【どっちがおすすめ?】共済と保険、両方の違いを徹底比較!

共済と保険

保険と共済の違いがわからないという人やどちらに加入するのがおすすめかわからない人も多いのではないでしょうか。

どちらも日常生活で起こる様々なリスクに対して保障が受けられるため、加入しておくべき商品です。

しかし、保険と共済のメリット・デメリットは異なるため、どちらに加入するべきかは人によって異なります。

この記事では、保険・共済の違い、メリット・デメリットやどちらに加入するのがおすすめかについて解説していきます。

この記事から分かること
  • 共済とは、各種組合が提供する保険商品
  • 非営利で運営されており、出資した会員が加入できる
  • 掛金が抑えられることや商品がシンプルなことがメリット
  • 保険は民間会社によって提供されているサービス
  • 会員等の制限がなく、加入できる範囲が広い
  • 商品・プランが豊富で比較しながら選べることがメリット
  • 貯蓄が充分あり、最低限の保障内容にしたい場合は共済がおすすめ
  • 万が一の際に手厚い保障が受けたい場合には保険がおすすめ
  • 保険選びの場合にはFPに相談できる保険相談サービスが便利
  • おすすめの保険相談サービスはマネードクター

保険選びの際には豊富な商品から比較する必要があるため悩んでしまう人も多いかもしれませんが、保険相談サービスを利用してFPに相談するのがおすすめです。

特に、マネードクターはスマホから手軽に予約可能で最短翌日から相談できるため、素早く対応してくれます。

また。何度でも無料相談が可能となっているため、じっくり決めたい方は一度公式サイトをチェックしてみましょう。

目次

共済とは

共済とは、JA(農協)、生協、労働組合やJF(漁協)などの各種組合が行なっている保険事業です。

生命保険や損害保険と同様に家、車、人に対して保障が受けられるものがあります。

共済ではそれぞれの組合員が共済に加盟し共済掛金を支払うことで、組合員の誰かが病気になったり事故を起こした際に共済金が支払われます。

したがって、組合員全員で保障金額を蓄えてもしもの際に備える「相互扶助」の形式で保障するのが特徴です。

また、共済はあくまでも組合員とその家族を対象にしているため、組合員以外の人が利用できるわけではありません。

ただし、組合に出資すること誰でも会員資格を持てるため、実際にはほとんどの人が加入資格を満たすことができます。

保険とは

保険とは民間企業である保険会社が提供する、日常生活で起こる様々なリスクに対して保障が受けられる商品です。

主に生命保険会社と損害保険会社があり、生命保険会社では人の病気や怪我に関する保障を、損害保険では家や車などに関する保障を取り扱っています。

保険加入者が保険料を支払うことで、誰かが病気になったり事故を起こした際に保険金が支払われます。

共済のように組合員である必要がなく、不特定多数の人が加入対象者となることが特徴です。

保険と共済の違い

保険と共済には、以下の表のような違いがあります。

種類保険共済
加入条件・出資した組合員・保険会社が定める条件を満たす人
・告知事項などの審査基準を満たす人
運営団体・各種組合・民間企業
対象となる法律・各種組合法
(消費者共同組合法 など)
・保険業法
セーフティネット・保険契約者保護機構制度・なし

ここからは、それぞれの違いについて、詳しく解説していきます。

加入条件が異なる

保険と共済では加入条件が異なるため、自分が利用可能かどうか確かめる必要があります。

例えば、共済では出資金を支払った組合員が加入でき、非会員の場合には加盟できません

一方で、保険の場合には特別な加入資格はありませんが、過去の傷病歴など告知事項を提出し審査に通過する必要があります。

過去の手術歴などの理由で審査に通らなかった場合には保険に加入できないため注意が必要です。

共済も告知事項の提出は必要ですが、引受基準緩和型保障を選択することで告知しなければいけない事項が少なくなるため、保険加入の際に審査に落ちた人でも通る可能性があります。

運営する団体が異なる

保険と共済では、運営する団体や運営目的が異なります。

共済を運営しているのはJA(農協)、生協、労働組合やJF(漁協)などの各種組合です。

組合が共済を提供し組合員同士が掛け金を積み立てて保障するという仕組みを取っており、営利目的で運営していません

したがって、共済は組合員への還元を重視していることがわかります。

一方で、保険を運営しているのは株式会社などの民間企業です。

民間企業が保険という商品を提供し、利益を稼いでいるため営利目的で運用されています。

営利目的で運営されているからといって還元性が悪いというわけでなく、顧客のニーズに合わせて様々なラインナップの商品が提供されていることがメリットです。

対象となる法律が異なる

保険と共済では対象となる法律が異なるため、細かいルールや制限に違いがあります。

まず、共済は各種組合ごとに定められている法律によって制限されることが特徴です。

例えば、JA共済に加入する場合には「農業協同組合法」、生協や労働組合の共済に加入する場合には「消費生活協同組合法」が適用されます。

一方で、保険加入の際に対象となる法律は保険業法です。

それぞれの法律ごとに加入資格や商品のルール、販売方法が異なっていることを覚えておきましょう。

セーフティーネットの有無

共済と保険では、セーフティーネットの有無が異なります

そもそもセーフティーネットとは運営団体が経営破綻に陥った際に保障される社会保障制度です。

セーフティネットがあると万が一運営団体が破綻しても支払った掛金が補填されるため安心できます。

保険の場合には保険契約者保護機構制度によりセーフティネットが用意されていますが、共済にはセーフティーネットがありません。

したがって、万が一共済を提供する組合が破綻してしまった場合には支払った掛金が戻らない可能性があるため注意しましょう。

共済のメリット・デメリット

共済のメリットとデメリットについて、以下の表にまとめました。

メリットデメリット
・掛け金が一定
・シンプルな保障内容・プラン
・保険に比べて商品のバリエーションが少ない
・出資金を支払わないと加入できない

共済はシンプルなプランや保障内容となっている分、細かなニーズに対応しにくいことが特徴です。

また、掛金が抑えられるため、なるべく最低限の費用、保障で抑えたい人に向いています。

ここからは、それぞれのメリット・デメリットについて、深掘りしていきます。

共済のメリット

共済のメリットとしては以下の2点が挙げられます。

共済のメリット
  • 掛け金が一定
  • シンプルな保障内容・プラン

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

掛金が一定

共済は年齢や健康状態に関わらず掛け金が一定となっているものが多いため、月々の出費が抑えられることがメリットです。

また、運営団体が各種組合で営利目的で運営されていないため、保険に比べて掛け金が割安な傾向にあります。

したがって、なるべく月々に支払う掛け金を抑えたいという人は共済に加入するのが適しているでしょう。

シンプルな保障内容・プラン

共済は保険に比べてシンプルな商品が多く、プランや保障内容がわかりやすいことがメリットです。

保険の場合にはプランや商品数が多く、様々な特約がつけられるので、気づかぬうちに無駄な保障内容を付けている可能性があります。

共済の場合はどのような保障が受けられるかわかりやすく、掛け金の設定もシンプルなため商品選びに悩みなくない人に適しているでしょう。

共済のデメリット

共済のデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

共済のデメリット
  • 保険に比べて商品のバリエーションが少ない
  • 出資金を支払わないと加入できない

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

保険に比べて商品のバリエーションが少ない

共済は保険に比べて保障内容がシンプルですが、商品のバリエーションが少ないというデメリットがあります。

加入した共済が自分のニーズを満たしてくれる保障とは限らないため、満足できないことも考えられるでしょう。

近年では共済も商品ラインナップを増やしていますが、保険に比べると見劣りするためなるべく多くの保障を受けたい人に取っては使いにくいです。

出資金を支払わないと加入できない

共済の加入条件となっている出資金は加入前に支払う必要があることがデメリットです。

最低出資金額は数百円程度となっており出資金自体は組合脱退時に返還されることを考えると大きなデメリットではないと思うでしょう。

しかし、加入・脱退の際に出資手続きが必要なことや出資金の返還に時間がかかることもあり手間がかかってしまいます。

出資は組合事業を運営するのに重要な役割となっていますが、ただ保障を受けたい人にとっては面倒に感じてしまうかもしれません。

保険のメリット・デメリット

保険のメリットとデメリットについて、以下の表にまとめました。

メリットデメリット
商品・プランが豊富
保障内容が充実
商品によっては保険料が高くなる
・告知事項など加入条件が厳しい

保険は商品やプラン・保障内容が充実し様々なニーズに応えられる分、保険料の高さや審査条件がネックです。

それぞれのメリット・デメリットについて、深掘りしていきます。

保険のメリット

保険のメリットとしては以下の2点が挙げられます。

保険のメリット
  • 商品・プランが豊富
  • 保障内容が充実

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

商品・プランが豊富

保険はそれぞれの会社が様々な商品・プランを提供しており、最適な商品を選べるのがメリットです。

共済の場合にはプランや商品の幅が少なく、保障が物足りないと感じる人もいます。

また、年齢の経過とともに商品・プランのニーズが変わっていくため、別の商品に乗り換えながら最適な保険を選ぶことが可能です。

保障のニーズは人それぞれであり、各保険会社の商品を比較しながら選びたい人は保険に加入するのが適しているでしょう。

保障内容が充実

保険は商品・プランが充実しているだけでなく、オプションとして保障内容を追加できる「特約」が豊富です。

共済にも特約はありますが保険と比べて種類が少ないため保障内容を充実させたい人は保険が適しています。

ただし、保険の特約は様々な種類がありすぎて選べないという人もいるでしょう。

もし、保障を充実させたいけれど、どの特約を追加したら良いかわからないという人は保険相談のマネードクターに相談することが望ましいです。

マネードクターFP(ファイナンシャルプランナー)資格の保有者に何度でも無料で相談でき、オンライン相談や訪問相談、カフェ等での相談に対応しています。

最短翌日で相談でき、素早い対応がメリットであるため気になる方は公式サイトをチェックしましょう。

保険のデメリット

共済のデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

共済のデメリット
  • 商品によっては保険料が高くなる
  • 告知事項など加入条件が厳しい

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

商品によっては保険料が高くなる

保険はプランや商品が充実しており保障が手厚い分、保険料が高くなる傾向にあります。

特に、特約をつけすぎてしまうと気づかぬうちに高額な保険料となる可能性が高いです。

保険を選ぶ際には無駄な特約や保障内容をつけないようにして月々に支払う保険料を抑えるようにしましょう。

また、定期的に保険の契約状況や保障内容等について見直しを行うことが望ましいです。

保険見直しの際にはマネードクターでFPに相談することで、今より最適な保険が見つかる可能性があります

告知事項など加入条件が厳しい

保険に加入する際には事前に告知書を提出する必要がありますが、告知する事項が共済と比べて多く、審査項目が多い傾向にあります。

保険は共済と異なり営利目的で運営されているため全ての人が保障を受けられるわけではありません。

例えば、過去の傷病歴や手術歴によっては加入を断られてしまう可能性が高いです。

告知事項の審査に通るか不安に感じている方は、告知内容の少ない共済に加入するのが適しています。

ただし、保険の中には引受緩和型商品と呼ばれる保険料を割高にする代わりに告知事項が少ない商品もあるため必要に応じて利用することが望ましいでしょう。

保険の相談をするならマネードクター

最適な保険の選び方や豊富な商品からどのプランを選べば良いかわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか

保険選びや自分に合った商品がわからないという方はマネードクターが役に立ちます。

マネードクターは保険相談ができるサービスで、以下のようなメリットがあります。

マネードクターのメリット
  • 全国どこでも最短翌日で相談可能!

    思い立ったタイミングで予約しすぐに相談できる。予約もスマホ・パソコンから手軽に可能。
  • 保険だけでなくお金の相談にも対応!

    ライフプランに合わせた貯蓄方法や資産運用など、人生に必要なお金について一緒に相談できる。
  • 自宅、カフェ、オンラインなど面談場所を選ばず相談できる!

    全国47都道府県に支社や直営店が存在しており、ライフスタイルや仕事の都合に合わせて柔軟に相談可能。
  • 何回相談しても相談料金はかからない

    納得するまで何回でも利用してOK。契約後のアフターフォローや保険見直しの際も対応してくれる。

全国どこでも相談可能で、出張相談やオンライン相談にも対応しているため使いやすいです。

また、何回でも無料で相談できるため、利用する際のデメリットがありません。

忙しくて相談する暇がないという人でも訪問相談やオンライン相談を利用することで、スキマ時間を活用して保険選びができます。

スマホ1つで手軽に相談予約が可能なため、まずはマネードクターの公式サイトをチェックしてみましょう。

保険と共済はどっちがおすすめ?

保険と共済のメリット・デメリットについて比較していきましたが、結局どちらがおすすめなのかわからない人もいるのではないでしょうか。

保険・共済がおすすめな人は、それぞれ以下のような特徴があります。

共済がおすすめな人・商品や保障内容をシンプルにしたい人
・月々に支払う掛金を抑えたい人
保険がおすすめな人・豊富なプラン、保障内容から選びたい人
・商品選びを相談・比較したい人

ここからは、保険・共済がおすすめな人の特徴について、詳しく解説していきます。

共済がおすすめな人

共済がおすすめな人の特徴は、以下の2点です。

共済がおすすめな人の特徴
  • 商品や保障内容をシンプルにしたい人
  • 月々に支払う掛金を抑えたい人

共済のメリットは保障内容のシンプルさと掛け金の安さが挙げられます。

保障金額や保障内容が少ないというデメリットがありますが、貯蓄でカバーできる場合には問題ないでしょう。

したがって、最低限の保障で充分という人やなるべく支払う掛金を少なくしたいという人は共済に加入することが望ましいです。

一方で幅広い保障内容から選びたいという場合には共済よりも保険が適しているといえるでしょう。

保険がおすすめな人

保険がおすすめな人の特徴は、以下の2点です。

保険がおすすめな人の特徴
  • 豊富なプラン、保障内容から選びたい人
  • 商品選びを相談・比較したい人

保険は共済に比べて商品数・プラン数・特約の豊富さに優れているため、保障内容を充実させたい人向けです。

万が一の際により手厚い保障を受けたいという人は、共済よりも保険に加入するのがおすすめです。

また、保険は種類やプランが多く、最適な商品選びに悩んでしまう方も多いですが保険相談サービスを活用することができます。

保険相談サービスでは提携している保険会社の商品・プランを比較しながら自分のニーズに合った保障内容を提案してくれることがメリットです。

したがって、相談しながら決めたいという人は保険相談サービスを利用するのがおすすめです。

マネードクターでは何度でも無料でFPに相談でき、オンライン相談対応、相談後のアフターフォローも万全のためまずは公式サイトをチェックしてみましょう。

共済と保険の違いまとめ

今回は共済と保険の違いやどちらがおすすめかについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 共済とは、各種組合が提供する保険商品
  • 非営利で運営されており、出資した会員が加入できる
  • 掛金が抑えられることや商品がシンプルなことがメリット
  • 保険は民間会社によって提供されているサービス
  • 会員等の制限がなく、加入できる範囲が広い
  • 商品・プランが豊富で比較しながら選べることがメリット
  • 貯蓄が充分あり、最低限の保障内容にしたい場合は共済がおすすめ
  • 万が一の際に手厚い保障が受けたい場合には保険がおすすめ
  • 保険選びの場合にはFPに相談できる保険相談サービスが便利
  • おすすめの保険相談サービスはマネードクター

共済と保険は運営団体が異なっており、細かなルールや特徴が異なっています。

シンプルかつ最低限の保障で充分な方は共済を、手厚い保障を受けたい方や比較・相談したい方は保険を選ぶのがおすすめです。

また、保険を比較、見直しする際にはマネードクターを活用して専門家に相談すると最適な保険が見つかりやすくなります。

マネードクターでは何回でも無料で相談でき、全国どこでも訪問相談やオンライン相談に対応しているため使いやすいです。

また、保険だけでなく資産運用や将来のお金に関する相談も可能なため、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

目次
閉じる