【辛口】PayPay証券とは?評判/口コミとメリット/デメリットを徹底解説[ペイペイ証券]

PayPay証券の画像

株式投資では、「たくさんのパソコンやモニターが必要だ」「ある程度の資金がないと始められない」といったイメージを持っている方が多くいます。

しかしそれは過去の話で、現在ではスマートフォンで少額から株取引が始められるようになりました。

その代表ともいえるのがPayPay(ペイペイ)証券です。

国内初のスマホ専門株式投資サービスを提供した会社であり、気軽に投資家デビューできる魅力的なネット証券です。

このページではそんなPayPay証券の概要や評判について詳しく解説します。

この記事に書いてあること
  • One Tap Buyから社名を変えた日本初のスマホ専門株式投資サービス
  • PayPay証券では1000円からの少額投資が可能
  • 米国株の取引で高額な配当が見込める
  • ソフトバンクとみずほ証券の共同運営で安全性が高い
  • 手数料は割高だか、少額取引の場合は他社より安い
  • 積み立てサービスで長期的な資産形成にも最適
  • PayPay証券の口座開設方法

PayPay証券スマホで気軽に株式投資ができるサービスです。

1000円からの少額取引ができるので、投資に興味があるけど踏み出せなかった方はPayPay証券で投資家デビューしましょう。

\ 最大50,000円もらえる! /

目次

PayPay証券とは?基本情報を解説

paypay証券 トップページ
名称PayPay証券
取り扱い銘柄日本株・外国株
最低取引額1,000円
取引手数料取引金額の0.5%をスプレッドとして上乗せ
詳細Paypay証券公式ページ

PayPay証券は、スマートフォンアプリで始めることができる株式投資サービスで大注目の証券会社になります。

2021年2月にOne Tap BUYからPayPay証券に社名を変えました。

「資産運用より身近に」というコンセプトのもと運営されており、だれでも気軽に投資できることが魅力です。

最低投資額が数万円からというネット証券会社も多い中、PayPay証券では1000円から株式投資を始めることができます。

全てスマートフォンアプリを使った取引のため、若年層に人気のサービスです。

\ 最大50,000円もらえる! /

サービス概要

ポイント米国株ETFCFD積み立て投資IPONISA
PayPayつみたてロボ投資

PayPay証券では社名の通り決済サービス「PayPay」を利用した投資が行えます。

取引できるサービスは米国株ETF・CFD・積み立て投資・IPOです。

それぞれの投資対象について順に説明していきます。

各種サービスの中から、資金や取引スタイルによって選択することができます。

幅広い投資サービスへの投資がスマホで手軽に利用できることがPayPay証券の魅力です。

取引銘柄

日本株を見ると日清食品やイオン・資生堂といった、私たちの生活に馴染み深い企業が多いです。

株式投資初心者は、企業の業績情報を得やすい日本株から取引を始めるのがおすすめです。

一方、米国株は世界的に有名な企業が多く配当の大きさは日本株に比べて高い傾向にあるため、高額な収益を狙う取引に向いています。

CFDは買いから入る通常の株取引とは異なり、売りから入ることができます。

上昇の予想だけでなく、相場が下落した際にも利益となることがあります

・日本株・・・生活に馴染み深い企業が多く情報量が豊富
・米国株・・・世界的に有名なブランドが多く高額な収益に期待ができる
・CFD・・・買いだけでなく売りからの取引もできる

幅広い取引スタイルに合わせた投資が選べることは大きな魅力ですね。

CFD取引は必要証拠金取引として1万円から、日本株・米国株は1000円から株式投資を始めることができます。

\ 最大50,000円もらえる! /

PayPay証券のメリット

次にPayPay証券のメリットについて紹介します。

・スマートフォンから気軽に始められる
・1000円からの少額投資が可能
・日本株や米国株の様々な銘柄が取引できる
・IPO株が1株から買える
・大手ソフトバンクの運営

