へ送金。

その後購入したい草コインを購入するという流れになります。

将来値上がりする可能性が高い草コインの特徴

それでは今まで高騰したデータを踏まえて、今後値上がりする可能性がある草コインの特徴をまとめていきます。

これから投資をしようと思っている方はこの条件をよく比べてみましょう。

将来性が高い草コインの特徴
  • 開発者の情報が充実している
  • 開発者が開発情報を積極的に共有している
  • 通貨のコミュニティが活発に動いている
  • 将来の用途はっきりしている
  • 取引量が多く市場の参加者が多い
  • 過去に極端な高騰が起こっていない

それでは、上記のポイントについて詳しくみていきましょう。

開発者の情報が充実している

1つ目のポイントは、仮想通貨の開発者の情報が充実しているということです。

通常、仮想通貨の公式HPやホワイトペーパーには開発者の情報がしっかり書かれています。

ホワイトペーパーとは、どのような目的で仮想通貨が開発され、将来どのような用途で使われるかを想定しているのかを外部に示すものになります。

このホワイトペーパーを読めば、どのような通貨なのか、誰が開発しているのかを知ることができます。

※ホワイトペーパーは英語で記述されているというケースが多いので、投資をするという方はGoogle翻訳等を活用して理解していきましょう。

しかし草コインの中には開発者の情報が不明瞭な場合も多いです。

開発者がどのような人物なのかはっきりしないと、信頼性がなくなり、取引量も上がりません。

そのため、開発者の情報がしっかり書かれたものを選びましょう。

開発者が進捗を積極的に共有している

2つ目は開発者が進捗の情報を積極的に共有しているということです。

基本的に仮想通貨はプラットフォームや実際のプロジェクトが稼働する前から運用が始まります。

つまり、多くの通貨はプロジェクトの実態がなく意味のない通貨ということになります。

そのままの状態だと通貨の価値は上がりませんし、多くの人に取引されて流動性が高まるということはありません。

そのため、ホワイトペーパー通りに開発を行い、プロジェクトを進める必要が仮想通貨の価値向上には不可欠です。

しかし、ICOなどで多くの資金を集めた開発陣はその金額に満足してしまい、開発を全く進めないケースも存在します。

ICOとは
開発する仮想通貨やトークンを配布する代わりに資金調達する手段。

これは所謂「詐欺コイン」と言われ、資金調達をした後に通貨の価値を上げようとしません。

このような通貨では今後高騰することは期待できませんので、投資する通貨は「開発が進んでいる」、「開発の状況を定期的に報告している」ということを条件に決めていきましょう。

コミュニティが活発に動いている

3つ目は通貨のコミュニティが活発に動いているということです。

仮想通貨の中にはコミュニティが形成されていて、宣伝、広報活動をしっかりしているものがあります。

多くはdiscordなどを活用して、情報の交換や開発情報の進捗を共有しています。

このようにコミュニティの活動を頻繁に行っていると、期待値と注目度が高い仮想通貨として認識され、行動状況もわかりやすいため、安心して購入できるのです。

その通貨に対する質問もコミュニティ参加者へ聞くことができるため、投資する際の疑問点を解消できるのは嬉しい点ですね。

投資したい通貨が見つかったらコミュニティに参加して情報を収集するのがおすすめの方法です。

将来の用途がはっきりとしている

4つ目は将来の用途が明瞭ではっきりとしているものです。

これも先ほど紹介したホワイトペーパーを調べるということに共通するのですが、通貨の用途ははっきりしていて、曖昧でない方が期待できます。

仮想通貨は技術的に難しく完璧に理解できる人は少ないと思います。

そのため、難解な専門用語で期待を煽る文章で記述されていれば「意味はわからないけど、将来性がありそう」と錯覚してしまうケースが多いです。

しかし、実際詳しく調べてホワイトペーパーを読み解いていくと、結局どのような用途で使うか記述されていなかったり、既存の通貨と同じような機能を目指している通貨も存在します。

