【2021年】イーサリアム(ETH)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

イーサリアム 見通し

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームのことを指します。

このプラットフォーム内で使用する仮想通貨をイーサと呼ばれています。

日本では、プラットフォームを意味するイーサリアム(ETH)と通貨を意味するイーサをどちらも「イーサリアム」とする表現が用いられているのです。

ここでは、イーサリアムの値動きの傾向や、今後の見通しについて解説します。

この記事の要点
  • 今後の実用化が期待できる仮想通貨の1つ
  • 大型アップデートによる機能性の向上
  • イーサリアムの価格予想も徹底解説!2021年は40万円を超える!?
  • ビットコインの高騰との価格関係とは
  • トランザクション費用(ガス代)の上昇が問題となっている
  • マイケル・ノボクラッツ氏の予想を徹底解説!

2021年4月中旬よりビットコインの調整が始まり、ビットコインを始めとした多くの仮想通貨が大きく下落しました。

しかし、下落するビットコインとは対称的にイーサリアムでは上昇するという動きを見せています。

これは、イーサリアムの注目が今まさに高まっていると推測することができます。

この記事では「なぜ、イーサリアムが注目されているのか」「価格は今よりも上昇するのか」について深堀りして解説をしていきますので、是非最後まで読んでみてください。

2021年5月3日にはイーサリアムは最高値を更新し価格上昇を継続しています。

イーサリアムの4月の値動きをわかりやすく分析したチャート画像
引用元:TradingViewの提供チャート

5月19日より中国の仮想通貨取扱の規制強化などの影響を受け、仮想通貨全体の価格が軒並み下落していますが仮想通貨自体の価値が失われたわけではないため、今後の値動きに注目が集まります。

今年本命のアルトコインの1つでありますので、イーサリアム(ETH)を購入していないという方は、コインチェック(Coincheck)で購入することができますので、是非購入してみてください。

コインチェックの公式サイト-1

\ CMで話題沸騰中! /

現在Invest Naviではイーサリアムの最新情報を定期的に配信している公式LINEを提供しております。

こちら無料で登録することができますので、イーサリアムの最新の情報や価格変動を追っていきたい方は是非登録してください。

イーサリアムの独自配信
目次

【2015年〜2021年】イーサリアムのこれまでの値動き

イーサリアムは、2013年にすでに原型が誕生していましたが、正式には2015年にリリースされたオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。

2015年のリリース以降、2021年5月現在の時価総額は約30兆円となっており、ビットコインに次ぐ2位となっています。

今では、数多くの仮想通貨が登場していますが、時価総額だけで言えばビットコインと双璧をなすサービスであることは間違いありません。

主な値動きの歴史
  • リリース直後に0.8ドルをマーク
  • ビザンチウムの稼働から上昇傾向に
  • 2018年に最高値を記録
  • 2018年のG20サミットで大暴落
  • EIP(イーサリアム改善案)によって回復
  • 2020年から2021年にかけて再び高値傾向に

では、過去の値動きについてより詳しく解説します。

リリース直後に0.8ドルをマーク

イーサリアム2015
引用元:Trading Viewの提供チャート

イーサが、イーサリアム開発テスト環境であるRopstenにリリースされたのが2015年ですが、実際にはその前からプレリリースが行われていました。

また、一般公開前にもテスト環境がリリースされていたのです。

Ropstenは仮想通貨の開発に広く用いられるテストネットの一つとして有名で、この環境下ではイーサの受け渡しはできましたが、まだマイニングを行うことはできずイーサの取引も行えませんでした

その後、フロンティアアップデートによってついにイーサリアムが一般のインターネットに公開されました。

この段階では、マイニングやアドレス間の資金移動や契約作成、トランザクションの送信は可能でしたが、ブロックチェーンには記録されませんでした。

改ざん耐性の高いブロックチェーンにあえて記録をしないことによって、バグが発生した場合はバグ前に巻き戻しを可能にし、開発者がバグを修正するテスト段階という形での運用でした。

