【10社比較】カードローンのおすすめ人気ランキング!金利や審査を徹底比較

「急に現金が必要になった!でもすぐに用意ができない…」そんな時には、カードローンが便利です。

予定外の出費に頭を悩ませた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

カードローンとは、個人が一時的にお金を借りることができるサービスです。

申し込みも手軽にできる会社が多いため、ぜひこの記事を参考に利用してみてください。

この記事からわかること
  • カードローンは、気軽に利用できる個人向けの融資サービス
  • 担保なし、保証人なしで借り入れできるほか、利用目的や返済タイミングが自由
  • 生活費などのためだけでなく、娯楽目的の費用のために利用されることも多い
  • カードローンは、金利の低さや融資上限額などで比較しよう
  • 最もおすすめのカードローンは消費者金融カードローンの「アイフル

大手消費者金融カードローンのアイフルならWEB申し込みから最短25分で融資が可能なため、急な出費の際にもすぐに借り入れることが可能です。

公式HPで融資が可能かどうか簡単に無料診断することができますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 最短25分融資 /

目次

おすすめカードローン会社比較一覧

カードローン会社のサービスについて、一覧にして比較します。
※2022年9月20日(火)時点における情報です。

銀行系カードローン、消費者金融カードローン、信販会社カードローンのそれぞれのサービスについて比較します。

自分の希望に沿ったサービスを探してみましょう。

アイフルプロミス三井住友カード カードローンプロミス
レディース
アコムSMBCモビットレイクALSAダイレクトワンJ.Score
アイフルプロミス ロゴ三井住友カードローンロゴプロミス ロゴアコム ロゴSMBCモビット ロゴレイクALSA ロゴダイレクトONE ロゴJ.Score ロゴ
金利3.0~18.0%4.5~17.8%1.5~15.0%4.5~17.8%3.0~18.0%3.0~18.0%4.5〜18.0%4.9〜18.0%0.8~15.0%
審査時間最短25分
最短30分~1時間最短5分で即時発行可能※2最短30分~1時間最短30分最短30分※1最短1時間最短即日最短30分
融資スピード最短25分
ご来店の場合、カード発行後すぐに借り入れ可能最短5分で即時発行可能※2ご来店の場合、カード発行後すぐに借り入れ可能最短即日最短即日※最短1時間最短即日最短即日
融資上限額800万円500万円900万円500万円800万円800万円500万円300万円1,000万円
無利息期間最大30日間
(はじめての方)
30日間
(条件あり)
なし30日間
(条件あり)
30日間
(条件あり)
なし60日間
(条件あり)
55日間
(条件あり)
なし
詳細公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
※1記載の点については後述
※2最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

一覧にしてみると、各社のサービスの違いが分かりますね。

次に、おすすめのカードローンを紹介していきますので、実際にどのサービスを選べば良いのか、具体的に考えてみましょう。

カードローンのおすすめ比較ランキング

ここからは、おすすめのカードローンをランキング形式で紹介します。

カードローン種別
プロミス消費者金融カードローン
J.Score消費者金融カードローン
三井住友カード カードローン信販・クレジット系カードローン
アコム消費者金融カードローン
三菱UFJ銀行カードローン銀行系カードローン
SMBCモビット消費者金融カードローン
三井住友銀行カードローン銀行系カードローン
アイフル消費者金融カードローン
オリックス銀行カードローン銀行系カードローン
みずほ銀行カードローン銀行系カードローン

それぞれのカードローンについて、詳しく見てみましょう。

おすすめ①アイフル

名称アイフル
カードローン種別消費者系金融カードローン
金利3.0~18.0%
審査時間最短25分(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。)
融資スピード最短25分(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。)
融資上限額800万円
(※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です)
無利息期間最大30日間 (はじめての方)
詳細公式ページ
「アイフル」の特徴
  • カードレスで利用可

