借金減額シミュレーターとは?怪しい?仕組みやからくり・デメリットを口コミ付きで解説!

借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターは、現在の借金の状況や返済状況などを入力すると、借金が減額可能かどうかを教えてくれるツールです。

「借金が減額できる」と聞くと、そんなサービスはあるのかと疑いたくなってしまうかもしれません。

結論からいうと、借金減額シミュレーターは弁護士事務所や司法書士事務所が提供している安全なサービスです。

今回の記事では、借金減額シミュレーターの仕組みやなぜ借金が減額できるかのからくりを解説していきます。

この記事でわかること
  • 借金減額シミュレーターは、簡単な質問に答えるだけで減額可能な借金額を診断できるツール
  • 弁護士事務所や司法書士事務所が提供する安全なサービス
  • 基本的に24時間いつでも無料で診断可能
  • 詳しい手続き方法や正確な減額金額を知りたい場合は電話や面談での相談が必要な場合も
  • 法律に基づいて専門家が相談にのってくれるので安心
  • まずは気軽な診断から試したいという場合はライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターをチェックしよう

ライズ綜合法律事務所が提供している借金減額シミュレーターは、信用情報に診断結果などが登録されず、安心して何度でも利用できます。

今ある借金を減額できるかどうか知りたい場合は、ぜひチェックしてみてください。

目次

借金減額シミュレーターとは?

借金減額シミュレーター1

借金減額シミュレーターとは、現在の借金の状況や返済状況をもとに、借金を減額できる可能性があるかどうかを診断できるツールのことです。

借金減額シミュレーターは無料で利用でき、数問の簡単な質問に答えるだけですぐに診断結果が表示されます。

24時間いつでも診断でき、質問には1〜2分あれば答えられるため、誰でも気軽に試してみることができるでしょう。

謝金減額シミュレーターを利用して、借金が減額できる可能性があると分かった場合、詳しい手続き方法を弁護士や司法書士にそのまま相談することも可能です。

「過払い金返還請求」や「債務整理」といった法的に認められた借金の負担を軽減する制度を利用すれば、毎月の借金返済に苦しんでいる人は返済が楽になるかもしれません。

借金を抱える人は、これらの手続きを知らずに返済に苦しんでいる場合も多く、専門家への相談に高いハードルを感じている人も多数存在します。

こうした人が、弁護士や司法書士事務所に気軽に相談するきっかけとして、借金減額シミュレーターを用意している事務所も多いです。

もし、現在借金にお困りであれば、ライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターを試してみてください。

無料で24時間診断可能で、3つの質問に答えればすぐに借金を減額できる可能性があるかが表示されます。

詳細を知りたい場合も匿名で相談できるため、プライバシーが気になるという方も安心できるでしょう。

借金減額シミュレーターの仕組み/からくり

借金減額シミュレーターを使うことで、なぜ借金を減額できる可能性があるのでしょうか。

借金減額シミュレーターでは、入力内容から以下の手続きが利用できるかどうかを診断しています。

借金減額シミュレーターの仕組み/からくり
  • 過払い金返還請求を行う
  • 債務整理を適用する

過払い金返還請求を行う

借金減額シミュレーターを使うことで、過払い金返還請求が可能かどうかを診断できます。

過払い金とは、本来支払うべき利息分以上に支払いすぎた利息のことです。

この利息はグレーゾーン金利と呼ばれ、過払い金返還請求の手続きをとることで、返金してもらえる可能性があります。

グレーゾーン金利は、利息制限法で定められた上限金利年20.0%と出資法によって定められた上限金利年29.2%の間の金利のことで、2010年以前に借入を開始した人は、このグレーゾーン金利が適用されている場合があります。