その中でも、リリースした直後の段階で0.8ドルをマークしています。

ビザンチウムの稼働から上昇傾向に

イーサリアム2017
引用元:Trading Viewの提供チャート

2017年9月に、ビザンチウムの稼働が予定通りに実施されました。

ビザンチウムとは…イーサリアムのハードフォークの名称となります。ハードフォークとは、仮想通貨の基本的な部分のルール変更のことです。

ビザンチウムによって、大きな変化点が値動きが期待されていたものの、直後のトレンドを見ると値上がりは発生しませんでした。

ただ、2017年11月には1ETHが4万円台を超えるまでに上昇していきます。

また、この時期に他の仮想通貨も含めて相対的に価格が上昇している時期でした。

これに連れて、さらに価格が上昇してきました。

11月下旬には5万円台を突破して、12月に入ってもその勢いは衰えません。

12月中旬には8万円、12月下旬には9万円を超えて一気に価値が高まっていきます。

2018年に最高値を記録

イーサリアム2018年1月
引用元:Trading Viewの提供チャート

2018年に入っても、上昇傾向に変わりはありません。

2018年1月には1ETHが16万円にまで暴騰します。

そんな中で、その勢いに徐々に陰りが見え始め、11万円台まで急落したのです。

ただこれは、イーサリアムを含めて多くの仮想通貨において過去最高値まで上昇したのに下落に転じるという状況に陥っていたのです。

これもあって、投資家からは仮想通貨バブルとも揶揄されていました。

2018年のG20サミットで大暴落

イーサリアム2018
引用元:Trading Viewの提供チャート

下落傾向が続く中で追い打ちをかけるように、2018年3月にG20サミットで仮想通貨規制について話し合いが行われました。

これは、仮想通貨が驚異となりつつあること、また国際的なルール作りの重要性が叫ばれていること、そして国家レベルでの仮想通貨が模索されていた時期ということもあって、イーサリアムや他の仮想通貨に対しての風当たりが強くなったのです。

これによって、仮想通貨市場全体の相場がさらに下落に向かっていきます。

イーサリアムの場合、4月には一時1ETHで4万円台にまで下落しました。

単純に1年前まで16万円もあったものが25%程度の価値しかなくなったわけです。

EIP(イーサリアム改善案)によって回復

イーサリアムは、この事態に対して手をこまねいていたわけではありません。

2018年4月20日にイーサリアムの開発者間会議が実施されて、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズム変更に向けて、新しいコード準備が整ったと発表したのです。

Hybrid Casper FFG(Friendly Finality Gadget)と呼ばれる、EIP(イーサリアム改善案)1011が示されて、証明作業に多くのリソースを必要とするPoWという承認方法を捨てて

不正を行うと資産を失うリスクがあるPoSと呼ばれるアルゴリズムが入ったhybrid PoW/PoS systemに移行する計画が進行しました。

これによって、エネルギー消費が激しい従来のマイニング方法と違って、より環境に優しいMintingと呼ばれる手法へと移行していきます。

この移行計画はCasperと命名され、継続して研究が進行していきます。

これは、市場も素直に評価して、V字回復を果たしたのです。

2020年から再び高値傾向になるも歴史的な大暴落が!

2019年に入り、イーサリアムブロックチェーンの1日あたりの決済額としては約25億ドルにまで増加して、初めてビットコインを上回りました。

その後も、順調に値上がりを続けて2020年は右肩上がりで進んでいきます。

2021年もその傾向が続くと見られていましたが、年始から1月11日にかけて、記録的な下落となりました。

これは、イギリス当局による暗号資産の監視や規制の強化が原因と見られています。

2020年11月以降、異例の上昇を続けていたこともあって、下落時の反動がとても大きく、イーサリアムは約14%下落しました。

ただ、週次ベースでみるとプラス基調をキープしており、底堅いところを見せつけています。

2021年5月に最高値更新

引用元:Trading Viewの提供チャート

その後大きく価格を上げ、2021年5月に史上最高値を更新。

明確な上昇トレンドで価格を上げ続け、2021年5月4日時点で約36万円ほどで推移をしていました。

5月中旬にはイーロンマスクの影響や各国の規制強化といったネガティブなニュースを受け、仮想通貨全体が下落しました。

イーサリアムも最高値から大きく値を下げ5月20日時点で約30万円付近で推移しています。

クレジットカードの国際ブランドであるVISAがイーサリアムのブロックチェーン上で発行されているUSDCの採用と決定したこともあり、イーサリアムがさらに注目されています。

数ある仮想通貨の中でも、ビットコインに次いで盛り上がっている通貨と言えますね。

まだイーサリアムを保有していないという方は、今後も間違いなくニュースが続く通貨になりますので是非投資を検討してみてください。

イーサリアムの今後の見通しに影響するイベント

イーサリアムの過去の値動きが理解できたところで、今後どのような見通しになっているか気になるものです。

イーサリアムの価格変動に影響を与えるポイントを以下にまとめました。

イーサリアムの価格に影響するポイント
  • ビットコインの値動きに連動した価格変動
  • 開発・実用化の進捗によって利便性の向上
  • DeFiの成長によるイーサリアムの期待感
  • コロナ禍による影響による価格変動
  • イーサリアム2.0のアップデート

上記のポイントはイーサリアムの価格変動を知る上でかなり重要なポイントになりますので、しっかりと理解しておきましょう。

ビットコインの値動きによる価格変動

イーサリアムはビットコインとは仕組みが異なる仮想通貨ですが、アルトコインであるという性質からビットコインに価格が釣られていまします。

イメージしやすいのは、「ビットコインの値動きに比例して価格が動く」ということです。

ビットコインが値上がりしたら、イーサリアムも値上がり、ビットコインが下落すると、イーサリアムも下落することになります。

このような状況が続いているため、さらなるイーサリアムの価格上昇にはビットコインの価格上昇が重要になります。

2021年4月にはビットコインも700万円を達成し、イーサリアムもそれに応じて高値更新をしているので、現物保有者にとって嬉しい値動きが続いています。

ただし、2021年4月中旬よりビットコインドミナンスが50%を下落し、アルトコインに大幅な資金流入が続いています。

その結果、ビットコインは下落しているのに関わらず、イーサリアムは高値を更新するという新しい値動きも見せました。

この値動きを分析すると、ビットコインの連動性は低くなっており、イーサリアムは独自の値動きを見せつつあると判断することができるため、ビットコインの価格のみを追って分析するのは危険と言えます。

開発・実用化の進捗による影響

イーサリアムの2021年を語る上で、スマートコントラクトは欠かせないテーマです。

スマートコントラクトとは、柔軟な契約をするために開発された独自技術となります。

第三者がいなくても公正な契約を結ぶことができるという、画期的な技術です。

ブロックチェーンは改ざんが不可能という特徴があるために、スマートコントラクトと好相性です。

スマートコントラクトが特に活用されると見られているのが、以下のジャンルとなります。

スマートコントラクトが期待されている分野
  • 不動産売買
  • マーケットプレイス
  • ギャンブル
  • 金融

既に金融分野では実装が進んでいますので、実例を踏まえて詳しく次に解説していきます。

DeFiの市場成長に合わせたイーサリアムの価格高騰

イーサリアムを語る上で外せない話題が「DeFi」です。

イーサリアムで重要な機能の1つであるスマートコントラクトを金融分野で実装することによって、管理者が存在しない分散型のファイナンスを実現しました。

その結果、お金の貸し借りを誰でも簡単に行えるようになり、世界中で仮想通貨の流動性を大きく増やすことに貢献しました。

DeFiの具体例

上記は代表的なDEX(分散型取引所)ですが、これらが発展することによりベースに使われているイーサリアムの価値が大きく向上したのです。

Uniswapが提供しているUniというガバナンストークンは急激な価格上昇を記録し、DeFi銘柄という分野を作った通貨と言えます。

現在は、RaydiumSolana、さらに取引所が提供するDeFiが広がっており、様々な選択肢をユーザーが取れるようになっています。

DeFiはユーザーが年間で100%以上の利率で運用することができる場合もあり、仮想通貨の市場の盛り上がりに影響した分野と言えます。

より詳しく知りたい方は「DeFiとは?」にて詳しく解説をしているので、是非読んでみてください。

コロナによる金融市場への影響

2020年から2021年からコロナの影響によって仮想通貨を始めとした資産にお金が次々と流れています。

この状況を支えているのは、各国政府による無期限の金融緩和です。

これによって政府が主導となり市場にお金を大量にばら撒いている状況が2020年から2021年5月現在も続いています。

その結果、コロナで市場がクラッシュするのではなく、市場にお金が流入する結果となり仮想通貨や株式、そして不動産が次々と最高値を更新しているのです。

簡単に説明すると、市場に溢れたお金がコロナによって娯楽消費ができないため、株式、債権、金、そして仮想通貨にお金が流れています。

政府がお金を市場に流し続ける限り、イーサリアムを初めとした仮想通貨の価格は市場から買い支えられる可能性が高いですので、個人投資家にとってポジティブな状況が続いているということになります。

イーサリアム2.0へのアップデート

イーサリアム(ETH)は2020年の12月1日に「イーサリアム2.0」へのアップデートが実装されました。

これは現在流通しているイーサリアム1.Xとイーサリアム2.0は共通したETHという規格を扱いますが、原則ETH1.0とETH2.0の互換性はありません。

このアップデートにより大きな違いはコンセンサスアルゴリズムの変更になります。

現在はPow(プルーフオブワーク)と言われるアルゴリズムが採用されていますが、アップデートによってPoS(プルーフオブステーク)と言われるアルゴリズムへ変更されました。

さらにシャーディングの実装によって、取引の承認に関する不可を大幅に軽減することが可能になりました。

かなり有用なアップデートと思われますが、このアップデートはフェーズ0と言われフェーズ2.0まで完了するので最低でも1年以上の時間がかかると見られています。

アップデートに関する情報は価格を左右する大きな情報になりますので、引き続き追っていきましょう。

【2021年】イーサリアムの今後の見通し・予想

イーサリアムの今後の見通しとしては、主に以下のポイントがあります。

それぞれについて、詳しく解説します。

イーサリアム企業連合(EEA)による手厚いバックアップで手堅い

仮想通貨と聞くと、一部の投資家だけが知っているというものに感じるかもしれませんが、イーサリアムではエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(通称:EEA)と呼ばれる、大企業がバックについています

