おすすめのほったらかし投資を紹介!少額からできる5つの方法を徹底解説

ほったらかし投資

「完全放置で投資するにはどうすればいい?」

こんな疑問を抱いていないでしょうか?

初心者の方が投資判断をするのは、かなり難しいです。忙しくて、投資判断をしたり株価を見たりする時間がない、という人も多いでしょう。

実は、ほったらかしでも利益を出せる投資方法は沢山あります。

この記事では、ほったらかしでもできるおすすめの投資方法や、具体的な投資のやり方について、詳しくまとめました。

この記事から分かること
  • ほったらかし投資には主に5つの方法がある
  • 少額から投資するなら「FX自動売買」がおすすめ
  • 外為オンラインなら初心者でも気軽に投資できる

最後まで読めば、自分のニーズに合った投資方法が見つかるので、ぜひ参考にしてください。

なお、迷っている人はFXの自動売買がおすすめです。

自動売買なら少額でも大きなリターンが狙えますし、外為オンラインの「iサイクル2取引」なら、コツコツ利益を積み立てていくことができます。

完全放置で投資したい人は、ぜひ外為オンラインで口座開設してみてください。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

目次

ほったらかし投資方法一覧

ほったらかしでできる主な投資方法は、次の5つです。

投資方法必要最低金額
FX自動売買4,000円〜
ロボアドバイザー1,000円〜
ソーシャルレンディング10,000円〜
不動産クラウドファンディング10,000円〜
株自動売買4,000円〜

FXや株の自動売買では、投資額はツールや戦略によって異なります

ロボアドバイザーは、初心者向けですが手数料が高いです。

多少投資判断ができる人なら、普通に投資信託を積み立てたほうがお得だといえます。

ソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングは、上手くいけば大きなリターンが得られますが、初心者には投資判断が難しいと言えるでしょう。

外為オンラインの「iサイクル2取引」なら、少額から自動売買取引を始められるため、初めて投資する人は外為オンラインで口座開設すると良いでしょう。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

おすすめのほったらかし投資方法

結論として、もっともおすすめの投資方法は「FX自動売買」です。

FX自動売買なら、投資信託やロボアドバイザーと違って、少額から短期で大きな利益を狙えます。

自動売買ツールといっても様々な種類があるため、自分の予算や投資方針、取引回数に応じたツールを選べ、投資の自由度も高いと言えるでしょう。

なお、初心者が自動売買投資をするなら「外為オンライン」が最もおすすめです。

外為オンラインの「iサイクル2取引」なら、実質4,000円ほどから取引できるため、予算の少ない人でも安心して投資を始めらます。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

ほったらかし投資方法①FX自動売買

ほったらかし投資のおすすめ1つ目は、FX自動売買です。

FXとは、外国の通貨同士を交換する取引で、通貨のレート差や金利差を利用して利益を出します。

自動売買なら完全自動で取引してくれるため、FXのルールがわからない人でも取り組めるのが特徴です。

メリット

FX自動売買のメリットは、次の3つです。

FX自動売買のメリット
  • 時間が必要ない
  • FXの知識や経験が必要ない
  • 少額から始められる

自動売買は、最初に設定さえすればあとは完全自動です。

FXの取引ノウハウがなくても大丈夫ですし、忙しい人でも取り組めます。

ツールや取引会社にもよりますが、最低で4,000円ほどから始められる敷居の低さもメリットだと言えるでしょう。

デメリット

FX自動売買のデメリットは、次の2つです。

FX自動売買のデメリット
  • ロスカットのリスクがある
  • ツールを選ぶ必要がある

FX取引を行う際は、ロスカットについて理解しておきましょう。

ロスカットとは、取引を始めてから含み損が口座資金を超える(または近づく)と、強制決済されてしまうシステムです。

無理に少額で取引すると、ロスカットのリスクが高まるので注意しましょう。

また、自動売買ツールは自分で選ぶ必要があります。

粗悪なツールを選んでしまうと、利益が出るどころかすぐロスカットされてしまいます。

おすすめのFX会社

外為オンライン
収益率収益率57.5% ※
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア数26種類
スプレッド (米ドル/円)0.9銭 米ドル/円
詳細公式ページ
※英ポンド/円で一年運用、2018年2月7日時点のminiコース(取引単位1,000通貨)のデモ口座取引の結果

FX自動売買を行うなら、外為オンラインがおすすめです。

外為オンラインの「iサイクル2取引」は、3通りの取引方式を選ぶだけなので、ツールの選び方がまったくわからない人でも安心して取引できるのが特徴です。

初めて自動売買を行う人は、外為オンラインを利用すると良いでしょう。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

ほったらかし投資方法②ロボアドバイザー

ほったらかし投資のおすすめ2つ目は、ロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーとは、AIに基づいて投資額や投資の方針を決めてくれるサービスで、投資の知識がまったくない人でも安心して投資できます。

ロボアドバイザーの方法は、投資一任型とアドバイス型の2種類です。

投資一任型はアドバイスから投資、リバランスまですべて行ってくれますが、アドバイス型は提案のみで実際の投資は自分で行います。

メリット

ロボアドバイザーのメリットは、次の2つです。

ロボアドバイザーのメリット
  • 投資の手間がかからない
  • スマホからでも投資できる

投資一任型のロボアドバイザーなら、投資の手間はほぼかかりません。

アドバイスだけでなく、投資判断や実際の投資、そしてリバランスまで行ってくれるため、時間がまったく取れない人でも安心です。

また、サービスによってはスマホからでも取り組めます。

投資を始めるには、証券会社を開設したり確定申告したりと面倒なイメージがありますが、ロボアドバイザーなら面倒な手続きは必要ありません。

デメリット

ロボアドバイザーのデメリットは、手数料がかかることです。

ロボアドバイザーは初心者でも取り組みやすい反面、手数料がかかってしまいます。

多くの場合、かかる手数料は1%ほどです。

一見小さな手数料に見えるかもしれませんが、投資においては1%の手数料は非常に大きいものです。

自分である程度投資判断ができるなら、他の投資方法を選ぶほうが賢明です。

おすすめのロボアドバイザー

ウェルスナビ
種類投資一任型
リターン3.4%〜8.2%/年
運用手数料3000万円まで1.1%
3000万円以上0.55%(税込)
最低投資額10万円
詳細公式ページ

ロボアドバイザーなら、ウェルスナビがおすすめです。

ウェルスナビは期待リターンが高く、NISA口座でお得に積み立て投資ができるため、初めての投資としてはかなり安定性があると言えるでしょう。

今なら当サイト限定で1000円プレゼントのタイアップ特典が開催されているのでこの機会に是非活用してください。

\ 【当サイト限定】今なら1000円もらえる! /

ほったらかし投資方法③ソーシャルレンディング

ほったらかし投資のおすすめ3つ目は、ソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは、お金を貸したい人と借りたい企業をつなぐサービスで、企業にお金を貸すことで利子を付けてもらうことができます。

また、通常の貸し借りに対して貸し倒れのリスクが小さいのも特徴です。

メリット

ソーシャルレンディングのメリットは、次の3つです。

ソーシャルレンディングのメリット
  • 登録が簡単
  • 利回りが高い
  • 少額から投資できる

ほとんどのソーシャルレンディング業者は、登録が簡潔です。

メールアドレスを登録して本人確認をするだけで登録できるため、投資にありがちなわずらわしい手続きはありません。

また、利回りが平均5〜7%と高いのもメリットです。

銀行預金や投資信託と比べると高利回りで、さらに少額投資も可能なので、リスクを抑えつつリターンを狙うこともできます。

デメリット

ソーシャルレンディングのデメリットは、次の2つです。

ソーシャルレンディングのメリット
  • 途中解約ができない
  • 倒産リスクがある

ソーシャルレンディングは、一度出資してしまうと中途解約はできません。

もし投資した資金が生活に必要になっても、途中で引き出すことは基本的にできないため、資金に余裕がある状態で出資するようにしましょう。

また、投資した事業者が倒産する可能性もあります。

もし倒産してしまうと、投資した資金が戻ってくる保証はありません。

この辺りのリスクを理解した上で、投資判断を行うようにしましょう。

おすすめのソーシャルレンディング

クラウドバンク
最低投資額1万円
期待利回り7.09%
運用期間2ヶ月〜最大36ヶ月
実績融資元本回収率100%
詳細公式ページ

ソーシャルレンディングなら、クラウドバンクがおすすめです。

クラウドバンクは運営歴が長く、元本回収率100%なので安心感があります。

最低で1万円からでも投資できるので、初心者がソーシャルレンディングを行うには最適でしょう。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

ほったらかし投資方法④不動産クラウドファンディング

ほったらかし投資のおすすめ4つ目は、不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングは、事業者が不動産を購入・運用するために出資者を募り、利益を分配するという仕組みになっています。

不動産そのものが担保となるため、元本割れリスクが小さいのが特徴です。

メリット

不動産クラウドファンディングのメリットは、次の3つです。

不動産クラウドファンディングのメリット
  • 投資期間が自由
  • 少額から不動産投資ができる
  • 手間がかからない

不動産クラウドファンディングは、投資期間の自由度が高いです。

案件ごとに投資期間が決まっているため、自分の好きな期間で投資できます。

また、気軽に不動産投資ができるのもメリットです。

不動産投資といえば、初期投資が大きい、手間がかかるなどのネガティブなイメージがありますが、不動産クラウドファンディングはそれらのデメリットを克服しています。

デメリット

不動産クラウドファンディングのデメリットは、次の2つです。

不動産クラウドファンディングのメリット
  • 元本割れリスクがある
  • 事業者が倒産するリスクがある

不動産クラウドファンディングは、元本割れのリスクは比較的小さめですが、ゼロではありません。

さらに、資金を募っている事業者が倒産して、資金が戻らないという可能性も考えられます。

出資先を選ぶ際には、物件だけでなく、事業者の資本金や事業規模をしっかり確認しましょう。

おすすめの不動産クラウドファンディング

WARASHIBE
運営会社株式会社SATAS
期待利回り2.0%~12.0%
累積募集額15億円以上
詳細公式ページ

不動産クラウドファンディングでおすすめなのは、WARASHIBE(ワラシべ)です。

不動産投資のプロによって厳選された案件のみを掲載しているため、良い物件を見つけられるか不安な人でも、安心して物件選びができるでしょう。

ほったらかし投資方法⑤株自動売買

ほったらかし投資のおすすめ5つ目は、株自動売買です。

株の自動売買は基本的にFXと同じで、ツールに任せて取引を行います。

ただしFXとは投資対象が異なりますし、取引のやり方も違うなので、必ず違いについて認識しておきましょう。

メリット

株自動売買のメリットは、次の2つです。

株自動売買のメリット
  • 忙しくても取り組みやすい
  • 感情に左右されない

株自動売買は、FXの自動売買と同じく完全自動です。

自分で投資判断したり、注文を入れたりする必要がないため、株式について詳しくない人でも比較的取り組みやすいと言えるでしょう。

また、株式投資はのめり込んで破産してしまう人も少なくありません。

自動売買は機械に任せた取引なので、感情に動かされ、間違った株を買ってしまうリスクも下げられます。

デメリット

株自動売買のデメリットは、次の2つです。

株自動売買のメリット
  • あまり完成度が高くない
  • ツール選定が難しい

株の自動売買は、FXの自動売買ほど開発が進んでいません。

株式は銘柄数も圧倒的に多いため、完成度の高いツールをプログラミングするのは難しく、期待値の高いツールを見つけられない可能性もあります。

ましてや、株初心者の人が勝てるツールを見つけることは簡単ではないでしょう。

ツール選定という面で見れば、あまり初心者向けではない投資方法です。

おすすめの証券会社

SBI証券-公式ページ
取扱銘柄数3,600銘柄以上
最低取引額100円
取引手数料0円(1日の約定代金300万円まで) ※
対応サービスNISA・つみたてNISA・iDeCo
詳細公式ページ

株自動売買でおすすめなのは、SBI証券です。

オートレ 225

SBI証券の「オートレ225」なら、無料でツールのお試しができるため、ツールで本当に勝てるのか心配な人でも安心して取引を始められます。

\ 国内株式個人取引シェアNo.1/

ほったらかし投資のメリット

ほったらかし投資の主なメリットは、次の3つです。

ほったらかし投資のメリット
  • 初心者でも始めやすい
  • 預貯金よりも利回りを期待できる
  • 手間をかけずに投資できる

初心者でも始めやすい

ほったらかし投資のメリット1つ目は、初心者でも始めやすいことです。

株やFXを自動で取引しようと思うと、相場の値動きを読んで投資判断する必要があるため、初心者にはかなりハードルが高いといえます。

しかし、ほったらかし投資ならツールやファンドが勝手に運用してくれるため、投資の知識がなくても始めやすいです。

ほったらかし投資は、初心者が最も始めやすい投資と言えるでしょう。

預貯金よりも利回りを期待できる

ほったらかし投資のメリット2つ目は、預貯金よりも高い利回りです。

ほったらかし投資以外でお金を寝かせておく方法は「銀行預金」ですが、現在は非常に利回りが低くなっています。

一般的な銀行の利回りは約0.001%ほど。

銀行口座に入れておいてもお金はほとんど増えないどころか、インフレリスクで目減りする可能性すらあります。

ほったらかし投資なら、銀行預金と同じく預けておくだけで高い金利を得られます。

手間をかけずに投資できる

ほったらかし投資のメリット3つ目は、手間をかけずに投資できる点です。

自動売買やロボアドバイザーなど、ほとんどのほったらかし投資は初期設定のみで、あとは完全放置で利益を狙えます。

特に忙しい人は、自分で取引する手間が省けるのは嬉しいですよね。

投資方法に迷ったら、外為オンラインで自動売買をするのがおすすめです。

外為オンラインの「iサイクル取引」なら、24時間自動で取引してくれますし、トレンドが転換しても見極めてくれるので効率良く利益を出せます。

ほったらかし投資を始めたい人は、外為オンラインで自動売買を試してみてはいかがでしょうか

\ 今なら15万円キャッシュバック/

ほったらかし投資のデメリット

ほったらかし投資のデメリットは、次の2つです。

ほったらかし投資のデメリット
  • 元本割れリスクがある
  • 短期間で大きなリターンは狙いづらい

元本割れリスクがある

ほったらかし投資のデメリット1つ目は、元本割れリスクです。

銀行預金なら、基本的にほぼ元本割れすることはありませんが、投資を始めるとどうしても元本割れリスクは生じます。

投資のリスクは、リターンに比例します。

例えば、利回り3%の投資方法よりも7%の投資方法のほうが、リスクは大きいです。

投資を行う際は、元本割れするリスクをしっかり認識し、どれだけマイナスになるのか想定しておきましょう。

短期間で大きなリターンは狙いづらい

ほったらかし投資のデメリット2つ目は、大きなリターンを狙いづらい点です。

ほったらかし投資の大半は、ある程度の期間(数ヶ月〜数年)運用することを想定しているため、短期で大きなリターンを狙うには適していません。

例えば年利5%ほどの投資なら、100万円投資したとしても1年間で5万円ほどです。

ほったらかし投資の強みは複利で積み立てることにあるため、短期でリターンを取りに行くものではない、と覚えておきましょう。

なお、上記のデメリットを補っているのが外為オンラインの「iサイクル取引」です。

自動売買は一般的な投資よりもリターンが高く、ツールによっては短期で比較的大きな利益を狙うこともできるでしょう。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

ほったらかし投資に関するQ&A

ほったらかし投資について、よくある質問をまとめました。

もし気になることがあれば、下記の項目をチェックしてみてください。

ほったらかし投資のよくある質問
  • 投資は利回りが高いほど良い?
  • たまには確認したほうが良い?

それぞれ順番に解説していきます。

投資は利回りが高いほど良い?

投資は、利回りだけで判断してはいけません。

リターンが高ければ、それだけリスクも高いということになるため、利回りの高さだけ見て投資していると手痛い打撃を受けることがあります。

投資の利回りの目安は3〜7%ほどです。

それ以上高い場合は、極端にリスクが高かったり、詐欺だったりする可能性が高いでしょう。

たまには確認したほうが良い?

投資状況を確認するかどうかは、どちらでも大丈夫です。

ただし、あまり細かく気にしすぎてしまうとほったらかし投資の意味がなくなってしまうため、数ヶ月に1回程度を目安に確認すると良いでしょう。

投資状況を確認するスパンは、好みの問題だと言えます。

おすすめのほったらかし投資方法まとめ

ほったらかし投資は、初心者におすすめの投資方法です。

難しい投資の知識がなくても始められますし、忙しくて投資判断する暇がない人でも、まったく問題なく取り組むことができます。

ほったらかし投資でおすすめなのは、次の5つです。

おすすめの投資方法
  • FX自動売買
  • ロボアドバイザー
  • ソーシャルレンディング
  • 不動産クラウドファンディング
  • 株自動売買

迷っている人は、FX自動売買がおすすめです。

FXならレバレッジを活かして取引できるため、より大きな利益を狙えます。

また、生まれた利益は再投資するのも良いですし、より低リスクな投資に回すのも良いでしょう。

外為オンラインの「iサイクル取引」なら、最低4,000円から投資でき、投資方法も選ぶだけなので非常に簡単です。

今からほったらかし投資を始める人は、外為オンラインで口座開設してみましょう。

\ 今なら15万円キャッシュバック/

目次
閉じる