2010年6月に改正貸金業法が定められるまでは、年20.0〜29.2%の間で定められた金利に対しては罰則が課せられることがありませんでした。

そのため、多くの貸金業者がこのグレーゾーン金利を設定していました。

このグレーゾーン金利が適用されている場合、支払い過ぎた利息を過払金として業者に請求することができます。

なお、過払い金の返還請求の対象になるのは、以下のようなケースに該当している場合が多いです。

過払い金の返還請求の対象になりやすいケース
  • 2010年6月17日以前に借入を行った場合
  • 借金を完済してから10年以内である場合

返済が完了していなくても、最後に取引をしてから10年以内の場合であれば、過払い金返還請求の対象となる可能性があります。

加えて、10年以上前に完済していた場合でも、同じ貸金業者から続けて借金をしている場合なども請求が認められる場合があります。

借金減額シミュレーターでは、入力した内容に基づいて、上記の過払い金返還請求が認められる可能性があるかどうかを簡単に判断できます。

厳密には借り入れている借金そのものが減額されるわけではありませんが、支払い過ぎた利息が手元に戻ってくると実質的な支払い負担は軽減されるでしょう。

債務整理を適用する

借金減額シミュレーターを利用すると、債務整理が利用できるかどうかも診断できます。

債務整理とは、借金の問題を解決する方法で、大きく分けると以下の3種類に分類できます。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 個人再生(民事再生)
  • 自己破産

任意整理

任意整理は、お金を借りている債務者と貸金業者との間で交渉を行い、毎月の返済金額の減額を行えるようにしたり金利を低く設定し直したりする方法です。

基本的に貸金業者との交渉は、弁護士や司法書士が代理人となって行います。

基本的に裁判所を通さずに手続きを行うため、依頼者の負担が少ないという特徴があります。

ただし、債務の元金が減額になるケースは非常に少なく、取引期間が短い場合などは交渉に応じてもらえない場合も多いです。

個人再生(民事再生)

個人再生(民事再生)は、借金を最大90%減額し、残った借金を数年間に分割して返済していく手続きです。

個人再生の場合、住宅などの高価な財産を残したまま借金を整理することができるというメリットがあります。

また、自己破産の場合は一定の職業に就けなくなる資格制限が課せられますが、個人再生の場合はそのような制限はありません。

民事再生手続きは、主に住宅ローンを除く借入額の総額が5,000万円超の個人および法人が対象となり、個人再生は住宅ローンを除く借入額の総額が5,000万円以下の人が利用できます。

自己破産

自己破産は、借金の返済能力が完全にないことを裁判所に認めてもらい、債務の全額免除手続きを行う方法です。

裁判所で免責決定が出されれば、税金などの非免責債権を除くすべての債務が免除となります。

債務の減免効果は、債務整理手続きの中で最も大きく、無職や生活保護受給中の場合など返済能力が全くない人でも債務を免除してもらえる可能性があります。

ただし、一部の自由財産を除いてすべての財産を返済のために処分する必要があったり、一定の職業には就けなくなったりするなどのデメリットも多く存在します。

債務整理を利用する場合は、専門家にしっかり相談した上で、どの手続きが自分にとってベストかを考えるようにしましょう。

借金減額シミュレーターのメリット

借金減額シミュレーターを利用するメリットについて確認しましょう。

借金減額シミュレーターのメリット
  • 借金が減額できるかどうかを無料で診断できる
  • シミュレーションは匿名で可能
  • ブラックリストに載ることはない

借金が減額できるかどうかを無料で診断できる

借金減額シミュレーターは無料で利用できるサービスです。

あくまでも概算ではありますが、無料で借金を減らせるかどうかをシミュレーションできるのは嬉しいですね。

おおよその借入金額、借入社数、返済金額、借入期間、返済状況などの項目を選択していくと、まずは借金減額の可能性があるかどうかが表示されます。

詳細を知りたい場合は、続いて連絡先を入力することで、弁護士や司法書士などの専門家に話を聞くことができます。

土日祝日にも対応しているため、平日は仕事などで忙しいという場合も利用しやすいでしょう。

詳細な話を聞いた結果、実際に債務整理などの手続きを依頼するかは自分で決められます。

メリット・デメリットなどについてしっかり説明を受けた上で、どんな対応をとるかを判断できるので、何から始めたら良いかわからないという方は一度借金減額シミュレーターを利用してみると良いでしょう。