投資をするという際は、その通貨の用途や将来性、そして既存通貨との差別できるポイントを意識して分析していきましょう。

取引高が多い

5つ目のポイントは取引量がある程度あるということです。

どんなにホワイトペーパーに魅力があったとしても、直近で取引量がかなり少ないという場合は注意が必要です。

その通貨は「まだ誰も見つけていない本当に有望な通貨」もしくは「どこかに大きな欠点がある通貨」のどちらかで言えます。

実際は開発が止まっているケースが多く、ほとんどは「どこかに大きな欠点がある通貨」に該当します。

そのため、直近で十分に取引量があり、買いたい人と売りたい人が市場に参加していることを確認しましょう。

過去に極端な暴騰が起っていない

6つ目のポイントは過去に極端な暴騰が起こっていないかということです。

過去に物凄い勢いで上昇した通貨は、今後同じような暴騰が起こらない可能性があります。

また、そのような通貨は大量に資金を持っているグループがPUMP(パンプ)と言われる行為を行い市場を荒らしていると言うケースがありますので注意が必要です。

PUMP(パンプ)
特定の仮想通貨を世間に煽って、意図的に価値を釣り上げる行為

PUMPの行為は、資金力のあるグループだけでなく、有名人の煽りが要因となって起こる事もあります。

2021年12月には、米EV大手テスラのイーロン・マスク氏のツイートによって、ドージコインの価格が一瞬で33%もの急騰をしたニュースも話題となりました。

「テスラは複数の製品をドージコインで購入できるようにし、様子を見る」とツイートした事で、多くの資金がドージコインに流れたのです。

このような煽り行為による上昇は、仮想通貨を保有している人にとって、分析の意味がない運任せの投資となってしまうので注意しなくてはいけません。

草コイン投資の理想的な上がり方は、「開発が進み新しいプラットフォームがリリースされたため上昇した」「政府と協業して開発を進めると発表された」という前向きな理由で上昇することです。

特に大きな理由もなく価格が乱高下している通貨は特定のグループが相場を操作している場合もありますので注意してください。

なお、他の仮想通貨についてはおすすめ仮想通貨銘柄の記事をご参考ください。

草コインを取引する際の注意点

次に、草コインを取引する際の注意点を解説していきます。

暴落リスクもある

草コインは、大きな利益が見込める半面、暴落のリスクもあります。

そもそもの流動性が低いため、通常の値動きも激しいので注意しましょう。

取引をする際は、少額での購入を行う方が良いです。

短時間で半分以上価格を下げてしまうケースなども多いので、生活に支障をきたさない金額で開始する必要があります。

分散投資が有効

草コインの取引では、1つの銘柄に絞って取引するのではなく、分散をして取引した方が良いでしょう。

分散して複数のコインを保有しておくことで、利益と損失のバランスが保てる場合もあります。

その際は、過去チャートをチェックして、同タイミングで同じ変動をしていないか確認しておきましょう。

値動きが共通している通貨を複数保有してしまうと、分散した全ての通貨が下落して大きな損失を出す可能性もあります。

仮想通貨市場全体での動きに連動する可能性がある

草コインは、注目度やプロジェクトの進捗によって売買される傾向にあります。

また、仮想通貨市場全体での値動きに連動するケースも多いので注意しなくてはいけません。

草コインと主要通貨の比較
引用:TradingView

こちらは、主要通貨であるビットコインとBAT、IOSTの2022年からの値動きを比較したチャートです。

2022年はロシア・ウクライナ情勢の悪化や米金利上昇、ステーブルコインのディペッグ騒動などで、仮想通貨市場が冷え込んでいます。

仮想通貨の代表格であるビットコインが大きく下落しましたが、その他のコインも同じように連動して下落をしました。

このように、仮想通貨市場全体での動きに左右されることもあるので、分析する際はマーケット動向を押さえておくことが重要です。

プロジェクトが終了する可能性がある

草コインは、メジャーな通貨よりもプロジェクトが終了する可能性も高いです。

引用:TradingView

こちらは、ファクトムという通貨の値動きを示したチャートです。

ファクトムは以前コインチェックで取り扱っていましたが、プロジェクトの終了により上場が廃止されました。

その結果、2018年から目立った動きを見せておらず、仮想通貨市場が過熱した2021年も停滞した状況です。

草コインでこのような動きが珍しいケースではないので、取引をする際はプロジェクトの内容や進捗の確認をしっかり行っておきましょう。

国内取引所では扱っていない通貨も多い

国内取引所は、海外の取引所に比べて取り扱い通貨が少ないです。

積極的に草コインを取引したい方の中では、海外取引所を使った投資も視野に入ってくるでしょう。

しかし、海外取引所は日本の金融庁からの許可は得ておらず、万が一トラブルがあっても自己責任となります。

まずは、安全性の担保された国内取引所での取引から開始していきましょう。

国内取引所であれば、19種類もの豊富な通貨を扱うコインチェックをチェックしてみてください。

おすすめの草コインランキングまとめ

今回は草コインの特徴や投資法、おすすめの草コインについて詳しく紹介していきました。

これから草コインの投資を始めようと思っている方は、この記事を参考にして始めてみてください。

他の通貨に関しては、アルトコインのおすすめ比較ランキングでも解説をしています。

草コインは価値がなくなるか、高騰するかの紙一重なところがありますが、将来設計がしっかりできているものは、今後価格上昇する可能性は十分あります。

もちろん全ての草コインが高騰するわけではないため、どれにしようか悩んでいる方はこの記事で紹介した草コインから始めて見るのがおすすめです。

コインチェックの公式サイト

まずはコインチェックでも取引が可能な、エンジンコインやIOST、ステラルーメンなどをチェックしてみると良いでしょう。

また、Invest Naviでは仮想通貨の最新情報を定期的に配信している公式LINEを提供しております。

こちら無料で登録できますので、仮想通貨の注目情報や急な為替の値動きを逃さないためにも是非登録してみてください。

公式LINE

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次
閉じる