貸仮想通貨(レンディング)とは?稼げる仕組みやベストな取引所を紹介

仮想通貨のレンディング

今回は仮想通貨におけるレンディング(貸仮想通貨)について解説をしていきます。

これから仮想通貨を利用して稼ぎたいという人は、取引以外にも稼ぐことができる効率的な方法ですので、是非最後まで読んでみてください。

この記事の要点
  • レンディング(貸仮想通貨)とは仮想通貨を貸し出して利息を得ること
  • 銀行に預けるより利率がかなり良い
  • 自分で取引をしなくても仮想通貨を増やせる
  • レンディングするならコインチェックがおすすめ

仮想通貨のレンディングサービスを利用するなら、Coincheck(コインチェック)を利用するのがおすすめです。

代表的なビットコインだけでなく、他のアルトコインでもレンディングが可能な上、最大年率は5%です。

コインチェックのアカウントがある人は今日から始められるので、口座を持っていない方は今すぐ口座開設をしてみましょう。

コインチェックの公式サイト-1

\ アプリダウンロード数No.1/

目次

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)の仕組みとは?

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)とは口座に預けている仮想通貨を第三者に貸し出し、利息で利益を得る手法のことです。

レンディングは、仮想通貨取引によるリスクを負うことなく、確実に資金を増やしていく事ができる手法として、近年、仮想通貨市場でも人気が出てきています。

仮想通貨に興味はなくても、日本の銀行に預金を眠らせているより、レンディング(貸仮想通貨)による資産運用の方が断然利率が良いです。

また、仮想通貨の貸出なので、自分は何もすることなく利息による利益を確保することが可能です。

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)を利用するメリット

では、具体的なレンディング(貸仮想通貨)のメリットをみていきましょう。

自分で取引をしなくても仮想通貨を増やすことができる

レンディングの最大のメリットとも言えるのが、取引のように時間を費やすことなく利益を得ることができる点です。

一般的に、こういった利益を不労所得と言いますが、労働時間やトレード時間を費やすことなく、収入を得ることができる仕組みです。

どんな大企業の社長であっても、労働という対価を支払って報酬を得ています。また、トレーダーも取引に時間費やして利益を得ています。

ただし、レンディングは不労所得になるので、自分の時間を有意義に使うことができます。

これは非常に大きなメリットと言えます。

銀行に預けるよりも増える可能性がある

冒頭でも説明しましたが、レンディングは、銀行の預金利息よりも大きな利率を受け取ることができます。

日本の銀行預金利息は、年間0.001%程度、定額貯金でも0.002%程度です。(ゆうちょ銀行)