シミュレーションは匿名で可能

借金減額シミュレーターは匿名で利用することが可能です。

連絡先を入力する場合は、基本的に以下の情報を求められます。

入力項目の例
  • 住んでいる場所(都道府県)
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 苗字(匿名でも可)

メールアドレスや電話番号は入力を必須としているシミュレーターも多いですが、苗字が匿名でも可能とされているのが一般的です。

自分の借金がバレることが気になるという方や、本名を出して相談するのに抵抗があるという方でも、匿名や仮名で相談できるのでハードルが下がるのではないでしょうか。

ブラックリストに載ることはない

借金減額シミュレーターは、何度利用してもブラックリストに載ることはありません。

そもそもブラックリストに載る、というのは信用情報機関に事故情報が登録されることを指します。

信用情報機関とは、個人の借入状況や返済状況、クレジットカードの契約状況などを管理している機関のことです。

任意整理や個人再生、自己破綻などの債務整理を行うと、信用情報に事故情報が記録され、その後お金を借りられなくなったり、新しくクレジットカードを作れなくなったりします。

ただし、上記のように信用情報に事故情報が登録されるのは、実際に債務整理などの手続きを行った場合に限られます。

借金減額シミュレーターを利用しただけや、その後弁護士や司法書士などに相談しただけでは、信用情報に傷がつくことはありません。

借金減額シミュレーターのデメリット

借金減額シミュレーターにはデメリットも存在します。

以下の3点は事前に確認しておきましょう。

借金減額シミュレーターのデメリット
  • 診断結果と実際の減額可能額に差があることがある
  • 実際に借金を減額するためには弁護士・司法書士事務所に依頼が必要
  • まれに診断料を請求する怪しいサービスもある

診断結果と実際の減額可能額に差があることがある

借金減額シミュレーターで表示された診断結果はあくまで目安となり、実際に減額の手続きを行う場合の金額とは異なる可能性があります。

借金減額シミュレーターでは借入金額や返済状況に関して簡単な情報しか入力しないため、実際の結果に差が出てしまうのはしょうがないとも言えるでしょう。

実際の減額できる金額や手続き方法について詳しく知りたい場合は、取引履歴などをしっかりと用意して、弁護士事務所や司法書士事務所に相談する必要があります。

実際に借金を減額するためには弁護士・司法書士事務所に依頼が必要

借金減額シミュレーターを利用するだけでは、借金を減額することはできません。

謝金減額の手続きを行う場合は、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼を行う必要があります。

借金減額シミュレーターを利用すれば、診断結果が表示された後に連絡先を入力することで、手間をかけずに弁護士や司法書士に相談することが可能です。

一度借金について相談したいと考えたことがある方は、借金問題解決のきっかけとして、借金減額シミュレーターを使ってみるのも良いでしょう。

まれに診断料を請求する怪しいサービスもある

借金減額シミュレーターは、無料で利用できるサービスです。

しかし、まれに診断料を請求するような怪しいツールも存在します。

このようなツールは詐欺に近いと考えられるため、利用しないようにしましょう。

また、借金減額シミュレーターでは多くの場合が匿名での利用を可能としています。

本名や生年月日、クレジットカード番号など、必要以上にたくさんの個人情報の入力を求められた場合も注意しましょう。

ライズ綜合法律事務所では、住んでいる都道府県、年齢、メールアドレス、電話番号を入力すれば匿名でも詳しい相談が可能です。

借金減額シミュレーター自体は個人情報を入力しなくても利用できるため、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

