【厳選】個人事業主におすすめのファクタリングサービスを紹介!少額でも対応可能の業者は?

ファクタリング個人事業主

銀行融資と異なり、保証人や担保も不要で信用情報にも影響しないのが魅力の資金調達方法がファクタリングです。

法人向けのサービスとして有名ですが、個人事業主でも使えるのか気になる人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、話題の「ファクタリング」が個人事業主でも利用できるのかについて解説していきます。

記事の中では、個人事業者におすすめのファクタリング業者とともに、悪徳な業者に騙されないための情報もお届けします。

この記事でわかること
  • ファクタリングとは入金前の売掛債権を売って資金調達できる手段のこと
  • 個人事業主でもファクタリングは利用できるが、売掛債権の相手先としては認められない
  • 「償還請求権」とは、債権が回収不能になったときに、売却を依頼した人に請求できる権利のこと
  • 償還請求権のない「ノンリコース契約」がある
  • ファクタリング最低手数料1.0%で最短2時間で入金されるQuQuMoがおすすめ!

手数料が安く入金スピードが早いファクタリング業者を探しているならQuQuMo Onlineがおすすめです。

手続きは全てオンライン上で完結するため、来店する必要もなく簡単に手続きが行えます。

\ 入金まで最短2時間 /

目次

個人事業主におすすめのファクタリング業者比較一覧表

ここでは、個人事業主におすすめのファクタリング業者を一覧でご紹介していきます。

最短即日で資金調達が可能かつ償還請求権のないおすすめファクタリング業社をピックアップしています。

スクロールできます
比較項目QuQuMo
Online
ペイトナー ファクタリングOLTAビートレーディングベストファクターアクセルファクターTRY
対象法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
種類二社間二社間二社間二社間・三社間二社間・三社間二社間二社間・三社間
調達可能金額制限なし1万円〜10万円(初回)制限なし制限なし30万円〜1億円下限なし〜1億円10万円〜上限なし
手数料1%〜14.8%10%2~9%二者間:5%~20%
三者間:2%~
二者間:5%~
三者間:2%~
2%~5%~
入金スピード最短2時間最短10分最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
手続き方法オンラインオンラインオンライン対面対面対面
郵送
対面
運営会社株式会社アクティブサポートペイトナー株式会社OLTA株式会社株式会社ビートレーディング株式会社アレシア株式会社アクセルファクター株式会社SKO
詳細

2社間および3社間でのファクタリングで異なる手数料が設定されている場合もあるので、各社のサービス内容を比較した上で利用目的にあったファクタリング業社を選びましょう。

多くのファクタリング業者では対面での手続きが必要となりますが、QuQuMo Onlineでは全てオンライン上で手続きを完了させることができます。

さらに入金スピードや手数料で見ても他の業者より優れていることが分かると思います。

お見積もりは無料になりますのでぜひ一度QuQuMo Onlineのファクタリングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

\ 入金まで最短2時間 /

個人事業主向けファクタリング業者おすすめランキング

一覧でご紹介したファクタリング業者について、個別に詳しく解説していきます。

特徴を知るためや、ご自身の使い勝手に合うかを比較する参考にしてください。

QuQuMo Online

QuQuMo トップページ
調達可能額上限・下限ともになし
手数料1%〜14.8%
入金スピード最短2時間
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細公式ページ

QuQuMoオンラインは最短2時間という業界最速水準の入金スピードを実現しており、最低手数料も1%と他のファクタリング業者より低く設定されています。

手数料に関しては売掛金額や売掛先の信頼性によって異なってきますが、見積もりに関しては無料となっていますので、他のファクタリング業者の利用を考えている方でもまずはQuQuMo Onlineで見積もりをしてみることをおすすめします。

手続きに関しても全てオンラインで完結し、契約締結も業界トップシェアを誇るクラウドサインを利用していますので、情報が外部に漏洩することもありません。

迷っている方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

\ 入金まで最短2時間 /

ペイトナー ファクタリング

ペイトナー ファクタリング
調達可能額1〜10万円(初回)
手数料10%
入金スピード最短10分
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社ペイトナー株式会社
詳細公式サイトへ

手続き方法で対面の会社が多い中、ペイトナーはオンラインで完結できる数少ないファクタリング会社の一つです。

2社間ファクタリングを採用しているため取引先に通知がいくこともないので安心して取引先に知られたくない人は安心して利用できます。

平日の営業時間(10時〜18時)の間は最短10分で審査が完了するので急いで資金が必要な人にもおすすめできます。

初期費用も月額費用も無料ですが手数料は一律10%なのでしっかり確認しておきましょう。

特にフリーランス個人事業主の人におすすめですが法人でも利用可能なので気になる方は是非ペイトナー ファクタリングを利用してみてください。

ビートレーディング

ビートレーディング
調達可能額上限・下限ともになし
手数料2社間:5%〜20%
3社間:2%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細公式ページ

審査通過率98%を公言するのがビートレーディングです。

赤字や債務超過などの悪条件でも専任のアドバイザーが対応してくれることや、最短12時間で資金調達が可能なのが特徴です。

手数料は3社間ならば最低2%からですが、2社間ファクタリングでは5%からになるのがネックといえるでしょう。

しかし、契約は対面・出張・郵送から選択でき、必要書類3点を送るだけで審査結果は最短30分でわかるというメリットがあります。

公式ページでスピード見積もりができるのですぐに見積もりをしたい人は利用してみてください。

PAYTODAY

PAYTODAY 公式
調達可能額10万円〜5,000万円
手数料1%〜9.5%
入金スピード最短即日45分
償還請求権なし
手続き方法オンライン
対面
詳細公式ページ

PAYTODAYは累計申込額10億円突破の実績を誇るファクタリングサービスです。

⾯談不要でオンラインのみでの即日契約が可能で入金まで最短即日45分で完了するため急いで資金が必要な人におすすめできます。

また、手数料は業界最安水準の1%〜9.5%で提供しているためコストを抑えることもできます。

初期費用も月額費用も完全無料ですので気になる方は是非公式サイトを確認してみてください。

ベストファクター

ベストファクター
調達可能額30万円〜1億円
手数料2社間:5%〜
3社間:2%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社アレシア
詳細公式ページ

2社間ファクタリングに特化し、電話・オンライン・出張での申込が選べるのがベストファクターです。

2017年の創業とまだ日が浅いですが、審査のスピードも早く資金調達が最短即日で振込可能な業者のひとつになります。

利用が最低30万以上からという点と、手数料の最大値が20%になっている点は、少し気になるところと言えます。

ただ、利用できる業種も幅が広く、専門系の業者しか扱わない運送や医療から、アパレルや貿易などにも対応できるのは非常に魅力的です

アクセルファクター

アクセルファクター
調達可能額下限なし〜1億円
手数料2%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社アクセルファクター
詳細公式ページ

買取は即日実行を最優先にし、振り込みスピードで「業界最速」を目指すのがアクセルファクターです。

ネクステージグループのファイナンシャル事業のひとつとして展開しており、運営母体の信頼性は非常に高いといえます。

買取の申し込みは電話・メール・郵送の3つの種類が選べ、税金の未納がある人や創業一年未満の個人事業主でも利用可能です。

審査通過率は93%を公言していますが、利用の際は手数料の上限が20%になることと、利用額の30〜3,000万円の制限にご注意ください。

Onfenct

Onfenct
調達可能額30万円〜1億円
手数料2%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社onfact
詳細公式ページ

電話・FAXのほか、メールで24時間申込に対応するonfactは、2社間ファクタリングに特化した業者です。

独自の無料電話サポートのほか、具体的なプランの提示など、利用者に丁寧な説明を行うことが特徴になります。

口コミでは、営業時間外でも電話やショートメールを活用し、利用者とのコミニケーションや段取りに高い評価を受けていました。

契約時に印鑑証明書を求められる点や、審査通過率が87%など、ほかに比べると少し厳しめの印象を受けます。

OLTA

OLTA
調達可能額上限・下限ともになし
手数料2〜9%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社OLTA株式会社
詳細公式ページ

累計申し込み金額400億円超、共同事業を提携する銀行は業界トップの10社という信頼性がOLTAの魅力です。

買取申し込みはオンラインで完結する手軽さと、AI審査による最短即日振り込み可能なスピード処理が特徴です。

手数料が高くなりがちな2社間ファクタリング契約でも、OLTAは2〜9%という低設定で調達可能金額に制限はありません。

手軽さ・調達スピード・手数料」どれをとってもおすすめでき、ファクタリング業者としても知名度の高いのがOLTAです。

急いで資金調達が必要な人や手数料を安く抑えたい人は是非OLTAを利用してみてください。

ファクタリングは個人事業主でも使える?

ファクタリングは売掛金の額が多い企業が使うイメージですが、個人事業主でも気軽に利用できる業者もあります。

個人事業主のファクタリングの利用条件について解説していきますので、利用を検討している方は参考にしてください。

ファクタリングの利用条件


ファクタリングの利用条件としては、利用者が個人事業主であっても請求書が買取対象になるものであれば利用できます。

ファクタリングの利用条件

・買取対象になる売掛債権を持っている
・売掛債権がファクタリング業者の規定に沿った内容である
・求められる書類が準備できる

必要な条件としては以上の内容ですが、提出書類の内容は業者によって異なるため、詳しくは記事の後半で解説していきます。

ただし、ファクタリングで買取対象となる売掛債権には条件があり、基準を満たしている必要があります。

ファクタリング利用できる売掛債券をわかりやすくするため「売却できる売掛債権」と「売却できない請求書」のグループに分けてお伝えします。

売却できる売掛債権

・商品(サービス)の提供や納品が完了している請求書
・出来高などのときは現時点で金額が確定している部分の請求書
・法人・官公庁向けの売掛債権であること
・「確定債権」として金額及び入金日が確定していること
・請求先の法人名・住所・入金日・金額がわかるもの など

