TEKKONとは?話題の仮想通貨アプリの遊び方/稼ぎ方や始め方を徹底解説

TEKKON

ブロックチェーンゲーム「TEKKON」は、社会貢献をしながら仮想通貨を稼げるアプリです。

身の回りのマンホールなどのインフラ設備を撮影・投稿するだけで報酬が獲得できるため、誰にでも始めやすいという特徴を持ちます。

今回の記事では、TEKKONの特徴や遊び方、始める際の注意点などを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • TEKKONは、インフラ設備を撮影・投稿することで稼げる社会貢献型のFix to Earnアプリ
  • 初期費用がかからず無料で始められるというメリットがある
  • Solanaチェーンを利用しているため低コストで高速処理が可能
  • 1日の撮影・レビュー数には上限がある点に注意
  • WECを支払えば犬の購入・レベルアップができる

アプリ内で利用されるWECは、海外取引所で入手することが可能です。

bitFlyerなどの国内取引所から海外取引所に元手となる仮想通貨を送金し、交換手続きを経てWECを手に入れられます。

手に入れたWECはアプリで利用する犬の購入・レベルアップなどに使えます。

TEKKONに興味がある方は、bitFlyerも併せてチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次

TEKKONとは?

tekkon1
名称TEKKON(テッコン)
リリース日2022年9月15日
ブロックチェーンSolana
基軸通貨WEC
対応端末iPhone、Android
公式サイトTEKKON公式サイト

TEKKON(テッコン)は、Whole Earth Foundation(WEF)が運営する社会貢献型アプリです。

Whole Earth Foundationはインフラ情報プラットフォームの構築・提供・運営を手掛けるNPO団体で、TEKKONもインフラ老朽化の課題を解決するために開発されました。

市民が自分の住む地域のインフラの安全を確保しつつ、仮想通貨を稼ぐことができるTo Earn型のアプリです。

「鉄のコンクリートの守り人」というアプリをもとにしてできたアプリとなっており、「鉄とコンクリートの守り人」のユーザーは、データの引き継ぎ申し込みを行うことでデータの一部を引き継いでプレイ可能です。

もともと「鉄とコンクリートの守り人」は国内向けにリリースされており、対象となるのも日本国内のマンホールに限られていましたが、TEKKONは世界中どこでも楽しめるグローバルアプリとしてリリースされています。

TEKKONの仕組み/特徴

TEKKONの仕組みや特徴を確認していきましょう。

TEKKONの仕組み/特徴
  • 社会貢献をしながら仮想通貨を稼げる
  • 初期費用なしで始められる
  • Solanaチェーンを利用

社会貢献をしながら仮想通貨を稼げる

TEKKONは、マンホールをはじめとする地域のインフラの写真を撮影したり、投稿された写真に対してレビューをしたりすることで、報酬(インセンティブ)を得られるアプリです。

獲得した報酬は仮想通貨「Whole Earth Coin(WEC)」に交換できるクリプトウォレット機能が搭載されているため、楽しみながら仮想通貨を稼ぐことができます。

TEKKONはもともと、国や公共団体などによる公共インフラの管理がうまく行われていないという問題点を解決するために開発されました。

日本各地ではマンホールや電柱などインフラ設備の老朽化が進んでいますが、その現状をタイムリーに把握することは困難でした。

TEKKONでは、各地に住むユーザーが地域のインフラ設備の写真を撮り、そのデータを自治体やインフラ企業に提供することで、インフラ設備を保全するという目的があります。

世界中どこでも利用できるアプリであるため、毎日の通勤や買い物、散歩や旅行といった移動を利用して写真撮影を行うだけで、自分の地域のインフラを守りつつ、報酬獲得にも繋げられるのです。

ちなみに、TEKKONの公式サイトによると、日本のマンホールの投稿数は1,142,230件、世界のマンホールの投稿数は108,979件となっています。

初期費用なしで始められる

TEKKONでは、相棒となる犬のキャラクターとともにゲームを始めます。

1匹目の犬は無料でもらえるため、初期投資なしでゲームを始められます。

従来のブロックチェーンゲームでは、ゲームを始めるために高額な初期投資が必要なものも多いですが、TEKKONの場合は必要ありません。

お金をかけなくてもすぐに始められるため、気軽にブロックチェーンゲームを始めてみたい方や、初めてブロックチェーンゲームに挑戦するという方にもピッタリでしょう。

ただし、2匹目以降の犬を保有したい場合は、マーケットプレイスで犬を購入する必要があります。

まずは無料の犬を使って試してみて、慣れてきたら2匹目の犬を購入する、という形でゲームを進めても良いでしょう。

Solanaチェーンを利用

ブロックチーンゲームであるTEKKONは、開発基盤にSolanaチェーンを利用しています。

Solanaチェーンは、データの高速処理技術に強みを持ち、イーサリアムキラーとも呼ばれています。

2020年にリリースされたブロックチェーンで、ユーティリティートークンとしてはSOLを採用しています。

Solanaチェーンの処理能力は非常に高く、イーサリアムの1,000分の1のスピードでデータの処理ができると言われています。

独自のコンセンサスアルゴリズム(PoH)を用いることによって、レイヤー2に頼らずにトランザクションの処理が行えるため、処理速度の高速化が実現されました。

高い処理能力を持つことで、取引増加による送金手数料の高騰や処理遅延などのスケーラビリティの解決も期待されているブロックチェーンです。

DeFiやブロックチェーンゲームといった高い処理能力が求められるアプリにおいても、Solanaチェーンは活用されています。

TEKKONで用いられる仮想通貨WECを手に入れたい場合は、まずはbitFlyerなどの国内仮想通貨取引所から海外取引所に仮想通貨を送金するという手続きが必要となります。

bitFlyerの口座開設申し込みは簡単な手順で完了するため、初めて仮想通貨の取引を行うという方でも迷わず手続きできるでしょう。

興味のある方は、まずはbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

TEKKONの始め方

TEKKONを始めるにあたって、TEKKONで用いられる仮想通貨WECの入手方法を解説していきます。

以下の手順に沿ってWECを入手するところから始めてみましょう。

TEKKONの始め方
  • TEKKONのアカウントを作成する
  • 国内仮想通貨取引所で口座を開設する
  • 元手となる仮想通貨を購入する
  • 海外取引所で口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金し、WECを購入する
  • WECをTEKKON内のウォレットに送金する

TEKKONのアカウントを作成する

まずは、TEKKONのアカウントを作成するところから始めていきます。

TEKKONはiPhoneまたはAndroidでプレイをすることが可能です。

アプリストアでTEKKONのアプリをダウンロードしたら「Create an account」からアカウント登録を行います。

利用規約・プライバシーポリシーを確認の上、メールアドレスの登録を行いましょう。

tekkon2

登録したメールアドレスに認証メールが届くので、メール内に記載されたコードを入力し、パスワードの設定を行います。

改めてメールアドレスの入力や利用している端末の入力、引き続き有無などを入力し、内容を確認して送信すれば登録作業は完了です。

tekkon3

アクティベーションコードがメールで送られるので、アプリに入力して「ENTER TEKKON」をタップすれば、アカウント作成手続きは終了します。

国内仮想通貨取引所で口座を開設する

TEKKONのアプリの準備が完了したら、国内仮想通貨取引所での口座開設も併せて行いましょう。

アプリ自体は無料でも始められますが、収益効率を上げるためには2匹目以降の犬も手に入れる必要があるためです。

アプリ内で利用できる仮想通貨WECは、国内の取引所では取り扱いがないため、海外の取引所を通じて購入することになります。

まずは、国内の仮想通貨取引所で基軸通貨を購入し、それを海外取引所に送金してWECと交換するという手順が一般的です。

国内取引所は基本的にどこでも構いませんが、bitFlyerは最小1円という少額から仮想通貨の取引が可能な取引所です。

少額取引から始めてみたいという方には利用しやすいでしょう。

bitFlyerでは、最短10分で口座開設が可能となっています。

以下の手順にそって手続きを進めてみましょう。

tekkon4

まずは、bitFlyerの登録フォームからメールアドレスを登録します。

確認メールが送られるので、記載されたURLから登録手続きを進めます。

本人情報を入力したあとは、本人確認手続きを実施します。

スマートフォンと本人確認書類が手元にあれば、クイック本人確認を利用してオンラインで本人確認手続きを完結できます。

口座の開設申し込みが完了したら、自分のアカウントに資金を入金すれば仮想通貨の取引の準備が完了します。

元手となる仮想通貨を購入する

bitFlyerでは、「銀行振込」または「クイック入金」のいずれかの方法で入金が可能です。

クイック入金は、住信SBIネット銀行・イオン銀行・その他の銀行(ペイジー経由で入金)のいずれかの金融機関から手続き可能です。

住信SBIネット銀行からのクイック入金であれば、入金手数料不要で即時手続きができます。

口座に資金が入金できたら、基軸通貨を購入します。

販売所/取引所を開き、購入したい仮想通貨を選択しましょう。

取引画面が開いたら、購入したい金額または数量を入力し、「買い注文に進む」をタップします。

内容が表示されるので、間違いがなければ「買い注文を確定する」を選択すると、購入が完了します。

海外取引所で口座を開設する

国内仮想通貨取引所で元手となる資金を準備できたら、海外取引所にアカウントを開設しましょう。

2022年10月現在、WECを取り扱っている海外取引所は主に以下の3つです。

WECを取り扱っている海外取引所
  • MEXC
  • ProBit Global
  • BitMart

ただし、海外取引所は国内と異なる法律や規制が適用されているため、まれにトラブルに巻き込まれる可能性があります。

無登録業者については金融庁が警告を発していることもあり、自己責任で利用するようにしましょう。

国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金し、WECを購入する

続いて、国内取引所で手に入れた仮想通貨を海外取引所に送金します。

bitFlyerから送金する場合の、主な仮想通貨の送金手数料は以下の通りです。

仮想通貨送金手数料
ビットコイン0.0004BTC
イーサリアム0.005ETH
ライトコイン0.001LTC
リスク0.1LSK
リップル無料
ステラルーメン無料

「入出金」メニューから送金したい仮想通貨を選択し、送付先のアドレス登録手続きを行います。

確認メールが送付されるので、メール内のリンクから送付先アドレスを登録します。

登録が完了したら、再度「入出金メニュー」から「送付」を選択し、送付手続きを行いましょう。

海外取引所に仮想通貨が着金したら、WECへの交換手続きを進めます。

WECのペアとなる仮想通貨はUSDTであるため、まずはUSDTに交換した後、WECに交換するという手順が必要となります。

WECをTEKKON内のウォレットに送金する

WECを入手できたら、TEKKONアプリ内のウォレットへと送付しておきましょう。

アプリのホーム画面「Wallet」から「Crypto」を選択します。

tekkon5

「CREATE NEW WALLET」からパスコード設定を行うとリカバリーキーが表示されるため、メモなどに記録して無くさないように保管しましょう。

tekkon6

リカバリーフレーズの登録を行えば、ウォレットの作成手続きが完了します。

ウォレットが作成できたら「WEC」をタップし、「Receive」を選択すると、ウォレットへの入金手続きが行えます。

入金用のアドレスが表示されるので、海外取引所から送付手続きを行いましょう。

上記の手続きを行えば、TEKKONで利用されるWECの入手が可能です。

WECを入手するためには、まずは国内取引所での口座開設が必要となります。

bitFlyerは簡単な手順で申し込みが可能で、最短10分程度で取引が始められます。

これからTEKKONを始めてみたいと考えている方は、bitFlyerもぜひ併せてチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

TEKKONの稼ぎ方/遊び方

TEKKONでの稼ぎ方を紹介します。

TEKKONで仮想通貨を稼ぐ方法は、主に以下の2種類です。

TEKKONの稼ぎ方/遊び方
  • インフラ設備を撮影・投稿(ポスト)して稼ぐ
  • 投稿された写真へのレビューで稼ぐ

インフラ設備を撮影・投稿(ポスト)して稼ぐ

まずは、インフラ設備を撮影・投稿して稼ぐ方法があります。

TEKKONで対象となるのは、マンホールや電柱といった地域でよく見かける公共インフラ設備です。

具体的には以下の手順で進めていきます。

マンホールの撮影手順
  1. 近くのマンホールの場所を探す
  2. 撮影するマンホールの位置を決定する
  3. マンホールの写真を撮影する
  4. TEKKONに撮影した写真を投稿(ポスト)する
tekkon7

まずは撮影するマンホールをアプリから探します。

アプリホーム画面の「+」をタップし、「Post」を選択すると、地図画面が表示されます。

位置情報を確認し、「CONFIRM」を選択すると、撮影が始まるので指示に従って撮影を進めましょう。

マンホールを撮影する際は、真上からの写真と周辺の写真の両方が必要となります。

撮影が終了したら「PROCEED」をタップすると、報酬を獲得できます。

ただし、投稿によって報酬が獲得できるのは、まだ他のプレイヤーに投稿されていないマンホールに限られます。

以下のように地図上に色付きで表示されるマンホールは、すでに他のプレイヤーに撮影されているため、撮影・投稿しても報酬を獲得できません。

マンホールの状態

:すでに投稿されているマンホール
:最近投稿され、まだレビューされていないマンホール
:最近投稿され、すでにレビューされているマンホール

投稿された写真へのレビューで稼ぐ

他のプレイヤーが投稿したインフラ設備の画像へレビューすることでも報酬を獲得できます。

tekkon8

すでに投稿されている写真を選択すると、マンホールの状態に関する質問が表示されます。

「このマンホールと周囲の舗装に損傷はありますか?」「このマンホールの蓋にサビがありますか?」といった内容が表示されるので、「はい」や「いいえ」などで回答を進めていきます。

近くにあるマンホールがすでに投稿されている場合は、レビューをすることで報酬を稼ぐと良いでしょう。

このように、TEKKONでは隙間時間を利用して簡単に仮想通貨を稼げます。

bitFlyerは、簡単な手順で口座開設・仮想通貨の取引が可能な国内取引所です。

TEKKONで2匹目の犬を入手する際などは仮想通貨WECが必要となります。

bitFlyerを利用すれば、シンプルな手順でWECの入手を進められますので、興味のある方は、公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

