ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

ファクタリングとは?

日々、個人事業主や中小企業のオーナーの方は、資金繰りの「売掛金の回収」について何か良い解決方法はないかと、悩んでいることもあるかと存じます。

その解決方法として今注目されているのが、「ファクタリング」です。

ただ、ファクタリングとは聞きなれない言葉ですし、どんなものなのかや実際のやり方やメリット・デメリットなどについても不明点も多く疑問を持っている方も多いと思います。

この記事では、そもそもファクタリングとは何なのかについてや、メリット・デメリットまで分かりやすく解説していきます。

個人事業主や中小企業のオーナーの方向けに、解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

この記事の要点
  • ファクタリングは、売掛金の早期現金化が叶う資金調達方法
  • ファクタリングは、最短即日で現金化ができ財務状況によらず利用ができるなどメリットがある
  • ファクタリングの申し込みは、オンラインで完結するものも多い
  • ファクタリング業者を選ぶ際は、「ファクタリングの種類」「入金スピード」「面談の有無」など様々な角度から分析する
  • ファクタリング業者はanewがおすすめ
  • anewは見積もりが無料でできるので、お得にファクタリングを始められる

ファクタリングを始めるなら、面談不要のanewがおすすめです。

無料見積もりが可能ですので、現状いくら手に入れることができるのか確認してみてはいかがでしょうか。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

目次

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収する代わりに買い取ってくれるサービスのことです。

売掛債権とは?

取引先に既に提供している商品やサービスの代金を請求することができる権利のこと。

売掛金の早期現金化が可能となる資金調達方法となっています。

日本の企業間取引では、先に商品やサービスを提供して後から代金を回収することが一般的になっています。

しかし、支払いの前に自社が資金難になる可能性や、取引先が資金難等で倒産した場合代金が未回収になる可能性があります。

ファクタリングを利用することで、売掛金を前もってすぐに現金化することができます。

ファクタリングは自社の業績が赤字でも利用することができるサービスなので、資金繰りにお悩みを持つ経営者の方には魅力的なサービスと言えるでしょう。

ファクタリングの種類

ファクタリングといっても様々な種類があります。

ここではファクタリングの種類と、一般的に利用されるファクタリングについて解説していきます。

買取型と保証型

まずファクタリングは大きく買取型と保証型に分けることができます。

買取型・売掛金を早期に現金化したい場合に使われる
・売上債権をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた金額を受け取れる
・担保の提供が不要
・資金調達の手段は借り入れのように負債が増えない
保証型・資金の調達を目的としない
・信用面で不安があったり倒産などの貸倒リスクがある会社との取引などで、売掛金を回収できない場合に、保証会社が代わりに保証金を支払ってくれる

一般的なファクタリングは、買取型を指すことが多く、保証型については売掛金の支払いについてをファクタリング会社に保証してもらう保険のようなサービスです。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリング

ファクタリングについて解説しましたが、買取型ファクタリングはさらに2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに分けることができます。

買取型ファクタリングの種類

簡単にお伝えすると、2者間ファクタリングについては「利用者」と「ファクタリング会社」の2者間のみで行われるものになります。

取引先にファクタリングを使用していることが通知されないため、会社の信用に傷がつきません。

3者間ファクタリングについては、「利用者」「ファクタリング会社」「取引先企業」の3者間の合意で行われるものです。

2者間ファクタリングと異なり、ファクタリングの利用に際し取引先の承諾が必要になります。

3者間のやり取りになるため、2者間ファクタリングと比べて時間はかかりますが手数料が低く設定される傾向にあります。

結局どれがおすすめ?

これまで買取型・保証型、2者間と3者間というファクタリングの種類について解説してきました。

個人事業主や企業の財政状況に応じて自分に合ったファクタリングを選ぶのがいいですが、一般的に利用されるファクタリングは買取型の2者間ファクタリングになります。

資金調達のスピードが早いことや、取引先企業に売掛金の売却を知られることなく簡単な手続きでファクタリングを行うことができます。

ファクタリング業者として人気の高いanewなら無料見積もりからファクタリングを始めることができます。

anewは買取型の2者間ファクタリングサービスとなっており、他のファクタリング業者の通常手続きとしてある面談も不要となっています。

少しでも興味がある方はanewの公式サイトからぜひ確認してみてください。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

ファクタリングのメリット

企業を救う資金調達方法として注目を集めるファクタリングは様々なメリットがあります。

ここでは具体的なメリットについてわかりやすく解説していきます。

最短即日で資金調達が可能

ファクタリングの最大のメリットは、最短即日で資金調達が可能というところです。

資金調達方法として銀行融資という方法もありますが、借入に平均2週間〜2ヶ月程度かかります。

今現金が欲しいという状況の際に、最短即日で対応しているファクタリングは経営難を解決する良い手段になるでしょう。

ここでは最短即日に資金調達できる大手ファクタリング業者をピックアップしてみました。

スクロールできます
anewOLTAon factビートレーディング
種類2者間2者間2者間2・3者間
資金調達日数最短即日最短即日最短即日最短即日
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