借金減額シミュレーターの評判/口コミ

借金減額シミュレーターを利用した人の評判について確認していきましょう。

インターネット上のサイトやSNSなどの口コミで多いコメントをまとめました。

借金減額シミュレーターに関する良い評判

借金減額シミュレーターの良い評判については、以下のようなものがありました。

借金減額シミュレーターに関する良い評判
  • 借金の返済の目処がたった
  • 電話やメールで手軽に相談できた
  • 面談でじっくり相談できて安心した

借金減額シミュレーターを利用することで、返済の目処がたって気持ちが楽になったという口コミが確認できました。

また、手続きを依頼する前に簡単に話を聞きたいという場合、電話やメールでの相談にも対応してくれる場合があります。

気になることや不安なことがあれば相談してみると良いでしょう。

借金問題で悩みを抱えている方にとっては、解決のきっかけとなるツールのようです。

借金減額シミュレーターに関する悪い評判

一方、借金減額シミュレーターについては悪い評判も見つかりました。

借金減額シミュレーターに関する悪い評判
  • 怪しく感じるため利用したくない
  • 借金減額シミュレーターを利用したら電話がかかってきた
  • 弁護士や司法書士に相談すると費用が高額になりそう

SNSなどでは「怪しい」「個人情報が抜き取られる」といったネガティブなイメージを持っている人も多数いました。

また、借金減額シミュレーターを利用したら、弁護士事務所や司法書士事務所から電話がかかってきて困ったという人も見られました。

ただし、この電話は返済状況や借入状況などを詳しくヒアリングするためのもので、必ずしも借金減額の手続きを進めなければいけないというわけではありません。

しっかりとメリット・デメリットに関する話を聞いて判断することができるのは、逆に良いポイントだとも言えます。

また、費用についても気になる場合は相談できるため、無理のない範囲で検討すると良いでしょう。

例えば、ライズ綜合法律事務所では、過払い返還報酬の着手金は免除され、費用のほとんどは戻ってきたお金から支払うことになるのが一般的です。

高額な利息分が戻ってくると考えれば、無理なく費用を支払えるかもしれませんので、まずは借金減額シミュレーターで借入状況をチェックしてみましょう。

借金減額シミュレーターを利用する際の注意点

借金減額シミュレーターを利用する際は以下の点に注意しましょう。

借金減額シミュレーターを利用する際の注意点
  • 信頼できる運営元かどうかを確認する
  • 実際に手続きを行う際は費用が発生する可能性がある
  • 減額できない/あまり効果がない借金もある

信頼できる運営元かどうかを確認する

借金減額シミュレーターの中には、個人情報を抜き取ることを目的としたような悪質なサイトも存在します。

利用する際は、信頼できる運営元かどうかを確認してから使うようにしましょう。

特に、運営元が弁護士事務所・司法書士事務所であるかや、プライバシーポリシーが掲載されているかはチェックするようにしましょう。

また、減額シミュレーション自体に費用を求めてくるツールは怪しいため、利用しないことをお勧めします。

実際に手続きを行う際は費用が発生する可能性がある

借金減額シミュレーター自体は無料で利用できますが、実際に過払い金返還請求や債務整理などの手続きを行う場合は、所定の費用が必要となる場合があります。

例えば、ライズ綜合法律事務所では、それぞれの手続き・相談について以下のように費用を定めています。

手続き内容費用
任意整理着手金(1社あたり):55,000円〜
※ただし、残債務のない債権の調査、過払い請求は着手金を免除
過払金返還請求過払い返還報酬(任意の場合):返還額の22%、過払い返還報酬(訴訟の場合):返還額の27.5%
個人民事再生申立費用等実費:50,000円、着手金:418,000〜528,000円、再生医院費用:150,000円〜
自己破産通信費および申立諸費用:30,000円、着手金:363,000〜473,000円、管財人費用

過払い金返還請求の場合は、返還されたお金の中から報酬を支払うことが大変ですが、通信費や解決報酬などが別途必要となる場合もあります。

減額できない/あまり効果がない借金もある

借金減額シミュレーターを利用したからといって、必ずしも借金を減額できるわけではありません。

消費者金融で借りた借金や、カードローン、キャッシング、リボ払いなどの借金は借金減額できる可能性が高い一方、以下のような借金は借金減額ができないまたは効果があまりない場合もあります。

