CRE Fundingの評判・口コミ | メリットやデメリットについて徹底解説!

今回は、CRE Fundingの評判や口コミについて詳しくまとめていきたいと思います。

CRE Fundingは東証一部上場のCREグループによって運用されているソーシャルレンディング サービスです。

実際のメリットやデメリットまでわかりやすくまとめていきますので、これから始めてみようと考えている方は是非最後までお読みになってみてください。

この記事をまとめると…
  • 東証一部上場企業である株式会社シーアールイーが運営に携わっている
  • CRE Fundingが扱う案件は不動産案件が中心!
  • 投資家の資産を守る体制が充実している
  • CRE Fundingの利回りは2.5%-3.0%
  • CRE Fundingなら1万円という少額から投資を始められる!

CRE Fundingを運用するCREグループは、物流不動産分野に特化した企業集団です。

CRE Fundingの公式サイト

比較的新しいソーシャルレンディングとなるため、累積募集額・利回り・取り扱いファンド数が他とは劣りますが、物流不動産のファンドに投資することができます。

また、CRE Fundingで取り扱っているファンドは全て物流不動産となるため、他では取り扱いの無いファンドに投資が可能です。

目次

CRE Funding(シーアールイーファンディング) の概要

まず初めに、CRE Fundingは一体どのようなソーシャルレンディングサービス会社なのか、その概要を説明していきたいと思います。

CRE Fundingとは

CRE Fundingの公式サイト
サービス名CRE Funding
運営会社名株式会社FUEL
サービス開始年2020年
累積募集額不明
期待利回り2.5%~3.0%
公式サイトCRE Fundingの公式サイト

CRE Fundingとは2020年2月にサービス開始したソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディングサービスではさまざまな案件が扱われ、不動産案件も多いのですが、CRE Fundingはその中でも物流不動産案件を専門に扱っています。

ソーシャルレンディングとはお金を融資してほしい企業や人と、お金を融資して利息でお金を増やしたい投資家をマッチングするサービスのことです。

また、マスターリースと保証で二重で対策しているため、投資しやすくなっています。

「気軽に不動産投資をしてみたい」

「時間がなくてもできる投資がしたい」

と思っている人にはぴったりのソーシャルレンディング サービスだと言えるでしょう。

CRE Fundingの手数料

CRE Fundingを利用するのに関わる手数料は以下の表の通りです。

手数料の種類金額
会員登録手数料無料
口座維持手数料無料             
投資申し込み手数料無料
退会手数料無料
出金手数料投資家が負担
入金手数料(振込手数料)投資家が負担

CRE Fundingでかかるのは、入金手数料(振込手数料)と出金手数料のみです。その他の手数料は無料で投資することが可能です。

他のソーシャルレンディングサービスでは、さらに手数料がかかるところもありますので、手数料面はCRE Fundingが優れている点の一つであると言えるでしょう。

また、この手数料はCRE Fundingに対して支払うものではなく、銀行に対して支払う手数料となっています。

入金手数料(振込手数料)

振込手数料は投資家負担になります。

ただし、CRE Fundingの振込口座はGMOあおぞらネット銀行であるため、GMOあおぞらネット銀行の口座から振込をすれば振込手数料は無料になります。

GMOあおぞらネット銀行は投資系サービスの振込先として指定する運営会社が増えているため、1つ口座を持っておくと便利でしょう。

他の口座から振り込む場合は、利用する金融機関ごとに振込手数料が異なりますので注意が必要です。

出金手数料

出金手数料は、基本的にはデポジット口座の残高に残っている金額から差し引かれます。

例えば、デポジット口座残高が20,000円で、10,000円出金する場合、口座残高から100円の出金手数料が引かれ、残り9,900円となります。

なお、デポジット残高が150円で出金額を150円にすると、出金額から出金手数料が引かれるため、振り込まれるのは50円です。

CRE Fundingの税金面

CRE Fundingで得た利益は、雑所得に該当し、基本的に確定申告をしなければなりません。

給与所得や退職所得以外で得た所得が合計20万円以下であれば、申告しなくても大丈夫ですが、20万円以上の所得がある場合は確定申告しないと脱税になってしまいます。

また、確定申告をすることで、源泉徴収で引かれすぎた税金が還付されることがあり、節税することも可能です。

税金面についてさらに詳しく知りたい方は、「ソーシャルレンディングの税金とは」の記事で、実例等も踏まえながら徹底的に解説していますので是非チェックしてみてください。

CRE Fundingのメリット

CRE Fundingを利用することによるメリットは、主に次の4つがあります。

上場企業によって運営されている
・保全対策が手堅い
・物流系不動産に特化している
・お得なキャンペーンが行われることがある

上場企場企業によって運営されている

CRE Fundingは株式会社FUELという企業が運営しており、CRE Fundingで取り扱っている不動産案件は東証一部上場企業の株式会社シーアールイーが計画し、募集している案件となります。

CREグループはCRE Fundingで取り扱う不動産案件の組成をし、募集を行っています。

上記の画像からわかるように、CREグループは十分な実績を誇っていると言えるでしょう。

このように東証一部上場の企業が直接運営に携わっているCRE Fundingには比較的安心して投資を行うことができると言えるでしょう。

保全対策が手堅い

CRE Fundingでは、投資家の資産を保護するために、株式会社シーアールイーによってマスターリースと保証の2つの保全対策を行っています。

万が一、物件を売却したときの売却金が投資家たちからの元本の合計金額よりも少なかった場合、株式会社シーアールイーが投資家に対して補填を行ってくれます。

しかし、株式会社シーアールイーが経営破綻などした場合、この2つの保証がなくなるため、必ず案件の内容を確認し、慎重に選ぶことが大切であると言えるでしょう。

物流系不動産に特化している

CRE Fundingで取り扱う案件は物流不動産専門の不動産会社の株式会社シーアールイーが組成した案件になるため、内容も物流不動産の案件です。

物流不動産とは

物流業務を行うための施設として第三者へ賃貸される、倉庫・物流センター等の建物

物流不動産に対する需要は手堅いと言われており、住宅のように購入されないリスクは低いと言えるでしょう。

このような、専門性の高い不動産を取り扱っているのは強みだと言えます。

お得なキャンペーンが行われることがある

CRE Fundingでは、お得なキャンペーンが行われることがあります。

例えば、投資するだけで、投資金額からキャッシュバックされるキャンペーンなどです。

キャンペーンなどを利用することで、よりお得に投資をすることができるため、定期的に案件を確認して、キャンペーンが始まっていないかチェックしましょう。

CRE キャンペーンチェック

小額から投資することができる

CRE Fundingでは1万円からの投資することができるため、気軽に投資することができます。

投資方法によってはまとまったお金を用意する必要がありますが、CRE Fundingの案件は1万円から投資できるため安心です。

また、株取引やFXなどのように価格変動が起きないため、一度投資すれば、あとは運用期間が終わるのを待つだけなので、時間がない方にもおすすめです。

ソーシャルレンディングによる投資を始めてみたいという方は、是非CRE Fundingで口座開設を行ってみてください。

CRE Fundingのデメリット

SAMURAI FUNDにはメリットがたくさんありましたが、デメリットも存在します。

主なデメリットには次の2つがあります。

・利回りが低い
・案件の数が多いとはいえない

利回りが低い

CRE Fundingの案件の利回りは約2.5%~3%と、他のソーシャルレンディングサービスと比べると、少し低めです。

CRE 利回り

一般的なソーシャルレンディングは平均6%と高めなので、それらと比べるとやはり少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。

ただし、株式や債券など他の投資先と比較した場合、約2.5%~3%という利回りは決して低くありませんので、その点には留意が必要です。

ソーシャルレンディングの利回りについてさらに知りたい方は、ソーシャルレンディングの利回りの記事で詳しく解説しているので、気になる方は是非確認してみてください。

案件の数が多いとはいえない

CRE Fundingでは募集件数が2021年3月時点で10件とまだまだ案件の数は少ないです。

東証一部上場企業が運営に携わっているとは言え、案件の数が多いと、実績として少なく、貸し倒れの心配がないかという不安は残ってしまいます。

2種類の保全対策を行っているとはいえ、リスクがなくならないわけではないため、投資家が慎重になるのは当然だと言えるでしょう。

ただし、CRE Fundingは2020年にできたばかりの新しいソーシャルレンディングサービスのため、今後実績が増えれば、より安心して利用できるようになるでしょう。

CRE Fundingの評判・口コミ

ではここで、実際のSAMURAI FUNDの評判や口コミを見ていきたいと思います。

良い評判・口コミ

CRE Fundingの良い評判、口コミとして以下のような内容が挙げられます。

上場企業が運営しているから安心
・物流不動産案件だからリスクが小さそう
・投資すればあとは待つだけだから楽
・少額からの投資ができる

◎取扱商品は、上場企業運営の物流不動産←特化している点が他社との違い

◎面倒な手続きなく、1万円と少額から投資できる

◎想定利回り2.5%~3.0%の分配金が得られる

Twitter

CRE Fundingのメリットはいくつかありますが、とくにいいなと思ったのは、下記3つのポイント

①あらかじめ決められた配当金を定期的に受け取ることができる

②保証など元本の保全性も高い

③少額から投資できる

Twitter

上記のように、CRE Fundingの良い評判はやはり1万円からの少額投資が可能という点や、保証などがしっかりしていて安心できるという声が目立ちます。

また、チャートを気にしたりする必要がないため、楽などという意見もありました。

悪い評判・口コミ

CRE Fundingの悪い評判として以下のような内容が挙げられます。

利回りが低いからあまり稼げない
・実績が少なくて不安

CRE Fundingは他のソーシャルファンディングと比べると利率が低いため、あまり稼げないという意見がみられました。

また、最近できたサービスのため、あまり実績がなく、利用するのが不安だという人もいます。

利回りに関しては、おそらく上がる可能性は低いと思いますが、実績に関してはこらからどんどん増えていくため、安心して使えるようになっていくでしょう。

ソーシャルレンディングの最新おすすめ比較ランキングで、様々な会社の紹介・比較も行っておりますので気になるという方は是非チェックしてみてください。

CRE Fundingの始め方

次に、CRE Fundingの始め方について説明していきます。

「ソーシャルレンディング会社での口座開設は初めて」という方にも、わかりやすく説明していくので是非参考にしてみてください。

登録する

CRE FundingのHPにアクセスし、「無料で登録する」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力し、「入力内容を確認する」をクリックし、間違いがなければ送信します。

登録したメールアドレスにURLが書かれたメールが届くため、URLをクリックします。

基本情報として、名前や性別、生年月日、住所、電話番号などを登録します。

適合性確認で収入源や職業、資金などを入力します。

入力情報を確認して申請します。

本人確認書類とマイナンバーを提出する

本人確認書類のアップロードを行います。本人確認書類2種類と、銀行口座確認書類1種類を提出し、マイナンバーを提出すれば、申請が完了です。

審査が完了すれば、投資ができるようになります。

なお、資金を「借入資金」にしない限り審査に落ちることはありませんので、気軽に待ちましょう。

CRE Fundingのまとめ

今回はCRE Fundingの特徴や評判、始め方について解説していきました。

投資には常にリスクが存在するため、CRE Fundingでの投資も案件の内容をよく確認して投資するようにしましょう。

まとめ
  • 物流不動産案件は注目されている人気案件である
  • 保全対策が手厚く安心できるが実績が少ない
  • 今後利用者が増えればより人気が出る可能性が高い

ソーシャルレンディングを始めてみたいという方には、CRE Fundingがおすすめです。

興味がある方は、是非口座開設してみてください。

目次
閉じる