SUUMO売却査定の評判・口コミは?デメリットや始め方について解説!

SUUMO売却 評判

不動産の価格を査定してくれるサービスが多くある中、大手企業リクルートが運営している「SUUMO売却査定」が人気を集めています。

不動産査定サービスの利用を検討している人は、SUUMO売却査定の評判などが気になるところでしょう。

この記事では、SUUMO売却査定のメリット・デメリットや利用者の口コミを解説していきます。

他の不動産一括査定サービスとの比較も紹介しているので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事で分かること

SUUMO売却査定は国内最大級不動産サイト「SUUMO」が提供する売却査定サービス
・絞り込み機能を有効に活用することでニーズにぴったりの不動産会社に査定依頼ができる
SUUMO売却査定には「すぐに購入希望者からの連絡があった」などという口コミが寄せられている
・査定依頼を出す不動産会社を選ぶ際には「業者の得意分野」「地域における実績」をチェック
・媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があることを把握しておく

SUUMO売却査定は、認知度が高い不動産サイト「SUUMO」が提供しているサービスであるため実績や情報量が圧倒的に充実しています。

不動産会社からの営業電話の心配もなく絞り込み機能なども使えるので、初めて査定依頼をする人でも安心して始めることができます。

不動産の売却査定を依頼したい人は、SUUMO売却査定を利用することをおすすめします。

\ かんたん60秒入力! /

目次

SUUMO(スーモ)売却査定とは?

まず始めに、SUUMO売却査定に関する基本的な情報を紹介していきます。

利用を検討している人は、サービスの概要を把握して特徴を押さえておきましょう。

国内最大級不動産サイト「SUUMO」の売却査定サービス

SUUMO売却査定」は、株式会社リクルートが提供する不動産総合サイト「SUUMO」の売却査定サービスです。

売却査定サービスとは…

売却したい不動産がどれくらいの金額になるのかを不動産会社に査定してもらえるサービス。
サービスに登録されている不動産会社の中から、自分の不動産の売却の仲介に適した会社を選ぶことができる。

SUUMO売却査定は、売却したい不動産の情報を入力することで無料査定をしてくれる不動産会社を選ぶことができます。

ご自身が売却を予定している不動産のおおよその相場が把握できる上に、売却の仲介を依頼する会社も見極めることができるので不動産の売却を検討している際には欠かせないサービスです。

不動産会社・売却実績に関する圧倒的な情報量

SUUMO売却査定の大きな特徴として、情報量が他の不動産査定サービスと比べても圧倒的であるという点が挙げられます

テレビコマーシャルなどの影響により不動産サイトとしての「SUUMO」の認知度は非常に高く、利用者数も多くなっています。

登録している不動産会社も大手不動産から地元に強い不動産会社まで、約2,000店舗と全国を網羅しています。

多くの人が不動産の売買を行おうとするとき、「名前を聞いたことがある」という点でSUUMOを選ぶケースは少なくありません。

そうした理由から不動産売却の実績も十分で、情報が集まっていることも大きな特徴です。

登録不動産会社数の多さや豊富な売却実績がある点が、SUUMO売却査定の特徴となっています。

\ かんたん60秒入力! /

SUUMO売却査定のメリット

次にSUUMO売却査定のメリットを紹介します。

【SUUMO売却査定のメリット】

・絞り込みでニーズに合った査定依頼先を選べる
・不動産会社の過去の売却事例が確認できる
・SUUMO上で売却予定の広告を掲載できる
・不動産会社からの営業電話の心配がない

それぞれ順番に解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

絞り込みでニーズに合った査定依頼先を選べる

SUUMO売却査定の大きな特徴として、査定依頼ができる不動産会社の「絞り込み機能」を利用することができる点が挙げられます。

絞り込みを活用して不動産会社を選ぶことができるため、ご自身のニーズに適した査定依頼先を選ぶことが可能です。

「安心して任せられる」「専門的な相談ができる」「サービスが充実している」という3つの項目から絞り込むことができます。

特に「地元の実績多数」「相続の相談可」など、人によって重要視するポイントは異なります。

そうしたニーズに応えた不動産会社を選ぶことができる点が、SUUMO売却査定の大きなメリットです。

不動産会社の過去の売却事例が確認できる

査定を依頼する際には、その不動産会社の過去の売却実績が気になるところでしょう。

SUUMO売却では、査定を依頼する前に過去の売却実績を確認することができます。

売却を検討している不動産の地域での実績や、その地域で不動産を購入を希望している人がいるかどうかを把握することが可能です。

さらに細かく見ると、売却実績がある不動産の種類や売却価格、担当者や築年月などまでチェックすることができます。

事前に査定依頼する不動産会社の実績を確認できる点が、SUUMO売却査定のメリットとなっています。

SUUMO上で売却予定物件の広告を掲載できる

不動産の売却査定をした後に実際に売りに出す場合、買い手を探すための広告活動が重要となります。

「買い手が見つからずに不動産が売れない」というケースも少なくないため、どのように物件を宣伝していくかは売却の結果を大きく左右します。

SUUMO売却査定を利用して不動産の売却を行うと、「SUUMO」に物件を掲載することが可能です。

国内最大級の不動産サイト「SUUMO」は、不動産の購入を検討している人の多くが目にするため、非常に買い手が見つかりやすくなります。

購入希望者が多く集まる不動産サイトに掲載できる点も、SUUMO不動産の重要なポイントとなっています。

不動産会社からの「営業電話」の心配なし

サービスを使って売却査定を依頼する場合、不動産会社からの営業電話がかかってくることを心配する人の多いかと思います。

しかしSUUMO売却査定を利用すると、営業電話の心配はありません。

仮に不動産会社がしつこい営業電話をかけてしまった場合、SUUMO売却にクレームが入ってしまい、提携を解除されてしまう可能性があります。

国内最大級の不動産サイトとの提携を解除されることは、不動産会社にとっても大きなマイナスになるので、悪質な電話をかけることはしないと考えられるでしょう。

面倒な営業電話がかかってこないという点も、SUUMO売却査定のメリットと言えるでしょう。

\ かんたん60秒入力! /

SUUMO売却査定のデメリット

SUUMO売却査定のメリットが多い一方で、デメリットも存在していることを押さえておきましょう。

【SUUMO売却査定のデメリット】

・どの不動産会社に依頼するか自分で選ぶ必要がある
・査定依頼ができない大手不動産会社がある
・絞り込み機能が使いにくい

それぞれ順番に解説していきますので、利用する前に把握しておきましょう。

どの不動産会社に依頼するか自分で選ぶ必要がある

SUUMO売却査定は、査定を依頼する不動産会社をご自身で選ぶ必要があります。

登録されている不動産会社は全体で約2,000店舗と非常に多く、そこから選ぶとなると手間がかかると考える人も多いでしょう。

絞り込み機能などを上手く活用しないと、数ある不動産から選ぶだけで一苦労をなってしまいます。

依頼する不動産会社を選ぶ際には、自分で選ぶ手間がかかるというデメリットがあることを把握しておきましょう。

しかし、多くある不動産会社の実績を比較検討した上で選ぶことができると考えることもできるため、自分の目でじっくり見比べたい人にとっては適した査定サービスであると言えます。

査定依頼できない大手不動産会社がある

SUUMO売却査定に登録されている不動産会社には、大手である「東急リバブル」や「三井のリハウス」などが含まれていません。

なぜならこれらの大手不動産会社は、共同で「すまいValue」という不動産一括査定サービスを運営しているため、他の売却査定サービスには登録していないためです。

したがって一部の大手不動産会社は、「すまいValue」以外の売却査定サービスで利用することはできません。

もし、「東急リバブル」などの大手不動産会社に査定を依頼したい場合は、「すまいValue」と合わせて利用すると良いでしょう。

絞り込み機能が使いにくい

他の売却査定サービスが提供していない「絞り込み機能」ですが、少し利用しにくいというデメリットがあります。

機能が使いにくい理由として、絞り込みによる検索で「同じ不動産会社の違う支店」がヒットしてしまうことが挙げられます。

同じ不動産会社が表示されるために、重複して査定依頼を出してしまうケースも少なくありません。

地元の実績が多数ある不動産会社で絞り込むなどして、支店が重複しないような工夫をする必要があると言えるでしょう。

\ かんたん60秒入力! /

SUUMO売却査定と他の一括査定サービスを比較

SUUMO売却査定と他の査定サービスの比較内容を一覧表で紹介します。

スクロールできます
不動産売却査定サービス登録不動産会社数一度に依頼できる不動産会社数取扱不動産の種類詳細
SUUMO売却査定約2,000店舗10社
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります
・マンション
・一戸建て
・土地
公式ページ
すまいValue6社最大で6社・マンション
・一戸建て
・土地
・その他
公式ページ
いえかつLIFE約500社最大で6社・マンション
・一戸建て
・土地
・相続で生じた物件
・農地
・金銭的な事情が絡む物件など
公式ページ
おうちクラベル15社最大で15社・マンション
・一戸建て
・土地
・収益用一棟アパート・マンション
・収益用一棟店舗・事務所
・収益用区分マンション
公式ページ
マンションNavi約2,500店舗最大で9社
(売買6社+賃貸3社)
・マンション特化公式ページ

不動産売却査定サービスはそれぞれに特徴があり、登録会社数が多く選択肢が豊富なサービスもあれば、厳選された不動産会社の中から選ぶことができるサービスもあります。

サービスをそれぞれしっかり比較して特徴を把握し、ご自身に適した不動産売却査定サービスを選ぶようにしていきましょう。

SUUMO売却査定の評判・口コミ

SUUMO売却査定を実際に利用した人の評判・口コミを紹介します。

良い評判と悪い評判をそれぞれ紹介していくので、これから利用しようと考えている人はぜひこちらを参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

自宅の査定とか 業者にお願いしなくても、SUUMOとか競売サイト見てればある程度感覚身につく。

引用:Twitter

私は、SUUMOで一括して賃貸査定を依頼。 複数の不動産会社からメールが来たのでやり取りし、3社くらいに家を見てもらって見積りを出してもらいました。 その中から1社選び、賃貸に出すことを前提としたリフォームも(提携会社から)提案してもらいました。 6年前ですが。

引用:Twitter

売却予定の我が家、昨日からSUUMOやらに掲載されて、早速来週内覧希望の連絡が。 引き渡しは来年って載せてるしまだまだ来ないだろうと散らかり放題。 クローゼットの中も見られるから隠せない
何から手をつけて良いか分からずかれこれ3時間近く座ったまま

引用:Twitter

SUUMO売却査定を利用して見積もりを出してもらい、実際に不動産会社からの提案してもらった人の口コミが寄せられています。

また、「SUUMOに掲載された途端に購入希望者からの連絡があった」という人もいました。

どちらも前向きな評判が寄せられており、SUUMO売却査定を利用することによるメリットは大きいと考えられます。

\ かんたん60秒入力! /

悪い評判・口コミ

SUUMOだと一括査定対象外地域と… そんなのあるんだ。 アットホームで2社あった。そこに出した。 たぶん売れないはずなので、営業マン申し訳ない。

引用:Twitter

売却依頼を受けている物件の査定金額の妥当性を検討するために、再度、近隣調査をしてみた。そうしたら、レインズ未掲載でもsuumoは掲載されている…そんな物件が驚くほど多かった。何度でも言うけど、物件の囲い込みが多すぎる今の不動産業界は絶対におかしい。

引用:Twitter

一方ネガティブな評判としては「一括査定の対象外地域だった」「物件の囲い込みが見受けられる」というものがありました。

囲い込みとは…

売主に依頼された売却物件を他の不動産会社に契約させないように、意図的に隠したりすること。
仲介手数料を売り手と買い手の両方から受け取るために独占しようとする悪質な行為。

すべての不動産会社がそうしている訳ではないでしょうが、一部囲い込みをしている不動産会社が見受けられるという点には注意しておく必要があります。

ぜひ参考にしてご自身に適した不動産会社を選ぶようにしましょう。

SUUMO売却査定の始め方

それでは次に、SUUMO売却査定の始め方について解説していきます。

ステップごとに解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ かんたん60秒入力! /

公式サイトで査定依頼をスタートする

まず始めにSUUMO売却査定の公式サイトに行きます。

SUUMO売却 査定依頼

「①物件の種別」「②物件の所在地」を入力し、「無料査定依頼スタート!」のボタンをクリックします。

査定情報を入力する

次に査定依頼のページに移り、査定情報を入力します。

SUUMO 査定情報入力

【入力が必要な査定情報】

・物件タイプ
・物件の所在地
・物件の間取り
・専有面積
・築後年数

これらの情報を入力したら、「お客様情報の入力へ進む」ボタンをクリックします。

お客様情報の入力

次にご自身の名前、住所などを入力するページに移ります。

SUUMO お客様情報

【入力する個人情報】

・名前
・住所
・連絡先(メールアドレス・電話番号のどちらか)
・問い合わせ内容(「まずは簡易査定してほしい」「とにかく急いで売却したい」など)

これらの情報を入力したら「査定依頼をする会社を探す」というボタンをクリックします。

査定依頼をする会社を選ぶ

ここまで情報を入力すると、査定依頼ができる不動産会社がいくつか提示されます。

SUUMO 査定依頼先

これらの不動産会社の中から依頼したい会社を選び、査定の依頼に進みます。

最後に入力した情報をすべて確認し、問題がなければ「査定依頼」というボタンをクリックすると依頼が完了します。

その後メールなどで机上査定の結果が届き、詳細な査定内容や根拠については書類などで郵送されることになります。

ご自身に適した不動産会社を選んで、マンションの売却査定に進みましょう。

\ かんたん60秒入力! /

SUUMO売却査定に関するよくある質問

SUUMO売却査定に関して多く寄せられる質問についてまとめました。

もし気になることがある人は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

査定依頼を出す不動産会社を選ぶポイントは?

物件の査定を依頼する不動産会社を選ぶ際には、「業者の得意分野」と「地域における実績」の2つをチェックしておきましょう。

不動産会社にはそれぞれ得意分野があり、「マンションの売却に強い業者」や「事業用の物件の売買に長けている業者」などさまざまなケースがあります。

ご自身が売却したい物件と依頼する業者の専門分野が一致しているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

また売却したい物件の地域における実績なども重要です。

大手企業だから必ず良いというわけではなく、地域に強い中小不動産などもあります。

じっくり実績を比較して、その地域に強い不動産会社を選ぶようにすることをおすすめします。

SUUMO上での物件情報掲載にはお金がかかる?

SUUMO上に売却したい物件を掲載する場合、広告料金を支払う必要があります。

実際の金額についてはSUUMOサイト上では公表されていませんが、掲載することによって料金が発生する仕組みを取っています。

基本的に大きな広告や目立ちやすい広告は値段が高く、掲載期間が長くなるほど料金は上がっていきます。

掲載後の物件への反応と広告に使える予算をしっかり検討して、効果的な物件掲載を行えるようにしておくと良いでしょう。

媒介契約の種類と違いは?

不動産業者が物件の売り手(もしくは買い手)から依頼を受けて、買い手(もしくは売り手)を探す「媒介契約」には、大きく分けて3つの種類があります。

【媒介契約の種類】

・一般媒介契約
・専任媒介契約
・専属専任媒介契約

それぞれ特徴が異なるので、表にまとめました。

スクロールできます
一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
同時に複数の業者に依頼××
自己発見取引×
契約の有効期間規則なし3ヶ月以内3ヶ月以内
依頼者への業務処理状況の報告義務なし2週間に1回以上1週間に1回以上
指定流通機構(レインズ)への登録義務なし休業日を除いて契約日から7日以内休業日を除いて契約から5日以内

一般媒介契約の場合、自分で買い手を発見したり他の業者に同時依頼することができる一方で、業者が営業活動を積極的に行わない可能性もあります。

専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合は、他の業者への依頼が制限されていたり契約の有効期間が定められていたりするなど規則があることに注意しておきましょう。

それぞれの特徴をしっかり把握して、ご自身に適した媒介契約の種類を検討することが大切です。

SUUMO売却査定の評判・口コミまとめ

この記事では、SUUMO売却査定の特徴やメリット・デメリット、口コミなどを紹介しました。

この記事のまとめ

SUUMO売却査定は不動産会社や売却の実績に関する情報量が圧倒的
・国内最大級の不動産サイト「SUUMO」に売却予定の物件を掲載することも可能
「東急リバブル」「三井のリハウス」には査定依頼できないので「すまいValue」との併用がおすすめ
・売却査定を依頼する不動産会社を選ぶ際には「囲い込み」に注意が必要
SUUMOに物件を掲載するときには希望者からの反応と予算を踏まえて効果的な広告掲載を考える

SUUMO売却査定は、「絞り込み機能が利用できる」「過去の売却事例を確認できる」などのメリットがあります。

口コミでもSUUMO売却査定で依頼をした人の声が寄せられており、便利なサービスであることが見て取れます。

不動産の売却を検討している人は、ぜひSUUMO売却査定を利用してみてはいかがでしょうか?

\ かんたん60秒入力! /

目次
閉じる