イークラウドの評判・口コミを紹介!概要やメリット・デメリットも徹底解説

イークラウド評判・口コミ

少額から気軽に投資でき、スタートアップ・ベンチャー企業の株主になれる、株式投資型クラウドファンディング。

「イークラウド」は2020年にスタートしたばかりの新しいサービスですが、優良な案件が多く信頼度が高いと評判です。

そんなイークラウドについてもっと知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、イークラウドの評判・口コミをご紹介していきます。

メリットやデメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • イークラウドは2020年にローンチしたばかりの新しい株式投資型クラウドファンディングサービス
  • 大和証券グループと連携して事業運営を行なっているので信頼度が高い
  • エンジェル税制の適用を受けられる可能性がある
  • 株式投資型クラウドファンディングはリターンが大きい分リスクも大きい
  • イークラウドは他社にはないサービスや投資先があり魅力的

イークラウドは、10万円程度の少額からベンチャー企業に投資できる魅力的なサービスです。

イークラウドの案件はプロの目で選んだ優良ベンチャー企業に絞っているため、今後の成長が大いに期待できるでしょう。

株式投資型クラウドファンディングに興味がある方は、ぜひイークラウドで始めてみてはいかがでしょうか。

目次

イークラウドとは?

イークラウド
サービス名イークラウド
公式サイトイークラウドの公式サイト
運営会社イークラウド株式会社
設立年2018年7月
資本金4億4,200万円(資本準備金含む)
合計調達金額約1億4,633万円
期待利回り非公開
貸し倒れ件数0件

「イークラウド」は、2020年にローンチしたばかりの比較的新しい株式投資型クラウドファンディングサービスです。

株式投資型クラウドファンディングとは、インターネットを通して個人投資家から資金を募り、ベンチャー企業(非上場企業)の株式に投資する仕組みのことです。

投資家は出資の見返りとして、株式や配当などのリターンが得られます。

イークラウドのシステム

イークラウドはサービスを開始したばかりということもあり成約数は多くありませんが、プロが厳選したベンチャー企業だけに投資できるということもあり、今多くの投資家たちから注目を集めています。

またイークラウドは証券業界最大手の「大和証券グループ」と連携して事業運営を行なっているため、非常に信頼度は高いです。

株式投資型クラウドファンディングでの投資が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

過去の案件を見てみると最低10万円から投資できるようになっているので、少額投資を希望している方でも利用しやすいのも魅力的です。

イークラウドの投資家登録はスマートフォン1台で完結する上に、投資家登録後すぐに案件に申し込むことができます。

今後気になる案件が出てきたときにすぐ対応できるよう、この機会にイークラウドの投資家登録だけでも済ませておきましょう。

イークラウドのメリット

イークラウドのメリットについて解説していきます。

イークラウドのメリット
  • 投資をすることで株主優待をもらえる可能性がある
  • 未上場の株式に投資をすることができる
  • エンジェル税制の適用を受けられる可能性がある

投資をすることで株主優待をもらえる可能性がある

イークラウドの案件の中には、株主優待を実施している企業もあります。

商品やサービスの割引、新商品の開発会議への招待など、その種類は多岐に渡ります。

すべてのベンチャー企業で実施しているわけではないですが、投資をすることで株主優待をもらえるのは非常に大きなメリットです。

未上場の株式に投資をすることができる

イークラウドでは、未上場の株式に投資することができます。

投資した企業がIPO(新規上場)やM&A(合併・買収)に至った場合、投資金額の5倍〜10倍のリターンを得られる可能性があります

イークラウドではIPOやM&Aに至ったケースはまだありませんが、今後実現した場合は大きなリターンが期待できるでしょう。

また、将来有望な未上場企業に早い段階から投資して応援ができるところもメリットの一つです。

企業の成長を楽しみながらリターンが得られるので、他の金融商品にはない面白さがあります。

エンジェル税制の適用を受けられる可能性がある

エンジェル税制

株式投資型クラウドファンディングの企業に投資すると、「エンジェル税制」の適用を受けられる場合があります。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業に投資を行った投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度のことです。

所得税の優遇措置には「優遇措置A」「優遇措置B」の2種類があります。

優遇措置A
  • 設立5年未満の企業への投資が対象
  • 「対象企業への投資額-2,000円」をその年の総所得金額から控除
  • 控除対象となる投資額の上限は、 総所得金額×40%と800万円のいずれか低い方
優遇措置B
  • 設立10年未満の企業への投資が対象
  • 対象企業への投資額全額を、その年の他の株式譲渡益から控除できる
  •  控除対象となる投資額の上限なし

エンジェル税制を活用すると、総所得金額や株式譲渡益から控除され節税をすることができるのでとても魅力的です。

イークラウドは、経済産業大臣の認定を受けた「エンジェル税制認定事業者」です。

お得に投資をしたい方は、ぜひイークラウドを利用しましょう。

イークラウドのデメリット

イークラウドのデメリットは、以下の3つです。

イークラウドのデメリット
  • 配当金が低い
  • 利益が大きく出る可能性は低い
  • 貸し倒れが発生する可能性もある

配当金が低い

イークラウドに限った話ではありませんが、株式投資型クラウドファンディングで資金調達をするベンチャー企業は、配当金が低い傾向にあります。

またベンチャー企業のほとんどは財務体制が強固ではないので、そもそも配当金を出していない企業も多数あります。

そのため、株式投資型クラウドファンディングサイトを通じてインカムゲインを得ることは非常に難しく、基本的にはIPOやM&Aによる将来的なリターンを期待することになるでしょう。

利益が大きく出る可能性は低い

株式投資型クラウドファンディングはIPOやM&Aによるリターンを狙った投資方法のため、投資を行ってから利益を得るまでに時間がかかってしまいます。

そしてすべての企業がIPOやM&Aに至るとは限らないため、利益が大きく出る可能性は比較的低いでしょう。

株式投資型クラウドファンディング大手の「FUNDINNO」でもイグジット(IPOやM&A)をしたケースはわずか数件です。

ただイークラウドは始まって間もないサービスなので、今後の利益を期待して待ってみる価値は十分にあります。

貸し倒れが発生する可能性もある

イークラウドをはじめとする株式投資型クラウドファンディングの投資先のほとんどは未上場のベンチャー企業なので、上場企業に比べて倒産や貸し倒れが発生しやすいと言われています。

イークラウドの案件ではまだ発生していませんが、過去には株式投資型クラウドファンディングで資金を募集したベンチャー企業が倒産したケースがあります。

ハイリターンが期待できる反面、元本割れしてしまうリスクもあるということを認識しておきましょう。

ただイークラウドは、ベンチャーキャピタルでの投資経験者や急成長のベンチャー企業で活躍してきたメンバーで構成されているため、企業の目利きには自信があります。

案件ごとに情報を詳細に開示し、企業のリスクまでしっかり説明しているので非常に透明性が高いです。

情報をもとに十分に比較・判断ができるので、イークラウドを利用すれば納得のいく投資ができるでしょう。

イークラウドの口コミや評判

ここからは、イークラウドの評判・口コミをご紹介します。

良い評判・悪い評判の両方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

イークラウドの良い評判・口コミ

まずはイークラウドに対する良い評判・口コミをご紹介します。

イークラウド上限いった!おめ! 確実に集めることができているなー すごっ

Twitter

イークラウドでは、現時点ですべての案件が上限募集額を達成しています。

専門家による厳正な審査を通過した魅力的な投資先ばかりなので、きっと満足のいく投資ができるはずです。

イークラウドはなんかワクワクする案件が多いんですよね。他社と一味ちがう感じ!

Twitter

イークラウドの投資先は勢いのあるベンチャー企業に絞られています。

そのため、他の株式投資型クラウドファンディングサービスにはないような企業に投資することが可能です。

10万円からエンジェル投資家になれるサービス「イークラウド」が凄い!早速投資しようと思い投資家登録している間に即上限に達してた!笑 新たなファイナンス手段としてスタンダードになっていきそう。

