還元率の高いクレジットカードはどれ?高還元率カードやポイントのお得な貯め方を解説!

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

【PR】街の買い物やネットショッピングなどで利用することが増えてきているクレジットカード。

クレジットカードを利用して得られる大きなメリットは、利用金額に応じて還元されるポイントです。

せっかくクレジットカードを利用するなら還元率が高いものを使いたいですよね。

この記事では、還元率の高いクレジットカードを紹介していきます。

おすすめのクレジットカードのランキングや注意点、ポイントを貯めるコツなどを解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること

・一般的にクレジットカードの還元率は0.5%前後であることが多い
・還元率の高いクレジットカードはJCB CARD W」「三井住友カード(NL)

・還元率と付与率の違いを理解しておく
・クレジットカードごとの特徴を理解して複数保有が最適

高還元率のクレジットカードを利用したい人は「JCB CARD W三井住友カード(NL)」が最適です。

現在はキャンペーン開催中でポイントを効率的に貯めることができるので、ぜひこの機会にチェックしてお得なポイント還元を受けましょう。

目次

クレジットカードの還元率とは

クレジットカードの還元率とは、利用金額に対して還元される特典の割合のことを指します。

例えば、100円で1ポイント貯まるクレジットカードを利用している場合、ポイントの付与率は1%になります。

そのポイントが次の買い物に1ポイント1円で還元できるとするならば、100円につき1円分が還元されることになり還元率は1%となります。

もちろん1ポイントが1円分の価値ではなく、1円以上だったり、1円未満だったりします。

クレジットカードを選ぶ時、ポイントの付与率だけで決めてしまう方も多いですが、そのポイントがいくら分の特典と交換できるかまで確認しておきましょう。

クレジットカードの還元率比較一覧

クレジットカードの還元率を比較したものを表にまとめました。

年会費やキャンペーン・ポイントの利用例などを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

還元率の高いクレジットカードは、おおよそ0.5%~1.2%の還元率であることが多いです。

スクロールできます
カード名年会費申し込み条件実質ポイント還元率キャンペーンポイント利用例
JCB CARD W永年無料18歳以上39歳未満1.0~5.5%Amazon.co.jp利用で利用金額の30%キャッシュバックキャンペーン・Amazon
・スターバックスカードへのチャージなど
三井住友カード(NL永年無料満18歳以上0.5~7%(※)・VJAギフトカード
・Amazonギフト券
・GooglePlayギフトカードなど
dカード GOLD11,000円20歳以上1.0~10.0%新規入会&各種設定&利用で最大13,000ポイント+抽選で7,000ポイントプレゼントキャンペーン・ドコモの携帯料金
・Amazon
・メルカリなど
楽天カード永年無料18歳以上1.0~3.0%新規入会&利用で最大5,000ポイントプレゼントキャンペーン・楽天市場
・楽天証券での投資
・楽天ふるさと納税など
リクルートカード永年無料18歳以上1.2~4.2%リクルートカード(JCB)に新規入会&利用で最大6,000円分ポイントプレゼントキャンペーン・ホットペッパービューティー
・Pontaポイント
・dポイントなど
JCB CARD W plusL永年無料18歳以上39歳未満1.0~5.5%Amazon.co.jp利用で利用金額の30%キャッシュバックキャンペーン・Amazonでの利用
・スターバックスカードへのチャージなど
Orico Card THE POINT永年無料18歳以上1.0~2.0%
(入会後6ヶ月間2.0%)
キャンペーン参加で最大8,000ポイントプレゼント・Amazonギフト券
・楽天ポイント
・T-ポイントなど
au PAYカード基本無料18歳以上1.0~1.5%入会後特典条件を満たすと最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン・au携帯の機種変更等
・au PAY残高チャージなど
三菱UFJカード VIASOカード永年無料18歳以上0.5~12.5%新規入会特典として最大10,000円キャッシュバックキャンペーン・オートキャッシュバック
ローソンPontaプラスカード永年無料18歳以上1.0~2.0%新規入会&利用で最大3,000ポイントプレゼントキャンペーン・ローソン
・dポイントなど
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります

中でも「JCB CARD W」と「三井住友カード(NL)」は年会費永年無料で還元率が高く、ポイントが貯めやすいクレジットカードです。

新規入会でお得なキャンペーンも開催中であるため、ぜひこの機会に「JCB CARD W」と「三井住友カード(NL)」の公式サイトをチェックしてみてください。

高還元率のおすすめクレジットカードランキング

ポイントの還元率が高くおすすめできるクレジットカードを紹介していきます。

このランキング一覧を参考にして還元率が高いクレジットカードを選んでお得に生活していきましょう。

JCB CARD W

jcbカードW 公式
国際ブランドJCB
年会費永久無料
実質ポイント還元率1.0~5.5%
キャンペーンAmazon.co.jpでのカードご利用合計金額の20%をキャッシュバック
こんな人におすすめ18~39歳でお得にポイントを貯めたい人
詳細公式サイト