具体的に見ていきましょう。

スマホから手軽に行える株式投資サービス

株式投資となると、複数のモニターとパソコンを用意して分析するといったイメージを持つ方が多くいます。

PayPay証券ではスマホから株式投資ができるので、自身で環境の整備をする必要がありません。

スマートフォンをお持ちの方であればすぐに始められます。

ネット環境や場所に左右されずに、スマホ1台で取引できるので外出先でも気軽に利用可能です。

スマホアプリダウンロード数は累計170万ダウンロードを超えており、徐々に広がりを見せている株式投資アプリになります。

少額1000円から株主になれる

paypay 1000円

PayPay証券での最低取引金額は1000円です。

少額で始められる事から、資金が少ない方でも気軽に始められます。

積み立て型のサービスもあるので、長期的な資産形成としてもおすすめですね。

いきなり大金を使って取引すると、損失を出した時に再起不能となる可能性があります。

最初は少額から始めて、基礎知識を身に付けながら取引に慣れていきましょう。

\ 最大50,000円もらえる! /

米国株に投資ができる

PayPay証券では、日本株だけではなく米国株の投資もできます。

米国株は日本株と異なり優待などのサービスはありませんが、高額な配当と株価の上昇に期待ができるといった特徴があります。

米国株は、コロナ禍で世界経済が低迷している状況でも上昇の勢いがあります。

収束後に経済が回復すれば、更なる上昇に期待が持てることが魅力です。

AmazonやAppleといった、世界的に有名な企業株の取引ができます。

高額な投資収益を得たい方には特におすすめですね。

1株からIPO投資に応募できる

paypay IPO

PayPay証券では、1株からIPOの応募ができます。

IPOとは?
IPOは新規公開株や新規上場株式のことを指します。
株を投資家に売って取引所に上場させ、誰でも株の取引ができるようにする仕組みです。
新規上場前の株を買う権利が抽選制となっており、当選すると株を手にすることができます。

通常のIPO株は数十万円と高額であることから、敷居の高い上級者向けの投資方法と考える方が多いです。

しかしPayPay証券でのIPO株は、通常の株式と同じ分配方式となっていることから1株単位で投資ができます。

公募価格よりも、上場初日につく初値が大きくなりやすい特徴があるため、利益を出しやすい投資として人気です。

おいたまま買付で送金手続きが不要

今までの証券会社では、銀行口座を連携し、銀行口座から証券口座に投資するお金を送金する必要がありました。

しかし、PayPay証券では『おいたまま買付』というサービスにより、送金手続きを踏まずに株を購入することがでいるようになりました。

paypay証券 おいたまま買い付け

実際に送金手続きをせずに、株を購入できる金融機関・サービスは以下の7つになっています。
(2021年10月27日時点)

三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行といったメガバンクに対応しているため、多くの方が利用できるサービスとなっています。

ソフトバンク系列の会社が運営しているから安心

PayPay証券は、ソフトバンクとみずほ証券の共同経営により運営されています。

日本を代表する大手企業の運営ということで安心感がありますね。

投資は自身の大事なお金を預けるので、実績のある企業が運営している会社を選ぶことが重要です。

ソフトバンクは大手のデジタル企業であるため、セキュリティ対策は得意分野といっていいでしょう。

またPayPay証券と名前を変えたことにより、サービス向上や積極的なブランディングに期待ができます。

\ 最大50,000円もらえる! /

PayPay証券のデメリット

次にPayPay証券デメリットを紹介します。

・指値での注文ができない
・銘柄数が限定されている
・取引手数料が高め

具体的に見ていきましょう。

指値注文をすることができない

PayPay証券での取引では指値注文ができません。

指値注文とは?
約定金額をあらかじめ指定して、株価がその値まで来たら自動的に注文を行ってくれる予約型の注文方法。

PayPay証券で株価の注文をする際は、リアルタイムで提示されたレートで注文を行う必要があります。

スマートフォンで気軽に取引できますが、自動での注文はできないので注意しましょう。

銘柄数が限定されているため少ない

PayPay証券の銘柄数は限定されており、それほど多いとはいえません。

日本株・米国株共に有名企業の株は一通りそろっていますが、知名度の低い会社の株は取扱いが少ないです。

今後のサービス改善により増える可能性はありますが、現段階ではそれほど豊富ではない傾向にあります。

決まった株式の購入を検討されている方は、事前に取り扱っているかどうかを確認しておきましょう。

多種多様な銘柄を取引したい方は、大手ネット証券のSBI証券の利用を検討してみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

取引手数料が若干高い

ネット証券によっては条件次第で取引手数料が無料の会社もあります。

PayPay証券は日本株0.5~1.0%、米国0.5%~0.7%の取引手数料がかかるため、無料の会社と比較すると高めであるといえるでしょう。

1000円単位の少額投資であれば、取引手数料は他社よりも安く抑えられます。

売買頻度が多い方や大口の取引をする方は、手数料によるコストを把握したうえで取引することが重要です。

ネット証券の取引手数料については、以下の記事でまとめているのでぜひご覧下さい。

PayPay証券の評判や口コミ

ここでは、PayPay証券に関する評判や口コミを紹介していきます。

他のネット証券会社では、口座開設が面倒だったり、株を始めるのに数万円以上の費用が必要でした。

PayPay証券では、スマホで口座開設でき1000円から始めることができるのが魅力的です。

山崎さん 男性(20代)