スマホアプリがあれば、申し込みから借り入れまですべての取引をスマホで行うことができます。

アイフルアプリはGooglePlayとAppStoreでの評価が☆4.0以上(2021/7/20時点)と、ユーザーからの評価が非常に高いアプリになります。

セブン銀行ATM、ローソンATMを利用し、24時間365日いつでも取引が可能です。

  • 郵送物無しで利用できる

「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選ぶことで、自宅への郵送物無しで利用が可能です。

自分から言わない限りは、基本的には家族にばれずに利用できます

なお、郵送物が届く設定を選択した場合も、社名(アイフル)が入っていない封筒で送られてくるため、安心です。

  • 最短25分で融資可能

アイフルなら申し込みから最短25分で融資が可能となっています。

急にお金が必要となった時にすぐに借り入れることができるのがアイフルの大きな強みになるでしょう。

  • 事前に融資可能か1秒で診断できる

アイフルでは事前に融資を受けることができるのかを簡単な情報入力だけで診断することが可能です。

公式HPから誰でもできますので、ぜひ一度無料診断してみてはいかがでしょうか。

\ 最短25分融資 /

おすすめ②プロミス

プロミス 公式
名称プロミス
カードローン種別消費者金融カードローン
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分~1時間
融資スピードご来店の場合、カード発行後すぐに借り入れ可能
融資上限額500万円
無利息期間30日間 (条件あり)
詳細公式ページ
「プロミス」の特徴
  • 安心の大手サービス

有名なサービスですので、カードローンを利用したことが無い人でも「プロミス」の名前は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

知名度の高いサービスなら、インターネット上での口コミやレビューも多く見つかります。

初めて利用するなら特に、知名度のあるサービスのほうが安心して利用できます。

  • 申し込みから融資までのスピードが早い

プロミスの魅力は、融資までのスピードです。

審査スピードが早く、申し込みから最短30分~1時間程度で審査が完了します。

お急ぎの場合は、来店でカードを受け取ることで、審査後すぐにサービスを利用することもできます。

\ 30日間利息0円! /

おすすめ③三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン
名称三井住友カード カードローン
カードローン種別信販・クレジット系カードローン
金利1.5~14.4%(振込専用タイプ)
1.5~15.0%(カードタイプ)
審査時間最短5分で即時発行可能
融資スピード最短5分で即時発行可能
融資上限額900万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
三井住友カード カードローン」の特徴
  • 2通りのタイプから選べる

三井住友カード カードローンでは、振込専用タイプとカードタイプの2種類を用意しています。

金利をより低く抑えたい場合は、実質年率1.5~14.4%の振込専用タイプがおすすめです。

24時間いつでも引き出せるサービスを利用したい場合は、カードタイプを選ぶと良いでしょう。

  • 返済実績に応じた金利優遇が受けられる

返済実績によって、翌年から0.3%ずつ最大1.2%金利が下がるのが三井住友カード カードローンの特徴です。

たとえば、110万円の利用枠の場合、初年度の実質年率は9.8%です。

順当に毎年0.3%ずつ下がっていくと、5年目に-1.2%、実質年率は8.6%となります。

なるべく金利を抑えて利用したいという方には、三井住友カード カードローンがおすすめです。

おすすめ④J.Score

J .SCORE
名称J.Score
カードローン種別消費者金融カードローン
金利0.8~15.0%
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
融資上限額1,000万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
「J.Score」の特徴
  • 日本初の「AIスコア・レンディング」

みずほ銀行とソフトバンクによって実現された新しい融資の形「AIスコア・レンディング」は、1,000点を上限とするAIスコアによって金利・利用限度額が決まる仕組みです。

借り入れ申込みの前に、スマホ・PCでいつでも条件を確認できるため、安心かつ便利に利用ができます。

  • カードが不要

J.Scoreは、他の一般的なカードローンと異なり、カードが無いサービスです。

そのため、厳密には「カードローン」と呼ぶことはできないかもしれません。

J.Scoreではスマートフォン・パソコンでの利用が原則となっており、カードは発行していません。

「カードが欲しい」という人には不向きのサービスですが、「カード無しで利用したい」という人にはおすすめです。

※このサイトからのお申し込みは停止中

おすすめ⑤アコム

アコム
名称アコム
カードローン種別消費者金融カードローン
金利3.0~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
融資上限額800万円
無利息期間30日間 (条件あり)
詳細公式ページ
「アコム」の特徴
  • プロミスと並ぶ大手消費者金融カードローン

アコムも大手サービスですので、知名度の高いカードローンです。

プロミスよりも融資上限額が高いので、大きな金額を借り入れたい人はアコムを利用しましょう。
※プロミスの融資上限額:500万円
※アコムの融資上限額:800万円

  • 便利な公式アプリ「myac」

アコムの公式アプリ「myac」を利用すると、以下の機能が利用できます。

  • 利用状況の確認
    利用可能額や返済日がトップページで確認できます。
  • 各種手続きが可能
    アプリから借り入れや返済、増額など各種手続きが可能です。
  • 申し込み書類もアプリで提出
    運転免許証や収入証明書があれば、それを写真に撮ってそのまま提出できます。
  • 24時間、最短1分で振込
    アプリからの手続きにより、指定の金融機関口座へ手数料無料で振込が可能です。

