【最安】東京で利用できるファクタリングは?手数料を抑えて資金調達ができる業者を紹介

東京 ファクタリング

スムーズに資金調達ができる手段として、中小企業や個人事業主を中心に人気を集めているファクタリング。

しかし、「どのような観点で選ぶべき?」「おすすめの業者は?」という疑問を抱えている人も多いでしょう。

この記事ではファクタリング業者を選ぶ際のポイントや、東京でおすすめのファクタリング業者について紹介していきます。

また、利用する際の注意点についても合わせて解説していくので、ぜひ本記事を参考にしてください。

この記事でわかること

・ファクタリング業者を選ぶ際は、資金化のスピードや利用可能金額、手数料などをチェック
・東京のファクタリング業者は、個人事業主なら「OLTA」、法人なら「anew」がおすすめ
・ファクタリングの契約を交わした際は、必ず契約書を細かくチェックして控えておく
・金融庁が注意喚起している悪徳なファクタリング業者は絶対に利用しない

東京でファクタリング業者を利用するのであれば、「OLTA」と「anew」の2つがおすすめです。

どちらもオンライン手続き、最短即日融資に対応しているためスピーディーに資金調達ができ、手数料も圧倒的な低水準を誇っています。

個人事業主なら「OLTA」、法人なら「anew」の利用を検討してみることをおすすめします。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

目次

東京のファクタリング業者比較一覧

東京で利用できる主なファクタリング業者を一覧表にまとめました。

ファクタリングの種類や調達可能金額、入金スピードなどを比較していますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

スクロールできます
比較項目anewOLTAQuQuMoビートレーディングGMO BtoB 早払いベストファクターアクセルファクターTRY onfact
対象法人法人
個人事業主
    
法人
個人事業主
    
法人
個人事業主
    
法人法人
個人事業主
    
法人
個人事業主
    
法人
個人事業主
    
法人
個人事業主
    
種類2社間取引2社間取引2社間取引2社間取引/3社間取引2社間取引/3社間取引2社間取引/3社間取引2社間取引2社間取引/3社間取引2社間取引
調達可能金額制限なし制限なし制限なし制限なし100万〜1億円30万〜1億円30万〜3,000万円10万〜5,000万円30万〜1億円
手数料2~9%2~9%1%~14.8%2社間取引:10~20%
3社間取引:5~9%
1%~10%2社間取引:5%~
3社間取引:2%~
2~20%5%~2%~
入金スピード最短即日最短即日最短2時間最短12時間最短2営業日最短即日最短即日最短即日最短即日
手続き方法オンラインオンラインオンラインオンラインオンライン
対面
対面電話
メール
郵送
対面メール
FAX
郵送
詳細公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

それぞれのファクタリング業者には特徴があり、ご自身の目的に沿った業者を選ぶ必要があります。

なかでも、anewとOLTAはオンラインで手続きが完了し、最短即日で入金されます。

さらに調達可能額も制限がなく、非常に低い水準の手数料でファクタリングの利用が可能です。

法人での利用はanew、個人事業主の利用はOLTAがそれぞれおすすめのファクタリング業者ですので、ぜひ利用してみてください。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

東京でファクタリング業者を選ぶポイント

ファクタリング業者を選ぶポイントを解説していきます。

【業者選びのポイント】

・取引対象は法人か個人事業主か
・ファクタリングの種類
・資金化のスピード
・利用可能金額
・手数料

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

取引対象は法人か個人事業主か

個人事業者でも資金繰りのためにファクタリングを利用したい場合があるでしょう。

ファクタリングを利用する際には、取引対象をしっかり確認しておきましょう。

取引対象については業者のホームページなどで確認することができます。

法人だけでなく個人事業主に対応している業者もいれば、法人のみに対応している業者もいます。

利用したい業者のファクタリングの取引対象を事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、大きく分けて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。

