【最新】仮想通貨IOST(アイオーエスティー)とは?今後の見通し・将来性や買える取引所を解説

IOST

仮想通貨IOST(アイオーエスティー)は、独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoBを採用しており、高速な処理能力と非中央集権性を実現している今話題の仮想通貨です。

2021年9月には約9円に到達していたIOSTですが、最近価格が下落気味でした。

2022年5後半も、仮想通貨全体での下落に連動して1.10円付近で推移しており、今後の上昇に期待が高まっている通貨です。

今回はそんな今注目のIOSTの今後の見通しや価格予想について詳しく解説していきます。

これからIOSTの取引をしようと思っている方は、是非参考にしてみてください。

この記事の要点
  • IOSTは非中央集権のブロックチェーン技術が採用されている
  • JavaScriptにて開発ができるため、多くのプロジェクトに使われる期待が高い
  • 現在はDeFiの関連銘柄として注目を集めており、人気がある
  • 今後1年間で価格が10円を超えることができるのかを解説
  • 国内では、コインチェックBitPointで取引が可能

IOSTはコインチェックに上場され、急激に価格が上昇した通貨の1つです。

コインチェックの公式サイト-1

最近話題のDeFiにも絡んでくる通貨であるため、DeFiの関連銘柄としても人気があります。

まだIOSTを保有していないという方は、是非IOSTの取引を検討してみてください。

国内ではコインチェックで取引することが可能です。

また、IOSTについてはビッコレTVで非常にわかりやすく解説されていますので、動画でIOSTについてサクッと学んでみたいという方はぜひチェックしてみてください

さらに、Invest NaviではIOSTに関する最新情報を公式LINEで無料で配信しております。

これからもIOSTの価格上昇やイベントを逃さないためにも是非合わせて加入してみてください。

現在では、公式LINEの無料追加で200円相当のBTCを無料プレゼントしております。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

IOST最新ニュース

2022年3月に高騰をして、大きな盛り上がりを見せるIOSTの最新ニュースを紹介します。

取引を検討している方は、最新ニュースを逐一チェックしておきましょう。

国内取引所BitPointでの上場決定

2022年5月10日には、国内大手仮想通貨取引所のBitPointでIOSTの取り扱いがスタートしました。

また、上場に際して5月中に口座開設を行ったユーザーには、所定の日本円を入金したユーザーに対してIOSTを含むビットコインなどの仮想通貨が付与されるキャンペーンを実施しています。

今回の上場で、IOSTを扱う取引所はコインチェックに続き2例目となりました。

また、2022年6月1日からはフォビジャパンでの上場が発表(参考:フォビジャパン、IOST取り扱いへ)されるなど、国内仮想通貨取引所で続々と取り扱いがスタートしています。

取引を検討している方は、この機会にBitPoint公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3000円分の暗号資産がもらえる! /

120億円規模のファンドを設立

2022年4月12日には、IOSTがエコシステム開発のため120億円のファンドを設立した事が明らかとなりました。

次世代プロジェクトの育成や、IOSTマルチチェーンの促進を目的としたイーサリアム仮想マシン(EVM)開発者向けへのプロジェクトとなっています。

・New Ecosystem Fund(ニューエコシステムファンド)
・Accelerator Fund(アクセレレーターファンド)