国内取引所にはbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ

bitflyer
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
取引銘柄17銘柄
取引手数料ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01〜0.15%
ビットコイン販売所:無料
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC
入金手数料銀行振り込み:無料
クイック入金(住信SBIネット銀行):無料
クイック入金(他行):330円
出金手数料三井住友銀行:220円〜440円
他行:550円〜770円
仮想通貨(BTC)の入出金0.0004BTC
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、最小1円単位の少額から仮想通貨取引を始められる国内取引所です。

取り扱い仮想通貨は17種類と、さまざまな仮想通貨に分散して投資を行うことも可能です。

口座の開設申し込み手続きおよび仮想通貨の取引はシンプルでわかりやすく、仮想通貨の取引を初めて行う人でも迷わずに手続きできるでしょう。

スマホアプリにも対応しているため、時間や場所を問わずに仮想通貨の価格チェックや取引を行えます。

bitFlyerでは、積立投資やクレジットカードのなどの幅広いサービスも提供しているため、仮想通貨投資をお得に始めたいと考えている方にも人気があります。

まずは、bitFlyerの公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

TEKKONの注意点

TEKKONを利用する際の注意点をまとめました。

TEKKONの注意点
  • TEKKONでの撮影やレビュー回数には1日あたりの上限がある
  • 撮影時は周囲の状況に気を付ける
  • 無料でも稼げるが効率が悪くなる

TEKKONでの撮影やレビュー回数には1日あたりの上限がある

TEKKONでは、犬1匹につき1日あたりの撮影やレビューに上限が設けられています。

  • 撮影・投稿:3回まで
  • 投稿へのレビュー:10回まで

上限回数以上の投稿・レビューも可能ですが、獲得できる報酬が大きく下がってしまうので注意しましょう。

1日にまとめて投稿を行うよりは、毎日少しずつコツコツプレイする方が得られる報酬が大きくなります。

投稿やレビューについてのデータは毎日23時にリセットされるため、なるべく無駄がないように稼ぐのがポイントです。

撮影時は周囲の状況に気を付ける

アプリの性質上、プレイする際は屋外に出る必要があります。

撮影対象はマンホールや電柱など、道路に設置されているものとなるため、撮影の際は事故やトラブルなどが起こらないように周辺環境をチェックしましょう。

人通りが多い場所ではなるべく混雑しない時間帯を選んで撮影する、車が来ないか十分注意して撮影する、など周りに気を配ってプレイすることが重要です。

無料でも稼げるが効率が悪くなる

TEKKONは、最初に犬が1匹無料で配布されるため、初期費用をかけずに始められるというメリットがあります。

しかし、犬が1匹だけでは投稿やレビューを繰り返すとすぐに1日の上限に達してしまいます。

1日の上限に達した後も投稿・レビューは可能ですが、もらえる報酬が減少してしまうため、あまり効率が良いとは言えません。

犬を複数保有していれば、その分1日当たりの投稿・レビュー数も増えるため、なるべく効率よく報酬を獲得したいという方は、2匹目以降を購入するのが良いでしょう。

さらに、犬はWECを使うことでレベルアップが可能です。

レベルアップをすれば、アイテムを獲得できる確率や投稿・レビューでWECを獲得できる効率を上げることができます。

まずは無料でプレイを始めてみて、慣れてきたら2匹目の犬を購入したり、犬をレベルアップさせたりしてみると良いでしょう。

犬の購入やレベルアップに必要なWECは、海外取引所で手に入れることが可能です。

国内取引所から海外取引所に基軸通貨を送金し、USDTに交換した後WECを入手するという手順が一般的です。

bitFlyerはシンプルな手順で仮想通貨を購入でき、最小1円単位という少額取引にも対応しています。

これからTEKKONを始めてみたいという方は、bitFlyerも併せてチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

TEKKONのまとめ

今回は、TEKKONの特徴や始め方などについて解説しました。

この記事のまとめ
  • TEKKONは、インフラ設備を撮影・投稿することで稼げる社会貢献型のFix to Earnアプリ
  • 初期費用がかからず無料で始められるというメリットがある
  • Solanaチェーンを利用しているため低コストで高速処理が可能
  • 1日の撮影・レビュー数には上限がある点に注意
  • WECを支払えば犬の購入・レベルアップができる

TEKKONでのプレイ効率を上げたい場合は、仮想通貨WECが必要となります。

bitFlyerなどの国内仮想通貨取引所から海外取引所に仮想通貨を送金し、所定の手順で交換すればWECを手に入れられます。

bitFlyerでは仮想通貨の積立投資などのサービスを利用することもできるので、これから仮想通貨投資を始めたいと考えている方にも適しているでしょう。

興味のある方は、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる