おすすめのクラウドソーシング6選!手数料・依頼できる仕事を徹底比較

クラウドソーシング

普段の業務で、「人を雇うほどではないけれど、少しだけ手伝ってほしい」と感じることはありませんか?

そんな人には、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数のワーカーに業務を委託するサービスです。

クラウドソーシングを利用することで、必要なスキルを持っている人に、必要な時だけ業務を依頼することができます。

クラウドソーシングを活用して、業務を円滑に進めてみましょう。

この記事で分かること
  • クラウドソーシングなら、業界最大手のクラウドワークスランサーズ
  • 特にユーザー数No.1のクラウドワークスなら、希望に沿ったワーカーに出会える可能性が高い
  • 手数料で選ぶなら、サグーワークスBizseekがおすすめ
  • クラウドソーシングサービスを選ぶ際は、手数料や依頼できる仕事の幅を確認しよう
  • クラウドソーシングにもデメリットはある

クラウドソーシングを利用するなら、ユーザー数No.1のクラウドワークスがおすすめです。

これからクラウドソーシングを始める方は是非利用してみてください。

目次

おすすめのクラウドソーシング比較一覧

まずは、クラウドソーシングサービスの比較をしてみましょう。

クラウドソーシングとは?

発注者(クライアント)と受注者(ワーカー)がオンライン上でつながり、仕事の契約ができる仕組みのこと。

インターネットに接続できる環境があれば、全国の発注者と受注者が仕事をすることが可能。

クラウドソーシングを利用することで、コストを抑えることや、業務の効率化ができます。

さらに、専門的なスキルを持っているワーカーに依頼することで、品質の高いサービスも期待できます。

以下の表を参考に、クラウドソーシングのサービスを選んでみてください。

スクロールできます
CrowdWorks(クラウドワークス)Lancers(ランサーズ)coconala(ココナラ)サグーワークスBizseek(ビズシーク)スキルクラウド
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
依頼できる仕事・Webサイト作成
・動画編集
・翻訳
など
・Webサイト作成
・営業リスト作成
・動画編集
・Webサイト作成
・作曲・編曲
・イラスト作成
・Webライティング・システムアプリ開発
・Webデザイン
・Webライティング
・占い
・イラスト
・Webライティング
手数料(税抜)支払い報酬のうち5~20%<ランサー>契約金額の15%(税込16.5%)
<クライアント>契約金額の5%(税込5.5%)
支払い報酬のうち20%
無料支払い報酬のうち5~10%支払い報酬のうち20%
利用料金無料無料購入金額に対して5%無料無料無料
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

依頼できる仕事の点で選ぶなら、サグーワークスを除き、ほぼすべてのサービスで幅広いジャンルを取り扱っています。

サグーワークスはWebライティング業務に特化しているため、幅広い業務を依頼したい人には不向きです。

手数料で見ると、サグーワークスとBizseekが安いです。
※サグーワークスではシステム手数料は無料ですが、報酬(ポイント)を現金化する際に手数料がかかります。

この中では、業界最大手のクラウドワークス、ランサーズがおすすめです。

いずれも手数料が20%程度かかりますが、その代わりに品質の良いサービスが受けられるというメリットがあります。

中でも登録者数が最多のクラウドワークスなら、希望の内容に沿ったワーカーに巡り合える可能性も高いと考えられます。

おすすめのクラウドソーシングサービス

おすすめのクラウドソーシングサービスを順番に紹介します。

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークス 公式
サービス名CrowdWorks(クラウドワークス)
おすすめ度★★★★★
依頼できる仕事・Webサイト作成
・動画編集
・翻訳
など
手数料支払い報酬のうち5~20%
利用料金無料
詳細公式サイトへ
クラウドワークスの特徴
  • 業界No.1のユーザー数480万人

クラウドワークスの最大の魅力は、業界No.1のユーザー数という点です。(2022年9月14日現在)

お仕事を依頼するなら、その業務に最適なワーカーを選んで依頼しましょう。

そのためには、まずはユーザー数が多いサービスを利用することが近道です。

数多くいるワーカーの中から、品質・スピード・受注実績などの点で最も希望に沿う人が、きっと見つかります。

実際に、全国72万社がクラウドワークスを選んでいます

  • ささいな頼みごとでも気軽にネット発注

必要なスキルを持った人に、必要な時だけネットで発注してみましょう。

大がかりなものでなくても、「少しだけ手伝ってほしい」と思うことがあれば、そんな時こそクラウドワークスの出番です。

たとえ1時間分の業務だとしても、いつでも気軽に発注できます。

発注者側、ワーカー側のどちらにもおすすめのサービスがクラウドワークスです。

ワーカー向けの記事も読みたい人は、以下の記事も合わせてご確認ください。

Lancers(ランサーズ)

公式ページランサーズ
サービス名Lancers(ランサーズ)
おすすめ度★★★★★
依頼できる仕事・Webサイト作成
・営業リスト作成
・動画編集
手数料※<ランサー>契約金額の15%(税込16.5%)
<クライアント>契約金額の5%(税込5.5%)
利用料金無料
詳細公式サイトへ
※ランサー側のシステム手数料を一律料率に改定 (時間報酬方式も統一) クライアント側のシステム手数料を導入
ランサーズの特徴
  • オンラインでも安心安全

オンラインでの業務は、案件の途中で突然ワーカーと連絡が取れなくなってしまう可能性があります。

ランサーズでは、安心して取引ができる制度を導入しており、そのひとつが「仮払い制度」です。

仮払い制度とは、仕事を依頼する際に、発注者側のお金をいったんランサーズが預かり、作業完了後に預かったお金をワーカーに振り込む制度です。

この仕組みにより、トラブルにより案件が中止となってしまった場合でも、「お金が戻ってこない」といった心配がありません

  • ワーカー探しをランサーズに任せることもできる

ランサーズでは、たくさんのワーカーの中から希望に沿う人を探すことができます。

とはいえ、ワーカーをじっくり選ぶ時間が取れない時や、どのワーカーを選ぶべきか迷ってしまう時もあるかもしれません。

そんなときは、ランサーズに相手探しを任せることもできます

発注者に代わって、ランサーズが最適なワーカーを探してくれるほか、複数ワーカーのチーム作り・ディレクションの代行などもしてくれます。

  • 金額計算ツールでシミュレーションが簡単

ランサーズでは、契約金額・支払い金額・ランサー手取りをシミュレーションできる計算ツールが提供されています。

細かい手取り額や手数料が簡単な入力で簡潔するため、手取り額を把握したうえでお仕事を探す際に便利です。

ランサーズでは、2022年10月より手数料の改定が行われているので、計算ツールで事前にチェックしておくと良いでしょう。

ランサー(仕事を受ける側)だけでなくクライアント側が支払う金額も簡単に計算できるので、ぜひ有効に活用してみてください。

coconala(ココナラ)

公式ページ ココナラ
サービス名coconala(ココナラ)
おすすめ度★★★★☆
依頼できる仕事・Webサイト作成
・作曲・編曲
・イラスト作成
手数料支払い報酬のうち20%
利用料金購入金額に対して5%
詳細公式サイトへ
ココナラの特徴
  • 個人のスキルを売買できるマーケットプレイス

ココナラは、個人のスキルを気軽に売り買いできるマーケットです。

ワーカー側は、自分のスキルや経験を「サービス」として出品し、発注側は様々な人の「スキル・経験」を購入して取引が成立します。

200種類以上のカテゴリで出品されているサービスを比較検討し、最適なサービスを購入することができます。

  • 提案を募集することも可能

出品されている中に欲しいサービスが見つからない時や、探す手間を省きたい時もあるかもしれません。

そんな時は、発注者側が仕事の依頼内容を投稿し、ワーカーによる提案を募集することもできます。

イメージ・納期・価格といった条件に合う出品者を探したいときは、「公開依頼」から投稿してみましょう。

希望に沿う提案が無かった場合は、無理に購入をする必要はありませんし、提案者と相談の上で提案内容を修正してもらうことも可能です。

サグーワークス

サグーワークス
サービス名サグーワークス
おすすめ度★★★☆☆
依頼できる仕事・Webライティング
手数料無料
※システム手数料は無料ですが、ポイント(報酬)を現金に交換する際に手数料がかかります
利用料金無料
詳細公式サイトへ
サグーワークスの特徴
  • 記事作成に特化したサービス