支払い日が120日先など長期のものや、譲渡禁止特約付きの売掛金債権であっても申し込むことは可能です。

以下の条件に当てはまる請求書は、ファクタリングでは売却できないのでご注意ください。

売却できない請求書

・入金額や入金日が定まっていないもの
・発効日が将来日付のもの
・個人事業主や個人向けの債権
・支払い方法が手形・小切手
・出来高のときには途中解約や条件変更(減額条件など)がある
・期日から遅れている債権・自身の給料収入に対する依頼 など

個人事業主でもファクタリングは使える

ファクタリング会社の買取対象になる売掛債権を保有していれば、個人事業主でもファクタリングサービスは利用できます。

ただし、ファクタリング会社によっては法人を専門にしているところもあり、審査で断られるケースもないわけではありません。

また、個人や個人自業主が発行元になる請求書にはファクタリングは利用できないことにはご注意ください。

個人や個人事業主が発行元になる売掛金を、ファクタリング業者は以下のような理由でサービス対象外にしています。

利用できない理由の例

・契約書・見積書・請求書が存在しない
・債権譲渡登記ができない
・帳簿や取引内容の信頼性が低

個人事業主を対象とする売掛債権はSNSでの依頼などで正式な契約書や請求書が存在しなかったり、法的に保証される裏付けがないものが多くなるため、ファクタリングの買取対象外となっています。

詳しい情報は、ネットファクタリング大手のanew公式ページからご確認ください。

個人事業主がファクタリング業者を選ぶポイント

ここでは個人事業主がファクタリング業者を利用する上で着目すべきポイントをまとめてみました。

個人事業主でファクタリング業者利用を検討している人は、以下のポイントを基準に情報を収集してみてください。

ポイント①ファクタリング業者の審査基準

ファクタリング業者は貸金業者ではないため、申し込みに対して信用情報による審査はありません。

ただし、2社間ファクタリングのときには申込者の信用度も影響してきます。

2社間・3社間ファクタリングの違い

ファクタリングの契約方法には2社間と3社間で行うものがあります。

2社間:「利用者ファクタリング会社のみで行われるもの
2社間ファクタリング最大のメリットは、債券の売却を取引先に知られずに行えるということです。
取引先への説明交渉がないため、売却までが早いという特徴もあります。

3社間:「利用者ファクタリング会社に「取引先」の合意が必要になるもの
3社間ファクタリングは、手数料が2社間に比べると安くなるというメリットがあります。
ただし、取引先の合意が得られなければ利用できません。


たとえば申込者に税金の滞納があるときには、売掛金の入金が差し押さえられるリスクも懸念されます。

2社間のファクタリングでは売掛金が申込者に入金されるため、申込者にも各社で独自の審査基準が適用されるということになります。

審査基準として2社間・3社間ファクタリングで共通するのは、売掛金の相手や債権の情報がもっとも重要視されるということです。

・相手先企業の信頼性
・売掛金明細の信用性
・支払い期日
・申し込みの金額

請求書の発行先の企業の信頼性や売掛金明細の信用性が、もっとも注目される審査基準となります。

ポイント②即日現金調達は可能か

即日現金調達が可能かということは、ファクタリングを利用する上でかなり重要なポイントです。

業者によって最短12時間や24時間以内というところもありますが、長いところでは3営業日や1週間程度と現金調達に時間がかかる場合もあります。

早急に資金が必要なときに、現金の調達に時間がかかってしまうファクタリング業者では意味がありません。

ファクタリング業者を選ぶときの基準に、即日現金調達に対応しているかはよく確認しておきましょう。

ポイント③手数料

売掛債権の買取において、ファクタリング業者が手数料をいくら取るかは重要なポイントなので抑えておきましょう。

すぐに債権を現金化できたとしても、手数料で債権価値の20%や30%を取られてしまうとなると利用を躊躇してしまいます。

また業種によってはファクタリング業者に手数料を引かれると、実際の粗利がほとんどなくなるということもあるでしょう。

比較の際には、基本の手数料が比較的安い3社間ファクタリングではなく、実用性に優れた2社間契約で手数料を確認してください

ポイント④償還請求権の有無

ファクタリングを利用した資金調達をする上で、召喚請求権の存在の有無はよくチェックしておきましょう。

ファクタリングの償還請求権とは

売却した請求書の発行が倒産などで期日に債権を支払えないとき、買取を依頼した人に売掛金を請求する権利です。

この条件があると売却時にファクタリング業社に手数料を取られた上に、万一のときには元本と同額の金額を支払わなければならなくなります。

償還請求権のついた契約はファクタリング業者のリスクが低くなるため、審査基準が甘く資金の提供スピードも早いというメリットがあるといわれています。

この記事で紹介しているQuQuMo Onlineなどの優良ファクタリング業者は、すべて償還請求権を契約の条件とはせず最短即日の現金調達が可能ですのでその点はご安心ください。

