【7社比較】おすすめの不動産投資会社ランキング!初心者向けの業者は?

不動産投資おすすめ

「不動産投資を始めてみたいけど、どこを選べばいいかわからない…」

こんな悩みを抱えていませんか?

不動産投資は、初心者にはやや敷居が高いイメージがありますよね。

しかし、最近では優れた不動産投資会社も増えてきて、初心者でも不動産投資を始めやすくなってきています。

この記事では、不動産投資会社を選ぶポイントやおすすめの不動産投資会社について、詳しくまとめました。

この記事から分かること
  • 不動産投資会社選びは「信頼度」が重要
  • 少額投資可能&アフターフォローも充実なリノシーがおすすめ
  • 初心者にはワンルームマンション、戸建て、アパートの3つがおすめ

最後まで読めば、自分の投資方針に合った不動産投資会社が見つかるので、ぜひ参考にしてください。

なお、これから不動産投資を始める人はリノシーがおすすめです。

リノシーはワンルームマンションを中心に取り扱っており、比較的小さな金額から不動産投資を始められます。

初心者の人は、ぜひリノシーに登録して不動産投資を始めてみましょう。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

目次

おすすめの不動産投資会社の比較一覧

当記事でおすすめする不動産投資会社は、次の6つです。

不動産投資会社入居率キャンペーン
リノシー99.5%あり
JPリターンズ99.4%あり
おうちのぜんぶなし
トーシンパートナーズ99.7%なし
シノケン98.8%なし
グローバル・リンク・マネジメント99.47%なし
ビルドリ(BUILD-RE)なし

どの不動産投資会社も、入居率はかなり高水準です。

おうちのぜんぶのみ、始まって間もないサービスなので入居率が掲載されていません。

投資額は物件次第で異なるため一概には言えませんが、どの不動産投資会社も少額投資を謳っているため、場合によっては自己資金100万円以下でも投資を始められます。

上記で迷ったら、リノシーがおすすめです

リノシーは、初回面談をするだけで30,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っているため、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

おすすめの不動産投資会社

繰り返しになりますが、おすすめの不動産投資会社は以下の6つです。

どんな人におすすめなのか、それぞれの特長について解説していきます。

リノシー

リノシー
運用会社株式会社GA technologies
資本金72億859万9831円(2021年6月末時点)
入居率99.5%
詳細公式ページ

初心者が投資を始めるにあたり、最もおすすめなのがリノシーです。

リノシーには、主に以下の3つのメリットがあります。

リノシーのメリット
  • AIを活用した不動産評価
  • 充実のアフターサービス
  • アプリから資産管理できる

リノシー最大の特徴は、AIを活用した物件探しです。

不動産情報をデーターベース上に保存し、独自のスコアリングで評価、その後スタッフがおすすめできるものだけを選び抜いて紹介しています。

物件探しだけでなく、入居者の募集やコミュニケーションまで、幅広く対応してくれます。

さらに、アプリから常に所有物件の状況やチャットサポート等が可能なので、忙しい人でも取り組みやすいでしょう。

気軽に不動産投資を始めたい人は、リノシーがおすすめです。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

JPリターンズ

運用会社J.P.Returns株式会社
資本金9,000万円
入居率99.4%
詳細公式ページ

マンション投資をするなら、JPリターンズもおすすめのサービスです。

2002年から事業を行なっている老舗企業で、信頼性も抜群。

入居率も99.4%と非常に高い数字を出しており、実績でも申し分ありません。

今なら、資料請求でAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも開催中ですので、ぜひこの機会に登録してみてください。

おうちのぜんぶ

おうちのぜんぶ
運用会社キャピタルパートナーシップ株式会社
資本金2,500万円
入居率
詳細公式ページ

不動産投資について、細かいことまで相談したい人におすすめです。

おうちのぜんぶは「ほけんのぜんぶ」という保険代理店から生まれたサービスで、不動産のプロだけでなく、ファイナンシャルプランナーから無料でアドバイスを受けられます。

自分の資産状況に応じて最適なプランを知りたい!という人は、おうちのぜんぶを選ぶと良いでしょう。

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ
運用会社株式会社トーシンパートナーズ
資本金10億円
入居率99.7%
詳細公式ページ

実績の多い不動産投資会社がいい、という人におすすめです。

トーシンパートナーズは30年以上の歴史、13,500戸を超える販売実績があるため、実績ベースで選ぶのならちょうど良い会社だと言えるでしょう。

2019年の入居率も99.7%と、業界トップクラスです。

実績のある会社で安心して不動産投資したい人は、トーシンパートナーズが最適です。

シノケン

シノケン
運用会社株式会社シノケンプロデュース
資本金10億9,483万円(2020年12月末現在)
入居率99.7%
詳細公式ページ

自己資金が少ない人は、シノケンがおすすめです。

頭金なしの100%で融資を受けられるため、自己資金が少ない状態から不動産投資を始められます。

実際に、シノケンで投資を始める人の40%が自己資金500万円未満で投資を始めています。

100万円ほどから投資を始められることもあるため、資金が少ない人は、シノケンなら投資しやすいでしょう。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント
運用会社株式会社シノケンプロデュース
資本金5億3500万円 (2021年6月末現在)
入居率99.47%
詳細公式ページ

入居率の高さで選ぶなら、グローバル・リンク・マネジメントが良いでしょう。

6年連続で入居率99%を超える実績を持っています。

さらに、幅広い金融機関と提携しているため、低金利で融資を受けやすいのもメリットです。

また、初心者向けセミナーも開催されており、初めての人でも始めやすい環境が整っています。

ビルドリ(BUILD-RE)

運用会社株式会社エイムプレイス
資本金2千万円
入居率
詳細公式ページ

ビルドリは株式会社エイムプレイスによって運営されている不動産投資会社です。

Panasonicやセキスイハイムなど、国内有数の不動産デベロッパーと提携しているので、不動産投資初心者の方でも安心して投資を始めることができる点が大きな特徴の一つです。

アパートやマンション、賃貸併用住宅からコインパーキングまで幅広い種類を取り扱っているので、色々な物件に投資をしてみたいという方にもおすすめの不動産投資会社となっています。

また、Build-Reマガジンと呼ばれるマガジンを定期的に配信しており、「土地活用、種別ランキング決定版!」や「実際のアパート経営収支を大公開!」など、不動産投資を行っている方に有用な情報を多く配信していることも特徴的です。

