【徹底比較】低金利のおすすめカードローンは?実質金利が安いのはどこ

低金利 カードローン

いつでもどこでも手軽で便利にお金を借り入れることができるカードローン。

コンビニのATMで借り入れ・返済ができるサービスも増えてきているため、利用のしやすさも格段にアップしています。

「もしお金を借りるのであれば金利が低いローンを活用したい」と考えている方は多いのではないでしょうか?

本記事では、低金利のカードローンを選ぶポイントやおすすめのカードローンランキングを紹介していきます。

この記事から分かること

・カードローンの金利は借り入れ額によって変化する
・無利息期間を利用することで実質低金利でカードローンが利用できる
・一般にクレジットカードのキャッシング機能よりもカードローンの方が金利が低く借り入れ限度額も高い
低金利で借り入れられるカードローンを利用したい人はアイフルがおすすめ

低金利のカードローンを使いたい人はアイフルを利用することをおすすめします。

WEBで申し込みが完了するため面倒な手続きが一切不要で、審査も最短25分と圧倒的なスピードです。

初めての利用なら契約の翌日から30日間無利息で借り入れられるため、お得に利用できる点も魅力的です。

「すぐにお金が必要」「低金利でお金を借り入れたい」という人は、アイフルの事前融資チェックを活用してみましょう。

\ 最短25分融資 /

目次

カードローンの金利とは?

カード会社や金融機関が提供している個人向け融資サービスであるカードローン。

ローンでお金を借り入れる際にあらかじめ定められている金利について解説していきます。

金利は借り入れ金額に応じてかかる利息の割合

金利とは、お金を借りる際に借り入れ金額に応じて支払う利息の割合のことを言います。

金銭の貸し借りをする場合、お金を借りている人が貸している人に対してレンタル料金として利息を支払います。

その際に一年あたりどれくらいの割合で利息を上乗せするかを決定するのが金利です。

例えば、金利が10%で100万円を借り入れるケース。

30日間カードローンを利用する場合、100万円×10%÷365日×30日=8,219円が利息です。
返済総額は借り入れ金額の100万円と合わせて、1,008,219円となります。

カードローンはお金を借りる際に設定された金利にしたがって、返済の時に借り入れ金額に上乗せしてお金を返すことになります。

お金を借りる際には金利をきちんと理解しておかないと返済金額が想定以上に大きくなってしまうので、金利がどれくらいなのかチェックしておきましょう。

借入額によって金利は変化する

カードローンの金利は借入金額に応じて変化します。

なぜなら「利息制限法」という法律によって、借入金額ごとの上限金利が設定されているためです。

利息制限法の上限金利を以下の表にまとめました。

スクロールできます
借入金額利息制限法の上限金利
10万円未満年20.0%
10万円以上100万円未満年18.0%
100万円以上年15.0%

上の表でまとめた上限金利を超える金利が設定されている場合は、双方合意の上であっても無効となります。

また「出資法」という法律によって貸付金の金利が20%を超えると、刑事罰の対象となるケースもあるのでしっかり把握しておきましょう。

消費者系カードローンの金利相場は18%

上で紹介した「利息制限法」を踏まえて、アイフルなどの消費者系カードローンでは18%程度の上限金利を設定していることが多いです。

そして借入金額に対してではなく、「貸付可能な金額」の上限に応じて金利の上限が設定されているケースが多くなっています。

その理由は実際の借入金額に対して金利を設定していると、借入のたびに金利が変化し手続きが煩雑になるからです。

例えば9万円を借りている時は金利が20%、追加で5万円を借りたら金利を18%に変更するなどして、その都度設定を変更していたら金利の計算が複雑になってしまいます。

そのため貸付可能な金額の上限に応じて金利を設定し、追加で借り入れても金利が変動しないように定められているのです。

多くの消費者金融の上限金利が18%前後であること、貸付可能な金額の上限に応じて金利の上限が設定されることをしっかり理解しておきましょう。

\ 最短25分融資 /

低金利のカードローンを選ぶポイント

カードローンを選ぶ際には、低金利で借り入れることができるものを選ぶようにしましょう。

金利が低いカードローンを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

銀行系カードローンの方が低金利だが借入に時間がかかる

カードローンは銀行や消費者金融が提供しているサービスで、どちらを選ぶべきか迷っている人も多いでしょう。

基本的には銀行系のカードローンを利用した方が金利を低く抑えることができますが、一方で借り入れに時間がかかってしまいます。

銀行の口座を開設しなければならないケースが多いことや借入の際の審査に時間がかかることなどから、手続きが面倒で手軽にすぐに借り入れることが難しくなっています。

一方の消費者金融系のカードローンは銀行系と比較すると少し金利が高めであることが多いですが、申し込み手続きが簡単ですぐに終わるというメリットがあります。

例えば消費者系のカードローンのプロミスでは、WEBやスマホアプリからの申し込みで最短30分で審査が完了し、24時間365日いつでも即時振り込みがされます。

すぐにお金を借り入れたい人は消費者系のカードローンを活用しましょう。

\ 30日間利息0円! /

無利息期間を利用すると実質低金利

カードローンを初めて利用する際に一定の期間だけ金利がかからない「無利息期間」が設定されているカードローンは多くあります。

無利息期間を有効に活用することで低い金利でお得にカードローンを利用することができます。

例えば無利息期間が1ヵ月(30日間)で金利10%、100万円を2ヶ月間借り入れた場合。

最初の1ヵ月は無利息であるため、金利がかかるのは実質後半の1ヵ月分のみです。
金利は100万円×10%÷365日×30日=8,219円となります。

利息がかからない期間を上手く活用することで、実質低金利でカードローンで借り入れることができることをポイントとして押さえておきましょう。

希望する借入金額と返済計画に合ったサービス

カードローンで借り入れる際には、希望する借入金額と返済計画に適したサービスを選ぶようにしましょう。

金利が安いという理由だけで選ぶよりも、自分が希望する借入金額と返済計画を踏まえておく必要があります。

返済方法は主に以下の2種類に分けることができます。

・約定返済:毎月決まった額の返済を行う。「元利定額返済方式」と「残高スライド元利定額返済方式」がある。
・臨時返済:時期を決めずに返済を行う。ボーナスなどの臨時収入を活用して返済していく。

それぞれの返済方法の特徴を理解して、自分に合った計画的な返済が行えるようにしておきましょう。

低金利で利用できるおすすめカードローン比較一覧

低い金利で利用できるおすすめのカードローンを表でまとめました。

消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンの2つのジャンルでそれぞれ比較していますので、利用を検討している方は見比べてみてください。

まずは消費者金融系カードローンの比較表です。

スクロールできます
消費者系カードローン金利審査時間融資スピード融資上限額無利息期間
アイフル3.0%~18.0%最短25分24時間365日即時振込1万円〜800万円初めての利用なら契約の翌日から最大30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%最短30分即日振込1万円〜500万円初回利用の翌日から30日間
J.Score0.8%~15.0%最短30分即日振込(22:55以降は翌日)1万円〜1,000万円なし
SMBCモビット3.0%~18.0%最短30分最短3分で振込1万円〜800万円なし
レイクALSA4.5%~18.0%最短60分即日振込(21時以降は翌日)1万円〜500万円初めての利用なら契約翌日から60日間無利息
ダイレクトワン4.9%~18.0%最短即日即日融資1万円〜300万円20・30代で新規契約なら契約翌日から55日間無利息
※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

次に銀行系カードローンの比較表です。

スクロールできます
銀行系カードローン金利審査時間融資スピード融資上限額無利息期間
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌日以降最短翌日以降10万円〜500万円なし
三井住友銀行1.5%~14.5%最短翌営業日最短翌営業日10万円〜800万円なし
楽天銀行1.9%~14.5%最短翌日最短翌日最大800万円初回の借り入れなら30日間無利息
みずほ銀行2.0%~14.0%最短翌営業日最短翌営業日10万円〜800万円なし
セブン銀行14.0%~15.0%最短2営業日最短2営業日10万円〜100万円なし

各会社のサービスを比較し、利用目的に適したカードローンを公式ページからチェックしてみてください。

低金利カードローンおすすめランキング

低い金利で借り入れられるカードローンのおすすめのランキングを紹介していきます。

こちらで紹介するカードローンサービスはどれも金利の面でおすすめできるものばかりですので、借り入れを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アイフル

アイフル 公式ページ
金利3.0%~18.0%
審査時間最短25分
融資スピード24時間365日即時振込
融資上限額1〜800万円
無利息期間初めての利用なら契約の翌日から最大30日間無利息
詳細公式ページ

すぐにお金を借り入れたい人は、アイフルのカードローンを利用することがおすすめです。

24時間申し込みを受け付けており審査も最短25分で完了、全国の提携コンビニATMでも借り入れられるため手軽に融資を受けることができます。

急ぎの場合は、WEB申し込みの後に電話をすることで優先的に審査を受けることも可能です。

さらに初めてアイフルを利用するなら、契約の翌日から30日間無利息で借り入れることができることも大きな魅力です。

アイフルでは事前に融資可能かどうかを1秒で簡易審査できる無料診断サービスを提供しています。

利用を検討している人は、まずはアイフルの無料診断を使ってみて融資の可否をチェックしてみましょう。

\ 最短25分融資 /

プロミス

金利4.5%~17.8%
審査時間最短30分
融資スピード即日振込
融資上限額1〜500万円
無利息期間初回利用の翌日から30日間
詳細公式ページ

プロミスは2年連続オリコン顧客満足度のノンバンクカードローンで第1位を獲得しており、安心して利用できるカードローンサービスです。

スマートフォンのみで申し込みが完結でき審査が最短30分で完了するため、スピーディーに借り入れることができます。

専用のアプリをダウンロードすれば、借入の際に入力する項目もより簡単になるためおすすめです。

初回利用の翌日から30日間の無利息期間もあるため、非常にお得にサービスを利用することができます。

手軽に低金利のカードローンを使いたい人は、プロミスのカードローンを活用してみましょう。

\ 30日間利息0円! /

J.Score

金利年0.8%~15.0%
審査時間仮審査最短30秒
融資スピード最短30分融資
融資上限額1万円〜1,000万円
無利息期間なし
詳細公式ページ

J.Scoreは、通常とは異なる審査方法で融資を決定するカードローンです。

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した合弁会社で、AIにより借入限度額や金利を決定する仕組みになっています。

年収や勤務先、雇用形態など、通常のカードローンで考慮される情報以外にも、趣味や嗜好などの情報をトータルで加味してAIが融資の内容が決定します。

他のカードローンサービスでは信用が低いと判断される人でも、J.Scoreでは借り入れられる可能性もあります。

ぜひAIによる融資判断が受けられるJ.Scoreのカードローンを活用してみましょう。

三井住友銀行カードローン

金利1.5%~14.5%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
融資上限額10万円〜800万円
無利息期間なし
詳細公式ページ

三井住友銀行カードローンは、銀行系のカードローンサービスとして金利が低いという点が魅力的です。

金利は年率1.5%~14.5%と低く設定されているため、金利の低いカードローンを利用したい人におすすめのサービスです。

また利用手数料無料で対応しているATMが多いことも、三井住友銀行カードローンの大きなメリットです。

三井住友銀行はもちろん、E-net銀行ATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM・三菱UFJ銀行ATM(店舗外のみ)が手数料無料でカードローンに対応しています。

コンビニATMでカードローンを利用したい人は、三井住友銀行カードローンの利用がおすすめです。

三菱UFJ銀行カードローン

スクロールできます
金利審査時間融資スピード融資上限額無利息期間詳細
1.8%~14.6%最短翌日以降最短翌日以降10万円〜500万円なし公式ページ
金利1.8%~14.6%
審査時間最短翌日以降
融資スピード最短翌日以降
融資上限額10万円〜500万円
無利息期間なし
詳細公式ページ

三菱UFJ銀行カードローンはメガバンクが提供しているため、安心して利用できるカードローンサービスです。

普通預金の口座を三菱UFJ銀行で開設している場合は、借り入れ金を直接口座に振り込むことができ手数料も無料です。

さらにセブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-net銀行ATMはカードローンの利用手数料が無料です。

コンビニで手軽にお金を借り入れることができる点が、三菱UFJ銀行カードローンの魅力です。

三菱UFJ銀行では返済シミュレーションも行なっていますので、ぜひ活用して返済計画を立ててみましょう。

楽天銀行スーパーローン

金利1.9%~14.5%
審査時間最短翌日
融資スピード最短翌日
融資上限額最大800万円
無利息期間初回の借り入れなら30日間無利息
詳細公式ページ

ネット銀行大手の楽天銀行が提供するカードローン「楽天銀行スーパーローン」は、ネットで手続きが完了します。

自宅でスマホやパソコンで簡単に融資の申し込みが完了するため、手軽にお金を借り入れることができます。

また入会&利用で最大31,000円分の楽天ポイント(期間限定ポイント)が付与されるキャンペーンも開催されています。

初回の借り入れで30日間無利息で利用できるサービスも提供しているので、お得に融資を受けることも可能です。

手軽にお得な融資を受けたい人は、楽天銀行スーパーローンの利用がおすすめです。

カードローンの金利に関するよくある質問

カードローン利用と金利に関するよくある質問をまとめました。

カードローンの利用に関して疑問がある人は、参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング機能と比較すると金利は低い?

現金を借り入れられるサービスとしては、カードローン以外にも「クレジットカードのキャッシング機能」があります。

買い物の決済方法としてのクレジットカードに現金の借入機能が付帯しているのがキャッシング機能ですが、カードローンと比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

一般的にクレジットカード付帯のキャッシング機能は、カードローンと比較すると借入限度額が数十万円程度とあまり高くない上に金利も高めに設定されていることが多いです。

例えば、楽天銀行スーパーローンと楽天カードのキャッシング機能を比較すると…

楽天銀行スーパーローンの金利:1.9%~14.5%
楽天カードのキャッシング機能の金利:18%

このように現金の借入に特化したカードローンの方が低金利で借り入れることができます。

適用される金利はどのように決定される?

カードローンの適用金利は、借り入れる本人の信用力や利用限度額に応じて決定されます。

信用力を判断する上で年齢・職業・年収などの情報だけでなく、他の借り入れの状況やローンの延滞歴がないかどうかもチェックされています。

高収入で安定した職業に就いている人は信用力が高く、低い金利で融資を受けることができます。

また過去に借り入れの実績がありローンをしっかり返済しているという実績があれば、信用力は高まっていきます。

このような信用力の情報を銀行や消費者金融が行い、それに応じて金利が決定されるという仕組みになっています。

職業や年収は大きく変えることは難しく信用力アップに繋げにくいですが、「確実にローンを返済する」「他社で無理な借り入れをしない」ことで信用力が高まり、低い金利でローンを受けられる可能性が出てきます。

カードローンを利用する際には返済計画をしっかり立てて、無理のない借り入れにしましょう。

おすすめ低金利カードローンまとめ

この記事では、低金利で借り入れられるおすすめのカードローンについて紹介してきました。

この記事のまとめ

・カードローンの上限金利は「出資法」「利息制限法」という法律で定められており相場は18%程度
消費者金融系のカードローンは銀行系と比べて少し金利は高めだが即日で借入できる
・無利息期間を活用することで実質低金利でカードローンが利用できる
低金利のカードローンを使いたい人はアイフルを利用することがおすすめ
・適用金利は年収・職業や本人のローン返済実績などの「信用力」によって決まる

アイフルのカードローンは最短25分で審査が完了し、スピーディーに融資を受けられる点が大きな魅力です。

無利息期間は初回利用の翌日から30日間適用されるため、まだ利用したことがない人はお得に融資を受けることができます。

初めてカードローンを使う人は、簡単な手続きで低金利の融資を受けられるアイフルのカードローンを利用してみることをお勧めします。

目次
閉じる