年収700万円の手取り・生活レベルは?目指す方法や職業も徹底解説!

年収700万円

皆さんは2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」により、現在の日本人の平均年収は約430万円になっていることを知っていますか?

働き方の多様化によって様々な職業がありますが、その中でも年収700万円以上を稼いでいる割合はそう多くありません。

この記事から分かること
  • 年収700万円の人の手取りは、基本的に約530万円~560万円程度
  • 転職や副業、投資で年収700万円が目指せる
  • 年収700万円の人の割合はわずか4.4%しかいない
  • 年収700万円を目指せる職業はコンサルタント業やエンジニアなど

年収700万円の人の生活レベルは、独身で一人暮らしの場合は少し余裕のある生活が送れますし独身で実家暮らしの場合は入れる生活費次第でかなり余裕のある生活が送れるでしょう。

今よりもっと余裕がある生活を送りたいのであれば、投資を行うのがおすすめです。

ネット証券会社最大手のSBI証券は、手数料の安さと金融商品の豊富さに定評があり、国内株式個人取引シェアNo.1の実績があります。

この機会にぜひSBI証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次

年収700万円の手取りは?

年収700万円ともなると、気になるのはどのくらいの手取りになるのかどうかです。

年収700万円の人の手取りは、基本的に約530万円~560万円程度だとされています。

賞与が支給されることを想定すると、毎月の手取りは約40万円程度になります。

・賞与あり

手取り年収手取り月収賞与
約530万円~560万円約30万円~36万円約80万円~130万円

・賞与なし

手取り年収手取り月収
約530万円~560万円約40万円~46万円
手取り月収

これは年収700万円ともなると、所得税や住民税、年金、健康保険、雇用保険などの税金や保険料が高くなるからです。

意外にも手取りが少ないと思われるかもしれませんが、年収700万円も稼いでいれば相応の税金を支払うことになるのは仕方ありません。

もしも毎月の手取り以上にお金を稼ぎたいのであれば、投資を始めるのがおすすめです。

ネット証券会社最大手のSBI証券は、手数料の安さと金融商品の豊富さに定評があり、国内株式個人取引シェアNo.1の実績があります。

この機会にぜひSBI証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

年収700万円の人はどれくらいいる?

実際に年収700万円となるとどのくらいの人が稼いでいるのか気になる人もいるでしょう。

国税庁が発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査」では、年収700万円の人の割合はわずか4.4%しかいないことが分かっています。

つまり、それほど多く稼いでいる人が非常に少ないということなので、稼ぐ方法が分からないもしくは今の職場で年収700万円も稼げるわけではないと言えるのではないでしょうか。

年収700万円の生活レベルとは

年収700万円も稼げているとなると、どんな生活レベルになっているのか気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は、以下の状況別に比較します。

  • 独身で一人暮らしの場合
  • 独身で実家暮らしの場合
  • 配偶者と子どもがいる場合
  • 配偶者がいて子どもがいない場合

家計の一例も挙げていきますが、人によっては支出の増減額が違うので自分がどのくらい使っているのか今一度計算するのがおすすめです。

それでは、状況別に年収700万円の生活レベルについてご説明しましょう。

独身で一人暮らしの場合

独身で一人暮らしの場合、年収700万円もあれば少し余裕のある生活ができるでしょう。

年収700万円も稼いでいるとはいえ、何も考えずにお金を使っているとあっという間にお金を使ってしまいます。

実家暮らしと違って光熱費や家賃などは自分で支払わなければならないため、計画的に貯金しておかないと経済的に厳しくなるでしょう。

独身で一人暮らしの場合の家計の一例は、以下の通りです。

項目支出
家賃などの生活費8万円
食費6万円
通信費1.5万円
交際費1.5万円
保険・医療3万円
衣服・理美容費1万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費2.5万円
貯金12万円
合計38万円

独身で実家暮らしの場合

独身で実家暮らしの場合、一人暮らしのように自分で光熱費や家賃などを支払う必要性がなくなるため、かなり余裕がある生活が送れるでしょう。

月に40万円も稼げているのであれば、家に入れる生活費次第でいくらでも貯金することができます。

月に数万円程度入れたとしても圧倒的に貯金しやすいことに変わりはないので、少しでも生活費を入れるのが得策です。

独身で実家暮らしの場合の家計の一例は、以下の通りです。

項目支出
家賃などの生活費(※実家に入れる金額)5万円
食費6万円
通信費1万円
交際費3万円
保険・医療1万円
衣服・理美容費2万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費2.5万円
貯金17万円
合計40万円

配偶者と子どもがいる場合

配偶者と子どもがいる場合、年収700万円もあったとしても貯金する余裕はあまりありません

むしろ少しでも貯金できている方が良い経済状況だと言えるほどなので、もっと余裕のある生活を送りたいなら共働きになることも検討する必要性があります。

子どもの人数が増えてくると、より貯金する余裕もなくなってくるでしょう。

経済的に順調に生活生活していくためにも、何にお金を使っていてどんなどころが無駄なのか把握することが大切です。

配偶者と子どもがいる場合、共働きではなく子どもが一人の家庭の家計の一例は、以下の通りです。

項目支出
家賃などの生活費10万円
食費9万円
光熱費2万円
通信費2.5万円
交際費3万円
保険・医療3万円
衣服・理美容費4万円
娯楽費2万円
交通費1万円
雑費3万円
貯金0.5万円
合計40万円

配偶者がいて子どもがいない場合

配偶者がいて子どもがいない場合だと、配偶者が働いているかどうでないかによって大きく変わってきます

配偶者が働いていない場合、単純に生活費が2倍に増えると言っていいでしょう。

多少なりとも貯金する余裕は出てきますが、少しでも余裕を出すだめには節約生活を送る必要性があります

ただ、配偶者も働いている場合だと収入が増えるのでその分余裕のある暮らしが送れるようになります

貯金できる金額も増えますし、その上でしっかりと節約すればもっと生活に余裕が出てくるでしょう。

配偶者がいて子どもがいない場合、共働きではない家庭の家計の一例は、以下の通りです。

項目支出
家賃などの生活費10万円
食費8万円
光熱費2万円
通信費2.5万円
交際費3万円
保険・医療2万円
衣服・理美容費4万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費3万円
貯金3万円
合計40万円

もっとお金を稼いで余裕のある暮らしを送りたいのであれば、投資をしてみてはいかがでしょうか?

SBI証券は国内人気の高い証券会社で、誰でもスムーズに取引しやすいデザインになっているのがポイントです。

この機会にぜひSBI証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

年収700万円でできること

年収700万円も稼いでいるのであれば、様々なことができるようになります。お金があるほどできることは増えていくので、計画的に行動することが大切です。年収700万円でできることは、以下の通り。

  • 結婚
  • 子どもを育てる
  • 貯金

それでは、年収700万円でできることについてご説明しましょう。

結婚

年収700万円も稼いでいるなら、十分に結婚を視野に入れることができるでしょう。

結婚するとなると単純に生活費が2倍になるので節約生活を送る必要性がありますし、配偶者に働いてもらうことを検討する必要性もあります。

しかし、結婚面で年収700万円も稼いでいる人は生活面の安心などの理由から人気が出やすいため、結婚するだけなら問題ないでしょう。

子どもを育てる

年収700万円程度であれば、貯金をしながら子どもを育てることもできます

もちろん子どもが増えるほど生活が苦しくなるので計画的に子どもを作る必要性がありますが、一人だけなら貯金しながら生活することができるでしょう。

ただし、養育費や教育費などのことを考えると、年収700万円だけでは余裕があるとは言えません

場合によっては配偶者にも働いてもらう必要性があります。

貯金

年収700万円も稼いでいたとしても、今後の生活を安定させるためには貯金が必要不可欠です。

生活の状況によって貯金できる金額は大きく違いますが、節約生活をしたり無駄なものを買わないようにしたりとお金を使わないように心がけることで少しずつでも貯金することは十分できます。

特に老後の生活のことを考えると、若い時から貯金を続けるのが望ましいでしょう。

家計簿をつけることで貯金しやすい環境を作ることができます。

また、家計簿をつけて見えてきたお金の悩みを解決したいときは、是非マネードクターなどの専門家に相談してみてください。

年収700万円を目指せる職業

年収700万年を目指しているのであれば、相応の職業に就くのがおすすめです。

年収700万円を目指すためには平均年収が高いとされる職業に就職・転職する必要性があるので、どんな職業に就くのがおすすめなのか知ることが大切です。

年収700万円を目指せる職業は、以下の通りです。

  • コンサルタント業
  • エンジニア
  • インフラ系の職業

それでは、年収700万円が目指せる職業についてご説明しましょう。

コンサルタント業

コンサルタント業とは一般的に自分が持っている知識やノウハウを最大限に活かし、顧客の相談を受けてアドバイスを行うという職業です。

対面やSkype通話、メール、チャット、コミュニティ型など、自分に合った働き方ができますが、代わりに激務になることが多いでしょう。

なぜなら、自分が伝えたやり方を教えるのではなく、目的を達成するための考え方や方法を伝えて実践してもらうからです。

そのためには顧客とのコミュニケーションが欠かせませんし、伝えたいことを上手に伝える話術も必要です。

激務になることが多い一方で、年収700万円を稼ぎ出せる可能性があるのが大きなポイントになるでしょう。

エンジニア

エンジニアも年収700万円を目指せる優良な職業でしょう。

近年ではデジタル社会が急速に進行しているため、エンジニア業の需要が急速に増加している傾向にあります。

それだけでなく、IT企業やIT化を推進させる企業にとってエンジニア不足は非常に大きな痛手なので、エンジニアとしての技術や知識があるのであれば採用されやすいでしょう。

また、エンジニアの知識や経験がない未経験でも積極的に採用している企業も存在するため、エンジニアを目指す価値は十分にあります。

エンジニアを目指すために、SAMURAI ENGINEERなどのプログラミングスクールに通う方も多いようです。

侍エンジニア 公式

SAMURAI ENGINEERなら入学から卒業まで現役エンジニアのインストラクターから専属で学ぶことができます。

\ 88,000円相当のレッスン無料! /

インフラ系の職業

電気やガス、水道といったインフラ系の職業は人々の生活に絶対に欠かせないため、非常に需要が高いということで年収が高い傾向にあります

インフラ構築にも多額の投資を行う必要性がある以上、新たに参入するハードルが高いことからすでに確立されている業種として安定性を誇っているのがポイントです。

年収700万円を目指すための方法

年収700万円を目指すには様々な方法を実践する必要性があります。

転職を検討したり、昇進を目指したり、副業や投資を行ったりと様々な方法があるので年収700万円を目指すためにも実践してみましょう。

年収700万円を目指すための方法として挙げられるのは、以下の通りです。

  • 転職する
  • 昇進する
  • 副業をする
  • 投資をする

それでは、年収700万円を目指すための方法についてご説明しましょう。

転職する

年収700万円を目指すなら、もっと高い年収が目指せる職業に転職するのがおすすめです。

今の職場で働き続けても年収アップが見込めないのであれば、これ以上働いていても時間がもったいないので早々に年収アップが望める職業に転職しましょう。

転職を検討するのであれば、リクルートエージェントを利用するのがおすすめです。

リクルートエージェントには専門のキャリアアドバイザーが在籍しているので、自分の経歴や技術などから数多くの求人先から自分に合った転職先を提案してくれます。

求人の選択肢が多い上に独自の転職支援サービスも展開しているので、有意義な転職活動ができるでしょう。

昇進する

昇進すれば年収アップが期待できるのでれば、これを機に昇進を目指して努力することも必要です。

企業に貢献するのはもちろん、その職場で求められている技術や知識を身に着けるために資格を取得するなど、昇進するために必要なことは多くあります。

今の職場で昇進するためにどんなことをすればいいのか、事前に確認して必要なことからやっていきましょう。

副業をする

年収700万円を目指すなら、副業をするのがおすすめです。

副業といっても全てはやり方次第なので人によって稼げる金額が大きく違いますが、アフィリエイトを始めとする様々な副業で年収を上げることも夢ではありません。

副業で稼ぐために必要なのは、事前知識や稼ぐためのポイントを熟知しておくことです。

どうすれば日々の生活の足しになるのか、もっと多く稼ぐにはどうすればいいのかなど、得られる限りの情報は調べた方が良いでしょう。

投資をする

年収を効率よく上げたいなら、投資をするのがおすすめです。

投資と聞くとリスクが高いように思われるかもしれませんが、少額から投資できる方法や元本割れしない方法など様々な投資方法があるので初心者でも投資で稼ぐことは十分に可能です。

不動産投資や株、FX、仮想通貨など様々な投資方法があるので、それぞれのメリットやデメリットなどを知った上でやりやすい投資を行っていきましょう。

初心者でもやりやすい投資方法を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券HP

SBI証券は初心者でも銘柄選びがやりやすいのが大きなポイントです。

複雑な設定をすることなく銘柄名や銘柄コード、目動きランキング、決済カレンダー、人気のカテゴリー、テーマから探すといったシンプルな検索条件から銘柄を選ぶことができます。

\ 株式取引シェアNo.1! /

年収700万円の人におすすめの節約術

年間700万円の人が少しでも余裕のある生活を目指すなら、普段の生活で節約する必要性があります。節約した分だけ貯金に回すことができるので、日常生活における節約は非常に重要です。おすすめの節約術は、以下の通りです。

  • 自炊をする
  • 家計簿をつける
  • 保険内容を見直す

それでは、おすすめの節約術についてご説明しましょう。

自炊をする

普段の生活で上手に節約するには、自炊をするのがおすすめです。

自炊が苦手な人はコンビニで弁当などを買ってきたり外食したりしますが、それでは自炊するよりも食費がかかってしまいます

食材を購入して自炊をした方が圧倒的に食費を安く抑えることができますし、健康に気を使った食事にすることも可能です。

自炊にすることでコンビニで余計なものを購入することがなくなり、外食に行かなくなるのでその分のお金を消費せずに済みます

もちろんスーパーで余計なものを購入してしまうと節約にならないので、本当に必要なものだけを購入することを徹底しましょう。

また、せっかく購入した食材を腐らせてしまうこともあるかもしれませんが、これはお金を捨てるのと同じなので食材管理を徹底することが大切です。

家計簿をつける

しっかり節約するためにも、毎月の収入と支出を全て把握するために家計簿をつけることが大切です。

これまでお金が貯まらないと嘆いていた人に当てはまりやすいのが、毎月の収入に対してどのくらいの支出があるのか把握していないことです。

毎月の支出を全て把握した上で、どうしてここまでの支出が出たのか考えることができるようになります。

そうすれば支出を抑えるにはどうすればいいのか対策できるようになるため、より節約するための方法を実践することが可能です。

保険内容を見直す

今現在加入している保険内容を見直すことでも、大きな節約になります。

現在加入している保険の内容を見直してみると、今の自分たちに必要ない保障内容が含まれている場合があるので、その分の保険料は必要ありません。

必要ない保障内容に対して保険料を支払い続けるのは非常にもったいないので、本当に自分に合った保障内容の保険を探して切り替えるのがおすすめです。

しかし、自分に合った保険を探すのが難しい、もしくはどんな保険に切り替えればいいのか分からない人もいるでしょう。

そんなときは、保険に関する相談を受け付けているプロのファイナンシャルプランナーが1,000人以上在籍しているマネードクターに相談するのがおすすめです。

マネードクターであれば、どんな保険に加入するのがおすすめなのか丁寧に対応してくれます。

年収700万円の生活レベルは?まとめ

年収700万円ともなればかなり余裕がある生活が送れると思うのかもしれませんが、実際は家庭の状況によって大きく違ってきます。

独身であれば基本的に余裕が出やすいですし、結婚しているなら余裕が出にくいので節約を行う必要性があるでしょう。

年収700万円を目指せる職業は多くありますし、副業や投資などを行って年収を上げる方法もあります。

年収700万円に到達したとしてもそこで終わりではないので、節約や貯金などを行って老後に備えることも大切です。

SBI証券なら少額投資ができる上に初心者でも分かりやすいデザインになっているだけでなく、初心者でも銘柄選びがやりやすいといった様々なメリットがあります。

この機会にぜひSBI証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

運営ポリシー

コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。株式・為替・仮想通貨をはじめ、各分野に精通した編集者によって、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる情報配信を行なっております。

目次