※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

おすすめ⑥三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン-1024x492
名称三井住友銀行カードローン
カードローン種別銀行系カードローン
金利1.5~14.5%
審査時間最短翌日
融資スピード最短翌日
融資上限額800万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
「三井住友銀行カードローン」の特徴
  • 金利が低い

銀行系カードローン大手の三井住友銀行カードローンは、金利の低さが魅力のサービスです。

年1.5~14.5%の金利ですので、金利の低いカードローンを探している人におすすめです。

  • 提携コンビニATMも手数料無料で返済できる

コンビニATMでは手数料がかかるカードローンも多いですが、三井住友銀行カードローンなら手数料無料です。

三井住友銀行ATMのほか、提携コンビニATMでも手数料が無料ですので、気軽に返済ができます。

おすすめ⑦三菱UFJ銀行カードローン

名称三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
カードローン種別銀行系カードローン
金利1.8~14.6%
審査時間最短翌日
融資スピード最短翌日
融資上限額500万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
「三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)」の特徴
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っている人におすすめ

三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていれば、提携ATMに行かなくても、借り入れ金を直接口座に振り込んでもらうことができます。

  • 返済シミュレーションができる

カードローンを利用するうえで、あらかじめ返済計画を立てておくことが重要です。

バンクイックでは、指定した条件で「返済シミュレーション」を行うことができます。

たとえば、「10万円を年14.6%で3か月借りた場合、毎月の返済額はいくらになるのか」といった内容のシミュレーションです。

具体的なシミュレーションをすることで、返済計画が立てやすくなります。

おすすめ⑧SMBCモビット

SMBCモビット-1024x756
名称SMBCモビット
カードローン種別消費者金融カードローン
金利3.0~18.0%
審査時間最短30分※
融資スピード最短即日
融資上限額800万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります。
「SMBCモビット」の特徴
  • 審査スピードが早い

公式ウェブサイトでは、簡易審査の申し込みが可能で、最短10秒で簡易審査結果を確認することができます。

本審査も最短30分で完了し、即日融資も可能です。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります)

さらに、ネットでの申し込み後にコールセンターに電話をすることで、最短3分で出金が可能です。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります)

急いでいる場合は利用を検討したいサービスのひとつです。

  • Tポイントが貯まる、使える

返済でTポイントが貯まり、また貯まったTポイントを返済に充当することもできます。

おすすめ⑨オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン_top
名称オリックス銀行カードローン
カードローン種別銀行系カードローン
金利1.7~14.8%
審査時間数日
融資スピード数日
融資上限額800万円
無利息期間なし
詳細公式ページ
「オリックス銀行カードローン」の特徴
  • ガン保障特約付きプラン「Bright」も選べる

ガン保障特約付きプラン「Bright」を選択することで、「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」ときの借り入れ残高がゼロになる、保険料の自己負担分がゼロになる、カードローン金利の上乗せ無しといった内容の保障が付帯されます。

特に、保険料の自己負担分が無い点には注目です。

カードローンのサービスを超えた、ガン保険のサービスです。

日本人の2人に1人がガンになると言われている現代ですので、ぜひ検討しておきたいプランです。

  • 100,000台以上のATMにて利用可能

全国に設置されている100,000台以上のATMが利用できます。

以下のATMに対応しています。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • イオン銀行

コンビニにあるATMはもちろん、その他多くのATMでも利用できるため便利です。

おすすめ⑩みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン トップ
名称みずほ銀行カードローン
カードローン種別銀行系カードローン
借入金利(年)2.0~14.0%
審査時間最短3営業日
融資スピード最短1週間前後
利用限度額10万円〜800万円※
無利息期間なし
申込基準満20歳以上66歳未満
収入が安定している方
保証会社の保証を受けれる方
詳細公式ページ
※利用限度額によって借入金利が変更されます
「みずほ銀行カードローン」の特徴
  • 「うれしい特典」の最高ステージが適用される

カードローンを利用することで、みずほマイレージクラブの「うれしい特典」において最高ステージが適用されます。

みずほ銀行ATM時間外手数料や振込手数料(みずほ銀行本支店宛)が無料になったり、イーネットATM時間外手数料・利用手数料や他行宛振込手数料が月3回まで無料になったりといった各種特典を利用できます。

  • 住宅ローンの利用でお得

みずほ銀行カードローンの利用店で住宅ローンを利用することで、みずほ銀行カードローンの基準金利から金利を年0.5%引き下げられます

※みずほ銀行カードローンは計画的にご利用ください。

カードローンとは?

まずは、カードローンとはどのようなサービスなのか、概要を説明していきます。

カードローンとは

カードローンとは、貸金業者や金融機関(カード会社など)による、個人向けの融資サービスを指します。

『カードローンとは』

カードローンには、以下のような特徴があります。

カードローンの特徴
  • 担保なし・保証人なしで借り入れできる
  • 利用目的が自由
  • 返済タイミングが自由

多くのカードローンサービスでは、借り入れの際に担保や保証人が不要です。

また、基本的には借りた資金の利用目的が定められておらず、自由に使うことができます。

多くの会社では24時間返済が可能であり、返済タイミングが自由という点も特徴的です。

カードローンの利用目的

カードローンなどの貸金業者からの借り入れは、一般的にどのような目的で利用されるのでしょうか。

2019年9月30日に日本貸金業協会が発表した調査結果をもとに、貸金業者からの借り入れの一般的な利用目的を分析します。

直近3年間に借り入れ申込を行った際の資金使途(複数回答 n=587)について、以下の回答結果が得られました。
※回答数の多い順に、上位10項目のみ抜粋

スクロールできます
ランキング資金利用使途割合
1趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費41.7%
2食費17.0%
3外食等の遊興費14.5%
4家賃の支払い(住宅ローンの返済を除く)11.8%
5衣料費10.4%
6自動車の購入費(車検整備費等を含む)10.1%
7住宅ローン等の返済資金不足の補填8.5%
8納税・納付などの支払8.2%
9医療費7.3%
10住宅のリフォーム費7.0%

意外なことに、上位3項目の中に「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費」「外食等の遊興費」が含まれています。

特に、ランキング1位の「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費」は、回答割合も群を抜いて多いことが分かります。

「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費」「外食等の遊興費」以外は、基本的に「必要支出」、すなわち「どうしても避けられない出費」という側面が見受けられます。

しかし、「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費」「外食等の遊興費」については多くの場合は必要支出ではなく、娯楽や贅沢のための支出と考えられます。

この結果より、「生活のためにどうしても必要だから、お金を借りなければならない」という人だけでなく、「楽しむためにお金を借りる」という人も一定数いるということが推測されます。

さらに、同調査ではカードローンなどの利用意向に関する調査結果も公表しており、貸金業者からの借り入れ経験のある23歳以上の個人(n=2,000)のうち、53.8%が「預金取扱金融機関が行っているカードローン等の利用を考えたことがある」と回答しています。

同調査では、さらに所得別の利用意向についても聴取しました。

この調査結果の興味深いところは、低所得者よりも高所得者のほうが利用意向があるという点です。

具体的な調査結果は以下の通りです。

スクロールできます
所得分類利用を考えたことがある利用を考えたことはない合計
低所得者
年収300万円以下
(n=1136)
52.1%47.9%100%
中所得者
年収300万円超
(n=732)
56.2%43.8%100%
高所得者
年収800万円超
(n=132)
55.3%44.7%100%

所得が高い人ほどカードローンなどの利用を考えたことがあるというのは、意外に思われる人も多いのではないでしょうか。

基本的に高所得者であれば、お金に困っていない場合が多いことが予想されます。

それにもかかわらず、低所得者に比べて高所得者のほうが、カードローンなどの利用意向があるということが分かります。

したがって、生活費のためだけでなく、趣味や娯楽など必要支出ではない使途ためにカードローンなどを利用したいと考えている人も多いことが推測されます。

この調査結果より、カードローンなどのお金の借り入れサービスは、生活に困っている場合だけでなく、趣味や娯楽のために気軽に利用することができるということが明らかになりました。

カードローンの種類

カードローンは、大まかに以下の3種類に分類されます。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン

カードローンを取り扱う事業者が異なるため、それぞれ、独自の特徴があります。

どのような違いがあるのか、詳しく説明します。

カードローンの種類
  • 銀行系カードローン

銀行などの金融機関が発行しているカードローンを指します。

都市銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な金融機関によるサービスが展開されています。

主な特徴としては、総量規制の対象にならないことが挙げられます。

総量規制とは…
貸金業法によって定められた、貸金業者から借り入れが可能な金額の上限のことを指します。
原則的に、個人が借りられるのは本人の年収の3分の1までになるよう規制されています。

