少額1000通貨取引ができるおすすめFX会社を紹介!コツコツ利益を出すには?

FX 1000通貨取引

FXのイメージとして「多くの元手が必要」と考える方が多くいます。

確かに大きな利益を出したい場合は多くの元手が必要となる場合がありますが、実際には少額からでも始めれられる敷居の低い投資であることをご存知でしょうか。

FXは取引する単位を1000通貨などに設定すれば、少額で始められるうえに大きなリスクを背負う必要がないのです。

このページでは少額投資の始め方やおすすめのFX会社を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

内容をまとめると
  • FXは1000通貨からのリスクの低い取引が始められる
  • 1000通貨では数千円~10万円前後で取引可能
  • 1000通貨で始めれる業者を選ぼう
  • 少額でFX取引をしたいなら松井証券FXがおすすめ!
  • 1000通貨からの取引は小さな利益を積み上げることが重要

少額からFXを始めたいという方は、業界最小1通貨単位から取引できる松井証券FXがおすすめです。

少額から取引できるだけでなく、スプレッドの狭さや自由に設定できるレバレッジも人気が高いFX会社になります。

\ 最大20,000円のキャッシュバック!/

目次

FXの1000通貨とは

FXの1000通貨とは

FXでは売買する通貨の単位をロット(lot)という単位で表します。

ロットの単位は通常1万通貨となっており、1ドルが100円の場合100円×1万通貨=100万円。

つまり1万通貨あたり100万円の証拠金が必要となる計算です。

FXを始めるのにあたっていきなり100万円の入金となると敷居が高いですね。

しかし、会社によっては1000通貨単位で始められる会社もあるため、少額でFXを開始することができるのです。

1000通貨の概要を見ていきましょう。

FXの最小取引単位

1000通貨はFXの最小取引単位となります。

通常1ロットは1万通貨と定められていますが、0.1ロットから取引できる会社もあれば1ロットが1000通貨と定められている会社など様々です。

1万通貨を保有するためにはある程度の自己資金が必要となってきますが、その10分の1である1000通貨であれば敷居が低いと感じる方も多いでしょう。

特に初めてFXする方にとって多くの金額を投資するのは怖いことであるため、まずは最小取引単位である1000通貨からの取引がおすすめです。

1000通貨取引でいくら必要?

1000通貨取引にいくら必要かを2021年1月15日時点のレートで紹介します。

1000通貨取引に必要な金額(2021年1月15日時点のレートで計算)

・USD/JPY(104円)・・・レバレッジ1倍=10万4000円、レバレッジ25倍=4160円
・EUR/JPY(126円)・・・レバレッジ1倍=12万6000円、レバレッジ25倍=5040円
・AUD/JPY(80円)・・・レバレッジ1倍=8万円、レバレッジ25倍=3200円
・GBP/JPY(141円)・・・レバレッジ1倍=14万1000円、レバレッジ25倍=5640円

計算の方法は、レート×1000÷レバレッジです。

1000通貨であればレバレッジをかけない場合約10万円前後、レバレッジ25倍の場合数千円での取引ができます。

これが1万通貨であると、その10倍もの証拠金が必要となる計算となりますね。

1000通貨取引ができるおすすめのFX会社

1000通貨から取引ができるおすすめのFX会社を紹介します。

少額投資をする際は、最小取引単位が1000通貨であることが条件ですが、それ以外にも情報量や取引環境を重視すべきといえます。

松井証券FX

松井証券FX

松井証券FXは、2021年2月に大規模なリニューアルをしたことで人気が急増しています。

Invest NaviのFX会社のおすすめ比較ランキングでも上位で紹介させて頂いており、非常に人気のあるFX会社です。

日本を代表する証券会社「松井証券」によって運営されているため、顧客からの信頼度も抜群に高いFX会社です。

「初めての方でも少額から簡単に始められるあんしんFX」をコンセプトとしています。

松井証券FXのメリット
  • 1通貨単位、最低入金100円からの少額取引が可能
  • 業界最狭水準のスプレッド環境
  • 最大レバレッジを1倍、5倍、10倍、25倍から自由に選択できる

1通貨からの少額投資ができるので、100円の入金でも複数通貨ポジションの保有ができます。

大きな利益は見込めませんが、その分大きな損失を出すリスクもないのでお試し感覚で取引可能です。

最大レバレッジを4種類のコースから自由に選択できることで、自分で計算してレバレッジ調整する手間を省けます。

松井証券については、公式サイトまたは松井証券の評判・口コミをご覧ください。

\ 最大20,000円のキャッシュバック!/

LIGHT FX

LIGHT FX トップページ

1000通貨取引で初心者が最も始めやすいFX会社はLIGHT FXです。

LIGHT FXはトレイダーズ証券の運営しているFXサービスで、初心者が最初のFX取引を行う際に便利なサービスを提供しています。

LIGHT FXのメリット
  • 1000通貨から始められる
  • 情報量が豊富で初心者にも分かりやすい
  • 取引ツールの操作性が簡単
  • ロスカット水準が100%と高くリスクを回避した取引が可能

専用ツールの操作性や相場分析情報が豊富であるため初心者の方でも始めやすいです。

またロスカット水準が100%と高く設定されていることから、リスクの少ない取引が始められます。

詳しくはLIGHT FXの公式サイトLIGHT FXの評判や口コミを確認してみてください。

みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXはLIGHT FXと同様にトレイダーズ証券の運営するFXサービスです。

1000通貨から始められることはもちろん金利差額で発生するスワップポイントに定評があるので、コツコツと利益をあげたい長期投資家におすすめです。

みんなのFXのメリット
  • 1000通貨から取引可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • スワップポイントが他社よりも高い

LIGHT FXに比べるとマーケット情報が少なめであるというデメリットはありますが、スプレッドの狭さが業界最狭水準であるため初心者の方でも取引利益を上げやすいメリットがあります。

みんなのFXの公式サイトみんなのFXの評判や口コミにて詳しく解説しているので、是非チェックしてみてください。

YJFX!

YJFX! トップページ

YJFX!は大手ヤフーグループの運営するFXサービスです。

YJFX!のメリット
  • 1000通貨から取引可能
  • YahooIDとの連携でPayPay(or現金)が貯まる
  • 外貨両替ができる

ヤフーグループの運営という事でPayPayの貯まるポイントサービスは大きな魅力です。

また外貨両替がYJFX!を通して行えるという事で、手数料を抑えた外貨交換ができることも人気の要因となっています。

詳しくはYJFX!の公式サイトもしくはYJFX!の評判や口コミを確認してみてください。

1000通貨取引の利益シミュレーション

次に1000通貨取引で得られる利益のシミュレーションを行います。

FXでは値幅をpipsという単位で表します。

pips(ピプス)とは?!
通貨の値動きの最小単位を表します。
米ドル円の場合は1pips=0.01円(1銭)、
ユーロドルの場合、1pips=0.0001ドルと計算できます。
※円を含まない通貨ペアは基本的に小数第4位の値が1pips

FXではこのpips幅を多く獲得できれば利益も増える仕組みです。

FXの損益では、「取引量×pips」で表示され、トレードのパフォーマンスを計測するために、pipsで損益報告をすることがあります。

pipsによる損益結果

・米ドル円のトレードで1pips稼いだ時
①1000通貨の場合→0.01円(1pips)×1000通貨で10円の利益
②1万通貨の場合→0.01円(1pips)×10000通貨で100円の利益

上記のように取引量に依らない純粋なトレードパフォーマンスを見る際に、pips表示は有効です。

FXの1000通貨取引の始め方

次に1000通貨取引の始め方について解説します。

1000通貨の取引では必要証拠金が少なくて済むほか、大きな損失を出すリスクも低いので気軽に始めることが可能です。

1000通貨で始められるFX会社を選ぶ

1000通貨取引を始める際には1000通貨での取引ができる会社を選ぶ必要があります。

FX会社によっては最小取引単位1万通貨~と定められている会社も多いので注意しましょう。

1000通貨から取引できるおすすめのFX会社
  • 松井証券FX・・・業界最小1通貨から取引できるFX会社
  • LIGHT FX・・・FX初心者に分かりやすい情報ツールが豊富
  • みんなのFX・・・業界最狭水準の低コスト取引が可能

上記3社の中で最もおすすめできるのが松井証券FXになります。

ほとんどの会社は最小1,000通貨〜1万通貨からの取引となりますが、松井証券FXでは1通貨から取引することが可能なため、100円程度からFXを始めることができます。

個人投資家向けの本格的なインターネット取引を国内で初めて提供した会社としても有名で、業界でも老舗のFX会社になります。

実績があるからこそ提供できる充実のカスタマーサポートを始め、スプレッドやレバレッジなど魅力が多いFX会社になります。

\ 最大20,000円のキャッシュバック!/

チャートを分析する

FX会社による口座の開設ができたらチャートの分析を行います。

チャートを分析する

チャート分析はローソク足という値動きの時系列に沿った分析手法を用いることが一般的です。

投資家の心理状態や値動きの傾向などを予測するためにも使われます。

また分析時に使うツールとしてインディケータという指標があります。

インディケータとは?!
通貨の売られすぎ、買われすぎを示すツールや、トレンドの強さを示すツールといった値動きの分析に用いられるもの。チャート上に表示させて値動きの動向や方向性を確認します。

各FX会社の取引ツールには標準搭載でインディケータがあります。

自身に合ったインディケータツールをチャート上に表示させたうえで値動きの分析を行いましょう。

経済情報を収集する

チャートの設定が完了したら経済情報を収集しましょう。

為替相場は経済指標や世界的なニュースによって大きな変動が発生します。

特に重要視される経済指標は投資家に意識されやすく、売買の起点となるので必ずチェックしておきましょう。

重要視される経済指標
  • 米国雇用統計・・・毎月1回月初めの金曜日に発表されるアメリカの指標。
  • 各国の政策金利・・・金利の利上げ、利下げ、また経済対策について発表される各国の指標
  • GDP・・・各国のGDP(国内総生産)の発表。景気の先行指標として意識される。

経済指標や各国の要人発言は事前に発表時間や会見時間が公表されているので、取引前にチェックしておきましょう。

また突発的な自然災害や世界的なニュースがあると為替相場は急変動を起こしやすいです。

エントリーして取引開始

取引に対する準備ができたらいよいよ取引開始です。

まずは取引したい通貨ペアの選択を行いましょう。

通貨ペアを選択して買うか売るかを判断して新規注文を行います。

後は相場が思惑通りの方向に進むのを待つだけです。

どんなに実績のあるトレーダーでも100%の勝率を出せるわけではありません。

そのためFXでは損切りが重要となります。

 

損切り

損切りとは?!
相場が思惑と反対方向に進んだ時に、多くの損失を負わないように決済すること。
損失を限定することで、1回の取引での負債を抑えます。

最初は〇〇pipsまで損失が出たら損切りをするといった自分ルールを定めることが重要です。

待っていれば利益になるかもしれないという無根拠な欲を持つと多くの損失を出してしまう恐れがあるので、常に意識しておきましょう。

1000通貨取引を始めるメリット

FXを1000通貨から始めるメリットは多くあります。

現在プロのFXトレーダーとして活動している方も、最初は少額の取引から始めて今の地位を築いている方がほとんどです。

具体的なメリットを見ていきましょう。

少額からFXを始められる

少額からFXを始められる

1000通貨から始める大きなメリットは少額から始められるという点です。

1万通貨や10万通貨の取引では10万円~100万円以上の高額な資金が必要となります。

それが1000通貨だと数千円~10万円前後の金額で始められるため、生活の余剰資金を利用して始められるのです。

最初から高額な資金を使ってしまうと、取引に負けた際に再起不能となってしまう場合があります。

少額取引から始めてFXの仕組みや利益の出し方の理解を深めましょう。

損失を最小限にできる

損失を最小限にする

1000通貨から始めると損失を最小限に抑えられます。

保有する通貨数が多ければ多いほど見込める利益も増えますが、その分損失を出すリスクも高まります

ドル円の場合1pipsで約10円、10pipsで約100円ほどの損失で済むので決して大きな損失とはなりません。

またメジャー通貨であるドル円やユーロ円は値動きが小さい傾向にあるので、どんな相場の急変動にあっても損失はある程度限定できます。

コツコツ利益を出せる

1000通貨での取引では一度に大金を狙う一獲千金というよりは、コツコツと利益を出していく手法となります。

こまめに利益確定を行って利益を積み上げることにより、いつか大きなお金を運用できるようになるのです。

利益が積み上がれば実績や自信となり、高額運用する際に大きな手助けとなってくれます。

小さな利益をコツコツと積み上げて、将来につなげられるようにしましょう。

1000通貨取引を始めるデメリット

1000通貨で取引を行うと、どうしても利益が小さいというデメリットが出てきます。

お金を得たいと思って始めたのに、1回での利益が小さいことによりモチベーションを保つのも大変です。

しかし初心者のうちは利益額よりも損失を重要視した方が良いといえます。

相場分析が不十分な状態で高額の取引をすることは大変危険です。

まずは少額で経験を積み、徐々に取引額を増やしていけるようにしましょう。

FXの1000通貨に関するQ&A

FXの1000通貨に関するQ&Aを紹介します。

不安な点や疑問があれば取引前に解消しておきましょう。

1000通貨より少額で取引は可能?

1000通貨以下での取引が可能な会社もあります。

会社によっては100通貨または1通貨からの取引ができるサービスが提供されていますが、あまりおすすめできません。

1通貨~100通貨の取引では取引する上でのリスクはほとんどないですが、得られる利益もほとんどありません。

コツコツと利益を積み上げていっても、大きなお金を運用するのに長い時間がかかってしまいます。

FX取引で利益を見越しリスクを最小限に抑えるのであれば、最低1000通貨からの取引をした方が良いでしょう。

1000通貨の1pipsはいくらになる?

1pipsはクロス円の場合、0.01円になります。

1pipsの変動は1000通貨取引の場合、10円に相当します。

FXの1000取引のまとめ

1000通貨での取引は少額で始められるメリットとリスクを抑えるというメリットがあります。

特に高額な資金を用意する必要がなく取引が始められるのです。

数あるFX会社の中でも松井証券FXは業界最小1通貨からFXを始めることができるため、まずは少ない資金で勉強しながらやっていきたいという方に特におすすめです。

まだ、開設していないという方はこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

\ 最大20,000円のキャッシュバック!/

目次
閉じる