おすすめの不動産投資の種類

不動産投資には、主に次のような種類があります。

不動産投資の種類
  • ワンルームマンション投資
  • 戸建て投資
  • アパート投資

それぞれの特徴やメリット、デメリットについて、詳しく解説していきます。

ワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資は、少額から始めたい人におすすめです。

一棟ではなく部屋単位で購入できるため、比較的コンパクトに投資を始めることができます。

メリット

ワンルームマンション投資のメリットは、次の2つです。

ワンルームマンション投資のメリット
  • 少額投資ができる
  • 融資を受けやすい
  • 管理に手間がかからない

ワンルームマンション投資は、棟ではなく部屋単位で投資できます。

一棟買いに比べて必要な額は少なくて済みますし、その分融資も受けやすいでしょう。

マンション全体の管理は、不動産投資会社がやってくれることがほとんどなので、労力も少なめです。

デメリット

ワンルームマンション投資のデメリットは、次の2つです。

ワンルームマンション投資のデメリット
  • リターンが小さい
  • 権限が少ない

ワンルームマンション投資は利回りが小さく、投資資金を回収するには時間がかかります。

また、物件に対する権限が少ないのも欠点です。

建物の修繕やリフォームを行うときも要望を通しにくく、自分で色々と手を出したい人には向いていません。

戸建て投資

戸建て投資は、一軒家を購入して貸し出す投資方法です。

マンション投資よりも必要資金は少ないですが、ワンルームマンション投資よりは資金が必要になります。

アパートやマンションと違い、ファミリー層が主なターゲットです。

メリット

戸建て投資のメリットは、次の3つです。

戸建て投資のメリット
  • 入居期間が長め
  • 管理の手間がかからない
  • 将来的に住むこともできる

戸建ては、一度入居者が決まると入居期間が長くなりやすいため、すぐに空室になったり、こまめに入居者を探したりする必要はありません。

また、住宅の管理も入居者がやってくれるため、管理の手間がかからないのもメリットです。

もちろん、将来的には自分が住んでも良いでしょう。

デメリット

戸建て投資のデメリットは、以下の2つです。

戸建て投資のデメリット
  • 入居者が決まらないと収入はゼロ
  • 初期費用が大きめ

戸建て投資は、マンションやアパートよりも空室リスクが大きいです。

入居者が決まらないと収入はゼロなので、空室にならないよう、立地に関してはよく考える必要があるでしょう。

また、土地ごと購入するため、初期費用も大きめです。

アパート投資

アパート投資は、アパートを土地ごと購入する投資方法です。

マンション投資よりも規模・必要資金は小さいものの、それでも初期投資やリスクはそれなりにある、ということを理解して投資する必要があります。

メリット

アパート投資のメリットは、次の3つです。

アパート投資のメリット
  • 収入がゼロにはなりにくい
  • 利回りが比較的高い
  • 建物がなくなっても土地が残る

アパート投資は、部屋数が多いので収入がゼロにはなりにくいです。

必ずしも入居者が決まるとは限りませんが、もし空室がいくつかあっても、損失を最低限にできます。

入居者数が多いため、利回りも高めです。

また、事故や災害で建物がなくなってしまっても、土地は残るので最低限の価値は維持できます。

デメリット

アパート投資のデメリットは、投資額が高額な点です。

土地と建物を同時に購入するためリスクは相応にあり、入居者がきまらなかったり空室が多かったりしてリターンをしっかり出せないと、苦しくなってしまうことがあります。

そのため、リスク・リターン共に高めだと言えるでしょう。

なお、初心者におすすめなのは「ワンルームマンション投資」です。

リノシーのワンルームマンション投資なら少額から始められて、アフターフォローも充実しているため、初心者には最適だと言えるでしょう。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

不動産投資会社を選ぶポイント

不動産投資会社を選ぶときは、次の4つのポイントを意識しましょう。

不動産投資会社を選ぶポイント
  • 会社の信頼度は高いか
  • デメリットを説明してくれるか
  • アフターフォローが手厚いか
  • 自分に合ったプランを提案してくれるか