そのため、すでに上限近くまでお金を借りている人や、収入が無い専業主婦などでも利用が可能です。

  • 消費者金融カードローン

消費者金融が発行しているカードローンを指します。

消費者金融は、一般的にキャッシングなどローンサービスのみを取り扱っている事業者で、企業ではなく個人(消費者)に対して融資を行います。

信販会社カードローンに比べて、無利息期間が長い場合が多いといった特徴があります。

  • 信販会社カードローン

信販会社やクレジットカード会社によるカードローンを指します。

信販会社やクレジットカード会社により異なりますが、一般的に、消費者金融カードローンに比べると金利が低い点が特徴です。

それぞれ異なる特徴があり、さらに事業者によっても異なりますので、利用するサービスは慎重に選ぶ必要があります。

いくら借りるのか・いつ頃返せるのかなどの計画を事前に立てておき、その計画に対して最適なサービスを選ぶようにしましょう。

カードローンの比較ポイント

ここからは、カードローンの比較ポイントを紹介します。

カードローンを選ぶ際は、以下の点で比較しましょう。

カードローンの主な比較ポイント
  1. 金利の低さ
  2. 審査時間と通りやすさ
  3. 融資上限額
  4. 融資スピード
  5. 提携ATM
  6. 各種手数料

それぞれの比較ポイントについて、おすすめのカードローンの種類と合わせて解説します。

比較①金利の低さ

まずは、金利の低さで比較します。

カードローンには、金利があります。

金利とは…
元金(借り入れた元本)に対する借り入れ利息(=お金のレンタル料)の割合を指します。

金利が高いと、当然ながら返済する金額が割高になってしまうため、金利は低いほうが望ましいです。

借り入れ額が大きい場合や、借り入れ期間が長い場合は特に、金利の低さは重要なポイントです。

「銀行カードローン」は、他のカードローンに比べて金利が低い傾向があるため、おすすめです。

「金利の低さ」において、おすすめのカードローン
  • 銀行系カードローン

比較②審査時間と通りやすさ

次に、審査時間と審査の通りやすさで比較します。

カードローンを申し込む際には、審査があります。

カードローンの審査とは…
融資をするにあたって、返済能力・返済意思はあるのかが審査されます。
各社により審査基準は異なりますが、一般的に「信用情報」「他社からの借り入れ」「本人の属性」などが審査されると言われています。

審査時間が長いカードローンや、審査がスムーズに進まないカードローンも多いため、急いで融資を受けたい場合は注意が必要です。

緊急でお金が必要になってしまったためにカードローンを利用したい場合は、即日融資ができるかどうかは重要なポイントです。

消費者金融カードローンのアイフルなら、簡単な情報入力だけで融資可能かどうか無料診断することができます。

「審査時間と通りやすさ」において、おすすめのカードローン
  • 消費者金融カードローン

比較③融資上限額

次に、融資上限額での比較も必要となります。

融資限度額とは…
借り入れ可能な最大金額を指します。

カードローン会社によっては、融資限度額が低く必要金額が借りられない場合もあります。

いくらの借り入れが必要なのかを事前に把握しておき、その金額が借りられるサービスを選ぶようにしましょう。

融資限度額は各社異なりますが、「銀行系カードローン」や「消費者金融カードローン」は比較的融資限度額が高い傾向にあります。

「融資上限額」において、おすすめのカードローン
  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融カードローン

比較④融資スピード

融資スピードについても比較しておきましょう。

カードローンの審査が通っても、その後、必ずしもすぐに融資が実行されるといったわけではありません。

カードローン会社によっては、「審査終了後1週間後から」「審査終了後3日後から」など、すぐに融資を受けられない場合もあります

また、店舗でのカード受け取りに対応しておらず郵送にて受け取る場合は、郵送にかかる日数も考慮する必要があります。

なお、物理カードが不要なサービス(スマホアプリでの借り入れに対応しているサービスなど)では、審査後すぐに融資を受けることも可能です。

たとえばアイフルでは、スマホアプリがあれば物理カードが不要となるため、WEBでの申し込み後最短25分で借り入れが可能です。

アイフルを含め、「消費者金融カードローン」なら融資スピードが早い傾向があります。

\ 最短25分融資 /

「消費者金融カードローン」において、おすすめのカードローン
  • 消費者金融カードローン

比較⑤提携ATM

提携ATMでも、比較をしておきましょう。

カードローンを利用して借り入れたお金は、ATMから引き出すことができます。

また、返済時も同様で、ATMから返済が可能です。

そのため、なるべく生活圏内に提携ATMがあるサービスを使うことをおすすめします。

提携ATMの観点においてはカードローンの種類における優劣は特に無く、多くのサービスがコンビニのATMなどで利用できるようになっています。

「消費者金融カードローン」において、おすすめのカードローン
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン

比較⑥各種手数料

各種手数料での比較も必要です。

一般的に、カードローンの借り入れや返済を行う際に手数料がかかります。

普段の生活において、ATMを使って銀行口座に預けたお金を引き出すとき、手数料がかかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

カードローンでもそれと同じで、0円~数百円程度の手数料がかかります。

ただし、口座振替での返済に対応しているサービスの場合は、口座振替での返済に手数料がかからないことが多いです。

また、ATMでの返済も、提携ATM(コンビニのATMなど)では手数料がかかっても、自社ATMでは手数料が無料になることが多いです。

口座振替や自社ATMでの返済をうまく使うことで、手数料を抑えることができます。

各種手数料の観点においても、カードローンの種類における優劣は特にありません。

「各種手数料」において、おすすめのカードローン
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン

カードローンのメリット

カードローンには、以下のようなメリットがあります。

・24時間いつでも借り入れと返済が可能
・資金使途が自由
・年会費・入会費が無料

それぞれのメリットについて詳しく見てみましょう。

24時間いつでも借り入れと返済が可能

カードローンの主なメリットは、24時間いつでも借り入れと返済が可能な点です。

多くのカードローンサービスではコンビニのATMに対応しているため、空いた時間に気軽に借り入れ・返済ができます。

たとえば、三井住友銀行のカードローンでは、基本的には以下のATMを利用する場合はATM手数料、時間外手数料がそれぞれ無料になっています。
※ATMによっては、サービス内容が異なる・利用ができないなどの場合があります。

三井住友銀行カードローンの対応ATM(一例)
  • 三井住友銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

多くのコンビニでは、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMのいずれかが設置されています

借り入れ時も返済時も、近くのコンビニから気軽に手続きが可能です。

資金使途が自由

借り入れた資金の利用使途が限定されていないことも、カードローンの大きなメリットです。

銀行で契約ができる住宅ローン・マイカーローンなど、資金の利用目的が限定されているローンも多く存在します。

このようなローンは、原則的に目的以外の利用使途は認められていません。

カードローンでは、基本的に資金使途は自由となっています。

借り入れた金額を生活費に充てることも可能ですし、旅行・レジャーの費用に充てることも可能です。

どんな目的にも対応できる点が、カードローンの魅力のひとつです。

年会費・入会費が無料

年会費や入会費が基本的に無料という点も、カードローンのメリットのひとつです。

クレジットカードでは年会費がかかることも多く、そのような場合は利用の有無にかかわらず保有しているだけでコストがかかってしまいます。

カードローンなら、基本的にはカード発行・保有に対するコストがかからず、この点において優れています。

なお、カードローンの申し込み後には審査があるため、すぐに借り入れができるわけではありません。

緊急でお金が必要になった場合に備えて、早めに契約のみを済ませておくといった使い方も可能です。

\ 最短25分融資 /

カードローンのデメリット

カードローンは便利なサービスですが、以下のようなデメリットもあります。

・他のローンに比べて金利が高い
・他のローンの審査に影響する
・借りすぎてしまう可能性がある

それぞれのデメリットについて説明します。

他のローンに比べて金利が高い

カードローンは、他の一般的なローンと比較すると金利が高い場合が多いです。

ここまで見てきたように、カードローンの最大金利はおおよそ14%~18%程度となっています。

一方、住宅ローンは、住宅金融支援機構の公式ウェブサイトによるとおおよそ2~3%です。

また、マイカーローンは、JAバンクのウェブサイトの試算によると東京都新宿区の場合は最大12%ほどです。

カードローンは便利ですが、金利の面では他のローンよりも不利な傾向があります。

他のローンの審査に影響する

カードローンは借金ですので、他のローンの審査に影響が出る可能性があります。

たとえば住宅ローンを組む際の審査において、「カードローンを利用しているということは、お金に困っているのでは?」と疑われてしまう可能性があります。

ローンの審査では、「返済能力が無いかもしれない」と思われてしまうとローンを組めなくなってしまう場合があります。

今後、住宅や自動車など、ローンを組むような大きな買い物の予定がある場合は注意しましょう。

借りすぎてしまう可能性がある

カードローンは、他のローンに比べると、必要額以上に借りてしまう可能性があります。

他のローンでは一回のみの貸し付けの場合が多いため、借り入れた金額の中で利用をする意識を持ちやすいでしょう。

一方、カードローンでは、利用限度額の範囲を超えない限りは、24時間、何度でも借り入れることができます

さらに、利用使途が自由という利便性が仇となり、本来必要ではないものまで購入することができてしまいます。

もちろん、普段から責任を持ってお金の管理ができているような人であれば問題ありません。

ただし、つい不要なものを買ってしまったり、あらかじめ決めていた予算を超えても浪費を続けてしまったりといった傾向がある人は注意が必要です。

カードローンを利用する際は、返済が可能な金額のみを借り入れるように意識しましょう。

カードローンの審査基準

カードローンの審査基準について説明します。

カードローンを契約する際、返済能力・返済意思はあるのか、お金を貸しても問題ないかについて審査されます。

審査の結果、残念ながらお金を貸すに値しないと判断された場合は、お金を借りることができません。

カードローンの審査基準は各社異なりますが、主に以下の3項目に基づいて行われています。

・信用情報
・他社からの借り入れ
・本人の属性

それぞれの審査基準について、順番に見ていきましょう。

信用情報

まずは、信用情報に問題が無いかどうかについて審査されます。

信用情報とは、これまでに利用したことのあるローンまたはクレジットカードに関する取引履歴についての情報を指します。

個人の信用情報は、CIC、JICC、KSCといった個人信用情報機関において管理されています。

個人信用情報機関では、過去に支払いを延滞させた履歴があるかどうかなどを知ることができるのです。
※必ずしも、延滞履歴があるとカードローンを利用できないというわけではありません。

カードローン会社は、申し込み者に関する信用情報を調べることで、お金を貸しても問題ない相手かどうかを審査しています。

他社からの借り入れ

また、他社からの借り入れ状況についても審査されます。

貸金業法では、総量規制により「原則的に、個人が借りられるのは本人の年収の3分の1まで」と定められています。

他社からの借り入れがあるからといって、必ずしもカードローンを利用することができなくなってしまうわけではありません。

しかし、すでに他社からの借り入れがある場合は、総量規制による上限に到達してしまわないかについて審査されます。

なお、銀行系カードローンなど、総量規制の対象にならないローンも存在します。

本人の属性

最後に、本人の属性について審査されます。

本人の属性の審査とは、すなわち、返済能力があると判断しうる属性かどうかについての審査です。

多くのカードローン会社では、申し込み条件として以下を定めています。

一般的なカードローンの申し込み条件
  • 利用者本人の申し込みであること
  • 20歳以上であること
  • 継続した安定収入があること
  • 学生ではないこと

※申し込み条件の詳細は、各社の公式ウェブサイトなどでご確認ください。

上記のような申し込み条件のほか、年収や勤続年数・雇用形態などが審査されます。

カードローン会社によって審査基準は異なりますので、たとえば「年収300万円以上の正社員ならOK」などといった共通の基準はありません

各社の基準に照らし合わせて、「この属性なら、おそらく返済してくれるだろう」と判断されたら審査は合格となります。

カードローンに関するよくある質問

カードローンに関するよくある質問を紹介します。

カードローンを利用する前に、疑問点を解決しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング機能との違いは?

クレジットカードを利用している場合、「キャッシング枠」を付帯している人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング機能は、カードローンとよく似たサービスです。

キャッシング機能とは…
クレジットカードを使って現金を借り入れる機能のこと。
「現金を借りられるサービス」という点において、カードローンと同様に利用できる。

現金を借りる目的であれば、クレジットカードのキャッシング機能とカードローンのどちらを使っても問題ありません

ただし、一般的にクレジットカードのキャッシング機能は、以下の点においてカードローンと異なる特徴があります。
※各社のサービス内容によっては、この限りではありません。

サービス金利返済方法
クレジットカードのキャッシング機能高い所定の期日に一括払い
カードローン低いいつでも可能

クレジットカードのキャッシング機能は、基本的にはカードローンよりも金利が高く、また返済日も予め決められています

そのため、クレジットカードのキャッシング機能では、高い金利を支払わなければならないうえに、所定の返済日が来るまで無駄に利子が発生してしまう可能性が高いと考えられます。

要するに、お金を借りる機能に限っていえば、クレジットカードのキャッシング機能よりもカードローンのほうが優れています

クレジットカードのキャッシング機能は、メインの機能であるクレジットカードに付帯している「おまけサービス」に過ぎないと考えたほうが良いかもしれません。

怖い人が取り立てに来る?

小説や映画などでは、怖い人が借金の取り立てに来るようなシーンも見られます。

カードローンでも、支払いが滞った場合に、怖い人が取り立てに来るといったことは起こりうるのでしょうか。

答えは、NOです。

取り立ての方法については、貸金業規正法・割賦販売法などといった法律により規制されており、違法な取り立てはできません

具体的には以下のような取り立ては不可となっております。

法律により禁止されている取り立て方法(一例)
  • 正当な理由なく、早朝深夜に連絡をする
  • 正当な理由なく、勤務先などに連絡をする
  • 借り手の情報や私生活に関する事実を、第三者に公開する
  • 返済のために、他のサービスからの借り入れを強要する
  • 返済のために、第三者(家族など)に取り立てをする

「勤務先や家族に取り立ての電話が来てしまうのではないか」「寝ている間にも何度も電話が来てしまうのではないか」などと心配になる人もいるかもしれませんが、そのような心配は要りません。

いざという時には法律が守ってくれていますので、安心して利用しましょう。

カードローンを利用したことが勤務先にばれる?