上記2種類のファンドに分かれており、総称Entroverse Fund(エントロバースファンド)と呼ばれています。

このプロジェクトにより、ETHのプロトコルを簡単にIOSTと結合ができるようになれば、ユーザーはIOSTチェーンによる安いガス代で利用可能となる見込みです。

また、IOSTユーザーは、様々なdApps(分散型アプリ)へのアクセスが可能となる見込みで、利便性が高まるのではないかという期待の声が大きくなっています。

【2022年12月最新】IOSTの現在の価格動向

次に、IOSTの価格動向を短期と長期に分けて解説していきます。

これまでどのような値動きを辿ってきたのかをチェックしてみましょう。

長期での価格動向

引用:Tradingviewの提供チャート

大手仮想通貨取引所Binanceで上場された2019年3月から現在までの価格動向です。

チャートを参照していただければわかるように、2021年7月から9月にかけて価格は大きく上昇しました。

2021年7月に約2円だったIOSTの価格は高騰し、2021年9月上旬には一時期約9円前後で取引されるまでになりました。

日本を含む多くの海外取引所で上場がスタートしたことが要因と言えるでしょう。

最高値を付けた2021年9月ごろは仮想通貨市場全体の投資熱も過熱しており、IOSTの価格も後押しする形となりました。

2021年10月にIOSTブロックチェーンが日本ブロックチェーン協会(JBA)に正会員として加盟しましたが、その頃から徐々に下落気味です。

短期での価格動向

引用:Tradingviewの提供チャート

IOST/USDT2022年1月から現在までの価格動向です。

2022年に入ると、アメリカのインフレや米金利上昇の懸念により大きく下落していきます。

仮想通貨市場全体での下落であり、IOST単体で売りが加速したというわけではありません。

IOST主要通貨との値動き比較
引用:Tradingviewの提供チャート

そして、多くの仮想通貨が下落に転じる中、2022年4月にはIOST単独で高騰をしました。

大手グローバル取引所FTXでの上場が公表されたことが要因と考えられています。

しかし急騰は一時的で、2022年5月のUSTディペッグ騒動などを受け、仮想通貨市場全体での下落に連動しました。

4月には0.042USDTほどだった価格も、現在は約0.011USDまで下落しています。

国内の仮想通貨取引所では、コインチェックでIOSTを取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてIOSTの保有を検討してみてください。

IOSTとは?仕組みや特徴を解説

IOST
通貨名IOST(アイオーエスティー)
シンボルIOST
現在の価格(2022年12月)¥1.13
時価総額(2022年12月)¥20,965,985,594
時価総額ランキング(2022年12月)143位
取扱取引所コインチェック
BitPoint
フォビジャパン
公式サイトIOSTの公式サイト
関連記IOSTとは
10月14日時点の値

IOSTとは、次世代のコンセンサスアルゴリズムである”Proof of Believability”を基盤とする分散型ブロックチェーンネットワークです。

独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoBを採用していることにより、高速な処理能力と非中央集権性を可能にしています。

海外で取り扱われていた通貨ではありますが、国内ではコインチェックが取り扱いを始めることによって初上場を果たしています。

また、IOSTを取り扱っている国内取引所は2022年12月時点でコインチェック・BitPoint・フォビジャパンの3社です。

通貨として様々な特徴を持っているため、現在も注目を集めています。

IOSTはコインチェックBitPointフォビジャパンで上場されている

注目を集めているだけではなく、実際に価格自体も徐々に上昇しているため、取引をしても大きなリターンをが得られる可能性があります。

非中央集権のコンセンサスアルゴリズム(PoB)を採用している

先ほども解説している通り、IOSTでは非中央集権を実現することができる独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoBを採用しています。

非中央集権は担保がなければ運営することはできませんが、IOST独自のアルゴリズムのおかげで可能にしており、ネットワーク自体の情報処理スピードが上がるため、1つのブロックの対応確率を上げているのです。

また、PoBはDeFiにも大きな影響を与えているため、今後も注目されるアルゴリズムであると言えます。

JavaScriptでスマートコントラクトを開発することができる

IOSTの対応しているプログラム言語がJavaScriptということもあり、他の通貨と比べて参入障壁は非常に低いです。

つまり、比較的簡単にスマートコントラクトを開発することが可能です。

大半のエンジニアの方であれば、JavaScriptを使用することができますので、IOSTの最大の特徴と言えるでしょう。

IOSTは分散型経済のセキュリティとスケーラビリティの問題を解決

IOSTでは、PoBを活用することで分散型経済のセキュリティ担保とすることが可能です。

また、抱えているスケーラビリティの問題に対しては、EDSと呼ばれる技術を採用していることで問題を解決しています。

EDSを採用することで完全にシステム作業を分担することが可能ですので、ネットワーク作業認証速度を加速させているのです。

少ないトランザクション手数料と低コストで開発ができる

IOSTは、少ないトランザクション手数料と低コストで開発できることから、海外だけでなく日本での普及も始まっています。

2022年1月6日には、「RIZIN FIGHTING COLLECTION」が、東京・銀座で開催されているNFTイベント「NFT  WEEKS TOKYO」への出展が話題となりました。

このイベントは、格闘技のトレーディングカードサービスで、試合のハイライトやベストショットを収録したNFTを購入し、トレーディングを楽しめるものです。

基盤として、優れた処理能力を持つIOSTが採用されており、今後の普及にも期待が持たれています。

コインチェックが大部分を保有している

2022年2月のCoincheckによる公開情報によると、IOSTはコインチェックによって約50%保有されているようです。

流動性が低い仮想通貨は、値動きが高くボラティリティが高くなる傾向がありますので、投資する際は注意する必要があります。

日本人から根強い人気のあるIOSTですが、将来性を考える上で重要な指標となっておりますので十分に念頭に入れておきましょう。

IOSTの今までの価格推移

IOSTの今までの価格推移
引用元:Trading Viewの提供チャート

上記画像は2020年〜2022年12月までのIOSTの値動きを表しています。

2021年9月頃までは価格が上がってきている傾向にありましたが、2021年後半から価格が少しずつ落ち始めています。

しかしその後は3月後半に価格を取り戻し始めましたが、12月8日現在は約¥1.43まで下落をしました。

下記が現在のドル建てでみたIOSTのリアルタイム価格になります。

2020年までは価格が下げていましたが、その理由として国内での取り扱いがなく、価値自体が下がってきていた点が挙げられます。

しかし、2020年9月からコインチェックでの取り扱いを始め上場することで、価格が上昇しているのです。

コインチェックに上場後、価格を大きく伸ばしている

また、今話題のDeFiとの接点が豊富ということもあり、今後もlOSTの価格が上昇する要因になっていると言えます。

2022年からは、仮想通貨市場全体でのネガティブな話題が続き、IOSTの価格も連動して下落をしています。

IOSTの今後の価格上昇のポイント

IOSTが今後価格上昇するポイントは以下の4つです。

  • DeFiに参加する市場プレイヤーの増加
  • IOSTの認知度の向上
  • IOSTを活用したプロジェクトの進捗
  • IOSTのエアドロップ

DeFiに参加する市場プレイヤーの増加

Defiの成長

そもそもDeFiとは分散型金融のことを指しており、現在全世界的に注目されています。

IOSTはDeFiに2019年から参加しており、IOSTのブロックチェーン技術やコンセンサスアルゴリズムが非常にDeFiとの親和性が高いです。

特にブロックチェーン技術に関しては、金融事業・資産に対してセキュリティ対策面で大きな担保になるため、積極的にIOSTが導入されている理由と言えるでしょう。

また、セキュリティの担保があることで、以前よりもDeFiに参加する市場プレイヤーが増加しており、相乗効果でIOSTの価値が上がっています。

IOST自体も今後、DeFiに対して積極的に参加していくと明言しているため、全世界的にフォーカスされているのです。

IOSTの認知度の向上

IOSTが全世界的に認知され始めたことにより、価格が上昇していると考えられます。

日本国内で認知度が向上した最大の理由は2020年にコインチェックがIOSTを取り扱い上場したからと言えるでしょう。

以前も海外投資家の間では、IOSTを注視している方は多く存在していたのですが、日本を始めとするアジア圏内での取り扱い件数が増えたことでより多くの投資家に認知されてきました。

また、インドネシアの取引所でもIOSTの取り扱いを始めており、徐々にIOSTの重要度が高まっているのです。

その後、2022年5月にはBitPointで上場しました。

国内取引所ではまだほとんど扱っているところがないですが、今後上場する会社が増えれば価格上昇に期待が持てるでしょう。

IOSTを活用したプロジェクトの進捗

IOSTは、他の仮想通貨よりもセキュリティ面が高いブロックチェーン技術と、一般エンジニアでも取り扱いやすいJavaScriptを言語としていることで、様々なプロジェクトに活用されています。

上記で解説している金融商品・資産を始めとするプロジェクトに対して、IOSTの技術が採用されているのです。

また、IOSTは定期的に技術を活用して進めているプロジェクトの進捗を報告しています。

そのため、IOSTが様々なプロジェクトで活用されていることが証明されているため、IOSTの価格が上場すると考えられるでしょう。

IOSTで活用しているブロックチェーン技術の仕組みについての勉強会も開催しているため、IOSTの有用性がどんどん広まっています。

IOSTのエアドロップが行われる時に価格が大きく上昇

エアドロップによる配布

エアドロップとは、マーケティングキャンペーンの一環のことを指しており、ユーザーに無料でトークンが配布されることがあります。

エアドロップ時に特定の通貨を保有していると、トークンを無料でもらうことができる

実際にはビットコインキャッシュもビットコインのハードフォーク時にエアドロップによって配布されました。

基本的に所有している通貨と同じ量のエアドロップが行われるため、非常に重要なイベントです。

IOSTでも定期的にエアドロップが行われることがあり、エアドロップ実施時には急激に価格が上昇しています。

IOSTを保有すれば、もらえるエアドロップによってトークンが受け取れますので需要が大きく伸びるということですね。

エアドロップは、基本通貨の認知を上げるためやユーザーに対してのキャンペーン行為であるため、デメリットは存在していません。

そのため、短期的な価格上昇ではありますが、IOSTの認知が上がり結果的には長期的に価格が上昇する可能性が大いに考えられます。

IOSTはコインチェックで扱っていますので、まだ保有していないという方は是非保有を検討してみてください。

【2022年最新版】IOSTの今後の見通しや予想

日本国内でIOSTを取り扱っている業者はコインチェックのみですが、世界的に見るとインドネシアを始めとして今後アジア圏内で取り扱いが増えてくる通貨と考えられます。

他の通貨には無いブロックチェーン技術や高速な認証速度を実現しているスケーラビリティが認知されてくれるば、重要性はましていきます。

そのため、2022年後半のIOST価格は2021年8月の価格よりも上昇する可能性は十分にあります。

また、今後の見通しとして世界的な流れを見るとコインチェック以外の国内取引所がIOSTを採用していくことが予想されます。

国内取引所もビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨だけではなく、マイナー通貨の取り扱いも増えてきています。

コインチェック以外にも、10種類以上の通貨を取り扱う取引所が増えてくることもあり、マイナー通貨での取引はトレンドになりつつあるのです。

多くの取引所において主要通貨以外の取り扱いが増えていくる

また、上記でも解説している通り、IOSTは仮想通貨取引以外の様々な分野で取り入れられています。

DeFiなどの注目されている分野に分散型金融取引は注目されている部分ではあるため、そこに参入しているIOSTはいい影響を及ぼすことが推測できます。

特にブロックチェーン技術の重要性は世界的に信用を得てきている部分であり、情報の透明性を証明する担保となります。

しかし、高度なセキュリティ対策を行うためには、一定以上のコストが発生するため、非中央集権が採用されることとなり、IOSTの名前が挙がるでしょう。

また、日本国内では再生可能エネルギーの自動取引システムの研究開発分野においてIOSTは取り入れられており、独自のブロックチェーン技術を採用した開発が今現在進められています。

日本国内だけではなく、アジア圏を中心として経済成長を促進するためにも、IOSTは非常に重要な部分を担う可能性はあります。

また、IOSTのさらに詳しい今後の情報は公式LINEにて定期的に配信しております。

最新の情報を逃したくないという方は、Invest Naviが提供する公式LINEに是非加入してみてください。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

IOSTは100円や1000円まで価格上昇する見込みはあるのか

IOSTの価格予想

IOSTが100円まで上昇する見込みは、現時点の価格から判断すると直近でいく可能性は低いです。

それを踏まえると、1,000円まで価格が上昇する見込み今後1年以内には低いと推測されます。

しかし、DeFiにIOSTが進出したことにより、2021年はかつて無いほどの好調を見せており、各分野でIOSTが活用されることでより高い価格上昇を期待できます。

過去には10円前後まで上昇した実績がありますので、仮想通貨の値上がり相場が継続すれば50円〜100円前後まで上昇する可能性はあります。

ただし、非常に乱高下が激しい通貨なため、価格が急激に上昇するということは急に下落するということも想定できますので注意してください。

IOSTの価格上昇のポイント
  • IOSTが他の国内の取引所への上場が決定される
  • ビットコインが現在よりも価格上昇を継続する

IOSTは現在コインチェックとBitPoint、フォビジャパンのみで国内は取り扱っていますが、もしビットフライヤーDMM Bitcoinなどで取り扱いが決まると取引量が増えさらに価格が上昇する可能性があります。(現時点で他の国内取引所の上場は未定)

また、アルトコインはビットコインの価格に大きく左右されますので、価格上昇にはビットコインの継続した価格上昇が不可欠な条件です。

ポジティブなイベントが連続すると価格が10円を超えて上昇する見込みがあります。

【IOSTの買い方】購入できるのはコインチェック

コインチェックの公式サイト-1
名称CoinCheck(コインチェック)
ホームページCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い仮想通貨19銘柄
取引手数料無料
最低取引量500円

コインチェックは国内の暗号資産取引アプリダウンロード数で3年連続No.1の実績を誇る取引所です。 ※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

また、ビットコインやアルトコインを始めとした様々な通貨を取り扱っているため、自身の好きな通貨で取引を行うことができます

もちろん今回紹介しているIOSTに関しても取引が可能です。

Invest Naviが提供している仮想通貨取引所のおすすめ比較ランキングでも1位として紹介させて頂いており、非常に人気がある取引所です。

また、仮想通貨取引以外にも、「コインチェックつみたて」「コインチェックガス・でんき」などのインフラサービスも展開しています。

サービスはPCだけではなく高い操作性を実現しているスマートフォンでも取引を行うことができるため、日中忙しい方でもスマホを使用して外出中でもチャート確認・取引が問題なく可能です。

しかも、取引時に発生する手数料は全て無料ですので、無駄なコストをかける心配もありません。

スマホ上から数分でアカウント作成ができるので、気になる方はコインチェックの公式サイトから仮想通貨取引を始めてみてください。

IOSTに関してよくある質問

ここでは、IOSTに関してよくある質問に答えていきたいと思います。

IOSTの発行枚数はどれくらいですか?

CoinMarketCapによると、IOSTの最大供給量は900億枚IOSTコインと発表されています。

なお、ビットコインの発行枚数上限が2100万枚と決まっているのでそれよりも圧倒的に多いと言えます。

国内仮想通貨取引所への上場予定はありますか?

現時点で、新しい国内仮想通貨取引所への直近の上場予定は特にありません。

しかし、2022年5月にはビットバンク、2022年6月にはフォビジャパンと国内取引所で続々と上場が開始されています。

今後も、2021年4月に初めてコインチェックにIOSTが上場したように他の取引所へ上場する可能性はあります。

上場ではありませんが、仮想通貨取引所であるOKcoinjapanでは、2022年1月よりIOSTのステーキングサービスを予定しています。

知名度の上昇と共に、多くの会社での上場が期待できるでしょう。

IOSTを保有してみたいという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックして取引を始めてみてください。

【2022年】IOSTの今後の見通し・予想まとめ

IOST

今回はIOSTの見通しや今後の予想についてまとめていきました。

これから投資をしようと思っている方は、こちらの情報を参考にして始めてみてください。

この記事のまとめ
  • IOSTは他には無いブロックチェーン技術やコンセンサスアルゴリズムを採用している
  • DeFiへの参加・様々な分野でIOSTの技術が用いられることによる認知度の増加などの理由で価格上昇の可能性あり
  • IOSTを扱っているのは国内最大級の取引所コインチェック

IOSTは国内のコインチェックに上場されたことによって認知度が上昇し、価格上昇をしたアルトコインの1つです。

もちろん、仮想通貨投資は急激な価格上昇がある一方で、大幅な下落も起こりますので、投資をする時は十分注意しましょう。

投資をする際は自分が許容できるリスクを踏まえた上で取引をスタートさせてみてください。

2021年の草コインおすすめランキング」でも詳しく解説をしているので合わせて確認をすると深く理解できます。

また、Invest NaviではIOSTなど仮想通貨に関する最新情報を定期的に無料で配信する公式LINEを運用しております。

急激な価格情報や新しい通貨の情報をわかりやすく解説しているので、是非加入してみてください。

現在では無料の登録を行うだけで200円相当のBTCが全員貰えるキャンペーンを実施中です。

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次
閉じる