【必見】お金がない時はどうすればいい?原因と解決策を分かりやすく解説

お金がない サムネイル

「お金がない!」といった悩みは、ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

もちろん、世の中にはお金よりも大切なことがたくさんあります。

しかし、現実問題として、ほとんどの人はお金が無いと生活ができません。

今回の記事では、「お金がない」という悩みについて、原因や対策を考えていきます。

この記事からわかること
  • 「お金がない」という悩みを解決するために、まずはゴールを明確にする
  • 「いつまでに、いくら必要か」が明確になったら、次は現在地点を把握する
  • ゴールまでの距離が分かったら、支出を減らす・収入を増やすことを検討する
  • 支出を減らす方法、収入を増やす方法を考えたら、それを実行した場合に予測される効果を確認する
    • 緊急でお金が必要なら、アイフルなどのカードローンサービスの利用も検討しよう
  • 資金の利用使途が限定されていないカードローンなら、気軽に利用できる
  • 安全かつすぐに稼げるポイントサイトなら「ビッコレ」がおすすめ

緊急でお金が必要な方はカードローンでの融資を検討してみましょう。

アイフルでは、簡単な情報入力で融資を受け取ることができるか確認することができます。

\ 最短25分融資 /

なお、今話題のポイントサイト「ビッコレ」であれば、広告案件の実施で簡単に稼ぐことが可能です。

ぜひこの機会にビッコレ公式サイトから無料で登録しておきましょう。

\ 無料登録で1000円分のBTCもらえる!/

目次

ゴールを明確にする

「お金がない」という悩みを解決するにあたって、まずはゴールを明確にしましょう。

たとえば、ダイエットを始めようと考えている人なら、「半年後までに45kgになりたい」のような具体的な目標の設定です。

どのような状態になったときに「解決」とみなすのかについて、共通の基準はありません

「30歳の時点で結婚資金用に1,000万円欲しい」「40歳までにマイホームを購入するため、頭金1,000万円が必要」「60歳の時点で老後の生活費3,000万円程度を用意しておきたい」など、お金が必要になる時期や、必要な金額は人それぞれ異なります

まずは、自分にとってのゴール、要するに「どのくらいのお金が、いつまでに必要か?」を明確にしてみましょう。

ゴールを明確にするには、以下の方法が有効です。

「どのくらいのお金が、いつまでに必要か?」を明確にするために有効な方法
  • ライフイベント表を作成する
  • キャッシュフロー表を作成する

それぞれについて、具体的に説明します。

ライフイベント表を作成する

まずは、ライフイベント表を作成して、将来起こりうる出来事および、その出来事に対して必要になる資金(予算額)を書き出してみましょう。

『お金がない状態が解消される基準を明確にする』内のライフイベントに関する文脈

ライフイベント表とは…
将来発生すると予測されるイベントについて時系列でまとめた表のこと。
本人のイベントだけでなく、家族のイベントも書き出しておくことで、家族全体の必要金額が把握しやすくなる。

ライフイベント表には、決まっている予定だけでなく、旅行や娯楽などの希望も含めて記入します。

また、各イベントにかかる予算額は、現在価値(将来の価格変動率・上昇率を考慮しない価値)で記入しましょう。

ライフイベント表の作成例としては、以下のような内容です。

スクロールできます
年(西暦)令和年齢(本人)年齢(妻)年齢(子供)ライフイベント予算額
2021336304子供 幼稚園入学70万円
2022437315住宅購入1,000万円
2023538326
2024639337子供 小学校入学40万円
2025740348海外旅行60万円
「ライフイベント」の例
  • 子供の学校入学・卒業・就職
  • 親の定年退職
  • その他、一時的な出費を伴うイベント
    • 住宅の購入やリフォーム
    • 車の購入(買い替え含む)
    • 家族旅行

ライフイベント表を作成することで、今後予測される支出の整理ができました。

キャッシュフロー表を作成する

次に、ライフイベント表の内容をもとに、キャッシュフロー表も作成してみましょう。

キャッシュフロー表とは…
キャッシュフロー(=お金の流れ)に関する表のこと。
「現在の収支と支出」と「今後の収支の見通し」が分かるように、今後のライフプランを時系列にまとめたもの。

キャッシュフロー表は、大まかに以下の項目に分けて作成します。

キャッシュフロー表に記載する主な項目
  • 収入(「自分の収入」「妻の収入」のように収入源別に記入)
    ※ここでは「収入」は「可処分所得」、すなわち手取りの収入を指します。
    ※可処分所得=年収 – (所得税+住民税+社会保険料)
  • 支出(「生活費」「住宅関連費」「教育費」など支出項目別に記入)
  • 年間収支
  • 貯蓄残高

キャッシュフロー表の作成例としては、以下のような内容です。

スクロールできます
年(西暦)20212022202320242025
経過年収現在1年後2年後3年後4年後
年齢(本人)3637383940
年齢(妻)30 31323334
年齢(子供)45678
ライフイベント子供 幼稚園入学住宅購入子供 小学校入学海外旅行
給与収入(本人)
※上昇率1.0%
500505510515520
給与収入(妻)
※上昇率1.0%
100101102103104
収入合計【A】600606612618624
基本生活費
※上昇率1.0%
200202204206208
住宅関連費
※上昇率0.0%
120120120120120
教育費
※上昇率2.0%
7051525354
一時的な支出01,0000060
支出合計【B】3901,373376379442
年間収支【A-B】210-767236239182
貯蓄残高
※上昇率1.0%
1,2104556959401131
(単位:万円)

キャッシュフロー表では、将来価値をもとに収支や貯蓄残高を算出します。

将来価値とは、ライフイベント表作成において記載した現在価値とは異なり、価格変動率(物価上昇など)を反映させた価値を指します。

また、ライフイベント表作成時に書き出したライフイベントにかかる予算も、キャッシュフロー表に組み込んで作成します。

これにより、将来の収支状況や貯蓄残高の変動を試算することができるようになります。

なお、試算の結果、貯蓄残高がマイナスになってしまう年がある場合には、注意が必要です。

貯蓄残高がマイナスということは家計の破綻を意味しており、簡単に言うと借金をしないと生活ができない状態を意味します。

現状のライフプランにて生活を送った場合に貯蓄残高がマイナスになってしまう年があるかどうかについては、何よりも先に把握しておきましょう。

万が一、貯蓄残高がマイナスになっている年がある場合には、この記事の後半にて説明している対策を試してみてください。

お金がない原因を特定する

いつまでにいくら貯めれば良いのかというゴールが明確になったら、次はお金がない原因を探ってみましょう。

ダイエットで言うところの、「現在の体重や体脂肪率などを計測し、食事や生活習慣を確認する」といったフェーズにあたります。

お金がない原因を特定するには、現在のお金の状況を知ることが有効です。

現在の状態を知ることで、ゴールにどれほど遠いのか、あるいは近いのかを把握することができます。

現在の収支の状況や、資産・負債のバランスを整理し、問題点を探してみましょう。

収入・支出の状況を確認する

まずは、収入や支出の状況を確認してみましょう。

収支の状況を知るには、収支状況を表にまとめることが有効です。

ここでは、収支の状況をまとめた表のことを、家計の「収支確認表」と呼びます。

イメージとしては、大手企業が決算の際に公表しているような損益計算書(Profit & Loss statement、P/L表)のようなものです。

もちろん、企業が作成するようなしっかりとした形式の損益計算書である必要はなく、「自分や家族のお金の年間フローが整理された表」ということが重要なポイントです。

お金の年間フローとは、「1年間に入ってくるお金(収入)と出ていくお金(支出)の流れ」のことを指します。

収支確認表には、以下のように「収入」「支出」をそれぞれ記入します。
※所得税や社会保険料・住民税については、会社から年に一度配布される「源泉徴収票」から確認が可能です。

  • 「年間の収入」記入例
スクロールできます
収入源収入金額所得税社会保険料住民税可処分所得
※収入金額 – (所得税+住民税+社会保険料)
本人650259134500
1200191100
年間収入合計600
(単位:万円)
  • 「年間の支出」記入例
スクロールできます
支出項目内容毎月の支出
【A】
年に数回の支出
【B】
年間の支出
【A】×12+【B】
基本生活費食費・水道光熱費・通信費など168200
住宅関連費家賃(持ち家の場合は住宅ローンや固定資産税など)100120
教育費学校教育費、塾、習い事など07070
その他の支出趣味・娯楽など000
年間支出合計390
  • 1年間に貯蓄できる金額を算出例

「年間収入合計」「年間支出合計」から、「年間収支」を算出します。

「年間収支」の算出例

年間収支=年間収入合計 – 年間支出合計

  • 年間収入合計:600万円
  • 年間支出合計:390万円

年間収支=600万円 – 390万円=210万円

年間収支として算出された金額は、貯蓄に回せるお金のことを意味しています。

そのため、年間収支は「貯蓄残高」に加算(年間収支がマイナスの場合は減産)ができるものと考えておきましょう。

収入・支出の状況が把握できたら、問題点が無いかを確認してみましょう。

たとえば、基本生活費が極端に高いことが判明した場合には、基本生活費から改善をすると効果的です。

収入自体が少ないことが判明した場合には、収入を増やすことを中心に対策を考えていきましょう。

資産・負債のバランスを確認する

次に、資産と負債のバランスも確認しましょう。

1年間における収入・支出の動きを確認することも大切ですが、一時点における資産と負債の状況を確認することも重要です。

一時点における資産と負債の状況を時価で表にしたものを、貸借対照表(バランスシート、B/S表)と呼びます。

バランスシートを作成し、現在の家計の健全度合いを確認してみましょう。

バランスシートは、以下の作成例のように左側(借方)に資産・右側(貸方)に負債を記載し、その差分(純資産)を把握します。

  • 個人バランスシート作成例
スクロールできます
資産 (項目)資産 (金額)負債 (項目)負債 (金額)
現金310万円カードローン110万円
普通預金500万円
定期預金250万円
生命保険
(解約返戻金相当額)
100万円
投資信託50万円
資産合計1,210万円負債合計110万円
  • 純資産を算出
「純資産」の算出例

純資産=資産合計 – 負債合計

  • 資産合計:1,210万円
  • 負債合計:110万円

純資産=1,210万円 – 110万円=1,100万円

資産から負債を差し引いた純資産の額が、本当の意味での「資産」と呼ぶことができる金額です。

1,000万円の資産を保有しており、同時に800万円の負債を抱えている場合は、純資産としては200万円となります。

また、資産額と負債額が同額の場合は、純資産は無いということになります。

もちろん、負債が無い場合は、資産額がそのまま純資産額となります。

資産と負債のバランスを確認し、最終的に本当の資産はいくらなのかを把握することが大切です。

負債額が大きいことが原因で純資産総額が小さい場合には、負債を減らすことから考えてみましょう。

反対に、資産額が小さいことが原因で純資産総額が小さい場合には、資産を増やすことから考えてみましょう。

お金がない時の対策①支出を減らす

ここまでで、家計のゴールの把握と、現在のお金の状況の整理が終わりました。

ここからは、いよいよ具体的な対策を見ていきましょう。

収支の状況やバランスシートから浮かび上がった問題点を中心に、対策を立てていきます

まずは、支出を減らすことを考えましょう。

収入を増やすことも有効な対策のひとつですが、すぐに結果に結び付かない場合も多く、また、ライフスタイルの変化にも影響するため、実行の難易度が高いものもあります。

収入を増やすよりも支出を減らすほうが簡単に実行に移せる場合が多いので、まずは支出の見直しから取り掛かりましょう

支出を減らす方法としては、以下が挙げられます。

・固定費を見直す
・節約を心がける

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

固定費を見直す

支出を減らす方法として最も有効なのは、固定費の見直しです。

見直すべき代表的な固定費としては、以下が挙げられます。

代表的な固定費
  • 住宅関連費

住宅関連費とは、家賃や住宅ローン、固定資産税などにかかる費用です。

賃貸の場合は、より家賃の低い住居を契約することや、家賃の交渉も検討してみましょう。

現在または将来予想されるライフスタイルを考慮し、より適正な家賃の住居があるかもしれません。

また、入居時期よりも価格相場が下がっている場合などには、家賃の価格を交渉することも可能です。

なお、持ち家のローンを支払っている場合は、繰り上げ返済をすることで支出が抑えられる場合があります。

住宅ローンの繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型がありますが、毎月の純資産に余裕がある場合は期間短縮型がおすすめです。

期間短縮型なら支払い返済期間が短くなるため、早めに住宅ローンの支払いを終えることによる精神的な余裕が持てるうえ、支払い総額を抑えられるといった特徴もあります。

なお、毎月の純資産にあまり余裕が無い人なら、返済額軽減型のほうが適している場合もあります。

返済額軽減型は、同じ条件であれば期間短縮型に比べて支払い総額が大きくなってしまいますが、毎月の返済額が抑えられるといった特徴があります。

  • 車両関連費

車両関連費とは、自動車の購入費用のほか、修理費・ガソリン代、自動車税などにかかる費用です。

自動車を持っている人なら、まずは本当に自動車が必要かどうかを検討しましょう。

自動車の利用頻度が低い場合や移動距離が短い場合などは、自動車を所有する必要が無いかもしれません。

公共交通機関を利用するなら、自動車保険や自動車税、ガソリン代もかからなくなります。

車を利用したい時は、カーシェアリングサービスの利用や、遠出の時のみレンタカーサービスを利用することも可能です。

もちろん、居住地域やライフスタイルによっては、どうしても自動車が必要な人もいます。

自動車を保有するなら、新車ではなく中古車を選択するなどにより、費用を抑えることを検討してみましょう。

  • 各種保険料

生命保険など、現在加入している保険にかかる費用を見直してみましょう。

本当に必要な保険のみに加入していると自信を持って言える人は、あまり多くはないでしょう。

保障内容に対して割高な保険に加入している可能性や、そもそも不必要な保障をかけている可能性も考えられます。

自分が加入している保険について正しく把握できていない人は、この機会に自分が把握している保険の内容を確認してみてください。

もし、保険料が割高な保険や不要な保険に加入していると判断した場合は、解約についてもシミュレーションしてみましょう。

各保険会社の公式ウェブサイトなどでは保険の見積もりも可能ですので、今の保険料が適正かどうか、そもそも不要な保険に入っていないかを確認してみてください。

  • 通信費

通信費、特にスマートフォンにかかる費用について、見直しをしてみましょう。

現在加入しているプランが、普段の利用方法に対して最適ではない可能性があります。

たとえば、通話をほとんどしない人や、通話をする人でもLINEなどのメッセージアプリの通話機能をメインに利用している人なら、「かけ放題プラン」「通話し放題プラン」などのオプションを外すと安くなるかもしれません。

また、利用量によっては、大手キャリアの格安プランへの変更サブブランドへの乗り換え、または格安SIMへの乗り換えをすると安くなる場合があります。

通信量や利用量などの利用方法を見直し、適切なキャリア、適切なプランを探しましょう

固定費の削減は、月単位で見るとわずかな効果だったとしても、年月が経つにつれてその効果は徐々に大きくなります。

とはいえ、むやみに固定費を削減すると、生活の質が低下してしまう危険性があります。

固定費を見直す際には、「一番安いプランを選ぶこと」以上に「ライフスタイルに対して最適なプランを選ぶこと」が重要です。

ライフスタイルに合わないプランを選んでしまうと、かえって料金が高くなったり、あるいはストレスの多い生活になってしまったりする可能性があります。

現在のライフスタイルや、将来変わるであろうライフスタイルを把握し、それに対してどのようなプランが適切かを考えたうえで固定費を見直しましょう。

節約を心がける

固定費のほかにも、節約できる支出が無いかを確認します。

普段の生活において、以下の点について意識してみましょう。

節約のポイント(一例)
  • 無駄な飲み会に参加している場合は控える
  • 飲み会に参加する場合でも、なるべく二次会には行かない
  • なるべく外食を控え、自炊を心がける
  • 無駄なものを買いすぎる傾向がある人は、買い物に行く回数を減らす
  • こまめに電気を消す
  • テレビを消す場合は、主電源を切る
  • エアコンを定期的に掃除する
  • 炊飯器は「エコ炊き」や「省電力モード」を使う
  • 近場なら、なるべく徒歩で外出する

上記のポイントに意識して生活を送ってみると、意外と「無駄」が多いことに気が付くかもしれません。

節約をする際に注意するポイントとしては、「無理をしないこと」です。

ダイエットでも、慣れない運動や、度を越えた食事制限に挑戦をした結果、挫折した経験がある人もいるのではないでしょうか。

節約も同じで、無理なく続けられる節約ポイントに絞って挑戦してみましょう。

お金がない時の対策②収入を増やす

支出を見直し、それでも目標金額に届かない場合は、収入を増やすことも検討しましょう。

基本的に、収入を増やすことは支出を減らすことよりも難しく、時間的コストがかかる割に結果が伴わないといった場合も多いです。

しかし、収入を増やす方法は数多くあり、対策を無限に実践できるという意味では収入を増やすほうが簡単と考える人もいるかもしれません。

ここでは、収入を増やす方法として、以下を紹介していきます。

・ポイントを貯める
転職する
・副業する
・不労所得を作る

それぞれの方法について、説明していきます。

ポイントを貯める

普段の支払いを現金で支払っているか、クレジットカードで支払っているかでお得度がかなり変わってきます。

例えば、年間に100万円を現金で支払っている人とクレジットカードでは以下のように大きく違いが出てきます。

年間100万円支払っている場合

現金のみ
→年間100万円の支出

クレジットカード支払い(還元率1%)
→年間1万円のポイント付与

クレジットカードを使うことで、年間数万円のポイントが貯まることは少なくありません。

様々なクレジットカードがありますが、JCBカードWなら39歳までの年会費が永年無料になります。

JCBカードWの公式サイト
項目詳細
クレジットカード名称JCBカードW
対象ポイントOki Dokiポイント
ポイント還元率(※買い物先でポイントは変化します)1,000円につき2ポイント
おすすめのポイント交換先1ポイント=Amazonにて3.5円相当のお買い物に使える
200ポイント=1,000 nanacoポイント
入会費無料
年会費無料
メリット・JCBオリジナルパートナー店を利用するとポイント還元率アップ(最大10倍)
・39歳までに入会することで40歳以降も利用可能
デメリット・18〜39歳のみ入会申し込み可能
・ポイントの交換レートが交換先のサービスにより異なり分かりにくい
詳細ページJCB CARD Wの公式ページへ

ポイントサイトを利用する

ビッコレ

ポイントサイトを利用すると数万円単位のお金を簡単にガッツリ稼ぐことができます。

おすすめは業界最大級の還元額を誇る今人気のポイントサイト「ビッコレ」です。

ぜひこの機会に無料で会員登録をして、ビットコインを稼いでみましょう。

\ 無料登録で1000円分のBTCもらえる!/

ビッコレ

転職する

収入を増やすための第一の対策として、転職を検討しましょう。

現在の勤務先での給与収入では不十分な場合でも、より良い給与形態の勤務先があるかもしれません。

自分の能力をより高く評価してくれる就職先が他に見つかれば、給与収入アップにつながります。

なお、転職をしない場合でも、転職エージェントへの相談は非常に有効です。

自分が持っているスキルについて、市場ではどのくらいの価値があるのかを知るきっかけになります。

「市場では月給40万円の価値がある」ということを知らずに、現在の勤務先から月々20万円の給与を受け取っているといった可能性もあるのです。

まずは、「今の勤務先の給与が適正かどうかを知る」という目的でも問題ありませんので、転職エージェントを利用して自分の市場価値を確認することをおすすめします。

副業する

2つめの対策としては、副業も有効です。

転職は、自分のライフスタイルに大きく影響するイベントですので、なるべく慎重に実行したい対策です。

一方、副業なら、現在の仕事を継続したまま挑戦できるかもしれません。

新型コロナウィルスの影響により、多くの人のワークスタイルが変化し、副業に興味を持つ人も増えました。

たとえばポイントサイトなど、特別なスキルが無くても挑戦できるような副業も数多くあります。

具体的には、以下のような副業があります。

おすすめの副業(一例)
  • ポイントサイト
  • フリマアプリ
  • データ入力
  • ライター
  • プログラミング

本業で活かしきれていないスキルを持っている場合などは、そのスキルが活かせる内容の副業もおすすめです。

さらに、副業にて成功を収めることによって、いつかは転職も可能になるかもしれません。

不労所得を作る

3つめの対策は、不労所得を作ることです。

副業は非常に有効な手段ですが、本業の業務環境によっては副業に充てる時間の確保が難しい場合なども考えられます。

その場合は、副業の中でも不労所得を作っておくことも検討してみましょう。

不労所得とは、労働の対価としての給与や報酬ではなく、自動的に収益が得られるような仕組みを構築することで生み出される収入です。

不労所得には、以下のようなものがあります。

おすすめの不労所得(一例)
  • コインパーキング経営
  • 自販機設置
  • 不動産投資
  • 資産運用(株式投資、投資信託、仮想通貨など)
  • FX自動売買
  • ロボアド

これらの「不労所得」は、確かに不労所得ではありますが、労働がまったく不要とは限りません

たとえば、コインパーキングの経営であれば、場所の確保、初期費用の確保、経営後の整備や修理など、様々な「労働」が必要になることが予想されます。

「自動的に収益が得られる仕組み」を構築・維持管理するための労働は必要になると考えておきましょう。

なお、FX自動売買やロボアドなら、作業時間や費用の面で比較的手軽に始めることができます

トライオートFXなら放置するだけで、予め設定されているシステムが自動でトレードをしてくれます。

公式HPに記載の期間収益率も160%を超えており、人気を集めている自動売買ツールになります。

インヴァスト証券 トライオートFX-画像

\当サイト限定キャンペーン実施中/

お金がない時の対策効果を確認する

ここまでで、支出を減らす・収入を増やすという2つの側面から対策を立てることができました。

次に、立てた対策によって目標に到達できるかどうかを確認してみましょう。

対策後のキャッシュフロー表を作成する

立てた対策を実行した場合のキャッシュフロー表を作成します。

事前に作成したキャッシュフロー表と見比べて、改善された部分を確認しましょう。

具体的な数値で確認することにより、対策によってどの程度の効果があるのかが分かります

対策後のキャッシュフロー表を見て、あらかじめ設定したゴールに到達できているかを確認しましょう。

目標としている時期に目標金額に届いていれば、さっそく対策の実行を始めましょう。

さらに対策を見直す

対策後のキャッシュフロー表を確認し、対策をしても目標が達成できていないことが明らかになった場合は、さらに対策を練る必要があります。

目標が到達されているキャッシュフロー表が完成するまで、対策を何度も見直す必要があります。

さらに、対策を設定しても、予定通りに実行できない場合や、実行したのに効果が出ないといった場合も考えられます。

そのような場合は、以下のポイントにて対策を見直しましょう。

対策を見直すポイント
  • 対策の内容が適切かどうか

対策を実行しても効果が無い場合は、対策そのものが不適切だった可能性があるため、対策の内容を見直す

  • 設定した対策が実行可能かどうか

実現が難しいような内容の対策を設定している場合は、実現可能性が高い内容の対策に修正する

  • 実行できなかった理由は外的要因によるものかどうか

世の中の経済状況が予想外に変動したなど周りの環境に変化があった場合は、それを踏まえた内容に修正する

  • ライフイベントに変化があるかどうか

ライフイベントに変化があった場合は、その予算額も更新し、キャッシュフロー表にも反映させる

家計改善の対策は、基本的に一度立てたら終わりというものではありません

対策を実行に移した後も、つまずく度に、あるいは定期的に見直してキャッシュフロー表を更新していきましょう。

専門家に相談

対策をうまく見直すことができず、なかなか改善されない場合は、専門家への相談も検討してみましょう。

専門家の視点から「診察」してもらうことで、適切な「治療」を受けることも可能になります。

困ったときには、以下のようなお金の専門家が味方になってくれるでしょう。

お金の専門家(一例)
  • FP(ファイナンシャル・プランナー)

FPとは、お金について幅広い視点を持つ職業です。
保険や金融、相続や年金など、お金に関する全体像を見てアドバイスをしてくれます。
FPにより得意とする分野は異なりますので、個人のお金や家計に関する相談を得意としているFPを選びましょう。

  • 家計アドバイザー

家計に関するアドバイスに特化している職業です。
原則、FP2級(ファイナンシャル・プランニング技能検定試験2級)の合格者のみとなっている職業ですので、家計に関するアドバイスに特化しているFPと認識しても差し支えありません。
家計簿を整理し、体系的なアドバイスが期待できます。

  • 家計整理アドバイザー

家計の整理に関するアドバイスに特化している職業です。
家計を「要るもの」と「要らないもの」に整理し、無駄を減らしていくことが期待されます。

自分の生活圏内に適切な専門家がいない場合は、オンラインでの相談も検討してみましょう。

新型コロナウィルスの影響もあり、今では多くの専門家がオンラインでの相談に対応しています。

無料相談や無料セミナーも多く実施されていますので、気軽に相談してみましょう。

お金がない時の緊急解決策

ここまで、「お金がない」というお悩みの解決方法を順を追って説明してきましたが、いずれも長期目線での解決策でした。

立てた対策を実行することにより家計は改善していくことが予想されますが、改善まで数年もしくは数十年かかってしまう可能性もあります。

「明日の食料を用意できるか分からない」という人にとっては、ここまでの解決策はふさわしいとは言えません。

「今すぐに、お金が必要」という人には、ここまで考えた方法では解決しない場合が多いでしょう。

生活が破綻してしまう前に、これから紹介する緊急措置を検討しましょう。

お金を借りることも検討しよう

緊急解決策としては、お金を借りることが有効です。

「借金」と聞くと抵抗がある人も多いと思いますが、自己資金のみで生活が成り立たなくなってしまうと判断した場合は、利用を検討してみましょう

借金をすることは、必ずしも後ろめたいこととは限りません。

現に、マイカーの購入という夢を叶えるためにカーローンを組む人や、投資用の不動産を取得するために不動産投資ローンを組む人も珍しくありません。

前者の場合はカーローンを利用することで人生の幸福度が上昇するかもしれませんし、後者の場合は収益を得られる可能性を高めることができています。

金銭的あるいは精神的にプラスになる結果が得られるのであれば、お金を借りることも前向きに検討してみてください。

カードローンの利用がおすすめ

お金を借りる方法は様々ありますが、「車の購入のため」「住宅の購入のため」などの具体的な使途が決まっていない場合はカードローンの利用がおすすめです。

カードローンは利用使途が限定されていないため気軽に借り入れをすることができます。

また、消費者金融カードローンなら即日の融資に対応していることも多く、緊急でお金が必要になった場合に味方になってくれるサービスです。

最もおすすめのカードローンサービスは、「カードローン会社のおすすめランキング」の記事にてランキング1位として紹介している、消費者金融のアイフルです。

スクロールできます
名称アイフル
カードローン種別消費者金融カードローン
金利3.0~18.0%
審査時間最短25分
(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。)
融資スピード最短25分
(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※WEB申込なら最短25分融資も可能です。)
融資上限額800万円
(※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。)
無利息期間30日間 (はじめての方なら最大30日間の無利息期間)
詳細公式ページ

大手サービスのアイフルなら、カードローンの利用が初めての人でも安心して利用ができます。

また、審査スピードが早いという特徴があり、迅速に審査・融資が実行されます

さらに、30日間の無利息期間(アイフルを初めてご利用の方)が設けられている点も安心です。

アイフルでは融資の申し込みをいつでもどこでもスマホアプリから行うことが可能です。

アイフルアプリはAppStoreとGooglePlayで評価☆4.0以上(2021/7/20時点)を獲得しており、ユーザーからの評価が非常に高いです。

迅速な対応と利便性の高さが魅力のアイフルに融資を申し込んでみてはいかがでしょうか。

\ 最短25分融資 /

カードローンの特徴

「アイフル」をはじめとするカードローンは、以下のような特徴があるサービスです。

・担保や保証人が不要
・24時間いつでも借り入れと返済が可能
・資金の使い道が自由

それぞれの特徴について、解説します。

担保や保証人が不要

カードローンは、原則、利用の際に担保や保証人は不要です。

カードローンを除く一般的なローンサービス(住宅ローンなど)では、担保や保証人が必要となります。

つまり、そのようなローンサービスにおいては担保や保証人が用意できなければ、そもそもローンを組むことができません

担保も保証人も不要で利用できるカードローンなら、面倒な手続きやトラブルなどの心配もほとんど無く、気軽に利用することができます。

24時間いつでも借り入れと返済が可能

また、24時間いつでも借り入れ・返済が可能な点もカードローンの特徴として挙げられます。

ほとんどのカードローンサービスでは、コンビニのATMに対応しています。

そのため、生活圏内にコンビニがあれば、スキマ時間に気軽に借り入れや返済ができます。

プロミスなど、融資スピードが早い消費者金融カードローンなら、申し込みから最短1時間で借り入れが可能で、すぐに利用ができます。

さらに、いつでも返済が可能なため、無駄な利息を払わずに済むというメリットもあります。

返済日が決まっているローンサービスでは、利用日から返済日まで毎日利息が計上されてしまい、無駄な利息が発生してしまうこともあります。

その点において、いつでも返済が可能なカードローンは、他のローンサービスに比べて有利と考えられます。

資金の使い道が自由

さらに、カードローンなら資金の使い道を自由に決めることができます。

住宅ローンは住宅購入目的、カーローンは自動車購入目的といったように、多くのローンでは使い道が限定されています

一方、カードローンは、原則資金使途が決められておらず、借り入れたお金は自由に使うことができます。

カードローンで借り入れたお金を生活費に充てても、趣味や娯楽・レジャーの費用に充てても問題ありません。

ただし、自由に借りられるという点はメリットでもありデメリットでもあります。

無計画に利用してしまうと、返済可能な金額を超えて借り入れしてしまうといったリスクもあります。

利用目的を限定せずに自由に借りられるカードローンだからこそ、返済計画をしっかりと立てて利用しましょう。

\ 最短25分融資 /

お金がない時の対処法まとめ

今回は、お金がない時の対処法について紹介しました。

この記事のまとめ
  • 「お金がない」と感じたら、「どのくらいのお金が、いつまでに必要か?」を明確にすることから始めよう
  • 現在の家計の状況を詳しく分析し、目標までの距離を把握しよう
  • 支出を減らすなら、まずは住宅関連費や自動車などの固定費の見直しから始める
  • 転職する・副業する・不労所得を作ることなどにより、収入を増やすことも有効
  • 対策を立てたら、それを実行することで目標が達成されるのかを確認する
  • すぐにお金が必要なら、カードローンのサービスなどでお金を借りることも検討しよう
  • カードローンならスピーディーに融資が受けられるアイフルがおすすめ
  • 簡単に稼げるポイントサイトなら「ビッコレ」がおすすめ

「お金がない」という悩みは、なかなか友人や家族には打ち明けにくい内容かもしれません。

しかし、お金がないと生活に支障を来しますので、無視することができない深刻な問題のひとつです。

すぐにお金が必要な場合は、アイフルなどのカードローンの利用も有効です。

「お金がない」という悩みについて、プロの力を借りて解決してみましょう。

アイフルの手続きをWeb上で行う場合は、基本的に郵送物も届きません。
※郵送物が届く場合でも、アイフルの社名は記載されていない封筒で送られます。

さらに、スマホアプリを使う人なら、カードレス形式(カードが無い形式)も選択が可能です。

誰かに知られることなく、今すぐ借り入れ可能なアイフルの利用を、ぜひ検討してみてください。

\ 最短25分融資 /

目次
閉じる