対して、レンディングの年率1~5%程度に設定できるため、比較にならない年率の差になります。

銀行の年間利息0.001%
レンディングの年率5%
銀行に預けるよりも増える可能性がある

株式投資の年間利回りは5%前後あれば良いと言われていますが、レンディングも同レベルの年率を得ることができます。

また、リスクもありますが、仮想通貨の市場価格が変動することにより、思わぬ臨時的な収入を得る可能性もあります。

仮想通貨を貸した先に持ち逃げされるリスクがない

個人同士で貸し借りを行った場合、相手方と連絡がとれなくなって、結果資産を失うリスクは高いです。

ただし、取引所を通して貸し借りを行う場合は、取引所のルール上で実施されるため個人同士よりもリスクが軽減されます。

また、取引所と「消費貸借契約」の契約締結を行うので、法律的に貸し手、借り手の双方が安心してレンディングを行うことができます。

こういった煩わしい手続きも、取引所のシステム内で行うことができるので、作業時間としてもメリットがありますね。

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)を利用するデメリット

それでは次にレンディングに関するデメリットを解説していきます。

これから利用しようと思っている方はデメリットも合わせて確認していきましょう。

仮想通貨の価格変動リスク

レンディングのデメリットとして、仮想通貨の市場価格が急激に変動することがあります。

レンディングは、仮想通貨を第3者に貸し付けることなので、仮想通貨自体の数量が変動することはありません。

ただし、仮想通貨は為替と同様に、市場の価格は日々変動しています。

仮に、市場の価格がレンディング時よりも上昇していれば、価格変動分は貸し手の利益となります。

一方、市場の価格がレンディング時よりも下落していれば、価格変動分は貸し手の損失となります。

レンディングを行う場合は、長期的な目線で、市場価格がどう変動していくか予測しておく必要があります。

仮想通貨取引所が潰れてしまうリスク

レンディングのもう一つのデメリットとして、運営会社の倒産があります。

レンディングは取引所内で行われるサービスです。

ということは、取引所自体が潰れてしまうと、貸している仮想通貨自体も返金されるかも不明です。

銀行の預金口座と同じ考え方ですが、銀行の預金口座は個人で1,000千万円までは保障していくれます。

ただし、レンディング(貸仮想通貨)ではそういった明確な金額保障はありません。

レンディング(貸仮想通貨)は行う際は、取引所毎に安定性も見ておくことが重要です。

レンディング(貸仮想通貨)を利用した収益シミュレーション

では、具体的にレンディングをした際、どれだけの収益が得ることができるかを確認しましょう。

例えば、以下のような条件で計算をしてみます。

貸出金額 :1 BTC
貸出の期間:年率 3%
※3ヶ月を90日間として計算

この場合の利息は、1 BTC × 90日 × 3% / 365 =0.007397 BTC

これを1BTC3,000,000円で計算してみると以下のようになります。

3,000,000(1BTC) × 0.007397 BTC = 22,191円

どうでしょうか、3か月間何もしないで22,191円の利益を得ることができました。

もちろんレンディングである程度収益を上げるためには、元手を先に用意しておくことが重要になります。

しかし、銀行による預金よりも収益性がある金融資産を求めているという方には、預金の一部をレンディングとして貸し出してみるのも1つの方法です。

相場の変動にもよりますが、BTC貸し出しの場合利息もBTCで受け取ることができるので、予想よりも大きな利息を受け取ることができる場合もあります。

短期よりも長期で貸し出しを行った方が利率が高いので、眠っている資産があるという方はレンディングを検討してみてください。

レンディング(貸仮想通貨)の始め方

では、コインチェックを参考にしながら、レンディングのやり方を解説します。

まずはコインチェックの公式サイトに移動します。

メールアドレスとパスワードを登録し、必要事項をチェックをしたら登録ボタンを押します。

メールアドレスに上記のようなメールが届くので、赤枠のリンクをクリックします。

リンク先に飛ぶと上記のような画面にになり、口座の開設はこれで完了です。

後は、レンディング(貸仮想通貨)を行うために本人確認書類を提出します。

本人確認書類に必要な書類は以下の中から1つを提出します。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号(マイナンバー)カード(表面のみ)

本人確認書類の提出が終わったら、レンディング(貸仮想通貨)を始める準備は完了です。

上記の画面のように貸出期間、貸し出す仮想通貨の数量を入力して、レンディング(貸仮想通貨)開始です!

ここまでが、レンディングを始める手順です。

\ アプリダウンロード数No.1/

レンディング(貸仮想通貨)を提供している取引所

それでは次に仮想通貨のレンディングを実際に提供している取引所を解説していきます。

これから投資を行おうと思っている方は、こちらを参考にしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの公式サイト-1
名称Coincheck(コインチェック)
ホームページコインチェックの公式サイト
最低貸出金額1万円
最大年率最大年率5%
対応通貨BTC/ETH/XRP/BCH
LTC/LSK/ETC/MONA
XEM/FCT/XLM/QTUM
BAT/IOST/ENJ/OMG/PLT
手数料無料
途中解約不可

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨レンディングに一番おすすめの取引所になります。

仮想通貨取引所ランキングでも1位を獲得したこの取引所の最大のメリットは年率の高さです。

他の取引所は、最大年率3%に対し、Coincheck(コインチェック)は最大年率5%になります。

取引所年率
コインチェック最大5%
GMOコイン最大3%
bitBank最大3%

他の取引所でレンディングをするよりも圧倒的に収益率が高いので、是非コインチェックを利用してみてください。

また、他にも仮想通貨の積立投資もできるので、リスクヘッジとして合わせて利用してみるのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットポイント

ビットポイント トップページ
名称BITPOINT
ホームページBITPOINTの公式ページ
最低貸出金額募集毎に決定
最大年率募集毎に固定
対応通貨BTC/XRP/ETH/BCH/LTC/BAT
途中解約不可

BITPOINTは2020年11月より、仮想通貨レンディングサービスを始めています。

最大年率や最低貸出金額などは募集毎に決定され、申し込みは先着順または抽選により受付されます。

最近始まったばかりの新サービスで、これからますます需要が増していくことが予想されます。

BITPOINTのレンディングサービスは、BITPOINTの口座を持っている方はすぐに始めることができます。

まだ、口座を持っていないという方は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

BITPOINTの詳細については公式サイト、もしくはBITPOINTの評判・口コミという記事をご覧ください。

\今だけ全員3,000円分のJMYもらえる/

GMOコイン

GMOコインの公式サイト
名称GMOコイン
ホームページGMOコインの公式サイト
最低貸出額10万円
最大年率最大年率3%
対応通貨BTC/ETH/BCH/LTC/XRP
XEM/XLM/BAT/OMG/XTZ/QTUM
手数料無料
途中解約利息の10%

次におすすめするのはGMOコインです。

最大年率は3%とコインチェックに比べて下がってしまいますが、コインチェックでは取り扱っていない通貨があるということと、途中解約ができる点が差別化点としてあげられます。

仮想通貨は急な暴落も想定できるので、途中解約ができるというのは大きなリスクヘッジになります。

これからレンディングによって収益をあげたいという方は、金額の30%をGMOコインに入れるなど、複数の取引所を使うことで急な暴落にも対応できるのでおすすめです。

GMOコインについて知りたい方はGMOコインの評判・口コミをご覧ください。

レンディング(貸仮想通貨)に関するよくある質問

それでは次にレンディングを始める時によくある質問をまとめていきます。

これからレンディングを始めようと思っている方はこちらを合わせて確認してみてください。

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)はいくらから始められますか?

レンディングは、少額な資産から始めることができます。

例えば、コインチェックでは最低の取引額は1万円からになります。

10万円、100万円という金額を用意しなくて始められるのは嬉しいですね。

最初に少額からレンディングを行い、それで収益がある程度出るという目安が立ったら投資額を増やしてみましょう。

レンディング(貸仮想通貨)はどれくらい稼げますか?

レンディングは、前述のシュミレーションで解説した通り、貸出金額と貸出期間、年率で計算されます。

よって、貸し手として調整できるのは、貸出金額になるので、まとまった利益を得たい方は、ある程度の資金を確保してレンディング(貸仮想通貨)を行うようにしましょう。

仮想通貨のレンディングは非常に年率が高いので、100万円分のBTCの貸し出しを行うと、年間で最大5%のBTCが何もしなくても増えることになります。

仮想通貨が上昇している限り、相性のいい投資法ですので是非検討してみてください。

仮想通貨のレンディングで稼いだ利益には税金がかかりますか?

レンディングで得た利益は、税金の計算上、雑所得として取り扱いされます。

雑所得は累進課税という所得の金額が多くなるにつれて税率が増える仕組みになっています。

最大の税率は45%になり、プラス10%の住民税がかかります。

これは2~3月の確定申告時に納付するので、得た利益から後々税金を納付しなければならないことを忘れずにいましょう。

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)まとめ

今回は仮想通貨のレンディングサービスについてまとめていきました。

この記事を最後にまとめると下記になります。

この記事のまとめ
  • レンディング(貸仮想通貨)は、手間をかけることなく仮想通貨を増やすことができる
  • デメリットが少なく、リスク管理に最適
  • ある程度まとまった資金を準備すると、安定した収益を実現できる

レンディング(貸仮想通貨)は、リスクが少なく安全に資産を増やしていくことができます。

仮想通貨の売買取引のように、大きな利益を得ることはできませんが、逆に突発的な価格変動によりロスカットなどで資金を失うことはありません。

ぜひこの機会にレンディング(貸仮想通貨)を試してみてはいかかでしょうか

おすすめの取引所は、最大年率5%、最低取引額1万円からレンディング(貸仮想通貨)できるコインチェックです。

コインチェックの公式サイト-1

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる