【初心者向け】100万円でできるおすすめ投資・資産運用を紹介!

100万円投資

人生100年時代といわれる今、将来の資産形成に不安を抱いて多いのではないでしょうか。

急速に進む高齢社会や人口減少問題、超低金利政策を考慮すると、今後年金制度や預金利息に期待することは厳しいでしょう。

そんな中、将来の備えとして投資に興味を持つ方、投資を始めたいと思う方が急増しています。

ここでは、そんな投資初心者の方にもおすすめしたい「100万円投資」についてご紹介します。

投資初心者の方が100万円を投資する場合、どのような投資法があり、その特徴やメリットについてお伝えしていきます。

この記事からわかること
  • 投資初心者の100万円投資は、低コスト・低リスクな投資商品を選ぶこと。
  • 100万円投資におすすめできる商品は、ETF・投資信託・ロボアドバイザー
  • 投資に充てる時間や手間が全くない人には、WealthNaviがおすすめ!
  • LINE証券なら今だけ3000円分の株がタダでもらえる!
  • 投資のリスクを正しく理解し、金融資産に占める投資金額の割合を考えること。
  • 100万円の投資額でも、リスクを抑えるため分散投資を取り入れる。

投資の知識や経験がない初心者は金融商品の選定から購入・税金の最適化までを行ってくれるWealthNaviがおすすめです。

公式ページで無料で資産運用シミュレーションもできますので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

\1000円もらえるキャンペーン中/

(詳細のキャンペーン条件は、ウェルスナビ公式サイトで必ずご確認ください)

目次

投資初心者でもできる100万円の運用方法

以下は、100万円でできる投資方法をまとめた表です。

投資方法概要難易度リスク・リターン
投資信託投資家から集めた資金を1つにまとめ、
運用のプロが様々な金融商品に投資すること。
★★☆☆☆★★★☆☆
ETF(上場投資信託)指数連動型の上場投資信託★★★☆☆★★★☆☆
ロボアドバイザー人工知能(IT)を用いた投資サービス★☆☆☆☆★☆☆☆☆
日本株式市場に上場している日本株式★★★★☆★★★★☆
外国株式代表的なのが、米国株★★★★★★★★★★
国債国が個人に発行した債券★☆☆☆☆★☆☆☆☆
社債民間企業が個人に発行した債券★★☆☆☆★★☆☆☆
FX(外国為替取引)外国の通貨を売買取引すること★★★★★★★★★★
仮想通貨インターネット上で、データのみで取引される通貨★★★★★★★★★★
リスク、リターンとは
  • リスクとは、不確実性収益の振れ幅が大きいこと。
  • リターンとは、投資で得られる収益のこと
引用:https://www.jsda.or.jp/jikan/lesson3/

難易度が高く、ハイリスクハイリターンな「仮想通貨」や「FX(外国為替取引)」については、投資初心者の方にはおすすめできません。

「仮想通貨」や「FX(外国為替取引)」は、短期間で大きなリターンを期待できる一方で、大きな損失を被る可能性も高くなります。

ここでは、上記表の投資方法の中から、投資初心者が簡単に始められる方法をピックアップしてご紹介していきます。

初心者はどの投資方法がおすすめ?

投資初心者にはどのような投資方法がおすすめなのでしょうか。

ここでは、そのような方たちでも比較的簡単に始められる投資方法として、「ETF、投資信託、ロボアドバイザー、個別株」の4つをあげ、1つずつ解説していきます。

中でも、全く投資知識や経験がない方には「WealthNavi」のロボアドバイザーがおすすめです。

「WealthNavi」は、運用者数・預かり資産ともに、国内トップクラスを誇るロボアドバイザーです。

金融商品の選定から資産の購入・税金の最適化まで全て自動で行い、世界約50カ国12,000銘柄に自動で分散投資をしてくれるため、難しい金融知識などは不要です。

公式HPで資産運用のシミュレーションをすることができ、WealthNaviで30年間運用した場合の想定リターンを知ることができます。

100万円投資方法①ETF

まず一つ目に最近人気となっているETFについて紹介していきます。

ETFでは分散投資が可能なため、リスクの低い投資が可能です。

ETFとは

Exchange Traded Funds”の略で、日経平均やTOPIXなど、特定の株価指標に連動した運用成果をめざす、上場投資信託です。

上場投資信託なので、上場株式と同様に東京証券取引所などで売買取引することが可能です。

メリット

メリットについてみていきましょう。

好きな時にリアルタイムで取引ができる

ETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に板情報を見ながら、リアルタイムでの取引が可能です。

例えば1日の取引時間中に、大きな値動きがあった場合、買い時・売り時の投資チャンスを逃しません。

簡単に分散投資ができる

例えば、日経平均に連動したETFの場合、その1つのETFを保有することで、日経平均225銘柄に分散投資するのと同様の運用成果を期待することができるのです。

人気の米国株でも、S&P500(米国株式市場の動向をあらわす代表的な500銘柄)と連動のETFを購入すれば、米国市場を代表する500銘柄に分散投資するのとほぼ同じことになります。

商品性・値動きがわかりやすい

ETFは、日経平均やTOPIXなどの株価指標に連動するシンプルな商品性であるため、投資初心者でも簡単に理解することができます。

連動する株価指標は、スマホやテレビ、新聞などですぐに確認できるので、誰でも簡単に値動きを把握することができます。

低コストで高パフォーマンス

ETFは、買付手数料や信託報酬(保有コスト)がかかりますが、証券会社によっては、買付手数料がかからないETFもあります。

またETFの信託報酬は、1%に満たない商品が多く、特にアクティブファンドの投資信託に比べるとどれも低コストです。

さらに低コストでありながら、パフォーマンスの高いETFも多くあります。

例として、米国の代表的な株価指数「S&P500」に連動するETFのパフォーマンスを見てみましょう。

S&P500連動型 国内ETF情報
銘柄名上場インデックスファンド 米国株式 (S&P500) (1547)
連動指数 S&P 500 (配当込み)
信託報酬 0.15% (年率・税抜)
設定日2010/10/22
純資産額260億円
上場インデックスファンド 米国株式
引用 Tradingviewの提供チャート

始め方

ETFの取引は証券口座を通して行われるため、まずは、証券会社に口座を開設する必要があります。

多くの証券会社でETFを取り扱っていますが、種類や商品数は異なります

ETFの種類や選び方についてはETFのおすすめ銘柄を参考にしてみてください。

SBI証券のETFは、国内だけでなく海外の指標に連動したものも豊富に取り扱っており、ETFの取扱銘柄数は200件以上になります。

さらにETF取引手数料は、国内株式(現物)と同様で最安水準です。

中には手数料無料の銘柄もあり、お得に取引を始めることができます。

\ 株式取引シェアNo.1! /

100万円投資方法②投資信託

次に投資信託について解説していきます。

投資信託とは

投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用の専門家(プロ)が、さまざまな銘柄(株式や債券など)に投資をして収益を得ることを目的とした金融商品です。

ETFと異なり100円という少額から投資できる金融商品です。

メリット

メリットを紹介していきます。

分散投資ができる

1つの投資信託にさまざまな銘柄が入っているため、1つの投資信託を購入するだけで、複数の銘柄に投資しているのと同様の運用効果が期待できます。

小額から投資ができる

投資信託は、株式(1単元=100株)のように取引単位がないため、小額から取引が可能です。

証券会社によっては、100円から購入可能です。

積立投資ができる

毎月〇日など、あらかじめ決めた日に、決めた額だけ投信信託を買い付ける「投信積立」があります。

購入時期を複数回にして、少しずつ長期的に購入することで、大きな値動きに左右されず、安定した運用ができるでしょう。

始め方

投資信託への投資を始めるならLINE証券がおすすめです。

line証券

LINE証券で購入できる投資信託の本数はそこまで多くないものの、プロが本当におすすめできる30銘柄のみを取り扱うという強いこだわりを持っています。

マイナーな投資信託への投資を希望する方はSBI証券楽天証券などがおすすめですが、特にそういったこだわりがない方はLINE証券がいいでしょう。

さらに今なら口座開設キャンペーンを実施しています。

新規口座開設&簡単なクイズに正解するだけで最大4,000円相当の株をタダで受け取ることができますので、この機会を逃さないようにしましょう。

LINE証券キャンペーン

\ 最大4000円の株の購入代金もらえ

100万円投資方法③ロボアドバイザー

先ほどおすすめしたロボアドバイザーについて詳しく解説していきます。

ロボアドバイザーとは

人工知能(IT)を用いた投資サポートのことで、ITがネットを通じて投資のアドバイスをしたり、利用者に代わって実際に投資を行ってくれるサービスです。

ロボアドバイザーは、以下のように「投資一任型」と「アドバイス型」の2通りあります。

投資一任型投資先の選定からリバランスまで、全ての投資を代行して行ってくれる
アドバイス型アドバイスのみしてくれる。そのアドバイスをもとに投資判断は自身で行う

メリット

メリットを紹介していきます。

投資に関する専門知識が不要

投資は、経済動向や企業業績、投資商品の特徴や商品性、リスクや取引ルール、税制など、あらゆる知識が必要です。

ロボアドバイザーは、利用者に代わってすべて投資してくれるため、そのような投資知識や経験が乏しい方でも問題ありません。

手間も時間もかからない

ロボアドバイザーでは、最初に簡単な質問に回答することで、それをもとに投資方針が決まり、それに沿った投資が行われます。

自身で銘柄選定やリバランスを行う必要もないため、手間も時間もかかりません

ITの客観的かつ合理的な投資判断

人は、感情に流され、冷静な判断ができないことがあります。(特に大暴落や大暴騰などの混乱時)

その点ロボアドバイザーは、最新のテクノロジーがアルゴリズムに基づき、合理的に投資判断を下すため、人の不確な思惑や感情に左右されません。

始め方

ロボアドバイザーを提供している会社に、口座を開設する必要があります。

中でも1番のおすすめは、運用者・預かり資産が国内トップの「WealthNavi」です。

預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー
※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2022年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2022年12月時点)

WealthNavi」は、世界50か国12,000銘柄に分散投資および、リバランスまですべて自動で行ってくれる、投資一任型のロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーおすすめランキングでも1位を獲得しているWealthNaviについてもっと知りたいという方は、公式サイトまたはWealthNaviの評判・口コミを参考にしてください。

\1000円もらえるキャンペーン中/

(詳細のキャンペーン条件は、ウェルスナビ公式サイトで必ずご確認ください)

100万円投資方法④個別株投資

最後に、個別投資について解説していきます。

個別株投資とは

個別株は、大きく国内株(日本株)と外国株(おもに米国株)に分けられます。

証券取引所に上場している株式を売買取引して収益を得る「キャピタルゲイン」と、株式を保有し続けることで得られる配当金などの「インカムゲイン」があります。

個別株は、先にご紹介した投資方法(ETF、投資信託、ロボアドバイザー)と比べ最もリスクが高く、難易度も高くなります。

メリット

次にメリットを見ていきましょう。

ハイリターンを期待できる

個別株は、他の金融商品(債券や投資信託)に比べて、値動きが荒いためハイリターンを期待することができます。

特に今後の成長が期待できるグロース株は、1年で10倍、20倍になることもあります。

投資の勉強になる

個別株投資は、投資先企業の業績財務状況を把握するため、決算書類を読み理解できることも大切です。

また、株価が適正かどうか判断する株価指標やチャートの見方、分析の仕方なども知っておくとよいでしょう。

投資目的や投資期間(長期、中期、短期)にもよりますが、個別株投資に必要な知識を勉強しなければなりません。

今は、ネット(証券会社や証券業協会、金融庁などの各サイト)や本、新聞など、さまざまな媒体で知識を得ることができます。

社会人として身につけておきたい情報も多くあるので、勉強しながら投資をすることは、お金だけでなく自分自身の成長にもつながるはずです。

始め方

上場株式の取引は、証券口座の開設が必要になります。

まずは証券会社に口座を開設しましょう。

日本株だけでなく、米国株など外国株も投資をしたい方は、外国株の取扱いのある証券会社の口座開設が必要です。

SBI証券は、ネット証券国内ナンバーワンの口座数を誇り、商品のラインアップも非常に充実しています。

国内株だけでなく、外国株投資IPO投資に挑戦したい方には最もおすすめの証券会社です。

\ 株式取引シェアNo.1! /

初心者が100万円投資する際の注意点

投資はメリットも多いですが、注意しなければいけない点もあります。

特に投資初心者の方は、投資を始める前にしっかり認識しておくべき事項です。

ここでは、投資初心者が100万円投資する際の注意点として3つをあげて、解説していきます。

投資のリスクを正しく理解する

投資をする際に必ず意識しておきたいのが、「リスク」です。

投資のリスクにはさまざまな種類があります。あらかじめきちんと理解しておきましょう。

価格変動リスク換金(売却)する際、購入金額を下回る
信用リスク投資した会社が破綻してしまう
為替変動リスク換金する際、為替レートの変動により外国証券の価値が減少する
カントリーリスク投資対象の国や地域で、政治や経済の変化により、市場が混乱し、価格変動が起こる

現金比率を考える

投資はリスクがつきものであり、元本保証は基本ありません。

そのため万が一相場が大暴落してしまったとき、全財産を投資に充てていた場合は大変なことになります。

通常、個人の金融資産における現金比率の割合は、年齢があがるほど高くするのが一般的です。

目安として、20代~30代前半の若年層は、リスクをある程度とれるため現金比率は半分以下でもよく、65歳以上の高齢者はリスクをとれないため、半分以上の現金比率を確保すべきだとされています。

引用:金融庁(投資の基本)

その人の年齢や今後のライフプランやライフイベントを考慮し、金融資産のどれくらいの割合を投資に充てられるのか考えていきましょう。

自身の直近の生活費や借金をしてまで投資をすることはおすすめできません。

分散投資をする

投資の格言の一つとして、「卵はひとつのカゴに盛るな」という言葉があります。

複数の卵を1つのカゴに盛ればそのカゴを落とした時に全て割れてしまいます。

あらかじめ複数のカゴに卵を分けて盛れば、1つのカゴを落としても他のカゴは影響ありません。

投資も同様で、特定の金融資産や銘柄に集中的に投資するのではなく、さまざま商品、銘柄に分散させて投資することでリスクを抑え、安定的な運用を目指しましょう。

投資金額は100万円と限られた額の場合、さまざまな商品(銘柄)を購入するのが難しいかもしれません。

そんな時は、ETFや投資信託など、もともと小額から分散投資ができる金融商品を選択するとよいでしょう。

くれぐれも、1つの銘柄に100万円すべて投資するようなことがないよう注意してください。

100万円でできるおすすめ投資まとめ

今回は、100万円でできるおすすめの投資について解説していきました。

この記事のまとめ
  • 投資初心者が100万円投資する場合は、ハイリスクハイリターンの「投機」は避け、安定的な運用をめざしましょう。
  • ETF(上場投資信託)は、リアルタイムで取引が可能で、低コストで安定したパフォーマンスが期待できる。
  • 投資信託は、1つの銘柄で分散投資が可能で、長期積立にも適しているため、投資初心者にもおすすめできる。
  • ロボアドバイザーは、手間や時間をかけず、最新のAIが投資代行を行い、運用実績も好調(WealthNavi)
  • 個別株投資は、値動きが荒くハイリターンを得られる可能性も高いが、投資知識や経験も必要。
  • 投資のリスクを正しく理解し、無理のない資金で投資を行うこと。
  • 1つの銘柄に集中的に投資せず、銘柄・地域・時期などを分散させ、リスクを最小限に抑えることが大切。

投資に興味はあるけれど、日々忙しくそれどころではない」という人には、「ロボアドバイザー」。

投資の勉強をしたい、知識を養いたい人には、「個別株」。

低コストで長期的に安定した運用をしたい人には、「投資信託」や「ETF」がおすすめです。

今手元にある100万円は、銀行に預けていても簡単には増えません。
(現在、多くのメガバンクの利率は0.001%)

そのまま手元に置いておいても、物価上昇を考慮すると価値は下がるでしょう。

自身のライフスタイル・投資方針にあった方法で、100万円を増やしてみてはいかがでしょうか。

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次
閉じる