EEAに加盟しているのは、イーサリアムの技術を活用したり普及するために協力している企業です。

EEAには、既に500以上の企業が加盟しており、マイクロソフトやトヨタ、KDDIなど有名企業が多数います。

これもあって、イーサリアムは世界的に高い信頼を得ているのです。

今後も、この手厚いバックアップによって手堅く推移していくものと思われます。

大型アップデートによる進化

イーサリアムは、リリース直後から中長期的な視野に立ってアップデートを実施しています。

偏在は、最後のステップであるマイニング方式がPoWからPoSに変わるフェーズに差し掛かっています

これによって、ネットワークの維持コストが大幅にカットされる効果が期待されているのです。

さらに、ブロックの承認をグループごとに分けて行うShardingという仕組みにより、スケーラビリティも大幅に改善される見込みです。

このアップデートの完了によってさらにイーサリアム(ETH)の需要が高くなるという可能性は十分にあります。

是非これからのイーサの動向に期待するという方は購入を検討してみてください。

仮想通貨取引所を選ぶ際は、アルトコインの取り扱いが多く初心者の方でも使いやすいコインチェック(Coincheck)での購入が一番おすすめです。

イーサリアムETFの承認

イーサリアムの価格変動を予想する上でイーサリアムETFも1つ大きな指標となります。

カナダでは4月17日に初めてイーサリアムのETFが承認されており、既に合計4つのイーサリアムETFが上場されることになります。

これにより、今まで仮想通貨の投資をしていなかった個人投資家がイーサリアムを購入するきっかけになると予想されるので、イーサリアムの価格向上に大きく貢献すると予想可能です。

また、米国では現在ビットコインETFの審査が行われておりますが、カナダで次々に承認されている状況を考慮すると米国でもいずれビットコインETFが承認される可能性が高いです。

ビットコインETFが承認されると次に考えられるのは、米国でのイーサリアムETFの承認が行われるかもしれません。

そうなると、今以上に取引高が増えると思われますので、イーサリアムETFの状況は逐一チェックしていきましょう。

Invest Naviではイーサリアムの今後の見通しは公式LINEで詳しく配信しています。

これからイーサリアムの展望を詳しく知りたいという方は是非合わせて登録してみてください。

イーサリアムの独自配信

イーサリアムの将来価格予想

イーサリアムは、多くの方に注目されている仮想通貨ですが、2021年5月3日に最高値を更新しどこまで伸びる通貨なのか疑問ですよね。

ここでは、イーサリアムの今後の価格を徹底的に解説をしていきます。

※価格予想は将来の価格を保証するものではありませんのでご注意ください。

2021年末までのイーサリアム価格予想

2021年4月の価格上昇の背景は欧州投資銀行(EIB)が債権の発行をイーサリアム上で行うことを検討していると発表したことと関連しています。

有価証券をブロックチェーン上で発行する試みは様々な国で検討されてきましたが、投資銀行が債権の発行の検討を公表したことにより市場が一気に反応しました。

今回の件を機会に他の投資銀行でも同じような試みが実施される可能性も十分あり、イーサリアム価格がさらに上昇する可能性は十分にあります。

イーサリアムの価格チャート
引用:Tradingviewの提供チャート

チャートを確認すると、2021年1月から継続して強い上昇トレンドが発生しており、強気な上昇が維持されているということが分かります。

既に2021年1月から価格は4倍以上にまで成長しており、このままのペースが維持されるとなると2021年末には40万円を突破する可能性があります。

実際にガス代の低下やイーサリアムのアップデートなど価格の上昇材料は次々に用意されており、今年のさらなる上昇には期待がかかります。

2022年以降のイーサリアムの価格予想

2021年のイーサリアムの価格上昇を支えたのは、「DeFi」や「NFT」といった新しい分散型のアプリケーションの発展によるものです。

管理者のいない非中央集権型の金融は新しいタイプの資産運用の形として世界中の個人投資家が利用しています。

実際にイーサリアムをベースにして開発されたDeFiでの取引額は次々に増加し、プラットフォームで利用されるイーサリアム(ETH)の価格もそれに釣られて上昇を記録

このまま現在DeFiやNFTが発展していくと、さらにイーサリアムの利用が増えるため2021年の価格よりも高い金額で将来的に取引される可能性もあります。

実際に暗号資産分析会社メサーリのアナリストであるライアン・ワトキンス氏は、将来的にイーサリアムがアップデートによりバーン(焼却)される仕組みを導入することで、将来的にビットコイン追い抜く可能性を示唆しました。

実際にビットコインの価格は2021年5月上旬の価格で600万円を超えているため、すぐにイーサリアムがビットコインの価格を抜くことは考えられませんが、長期的に見たときに現在の価格から100万円を目指す可能性はあると言えそうですね。

イーサリアムの買い時は?