さらに、QuQuMo Onlineは手続きがオンラインで完結するので簡単にすぐ見積もりができます。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリング利用の流れ

ここでは、実際にファクタリングを利用するときの流れについてご紹介していきます。

今回はオンラインファクタリングサービス最大手の「QuQuMo Online」での利用の流れを解説していきます。

STEP1:申し込み

QuQuMo STEP1

まずはのQuQuMoの公式サイトにアクセスし、会員登録を進めましょう。

公式サイトに飛ぶと以下のような登録画面が画面右側に表示されますので、メールアドレスを記載し、お好きなパスワードを設定してください。

QuQuMo トップページ

登録したメールアドレスに本登録用URLが届きますので、必要事項を記載して本登録を完了させましょう。

STEP2:見積もり

QuQuMo STEP2

本登録が完了したら資金調達の申請をしていきましょう。

QuQuMoで資金調達する際に必要な書類は以下の2点になります。

  • 入出金明細
  • 請求書

買取りが可能となった場合はQuQuMoから買取額及び手数料が提示されるので、30分ほど待ちましょう。

STEP3:契約・送金

QuQuMo STEP3

見積もりされた手数料が高いと感じるようであれば他のファクタリング業者の利用を検討してみるのもありです。

問題がなければそのまま契約し入金されるまで待ちましょう。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングに関するQ&A

ファクタリング利用についてのよくある質問に回答していきます。

代表的な内容ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

悪徳ファクタリング会社はあるの?

法外な手数料を請求する悪徳ファクタリング業者というのも存在します。

Web上での申し込みで見落としがちなのが、ファクタリング業者の所在地などが明確に記載されているかどうかです。

企業情報のほかにも、詳細な手数料が明記されていなかったり、やたらと高額な手数料を提示しているところは避けるべきでしょう。

不安なときは、SNSや口コミサイトでの評判や情報をしっかりと確認しながら検討してください。

個人事業主のファクタリングに必要な書類は?

個人事業主のファクタリングに必要な書類は、主に以下のようなものになります。

・確定申告書B第一表
・初年度で確定申告がまだのときは開業届
・銀行の入出金明細直近7か月分(持っている全ての銀行)
・売却予定の請求書
・取引が証明できる書類

契約書・発注書・提供サービスや納品内容がわかるもの」など、取引が証明できる書類が多いほど審査には有利です。

アカウント開設から初回の申し込みまで一括して行えるため、必要な書類は身分証などと一緒に提出してください。

2回目以降の申込には、前回からの銀行の入出金明細と請求書だけになりますが、決算を迎えたときのみ最新の決算書が必要です。

ノンリコース契約ってなに?

ノンリコース契約とは、ファクタリング契約に「償還請求権」がない方式のことです。

償還請求権のない「ノンリコース契約」のときには、売却後に回収不能になっても、あとから請求されることはありません。

経営状態に不安がある企業ならば、ノンリコースファクタリングを利用して、売掛金の現金化を確実にするという使い方もあります。

個人事業主向けファクタリング業者まとめ

今回は、個人事業主向けのファクタリング業者をご紹介してきました。

この記事のまとめ

・個人事業主でも売掛債権があればファクタリングは利用できる
・ただし取引相手が個人や個人事業主のときは利用できない
・ファクタリング業者の審査基準は、請求書の発行元になる取引先の信頼性を重視する
・ファクタリング業者選びの基準は、即日調達ができることと手数料の比較が大切
・償還請求権のないノンリコース契約の業者を利用する方が安全
・手続きがオンラインで完結し、即日で資金調達可能で手数料も安い「QuQuMo」がおすすめ

ファクタリングは個人事業主でも利用できる便利な資金調達の手段で、期日前の売掛債権がすぐに現金化できることでキャッシュフローの改善に貢献します。

銀行融資と違い保証人や担保が不要で信用情報にも影響しないことは魅力ですが、法外な手数料を取る悪質業者も散見されます。

申込は電話やメールでも手続きが対面になる業者がほとんどで、手数料の上限が20%と高率になることもあります。

ファクタリングサービスの利用を考えている方は、まずは無料お見積もり可能なQuQuMo Onlineを利用してみてはいかがでしょうか。

\ 入金まで最短2時間 /


目次
閉じる