WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO+docomo(テオ)はどっちがおすすめ?運用実績や手数料を徹底比較!

ウェルスナビVSTHEO+docomo

ウェルスナビとTHEO+docomoのどちらが良いのかという悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

老後の対策のためにも長期分散投資によって資産を築き上げることが重要と言われるようになり、投資に興味を持ち始めた方も多いでしょう。

ウェルスナビTHEO+docomoは投資初心者にとって魅力が大きい資産運用サービスを提供しています。

長期分散投資では自分でポートフォリオを組むのが大変になりがちです。

優良な銘柄を多数選んで少ない資金から上手に運用していきたいという希望を叶えるロボアドバイザー投資サービスをウェルスナビとTHEO+docomoは提供しています。

この記事ではロボアドバイザー投資として人気が高いウェルスナビとTHEO+docomoのサービスを比較して紹介します。

この記事からわかること
  • ウェルスナビはロボアドバイザー投資でも圧倒的な人気があって支持されていること
  • THEO+docomoはドコモユーザーにとってメリットが大きいこと
  • ウェルスナビとTHEO+docomoのサービスは類似性が高いこと
  • ウェルスナビはNISAの運用ができる魅力があること

ウェルスナビは実績が優れていて業界評価が高いだけでなく、NISAを使えるメリットがあるのが特徴です。

ロボアドバイザー投資で資産運用を始めるならNISAで節税することで効率が上がります。

ロボアドバイザー投資を始めるなら初心者でも始めやすいウェルスナビを選びましょう。

今ならウェルスナビでは夏の資産運用応援キャンペーンを実施しています。

最大で10万円も手に入れられるチャンスなので、この機会にウェルスナビで資産運用を始めましょう。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

目次

ウェルスナビの特徴

WealthNavi

ウェルスナビはロボアドバイザー投資サービスの中でも人気があります。

2016年にサービスを開始してからまだ歴史が浅いものの、確かな実績を持っているのが特徴です。

ウェルスナビに人気があるのは資産管理をしているだけでなく、利用者にとってメリットがあるサービスをわかりやすい形で提供しているからです。

ここではウェルスナビの特徴と魅力について詳しく見ていきましょう。

預かり資産・運用者数No.1

ウェルスナビは預かり資産・運用者数No.1のロボアドバイザーとして評価を受けています。

一般社団法人日本投資顧問業協会によってまとめられた『契約資産状況(最新版)(2021年3月現在)「ラップ業務」「投資一任業」』に基づき、業界トップに君臨していることが示されています。

※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2021年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2021年12月時点)

2021年7月13日にはウェルスナビのプレスリリースで預かり資産が5000億円を超えたことが発表されました。

運用者も30万人以上に到達したと公表しています。(2021年9月30日時点の運用者数)

着実に預かり資産も運用者数も増えてきているのは、ウェルスナビが確かに支持されているからでしょう。

サービスを提供開始してからの運用実績についても公表していて、利益を生み出せるロボアドバイザー投資サービスになっていることもわかります。

人気の高いサービスとして注目すべきなのがウェルスナビです。

NISAに対応している

wealthnavi

ウェルスナビは少額投資非課税制度のNISAに対応した口座を運用できます。

ウェルスナビではNISA対応の資産運用サービス「おまかせNISA」を提供し、通常口座とNISA口座の併用もできるようにしています。

おまかせNISAでは非課税枠の利用率が一目でわかるだけでなく、税金に関わる面倒な手続きも必要ない仕組みに仕上げられています。

さらに、ウェルスナビのおまかせNISAなら自動で対応してくれるので気軽に運用を始められます。

ウェルスナビではおまかせNISAの新規ご利用プログラムを提供しています。

キャンペーンとして実施されていて、最大5000円のキャッシュが手に入るのがメリットです。

NISA口座で自動投資をしたいなら、このチャンスを逃さないようにしましょう。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

タイアップ特典がある

タイアップ特典

今ならウェルスナビのタイアップ特典として1,000円が貰えます。

ウェルスナビのタイアップ特典は新規口座開設をして資産運用を始めると1000円のプレゼントが付与されるものです。

タイアップ特典はウェルスナビ独自のキャンペーンとも併用できます。

夏の資産運用応援キャンペーンやNISAの新規ご利用プログラムと併用するとさらにお得に利用できるでしょう。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

ノーベル賞受賞者の理論に基づいた資産運用

ノーベル賞受賞者

ロボアドバイザー投資を利用する際に重要なのがポートフォリオの構築です。

最適なポートフォリオを組むアルゴリズムが提供されていることで納得できる資産運用が実現されます。

ウェルスナビではノーベル賞受賞者の構築した金融アルゴリズムを使用してポートフォリオの策定をしています。

資産運用においてはリスク許容度に応じたポートフォリオを組むことが重要と考え、5段階のリスク許容度から最適なものを選び出す仕組みになっているのが特徴です。

リスク許容度が高いならハイリスクハイリターンの投資、リスク許容度が低いならローリスクローリターンの投資を進められるようにポートフォリオが構築されます。

年齢や資産状況などに応じてリバランスをする仕組みも整えられているので、いつも最適なポートフォリオでの運用が可能です。

ウェルスナビでは利用者からの確かな信頼を得ていて業界を牽引するロボアドバイザー投資サービスを提供しています。

ウェルスナビのロボアドバイザー投資はNISA口座も一般口座も併用できるのがメリットです。

NISA口座の新規ご利用プログラムやタイアップ特典などのキャンペーンも充実しているので、取引を始める魅力が大きいサービスです。

お得なキャンペーンが実施されている機会を生かして、ウェルスナビで自動投資を始めてみましょう。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

THEO+docomoの特徴

THEO+docomo

THEO+docomoは株式会社お金のデザインが運営しているロボアドバイザー投資サービスです。

THEOを開発したお金のデザインがNTTdocomoとの協力によって生み出したサービスで、ドコモユーザーにとってメリットが大きいサービスになっています。

資産の分別管理や投資者保護基金による補償などにも対応しております。

金融業界では常識的になっているセキュリティ対策も充実しているので興味のある方は利用してみてください。

ここではTHEO+docomoの特徴と魅力を掘り下げて解説します。

THEO+docomoだからこそ得られるメリットとして挙げられるのが以下の3点です。

dポイントが貰える

dポイントが貰える

THEO+docomoはdポイントと連携すると毎月ポイントを付与してもらえるのが特徴です。

THEO+docomoで運用している資金1万円につき1ポイントが手に入ります。

50万円運用しているなら毎月50ポイント、年間で600ポイントももらうことが可能です。

さらに、THEO+docomoではドコモ回線を利用している方のdポイントを1.5倍にして付与しています。

50万円の運用なら毎月75ポイント、年間で900ポイントも手に入れられるのです。

自動投資とdポイント付与による利益を合わせると大きな利益になると期待できます。

ドコモユーザーにとって魅力が大きいロボアドバイザー投資サービスです。

おつりを使って積み立てができる

おつり積立

THEO+docomoはdカードとの連携によっておつり積立を利用することが可能です。

おつり積立はdカードで支払いをした際に少しずつ資金を積み立てていくことができるサービスです。

おつり積立を500円に設定しておいて3600円のお買い物をすると、400円を積み立てて4000円の支払いをする形になります。                                                   3200円のお買い物をした場合には300円を積み立てて3500円の支払いをするという仕組みです。

このようにしてdカードを使うたびに歯数分の支払いをして資金を積み立てていくのがおつり積立です。

コツコツと積み立てていきたい人にとって便利なサービスでしょう。

ドコモ口座と連携するとワンクリックで入金が可能

THEO+docomoはドコモ口座との連携をするとサービスが便利になります。

ドコモ口座と連携するとTHEO+docomoの入金や出金に活用することができます。

ドコモ口座からのワンクリック入金や、運用資金の一部出金などのサービスを利用可能です。

「バーチャルなお財布」としてd払いなどによく用いられているドコモ口座は資産管理に使っている方もいるでしょう。

後払い機能での入金や積立の口座としての設定はできませんが、ワンクリック入金などの便利な機能があるので資金運用が楽になります。

このようにTHEO+docomoはドコモのサービスとの連携をすると使いやすくなるのが特徴です。

ドコモユーザーならdポイントを手に入れて稼ぎやすいので、THEO+docomoの利用を検討してみましょう。

ウェルスナビとTHEO+docomoの比較表

ウェルスナビとTHEO+docomoが提供しているロボアドバイザー投資の特徴をまとめると以下のようになります。ロボアドバイザー投資を選ぶ際に比較しておいた方が良いポイントを集めたので参考にしてください。

比較項目ウェルスナビTHEO+docomo
運用者数30万人※10万人
投資対象海外ETF海外ETF
投資銘柄数12,000銘柄11,000銘柄
NISA対応ありなし
運用実績(利回り)5年半で最大55.5%年率8.4%
手数料年率1.1%(税込)年率0.715%~1.100%
最低投資金額10万円1万円
詳細公式ページ公式ページ
※2021年9月30日時点の運用者数

このように比較してみると、投資対象には違いがありませんが、投資銘柄数はウェルスナビが上回っています。

運用者数も多いので信頼性があるのはウェルスナビにもTHEO+docomoにも共通しています。

ただ、サービスの詳細を見てみるとウェルスナビとTHEO+docomoに違いがあることもわかります。

運用状況によってTHEO+docomoでは手数料が少なくて済むことや、投資に必要な最低投資金額が少ないことがメリットでしょう。

しかし、あまりにも投資額が少ないと資産額はほとんど増えません。

dカードGOLD会員になっていることや対象期間内に出金をしていないなどの条件を満たさないと手数料が下がらないという問題もあります。

ウェルスナビではこのような制限がなく、一律で条件が定められています。

そして、NISAを使えるので、投資初心者にとって節税をしながら稼げる魅力があるのがウェルスナビです。

ロボアドバイザー投資は複雑さがなく、初心者でも気軽に始められるのがメリットです。

シンプルなサービスを提供しているからこそ、ウェルスナビの方が運用者数も多いと考えられるでしょう。

複雑なルールを理解する努力をせずにすぐにロボアドバイザー投資を始めたいならウェルスナビがおすすめです。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

ウェルスナビとTHEO+docomoの比較

ウェルスナビにもTHEO+docomoにも魅力があるのは確かです。

サービスの違いを明らかにするためにウェルスナビとTHEO+docomoの比較結果を項目別に詳しく見ていきましょう。

比較①運用者数

ウェルスナビ30万人※
THEO+docomo10万人
※2021年9月30日時点の運用者数

運用者数ではウェルスナビが約30万人で、10万人程度のTHEO+docomoを上回っています。

THEO+docomoはドコモユーザーを優遇するサービスを提供しているため、ドコモを使っていない人からはあまり着目されないという問題があります。

しかし、ウェルスナビでは誰もが得をするサービスを目指して平等なサービス内容を整えてきました。

プロモーションのためのタイアップ企画も充実させ、大きな支持を得るのに成功しているのがウェルスナビです。

比較②投資銘柄数

投資銘柄数はウェルスナビが12,000銘柄程度、THEO+docomoが11,000銘柄程度なので大きな違いはありません。

分散投資をするときには銘柄数が極端に多いことよりも、優良銘柄を多数対象にしていることの方が重要です。

ウェルスナビもTHEO+docomoも優良銘柄を選び出せるくらいに多くの投資銘柄数があります。

投資対象も海外ETFで共通しているので、この点では両社の甲乙はつけがたく、どちらも優秀だと言えます。

比較③NISAの対応

NISAにはウェルスナビしか対応していません。

NISA口座と一般口座の併用もできるサービスなので、NISAによる節税効果を最大限に引き出すのに適しているのがウェルスナビです。

NISAを利用するロボアドバイザー投資には一般口座を使う場合に比べてデメリットはありません。

NISAは節税によって利益を大きくできるだけなので、稼ぎたいならTHEO+docomoよりもウェルスナビを選ぶのが適切です。

比較④運用実績

運用実績はどれだけ大きなリターンを得られるのかを知る上で重要なポイントです。

ウェルスナビ5年半で最大55.5%
THEO+docomo年率8.4%

ウェルスナビではサービス提供開始時点からの運用実績、THEO+docomoでは年率をそれぞれのシミュレーションに基づく結果として提供しています。

ウェルスナビでは5年半で最大55.5%もの利益を生み出しています。

THEO+docomoの年率8.4%を超える実績があるのがウェルスナビです。

ウェルスナビのロボアドバイザー投資ではリスク許容度によってポートフォリオがかなり変わります。

リスク許容度が1の場合には26.3%という結果なので、ローリスクの運用をするとTHEO+docomoの方が実績的に上になります。

しかし、中間的なリスク許容度の3の場合ですら43.8%の実績があり、THEO+docomoと同等です。

リスクを許容すれば相応の高いリターンを期待できるウェルスナビに大きな魅力があると言えます。

比較⑤手数料

手数料は標準的には年率1.1%(税込)ウェルスナビもTHEO+docomoも同じです。

THEO+docomoの場合には運用資産の金額やdカードGOLDの保有などの条件によって手数料が減る特典があります。

ただ、上述のように出金するだけで年率1.1%(税込)になってしまうので、資産運用をしづらいデメリットもあるでしょう。

一律で1.1%(税込)と決まっているウェルスナビの方が資産運用のシミュレーションもしやすく、想定した形での資産形成をしやすいと言えます。

ロボアドバイザー投資では手数料がかかるのは仕方ないので、手数料負担を前提にして運用利益を上げられるウェルスナビを選ぶのは合理的です。

比較⑥最低投資金額

ウェルスナビ10万円
THEO+docomo1万円

ウェルスナビは最低投資金額が10万円で高いと感じるかもしれません。

しかし、年率10%での運用では10万円の投資で1万円の利益になります。

このくらいの利益がないと資産形成ができたという実感が湧かないでしょう。

最低投資金額がある程度低いのは大切ですが、低ければ低いほど良いというわけではありません。

THEO+docomoのように1万円から投資できるのはお試しをしたい方には良いでしょう。

しかし、資産形成をしたいと思ってロボアドバイザー投資をするならウェルスナビの設定している10万円くらいは投資に使う必要があります。

サービスを利用したのにほとんどお金が増えなかったのでは運用者ががっかりしてしまいます。

確かにロボアドバイザー投資をして良かったと実感してもらえるように、ウェルスナビでは最低金投資額をやや高めに設定しているのです。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

ウェルスナビとTHEO+docomoどっちがおすすめ?

詳細まで比較をした結果として、結局自分にはどちらが向いているのかが知りたい方も多いでしょう。

ここではウェルスナビとTHEO+docomoのどっちがおすすめかを端的に紹介します。

ウェルスナビがおすすめな人

ウェルスナビはロボアドバイザー投資を始めてみたい方なら誰にでもおすすめできます。

確かな利用者数と実績を伴っていて、使いやすいシンプルなサービスになっているからです。

強いて言えば以下に該当する人には特にウェルスナビがおすすめです。

  • これからロボアドバイザー投資で資産をきちんと形成していきたい人
  • 信頼性の高いサービスを利用したい人
  • NISAの活用をしたい人
  • お得な特典を得て口座開設をしたい人

ウェルスナビはスタート時点でキャンペーンによる特典を得られるだけでなく、NISA口座の運用によって稼ぎやすいメリットがあります。

業界トップの預かり資産・運用者数の信頼性もあるので、ロボアドバイザー投資を本格活用したい人にうってつけです。
※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2021年9月末現在)
 『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2021年12月時点)

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

THEO+docomoがおすすめな人

THEO+docomoも信頼性の高いサービスを提供しているので多くの人におすすめできます。

ただ、NISA口座を使えないことや、ポイントと手数料のシステムが複雑なことがネックになりがちです。

そのため、ウェルスナビと比べたときにTHEO+docomoを選ぶと良いのは以下のような人だと言えます。

  • ドコモユーザーでdポイントやdカードを使っている人
  • NISA口座は別に運用したい人
  • 難しいシステムも読み解いて自分なりに使いこなせる人

THEO+docomoはドコモユーザーに手厚いのが最大のメリットです。

THEO+docomo ではNISA口座は使えませんが、他のロボアドバイザー投資でNISAを使うことはできます。

ウェルスナビでNISA口座を運用し、THEO+docomoで一般口座の運用をするという方法も選べるのです。

ロボアドバイザー投資の口座はいくつ持っても問題はありません。

ウェルスナビをまずは選んでNISA口座を運用し、ドコモユーザーはTHEO+docomoも併用するとお得に稼いでいけるでしょう。

特にdカードGOLDのユーザーなら手数料も下がる可能性があるので魅力的です。

ドコモ回線を使っていなくてdカードGOLDの利用もしていない人はウェルスナビに一本化するのがおすすめです。

シンプルでわかりやすい仕組みのウェルスナビなら今すぐに始められます。

タイアップ特典や新規運用開始キャンペーンのチャンスを逃さないためにも、ぜひ今から口座開設手続きを開始してください。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

ウェルスナビとTHEO+docomoの比較まとめ

ロボアドバイザー投資は自動的にポートフォリオを最適化してリバランスをしてくれる魅力的な投資方法です。

ウェルスナビとTHEO+docomoは数あるサービスの中でも人気が高く、メリットが豊富なのでおすすめです。

実績的にもどちらも申し分ありませんが、リスク許容度に応じたポートフォリオを組める点でウェルスナビは自分に合った投資を実現してくれる可能性が高いでしょう。

どっちが良いかで迷ったらウェルスナビを選ぶのがおすすめです。

ウェルスナビはNISAに対応しているのはもちろん、総合力が優れていてシンプルでわかりやすいサービスに仕上げられています。

魅力や実力が支持されているのは業界ナンバーワンの預かり資産と運用者数によって明確に示されています。
※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2021年9月末現在)
 『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2021年12月時点)

ボーナスキャンペーンや提携先とのタイアップ特典も充実しているので、チャンスを逃さずにウェルスナビで口座を開設して運用を始めましょう。

\ 1000円もらえるキャンペーン中 /

目次
閉じる