仮想通貨のステーキングとは?やり方・メリットから税金まで徹底解説!

ステーキングは特定の仮想通貨を保持することでリターンとして仮想通貨を得ることができるという仕組みです。

そのメリットの高さから市場から新たな仮想通貨の増やし方の一つとして注目されています。

この記事では、ステーキングの特徴やメリット・デメリットなどについて説明していきます。

ステーキングに興味がある人、挑戦してみたい人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • ステーキングは特定の仮想通貨を保持することで仮想通貨のネットワークの生成に参加し、そのリターンを得ることができる仕組み
  • 特定の仮想通貨を長期的に持っていたい人におすすめの仕組み
  • 特定の仮想通貨を持っていることのみで利益が得られる反面、ステーキング中は売買など仮想通貨を動かすことができないというデメリットもある
  • 国内取引所では「ビットフライヤー、「コインチェック」、「GMOコイン」などが実施している

ステーキングや仮想通貨の取引には初心者にわかりやすいと評判のbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitFlyerでは、仮想通貨リスク(Lisk)を一定量保有することで、報酬の一部が受け取れるステーキングサービスを行っていました。

ぜひこの機会に、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

また、InvestNaviでは仮想通貨についてのお得な情報をお届けする公式LINEも配信しています。

まだ登録されていないという方は、ぜひこの機会に登録してみてください。

公式LINEの登録-5

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

仮想通貨のステーキングとは

仮想通貨のステーキングはどのようなことを指すのでしょうか。

ここでは、ステーキングについて説明していきます。

ステーキングとは

ステーキング やり方

ステーキングは、特定の仮想通貨を保持することでその対価としてリターンを得ることができる仮想通貨プロジェクトの仕組みです。

特定の仮想通貨において、一定期間以上、特定額以上をホールド(動かせない状態にして預けておく)することで、その仮想通貨のコミュニティの意思決定やコンセンサスアルゴリズムの運用に寄与し、そのリターンとして一定の利率の仮想通貨を得ることができます。

PoS

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)は承認アルゴリズムの一つです。

通常ブロックチェーンを生成する際にはそのブロックの正当性を承認する承認アルゴリズムが必要です。

コンセンサスアルゴリズムには様々な種類があり、有名なものだとマシーンによる計算によって行われるPoWが挙げられます。

PoSは決められた量の仮想通貨を一定期間保持する利用者が優先して取引の承認作業を行うことが可能な承認アルゴリズムです。

一定期間一定量の仮想通貨を保持することでネットワークに貢献しているとみなされて承認作業が優先されます。

PoWでは、マシーンパワーに取引の承認確率が依存していたため、電力や機械の性能が高い人が優先的に承認作業を実施していました。

しかし、その場合、非常に多くの電力を消費することとなってしまうことや、悪意を持った人でも平等に承認作業を行うことができるようになってしまうことなど複数の不都合が生じます。

PoSは仮想通貨の利用が多い人に優先して承認作業を割り振ることでPoWの問題のいくつかを解消することができると言われています。

DPoS

DPoSは承認アルゴリズムの一つで、PoSの仕組みに投票という制度が加えられたものです。

DPoSでは、承認の作業を担う承認者(デリゲーター)を仮想通貨の保有者で投票する形をとっています。

そのため、PoSよりもやや民主的な仕組みとなっています。

ステーキングのような仮想通貨を保持することでリターンを得ることができる仕組みに参加したい場合はbitFlyerが人気の取引所です。

bitFlyerでは、仮想通貨リスク(Lisk)を一定量保有することで報酬が受け取れるサービスを実施していました。

ぜひこの機会に、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングの仕組み・特徴

ステーキングの仕組みを詳しく説明します。

例えとして、DPoSを適用しているLSKのステーキングの倍の仕組みや特徴を説明します。

LSKのDPoSでは、ブロックを生成したり、承認するデリゲーターへの投票数は投票者側のLSKの保持枚数が多いほど、多く与えられます。

投票後はデリゲーターによって取引の承認作業(フォージング)が行われます。

フォージングが終了すると、取引の承認作業のリターンがLSKでデリゲーターに提供され、デリゲーターは自分に投票した投票者に投票してくれたリターンとしてLSKを提供します。

以上がステーキングのリターンの仕組みです。

ステーキングは直接プロジェクトに対して行うことができますが、取引所を介すると取引所が投票などの手続きを担ってくれることが多いため取引所を通すと良いです。

ステーキングや取引に興味がある方は、ぜひこの機会に、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitFlyerでは、仮想通貨取引やステーキングを初心者でも複雑な工程なしに行うことができます。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングのメリット

ステーキングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、ステーキングのメリットをポイントをあげて説明していきます。

取引をしなくても仮想通貨の保有枚数が増える

ステーキングは仮想通貨を保持することで仮想通貨のネットワークのガバナンスに参加することができ、そして参加に対してリターンを得ることができます

そのため、取引を実施することなく、仮想通貨の保有枚数が数%ずつ増加していきます。

何もしなくても枚数が増えるということは非常にメリットであるとも言えます。

利率が高く、資産が増えやすい

ステーキングの利率は仮想通貨の種類や取引所により異なりますが、通常約0.1%以上であることが多いです。

実際に2021年度のステーキングでは、LSKのステーキングで年利0.5%(コインチェック)、XTZのステーキングで年利7%(バイナンス)などの実績が聞かれています。

※利率は取引所や時期によって変動します。

各取引所変動がありますが、平均して3~6%の年利を提示している取引所が多いです。

日本の大手銀行の普通預金の利率は非常に低いと言われているので、銀行の預金利率と比較すると非常に高いと言えるでしょう。

この利益率の高さを考えると、ステーキングは資産が増えるスピードが速いと言えます。

仮想通貨を長期的に保有するインセンティブになる

ボラティリティの高い仮想通貨を長期的にホールドしていることは非常に心理的な負荷かかるでしょう。

価値が大きく下落したり、大きく上昇すると、将来性を期待している仮想通貨であっても売ってしまいたくなることもあるでしょう。

ところがステーキングはホールドすることで資産を増やせるという価値があります。

そのため、売ることに対する抑制となる効果があると考えられるでしょう。

ブロックチェーンネットワークの構築に参加することができる

ステーキングはブロックチェーンネットワークにおけるブロックチェーンの生成作業で発生する仕組みです。

そのため、ステーキングはブロックチェーンネットワークの構築に参加することになります

ブロックチェーンのネットワーク構築に参加することはあまりない機会ですから、これを機に参加してみても良いかもしれません。

ステーキングに興味がある方はぜひこの機会に、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitFlyerは世界的に高いセキュリティ水準が認められた老舗の取引所であり、豊富な取引所経験を活用して、使いやすい取引所を提供しています。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングのデメリット

メリットが複数存在する一方、どのようなデメリットはあるのでしょうか。

ステーキングのデメリットをポイントを上げて説明します。

ステーキングしてる仮想通貨を動かすことができない

ステーキングは仮想通貨を一定期間預けておくことで成立するため、仮想通貨の売買を実施することはできません。

もちろん、入出金・売買を実施することはできますが、その場合ステーキングを停止することとなります。

また、GMOコインやコインチェックは資産をロックする制度はありませんが、海外取引所のバイナンスなどはロックの期間が30日・60日・90日と定められています。

ロック期間を設定している場合、その設定期間は資産を動かすことができなくなるため注意が必要です。

リターンとして得られる金額を予想することがむずかしい

ステーキングの付与の有無や利率はその月によって異なります。

たとえば、取引所で申し込んだ場合は取引所が代わりに承認アルゴリズムの生成のための投票を行います。

そのため、投票した結果、投票対象であるデリゲーターが選ばれなかった場合はリターンが得られないこともあり得ます。

また、リターンとなる仮想通貨を投票者に分配するため、利率は一定ではありません。

そのため、リターンの金額が予想しづらいのです。

ステーキング対象の仮想通貨の価格が暴落する可能性がある

もちろん、ステーキングを実施している仮想通貨が暴落する可能性があります。

その場合、ステーキングで保有枚数を増やしても保有価値は下がってしまう可能性もあります。

そのため、挑戦する際は対象の仮想通貨自体が将来的にどのような動きとなるかも十分に検討する必要があると言えるでしょう。

ステーキングに興味がある方は、ぜひこの機会に、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitFlyerは仮想通貨取引やレンディングサービスなど、豊富なサービスを提供しています。

また、ステーキングを初心者でも複雑な工程なしに行うことができます。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングがおすすめな人

ステーキングはどのような人が向いているでしょうか。

ここでは、ステーキングにおすすめの人を説明します。

安定して資産を増やしたい人

ステーキングでは、取引所で売買するよりも比較的安定的に仮想通貨を増やすことができます。

そのため、安定して資産を増やしたい人は挑戦してみることがおすすめです。

仮想通貨を長期的にホールドする予定の人

ステーキングは仮想通貨を長期的にホールドしておく予定の人にもおすすめです。

仮想通貨をホールドすることに加えて定期的に仮想通貨の枚数を増やすことが可能なため、ただホールドするよりもお得であると言えるでしょう。

対象通貨を近日中に売買する予定がない人

対象となる仮想通貨を近日中売買する予定がない人もおすすめです。

短期間であってもステーキングすることが可能な取引所が多く存在しますので、気軽に挑戦して保有枚数をふやしていきましょう。

ステーキングに関心がある方は、アプリが使いやすくて評判のbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitFlyerでは仮想通貨取引やステーキングを初心者でも複雑な工程なしに行うことができます。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングのやり方

ステーキングはどのように実施すれば良いのでしょうか。

ステーキングを実施するには、主に2種類の方法があります。

ステーキングのやり方
  1. ステーキングを実施している取引所で口座を開設する
  2. ステーキング対象となっている仮想通貨を購入する

取引所を通してステーキングを行う

1つ目の方法は、ステーキングを実施している取引所を利用するという方法になります。

後術しますが、この方法が最も手間をかけずにステーキングの実施が可能です。

ステーキングを実施している取引所のアカウントを作成する

まず、ステーキングを実施している取引所でアカウント作成をします。

例えばbitFlyerはこちらの公式サイトからアカウントの登録が可能です。

bitFlyer登録

ステーキング対象となっている仮想通貨を入手する

ステーキングは対象通貨をホールドすることで参加することができます。

bitFlyerでは、取引ページで販売所のボタンを押して販売所ページを開きます。

次に販売所ページでステーキングの対象となっている仮想通貨(bitFlyerの場合はLisk※現在はサービス休止中)を選び、取引したい価格/量を設定します。

これでステーキングに参加することができます。

テゾスのステーキングに挑戦してみたいという場合は安心・安全に取引ができるbitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

自分自身で行うステーキング

ステーキングは、取引所を通さなくても自分自身で行うことができます。

自身でステーキングができる通貨として、ポルカドットが良い例です。

ステーキングの手順を見ていきましょう。

①ポルカドットの公式サイトにアクセス
②ブラウザ「Chrome」「Firefox」のどちらかを選択して拡張ウォレットを追加
③拡張機能より新規アカウントの作成
④Polkadot{.js}でアカウントを確認後、アプリケーションへのアクセスを許可する
⑤「Network」から「ステーキング」を選択する

上記の手順でステーキングが行えますが、ポルカドットの公式サイトやアプリケーションは日本語対応していないので、かなり難しい作業と言えるでしょう。

他のステーキングができる仮想通貨であっても、実施方法を間違えると保有している通貨を失ってしまう懸念があるので注意です。

いつかは簡単に自分自身のウォレットからステーキングができるようになる時代は来ると考えられていますが、現時点ではかなり難易度が高いです。

ステーキングを実施したい方は、取引所を通して行う方がリスクなく簡単に実施できます。

ステーキングに関心がある方は、bitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングを行うのにおすすめの仮想通貨取引所

ステーキングは取引所を通して行うことが分かりやすく手軽です。

ここではステーキングを行うのにおすすめの取引所を紹介していきます。

bitFlyer

ビットフライヤーはビットコイン取引量で国内1位であり、国内最大級の仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーは2021年2月にLSKのステーキングを開始しました。

ビットフライヤーのステーキングの特徴は次の通りです。

対象の銘柄LSK
ステーキングの条件平均10LSK以上を保持していること
リターンの仮想通貨が付与されるタイミングでアカウントが有効であること
リターンの仮想通貨が付与されるタイミングで証拠金口座がマイナスとなっていないこと
利率不明
付与頻度毎週火曜日

※現在ステーキングサービスは一時停止しております。

\ 1円から投資可能!/

コインチェック

コインチェック 口座開設方法

コインチェックは2014年から取引所を開始した老舗の取引所です。

コインチェックはLSKのステーキングを実施しています。

コインチェックのステーキングの特徴は次の通りです。

対象の銘柄LSK
ステーキングの条件平均10LSK以上を保持していること
リターンの仮想通貨が付与されるタイミングでアカウントが有効であること
利率不明
付与頻度毎週水曜日

※コインチェックは2021年11月現在ステーキングを停止していますので、再開後に挑戦してみてください

\ 取り扱い通貨数国内最大級 /

GMOコイン

GMOコインは証券取引所で有名なGMOグループが運営している取引所で、販売所や取引所の他にFXサービスなども提供しています。

GMOコインは2021年1月からXTZのステーキングを実施しています。

対象の銘柄XTZ(テゾス)
XYM(シンボル)
利率(テゾス)報酬年率 2.1%〜4.3%
利率(シンボル)報酬年率 3.2%〜4.5%
付与頻度毎月10日

2022年より、新たにXYM(シンボル)もステーキング対象の銘柄となっています。

国内取引所では取引可能な仮想通貨の銘柄は限定的ですが、その分、安心安全かつ気軽に取引することが魅力的です。

気になる取引所・仮想通貨銘柄でステーキングに挑戦してみると良いです。

ステーキングをに挑戦する場合は金融庁登録済みの暗号資産交換業者のbitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

bitFlyerはメールアドレスの入力ですぐにアカウントを作成することができ、アカウント作成もWEB上で完結するため、スピーディに利用を始めたい方に最適です。

\ 1円から投資可能!/

ステーキングする仮想通貨銘柄の選び方

ステーキングする仮想通貨の銘柄はどのようなものを選べば良いのでしょうか。

ここでは、仮想通貨の銘柄を選ぶ際のポイントを説明します。

利回りで選ぶ

利回りが良い仮想通貨を選ぶという方法はおすすめです。

利回りが良い仮想通貨を選ぶことで資産が増加するスピードが速くなります。

ステーキングのリターンの利回りは、仮想通貨や取引所によって異なります。

そのため、利回りの最大値、最小値や平均値を調べて利回りの高い仮想通貨を選択しましょう。

取引所が対応している仮想通貨の銘柄で選ぶ

ステーキングは個人でもできますが、取引所を通して行うほうが簡単です。

そのため取引所が対応している銘柄を選び、対応取引所で行うことがおすすめです。

前述の通り、国内の取引所ではLSKやTXZなどを対象として実施しているので、LSKやTXZを選ぶと良いでしょう。

長期で保持したい仮想通貨で選ぶ

ステーキングは仮想通貨を一定以上ホールドすることで利益を得ることができるため、ある程度長期で仮想通貨を保持する必要があります。

そのため、長期で保持したい仮想通貨を選ぶことが最適です。

長期で保持したい仮想通貨を選ぶ時は、その仮想通貨のホワイトペーパーなどを読み、プロジェクトの進捗具合や将来性を確認しましょう。

仮想通貨の取引やステーキングに興味がある方は、国内取引所の中でも取引量が多いbitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

bitFlyerは取引量が多く、流動性が高いため、お得に取引を行うことができるでしょう。

\ 1円から投資可能!/

仮想通貨のステーキングに関してよくある質問

ステーキングについて理解が深まってきたでしょうか。

ここではステーキングについて良くある質問に答えていきます。

ステーキングできる仮想通貨が限られている理由は?

ステーキングの対象となる仮想通貨は、そのプロジェクトの承認アルゴリズムなどのにステーキングがシステムとして組み込まれているプロジェクトに限定されます。

プロジェクトによっては、PoWを適用しており、承認アルゴリズムが完全にマシーンパワーで行われており、ステーキングが全く利用されていない場合もあります。

そのため、好きな仮想通貨でステーキングを実施してみたい場合はその通貨のプロジェクトでステーキングを適用しているか調べてみることがおすすめです。

ステーキングのリターンを受け取れない場合はあるの?

ステーキングのリターンを受け取れない場合もあります。

その場合、個人や投票所が投票した対象者(デリゲーターなど)が選ばれなかった場合となります。

ステーキングのリターンは自分が投票した対象者が選ばれた場合が多いため、選ばれなかった場合はリターンを受け取れない場合があります。

ステーキングで得た利益に税金はかかるの?

仮想通貨のステーキングでも税金はかかります

税金が課されるタイミングは次の二つのパターンになります。

税金が課されるタイミング

・仮想通貨をステーキングのリターンとして取得したとき

・ステーキングのリターンとして取得した仮想通貨を売却したとき

ステーキングのリターンとして通貨を取得したとき、受けとった通貨の価格(その時点の価値)に対して税金が課されます。

また、取得した通貨を売って利益が発生した場合は、売却した時の価格とステーキングで取得した時の価格の差に税金が課されます。

加えて、同じ年で複数の取得や利益・損失が出た場合はその差額分税金の申請を行うことができます。

仮想通貨の取引、ステーキングに興味がある方はbitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

仮想通貨のステーキングのまとめ

今回はステーキングについて説明しました。

今回の記事の内容を次の通りにまとめましたので参考にしてみてください。

本記事のまとめ
  • ステーキングは仮想通貨を保有することのみで仮想通貨のネットワークの生成に参加し、利益を得ることができる仕組み
  • 取引をせずに安定して資産を増やしたい人におすすめのサービス
  • ホールドしていることのみで資産が増える一方、資産を動かせない点や仮想通貨暴落のリスクもある
  • 国内取引所では、ビットフライヤーやコインチェック、GMOコインなどがステーキングを提供している

ステーキングを取り入れる仮想通貨プロジェクトは今後増加し、国内取引所での取り扱いも増えることが予想されます。

今後注目が集まるステーキングサービスを今のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ステーキングなどの仮想通貨関連の様々なサービスに挑戦したい方はbitFlyer公式サイトをぜひチェックしてみてください。

bitFlyerはステーキングだけでなく、仮想通貨のレンディングやビットコインでの電気料金の支払いなど、売買だけではない様々な仮想通貨関連サービスを提供しています。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる