【TOP12】ファクタリング会社おすすめ比較ランキング!即日利用可/個人事業主向けな優良企業は?

資金調達方法の一種である、ファクタリング。

銀行融資などに比べて資金を早く調達できるので、中小企業や個人事業主を中心に利用者が増えてきています。

しかし、「ファクタリングって一体なに?」「おすすめのファクタリング業者は?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、優良ファクタリング業者のおすすめランキングをご紹介します

ファクタリングの仕組みや、ファクタリング業者を比較する際のポイントなども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の要点
  • おすすめファクタリング会社比較一覧表でおすすめのファクタリング業者が一目でわかる!
  • ファクタリングを利用すれば、売掛金の回収を待たずに現金を手に入れられる
  • 二者間ファクタリングはスピーディかつ取引先にバレない
  • 「QuQuMo Online」や「anew」はオンライン上で契約できるので忙しい方に最適
  • 早く現金が必要な方は「即日振込」が可能なファクタリングを選ぼう
  • 悪徳なファクタリング業者もいるので注意

QuQuMo Onlineなら申し込みから入金まで最短2時間で完結することが可能なので急いで資金調達が必要な人に適しています。

また、手続きも簡単なので、初めてファクタリングを利用する方にも最適です。

\ 入金まで最短2時間 /

目次

優良ファクタリング業者を比較する際の6つのポイント

実際のランキングを発表する前に、優良ファクタリング業者を比較する際の6つのポイントをご紹介します。

優良ファクタリング業者を比較する際の6つのポイント

それでは一つずつ確認していきましょう。

比較①調達可能金額

ファクタリングを利用する際は、「調達可能金額」をしっかり確認しておきましょう

ファクタリング業者によって買取可能額は異なります。

例えば最小買取額が数千円からのところもあれば、100万円からのところもあります。

そして最大買取額も1,000万円までとあらかじめ決まっている業者もあれば、上限が決められていない場合もあります。

自身が希望する金額が調達できるファクタリング業者を選びましょう

比較②手数料

ファクタリング業者を選ぶにあたって、手数料は見逃せないポイントです。

各ファクタリング業者の手数料を比較しました。

名称手数料
anew2〜9%
ペイトナーファクタリング10%
OLTA2〜9%
GMO BtoB早払い1%〜10%
QuQuMo Online1.0%~14.8%
ビートレーディング二者間:5%~20%
三者間:2%~
ベストファクター二者間:5%~
三者間:2%~
アクセルファクター2%~
TRY5%~
PMG3~8%
ウィット不明

現金化のスピードが早い分、ファクタリング業者にとってリスクが大きくなる「二者間ファクタリング」では、手数料は10%~30%が相場だと言われています。

「OLTA」や「anew」は二者間ファクタリングでありながら、手数料が2〜9%までと定められており、上限ですら相場を下回っています

少しでもコストを抑えたい方は、手数料が低いファクタリング業者を選ぶようにしましょう。

比較③償還請求権の有無

ファクタリング業者を比較する際には、「償還請求権」の有無もチェックしておきましょう

償還請求権とは?

償還請求権とはファクタリング業者側の権利のことで、この権利があると倒産などにより回収できなかった売掛金をファクタリング業者から利用者に請求できます。

『比較③償還請求権の有無』

反対に、償還請求権がないファクタリング契約(ノンリコース)を結んだ場合、売掛金を回収できなくなっても、ファクタリング業者は利用者に請求することはできません

つまり利用者側としては「償還請求権がない」ファクタリング契約の方がリスクを負わなくて済むので、メリットが大きいです。

比較④手続きの簡単さ

ファクタリングの手続きが簡単かどうかも、見逃せないポイントの一つです

ファクタリングの主な手続き方法は以下のとおりです。

・対面
・電話、郵送
・オンライン

ファクタリング業者の多くは、対面での契約を必須としています。

しかしQuQuMo Online」のように、手続きのすべてがオンラインで完結できるところもあるので、忙しい方はぜひオンラインでの契約ができる業者を選択しましょう。