サグーワークスの特徴は、記事作成に特化したサービスという点です。

多数のジャンルを扱うサービスが多い中、記事作成に絞ってサービスを展開している点で、サグーワークスは珍しいと言えます。

公式Webサイトによれば、記事作成を発注した企業数は累計3,700社にものぼり、数多くの企業がサグーワークスでライティングを依頼してきたことが分かります。

288,600人ものライターの中から、希望に沿うパートナーがきっと見つかります。

  • オーダーメイドプランも利用できる

サグーワークスでは、記事作成の詳細を自由に指定して発注する「オンライン発注プラン」と、SEOコンテンツディレクターに相談の上で依頼できる「オーダーメイドプラン」があります。

SEOコンサルティング、インタビューや商品モニター記事、専門家監修記事などを扱う場合、専門知識が必要となることもあるでしょう。

そんなときには、「オーダーメイドプラン」がおすすめです。

業界トップクラスのSEOコンサルティング・コンテンツマーケティングの実績を活かし、専属の記事ディレクターが「効果の出る記事」を提案してくれます。

Bizseek(ビズシーク)

公式ページ ビズシーク
サービス名Bizseek(ビズシーク)
おすすめ度★★★☆☆
依頼できる仕事・システムアプリ開発
・Webデザイン
・Webライティング
手数料支払い報酬のうち5~10%
利用料金無料
詳細公式サイトへ
Bizseekの特徴
  • 業界最安のシステム手数料

Bizseekでは、ワーカーがお仕事を受注すると、報酬(依頼金額)の5~10%のシステム手数料がかかります。

20%程度のシステム手数料がかかるサービスも多い中、Bizseekではシステム手数料が業界最安クラスとなっています。

具体的な料金は、以下のようになっています。

スクロールできます
依頼金額発注者側ワーカー側
10万円超の部分無料依頼金額の5%(税別)
10万円以下の部分無料依頼金額の10%(税別)
  • 有料オプションも利用できる

Bizseekでは会員登録や仕事の依頼などの基本的な操作については無料で利用できますが、さらに利用しやすくするために、有料のオプションも利用できます。

有料オプションを利用することで、提案を集めやすくしたい、情報の公開をしたくないといった希望も叶えられます。

Bizseekの有料オプション
  • 多くの提案を受けたい人向けのオプション
    • 注目オプション
      仕事一覧において、通常の案件よりも優先して上位に表示されます。
    • 急募オプション
      仕事一覧において、最も優先(注目オプションよりも優先)して上位に表示されます。
  • 案件の公開に制限を加えたい人向けのオプション
    • 非公開オプション
      依頼ページ・提案ページの閲覧がログインユーザーのみに限定されます。
      検索エンジンにヒットしないため、情報の公開を防ぐことができます。

基本的な使用料が安く、必要な部分に絞って費用を使えるサービスです。

スキルクラウド

公式ページ スキルクラウド
サービス名スキルクラウド
おすすめ度★★★☆☆
依頼できる仕事・占い
・イラスト
・Webライティング
手数料支払い報酬のうち20%
利用料金無料
詳細公式サイトへ
スキルクラウドの特徴
  • 投げ銭システムもあり

