【最安検証】ファクタリングの手数料の相場は?コストが安い業者を徹底調査!

ファクタリング手数料

「ファクタリングの手数料ってどのくらいが相場?」

こんな疑問を抱いていませんか?

ファクタリングを使えば債権を早期に現金化することができますが、手数料で損したくないという思いから、なかなかファクタリングに踏み切れない人も多いと思います。

結論をお伝えすると、ファクタリングの手数料は場合によって大きく異なります。

この記事では、ファクタリングの手数料を知りたい人に向けて、手数料が決まるポイントや手数料を安くする方法についてまとめました。

この記事でわかること
  • ファクタリングの手数料は3つある
  • 手数料は債権の信頼度や金額などによって変わる
  • 手数料以外にも審査手数料や登記費用、印紙代がかかる
  • ファクタリング業者のQuQuMoはオンライン完結で最低手数料1%

ファクタリング業者QuQuMoは来店不要で全てオンラインで完結するファクタリング業者になります。

申し込みから入金までが2時間と業界トップクラスの上、最低手数料も1%に設定されています。

まずは無料見積もりでどれくらいの手数料がかかるか見てみることをおすすめします。

\ 入金まで最短2時間 /

目次

ファクタリングの手数料の相場はどのくらい?

適正な手数料で契約するためにも、相場を知っておくことは重要です。

ファクタリングの手数料の相場について、2社間と3社間でそれぞれ解説していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの手数料相場の目安は、「10〜20%」です。

2社間ファクタリングは売掛金が振り込まれなかったり、二重譲渡されたりするリスクがあるため、そのぶん手数料が高くなってしまいます。

その代わり、直接債権回収を行うので売掛先に債権譲渡したことはバレません。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの手数料相場の目安は、「1〜10%」です。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比べてリスクが低いため、手数料は圧倒的に安くなります。

ただし契約時に売掛先の合意を得る必要があるので、信頼を失うリスクがあり、さらに利用者からするとハードルが高くなってしまうでしょう。

手数料が安いファクタリング会社の比較一覧

ここで大手のファクタリング業者をピックアップして、上記で紹介した手数料のうち一番重要視すべき基本手数料を比較してみました。

ファクタリング会社手数料
QuQuMo1〜14.8%
anew2〜9%
OLTA2〜9%
ビートレーディング2%〜20%
GMO BtoB早払い2〜10%
ベストファクター2〜20%
アクセルファクター2〜20%
TRY5%〜
onfact2%〜

ほとんどの業者で最低手数料が2%と設定されている中で、QuQuMoは1%に設定されています。

もちろん手数料が何%になるかどうかは取引先の信頼性や売掛金の金額によっても異なってきますが、見積もりは無料でできるためぜひ一度QuQuMoで見積もってみてはいかがでしょうか。

会員登録からお見積もりまではわずか40分程度で終わるため、時間がない方でもおすすめできます。

QuQuMo 手数料

\ 入金まで最短2時間 /

手数料が安いおすすめのファクタリング会社

おすすめのファクタリング会社を順番に並べると、以下のとおりです。

それぞれの会社の特長やどんな人におすすめなのか、順番に解説していきます。

QuQuMo

QuQuMo トップページ
調達可能額上限・下限なし
手数料1〜14.8%
入金スピード最短2時間
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細公式ページ

ファクタリングの利用を考えている方はまずQuQuMoでの利用を検討してみましょう。

会員登録から無料お見積もりまでは最短40分程度ででき、入金までも最短2時間に設定されているため、なるべく早く見積もり結果が見たい、現金が欲しいという方に最適です。

個人事業主・法人どちらの方も利用することができ、最低手数料は1%と業界でもトップクラスに低く設定されています。

少しでも手数料を抑えたいという方はまずはQuQuMoで無料見積もりしてみてはいかがでしょうか。

\ 入金まで最短2時間 /

anew

anew
調達可能額上限・下限なし
手数料2〜9%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社OLTA株式会社
株式会社新生銀行
詳細公式ページ

anewは、初めてファクタリングを利用する人におすすめです。

おすすめする理由としては、以下の3つが挙げられます。

anewがおすすめな理由
  1. 安心して利用できる
  2. 手数料が業界最安クラス
  3. オンラインで手続きが完結する

anewはOLTAと新生銀行が共同で手がけるサービスなので、信頼性が高く、安心して利用できます。

また、anewの手数料は売掛金の額の2〜9%と、他の優良なファクタリング会社と比べてもかなり安く設定されています。

ただ、anewは法人のみ対象で個人事業主には対応していないので注意しましょう。

さらに調達可能額は上限・下限ともになく、手続きもオンラインで解決するため、非常に便利です。

これからファクタリングをする人は、anewを選べばほぼ間違いないでしょう。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

ビートレーディング

ビートレーディング top
調達可能額上限・下限なし
手数料2〜20%
入金スピード最短12時間
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細公式ページ

ビートレーディングは、入金スピードを重視する人におすすめです。

ビートレーディングは最短12時間での資金調達が可能で、しかも申し込んだあとのサポートも非常に迅速に行ってくれます。

買取金額も無制限で、10万円〜7億円の買取実績があります。

審査通過率も98%と非常に高いので入金をじっくり待つ時間がない人は、ビートレーディングを利用すると良いでしょう。

PAYTODAY

PAYTODAY 公式
調達可能額10万円〜5,000万円
手数料1%〜9.5%
入金スピード即日最短45分
償還請求権なし
手続き方法オンライン
対面
詳細公式ページ

PAYTODAYはコストを抑えつつ急いで資金調達がしたい人におすすめです。

PAYTODAYは、⾯談不要でオンラインのみでの即日契約が可能で入金スピードは最短即日45分と非常に早いです。

また、気になる手数料は1%〜9.5%と業界最安水準で初期費用も月額費用も完全無料です。

2社間ファクタリングのため取引先への通知もありません。

至急資金調達が必要だがコストも抑えたい人は累計申込額10億円を突破しているPAYTODAYの公式サイトを確認してみてください。

GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払い
調達可能額100万円〜1億円
手数料2〜10%
入金スピード最短4日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社GMOペイメントゲートウェイ株式会社
詳細公式ページ

GMO BtoB早払いは、あらかじめ手数料を知りたい人におすすめです。

公式サイトに簡易シミュレーターが用意されており、申し込む前に手数料率を知ることができます。

また、GMO BtoB早払いは東証一部上場企業によるサービス提供なので信頼度も高く安心して利用できます。

高い信頼度や手数料が安いといったことから、リピート率は86%以上という実績を持っています。

手数料を先に知っておきたい人は、GMO BtoB早払いを利用すると良いでしょう。

ベストファクター

ベストファクター
調達可能額30万〜1億円
手数料2〜20%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社対面
詳細公式ページ

ベストファクターは、売掛先に債権譲渡を知られたくない人におすすめです。

ベストファクターでは売掛先への通知を行わないと明記されており、債権譲渡登記をせずにファクタリングすることができます。

業界最高水準のセキュリティ対策で信用情報を守っており、平均買取率も92.2%の実績を持っています。

売掛先との信頼関係を崩したくない人は、ベストファクターを利用すると良いでしょう。

アクセルファクター

アクセルファクター
調達可能額下限なし〜1億円
手数料2〜20%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社アクセルファクター
詳細公式ページ

アクセルファクターは、絶対に即日入金して欲しい人におすすめです。

アクセルファクターでは「原則即日入金」と明記されており、さらに少額債権であっても取り扱ってもらえるのもメリットだといえます。

即日入金でないと間に合わないという人は、アクセルファクターを利用すると良いでしょう。

TRY

TRY
調達可能額10万円〜上限なし
手数料5%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
運営会社株式会社SKO
詳細公式ページ

TRYは、即日振り込みで2社間ファクタリングを行う人におすすめです。

TRYでは2社間ファクタリングを専門にしており、アクセルファクターと同じく即日入金を強みにしています。

即日振り込み希望、かつ2社間ファクタリングを行う人は、TRYを利用すると良いでしょう。

onfact

onfact
調達可能額上限・下限なし
手数料2%〜
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社株式会社onfact
詳細公式ページ

onfactは、個人事業主でファクタリングを行う人におすすめです。

onfactは2社間専門のファクタリング業社で、法人だけでなく、個人事業主でも利用することができます。

個人事業主でファクタリングを行う人は、onfactを利用すると良いでしょう。

OLTA

OLTA
調達可能額上限・下限なし
手数料2〜9%
入金スピード24時間以内(営業日の場合)
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社OLTA株式会社
詳細公式ページ

OLTAは、手続きを早急に済ませたいという人におすすめです。

OLTAも審査から入金まですべてオンラインで終わらせることができ、さらに審査も24時間以内に完了するので、スピーディに取引できます。

最短で即日に入金が完了するうえ、手数料も2〜9%と非常に安いのとても利用しやすいファクタリングサービスです。

とにかく早く資金調達したいという人は、OLTAを利用すると良いでしょう。

ファクタリングの手数料が決まるポイント

ファクタリングにかかる手数料は、主に次の要素で決まります。

ファクタリングの手数料が決まるポイント
  • 売掛先の信頼度
  • 売掛金の金額
  • ファクタリングの利用回数
  • 2社間か3社間のどちらにするか

ファクタリングの手数料を決まる時のポイントについて、順番に見ていきましょう。

売掛先の信頼度

まず、売掛先の信頼度が低いほど手数料は高くなります。

先ほどから繰り返しになりますが、ファクタリングでは未回収の債権を売買するため、ファクタリング会社にとってはリスクがつきまといます。

特に、売掛先の信頼度があまり高くない場合、破綻するなどして回収できなくなるリスクがあるのです。

売掛先の信頼度が低い場合、リスクを加味して手数料も高くなってしまいます。

売掛金の金額

売掛金の金額が多ければ多いほど、手数料は安くなります。

ファクタリング会社は手数料で利益を得ているため、金額の大きな取引になるほど効率的に利益がでます。

よって、売掛金の金額が大きいほどそのぶん手数料は小さくなるのです。

ファクタリング会社にとって高額の案件のほうが効率良く稼げるので、手数料についても交渉の余地があるでしょう。

ファクタリングの利用回数

ファクタリングを2回以上利用していると、手数料は安くなります。

なぜなら、1回目の取引できちんと債権が回収できたため、そのぶん信頼度が上がっているからです。

ただし利用回数による手数料の割引は、同じ会社でないと期待できません。

例えば1回目はA社、2回目はB社でファクタリングを行った場合だと、手数料を減らしてもらえない可能性が高いでしょう。

同じ会社でファクタリングを利用している場合、手数料が安くなることがあります。

2社間か3社間のどちらにするか

ファクタリングには2社間と3社間があり、3社間の方が手数料が安くなります。

2社間と3社間の違いは、「債権を誰が回収するか」です。

2社間ファクタリングでは売掛金の回収はファクタリング利用者が行いますが、3社間ファクタリングではファクタリング会社が回収を行います。

3社間のほうがファクタリング会社側のリスクが小さいので、手数料が安くなるのです。

手数料を安く抑えたい人は、3社間ファクタリングを利用しましょう。

なお、ファクタリング手数料を抑えたいならQuQuMoがおすすめです。

QuQuMoは入金まで最短2時間というスピードながら、最低手数料は1%と業界でもトップクラスに手数料が低く設定されています。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングの手数料に関するQ&A

ファクタリングの手数料に関して、よくある質問とその回答をまとめました。

手数料に関するQ&A
  • 手数料は必ず気にすべき?
  • 業者選びは基本手数料だけを見ればいい?
  • 手数料が安い業者ってどこ?

手数料は必ず気にすべき?

ファクタリングの際は、手数料は必ず気にすべきです。

ファクタリングの基本手数料は業者によって大きく異なります。

特に売掛金が高額になる場合、手数料でかなり損してしまう可能性があるので注意しましょう。

業者選びは基本手数料だけを見ればいい?

基本手数料だけがすべての費用とは限りません。

例えば、業者によっては債権譲渡登記を必ず行う必要があり、この場合は基本手数料に加えて登記費用がかかります。

また、場合によっては経費を請求されることもあるので注意しましょう。

手数料が安い業者ってどこ?

手数料が安いファクタリング会社でおすすめなのは「QuQuMoです。

一般的にファクタリングの手数料は20%前後といわれていますが、anewは1〜14.8%と非常に低く、他のファクタリング会社と比べても優秀だといえます。

手数料の安さで選ぶなら、QuQuMoでファクタリングすると良いでしょう。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングの手数料まとめ

ファクタリングを行う際には、以下の手数料がかかります。

ファクタリングの手数料
  • 基本手数料
  • 登記費用
  • 経費

手数料の相場は2社間で10〜20%、3社間で1〜10%ですが、実際はファクタリング会社によって大きく異なります。

手数料を踏まえ、最もおすすめのファクタリング会社はQuQuMoです。

手数料が1〜14.8%と非常に安く、さらに審査から入金まですべてオンラインで解決するので、初めての人でも利用のハードルは低いといえます。

早急な資金調達をしたいという人は、QuQuMoでファクタリングすると良いでしょう。

\ 入金まで最短2時間 /

目次
閉じる