PayPay証券最大の魅力である少額1000円から取引することができる点を評価しているようです。

株の勉強をしながら、実践経験を積みたい方におすすめの証券会社になります。

元々持っていたPayPayのポイントから投資を始めることができました。

今までイメージしていた敷居の高い株式投資とは大きく異なり、かなりハードルが低く感じました。

斉藤さん 男性(20代) 

PayPay証券が提供しているサービスの一つにPayPayボーナス運用があります。

PayPayを使って貯めたボーナスを擬似投資体験を始めることができます。

paypay証券 ボーナス運用

また、すでにPayPayアカウントを持っている方は口座開設をしなくてもボーナス運用を始めることができます。

\ 最大50,000円もらえる! /

PayPay証券の手数料

PayPay証券で発生する手数料は、日本株か米国株を取引するかで異なります。

両者の手数料を見てみましょう。

日本株を取引する場合

日本株を取引する際は、スプレッドによる手数料が発生します。

・東京証券取引所の立会時間内=0.5%
・そのほかの時間=1.0%

スプレッドの割合は以上の通りです。

東京証券取引所の立会時間は、午前9時00分~11時30分、午後12時30分~15時00分となっています。

購入金額東京証券取引所立ち合い時間の手数料それ以外の時間での手数料
1000円5円10円
1万円50円100円
10万円500円1000円
100万円5000円1万円

デメリットで手数料が若干高めと紹介しましたが、1000円単位の少額であればPayPay証券の手数料はかなり安い方です。

東京証券取引所の立ち合い時間に取引することで、手数料を安く抑えられます。

米国株を取引する場合

米国株も日本株と同様に、スプレッドが手数料として発生します。

・アメリカ時間9時30分~16時00分=0.5%
・そのほかの時間=0.7%

購入金額アメリカ時間9時30分~16時00分の手数料それ以外の時間での手数料
1000円5円7円
1万円50円70円
10万円500円700円
100万円5000円7000円

米国株の場合は、スプレッドに加え1ドルにつき0.35円の手数料が加算されます。

日本株と同様に1000円単位の取引であれば、他社よりも安い手数料で取引可能です。

また、米国株取引を中心に行なっていきたい方は、より取り扱い銘柄数が多く、手数料が安価のSBI証券も併せてチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

PayPay証券がおすすめな人

PayPay証券にはどのような人が向いているでしょうか。

ここでは、PayPay証券がおすすめな人をご紹介します。

株式投資を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

株式投資をしたことがない人

PayPay証券の魅力は、スマートフォンで気軽に株式投資を始められるところです。

アプリの操作性も良く、「株式投資を始めてみたい」「簡単に売買できるところが良い」という株式投資初心者、特に若者にはうってつけのサービスといえます。

また、最低取引金額が1000円と少額から投資を始められる点もメリットのひとつです。

これから株式投資を始めようと考えている若い方は、PayPay証券の利用を検討してみてください。

\ 最大50,000円もらえる! /

米国株を売買してみたい人

PayPay証券では、手軽に米国株の売買ができます。

Appleやamazon、ボーイング、ウォルト・ディズニーなど世界的に有名な企業の株を手軽に売買できるのは、非常に魅力的といえます。

投資スタイルによって、国内株・米国株を選んで投資できる点もPayPay証券のメリットといえるでしょう。

運営元がしっかりしているところで投資を始めたい人

証券会社を選ぶ際、運営会社がしっかりしているか、またセキュリティが徹底されているかは重要なポイントです。

PayPay証券は、ソフトバンクとみずほ証券の共同経営により運営されています。

大手企業が運営元となってサービスを提供している証券会社を利用したい人にも、PayPay証券はおすすめです。

PayPay証券がおすすめできない人

PayPay証券は、以下のような方にはあまりおすすめできません。

  • キャンペーン金額重視の方
  • 少額から取引したい方 など

上記に当てはまる方は、キャンペーン金額が豊富で100円から利用できるLINE証券の利用を検討すると良いでしょう。

現在、クイズに正解すると3000円がもらえるキャンペーンを開催中。

ぜひこのお得な期間に公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大3,000円分相当の株もらえる/

PayPay証券の始め方|口座開設方法

次にPayPay証券の口座開設方法を紹介します。

手順通りに画像付きで解説していくので参考にしてみてください。

STEP1:PayPay証券の公式ページへアクセス

まずはPayPay証券の公式ページにアクセスしましょう。

口座開設の項目をクリックすると、メールアドレスの入力画面へと移ります。

メールアドレスの入力

メールアドレスを2回入力して「送信する」をクリックしましょう。

すると入力したメールアドレス宛に、口座開設申し込みのURLが記載されたメールが届きます。

URLをクリックして、口座開設ページに移りましょう。

口座開設ページでは最初に規約の同意画面が出てきます。

規約の内容をよく確認し、チェックボックスにチェックを入れましょう。

STEP2:個人情報を入力

次に個人情報の入力に移ります。

個人情報の入力①
個人情報の入力②

・名字と名前
・名前のフリガナ(全角カタカナ)
・会員ID(半角英数字記号で5文字以上36文字以下)
・性別
・携帯電話番号
・自宅の電話番号(任意)

以上の情報が入力できたら、「次に進む」をクリックしましょう。

次に住所・職業の入力を行います。

住所の入力

入力情報と身分証明証の情報が異なると開設できません。

入力後に本人確認の書類を提出するので、身分証明書と同じ情報を入力しましょう。

次に職業の入力を行います。

勤務先の入力
勤務先の入力②

勤務先に連絡がいくという事はありませんが、嘘偽りなく正しい情報を入力しましょう。

また無職の方や学生、主婦の方でも開設可能です。

その場合は勤務先の入力はせず「次に進む」をクリックしましょう。

STEP3:本人確認書類を提出

最後に本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類の提出

上のような画面が出てきたら、該当する項目をクリックしましょう。

すると次の画面にQRコードが表示されます。

表示されたQRコードを読み取って、スマートフォンからアップロードを行いましょう。

スマートフォンから口座開設ページへアクセスしている場合は、項目のクリック後に直接アップロード画面に切り替わります。

顔写真付きの書類であれば1点、顔写真無しの書類であれば2点の書類が必要となります。

文字が隠れたり、影ができないように鮮明な写真を送りましょう。

STEP4:入金する

口座開設の手続きが終了すると、口座開設完了のご案内という書類が郵送で届きます。

・ログインID
・ログインパスワード
・入金先の口座番号

上記の重要な情報が記載されているので、大事に保管しておきましょう。

入金先の口座番号宛にATMやネットバンキングで入金を行えば1~2時間後に反映されます。

なお、入金日が休日や祝日であったり、15時以降に入金した場合は翌営業日以降の反映となります。

STEP5:株式投資してみる

口座開設が完了して入金が終われば、米国株、日本株、積み立て投資といった全てのサービスが利用できます。

株式投資を始めてみましょう。

株式投資を始める
株式投資を始める②

サービスの種類は豊富にあるので、まずはどのような投資が自身に合っているかを見てみましょう。

各サービスごとに始め方や注意点の記載があるので、よく読んでから始めてみてください。

また株の買い方について詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

PayPay証券の会社概要

会社名PayPay証券株式会社
所在地東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
代表者内山 昌秋
主要株主ソフトバンク株式会社
みずほ証券株式会社
Zホールディングス株式会社

PayPay証券株式会社は2021年2月1日に株式会社One Tap Buyから社名を変更して誕生しました。

ソフトバンクをはじめ日本の大手企業が株主として並んでいるため、信頼度の高いネット証券であると言えます。

PayPay証券に関してよくある質問

ここではPayPay証券に関するよくある質問をご紹介します。

PayPay証券の口座を開設しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

入金してから取引できるまでどれくらい時間がかかりますか?

利用している金融機関等の営業時間内に資金を入金した場合、1~2時間程度で「買付可能額」に反映され、取引ができるようになります。

ただし、15:45までにPayPay証券で振り込んだ資金の着金が認められなかった場合は翌営業日にずれこむため、その点には注意が必要です。

入金する際はなるべく時間の余裕を持って行うことをおすすめします。

売却後はいつから出金できますか?

株式、投資信託については、以下のスケジュールで出金できるようになります。

  • 株式:売却してから3~4営業日後(休日を除く)
  • 投資信託:売却してから3~6営業日後(休日を除く)

売却してすぐに出金できるわけではない点に注意してください。

誰でも口座開設できますか?

PayPay証券では年齢制限などは特に設けておらず、日本に住んでいる方であればどなたでも口座を開設することができます。

ただし、19歳までの方は未成年口座を利用すること、また審査によっては口座開設できない場合もある点については留意しておきましょう。

PayPay証券の評判や口コミまとめ

2021年2月に社名を変えたPayPay証券は、決済サービスPayPayとの連携強化により更なるサービス向上に期待が持てます。

PayPay証券を利用すればスマートフォンで気軽に資産/運用ができるので、投資は敷居が高いと考えていたユーザーにも浸透していくでしょう。

・スマホで気軽に投資を始めたい人
・少額からリスクを抑えた投資をしたい人
・積み立てサービスで長期的な資産運用をしたい人

以上のような条件に当てはまる方には、特におすすめなサービスです。

誰でも気軽に株取引ができるので、まずはPayPay証券の口座開設をしてあなたも投資家デビューしてみましょう。

\ 最大50,000円もらえる! /

目次
閉じる