比較⑤運営会社の信頼性

ファクタリングサービス運営会社の信頼性も、非常に大切なポイントです。

ファクタリングは便利なサービスですが、注意して業者を選ばなければ悪質な業者に騙されてしまう恐れがあります。

信頼できるファクタリング業者は、「会社の所在地」「代表者名」「電話番号」「資本金」などの法人情報がホームページに掲載されていることがほとんどです。

事前に会社概要や契約内容をチェックしておきましょう。

比較⑥入金スピード

ファクタリング業者を選ぶ際は、「必要なタイミングまでに資金が調達できるのか」どうかも事前に確認しておきましょう。

一般的に二者間ファクタリングでは2営業日ほど日数がかかり、三者間ファクタリングでは1週間〜10日ほどかかってしまいます。

しかし入金スピードが早い業者だと、最短即日振り込みも可能です

申し込む前に入金スピードをしっかり確認しておくことをおすすめします。

おすすめファクタリング業者比較一覧表

優良ファクタリング業者を一覧にまとめました。

法人専用のファクタリング業者から個人事業主の方も利用することのできるファクタリング業者も紹介していますで、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
比較項目QuQuMo OnlineペイトナーファクタリングanewビートレーディングGMO BtoB早払いPAYTODAYベストファクターアクセルファクターTRYOLTA
対象法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人専用法人
個人事業主
法人法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
法人
個人事業主
種類二社間二者間二社間二社間・三社間二社間・三社間二社間二社間・三社間二社間二社間・三社間二社間
調達可能金額制限なし1~100万円(限度額)※新規登録者は25万円制限なし制限なし100万円〜1億円10万円〜5,000万円30万円〜1億円下限なし〜1億円10万円〜上限なし制限なし
手数料1.0%~14.8%10%2〜9%二者間:5%~20%
三者間:2%~
1%〜10%1%〜1.9%二者間:5%~
三者間:2%~
2%~5%~2~9%
入金スピード最短2時間最短10分(入金スピード)最短即日最短即日最短2営業日最短即日45分最短即日最短即日最短即日最短即日
手続き方法オンラインオンラインオンライン対面オンライン
対面
オンライン
対面
対面対面
郵送
対面オンライン
運営会社株式会社アクティブサポートペイトナー株式会社OLTA株式会社&新生銀行株式会社ビートレーディングGMOペイメントゲートウェイ株式会社Dual Life Partners株式会社株式会社アレシア株式会社アクセルファクター株式会社SKOOLTA株式会社
詳細

数あるファクタリング業者の中でもQuQuMo Onlineは調達可能金額が設定されておらず、かつ最短2時間で振込に対応してくれます。

多くファクタリング業者が対面での手続きが必要なのに対し、QuQuMo Onlineではオンラインで完結させることが可能です。

資金の捻出に困っている企業は、ぜひチェックしてみてください。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリング会社おすすめランキング

ここからは、優良ファクタリング業者のおすすめランキングをご紹介します

メリット・デメリットについても解説するので、参考にしてみてください。

おすすめ①QuQuMo Online

種類二社間
調達可能金額上限・下限ともになし
手数料1.0%〜14.8%
入金スピード最短2時間
償還請求権なし
手続き方法オンライン
詳細公式ページ

QuQuMo Onlineのメリット

QuQuMo Onlineの大きな魅力の一つは、なんと言ってもその入金スピードの短さでしょう。

申し込みから入金まで最短2時間で完結することができるので、「今すぐ資金調達をしたい」「入金されるまで長くは待てない…」という方には非常におすすめのファクタリング業者となっています。

また、「クラウドサイン」と呼ばれる電子契約サービスを利用しているので、情報漏洩の心配などを一切する必要がなく、安心して利用することができると言えるでしょう。

必要な書類も請求書と通帳の2点のみであり、色々な書類を用意しなければいけないということもないため、より手軽に利用することができます。

QuQuMo Onlineのデメリット

QuQuMo Onlineの手数料の上限は14.8%となっており、業界最低水準の手数料とは言い難くなっています。

また、オンラインでの手続きという面に関して、紙面での申し込みに慣れてしまっている方などにとっては利用しづらく感じてしまうかもしれません。

\ 入金まで最短2時間 /

おすすめ②ペイトナーファクタリング

おすすめ②ペイトナーファクタリング
種類二者間
調達可能金額上限なし
※新規登録者のみ25万円まで
手数料10%
入金スピード最短10分
償還請求権なし
手続き方法オンライン
詳細公式ページへ

ペイトナーファクタリングのメリット

ペイトナーファクタリングは、入金前の請求者情報を登録して報酬を即日受け取れるサービスです。

法人だけでなく、個人事業主やフリーランスの方が多く利用しています。

面倒な書類などは必要なく、取引先から入金された時点で返金をすればいいので、資金を調達するにあたってのリスクはありません。

利用には審査が必要となりますが、AIによる審査のため、事業計画書の提出など難しい書類は一切必要なくスムーズな審査が行われます。

最短即日で振り込まれるほか、手続きは全てオンラインで解決するので、急ぎで資金が必要となった個人の方には特に最適なサービスと言えるでしょう。

ペイトナーファクタリングのデメリット

ペイトナーファクタリングの初回利用は、上限25万円までと利用限度額が決まっています。

ペイトナーファクタリングを利用したことない方が、それ以上の金額を初回から調達することはできません。

おすすめ③anew

anew トップページ
対象法人専用
種類二者間
調達可能金額上限・下限ともになし
手数料請求書買取金額の2~9%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
詳細公式ページ

anewのメリット

anewは、東証一部上場企業である「新生銀行」と「OLTA」の共同でリリースしたファクタリングサービスなので、非常に安心して利用できます。

anew 運営会社

OLTAと同じく、オンライン完結で面談が不要です。

全国どこからでも申し込みができ、審査もスピーディなので、急いで資金調達が必要になった場合に最適です。

手数料2〜9%の中に諸経費などもすべて含まれているので、コストを抑えてファクタリングを利用できます

anewのデメリット

anewは法人限定のファクタリングサービスなので、個人事業主は対象外となっています。

個人事業主の方でファクタリングサービスを利用したい方は、OLTAの方から申し込みましょう。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

おすすめ④ビートレーディング

ビートレーディング トップページ
種類二者間・三者間
調達可能金額上限・下限ともになし
手数料二者間:5%~20%
三者間:2%~
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
詳細公式ページ

ビートレーディングのメリット

ビートレーディングは、必要書類を揃えた状態で受付時間内に申し込めば、最短12時間で資金調達が可能です

審査通過率も98%と謳っているので、急ぎで現金が必要になった場合はまずビートレーディングに相談すると良いでしょう。

ビートレーディングは過去に10万円〜7億円の実績があるので、少額の買取を希望する個人事業主でも問題なく利用できます

対面、郵送、出張の3種類の契約方法から選択できるため、「店舗に出向く時間がない」という方にとって使いやすいでしょう。

ビートレーディングのデメリット

ビートレーディングでは、手数料の上限が公表されていません

そのため、想定よりも手数料がかかってしまう場合も十分にありえます。

不安な方は、申し込みの前に「スピード見積もり」をして実際に発生する手数料を確認しておきましょう。

おすすめ⑤マネーフォワード アーリーペイメント

マネーフォワード アーリーペイメント
種類二者間
調達可能金額なし(数億円以上)
手数料1%〜10%
入金スピード最短で2営業日(初回は最短5営業日)
償還請求権なし
手続き方法電話・メールなど
詳細公式ページ

マネーフォワード アーリーペイメントのメリット

マネーフォワード アーリーペイメントは業界最安水準の手数料率でサービスを提供しています。

また買取金額に対する手数料以外に発生する費用はなく、余計なコストがかかりません。

受注中でも売掛金の買取が可能という点もマネーフォワード アーリーペイメントのメリットです。

そのため、発注書・請求書を早期資金化、簡単かつ素早い資金調達を可能にします。

マネーフォワード アーリーペイメントのデメリット

マネーフォワード アーリーペイメントでは買取1回あたり「計100万円以上」の申請が必要です。

そのため、数万円程度の買取には対応していないところがデメリットと言えるでしょう。

しかし、数件の債権を合わせて「合計で100万円」であれば申請可能なため、条件を満たしていれば1件ずつ数万円程度でも利用できます。

おすすめ⑥PAYTODAY

PAYTODAY 公式
種類二者間
調達可能金額10万円〜5,000万円
手数料1%〜9.5%
入金スピード最短45分
償還請求権なし
手続き方法オンライン
対面
詳細公式ページ

PAYTODAYのメリット

PAYTODAYは、累計申込額10億円突破の実績を誇るファクタリングサービスです。

そのメリットは手数料が安く、最短45分で着金、オンラインで日本全国に対応している点でしょう。

手数料は業界でも最安水準の1〜9.5%と非常に安く、初期費用も月額費用も完全無料なためコストをかなり抑えることができます。

また、オンラインのみでの即日契約が可能で、申し込みから最短45分で着金できるところも大きなメリットです。

コストを抑えつつ急いで資金調達が必要な人は是非PAYTODAYの公式サイトをチェックしてみてください。

PAYTODAYのデメリット

PAYTODAYはオンラインのみでの即日契約を基本としているため、対面形式での契約をする場合、出張費実費+事務⼿数料3万円を負担することになります。

PAYTODAYの利用で手数料などのコストを抑えることは可能ですが、対面形式で契約する場合は負担する金額を考えて利用しましょう。

おすすめ⑦GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払い
種類二者間・三者間
調達可能金額100万円〜1億円
手数料1%〜10%
入金スピード最短2営業日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
対面
詳細公式ページ

GMO BtoB早払いのメリット

GMO BtoB早払いのメリットは、手数料の安さです。

二者間ファクタリングでも1%〜10%と業界トップクラスの低さなので、手数料を極力抑えたい方におすすめのファクタリングサービスです。

インターネット事業大手のGMOグループが運営しており、信頼性が高いところも魅力の一つです。

悪徳業者も存在しているファクタリング業界において、安心して申し込める貴重な存在ではないでしょうか。

GMO BtoB早払いのデメリット

最短即日振り込みのファクタリングサービスが増えてきている中、GMO BtoB早払いの入金スピードは最短2営業日となっています

また調達可能金額の下限が100万円に設定されているため、少額の資金調達を希望している方には不向きかもしれません。

おすすめ⑧ベストファクター

ベストファクター-トップページ
種類二者間・三者間
調達可能金額30万円~1億円
手数料2%~20%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
詳細公式ページ

ベストファクターのメリット

ベストファクターは、柔軟な審査で有名なファクタリングサービスです。

平均買取率は92.2%と高く、起業して間もない方や個人事業主でも、売掛金さえ持っていれば基本的に利用可能です

そして公式ホームページには「即日振込実行率77.8%」と記載があるので、即日振込のハードルがそれほど高くないことが伺えます。

相談はWEB・電話で簡単にできるので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ベストファクターのデメリット

ベストファクターの手数料の上限は20%となっており、OLTAやGMO BtoB早払いなどと比べると少々高く感じてしまいます。

契約時に必ず面談をしなければいけないのもデメリットの一つです。

ベストファクターの事務所に出向くのが難しい場合は、担当者に来てもらうことも可能なので、一度相談してみましょう。

おすすめ⑨アクセルファクター

アクセルファクター-トップページ
種類二者間
調達可能金額下限なし〜1億円
手数料2%~
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
郵送
詳細公式ページ

アクセルファクターのメリット

アクセルファクターは、「原則即日で対応」をモットーにしているため、申し込みの半数以上が即日での入金となっています

すぐに現金が必要になった場合に頼りになるファクタリングサービスです。

アクセルファクターは調達可能金額の下限が設定されていないので、数千円〜数万円の小口取引にも対応しており、個人事業主や事業規模が小さい会社の資金調達に適しています

クライアントの目線に立った柔軟な対応に定評があるので、他のファクタリング業者で取引を断られてしまった場合でも一度アクセルファクターに相談してみましょう。

アクセルファクターのデメリット

アクセルファクターの手数料は2%からとなっておりますが、上限は公表されていません。

そのため、最大でどのくらい手数料がかかるのか知りたい場合は、一度問い合わせてみる必要があります。

おすすめ⑩TRY

TRY-トップページ
種類二者間・三者間
調達可能金額10万円〜上限なし
手数料5%~
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法対面
詳細公式ページ

TRYのメリット

TRYは、手数料・入金スピード・調達可能金額すべてにおいてバランスの良いファクタリングサービスです

全国への出張にも対応しているので、日本全国どこからでも利用できます。

TRYはファクタリングだけでなくコンサルティングサービスも行っているので、経営に関するさまざまな相談ができるところもメリットです。

新しい仕事や事業展開を希望している方は、ぜひファクタリングと合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

TRYのデメリット

TRYは対面での契約が必須です。

TRYの東京本社に足を運ぶか、自社に出張してもらわなければならないので、忙しい方だとなかなか契約ができないこともあるでしょう。

おすすめ⑪PMG

種類二者間・三者間
調達可能金額最大2億円
手数料3~8%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法電話・メール・FAX
詳細公式ページ

PMGのメリット

PMGの最大の特徴の一つはなんと言っても、その調達可能金額の大きさでしょう。

PMGでは最大2億円までの資金調達が可能となっており、その金額は他社と比較してもトップレベルだと言われています。

また、ピーエムジー株式会社は2017年にプライバシーマーク取得を行っており、最高水準の個人情報保護体制を確立しているので、安心してサービス利用することができるでしょう。

また、最短1日で資金化することができるなど、圧倒的なスピードを誇っていることも評価を集める大きな理由の一つとなっています。

PMGのデメリット

PMGのデメリットの一つとして、三社間のファクタリングの手数料が少々高いことが挙げられます。

PMGは三社間ファクタリング ・二社間ファクタリングと共に手数料が3%~8%となっています。

他のファクタリング業者の中には、三社間ファクタリングの手数料が2%未満で利用することができる会社もあるので、それらに比べる少し高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

おすすめ⑫ウィット

種類二者間・三者間
調達可能金額500万円以下
手数料不明
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法電話・メール・FAX・郵便
詳細公式ページ

ウィットのメリット

ウィットのメリットの一つとして、買取金額に下限がないという点が挙げられるでしょう。

ファクタリング会社の中には、買取可能金額を「100万円以上~」などと設定しているところもあります。

しかし、ウィットにはそのような下限が設定されていないので、30万円など比較的小口の債券でも買い取ってもらうことができます。

ウィットのデメリット

ウィットのデメリットの一つとして、調達可能金額が他社と比較して低いことが挙げられます。

ウィットでは調達可能金額が500万円以下と設定されており、1,000万円以上など大口の資金調達を検討している方には不向きの会社となっています。

おすすめ⑬OLTA

OLTA-top
対象法人
個人事業主
種類二者間
調達可能金額上限・下限ともになし
手数料2~9%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
詳細公式ページ

OLTAのメリット

OLTAは、手続きのすべてがオンラインで完結できるのが最大のメリットです

AI審査を導入しているので非常にスピーディに請求書の審査が完了し、最短即日買取金額が振り込まれます。

OLTAは二者間ファクタリングですが、手数料は業界最低水準の2〜9%です。

審査にAIを用いていることで人件費などのコストを削減でき、安い手数料が実現しています。

anewが法人専用であったのでanewを利用できない個人事業主におすすめなのがOLTAになります。

OLTAのデメリット

OLTAのデメリットは、三者間ファクタリングに対応していないことです。

ただ、三者間ファクタリングを利用するメリットの大部分は手数料の安さなので、そもそも手数料が低いOLTAにおいてはマイナス評価とはならないでしょう。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングとは、「売掛債権を現金化する」という資金調達方法です。

売掛債権:商品やサービスを販売した後、相手に対して未回収の代金を請求する権利

例えば、まだ支払いが完了されていない請求書などが「売掛債権」に当たります。

この「入金前の請求書」をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、申込みから最短即日~数日で現金が振り込まれます

手数料さえ支払えば売掛金の回収を待たずに現金を手に入れられるので、非常にスピーディで便利な資金調達手段といえます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、主に「買取型」と「保証型」の2種類に分けられます