Twitter

イークラウドでは最低10万円から申し込みが可能です。

少ない投資資金で優良な未上場企業の株主になれるのは非常に魅力的ではないでしょうか。

複数の案件に少額で投資をして、分散投資を狙うのもおすすめです。

イークラウドの悪い評判・口コミ

続いて、イークラウドに対する悪い評判・口コミをご紹介します。

GS2は投資予定ですがイークラウドは入金がFUNDINNOと違って案件が成立しなくても入金しなくてなならなかったはずなのでまだ申し込みません。

Twitter

イークラウドでは、案件成立後ではなく申し込み後すぐに入金をする必要があります。

しかし万が一募集案件が不成立となった場合、投資資金は速やかに登録の銀行口座へ返金されるのでそこまで大きなデメリットではないでしょう。

この記事を読むとGame Server Serviceに増額したくなったけど、イークラウドってキャンセルしてから再申し込みって出来ないんですね。残念。

Twitter

イークラウドは申し込みをキャンセルした場合、同一案件に再度申し込むことはできません。

キャンセルする場合はよく考えてから実行するようにしましょう。

あとユニコーンには確実に株主優待がついて来るのでそちらも面白いと思います。

イークラウドとキャンプファイヤーは案件少な目ですがまだあまり広まっていないのである意味狙い目かと思います

Twitter

イークラウドは2020年に開始したばかりのサービスなので、大手のFUNDINNOやユニコーンなどに比べて知名度や案件数は低いです。

ただその分狙い目とも言えるので、ぜひこの機会にイークラウドで投資家登録をしておきましょう

イークラウドの始め方

ここからは、イークラウドの始め方を手順通りに解説していきます。

イークラウドの始め方
  1. 無料投資家登録を行う
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座開設後に入金を行う
  4. ファンドを選んで投資をする

無料投資家登録を行う

イークラウドを利用するためには、まず無料投資家登録をする必要があります。

イークラウド

イークラウドの公式サイトに行き、「投資家登録をする」をクリックします。

投資家登録

メールアドレスとパスワードを入力し、登録を行います。

メールアドレス認証

登録したメールアドレス宛にイークラウドからURLが送付されるので、「メールアドレスを認証する」を選択してください。

情報入力

続いて、画面の案内に沿って「本人情報」を入力してください。

「収入・資産状況」「投資経験の有無」などを入力し終えたら、本人確認手続きに進みます。

本人確認書類を提出する

本人確認

続いて「本人確認書類の提出」を行いましょう。

以下のいずれかを用意してください。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請した日本国発行のものに限る)

上記の書類を手元に用意したら、「本人確認へ進む」をクリックします。

案件を確認

提出された情報を元に、イークラウドで本人確認が行われます。

状況によっては、本人確認に数日〜1週間程度かかる場合があるようです。

本人確認が完了したら、登録のメールアドレスに登録完了の通知が届きます。

ファンドを選んで投資をする

ファンド選択

投資家登録が完了したら、公式サイトの案件ページに移動し、募集中のファンドから投資先を選択しましょう。

希望コース選択

投資金額ごとにコースが分かれているので、希望のコースを選択してください。

振込先については、申込み完了後にマイページ入金欄および申込み受付の連絡メールでお知らせがあります。

申込みした日の翌営業日までに入金を済ませるようにしましょう。

翌営業日までに入金が確認できなかった場合や、入金金額が申込み金額に満たない場合は、申込みが取り消されてしまうので注意してください。

イークラウドの公式LINEアカウントを友だち追加すると、最新の案件情報をいち早く受け取ることができます。

イークラウドの第5号案件「Grino」は、開始約1.5時間後に申込金額が目標募集額の1,000万円に到達したので、気になる案件があったらなるべく早く申し込むことをおすすめします。

投資家登録を済ませておくとスムーズに申し込みができるので、ぜひこの機会にイークラウドで登録をしてみてください。

イークラウドの会社概要

イークラウド株式会社
会社名イークラウド株式会社
代表取締役波多江 直彦
設立年2018年7月
資本金(2021年2月時点)4億4,200万円(資本準備金含む)
上場の有無非上場

イークラウドを運営するのは、「イークラウド株式会社」です。

スタートアップスタジオを運営するXTech(クロステック)株式会社の新規事業として2018年に設立されました。

今までにはない新しい株式投資型クラウドファンディングプラットフォームを目指しており、実際にイークラウドはオンラインのみで完結する投資家登録や、他にはない投資先を提供するなど、他社とは一線を画したサービスで注目を集めています。

ベンチャーキャピタルでの投資経験者や金融・IT出身のメンバーで構成されているため、企業の選定には定評があります。

イークラウド自体も非常に魅力的なサービスなので、株式投資型クラウドファンディングサービス選びに迷ったらぜひ候補に入れてみてください。

イークラウドの評判や口コミまとめ

今回はイークラウドの評判や口コミについてまとめていきました。

記事の要点
  • イークラウドは10万円から将来性のあるベンチャー企業に投資できる
  • イークラウドの案件の中には株主優待を実施している企業もある
  • 株式投資型クラウドファンディングはハイリスク・ハイリターンな投資方法
  • すべての案件がIPOやM&Aに至るとは限らない
  • イークラウドは他社と比較しても優良な案件が多く、今後への期待が高い

これから株式投資型のクラウドファンディングをするという方は是非この記事の情報を参考にしてみてください。

株式投資型クラウドファンディングはスタートアップ企業を初期段階から応援できたり、エンジェル税制の優遇措置が受けられたりと、多くのメリットがあります。

イークラウドは他社と比較しても優良で魅力的な案件が多いので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

目次
閉じる