各業者の公式サイトを見ると具体的に必要なステップが分かりますのでぜひご確認ください。

信用情報に傷がつかない

ファクタリングのメリットの2つ目は、信用情報に傷がつかないということです。

これは2者間ファクタリングを利用した場合のメリットになります。

2者間ファクタリングにおいて、利用者とファクタリング会社の2者間での取引であるために、取引先企業にファクタリングの利用を知らせることがありません。

anew ファクタリング仕組み
引用:anewの公式サイト

売掛先企業には財務状況を知られることがないので、信用度が下がることもありません。

さらに、ファクタリングは融資とは異なり、売掛債権の売買のために利用記録が残らないといったメリットがあります。

財務状況によらずに利用できる

ファクタリングのメリットの3つ目は、財務状況によらずに利用ができるという点になります。

銀行の融資では、企業の財務状況が審査され、状態が悪いと借入をすることができない可能性があります。

一方ファクタリングでは、赤字や負債が返済できないといった状況でも、利用が可能です。

ファクタリング会社が重視する点としては、取引先企業先の与信になります。

取引先の信用度が高ければ自社の財務状況に左右されることなく利用することができます。

売掛金未回収リスクが回避できる

ファクタリングのメリットの4つ目は、売掛金未回収リスクを回避できるということです。

ほとんどのファクタリング業者では、売掛先の倒産リスクも含めて現金化してくれます。

万が一売掛先が倒産しても、償還請求権のない(ノンリコース)契約がある場合、ファクタリング利用者に請求が来ることはありません。

償還請求権とは?

売掛債権が回収できない場合に、売掛債権を売却した企業/個人に対して支払いを請求できる権利のこと。

償還求償権がないというのは、売掛先企業の代わりに売掛金の支払いをしたファクタリング会社が、利用者に請求をしないということを指します。

担保や保証人がいらない

ファクタリングのメリット5つ目は、担保や保証人がいらないということです。

銀行の融資では担保や保証人が必要になってきますが、ファクタリングでは全く必要ありません。

ファクタリングのデメリット

多くのメリットがあるファクタリングサービスですが、デメリットももちろん存在します。

メリット・デメリットを確認した上で利用を検討してみましょう。

悪徳業者も存在する

ファクタリングのデメリットの1つ目は、残念ながら悪徳業者も中には存在するということです。

ファクタリングを利用する際の金利の目安は2-10%程度になっていますが、悪徳業者の中には数十%以上の法外な金利を請求する業者もあります。

実際に金融庁がファクタリングの利用に関しての注意喚起も行なっていますので、心配な方は確認しておきましょう。
(参考:金融庁HP)

実際に悪徳ファクタリング業者を見極めるポイントは以下になります。

契約書に債権譲渡契約(売買契約)が定められていない
債権の買い取り代金が債権額と比較すると著しく低い金額になっている
売掛先企業の支払いが遅延した際、利息を請求する