個人のスキルを売買するプラットフォームのスキルクラウドでは、投げ銭システムもあります。

出品者(ワーカー)のスキルを購入すると、購入者(発注者)の画面に投げ銭システムが表示されます。

ワーカーの質が高かったり、期待以上のサービスだと感じたりした場合に、投げ銭をしてみましょう。

感謝の気持ちを投げ銭という形で表すことで、ワーカーの質がさらに向上するかもしれません。

  • 消費税はスキルクラウドが負担

スキルクラウドでは、他社の一般的なサービスと同様に、販売取引が成立すると20%の手数料と消費税が発生します。

一般的なサービスでは、サービス利用にかかる消費税も報酬から差し引かれます。

一方、スキルクラウドでは、消費税等はスキルクラウドが負担する制度になっており、利用者側では負担しません。

報酬から手数料の20%のみを差し引いた金額が売上となるので、その点を考慮すると一般的なサービスよりも低コストと考えられます。

クラウドソーシングを選ぶ際のポイント

クラウドソーシングを選ぶ際のポイントについて説明します。

手数料

まずは、手数料をよく確認しましょう。

手数料が高いサービスを利用すればするほど、ワーカー側が受け取る金額が低くなります。

たとえば、1万円で依頼したいお仕事がある場合、手数料が20%のサービスと10%のサービスでは、ワーカー側が受け取る金額が以下のように変わります。

  • 1万円の報酬を支払った場合、ワーカーが受け取る金額(税別)
手数料ワーカーが受け取る金額
10%の場合9,000円
20%の場合8,000円

依頼者側としては同じ1万円だとしても、ワーカー側にとっては1,000円の差があります。

このように、ワーカーとしては手数料の安いほうを選ぶほうがお得ですので、サービス内容が同じなら手数料が安いサービスに応募が集中すると考えられます。

そのため、依頼者側としても手数料の安いサービスを選ぶことで、多くのワーカーに出会える可能性が高くなります。

手数料の安いサービスは、ワーカー側・依頼者側の双方にメリットがあるのです。

ただし、手数料が高い代わりに信頼性・利便性の高いサービスを提供している場合などもありますので、手数料のみで判断はせず、総合的な判断を心がけましょう。

依頼できる仕事の幅

依頼できる仕事の幅も、確認が必要です。

サービスごとに、依頼できる仕事のジャンルが違います

あるいは、依頼できる仕事のジャンルは広くても、依頼できるワーカーの数に偏りがある(ライターの数は多いがエンジニアの数は少ないなど)といった場合もあります。

依頼できる仕事の幅は、広ければ広いほど良いとは限りません。

たとえば、サグーワークスのように、記事作成という1つのジャンルに特化したサービスもあります。

このように、ジャンルが限定されているサービスは、ワーカー間での競争も活発で、質の高いサービスが期待できます。

一方、クラウドワークスのように、幅広いジャンルを取り扱っているサービスもあります。

公式Webサイトによれば、クラウドワークスにて発注できる仕事は200種類以上もあります。

クラウドワークス 公式

このように、ジャンルを限定しないサービスでは、外注したい業務のほとんどを募集することができるというメリットがあります。

外注したい業務が幅広い場合は、取扱い幅が広いサービスを選びましょう。

さらに、クラウドワークスのように大規模なサイトであれば、登録者が多いことから質の高いワーカーに巡り合える可能性も高く、成果物の品質も信頼できそうです。

クラウドソーシングで依頼できる仕事

クラウドソーシングでは、様々な仕事を依頼できます。

人気のお仕事のジャンルを2つ紹介します。

デザイン関連

デザイン関連のお仕事は、クラウドソーシングで依頼をしたほうが良い場合もあります。

仮に、自社でデザイン関連スキルの高い人材がいたとしても時間・費用的なコストを考慮するとリソースが足りない場合もあります。

また、常に自社内でデザイン業務を行うと、デザインがワンパターンに偏ってしまう可能性もあります。

新しいデザインを求めるなら、社外のデザイナーに依頼した方が良いかもしれません。

そんな時は、クラウドソーシングで依頼することも検討しましょう。

クラウドソーシングなら、あらかじめスキルが高く、期限内の業務遂行が可能な人に依頼ができます

中には、ポートフォリオ(作品集)を公開していたり、過去の実績・資格を公開しているワーカーもいます。

たくさんのワーカーから、業務内容に適したワーカーを探してみましょう。

ライティング関連

ライティング関連のお仕事も、人気のお仕事の一つです。

ライティングの業務は時間的なコストがかかる他、内容によっては専門知識が必要になるものも多くあります。

Webメディアの需要が高まる現代、自社内でライティングの業務を完結させるのが難しい企業も多いかもしれません。

クラウドソーシングなら、多くのライターが活躍しています。

依頼したいジャンルに関するライティングが得意なライターにも、簡単に出会えるかもしれません。

Webメディアを通して得られる収益と費用とを天秤にかけて、クラウドソーシングで依頼をするか検討してみましょう。

依頼したいお仕事がある人は、クラウドワークスの利用を検討してみてください。

クラウドソーシングに関するQ&A

クラウドソーシングに関するよくある質問を紹介します。

実際に利用する前に確認しておきましょう。

クラウドソーシングのデメリットは?

必要なタイミングで必要な労働力を確保できるクラウドソーシングですが、デメリットもいくつかあります。

代表的なデメリットを紹介します。

  • 管理が難しい

最大のデメリットは、プロジェクトの管理が難しい場合がある点です。

すべての業務を自分1人で遂行する場合は、リソースの確保という観点で課題はありますが、管理という観点では明瞭です。

進捗状況を簡単に確認できる体制を構築しておく・業務依頼内容を明確に伝えるなどの配慮が必要です。

  • 成長機会の損失

2つめのデメリットは、成長機会の損失です。

人に業務を依頼してばかりでは、その業務遂行におけるスキルは向上しません。

業務全体の流れの把握などといった管理者としてのスキルは身に付きますが、作業スキルは実際に作業をした人でなければ身に付きません

「業務の効率化」よりも「業務のスキル向上」に重きを置いている場合は、クラウドソーシングを利用しない方が良い場合もあります。

報酬の相場が分からない

クラウドソーシングを利用してお仕事を依頼する際、報酬を設定する必要があります。

報酬を設定する際は、相場を把握しておきましょう

仕事の内容によって相場は異なりますが、基本的には専門性の高いお仕事や、工数のかかるお仕事になればなるほど報酬は高くなる傾向があります。

提示する報酬により、ワーカーの応募数や仕事の品質に影響があります。

依頼するお仕事の内容をしっかりと理解したうえで、「相場に満たない額」の報酬を提示しないように気を付けましょう。

クラウドワークスにて公開されている、人気のお仕事の相場は以下のようになっています。

スクロールできます
お仕事のジャンル依頼業務依頼業務例報酬相場
システム開発・運用サイト構築・ウェブ開発Webシステム開発(既存サイトへ単機能追加、PCのみ、スクラッチサイト)100,000円〜
WEB制作・WEBデザインホームページ制作ホームページ制作のデザイン・コーディング(TOPページ、下層ページの2ページ)200,000円〜
デザイン漫画制作4コマ漫画制作(カラー対応、ネーム制作含む)40,000円〜
写真・動画・ナレーション動画制作動画編集(テロップの挿入)50,000円〜
ライティング・ネーミング記事作成2,000文字以上の記事作成2,000円〜/記事
翻訳英語翻訳約2,000文字の英語記事の翻訳10,000円〜/記事
クラウドワークス発注相場

適正な成果物を受け取るためには、適正な料金を提示するように心がけましょう。

おすすめのクラウドソーシングまとめ

今回の記事では、おすすめのクラウドソーシングについてまとめました。

この記事のまとめ
  • クラウドソーシングで依頼できる仕事としては、デザイン関連やライティング関連の業務などがある
  • Webライティング業務を依頼するならサグーワークス
  • 幅広いジャンルの仕事を扱うサービスなら、クラウドワークスランサーズ
  • クラウドソーシングを利用する際は、プロジェクトの管理方法に気を付けよう
  • 適正な報酬を提示して業務を円滑にすすめよう

クラウドソーシングを積極的に取り入れ、普段の業務を効率化してみましょう。

まずは業界最大手のクラウドワークスで、気軽にお仕事を募集してみてください。

目次
閉じる