イーサリアムの公式サイト

イーサリアムをこれから購入しようと考えている場合、注目したいのがアップデート時期です。

先に紹介したとおり、アップデートするともれなく上昇する傾向があります。

また、計画どおり進行すれば2021年にかけてアップデートが行われる可能性が高く、今後さらに価値上がっていくというシナリオが想定できます。

さらに、イーサリアム上で提供されているUSDCのステーブルコインがVISAの決済で利用されるなど、実生活でイーサリアムベースの通貨が使われることによって、大元のイーサリアムも価値が向上します。

VISA以外の決済サービスが同じようにイーサリアムベースの通貨を採用することによって、さらに価格上昇も考えられます。

5月に約37万円という高値を更新したという状況を考えると、今年中には40万円を目指して価格が動いていくかもしれませんね。

これからのイーサリアムに期待するという方は、今のうちにイーサリアムを仕込んでおきながら仮想通貨投資をしていきましょう。

コインチェックの公式サイト

イーサリアムを購入するなら、手数料が安く、取引画面も使いやすいコインチェックが一番おすすめ。

様々なアルトコインを扱っておりますので、是非口座開設し購入してみてください。

イーサリアムは今後下落しないの?

仮想通貨の場合、大きな上昇を見せたかと思えば、大暴落も考えられます。

今(2021年5月頃)は上昇傾向にありますが、もちろんいつ下落するかはわかりません

イーサリアムは下落する可能性も十分ありえる

これからイーサリアムに投資をしようと思っている方は、リスクヘッジを検討しつつ投資を実施するようにしてください。

全財産をイーサリアムに投資して暴落してしまうと、資産の大半を失ってしまう結果となります。

投資は分散させるのが基本ですので、他の仮想通貨に分けるなど、リスクが低い投資法を実践してみてください。

リスクの低い投資法
  • 複数の仮想通貨を購入して投資をする
  • ドルコスト平均法を実践して、一気に全ての資金と投入しない

ドルコスト平均法とは、毎月一定の金額を投資し続ける方法です。

仮想通貨は価格の乱高下が激しいため、価格が低い部分で大量に通貨を購入できるため相性が非常に良いです。

是非この投資法を試してみてください。

今後の重要なイベントとして2021年はアメリカ大統領としてジョー・バイデンが就任することで、世界的に大きな動きが起こる可能性があります。

また、中国がデジタル人民元をリリースするのは間違いない状況で、イーサリアムも少なからず影響を受けるリスクがあります。

様々な世界の情勢が価格に影響しますので、多くの情報源を意識して収集していきましょう。

イーサリアムを購入できる仮想通貨取引所

コインチェックの公式サイト
取引所名コインチェック
公式サイトコインチェックの公式サイト
通貨ペア数16種類
取引手数料無料

イーサリアムに投資するなら、コインチェックが一番おすすめ。

取引画面が非常に使いやすく、初心者の方でもすぐに使いこなせることでしょう。

取り扱い通貨も多く、イーサリアム以外のアルトコインも数多く取引することができます。

定番の取引所ですので、是非この機会に登録してみてください。

より詳しい情報は仮想通貨取引所のおすすめランキングコインチェックの評判や口コミで解説しているので、合わせてチェックするのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

イーサリアムの今後まとめ

イーサリアムの公式サイト

イーサリアムの今後としては、基本的に上昇傾向が続くという見立てが大半です。

一方で、不安要素が少なからず存在しているのも事実です。

この記事で紹介したポイントを抑えて、イーサリアムを最適なタイミングで購入しましょう。

また、イーサリアムに投資するなら、コインチェックを使うのが一番おすすめです。

たった5分で口座開設が完了しますので、これから投資をしたいという方には向いています。

日本で最大手の取引所となっていますので、下記から登録して始めてみてください。

また、Invest Naviではイーサリアムの最新情報をまとめて配信している公式LINEを提供しています。

今後もイーサリアムの情報を逃したくないという方は是非無料で登録してみてください。

イーサリアムの独自配信
目次
閉じる