カードローンの利用については、勤務先には秘密にしておきたい人が多いと思います。

カードローンの利用が職場にばれるといったことは、基本的に自分から言わない限り、心配は要りません

たしかに、カードローン申し込み後の審査の際など、在籍確認の電話がかかってくる場合があります。

しかし、その際にも「カードローン」ということが分からないように配慮されています。

たとえば、電話口で名乗る際は、カードローン会社の名前を出さずに個人名を伝えるなどです。

自分から同僚に打ち明けたり、SNSで公表したりしない限りは、カードローンの利用について勤務先に伝わることはありません

私は審査に通る?

利用の際には、審査に通るかどうか心配になる人が多いと思います。

いくら安定収入があっても、審査に落ちてしまう可能性はゼロではありません。

そのため、「今の自分の状況で審査に通るのか」について、先に知っておきたい人も多いと思います。

しかし、審査に通過するかどうかは、残念ながら審査をしてみないと分かりません

審査の基準も各カード会社により異なり、また審査基準のすべてを公表しているわけではないため、「申し込み条件は満たしているはずなのに、なぜか審査に落ちてしまった」という場合もあります。

公式ホームページに記載されている条件があれば、少なくともそれを満たしている必要がありますが、その場合でも、必ずしも審査に通るとは限らないと認識しておきましょう。

審査に落ちてしまったらどうしたら良い?

万が一審査に落ちてしまっても、何度でも再審査を受けることができます

ただし、一度審査に落ちてしまった場合は、再審査には慎重に臨むようにしてください。

その理由は、以下の2点です。

カードローンの再審査を気軽に申し込んではいけない理由
  • 審査に落ちた理由を知ることができないため

カードローンの審査に落ちた場合、審査に落ちた理由が改善されなければ、再審査でも落ちてしまう可能性が高いです。

しかし、残念ながら審査に落ちた理由について、カードローン会社は教えてくれません

カードローン会社が「この人は返済能力・返済意思が無い」と判断した理由を、自分で考える必要があります

これまでのローン・クレジットカードなどの利用履歴や、他のローンなどの借り入れ状況、収入の状況などについて、思い当たることがないかよく考えましょう。

思い当たることがあれば、それを改善してから次の審査に挑戦してみてください。

  • 審査に落ちれば落ちるほど、通過しにくくなるため

一般的に、審査に連続で落ちてしまうほど、審査を通過しにくくなっていると言われています。

何度も審査に落ちている人は、それなりの理由があると考えられます。

「何度も審査に落ちた」という記録を積み重ねてしまう前に、改善できる部分があれば改善しておきましょう

また、前回の審査に関する記録は、基本的に半年間は残ると言われています。

そのため、次の審査に挑戦するなら、前回の審査から半年以上の期間を空けることをおすすめします。

考えられる対策をしても審査に通過できなければ、カードローン会社の変更なども検討しましょう。

カードローン会社により審査基準が異なるため、カードローン会社を変更することで解決する可能性もあります。

カードローンのおすすめランキングまとめ

今回は、カードローンのおすすめランキングについて紹介しました。

この記事のまとめ
  • 個人向けの融資サービス「カードローン」は、比較的自由度の高い利用ができる
  • 娯楽やレジャー目的などでも問題無く、気軽に利用できる
  • 利用するなら消費者金融カードローンの「アイフル」「J.Score
  • 銀行系なら「三井住友銀行カードローンがおすすめ
  • 自由度の高さは魅力的だが、無計画に借りてしまわないように注意しよう
  • 返済できない人・返済する意思のない人は利用不可

カードローンは、担保や保証人が不要で、かつ、24時間いつでも借り入れおよび返済が可能といった特長があります。

そのため、いわゆる「借金」のサービスとしては比較的気軽に利用ができるというメリットがあります。

「借金」と聞くと手が出しにくい印象がありますが、「カードローンなら利用しやすい」という印象がある人も多いのではないでしょうか。

もちろん、借り入れた額は返済する必要があるため、借り入れる場合はしっかりと返済計画を立てておく必要があります。

返済が可能な範囲でカードローンを利用し、生活の質や人生の充実度を向上させてみましょう。

初めて利用するなら、「アイフル」や「J.Score」など、安心・信頼の大手サービスの利用をおすすめします。

\ 最短25分融資 /

目次
閉じる