それぞれ利用する場面や目的が違うので、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。

買取型ファクタリング

買取型ファクタリング」は、売掛金を早期に現金化したい場合に使われるサービスです

ファクタリング業者に入金前の売掛債権を買い取ってもらい、手数料を差し引かれた金額を受け取れます。

日本では、商品やサービスを納品した後に代金を支払ってもらう「信用取引」が一般的で、通常取引先が支払ってくれるまで大体1~3ヶ月かかります。

『買取型ファクタリング』

支払い期日までは資金を回収することはできないので、材料費や人件費などの資金繰りが苦しくなる可能性があります。

そんなときに買取型ファクタリングを利用することで、短期間で確実に資金調達が可能です。

保証型ファクタリング

「保証型ファクタリング」は、事業者が保有している売掛債権に保険をかけることで、売掛債権の貸し倒れリスクを回避することができるサービスです

取引先が倒産や支払い不能になった場合、ファクタリング業者から保証限度額の範囲内の金額を受け取ることができます。

『保証型ファクタリング』

このように、万が一の際の保険として活用するのが保証型ファクタリングです

買取型とは違い、短期間での資金調達を目的としていないので、売掛債権をファクタリング業者に売却することはありません。

買取型ファクタリングの種類

買取型ファクタリングには、「二者間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」の2種類があります

どちらにもメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて利用しましょう。

二者間ファクタリング

「二者間ファクタリング」は、利用者とファクタリング業者の二者間で行われるファクタリングです

取引先(売掛先)への通知や承諾も不要なので、取引先に知られる可能性は低く、現金化する時間も短縮できます

ただし、ファクタリング業者が取引先の信用リスクを直接確認できなかったり、債権の存在も利用者が提出する書類から確認しなければいけないので、手数料は高めです。

三者間ファクタリング

「三者間ファクタリング」は、利用者、ファクタリング業者、取引先(売掛先)の3社が関わるファクタリングです

三者間ファクタリングは、債権の回収はファクタリング業者が行うため、利用者が債券を回収する必要はありません。

手数料も二者間ファクタリングに比べて低いので、コストをかけずに現金化したいのであれば三者間ファクタリングがおすすめです。

ただし、売掛債権の売却について取引先から承諾を得る必要があるので、ファクタリング利用の事実が知られ、利用者の資金繰りが苦しいと思われてしまうリスクがあります

また債権譲渡登記などの手続きも発生するので、二者間ファクタリングに比べて現金化までの時間がかかることがほとんどです。

『3者間ファクタリング』

ファクタリングのメリット・デメリット

続いて、ファクタリングのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

ファクタリングは、すぐに資金調達できるところが最大のメリットです

前述したとおり、日本では後から代金の回収を行う「信用取引」が一般的ですが、信用取引は売掛金の入金まで期間が空いてしまいます。

ファクタリングを利用すれば、債権回収の期限より前に現金化することができるので、効率的に資金繰りを行えます。

ファクタリングはすでに発生している売掛金があれば利用できるので、担保や保証人を必要としない資金調達方法であることもメリットです。

デメリット

ファクタリングのデメリットは、手数料を支払わなければならない点です

ファクタリング業者が取引先の「貸し倒れリスク」を負うことになるため、その分手数料が高くなり、場合によっては売掛金の10%~20%程度の手数料がかかってしまうこともあります

また三者間ファクタリングの場合、取引先への通知や承諾が必要となるため、「資金繰りがうまくいっていないのでは?」と疑われてしまうリスクがあります。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングと銀行融資/ビジネスローンとの違い

次に、ファクタリングと銀行融資/ビジネスローンとの違いを紹介していきます。

ファクタリングと銀行融資/ビジネスローンのどちらかを検討してい方は、下記を参考にして自身に適したものを始めてみましょう。

融資額

ファクタリング・・・売掛金の金額が融資の上限額
銀行融資/ビジネスローン・・・300万~3億円ほど

融資の場合は、会社規模によって異なりますが、300万~3億円程度の金額が目安です。

会社規模だけでなく、業績やこれまでの実績によっても異なります。

それに対してファクタリングの場合は、売掛金の金額が融資の上限額です。

売り上げがない状態では資金調達ができません。

返済期間

ファクタリング・・・取引先からの入金直後
銀行融資/ビジネスローン・・・1年~15年ほどの長期

銀行融資/ビジネスローンの場合、返済期間は1年~15年程度となっています。

融資制度の内容にもよりますが、比較的長期での返済が認められるケースが多いです。

ファクタリングの場合は、実際に借りているわけではないので、特に返済の期間などが定められているわけではありません。

取引先からの入金後にファクタリング業者へすぐ支払いを行う仕組みとなっています。

審査の対象

ファクタリング・・・売掛元の取引先
銀行融資/ビジネスローン・・・借入をする人そのもの(事業者)

銀行融資/ビジネスローンは、審査において借入をする人そのもの(事業者)が対象となります。

借りた金額を返済できるか厳正に審査が行われます。

担保設定や個人資産、事業内容などのチェックが行われる仕組みです。

ファクタリングは事業者自身ではなく、売掛元の取引先が対象となります。

代金支払いの遅延がないか、またはこれまでの実績が審査の基準となる仕組みです。

返済の方法

ファクタリング・・・一括返済
銀行融資/ビジネスローン・・・分割返済

銀行融資/ビジネスローンでは、長い期間での分割返済が一般的です。

ファクタリングでは、取引先からの入金があった直後に一括で返済を行います。

数あるファクタリング業者の中でもQuQuMo Onlineは調達可能金額が設定されておらず、かつ最短2時間で振込に対応してくれます。

多くファクタリング業者が対面での手続きが必要なのに対し、QuQuMo Onlineではオンラインで完結させることが可能です。

資金の捻出に困っている企業は、ぜひチェックしてみてください。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングの申し込み方法

ここからは、ファクタリングの申し込み方法を解説していきます。

今回は、オンライン型ファクタリングの「QuQuMo Online」の申し込み方法を例にしてご紹介します

STEP1:アカウント登録

QuQuMo Onlineで申し込みをするには、まずアカウント登録をする必要があります。

QuQuMo-お申し込み

QuQuMo Onlineの公式ホームページに行き、会員登録をしましょう。

メールアドレスとパスワートを設定した後、登録したメールアドレスには本登録用のURLが届きますのでそちらから本登録を完了させてください。

STEP2:見積り

アカウントの登録が完了したら、続いてファクタリングの見積りをしましょう。

QuQuMo-お見積もり

QuQuMoで資金調達する際に必要な書類は以下の2点になります。

  • 入出金明細
  • 請求書

買取りが可能となった場合はQuQuMoから買取額及び手数料が提示されるので、30分ほど待ちましょう。

STEP3:契約・送金

最後に見積り後の金額や手数料を確認して問題がなければ契約をしましょう。

\ 入金まで最短2時間 /

悪徳ファクタリング業者を見極めるポイント

ファクタリング業者の中には、法外な手数料を搾取する「悪徳業者」も存在します

トラブルに巻き込まれないためにも、以下のポイントに気をつけて悪徳ファクタリング業者を見極めましょう。

①会社情報が明確か
②手数料は適正か
③口コミや評判はどうか

最も大切なのは、「会社情報が明確かどうか」です。

悪徳ファクタリング業者の場合、会社の所在地や問い合わせ先が載っていなかったり、架空の情報が記載されていることが多いです。

不安な場合は、実際に問い合わせたり確認しに行きましょう。

また悪徳ファクタリング業者は、相場より高額な手数料を提示してくることがあります

二者間ファクタリングの手数料相場は10%~30%、三者間ファクタリングの相場は1%~10%だと言われているので、これ以上の手数料を提示された場合は、少し疑った方がいいかもしれません。

あとは実際に口コミサイトやSNSで評判を確認することも大切です。

利用したことがある人の口コミやランキングなどを参考にして、優良なファクタリング業者か判断しましょう。

\ 入金まで最短2時間 /

ファクタリングに関するよくある質問

ファクタリングに関するよくある質問をまとめました。

①どんな業種でも利用できる?
②複数のファクタリング業者を併用できる?

どんな業種でも利用できる?

ファクタリングは、基本的に職種や業種に制限はありません

ただファクタリング業者によって風俗系やナイトワーク系は不可としているところもあるので、不安な方は申し込む前によく確認しておきましょう。

複数のファクタリング業者を併用できる?

複数のファクタリング業者を同時に利用することは可能です 。

ただ、すでに売却・譲渡してしまった売掛債権を複数のファクタリング業者に売却することは、「二重譲渡」に該当してしまうので注意が必要です

複数のファクタリング業者を併用する場合は、どの売掛債権をどこに売却・譲渡したのか、しっかり把握しておきましょう。

おすすめファクタリング会社ランキングまとめ

今回は、おすすめファクタリング業者ランキングをご紹介しました。

記事のまとめ
  • ファクタリングはスピーディで便利な資金調達手段
  • 急ぎで現金が必要な場合は二者間ファクタリングを利用しよう
  • 調達可能金額・手数料・入金スピードなどをよく比較した上でファクタリング業者を決めよう
  • QuQuMo Online」は申し込みから契約までオンラインで完結するので使いやすい
  • 悪徳ファクタリング業者を利用しないためには、会社情報をしっかり確認する

ファクタリングは現金化までのスピードが早く、保証人や担保なども不要なので、非常に便利な資金調達手段です。

ファクタリング業者によって調達可能金額や手続きの方法が異なるので、自分にとって使いやすいところを選ぶようにしましょう。

QuQuMo Online」はすべてオンライン上で手続きができるので、非常に早く、そして簡単に申し込むことができます

これからファクタリングを利用しようと考えている方は、ぜひ「QuQuMo Online」を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

\ 入金まで最短2時間 /

目次
閉じる