マンション売却をする際の注意点とは?税金・費用についても解説!

マンション売却

初めてマンションを売却しようと考えている人は、取引の流れや注意点を把握しておく必要があります。

なぜならマンションの売却は失敗するケースも多く、後々になって後悔してしまう可能性が十分にあるためです。

この記事では、マンション売却の流れや失敗例、注意点を解説していきます。

また、マンション売却におすすめの不動産査定サービスについても合わせて紹介していきます。

ぜひ記事を参考にしてマンション売却の不安を解消しておきましょう。

この記事から分かること

・マンションの売却は「希望スケジュールで売却できない」「住宅ローンが完済できない」という失敗例がある
・売却する際の仲介会社は「査定価格だけ」で選ばずに金額の根拠を確認する
マンション売却におすすめの不動産一括査定は「SUUMO売却
・売却する前のリフォームは基本的に不要

マンションの売却価格を査定してもらうなら、「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却は、国内最大級不動産サイト「SUUMO」が提供する売却査定サービスで「絞り込み機能」を活用してご自身のニーズに適した不動産会社を選ぶことができます。

マンションの売却を検討している人は「SUUMO売却」の公式サイトを確認してみてください。

\ かんたん60秒入力! /

目次

マンション売却に失敗する人は多い

マンションの売却を検討する前に、「失敗した」と感じている人が多いことに注意しておきましょう。

インターネットのマンション売却の体験談をチェックしてみると、以下のような失敗談が寄せられていることが多いです。

【マンション売却の失敗談】

・不動産会社選びに失敗して、売却が上手くいかなかった
・スケジュールの見通しが甘く、希望したタイミングで売却できなかった
・税金の支払いについて理解していなかった

これらの失敗を把握しておかないと、納得のいくマンション売却を行うことが難しくなります。

失敗しないためにも、マンション売却の流れや注意点を把握しておきましょう。

マンション売却の流れ

マンションを売却するにあたっての流れを確認しておきましょう。

マンション売却の流れ

①不動産会社で売却できる金額を査定
②売買の仲介をしてもらう不動産会社と媒介契約を締結する
③マンションの売却活動
④売買の条件交渉
⑤マンションの売買契約
⑥決済・引き渡し

一般的に、売り出し前(①〜②)の期間がおよそ2〜3週間程度、売り出し中(③〜④)の期間がおよそ2〜3ヶ月程度、売り出し後(⑤〜⑥)の期間が1ヶ月程度となるため、マンションの売却は最短でも4ヶ月ほどかかってしまうことを押さえておきましょう。

\ かんたん60秒入力! /

マンション売却の失敗例

マンションの売却に関する4つの失敗例を紹介していきます。

【マンション売却の失敗例】

・査定価格が高い不動産会社で売却失敗
・希望する販売スケジュールで売却できない
・売却するタイミングを誤り、税金の支払いが増えた
・住宅ローンが完済できない

それぞれについて解説していきますので、しっかりチェックしておきましょう。

査定価格が高い会社で売却失敗

マンションを売却する場合、初めに不動産会社に査定依頼をすることになります。

通常はひとつの不動産会社ではなく、比較するために複数の不動産会社に査定依頼を出してマンションの売り出し価格を決定します。

しかし不動産会社が算出した査定額は、「これくらいの金額で売れるだろう」と見込み金額を提示しているだけであるため、必ず希望した金額で売り出せるわけではありません。

例えば、A社が「4,000万円」、B社が「3,500万円」、C社が「3,800万円」の査定が出されると、どうしてもA社の査定で売り出したくなります。

しかし、購入する人の立場に立つと高ければ高いほど購入のハードルが高くなるため、売り出しにくくなります。

場合によっては、自社に販売活動を任せてもらうために相場より高い査定額を提示される可能性もあります。

そのため「査定額が高い」という理由だけで不動産会社を選んでしまうと、売却に失敗してしまうケースがあります。

もしマンションの査定を参考にするのであれば、金額ではなく「その査定額になった根拠」を大切にしましょう。

希望販売スケジュールで売却できない

マンションの売却は、「希望するスケジュール通りに進められない」という点にも注意しておきたいです。

買い手が見つかるまでに時間がかかったり、条件交渉が長引いたりしてしまうケースは十分にあります。

事前に組んだスケジュールよりも時間がかかってしまう可能性を把握しておく必要があります。

一般的には売却まで最短で4ヶ月、長引けば半年以上かかってしまうことがあることを押さえておきましょう。

\ かんたん60秒入力! /

売却する時期を誤り税金の支払いが増えた

マンションは売却するタイミングによって課税額が異なるため、「支払う税金が増えてしまった」という失敗もよくあります。

マンションを売却すると、得た利益に対して「譲渡所得税」が課せられます。

譲渡所得税の内訳は以下の3種類です。

【譲渡所得税】

・所得税:個人の所得に対してかかる国の税金
・住民税:個人の所得に対してかかる地方の税金
・復興特別所得税:東日本大震災の復興のためにかかる国の税金(2037年まで課税)

これらの税金は、「マンションの売却代金−手数料・購入費用」で算出される「譲渡所得」に税率を掛けて計算します。

所有期間が5年以下だと「短期譲渡所得」、5年を超えると「長期譲渡所得」となり、税率はそれぞれ異なります。

スクロールできます
所得税住民税復興特別所得税税率合計
短期譲渡所得(5年以下)30%9%0.63%39.63%
長期譲渡所得(5年超え)15%5%0.315%20.315%

所有期間が5年を超えると税金の支払いが少なくて済むので、所有期間は必ず確認しておくようにしましょう。

また、所有期間は売却した年の1月1日を基準とします。

例えば2021年9月1日に購入したマンションを2026年9月1日に売却しても、売却の基準日は2026年1月1日なので「短期譲渡所得」となることに注意が必要です。

住宅ローンが完済できない

マンションの売却の際には、住宅ローンが完済できないというケースも見受けられます。

基本的に、住宅ローンが残っている状態ではマンションを売却することはできません。

これまで返済してきた金額とマンションの売却代金を合わせても住宅ローンが完済できない場合は、マンションが売却できないという失敗が考えられます。

「住宅ローンの残高を把握していなかった」「売却代金で完済できない」という失敗があることを把握しておきましょう。

\ かんたん60秒入力! /

マンション売却の注意点

失敗例を踏まえ、マンション売却における注意点を確認しておきましょう。

【マンション売却の注意点】

・一括査定で相場を把握して価値相応の値段を設定する
・仲介会社は「査定価格だけ」で選ぶことなく査定の根拠を確認する
・売却にかかる費用や税金を理解する
・住宅ローンの残高を把握しておく

それぞれの注意点について解説していきます。

一括査定で相場を把握し価値相応の値段を設定する

マンションの査定額を出す場合、一括査定で複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。

一括査定とは…

売却したいマンションの情報を入力すると、複数の不動産会社から査定をしてもらえるサービスのこと。
条件が良い不動産会社を選んで、売却の媒介を依頼することができる。

一社への依頼だけではマンションの価格相場が把握できません。

自分が所有しているマンションの価格相場を把握しておかないと、売却で損をしてしまったり、高値をつけてしまって売れなかったりという失敗をしてしまいます。

「損をしない適正な価格で売りたい」「早く買い手を見つけたい」という人は、一括査定で相場を把握した上で適正な価格設定を行うようにしましょう。

マンション売却の一括査定には、絞り込み機能で査定依頼ができる不動産会社の選択ができる「SUUMO売却」がおすすめです。

査定を依頼する前に過去の売却実績を確認することができるため安心して利用できるでしょう。

\ かんたん60秒入力! /

仲介会社は「査定価格だけ」で選ばず査定の根拠を確認する

マンションの売却を媒介してくれる仲介会社を選ぶ際には、提示される「査定価格だけ」で選ばすに査定額の根拠を確認しておきましょう。

すでに紹介した通り、不動産会社が提示する査定価格は「この金額で売れるだろう」という見込みの金額です。

必ず売れるという保証はなく、価格によっては買い手が付かないケースも十分にあり得ます。

さらに「自社に仲介を任せてもらいたい」という考えから、査定価格を高めに提示する業者がいる可能性も少なくありません。

複数の査定を提示されると、どうしても査定価格が高い業者を選んでしまいたくなりますが、査定の根拠を確認することが重要です。

特に他社の査定と比べて、高めの査定価格を提示してきた業者に対しては、しっかり納得のいく根拠があるのかを確認しておくようにしましょう。

売却にかかる費用や税金を理解する

不動産を売却する際の出費は少なくないため、どのような費用や税金がかかるのかを事前に理解しておく必要があります。

マンション売却にかかる費用は、主に以下のようなものが挙げられます。

【マンション売却にかかる費用】

・不動産会社への仲介手数料
・引っ越し費用
・ハウスクリーニング代
・所有権移転登記などの「登記費用」

こうした費用がどれくらいになるのかを事前にきちんと把握しておきましょう。

また、税金は以下のような項目で課税されます。

【マンション売却にかかる税金】

・印紙税
・登録免許税
・所得税
・住民税
・復興特別所得税

印紙税」「登録免許税」については、マンションの売却で利益が出ていなくても課税される税金です。

マンション売却にかかる費用や税金については、あらかじめ把握して準備しておきましょう。

住宅ローンの残高を把握する

マンションの売却をする前に、住宅ローンの残高を把握しておくことが大切です。

住宅ローンが残っていても売りに出すことは可能ですが、マンションを売却して引き渡すためにはローンの完済が必要です。

なぜなら住宅ローンは、不動産を担保にして抵当権が設定されているケースが大半であるためです。

抵当権とは…

住宅ローンなどでお金を借りた後、借りた人が返済できなくなってしまった場合に土地や建物を担保にできる権利のこと。お金を貸している人は、返済されない場合に物件を競売にかけることができる。

仮に抵当権が設定されているマンションを購入した場合、前の所有者がローンを返済できなくなってしまうと、マンションが差し押さえられてしまいます。

そのため抵当権の設定を外すためにも、住宅ローンは完済してから引き渡さなければなりません。

「住宅ローンはどれくらい残っているのか」「売却した代金でどれくらいローンを返済できるのか」という点を押さえておきましょう。

マンション売却一括査定サービス比較一覧表

マンションの売却の際におすすめの不動産一括査定サービスを紹介していきます。

スクロールできます
サービス名登録不動産会社数一度で依頼できる会社数運営会社詳細
SUUMO売却約2,000店舗最大10社株式会社リクルート公式ページ
すまいValue6社最大6社すまいValue事務局
・小田急不動産株式会社
・住友不動産販売株式会社
・東急リバブル株式会社
・野村不動産ソリューションズ株式会社
・三井不動産リアルティ株式会社
・三菱地所ハウスネット株式会社
公式ページ
いえかつLIFE約500社最大6社株式会社サムライ・アドウェイズ公式ページ
マンションNavi約2,500店舗最大9社
(売買6社+賃貸3社)
マンションリサーチ株式会社公式ページ
おうちクラベル15社最大15社SREホールディングス株式会社公式ページ

マンション売却におすすめの一括査定サービス

サービスを順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

SUUMO売却

サービス名SUUMO売却
登録不動産会社数2,000店鋪
一度で依頼できる会社数最大10社
運営会社株式会社リクルート
詳細公式ページ

大手企業「リクルート」が運営している「SUUMO」は不動産一括査定サービスを提供しており、マンションの査定を検討している人におすすめです。

SUUMOは認知度が非常に高いサービスであり、全国2,000店舗を網羅しています。

最大で10社に同時依頼できることにより、大手から地元に強い会社まで幅広い不動産会社に一括で査定を依頼できる点が大きなメリットです。

さらにSUUMOを利用して不動産会社と契約すると、SUUMOに掲載することができます。

不動産売買としては圧倒的に知名度が高いSUUMOに物件を掲載できるため、買い手が見つかりやすい点も大きなメリットです。

一般に広く認知されているサービスを有効に活用したい人は、SUUMO売却を利用することをおすすめします。

\ かんたん60秒入力! /

すまいValue

すまいValue_top
サービス名すまいValue
登録不動産会社数6社
一度で依頼できる会社数最大6社
運営会社すまいValue事務局
・小田急不動産株式会社
・住友不動産販売株式会社
・東急リバブル株式会社
・野村不動産ソリューションズ株式会社
・三井不動産リアルティ株式会社
・三菱地所ハウスネット株式会社
詳細公式ページ

不動産の一括査定を依頼するのであれば、大手不動産会社から査定を出してもらえる「すまいValue」がおすすめです。

すまいValueは、大手不動産会社6社が共同で運営を行なっている一括査定サービスです。

多くの不動産会社が登録されているサービスは選択肢が多いというメリットがありますが、一方で大手不動産会社6社が厳選されている「すまいValue」は安心して査定を依頼することができます。

実際、利用者へのアンケートで「安心感がある」と回答した割合は96.3%となっています。
※2019年4月1日~2022年1月31日にすまいValueで媒介したお客様を対象に行ったアンケート結果(有効回答数930件)

信頼できる複数の大手不動産会社に依頼して、マンションの相場を査定してもらえる点が大きなメリットです。

そして売却実績が多いことも「すまいValue」の魅力です。

2021年度における成約件数は6社合計で12万件以上となっており、査定や売却の実績は十分です。
※ 2021年4月~2022年3月末の実績

安心して不動産会社に依頼したい人は、すまいValueで一括査定を利用することをおすすめします。

\ カンタン60秒入力/

住友不動産販売【PR】

住友不動産販売
サービス名住友不動産販売
店舗数全国249店鋪
年間取扱件数38,000件以上 ※
運営会社住友不動産販売株式会社
詳細公式ページ
※2021年度の実績

住友不動産販売は全国249店舗でサービスを展開する大手不動産会社です。

全国に支店があるため地域ごとの事情に詳しく、地方に住んでいる人でも安心して相談することができます。

また、住友不動産販売には「建物保証」や「相続診断」、「マンションおそうじ」といった様々なサービスを利用することができます。

さらに、マンツーマンの営業体制を導入しているためお問い合わせから広告戦略や契約、アフターフォローまでしっかりとしたサポートを受けることができます。

住友不動産販売には、年中無休・24時間受付の売却専用フリーダイヤル(無料)もあります。

実績がある大手不動産会社に気軽に問い合わせができるので売却に迷っている方は一度相談してみるのも良いかもしれません。

全国の事情に精通しており様々なサービスを利用したい人は是非住友不動産販売を利用してみてはいかがでしょうか。

いえかつLIFE

いえかつLIFE 公式
サービス名いえカツLIFE
登録不動産会社数約500社
一度で依頼できる会社数最大6社
運営会社株式会社サムライ・アドウェイズ
詳細公式ページ

不動産一括査定サービスの「いえカツLIFE」は、複数の売却方法を検討したい人におすすめです。

不動産の売却方法は主に以下の3つがあります。

【不動産の売却方法】

・仲介(一般消費者に売却するために、不動産会社が仲介するサービス)
・業者買取(不動産会社が対象となる不動産を買い取るサービス)
・リースバック(不動産会社が対象となる不動産を買い取り、売却後に賃貸として家賃を払いながら自宅に住むことができるサービス)

希望する売却時期や価格をもとに、売却方法の検討から始めることができる点が非常に魅力的です。

マンションの売却をしたい人は、複数の売却方法から選ぶことができる「いえカツLIFE」を検討することがおすすめです。

マンションNavi

マンションNavi 公式
サービス名マンションNavi
登録不動産会社数約2,500店舗
一度で依頼できる会社数最大9社(売買6社+賃貸3社)
運営会社マンションリサーチ株式会社
詳細公式ページ

マンションNavi」はマンションに特化した査定サイトであるため、マンションの売却を検討している人は利用しておきたいサイトです。

マンションの売却実績がある不動産会社が国内最大級の約2,500店鋪も登録されているため、信頼できる一括査定サイトです。

さらに売却した場合の価格だけでなく、賃貸にした場合の賃料の査定も同時に行うことができます。

売却だけでなく賃貸も視野に入れている場合は、査定を依頼して比較してみることも可能です。

マンション特化の査定サイトで賃貸も視野に入れたい人は、マンションNaviの利用をおすすめします。

おうちクラベル

おうちクラベル
サービス名おうちクラベル
登録不動産会社数15社
一度で依頼できる会社数最大15社
運営会社SREホールディングス株式会社
詳細公式ページ

おうちクラベル」は、厳選された不動産会社に一括で査定を依頼できるおすすめのサービスです。

登録されている不動産会社は比較的少ないですが、マンションの売買に強い不動産会社が揃っています。

特に都市部のマンション売買に強みを持つ企業が多いため、都会のマンション売却を検討している人に適しています。

またAI査定により、不動産会社からの連絡を待っている時間にもおおよその査定価格を把握することができます。

「都市部のマンションを売りたい」「どれくらいの価格で売れるのかすぐに知りたい」という人は、おうちクラベルの一括査定がおすすめです。

マンション売却に関するよくある質問

マンションの売却に関してよくある質問をまとめました。

それぞれ解説していくので、気になることがある人はぜひ参考にしてみてください。

マンション売却に必要な費用と税金の種類は?

マンションの売却に必要となる費用と税金の種類を紹介します。

【必要な費用】

・不動産会社への仲介手数料
・引っ越し費用
・ハウスクリーニング代
・所有権移転登記などの「登記費用」

【かかる税金】

・印紙税
・登録免許税
・所得税
・住民税
・復興特別所得税

こうした費用について事前にしっかり把握しておきましょう。

マンション売却の前に部屋のリフォームはした方がいい?

マンションを売り出す前に部屋のリフォームをした方が良いのでは?と悩んでいる人も多いでしょう。

基本的には、部屋のリフォームはしない方が良いと言われています。

理由としては「買い手にとってはお節介になる」「売却価格の上昇は見込めない」という点が挙げられます。

買い手は購入後に自分が好きなように部屋を改築できるため、リフォームされていることにメリットは感じないでしょう。

売る側が部屋をオシャレに改装しようとしてリフォームをしても、買い手の趣味に合うとは限りません。

また、売却価格を決定する際にリフォームの費用を上乗せすることは、近隣の相場を踏まえると難しいです。

そのため、部屋をリフォームしたところでマンションの価格を大幅に上げることができず、結果的に損をしてしまう可能性があります。

もしリフォームをするのであれば、費用が安く部屋の印象を少し良くする程度のリフォームにしておくことをおすすめします。

マンション売却に適した時期は?

マンションは、一般的に1〜3月の間が最も買い手が付きやすいという特徴があります。

子どもの進学や仕事での転勤により、マンションの購入ニーズが高まることから売りやすい時期になっています。

1〜3月に売却活動がスタートできるように、前の年の10〜12月頃から不動産会社に査定を出してもらったり、媒介契約を結んだりしておくことをおすすめします。

また、住宅の売れやすさは金利の動向も大きく影響します。

金利が低いと住宅ローンの金利も低くなるため、マンションの購入需要が高まります。

低金利が続いていますが景気の動向によって金利は変化していくので、売却する前にチェックしておくと良いでしょう。

マンション売却とマンション経営、それぞれのメリットは?

所有しているマンションを売却するのか、賃貸として貸し出して経営するのか、どちらを選ぶか悩んでいる人も多いでしょう。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
マンション売却・まとまったお金が手に入る
・資産価値が高い段階で売ることができる
・買い手が見つからない可能性がある
・利益が出ると譲渡所得税がかかる
マンション経営・継続的な家賃収入を得られる
・節税効果が期待できる
・入居者が見つからないリスクがある
・維持にコストがかかる
・売却時に資産価値が下がる

マンションを売却する場合は、「まとまった現金が手に入る」「高く売り出せる」というメリットがある一方で、「買い手が見つからない」「譲渡所得税がかかる」というデメリットもあります。

またマンションを賃貸として貸し出す場合は、「安定した家賃収入が得られる」「節税効果が得られる」というメリットがある反面、「売却時に高く売れない」「維持コストがかかる」というリスクがあります。

それぞれのメリット・デメリットを把握して、ご自身のマンションを売却するか賃貸にするかを判断しましょう。

マンション売却まとめ

この記事ではマンションの売却によくある失敗例や注意点、おすすめの不動産一括査定サービスについて紹介してきました。

この記事のまとめ

・マンションの売却に失敗する人が多いことを理解する
売却する前に一括査定で相場を把握して適切な価格設定をする
・売却にかかる費用や税金、住宅ローンの残高を把握しておく
SUUMO売却」は、査定の依頼前に過去の売却実績を確認することができる。
・マンションの需要は1〜3月に高まるので、前年の10〜12月から査定や媒介契約を進めておく

不動産の一括査定を依頼するのであれば、「SUUMO売却」がおすすめです。

国内最大級の不動産サイト「SUUMO」に物件を記載することができるので買い手が見つかりやすくなります。

マンションの売却を検討している人は、ぜひ「SUUMO売却」で一括査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

\ かんたん60秒入力! /

目次
閉じる