2社間ファクタリング:「利用者」「ファクタリング業者」で完結するファクタリング。取引先企業に通知が不要であるため、会社の経営状態に関しての信用に傷が付かない。

3社間ファクタリング:「利用者」「ファクタリング業者」「取引先企業」の3社間で行われるファクタリング。利用のためには取引先企業の合意が必要。

2社間ファクタリングは取引先企業に知られることなく利用できる反面、手数料が高めに設定されます。

一方で、3社間ファクタリングは手数料が安く抑えられる代わりに、取引先企業の合意が必要となるうえに時間もかかります。

これらの特徴を把握したうえで、それぞれの業者で利用できるファクタリングの種類をチェックしておきましょう。

資金化のスピード

資金化にかかるスピードも把握しておく必要があります。

ファクタリングを利用する際には、資金が必要となるタイミングまでに入金されるかどうかが重要となります。

通常、2社間ファクタリングでは2営業日前後、3社間ファクタリングでは1週間〜10日間ほど時間がかかるケースが多いです。

事前に資金化までのスピードをチェックしておき、必要なタイミングまでに資金を調達できるかを確認しておきましょう。

OLTAやanewでは最短即日で入金対応をしてくれるため、すぐに現金を用意することができます。

スピーディーに資金を用意したい場合は、OLTAanewを利用することをおすすめします。

利用可能金額

ファクタリングで調達できる金額は業者によって異なるため、利用可能金額もチェックしておきましょう。

利用可能額を把握しておかないと、利用したい金額に対応してくれない場合もあるため注意が必要です。

例えば、「GMO BtoB早払い」では利用可能な下限額は100万円ですが、「ビートレンディング」では30万円から利用することができます。

また、「anew」や「OLTA」などのように制限なく利用できる業者も存在します。

業者選びの際には、希望する金額を調達できるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

手数料

ファクタリングは扱う金額が大きいため、数%の手数料でも非常に大きな負担となってしまいます。

そのためしっかり手数料を比較しておく必要があります。

ファクタリング業者を選ぶ際には、以下の手数料比較表を参考にしてみてください。

anew2~9%
OLTA2~9%
QuQuMo1%~14.8%
ビートレーディング2社間取引:10~20%
3社間取引:5~9%
GMO BtoB早払い1~10%
ベストファクター2社間取引:5%~
3社間取引:2%~
アクセルファクター2~20%
TRY5%~
onfact2%~

通常では、2社間ファクタリングの手数料が高めに設定されるケースが多いことを把握しておきましょう。

東京のおすすめファクタリング業者

東京で利用できるおすすめのファクタリング業者を紹介していきます。

【東京のおすすめのファクタリング業者】

・anew
・OLTA
・QuQuMo
・ビートレーディング
・GMO BtoB早払い
・ベストファクター
・アクセルファクター

それぞれの業者の特徴やおすすめする理由について解説していきます。

おすすめ①anew

anew公式
対象法人
種類2社間取引
調達可能金額制限なし
手数料2~9%
入金スピード最短即日
手続き方法オンライン
運営会社OLTA株式会社・株式会社新生銀行
詳細公式ページ

OLTA株式会社と新生銀行が合同で運営している「anew」は、法人におすすめのファクタリング業者です。

「OLTA」と同じくオンラインで手続きができるうえに、最短即日の入金に対応しているため、すぐに資金を用意することができます。

2社間ファクタリングに対応しているため取引先企業に通知することなく利用でき、手数料も2社間ファクタリングの相場を大きく下回る低水準です。

anewは、法人で利用したい場合に最もおすすめできるファクタリング業者です。

\ 見積もり結果は24時間以内 /

おすすめ②OLTA

OLTA アカウント登録
対象法人
個人事業主
種類2社間取引
調達可能金額制限なし
手数料2~9%
入金スピード最短即日
手続き方法オンライン
運営会社OLTA株式会社
詳細公式ページ

個人事業主でファクタリングを利用したい人は、OLTA株式会社が運営する「OLTA」がおすすめです。

オンラインで手続きを進められるだけでなく、最短即日での入金にも対応してくれるため、スピーディーに資金を調達することができます。

さらに2社間ファクタリングにも対応しており、手数料も圧倒的な低水準を誇っています。

OLTAは、スピーディーかつ安心してファクタリングを利用したい人に最適なファクタリング業者と言えるでしょう。

おすすめ③QuQuMo

QuQuMo トップページ
対象法人
個人事業主
種類2社間取引
調達可能金額制限なし
手数料1%~14.8%
入金スピード最短2時間
手続き方法オンライン
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細公式ページ

スピーディーに資金調達をしたい人は「QuQuMo」を利用することがおすすめです。

オンラインで手続きが進められるうえに、入金スピードが最短2時間と圧倒的な速さを誇ります。

多くのファクタリングサービスが早くても最短即日であることを踏まえると、QuQuMoの最短2時間は業界トップクラスです。

とにかく早く現金化したいと考えている人は、QuQuMoを利用してみてはいかがでしょうか?

\ 入金まで最短2時間 /

おすすめ④ビートレーディング

ビートレーディング
対象法人
個人事業主
種類2社間取引/3社間取引
調達可能金額制限なし
手数料2社間取引:10~20%
3社間取引:5~9%
入金スピード最短12時間
手続き方法オンライン
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細公式ページ

入金スピードを重視する人は「ビートレーディング」の利用がおすすめです。

2社間ファクタリングを利用すれば、申し込みから入金まで最短12時間で完結させることができます。

審査通過率も98%と高く、赤字や債務超過などの事情を踏まえた丁寧な対応をしてくれることも特徴です。

速やかな資金調達を希望する人は、ビートレーディングの利用をおすすめします。

おすすめ⑤GMO BtoB早払い

GMO-BtoB早払い-2048x883-1-1024x442-1
対象法人
種類2社間取引/3社間取引
調達可能金額100万〜1億円
手数料1%~10%
入金スピード最短2営業日
手続き方法オンライン
対面
運営会社GMOペイメントゲートウェイ株式会社
詳細公式ページ

信頼できるファクタリング業者からの充実したサポートを受けたい場合は、「GMO BtoB早払い」の利用をおすすめします。

東証1部上場企業の「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」が運営しているため安心して利用できるうえに、ファイナンス業務専任の担当者がサポートしてくれます。

2社間ファクタリングにも対応しているため、取引先企業に知られることなく利用できる点も大きなメリットです。

安心・信頼のファクタリング業者を利用したい人は、GMO BtoB早払いを利用してみましょう。

おすすめ⑥ベストファクター

BestFactor トップページ
対象法人
個人事業主
種類2社間取引/3社間取引
調達可能金額30万〜1億円
手数料2社間取引:5%~
3社間取引:2%~
入金スピード最短即日
手続き方法対面
運営会社株式会社アレシア
詳細公式ページ

「ベストファクター」は信用情報を気にせずに資金調達ができるおすすめのファクタリング業者です。

業務状況の悪化や税金・社会保険の滞納などの信用情報を気にすることなく資金を調達することができ、ベンチャー企業や新設法人などでも利用ができます。

7つの項目に答えるだけで買取手数料などを診断してもらえる「簡易診断シミュレーター」もあるので、事前に手数料を把握することも可能です。

信用情報などに不安を抱えている人は、ベストファクターの利用をおすすめします。

おすすめ⑦アクセルファクター

アクセルファクター トップページ
対象法人
個人事業主
種類2社間取引
調達可能金額〜1億円
手数料2~20%
入金スピード最短即日
手続き方法対面
郵送
運営会社株式会社アクセルファクター
詳細公式ページ

「アクセルファクター」は即日対応してほしい場合におすすめのファクタリング業者です。

アクセルファクターでは「即日入金」を原則とした経営方針を採っており、全体取引の半数以上が即日対応するという圧倒的なスピード感を誇ります。

売掛債権の下限額も設定していないため、数千円の債権からでも相談に応じてくれます。

圧倒的なスピード感と少額債権への対応を求める人は、アクセルファクターの利用がおすすめです。

東京でファクタリングを利用する上での注意点

東京でファクタリングを利用する際に注意しておきたいポイントをまとめました。

【注意点】

・契約書の内容を細かく確認し控えておく
・償還請求権が付いていないかを確認する
・債権譲渡登記について理解する
・悪徳ファクタリング会社を利用しない

それぞれの注意点について解説していきます。

契約書の内容を細かく確認し控えておく

ファクタリングを利用する際に交わす契約書は、法的な効力を発揮する書類となります。

そのため契約書に記載されている内容をしっかり把握しておかないと、後から「そんな話聞いていない…」と言っても手遅れです。

難解な文章で書かれていることが多いため敬遠しがちな人もいるかもしれませんが、契約書に記載されている内容については細かく確認しておきましょう。

そして契約書の控えを必ず手元に残しておくことも忘れてはいけません。

契約内容に沿わない取引をされた場合に法的に根拠を提示することができるなど、トラブルの際には契約書の存在が非常に重要となるからです。

もし、契約書を交付してくれない業者がいる場合は悪徳業者と考えられます。

必ず契約書を取り交わしたうえで、記載されている内容をしっかり確認しておきましょう。

償還請求権が付いていないか確認する

ファクタリング業者を利用する際には、「償還請求権」の有無をチェックしておくことも大切です。

償還請求権とは…

倒産や支払い拒否などにより回収できなかった売掛金を、ファクタリング業者が利用者に対して請求できる権利。

償還請求権があると、業者が売掛債権を買い取ったものの企業の倒産などにより売掛金が回収できない場合に、利用者に金銭の請求が来てしまいます。

ファクタリングに償還請求権があるかどうかは業者によって異なるため、事前の確認が必要です。

償還請求権がない(=ノンリコース)の業者をチェックしておきましょう。

債権譲渡登記について理解する

ファクタリングによって売掛債権を買い取ってもらう場合には、「債権譲渡登記」について理解しておくことが大切です。

債権譲渡登記とは…

債権を譲渡された人が複数いる場合に、債権譲受人の間で優劣を決定するための手続き。
登記をすることで、他の債権譲受人に対抗することができる。

例えば、Aがファクタリング業者Bに対して売掛債権を売却した後に、ファクタリング業者Cにも売掛債権を売却した場合、売掛債権はBとCの両方が所有していることになる。
このようなケースでBが債権譲渡登記を設定することで、Cに対して債権が譲渡されたことを対抗できるようになる。

この債権譲渡登記の内容は、誰でも閲覧することが可能です。

そのため、取引先企業に通知がいかない「2社間ファクタリング」を利用していても、登記を確認されると取引先に知られる可能性があります。

取引先企業が登記の内容を確認する可能性は低いと考えられますが、場合によってはファクタリングを利用したことがバレてしまう可能性があることも押さえておきましょう。

悪徳ファクタリング会社を利用しない

本記事で紹介したファクタリング業者は、運営元がしっかりしていることから信頼できる業者ですが、なかには悪質なファクタリング会社も存在します。

金融庁からもファクタリングに対して、以下のような注意喚起がされています。

中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない者が、ファクタリングを装って、業として、貸付け(債権担保貸付け)を行っている事案が確認されています。

 ○ ファクタリングとして勧誘を受けたが、契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」であることが定められていない

 ○ ファクタリング業者から受け取る金銭(債権の買取代金)が、債権額に比べて著しく低額である

などのケースは、ファクタリングを装った貸付けの疑いがありますので、十分注意してください。

引用:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

もし悪質と思われる業者を発見したり契約に不安を感じたりした場合は、絶対に利用せずに金融庁などに相談・情報提供をしましょう。

東京ファクタリング業者まとめ

この記事では東京のファクタリング業者に絞って、選ぶ際のポイントやおすすめの業者を紹介してきました。

この記事のまとめ

・ファクタリング業者を選ぶ際には、取引対象が法人・個人のどちらに対応しているかをチェック
・2社間ファクタリングは取引先企業に通知することなく資金調達ができるため、信用に傷がつかない
・東京でファクタリング業者を利用するなら「OLTA」「anew」がおすすめ
・ファクタリングを利用するにあたって「償還請求権」「債権譲渡登記」についてしっかり理解しておこう

東京でファクタリングを利用するなら、「OLTA」と「anew」がそれぞれおすすめです。

2社間ファクタリングで安心して資金調達ができるうえに、業界最安水準の手数料を誇っています。

最短即日融資・オンライン手続き対応をしているため、スピーディーに資金を用意することも可能です。

ファクタリング業者を東京で探している人は、「OLTA」と「anew」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

\ 見積もり結果は24時間以内 /

目次
閉じる