JCBカードWは18〜39歳限定で利用できるおすすめのクレジットカードです。

年会費が無料であるため気軽に保有できるだけでなく、通常のJCBカードの還元率0.5%の2倍の1%でポイント還元率が高いです。

Amazonを利用すると利用金額の20%がキャッシュバックになるキャンペーンや友達紹介キャンペーンなど、お得なサービスが豊富に用意されているのも大きな魅力です。

18歳から39歳の年齢層でクレジットカードを持ちたいと考えている方には最適なカードといえるでしょう。

三井住友カード(NL)

国際ブランドVisa、Mastercard
年会費永年無料
実質ポイント還元率0.5~7%
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります
こんな人におすすめコンビニをよく利用する人公共料金の支払いをしたい人
詳細公式サイト

三井住友カード(NL)はカードに番号の記載がなく、セキュリティ面で安心できるクレジットカードです。

通常の還元率は0.5%ですが、対象店舗となるコンビニなどでタッチ決済をすると最大で7%還元されるお得なカードとなっています。※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります

普段コンビニをよく利用する人や公共料金の支払いをクレジットカードにしたい人は、三井住友カード(NL)の公式サイトをチェックしてみてください。

dカード GOLD

dカードGOLD
国際ブランドVISA、Mastercard
年会費11,000円
実質ポイント還元率1.0~10.0%
キャンペーン新規入会&各種設定&利用で最大13,000ポイント+抽選で7,000ポイントプレゼントキャンペーン
こんな人におすすめドコモユーザー
詳細公式サイト

dカード GOLDは、ドコモユーザーの方に非常に最適なクレジットカードです。

基本のポイント還元率が1%と高い上に、ドコモケータイやドコモ光の利用料金が10%還元という圧倒的な還元率を誇っています。

dカード加盟店で還元率がアップするほか、最大で20,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンもあり、お得にポイントを貯める方法が多く用意されています。

ドコモケータイ・ドコモ光を利用している人は、見逃せないお得なクレジットカードとなっています。

\ 最大20,000dポイントもらえる /

楽天カード

楽天カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、American Express
年会費永年無料
実質ポイント還元率1.0~3.0%
キャンペーン新規入会&利用で最大5,000ポイントプレゼントキャンペーン
こんな人におすすめ楽天グループのサービスを利用する人
詳細公式サイト

楽天カードは、楽天グループのサービスをよく利用する人に最適なクレジットカードです。

基本ポイント還元率が1%と高いうえに、楽天市場の買い物で最大3%、楽天ペイへのチャージと利用で1.5%のポイント還元が受けられます。

貯まったポイントを使って楽天証券で投資できたり、ふるさと納税に利用できたりとお得な使い道が多いことも魅力的です。

現在、新規入会で最大5,000ポイントがもらえるキャンペーンも開催されています。

日常生活で楽天グループのサービスを使う人は、楽天カード公式サイトをチェックしてみてください。

リクルートカード

リクルートカード
国際ブランドJCB
年会費永年無料
実質ポイント還元率1.2~4.2%
キャンペーンリクルートカード(JCB)に新規入会&利用で最大6,000円分ポイントプレゼントキャンペーン
こんな人におすすめリクルートのサービスをよく利用する人
詳細公式サイト

リクルートカードはリクルートのサービスを利用することが多い人に最適なクレジットカードです

通常のポイント還元率が1.2%と高く、じゃらんやホットペッパーなどのリクルート系サービスでは最大で4.2%が還元されます。

さらにリクルートポイントはPontaポイントやdポイントに交換することができるため、使い道も豊富です。

新規入会で最大6,000ポイントがもらえるキャンペーンも実施中ですので、リクルートのサービスをよく利用する人はこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

JCB CARD W plusL

JCB-CARD-W-plus-L 公式
国際ブランドJCB
年会費永年無料
実質ポイント還元率1.0~5.5%
キャンペーンAmazon.co.jp利用で利用金額の20%キャッシュバックキャンペーン
こんな人におすすめ18~39歳でお得にポイントを貯めたい女性
詳細公式ページ

JCB CARD W plusは18~39歳限定で利用できるJCB CARD Wに、女性向けの特典を付帯したクレジットカードです。

年会費無料やポイント還元率1%はそのままで、女性特有の病気に対する保険や美容・旅行などの優待を受けることができます。

JCB CARD Wと同じく、ポイントをお得に貯められるキャンペーンも豊富にあるため、加入のメリットはたくさんあります。

18歳から39歳までの女性でお得なクレジットカードを利用したいという人に最適なクレジットカードです。

Orico Card THE POINT

Oricoカード
国際ブランドMastercard、JCB
年会費永年無料
実質ポイント還元率1.0~2.0%
キャンペーンキャンペーン参加で最大8,000ポイントプレゼント
こんな人におすすめ電子マネーをよく利用する人
詳細公式ページ

Orico Card THE POINTは、電子マネーを利用することが多い人に最適なクレジットカードです。

年会費無料で通常のポイント還元率は1%と高いうえに、iD・QUICPay・Apple Payにも対応しており、少額での買い物でポイントを貯めるのにとてもお得なカードです。

さらに入会後6ヶ月間は還元率が2%にアップする特典や、最大8,000ポイントがもらえるキャンペーンも開催されており、新規入会でもらえる特典が充実しています。

電子マネーの利用でコツコツポイントを貯めたいという人は、Orico Card THE POINTの公式サイトをチェックしてみてください

au PAY カード

auPayカード
国際ブランドVISA、Mastercard
年会費基本無料
実質ポイント還元率1.0~1.5%
キャンペーン入会後特典条件を満たすと最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン
こんな人におすすめauユーザー
詳細公式ページ

auユーザーでお得なクレジットカードを使いたい人は、au PAY カードの利用がおすすめです。

auのサービスを利用している限りは年会費無料となるうえに還元率も1%と高く、au PAY残高にチャージすることで合計1.5%の還元率となります。

加盟店の利用やauでんきでお得にポイントが貯められたり、最大で10,000ポイントをもらえるキャンペーンもあり、ポイントを貯める方法も豊富です。

auの携帯やサービスを使っている人は、au PAY カード公式サイトをチェックしてみてください。

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード トップページ
国際ブランドMastercard
年会費永年無料
実質ポイント還元率0.5~12.5%
キャンペーン新規入会特典として最大10,000円キャッシュバックキャンペーン
こんな人におすすめポイント還元の手続きが面倒な人
詳細公式ページ

還元されたポイントの手続きが面倒に感じる人は、三菱UFJカード VIASOカードがおすすめです。

年会費永年無料で還元率が0.5%であるほか、オートキャッシュバック機能が付いていることが大きなメリットとなっています。

手続きなしで貯まったポイントが還元されるため、ポイントを使いそびれることなく利用することができます。

さらに最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも実施中です。

手続き不要でキャッシュバックを受け取りたい人は三菱UFJカード VIASOカード公式サイトをチェックしてみてください。

ローソンPontaプラスカード

ローソンPontaカード
国際ブランドMastercard
年会費永年無料
実質ポイント還元率1.0~2.0%
キャンペーン新規入会&利用で最大3,000ポイントプレゼントキャンペーン
こんな人におすすめローソンをよく利用する人
詳細公式ページ

ローソンPontaプラスカードは、ローソンをよく利用する人におすすめのクレジットカードです。

通常の還元率が1%であるうえに、ローソンで最大2%のポイント還元がされる点が大きな魅力となっています。

会員優待サービスの充実や最大3,000ポイントがもらえるキャンペーンなどもあり、入会によって得られる特典が多くあるのもメリットのひとつです。

ローソンでの買い物や会員優待サービスを利用したい人は、ローソンPontaプラスカード公式サイトをチェックしてみてください。

クレジットカードの還元率の注意点

クレジットカードの還元率に注目して選ぶ場合いくつか注意しなければならないことがあります。

還元率に関する注意点を紹介していきますのでじっくり読んで失敗しないようにしてください。

還元率と付与率の違いを理解しよう

クレジットカードで得られるポイントには還元率と付与率の違いがあることを理解しておく必要があります。

還元率は利用金額に対して得られる「円」で計算する一方、付与率は利用金額に対して得られる「ポイント」で計算します。

例えば、ポイントレートが10ポイント=1円のケース。
10,000円の利用金額に対して100ポイントがもらえるときの還元率と付与率の違いを確認しましょう。

①還元率
もらった100ポイントを円に換算すると、10円となります。
10,000円の利用金額に対して10円分のポイントなので、還元率は0.1%です。

②付与率
10,000円の利用金額に対して100ポイントを獲得しているので、付与率は1%です。

上の例のようにポイントレートによって、還元率と付与率は異なります。

付与率1%でも、0.1%分の現金レートでしか還元されない可能性もあります。

クレジットカードを選ぶ際には、付与率ではなく還元率で選ぶようにしましょう。

ポイントの交換方法が自分にあっているか確認しよう

還元されたポイントの交換方法が自分に適しているかを確認しておく必要があります。

クレジットカードでもらえるポイントはカードによって異なり交換先もそれぞれ違います。

ギフトカードやマイルへの交換、携帯料金の支払いに充当するなど多くのポイント交換先が用意されています。

利用するクレジットカードに自分が求める交換先が用意されていない場合もあります。

還元によって獲得できるポイントの交換方法が、自分の利用目的に適しているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

高還元率のクレジットカードでポイントを貯めるコツ

還元率の高いクレジットカードでお得にポイントを貯めるコツを紹介します。

ポイントを3つ解説していきますので参考にしてお得にポイントを貯めてみてください。

クレジットカードの特徴を理解して複数枚保有する

クレジットカードにはそれぞれ特徴があるため、複数のカードを保有することをおすすめします。

利用目的によって使うクレジットカードを変えることによってお得な還元を受けることができるようになります。

例えば、Amazonで買い物する場合は特典がもらえる「JCB CARD W」を利用し、コンビニでは還元率がアップする「三井住友カード(NL)」を利用するなど使い分けるとポイントが貯まりやすくなります。

複数枚のクレジットカードを上手に活用することがポイントを貯める有効な方法です。

公共料金などの固定費支払いをクレジットカード決済にする

公共料金を含めた固定費の支払いをクレジットカードで決済するととてもお得にポイントが貯まります。

電気やガスなどは毎月支出として必ず支払わなくてはならないので、コツコツとポイントが貯まっていきます。

お得にポイントを貯めたい人は、公共料金などの固定費の決済方法をクレジットカードに設定することをおすすめします。

カード会社のキャンペーンを利用する

カード会社はそれぞれポイントが貯まるお得なキャンペーンを開催しています

新規入会でポイントがもらえるキャンペーンだけでなく、入会後にも期間限定で特典がもらえるキャンペーンなどが開かれることがあり、これらのキャンペーンを利用するとポイントを貯めることができます。

例えばJCB CARD Wでは現在、1,500円のキャッシュバックがもらえるお友達紹介キャンペーンなどが開催されており、お得にポイントが貯められます。

カード会社が実施しているキャンペーンを利用してポイントを貯めることもおすすめの手段です。

高還元率のクレジットカード FAQ

ここでは高還元率のクレジットカードに関するQ&Aを紹介していきます。

よくある質問をまとめていますので、ぜひクレジットカードを選ぶ上で参考にしてください。

クレジットカードはすぐに発行できる?

クレジットカードへの申し込みから発行までの期間は、カード会社によって異なります。

即日発行できるカードもあれば、申し込みから2週間程度かかるカードもあります。

例えば「三井住友カード(NL)」は最短30秒で即時発行され、カードの到着を待たずにアプリで利用をスタートすることができるためすぐにクレジットカードを使いたい人におすすめです。(※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30 ※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。)

また必要書類に記入漏れなどの不備があればさらに発行までに時間がかかる場合があります。

クレジットカードに加入する際は事前に発行までにかかる時間を把握しておき、入力事項に不備がないようにしておきましょう。

同じ還元率ならどのカードを選ぶべき?

利用したいクレジットカードの還元率が同じだった場合ポイントの交換先を確認すると良いでしょう。

同じくポイントが貯まるのであれば、使い道の幅が広い方がポイント還元の恩恵が受けられます。

ポイントの交換先に日常生活でよく利用するサービスがあれば自分に適したカードといえますが、あまり使わないサービスばかりであれば貯めたポイントが有効活用できません。

またポイントの有効期限にも注意が必要です。

獲得できるポイントに有効期限がある場合、使うことなくポイントが消滅したり必要のない買い物をしてしまう可能性があります。

還元率の高さのほかにポイントの交換先や期間限定ポイントの有無を事前にチェックしておくようにしましょう。

カードの国際ブランドはどれが良い?

クレジットカードにはVISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドがありますが、どれを選べば良いか分からないという人も多いでしょう。

VISAやMasterCardは世界中で多くの加盟店があり海外でも利用に困ることは少ないです。

一方のJCBは国内で圧倒的に加盟店が多く、特典を受けられるケースが多くあります。

国内での利用であればJCBがお得で、海外旅行などにも行く人はVISAやMasterCardを使うと良いでしょう。

ただし年会費無料のカードは両方持っておいても損はないので、複数持ちにして上手に活用することをおすすめします。

クレジットカードの還元率まとめ

この記事ではクレジットカードの還元率について紹介してきました。

この記事のまとめ

・クレジットカードの還元率は0.5%が一般的
還元率の高いクレジットカードは「JCB CARD W」「三井住友カード(NL)
クレジットカードは付与率ではなく還元率で選ぶ
・新規加入の前にポイント交換方法が自分に適しているかチェックしておく

利用金額に応じてポイントが獲得できるクレジットカードは還元率が高いものを選ぶことをおすすめします。

中でも「JCB CARD W」と「三井住友カード(NL)」は還元率が高く、ポイントの使い道も豊富です。

現在では、お得なキャンペーンも開催中なので多くのポイントを貯めることもできます。

ぜひこの機会に還元率の高い「JCB CARD W」と「三井住友カード(NL)」をチェックしてみましょう。

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次