減額効果が期待できないもの
  • 奨学金
  • 税金
  • 養育費
  • 住宅ローン

これらの借入は借金減額ができないか、そもそも金利が低いため減額の効果がほとんど得られない場合が多いです。

すべての借金について借金減額ができるというわけではない点に注意しましょう。

自分の借金が減額対象になるかを確認してみたい場合は、ライズ綜合事務所の借金減額時ミュレーターをチェックしてみてください。

信頼できる大手法律事務所が運営元のサービスでであり、簡単な質問ですぐに結果が表示されるため、気軽に/安心して試すことができるでしょう。

借金減額シミュレーターに関するよくある質問

借金減額シミュレーターについてよくある質問をまとめました。

借金減額シミュレーターに関するよくある質問
  • 借金減額シミュレーターは合法?
  • 借金減額シミュレーターはなぜ無料で利用できるの?
  • 借金減額シミュレーターを使った方が良い人は?

借金減額シミュレーターは合法?

借金を減額できる、借金をゼロにできる、などと聞くと怪しいサービスではないかと疑ってしまうかもしれません。

ただし、借金減額シミュレーターで診断しているのは、「過払い金返還請求」や「債務整理」といった制度を適用できるかという点です。

これらの制度は国が定めた合法の制度であるため、利用すること自体に全く問題はありません。

国が直接提供しているサービスではありませんが、制度にのっとった手続きを案内するツールなので、「国が認めた」借金減額方法などと呼ばれることもあります。

ただし、実際に債務整理の手続きを行うと、信用情報に事故情報が登録され、傷がつきます。

新しくクレジットカードを作れなかったり、お金を借りられなくなったりするため、実際に手続きをする際はデメリットも十分加味した上で判断しましょう。

借金減額シミュレーターはなぜ無料で利用できるの?

借金減額シミュレーターは、弁護士事務所や司法書士事務所が運営していることがほとんどです。

無料でツールを利用できる理由は、簡単にいうと自分の事務所への依頼を促すためです。

弁護士事務所や司法書士事務所は、診断された情報をもとに、個人に合わせた借金減額の手続きを案内してくれます。

借金があったとしても、いきなり弁護士事務所や司法書士事務所に訪問するというのはハードルが高く感じる方も多いでしょう。

借金減額シミュレーターは、このような人が借金問題を解決するためのきっかけとして提供されているのです。

専門家への相談のハードルを下げ、弁護士事務所や法律事務所に相談しやすくすることで、自分の事務所への依頼を増えるということにつながります。

借金減額シミュレーターは、弁護士事務所や法律事務所にとっての宣伝ツールでもあるため、無料で利用できるようになっています。

借金減額シミュレーターを使った方が良い人は?

10年以上前に借入を開始した人や、現在高い金利で借入を行っている人、複数の貸金業社から借金している人などは、借金減額シミュレーターで借金減額できる可能性が高まります。

反対に、最近借入を開始した場合や、奨学金や住宅ローンなどの低い金利で借入を行っている場合などは、借金を減額できなかったりあまり減額の効果を得られなかったりします。

とはいえ、実際に借金が減額できるかどうかは人によって異なります。

自分の借金が減額できるかどうかが気になる場合は、借金減額シミュレーターを使ってみると良いでしょう。

借金減額シミュレーターの利用だけなら完全に無料で行え、1分もあれば診断が完了します。

借金減額に興味がある場合は、ライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターをチェックしてみてください。

借金減額シミュレーターのまとめ

今回は、借金減額シミュレーターの仕組みやからくり、注意点などについてまとめました。

この記事のまとめ
  • 借金減額シミュレーターは、簡単な質問に答えるだけで減額可能な借金額を診断できるツール
  • 弁護士事務所や司法書士事務所が提供する安全なサービス
  • 基本的に24時間いつでも無料で診断可能
  • 詳しい手続き方法や正確な減額金額を知りたい場合は電話や面談での相談が必要な場合も
  • 法律に基づいて専門家が相談にのってくれるので安心
  • まずは気軽な診断から試したいという場合はライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターをチェックしよう

借金減額シミュレーターは、数問の質問に回答するだけですぐに借金を減額できるかどうかを診断できます。

具体的な手続き方法を詳しく知りたい場合は、専門家である弁護士に相談することも可能です。

まずはライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターをチェックしてみてください。

目次
閉じる