このようなケースは、ファクタリングを装っている悪徳業者の疑いがありますので、注意が必要です。

融資に比べて手数料が割高

ファクタリングのデメリットの2つ目は、融資に比べて手数料が割高ということです。

ファクタリングは、銀行の融資などのように利息はかかりません。

その代わりに、比較的高めの手数料を払うことになります。

ファクタリング業者を選ぶポイント

ファクタリング業者を選ぶ際に、どこにポイントを置くとよりご自身の事業にぴったりのファクタリング業者に出会えるのでしょうか。

ポイントを整理して解説していきます。

ファクタリングの種類

まず、取り扱っているファクタリングの種類が選ぶ際のポイントの1つ目に挙げられます。

  • 手続き面が簡単な2者間ファクタリングを使うのか
  • 手続きに時間がかかるが、手数料が低い3者間ファクタリングを使うのか

以上の点で自分に合ったファクタリングを選びましょう。

手数料

次に、ファクタリング業者を選ぶポイントとして挙げられるのが手数料になります。

それぞれのファクタリング業者で、手数料の設定は違いますが、優良企業ほど条件の記載がきめ細やかな傾向です。

数社まず、比較して見積もりをしてみてからファクタリング業者を決めることをおすすめします。

面談の有無

つづいて、ファクタリング業者を選ぶポイントとしては、面談の有無になります。

資金調達について早急な対応が必要ということであれば、面談も不要というファクタリング業者が手軽に申し込みもできスピーディーに取引ができるという点で、魅力的です。

複雑な申し込みなく、スピード重視の方には重要なポイントといえます。

入金スピード

ファクタリング業者を選ぶポイントの4つ目としては、入金スピードです。

ファクタリングの魅力でもある、入金スピードの早さですが、2者間ファクタリングであれば最短即日で現金化できます。

それぞれのファクタリング業者によって、入金スピードは異なりますので、検討される際は必要な期間を見比べて決めることをおすすめします。

資金調達額の上限

ファクタリング業者を選ぶポイントの5つ目としては、資金調達額の上限です。

資金調達額上限金額を、それぞれのファクタリング業者で比較していくことが検討する際に必要になってきます。

資金調達額の上限額を設定しているファクタリング会社は数多くありますが、中には上限を設定していない業者も存在します。

ご自身の企業が必要な取引額から、それぞれのファクタリング業者の上限を見ていくといいかもしれません。

おすすめファクタリング業者

おすすめのファクタリング業者を厳選しました。

ファクタリングを検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。

anew

anew トップページ
運営会社OLTA株式会社、新生銀行
ファクタリングの種類2者間ファクタリング
手数料2%~9%
面談の有無無し
入金スピード最短即日振込
資金調達額の上限下限・上限無し
詳細anewの公式サイト

anewは業界でもトップクラスの手数料の安さを誇る人気のファクタリング業者になります。

通常のファクタリング業者では、資金調達の際に面談が必要な場合がほとんどですが、anewでは独自のAI審査を導入しているため、面談をする必要がありません。

さらに、取引先が倒産した際に補償が求められる償還請求権のない契約となるため、安心して利用することが可能です。

無料見積もりも可能となっているため、『ファクタリングに興味はあるけど迷っている』という方でも気軽に見積もりだけしてみてはいかがでしょうか。

anewの詳細についてはanewの公式サイトをご覧ください。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

ファクタリングの始め方

ここでは、anewを例にしてファクタリングの始め方を説明します。

簡単なステップで、ファクタリングを始めることができます。

キャプション

1.ご登録:簡単な事前審査後に本人確認書類を提出します。
2.お申込み:必要な書類をオンラインでアップロードします。
3.お見積り/お振込み:提出いただいた情報に基づき、独自のAI審査で買い取り可否を審査し、結果をメールにて24時間以内にお返事します。契約手続き完了後、ご指定の銀行口座に即日買取金額をお振込みします。

STEP1.ご登録

簡単な事前審査があり、その後アカウントを登録します。

代表者様本人を確認できる、運転免許証やパスポートをご準備ください。

登録無料で、月額利用料も無料です。

STEP2.お申込み

以下の書類を事前にご準備いただくと、お申し込みの際スムーズです。

・昨年度の決算書一式
・保有する全銀行口座の入出金明細直近7カ月分
・請求金額・入金日が確定している売却予定の請求書

これらをオンラインでアップロードして申し込みが完了します。(対応形式:PDF、EXCEL、PNG、JPEGなど)

STEP3.お見積り/お振込み

ご提出いただいた情報をもとに、独自のAI審査で買い取りの可否を審査します。

お見積り結果については、24時間以内にメールにてお返事します。

お見積り後、キャンセルも可能です。

契約完了後、ご指定の銀行口座に即日買取金額をお振込みします。

注意点として、時間帯によっては翌営業日にお振込みになることもあります。

ファクタリングに関するよくある質問

ファクタリングに関するよくある質問をこちらでは、取り上げていきます。

ファクタリングと借入の違いは?

借り入れは負債ですが、ファクタリングは売掛債権という請求できる権利を現金化するシステムなので、負債にはなりません。

代表者個人の連帯保証や保証人は、必要でしょうか?

いいえ、必要ありません。

ファクタリングは、貸金業者とは違いますか?

はい、違います。

債権譲渡とは何か教えてください。

債権者がその債権を他人に譲渡することです。

ファクタリングまとめ

ファクタリングとは何かという視点で、その疑問にお答えすべくメリットやデメリットに業者を選ぶポイント、おすすめのファクタリング業者についてご説明しました。

ご自身の事業にぴったりのファクタリング業者を、検討する際に参考にしていただけたら幸いです。

この記事のまとめ

ファクタリングとは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス
ファクタリングは資金繰りにお悩みの経営者の方には、魅力的なサービスといえる
ファクタリングには買取型と保証型、2者間サービスと3者間サービスがある
資金調達や簡単な手続きで利用できる2者間サービスがおすすめ
見積もり無料で即日現金化可能なanewが、ファクタリング業者で1番おすすめ

即日現金化もできて、自社の信用に影響がないうえに財務状況にも左右されずに利用が可能な、ファクタリングは個人事業主や中小企業のオーナーの方には魅力的な取引です。

銀行融資などとは、はっきりと違い利息もかかりません。

オンラインで手続きが完了できる、ファクタリング業者もあるので手軽に申し込みができます。

特に、anewは見積もりも無料で東証プライム上場の新生銀行とOLTA株式会社の共同事業なので、安心安全に利用ができおすすめです。

この機会に、anewのファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

目次
閉じる