それぞれ順番に解説していきます。

会社の信頼度は高いか

不動産投資会社を選ぶポイント1つ目は、会社の信用度です。

不動産投資会社とは、物件選びから管理までずっと関わるので、いい加減な会社を選んでしまうと後悔することになります。

会社の信用度を見極めるためには、次のポイントをチェックしておきましょう。

信用度を見極めるためのポイント
  • 実績
  • 事業規模
  • 資本金
  • 従業員数

上記以外にも、これから説明するポイントも会社の信用度の見極めに役立つので、必ず目を通しておいてください。

デメリットを説明してくれるか

不動産投資会社を選ぶポイント2つ目は、デメリットを説明してくれるかどうかです。

どんな投資にも一定のリスクはあります。いくら事業規模が大きくても、リスクについて顧客に説明したがらない会社は信用に値しないと言えるでしょう。

特に、不動産投資は資産価値の変動や修繕費など、想定外のリスクも多々あります。

不動産投資のリスクを理解し、納得したうえで投資するためにも、デメリットまでしっかり説明してくれる会社を選びましょう。

アフターフォローが手厚いか

不動産投資会社を選ぶポイント3つ目は、アフターフォローです。

不動産投資は物件を購入したら終わりではなく、むしろそこから修繕や管理、入居者の募集など、様々なメンテナンスが必要になります。

アフターフォローのない会社を選んでしまうと、問題が発生したときに対応できなかったり、空室が出て赤字になったりしてしまう可能性が高いです。

特に初心者の人は、アフターフォローまでしっかり行ってくれる会社を選びましょう。

自分に合ったプランを提案してくれるか

不動産投資会社を選ぶポイント4つ目は、自分に合ったプランを提案してくれるかどうかです。

投資をする際には、資産状況に合わせた物件選びが重要です。

投資を強引に勧めたり、顧客の資産を無視して高額な物件を紹介したりする会社は、あまり信用できません。

不動産投資会社の中にも、自社の利益を優先する企業は沢山あります。

紹介した4つのポイントを元に、長く付き合っていける信頼性の高い会社を選びましょう。

不動産投資会社を選ぶポイント
  • 会社の信頼度は高いか
  • デメリットを説明してくれるか
  • アフターフォローが手厚いか
  • 自分に合ったプランを提案してくれるか

なお、上記の条件を踏まえておすすめの会社は「リノシー」です。

リノシーはAIを活用して余計な手数料を省いており、顧客の利益最大化に努めています。

親身になって相談してくれるという口コミも多いため、初心者の人でも安心して投資を始められるでしょう。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

不動産投資とは

不動産投資とは、物件を購入して第三者に貸し出す投資方法です。

投資対象はマンションやアパート、戸建てなど様々ですが、いずれにせよ、上手くいけば継続的な収入を得ることが可能になります。

また、他の投資方法と違って不動産や土地という財産を持てるのも特徴です。

もし上手くリターンが出なかったり、建物が古くなったりした場合、売却して利益を出すこともできます。

なお、不動産投資が初めての人はリノシーがおすすめです。

ワンルームマンション投資なのでリターンは小さめですが、少額から始められます。

不動産投資で不労所得を得られるようになりたいという人は、リノシーに登録すると良いでしょう。

\ 今だけ5万円相当もらえる /

不動産投資に関するQ&A

この項では、不動産投資に関する質問をまとめました。

不動産投資によくある質問
  • 資金はどれくらい必要?
  • 管理にどれくらい時間がかかる?
  • リスクはどれくらいある?

資金はどれくらい必要?

不動産投資は、500万円以下の自己資金でも始められます。

最近では100%借り入れで投資できる不動産投資会社もあるため、少額からでも始めやすくなっています。

とはいえ、頭金なしでの借り入れはリスクが高いので注意です。

金利が変動したり、賃料が変わったりして上手く返済できなくなる可能性もあるため、借り入れ後は繰上げ返済などで極力早く返済しましょう。

管理にどれくらい時間がかかる?

管理にかかる手間は、投資する対象によってまちまちです。

とはいえ、最近では物件の管理や入居者募集など、アフターフォローに優れた不動産投資会社も多いため、この点に関してはあまり心配は要りません。

取れる時間が少ない人は、最後までしっかりサポートしてくれるような不動産投資会社を選びましょう。

リスクはどれくらいある?

不動産投資にもリスクはありますが、投資対象によって様々です。

始めて不動産投資を始める人はワンルームマンション投資など、少額から始められる投資方法がおすすめです。

アパートや一戸建てなどは初期投資額が大きい分リスクも大きく、資金量が少ないと破綻してしまうリスクもあります。

おすすめの不動産投資まとめ

不動産投資とは、物件を購入して第三者に貸し出す投資方法です。

投資にはある程度リスクが伴うので、初めて不動産投資を行う人は、信頼できる不動産投資会社を選ぶようにしましょう。

初心者におすすめの不動産投資会社は、次の6つです。

上記のどれかで迷ったら、リノシーが最もおすすめです。

リノシーは、必要な資金額の少ないワンルームマンション投資がメインです。

比較的リスクが小さく、アフターフォローも充実しているので、安全に不動産投資を始められます。

さらに、今なら初回面談だけで30,000円分のamazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

今から不動産投資を始める人は、ぜひリノシーで面談を申し込んでみてください

\ 今だけ5万円相当もらえる /

目次
閉じる